Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

スピードスティックとカナディアンカヌー(沖縄編)

 

こんにちは、スタッフUです。

 

 

スピードスティックは往年の名作といわれるロッドですが、

 

その往年をあまり知らない私からするとむしろ新しく感じてしまいます。

 

 

フィッシングショーなどの展示会で先行して実際に触られた方もいると思いますが、

 

昔からスピードスティックを知っている方なら、

 

「これであのオールドルアーを投げたい」

 

「これであのクランクを巻いたら…」

 

「これで1日巻き倒しても疲れないのかぁ〜」

 

なんて考えられると思います。

 

僕も直感的に、スピードスティックであの釣りをしたら面白いだろうな〜というのがありました。

 

それが、マングローブでのカヌーフィッシングでした。

 

「バスの話ではないのか」という方もいると思いますが今回はご了承ください。(笑)

 

 

 

 

最初に触った時から、新たな楽しみが増えた感じがして嬉しくなりました。

 

〜マングローブでの使い方〜

 

使うルアーはお好みで5cm〜15cmくらいまで。

 

トップでもミノーでもクランクでも良いと思います。

 

主にはマングローブ域(汽水域のヒルギ科の植物の総称)にいるベイトサイズがこれくらいです。

 

(サヨリの稚魚、ボラ、ハゼ、テナガエビなど)

 

ちなみに赤金とクリアカラーは実績が高いです。

 

狙う魚が良く引くファイター達ばっかりで、時にトレバリー系は60cm4圓鯆兇┐訃豺腓發△蠅泙后


TSS-#1L-256BTSS-#1L-260Bは座りながら竿のトップまで手が届くことで

 

ラインが絡まった時にすぐ直せることもいいところです。

 

TSS-#1L-256BTSS-#1L-260Bの曲がりです。

 

 

実際にスピードスティックを使う機会があり、TSS#1L-256Bを使いました。

 

 


魚をかけた後、潮で流されないようにバラシを覚悟してカヌーを操船することもありましたが、

 

そんな中でもバレずに釣れてくれたナンヨウチヌでした。

 

 

 

こんな亜熱帯ジャングルの景色にもコルクグリップはマッチしますね。

 


皆さんもお手に取られた際は、スピードスティックのしなやかな曲がりを思う存分に活かした

 

「直感的」な釣りを想像してみてください。

 

きっと楽しめるロッドになると思います。

 

Staff U

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

スピードスティック『私のスタンス』

 

 

ブラックバスの釣りを覚えてしばらく経ったが、


スピードスティックの名前は知ってはいたけど、


世代が違うので今回のプロジェクトを始める以前では、


どんなロッドだったのか?と聞かれるとグラスロッド…程度の


浅はかな知識しか持ち合わせていなかった。

 


私は90年代初頭のいわゆるバスブームの世代であり、


今考えれば異常に魚が多く沢山釣れた時代であった。


その時使っていたタックルは時代を築いた著名人と同じ道具を揃え、


地元の野池や霞ヶ浦水系に足繁く通っていたのが懐かしい記憶だ。


魚が掛かった瞬間に「フィーッシュ!」と叫んでみたり、


ミノーのジャーキングを覚えたのは良いが張り切り過ぎて腱鞘炎になったり。


魚を釣った記憶と共に様々な記憶が蘇ってくる(笑)

 


プロジェクトの発足後、帰郷した際に古いタックルを引っ張り出し、


当時使っていたリールやルアーなどを触っていると、


バス釣りに行きたくなっている自分に気付いた。


昔の様に簡単には釣れなくなってはいるが、


基本は同じで魚の探し方やルアーの使い方などは変わっていない。


がむしゃらにバス釣りをする事は無くなったけど、


自分のスタンス(遊べる方法)で釣れた時は喜びは、


学生の時に釣れた時よりも充実していると感じている。


最近のスタッフM氏のブログや、スタッフI氏のブログを読んでいて、


同じ魚であっても世代別にタックルに対する思いは様々で、


スピードスティックは世代を超えて楽しめるんだと改めて思えた。


Staff Funaki

 

 

 

 

【関連記事】

 

スピードスティック『懐かしのリール』(スタッフIブログ)


スピードスティック『ひと足お先に』(スタッフMブログ)

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

中部エリア担当営業が勧めるスーパーライトジギング

 

こんにちは、スタッフUです。

 

これからの時期は各エリア最盛期目前となります。

 

今回はホライゾンLJスーパーライトジギングをご紹介していきます。

 

スーパーライトジギングに興味があってもイメージがつかない...。

 

釣れる魚が小さい?

 

大きいかもしれない!?

 

どんな竿を選べば良いかわからない‥等

 

そんなアングラーの方には是非一読いただきたい内容になります。

 

 

 

私は普段北陸や伊勢湾などに行くことが多く、魚種が豊富で初夏〜秋頃まで長いシーズン楽しめます。

 

まず、知っていただきたいのは

 

〜テンリュウホライゾンLJとは?〜

 

.フショアライトジギング向けロッド


2018年にリニューアルされたモデルで上限はPE2.0号、

 

ライトタックルを楽しむためにできた、スーパーライト対応モデルも追加されています。

 

∩虻遒ら進化しています

 

○進化した点


1)CNT(カーボンナノチューブ素材)をコンポジット。

 

曲げこんだ時に一番負荷のかかるバット部分にのみ採用しています。

 

今までオフショアではジグザムドラッグフォースにのみ採用されていた素材です。

 

2)マグナフレックスを全機種採用。

 

グラスチューブラー素材をスムースな曲がりのままカーボンと一体成型することで、

 

感度を損なわず食い込みの良いティップを手に入れることができます。

 

機種によってグラス部分の長さを変えています。

 

3)コンポーネンツ(部品)の刷新。

 

ガイド数を増やしたことによって、竿の曲がりにしっかり追従します。

 

リールシートはギアボックスの大きい小型リールもホールドできます。

 


 

新しくなったホライゾンLJは『安心感』が格段にアップ。

 

不意の大物にも対応できます。


扱いやすいカーボンロッドに食い込みの良いグラス素材をチューブラ構造で一体成型しています。(青い部分)

 

適度な張りがあり、魚を掛けた後のネバリ強さが特徴です。

 


グラスチューブラーのティップはジグの余計なブレをなくし、

 

「弱った魚の演出」、「スイミングの演出」を可能にします。


ジグのテーリングを起こしにくくトラブルレスです。


吸い込み系の魚のバイトを弾くことなく拾うことができます。


タイラバ、青物、太刀魚などライトジギングのターゲットを狙うのであれば

 

持っていて損のないシリーズです。

 


〜どの機種を持っていく?〜

 

○日本海のスーパーライトの場合


HLJ631S-FLL・・・ジグウェイトMAX100g。対象は真鯛やヒラマサ、ワラサ、サワラ、シーバス。

 

HLJ631B-FL・・・富山の太刀魚狙いにも非常に使いやすく、ジグが跳ねすぎないので

 

ジグロストの軽減につながるかもしれません。


Lクラス、LLクラスなどジグの重さで使い分けます。

 

キジハタ、マハタなど、力のあるターゲットにもオススメです。

 

 

 

 

HLJ641B-FLL・・・伊勢湾でバーチカルでのスーパーライトにオススメです。

 

大山沖などでは50g〜80gが扱いやすいです。

 

HLJ641S-FUL・・・マグナフレックスの良さが活きたティップセクションと

 

カーボンへのスムーズな曲がりでライトラインの負荷を分散し、バットにリフトパワーもあります。
 


 

2019年夏、愛知伊勢湾側では釣果の少なかったイサキをゲット。

 

HLJ631S-FLLは641S-FULの繊細さを残したまま、その日の海の状況で

 

重たいジグを扱う場合や、よりスピード感のあるジグの動きを演出する場合にオススメです。


通年通して使える青物ロッドであれば、HLJ621B-FMLHLJ611B-FMHLJ621S-FMLが良いでしょう。

 

ライトジギングであれば1日中やっていても体への負担が少なく、

 

タックルボックスも軽量化ができ、身軽に釣りに行くことが出来ます。

 

しかも!ブリクラスも狙えます。

 

青物を狙ってワンピッチやコンビネーションジャークなどを2号以上のラインセッティングで使用する場合は、

 

ジグザムシリーズなどに分があります。

 


〜タックルバランスとターゲットについて〜

 

四季を通じて釣れているターゲットたち。

 

 

 


釣れたホウボウの色はよく見ると綺麗でした。

 

 


スーパーライトでは15m〜60mでの使用頻度が多く、近海でできるライトタックルならカバー出来ます。


タックルバランスは以下の通りになります。

 

HLJ641B-FLL

 

リール:#200PG

 

ライン:PE0.6号


リーダー:4号2ヒロ


ジグ:50〜80g

 

HLJ631B-FL

 

リール:#300HG


ライン:PE0.8号


リーダー:4号2.5ヒロ


ジグ:60〜80g


HLJ631S-FLL

 

リール:4000番クラス


ライン:PE0.8号


リーダー:4号2.5ヒロ


ジグ:50〜80g

 

HLJ641S-FUL

 

リール:3000番クラス


ライン:PE0.6号


リーダー:4号2ヒロ


ジグ:40〜50g

 


リーダーは4号付近を使うことが多いです。

 

リールはPEライン1号以下であればスピニングで4000番以下を使用しています。

 

ベイトであれば#300HGと#200PGを使用します。

 

巻きスピードの強弱をつけ、ジャークのパターンを増やすことが多い時はハイギアを使っています。

 

これはスピニング・ベイト共通です。

 

 

ラインの結束時はノット締め込み棒を使うのが安全でお勧めです。

 

細ライン使用時は締め込み時にラインで手を切るということがありますのでご注意ください。

 

傷口に塩水は何度経験しても滲みます…。

 


〜べイトとスピニングの使い分けについて〜

 

スピニング:アンダーハンドキャストで広範囲を探ることが出来ます。

 

ジグの斜め引きすることでレンジをキープしたまま横の誘いや、

 

駆け上がりをなめるようにジグを引くことができます。

 

ベイト:バーチカルで誘う場合にオススメです。(伊勢湾であれば大山沖など)

 

フォールスピードをコントロールでき、ティップ部分を目視し、繊細なアタリも取りやすいです。

 

これらを使い分けることが釣果UPにも繋がります。

 

 

 

ジグのセッティングですが、フックは上下セットしています。

 

食い上げてくる魚・吸い込み系の魚など、

 

フォールでのアクションバランスなど考えるとメリットのほうが多いです。

 


ホライゾンLJは全国各地のフィールドで対応できるようにラインナップされていますので

 

是非ご参考にしていただければと思います。

 


九州エリアでもスタッフK氏から昨年のキジハタの写真を頂きました。

 

 

 

5月発売のこちらの雑誌でもホライゾンLJのスーパーライト記事が掲載されました。

 

こちらも宜しくお願いいたします。

 

 

Staff U


 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

タイラバタクティス Vol.20

今回はレッドフリップ早掛けモデル』を使う場合の説明をしたいと思います。


ベイトの早掛けモデルには、RF5111B-MLとRF5111B-Mの2機種があります。


MLはフィネスモデルでバーチカル流しの水深50m以内の使用を想定しています。


Mはバーチカルで水深50m以上と軽いドテラ流しでの使用を想定しています。


この2機種は水中の変化を感じ取れる高感度ブランクを使用し、


フッキングレスポンスを求めて早掛けに特化したモデルとしました。


動画でも語ってますがアタリが「コツン!」とあれば、即「ビシッ!」と合わせます。


何にも悩む必要はありません。


アタリがあれば合わせるという、他の釣りでの常識をタイラバで実践するだけです。

 

______________________________


私の早掛けのベイトタックルは以下の通りです。


ロッド:RedFlip RF5111B-ML・RF5111B-M


リール:バンタムMGL(PG)・オシアコンクエスト(300)


PE:8本撚り(0.8号)


リーダー:グランドマックスFX3号


ヘッド:タングステンヘッド(25〜60g)


ドラグ:1

 

______________________________

 



リールについて過去には、ソルト用・バス用を含め様々なリールを使ってきましたが、


ドラグの効き方が好みなので現在はバス向けのリールに落ち着いています。


水深の深い所では糸巻量が欲しいので、ライトジギング系のリールを使っています。


ハンドルはバーチカルではダブルノブタイプを、ドテラではシングルノブを使っていました。


それは竿の角度によって変化する竿先の動きを抑えたいという理由からでした。


現在は軽く力が掛かりやすいロングハンドルタイプにパーツを組み替えて使っています。


ラインは、早掛けの場合、瞬間的に高負荷が掛かるので8本編みのPEが良いですね。


ラインメーカーさんに薦められて1年間4本編みの低伸度PEを使った時期もありましたが、


早掛けで使うとアタリが金属的になってフッキングタイミングが取り難くなりました。


リーダーは、結びやすさと強さを併せ持ったラインを気に入って使っています。

 



タイラバのヘッドは基本的にタングステンヘッドを使っています。


とにかく絡みなどのトラブルが少なく、素直なヘッドを気に入って使っています。


もう一つは、潮によって人には演出できないイレギュラーな動きが出るヘッドも使っています。


残念ながらどちらもメーカー在庫の無いヘッドなので、釣具店で見つける度に大人買いしています。


 


そして早掛けタイラバで重要なのが『ハリ』です。


竿の開発に並行して、とにかく売られている色々なハリを試しましたし、


釣り針のメーカーさんにも相談したりしました。


現在は掛けるタイラバ用に専用フックも売られ始めているので、選択肢は広がりましたね。


ちなみに現在私が使っているハリはO社の「ジガーライト早掛」と


G社の「サーベルポイントHOOKING MASTER」です。


水深のあるエリアやドテラ流しの船なら「サーベルポイントHOOKING MASTER」を使っています。


水深の浅い(30mまで)場合は強いフッキングをした場合に硬い針を使うと、


ハリに力が掛かり過ぎて刺さらない…なんてことがあるので(あくまで個人的な考えです)、


その場合は少し柔らかめの「ジガーライト早掛」を使います。


ハリのセッティングですが、いわゆるチラシ針です。


上バリをメインのフックとし、下バリがサポートの役目です。


ヘッド付近を噛みつきにきた鯛にフッキングを入れて上バリで掛けます。


鯛は首を振るのでファイト中に下バリが口周辺に掛かります。これでバラシも減ります。


ハリのセッティングは私自身も勉強中なので、良いセッティングが見つかったら教えて下さい。

 


それと実釣前には、ドラグチェッカーを使ってリールのドラグ設定をしましょう。


この釣り以外でもドラグ設定をされている方も多いと思いますが、


早掛けはロッドの反発力を高めている故にリールのドラグ設定次第で釣果に差が出てきます。


私はタイラバの場合1圓魎靄椶縫疋薀阿鮴瀋蠅靴討い泙后


これよりも強すぎても弱すぎてもバラシの原因になりますし、


いつも同じドラグにしていることで見えてくることもあります。


また、強いドラグはロッドの破損やラインブレイクなどのトラブルの原因になりかねません。


快適な釣りを楽しむにも、ドラグ設定は重要だと認識ください。

 


ネクタイとスカートですが、スカートは気が付けばボックスからほとんど無くなってしまいました。


タコを捕食している時期にボリュームが欲しくてスカートを付けている時がありましたが、


最近タコパターンの時はタコベイトを使っているのでスカートは付けなくなりました。


ネクタイは普通にシリコン製のストレートとカーリーを使っていますが、


昨年岡山でワームを使うタイラバ大会に出場してからワームの頻度が増えています。

 


早掛けタックルに関して以上が私のタックルセッティングとなっています。


もう一歩進むと『早掛け』と『送り掛け』など更に深い世界が待っています。


またタックルが進化したら紹介していこうと思います。


スタッフM
 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

スパイク SK742S−MHH(ツナ)

Spike SK742S-MHH(TUNA)

 


【タックル設定の目安】


リール:S社8000〜18000番 , D社4500〜6500番


ライン:PE (4〜6号)、Leader(80〜130lb)


ルアー:Best(60-100g) Max(120g) 


ドラグ:7〜12kg(45°)


ターゲット:キハダマグロ(20〜30kg)

 

 


・ライトツナ・ショートモデル


今作はキハダマグロをメーンターゲットに見据えて作ったロッドで、


主にアンダーハンドキャストを得意としたモデルに仕上げてみた。


ミヨシに立てればオーバヘッドキャストがOKという船もあるが、


どうしても胴の間などテイクバックが取れない状況では、


アンダーハンドでのキャストを強いられる状況は免れない。


相模湾での遊漁船を例に挙げると乗合いにて乗船した場合、


大概は船長の指示で釣座をローテーションする事が多い。


運良くミヨシに立てた時にナブラに遭遇出来れば、


オーバヘッドで思いっきりキャストすることが出来るが、


その確率は毎回起きてくれることは無いはずだ。


そういった場合でも確立を上げるために、


アンダーハンドで飛距離を稼げるロッドは出来ないか?と思い、


開発を始めたのが今モデルのキッカケである。


経験ある方はご存知かと思うが、ナブラに遭遇してルアーを


完璧と思えるスポットに投げ込めてもバイトしない事も多々ある。


これはベイトのサイズにルアーが合っていないのも1つの理由で、


18cmのフローティング・ペンシルベイトで釣りたいと思っていても、


ベイトサイズが10cm程だと全く見向きもされ無いこともある。


何本もタックルを持ち込み条件次第で使い分ければ良いのだが、


それこそ乗合船なのでは限界も出てくるだろう。


こういった条件も鑑みてロッド1本で扱い易いルアーの範囲は、


シンキングペンシルだと40-60g程度から扱え、


100gまでのフローティングペンシルまでは扱い易く設定してみた。


120gまではフルキャスト出来る設定としたが、


下限を40g程から使える様にティップをソフトに仕上げているため、


120gを投げようと思うと少し負け気味に感じられると思う。


フローティングペンシルだったら、60-100g程度がベストだろう。

 


・SK732S−MH(YT)との違い


SK732S−MHの項でも紹介したが、


イエローテールモデルに比べると曲がり込むアクションなのが


ツナモデルの特徴と思って頂きたい。


ファイト性能を重視して、アングラーが楽にファイト出来る様に


全体的にモッチリとしたアクションに仕上がっている。


ロッドを立ててブランクを曲げ込むと、アングラーは楽でも


ターゲットには大きなプレッシャーを掛けられる様になっている。


フォアグリップの上に付けた『アシストグリップ』も、


長時間のファイトでは両手で楽な位置にホールド出来るので、


無理な力も入らずに精神的・肉体的に楽になってくるはずだ。


また、PE6号までの使用が出来るので、浅く根がキツイ場所では


思いっきりドラグを掛けてファイトする事も出来るので、


大型ヒラマサへの応用も充分に出来るアクションになっている。

 


・泳がせ釣りへの応用


実はこのモデル、餌釣り(泳がせ釣り)にも向いたモデルでもある。


ルアーアングラーからすれば餌釣りって邪道だ!って、


言われてしまうのを覚悟の上で提案をしているのだが。


大型のターゲットほどヒットするチャンスは、


生餌よりもルアーの方が確立は少なくなっていく。


(ルアーが餌を上回る事も有るが一般論として)


各地で数多くは無いが、シャワーとチャミングで魚を寄せ


イワシなどを餌に、泳がせで狙う遊漁船もある。


まずヒットチャンスの多い泳がせ釣りで魚との接点を多くし、


大物とのファイトを覚えてみるのも有りだと思っている。


道具の限界を引き出す行為に近い釣りでもあるので、


心技体の全てを鍛えるには餌釣りも良いトレーニングとなる。


実際にエキスパートの方のファイトを間近で見ると、


ロッドの角度やリールの巻取り方法など隙が無いのが分かる。


これは経験を基に積み上げてきた技であり、


何本もの大物とのファイトで鍛えられたからだ。


どうしてもルアーで釣りたい!って方は別として、


とりあえず大物を釣って基礎から覚えたいとの方は、

 

一度試してみても面白いと思う。

 

 

 


【関連記事】

 

・新型スパイク New Spike(2020年1月30日掲載)


・SK772S−M(2020年5月7日掲載)


・SK822S−MH(2020年5月11日掲載)


・SK732S−MH(2020年5月18日掲載)

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー