Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

ライトエギング 最上級モデル




BRIGADE  GRACE  C・N・T



GC83ML  ( Light Eging Custom )

























BRIGADEシリーズで



異色のシリーズである 『 BRIGADE KID 』 で提唱した



ライトエギングの血統を引くフラッグシップモデル。








































メバルやアジなど、



ひと昔までは主役となりえなかったターゲットが、



今ではメインとなる時代となりました。



それはライトタックルの進化が、



人気となった要因でしょう。



手軽にでき、簡単なタックルで楽しめるのが、



ライトタックルのゲームの良さというもの。



それを、エギングでも楽しもうという訳です。






































数釣りを楽しむのも『釣り』のうちですが、



それではゲームとは言えないかもしれません。



あえて難しいスレたアオリイカを狙うことや、



極細のPEラインで限界ギリギリのファイトを楽しむなど、



タックルの持つポテンシャルを活かしきることで、



1杯づつ楽しむのも面白いものです。



それなので、スペックもMAX表記をすることで、



下限を作るのをやめました。



メインラインの強さ、リーダーシステムの強さ、



ターゲットの大きさや、フィールドの状況など、



アングラーの技量次第で、楽しみ方は大きく変化していきます。
























ライトと書くと、



柔らかい(ふにゃふにゃ)ロッドのイメージと思えてきますが、



全体に張りがあり適度に曲がるブランクとなっています。



3.0号(15g)までを、しっかりとシャクリ切れる



パワーを持たせました。



3.5号(20g)となるとパワー負けしてしまいます。



初秋の新子イジメには、



右に出るモノも居ないほどのアイテムになり兼ねません。








































ある程度の自制心の元でお使い頂ければ、



ゲームロッドとして面白いアイテムになるでしょう。

 














 

 

BRIGADE  GRACE  C・N・T


GC83ML  ( Light Eging Custom )


EGI : MAX 3.0号   Line : MAX 1号












  • にほんブログ村 釣りブログへ

グレイスを超えるのは、グレイスのみ。







2008年にデビューして5年。



弊社の旗艦モデルであったBRIGADE  GRACE が、



C・N・T素材 を纏ってリリースされます。



カタログでは語りきれない所を、ご紹介致します。
























GRACE 08'モデル をお持ちの方なら、



新作 (13'モデル)  と持ち比べて頂きたい。



軽量になったのは、すぐ気付くと思いますが、



何かギュッと引き締まったブランクに感じられます。



微細な C・N・T素材 がカーボン繊維に絡みつき、



繊維同士の結束を高めているのです。



その為、前作に比べ軽さを求めながら、



相反するネバリを手に入れました。



高弾性で反発が有りながら、しなやかに曲がる。



ひと昔前までは不可能であったロッドが、



この技術で可能になったのです。









































さて、今作の GRACE (以下13'モデル) を見て頂くと、



個性の強い4機種となっています。



前作(08'モデル)も個性の強い機種だったのですが、



さらに磨きのかかったアイテム群となりました。



C・N・T 化させるにあたり、



既存の機種を見直す作業を行いました。








仕分けの基準は、操作性 遠投性能個性










GC80M は遠投性を持たせるため GC85M へ。



基礎レベルが高かった GC86MH は、



インチアップをして GC87MH へ。



ロングキャストモデルであった、



GC96MH と GC106MH は遠投性能だけを求めて、



GC106MH をベースに GC109MH へ進化させました。



全く別方向から、ライトエギングのコンセプトを入れ、



GC83ML も、シリーズに加えました。










































弊社のフラッグシップモデルである、



GRACE に手を加えるのだから、



中途半端なモノにはしたくなかったのです。



当時の持てる技術でテストを繰り返しただけあって、



ハードルは初めから高く、



2シーズンの間じっくりと煮詰めることとなりました。


























調子と硬さと自重のバランスは、



ロッドを形作るうえで非常に重要な部分です。



自重が軽いのは絶対条件ですが、



バランスも重要です。



08'モデルは、細身に仕上がったブランクと、



適度に曲がるアクションが相まって、非常に操作が楽でした。



調子(アクション)と硬さ(弾性)とのバランスが、



程良く取れていたと言えます。






































また、非常に遠投が得意なシリーズでもありました。



細いラインを使えば、



そこそこに飛距離は出ますが、



ロッドの 『しなり』 を使うことで飛距離を伸ばせるのです。



08'モデル を使用していた方ならご存知の通り、



モチっとした テイストのブランクとなっていました。



この適度に曲がる 『しなり』 は、



アングラーの少ない力でブランクを曲げ、



反発力を活かして思ってもいない遠投が可能にしたのです。



そこで、



13'モデルは 操作性 飛距離 から着手しました。








































操作は キャストシャクリ の2つに分けることが出来ます。



この投げる動作とエギを躍らすブランクの働きは



似ているようで若干違い、



キャストはバット部、 シャクリはティップ部と、



仕事をするところを分けて考えています。



先ずは バット部。



ブランクをスムースに曲げ



ロングキャストを可能にするために、



レギュラーテーパーのアクションとし、



ブレを抑制するために、



ブランクの収束を早める弾性と



カーボンの肉厚を模索しました。



そして ティップ部。



力任せにシャクり上げるのでは無く、



曲がったブランクをカーボンの反発で戻していき、



ティップの返りを重視しました。



どちらも少ない力で反発を活かし切り、



楽な操作感を可能にしています。






















飛距離の面では、



弊社のエギングロッド史上、



一番飛ぶシリーズとなりました。



前記にも書きましたが、



ブランクによる働きが大きく寄与する訳ですが、



進化したガイドシステムも貢献しています。



GC83ML , GC85M , GC87MH の3機種は、


KRガイドコンセプトを取り入れ、



無駄なラインの暴れを抑えることが出来、



スムースなロングキャストが可能になっています。



GC109MH は、ロッドの硬さと長さから



全く別のガイドシステムとしました。



バットガイドまでの距離を長く取り、



口径を小さくしています。



エギの繊細な操作性より飛距離を重視した結果、



他とは違った特殊なガイドシステムとなったのです。






















さて、次回は各機種のご紹介。



気になった方で良いので、参考にしてみてください。





























  • にほんブログ村 釣りブログへ

ドカンと一発。




富山のM君より釣果報告。







































SWAT SW91L で獲ったそうです。



イイ釣りしてますね!



羨ましいです。






















  • にほんブログ村 釣りブログへ

東北からのお便り





宮城県の遊漁船 『 魚心 』 さんから入電。



















ディープライダーJDR631S−3 で、



良い魚が釣れたとのことでした。

















お客さんも、ホライゾンSL でゲットしたそうです。



羨ましいです。













  • にほんブログ村 釣りブログへ

秘境への挑戦 (最終日)




最終日、自然の洗礼を受ける日となった。

























明け方に雨が降ったようだが、



水位は前日に比べ落ちている。



前日に入りたかった上流に



チャレンジしてみる。



山小屋からポイントまで徒歩+α で2時間移動。



釣れそうなエリアまで辿り着いた。




























チェイスは有るが、サイズは小さい。



何匹か掛けたが、子供サイズだった。



かなり深くまで水に浸かるので、



ゲータースタイルで挑んでいる。



ドライタイプでは無いので、



もちろん服は濡れる。



普通のウェダーだと転んだとき、



起き上がれなくなる危険性があるので、



泳ぐことまで考えるとゲーターが良いようだ。




















水温を計ったら13℃。



ヒザまでなら浸かってられるが、



腰まで浸ると1分が限界だ。



雪渓が残っていることから、



ユキシロの影響が出ている。



とても冷たいのだが…、



釣り欲で突き進む。













冬に降った雪だろうか、雪渓となっている。




















途中、切り通しのゴルジュになった。



やや水位は高い。



いつもはトロンとした深場で、



泳いで渡ることが有るそうだが、



今回はそうも行きそうもない。



上流にはパラダイスが待っているとか…。



頑張って上を目指す。






































が・・・。






















流された。





















冷たい水に首まで浸かること10数メートル下流へ。



川の水に翻弄されてしまった。



あいにく空は曇っていて、



気温が高くならない。



しばらく震えていた。



無理は禁物。



ここで引き返すこととなった。



上流のポイントに行ってみたかった。










全身ズブ濡れ(笑)















渡れそうで渡れない流れ。






















一度、山小屋まで戻って作戦を練る。



前日に入った沢の上流まで登ってみることになった。



日が出てくると、夏の日差しが降り注ぐ。



汗が噴出してきた。



朝の寒さが嘘のようだ。































入渓するにも崖を降りなければならないので、



ベストの背中にクレイドルを仕舞って、



恐れ恐れ崖を降りた。



(高いところが苦手なだけです)



























ちょっと水量が少ないようで、



今ひとつチェイスが少ない。



途中、小規模のプールには、



20cm程の岩魚が群れていた。



1キャスト1フィッシュの割合で釣れたが、



充分に釣ったので上流を目指した。





















これ以上登れない切通しの淵に辿り着いた。



息を潜めてキャスト。



1投目で来た。



もんどりうった黒い影。



淵に長く居付いたオスの岩魚の様だ。



尺サイズ(ここでは子供ですが)



イケスを作って写真撮影をしようとしたが・・・、



逃げられた。



(ホント、自分に呆れるばかり)























このポイントを最後に、退渓することとした。



充実した2日間だった。



知らない場所を攻めるのは実に楽しい。



今回案内して頂いた、



Fさんと、Sさん大変お世話になりました。



沢山の釣果と自然の雄大さを、全身で感じられました。



また次回もお願いします。



















Tackle Data


Rod : Cradle CD50UL-4


Reel : #2000 class


Line : MI207N 4lb


Lure : Woodream  Arbor 50F & 50S-MD


Angler : Funaki















 













  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー