Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

ライトコアがリニューアル! POWERMASTER LightCore Renewal!




問い合わせは多かった。



そろそろNewModelが出るのでは?と。




















ずっと沈黙していたが、



やっとここで公開できる。



POWERMASTER LightCore


パワーマスター ライトコア




2015年春にフルモデルチェンジ。





























手軽にショアジギングを楽しめる様に



ブランクからパーツに至るまで色々と吟味し



納得のいくロッドに仕上がった。






































発表するアイテムは5機種。



比較的ライトな部類として



PML96M ・ PML100M



どちらも40g程度のジグに焦点を当てた。



シーバスロッド感覚で、



ショアからのライトなショアジギングを楽しめる。



1〜2kg程度の回遊魚がターゲットだ。





















PML96MH ・ PML100MH



60g程度のジグに焦点を当ててあり、



中型までの青物がターゲット。



前作では無かった10ftクラスのMHパワー。



ゲームの幅がより広がるアイテムだ。






















PML110MH



60g程度のジグと相性がよく、



遠投を考えるならこのアイテム。



足場の高いところや地磯など、



一歩後ろから狙えるので安全面にも良い。





















前作との違いを紹介しよう。



ブランクのアクションは、



前作の調子を引き継ぎ、



ミディアム(M)はレギュラー。



ミディアムヘビー(MH)はレギュラーファーストと



硬さによってアクションを変化させている。



表面をアンサンドにすることにより、



よりシャープなブランクに仕上がっている。



ガイドは全て、ステンレスKガイド。



ガイドのシステムは前作と同じだ。



グリップは大幅に変更してあり、



リアグリップが長めにし



遠投性を重視した設定とした。



店頭には来年の3月頃には並びだす予定だ。



スペック等、詳細については



カタログの完成までご期待頂きたい。
























JUGEMテーマ:フィッシング
























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

トラウトフェスタ TROUT RESTA 2014 in Kwagoe




次の日曜日、



12月7日 埼玉県 川越市にあります



川越水上公園にてサンスイ様主催の



【 TORAUT FESTA 2014 in kawagoe 】が開かれます。




















沢山のメーカーが出展していますし、



弊社もブースを出展致します。



沢山のサンプルロッド展示と試し振りも出来ます。



今年リリースしたテンカラ竿



『天龍テンカラ風来坊】も展示してありますので



気になっていた方は是非この機会をお見逃しなく。



ご来場お待ち申し上げます。

















詳しくはコチラまで



→ TORAUT FESTA 2014 in Kawagoe

















JUGEMテーマ:フィッシング























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

正解とハズレは?
















長い事テストをしてきたアイテムがある。



かれこれ3シーズン位になるだろうか。



かなりマニアックなモノに仕上った。



世に無いモノをクリエイトしようと思うとき、



かなりのパワー(根性)が必要と思える。



釣り方に合わせたロッドではあるが、



如何にイメージに近いモノに仕上げていくか



その摺合せが難しいわけだ。



何本もテストしてボツになったモノも多い。



その度に心が折れそうになるし、



果たして発表して受け入れてくれるか?という



不安にも駆られてくる。



でも一緒にテストして頂いている方や、



それを作ってくれる工場の方達が居るから



何とか頑張ろうという気持ちになる。






















人によって、頭ごなしにコレは駄目だと



言ってしまって進化を止めてしまう方が居る。



それは仕方ないと思う。その方には、



そのタックルが好みでは無いからだ。



所詮は遊びの道具でしかないのだけれど、



僕らは遊び方を提案していく立場であり、



何を釣るにせよ全力で遊んで(釣って)いる。



だから強要はしないし、否定もしない。



釣りには正解もハズレも無いっていうこと。



その時、そのタイミングで合っている道具はある。



でも全てをまかなう事は出来ない。



だから道具は千差万別あるわけだ。
























先日の事だが大先輩のBlogを拝見していて、



ものつくりのパワーという言葉があった。



古き良き物を大事にしながら、



新しい物に挑戦し続けている姿勢に尊敬する。



決して魚を獲るには最良の方法か分からないが、



好みのタックルで、各々のスタイルで楽しめれば



それが一番良いと思う。



以前にどこかで書いた言葉だが、



釣りはリベラル(自由)であって欲しい。



難しいことは言わない、



釣りを楽しめた人が一番ということだ。










釣竿屋の小言でした















Staff : Funaki























JUGEMテーマ:フィッシング
























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

New Series !! Rayz Integral -レイズ インテグラル-




先日発表したRayzの2015年モデルに続いて、



Trout Rod New Series !!






















『Rayz Integral』が登場。



インテグラルとは不可欠の要素という意で、



源流から本流域、ソルトに至るまで



トラウトシーンではマニアックだが



欠かすことのできないアイテムを中心に展開する。






















山岳渓流などで重宝するショートタイプの



4ピースモデルが2機種。



遠隔地へ遠征の際に持っていきたい



本流向け4ピースモデルを1機種。



サーフや大河川での遠投を重視した



海マス向けを2機種。



以上5機種を2015年春にリリース予定。



詳細については、また後日。



皆さまにお披露目出来るのは



1月に催されるの横浜フィッシングショーでしょう。



一味違うレイズをお楽しみに!






























JUGEMテーマ:フィッシング
























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

レイズ 追加モデル 【 Rayz 2015 New Model 】




2015年春、個性豊かなアイテムが仲間入りする。

































先ず1本目は、本流・湖での使用を考え



大物を意識したベイトタイプ。










RZ85MH-BC (Taison)



サブネームは大鱒の意味を込めて『Taison』と名付けた。



リールの選択基準によって、



現代的なミノーゲームから



スプーンを主体としたトラディショナルなゲームまで



幅の広い遊びが楽しめるアイテムとなっている。























2本目は、樹木が覆いかぶさった小河川でも



トリッキーなキャストを可能にするショートタイプ。











RZ39LL (Bosagawa)



サブネームは名前の通り、ボサ川仕様ということ。



3'9"ftというショートレングスが、



全方位へのキャストが容易になってしまう。



見落としていた細い河川でも、



案外面白いゲームが出来たりもする。



遊び心をくすぐられるアイテムだ。






















どちらもマニアックな機種かもしれないが、



地の利を生かして、長い時間フィールドでテストし、



現場で欲しくなったアイテムだけを形にした。



リリース時期は2015年の2月頃を予定。



詳細ついては、また後日!
























JUGEMテーマ:フィッシング


























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー