Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

先週のことですが




2014年10月18日(土)



『水辺感謝の日』ということで河川清掃を行いました。


























天竜川の弁天橋付近から、水神橋までの区間のゴミ収集です。



誰が捨てたのやら…色々なモノが河川敷に落ちていました。



人が集まる場所は必然的にゴミが多く、



橋の周辺は特に多くなる傾向にあります。

































稀に落ちている釣具のパッケージなどを見つけると、



釣具メーカーとして心が痛みます。



ゴミとなるモノは釣場に持ち込まないのが良いですね。






























心無い方の行為で、



水辺を汚され釣り禁止に繋がることだけは避けたいものです。



どうしても水辺に近いのは釣り人であって、



釣り人の所為にされても言い返すのが難しいのが現状です。



釣り人として地域に貢献出来るには、



少しでもゴミを拾うことぐらいしか無いかもしれませんね。
























出来れば見つけたら拾う、



何気ない事ですが以外と出来ないことです。



運勢が上がると思って、1個からでも始めてみませんか。

























JUGEMテーマ:フィッシング























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

今年も参加します!














10月12日(日)に開催される



螢錙璽襯疋好檗璽塚夕膾鼎離ぅ戰鵐



『S-1グランプリ in Tokyo bay』に


弊社もブースを出展致します。


























シーバス好きはお台場に集合です。



同時開催のトーナメントは満員との事ですが、



各メーカーや著名人が沢山集まるイベントです。



入場は無料なので、お気軽に参加できますよ。



弊社も色々と展示する予定ですので、



ぜひ、TENRYUブースにもお立ち寄りください。











詳しくは下記サイトへ。


http://fm-s1gp-tokyobay.blogspot.jp/



















JUGEMテーマ:フィッシング




















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

今年もキッカケ作り



先日の日曜日、『少年少女釣り教室』が開かれました。



名前の通り、子供たちに釣りを楽しんでもらう教室です。



毎年開催している教室ですが、



回数を重ねるたび参加人数も増えているようです。



今年はいつ?などと、



釣具店さんに聞いてくる方も多かったようです。



































受付前に皆で放流体験。
































































































『かわらんべ』の方の協力で川に住む生き物の紹介や、



インストラクターの方より釣り方や道具の使い方など、



学校では学べないことに大人も興味があったのでは?






































天気は気持ちの良い秋晴れ。



朝は少し冷え込んだものの、昼間には半袖で過ごせる陽気。



水色も良く適度な水位だったので、



沢山の方が釣れたようです。






















































































































普段の生活で水辺で遊ぶ機会は、思ったより少ないと思います。



釣りを体験出来る子たちは、ほんの一握りでしょうね。



来年も開かれるでしょうから、ぜひこういった機会に



参加してみてはいかがでしょうか。



最後に、関係者の皆様、朝早くからお疲れ様でした。



次回も宜しくお願いします。
























JUGEMテーマ:フィッシング





















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

ブリュッセルにて












EFTTEX2日目



予定していた商談をこなし、



空いた時間に会場内をフラフラとしてみる。



各社新製品が出ていて、見ているだけで面白い。



ただ、釣り文化レベルは



日本が圧倒的に深いレベルに達しているのが分かる。



1魚種に対して何通りも道具が開発されているのは、



他国では見られない。



所々で日本語で表示されたブランドが多い。



それだけ日本製品は信頼感があるようだ。






































当日の展示会が終わり、



夜は恒例のレセプションパーティが開かれた。



同じ頃、ブラジルではサッカーのW杯が始まっており、



食事のあとは特設会場にて観戦する場ができた。



















スペインとオランダとの試合だ。



各国から集まる方達とのサッカー観戦は、



例え自国でなくとも選手の一挙一動に大いに盛り上った。





















3日目も精力的に商談を済ませ、



最後の日程を終えた。

















夜は皆で町に繰り出す。



(明るいけど夜8時頃です。)



オープンテラスでの食事って気持ち良いですね。
















今年のEFTTEXも終わりとなった。



今度来るときはパックロッドでも忍ばせよう。



最後に街の雰囲気を味わえる写真をどうぞ。




















































































































Staff : Funaki













JUGEMテーマ:フィッシング























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

今年はベルギー




6月中旬、僕らはベルギーへ飛んだ。



今年もヨーロッパを代表する展示会、



EFTTEXの時期になった。



今回の会場はベルギーのブリュッセルだ。



相変わらず日本語が主語の私だが、



勇んでベルギーへ向かった。






















中部国際空港から一路ヘルシンキに飛び、



便を乗り換えてブリュッセルへ移動する。



道中、英語で訪ねられることがあったが、



ほぼ日本語で返した。何とかなるから面白い。



このまま日本語で通そうかと思ったが、



語学力が伸びないので諦めた。









































日本を発って20時間、初日の宿に到着。



改めて日本からの距離を感じる。



以前にも書いたが、こちらの日の入りは遅い。



夕方に感じるのは午後10時頃だ。



昼間が長い分、ちょっと得した気分になれる。




























翌日は、展示会当日。



会場の建物がカッコイイ!



規模も大きく世界中から釣りに関わるメーカーが集まった。



ディーラーだけのショーなので、



一般の方は入場できないので残念だが、



釣具好きには堪らない。


























ヨーロッパではパイクやパーチ、ウォールアイ、



ブラウントラウトなどが人気で、



ソルトではシーバスや、タラが主なターゲットになる。



ブラックバスも多い様だ。



パーチ狙いには、



一昨年に発表した ルナキア・ソニック に続いて、



昨年発表した ルナキア・マグナム も人気で、



日本より高価な価格で取引されているが、



感度を伴う軽さと粘りが両立された



ブランクが人気を後押ししている。



トラウト狙いに、レイズ も人気だ。






















昨年はヨーロッパシーバスの釣りを経験できた、



今回は時間の都合上釣りには行けないのが残念。



いつか、パイクやウォールアイなど、



日本では狙えない魚を釣ってみたい。























バタバタとした日が過ぎていく、



初日はあっというまに終わった。



そして遅い帳が降りた夜は皆で食事に。



帰った時には日付は変わっていた。





















2日目に続く。






















JUGEMテーマ:フィッシング



















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

ビワマス体験トローリングin奥琵琶湖




いつも、お世話になっているマリーナ『 ファイブオーシャン 』さんで



レイクトローリングを体験できる催しがあるとのことです。



ターゲットは『 ビワマス 』





ビワマス








4.2kg





最大では70cmクラスになり、食べても誠に美味しい魚です。



ぜひ興味のある方は参加してみてはいかがでしょう?






詳細はコチラ↓



クリック  →  ビワマス体験トローリングin奥琵琶湖

















JUGEMテーマ:フィッシング



















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

天龍Staffタイに行く その2


















バンコクフィッシングショーが始まった。



メーカーの展示だけでなく、



地元の釣具店も出展しており、即売会を開いている。



普段、近くの店で買えないお客が集まり品定めをしていた。



弊社ブースにも沢山の方が立ち寄ってくれる。





























粘り強い天龍ブランクはタイの方にも好評で、



極限まで曲げると驚いていた。















































































日系企業が多いせいか、日本人の方も多い。



日本の釣り文化を追いかけており、



ターゲットは違うが釣り方は



最新テクニックが受け入れられている。



日本ブランドはタイ国内において、かなり人気の様だ。



ただ…模倣品も乱発されている。



一度人気が出た商品はコピーされ、無秩序な感は否めない。



発展途上国には致し方ないことだと思うしかない。



かつての日本も同じ道を歩んだことがあるのだから…




















さて、弊社の人気のアイテムだが、



ジギングでは圧倒的にジグザムシリーズ。



次いでホライゾンシリーズだ。



東西に海を持ち、日本で言う近海ジギングから



ライトジギングまで似た環境にある。






















先にも書いたが『獲って食べる』というのが当たり前で、



資源が少なくなっているのも事実。



シーフードが好きな国民なのも枯渇させる要因になっている。



日本を真似ているのなら、



僕らが積極的にリリースさせるように誘導するのが懸命だ。


























各ブースを散策してみる。



日本製の物が多いが、これは国内で買えるし外国で買うと少し高い。



雷魚向けのルアーを幾つか買ってみた。



正直なところ、どこも同じ様なデザインの物が多い。



日本の雷魚向けのフロッグタイプとは違い、



ステディリトリーブで誘うタイプが一般的のようだ。



スイッシャーやバズベイト的な要素が強い。



ゆっくり誘うよりは、一直線に早く誘うのが効果的らしい。



今度、機会があれば釣り方も紹介したい。






























バタバタとした毎日が過ぎ、



あっと言う間に3日間の展示会を終えた。



次は釣りをしたいな。次回に期待して帰国した。































JUGEMテーマ:フィッシング


























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

天龍Staffタイに行く 脱線編




旅に出た気分を味わって頂けるよう



街並みと食べ物だけを掲載。



タイに行った気分になるかもです。












バンコクの人気タクシー『トゥクトゥク』



スリル満点の3輪車で颯爽と街を走る。





















雨季ならではのスコール





















初めて食したタイ式ソバ 旨し










カレー味 なかなかイケる♪










毎朝食べてると やや飽きる











味噌ラーメンだそうだ 味は…日本の方が旨いね









タイ式チャーハン 旨いけど辛い











毎朝、これ食べてミーティングです。





















マンゴー&ライス&ココナッツミルク


不味くは無いが、旨くもない。












日本語だ!









大御所ですな。落ち着きます。










北陸の大御所がタイに居たよ!8番さん。























































路上エステサロン なんか逞しい。











今回のNo1ショット! I love Noodle !


大阪のグ●コと、浮世絵がコラボ…何でもアリか!?



























タイの食事は、辛いか甘いか極端でした。



雑多な感じがアジアに来た感がありますね。



さて次回、展示会が始まります。
















JUGEMテーマ:フィッシング













 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

天龍Staffタイに行く その1




Big Bossより命令が下った。



タイの展示会に出展せよとのこと。



バンコクフィッシングショーに出るということだ。



春が終わり初夏を迎える頃、



私たちはタイに飛んだ。
























タイは雨季に入る頃との事で、



少しは涼しいと聞かされたが、



とんでもない無茶苦茶暑い。



最高気温は摂氏35℃からとの事で、



日本で言うなれば猛暑。



湿度も高く、まとわりつく湿気が不快度指数を上昇させる。



この時期は、これが普通と言うから呆れるしかない。



日本から直行便で6時間でバンコクに到着。



空港の出口を出ると、



通訳をして頂けるシゲさんが出迎えてくれた。














右がシゲさん










シゲさんは、タイでフィッシングガイドを営んでおり、



タイ国内においてルアーフィッシングのパイオニア的な存在だ。



機会があれば是非フィッシングツアーを利用されてみては。



 → トッパーズ・タイランドHP






















調べると、この国での釣り文化は古くから有るが、



ルアーフィッシングが盛んになってきたのは



近年になってきてからの様だ。



キャッチ&リリースを含めた文化は発展途上、



まだまだ獲って食べるという習慣が根強い。



だらこそ僕らにとっては面白みがある場所とも言える。



日本と同じくソルトからフレッシュウォーターまで、



様々なターゲットが居るようだが、



人気はバラムンディと雷魚とのこと。



ここのところジギングも人気が出ている。



また釣り堀も多く、



メコンナマズなど多魚種が狙える場所もある。



日本のメディアで釣り堀のシーンを紹介する事も有ったので、



ご存じの方も多いのではないだろうか。

























さて、ブース設営を汗だくになりながら始めた。



こんなに暑いのに空調が効いていない会場…



午後になって関係者の方が来て、設営時は空調切っているが



クーラーを入れるから1000バーツ払ってくれと言ってきた。



これが、お国柄なのか…。



ヨーロッパでの展示会とも同じく、日本の企業が多い。



飛び交う言語のなか、チラホラと日本語も聞こえてくる。



ここがドコなのか分からなくなりそうだ。



設営も終わり、翌日に期待して会場を後にした。





















夜は皆で食事へ。



夜の屋台を練り歩く。



水槽には憧れのバラムンディ。高級魚らしい。



タイでは天然では獲れなくなり、養殖がメインとのこと。



資源は大切にしたいモノです。






































この雑多なところがタイに来た感がある。














































本場のトムヤムクンと、雷魚のフライ。
























各地、色々な料理に出会えるが、雷魚には面食らった。



以外にも美味しかった。



英気を養い、翌日の展示会に備え宿に帰った。






















JUGEMテーマ:フィッシング















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

満員御礼




先日開催された2つのイベント、



京都『ジギングフェスティバル』



青森『フィッシングショーinあおもり』



両イベントとも、沢山のご来場頂きありがとうございました。






















弊社スタッフ2チームに分かれて、それぞれの展示会に挑みました。



会場の一場面を、ちょっとだけ紹介。









京都『ジグフェス』の会場、オフショアに熱い方々が沢山。


何よりも、ユーザー層が厚い!
























ドラッグフォースを体感して頂けた方は多かったですね。


C・N・Tの効果は凄いですよ。




























変わって青森の会場より、


息子さんはマダイ 63cmを釣った凄腕!































TENRYU愛用の高校生グループ。


何度もブースにお越し頂きました。ありがとうございました。





























青森で注目を浴びたのは、Newレッドフリップ。


さすが東北では山形と並び真鯛のメッカですね。


ドラッグフォースや、スパイクシリーズもガンガン曲げて頂きました。



























1月から4月まで、ず〜っと続いた展示会ラッシュ。



各地、大阪・横浜・群馬・宇都宮・高知・新潟・京都・青森、



たいへん沢山のお客様から、熱いメッセージを頂きました。



これからも、アングラーの声を活かし、



製品へのフィードバック出来るよう心掛けたいと思います。



またの機会も、お待ち申し上げます。ありがとうございました。












Staff一同より



















JUGEMテーマ:フィッシング























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー