Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

謹賀新年




旧年中は格別のご用命を賜り、




厚くお礼申し上げます。




なにとぞ、




本年も宜しくご愛顧のほど




ひとえに お願い申し上げます。






平成二十五年 元旦

  • にほんブログ村 釣りブログへ

2012 BestShot





2012 Photo album

Best shot














River TENRYU   Rainbow trout


















angler  Mr. Sugiyama  &  Rainbow trout

























President  &  Seabass   in  France

























angler  Mr.Motoza   &  Big Cuttlefish

























angler  Mr.Hayashi  

























River  KISO     IWANA





























Sapporo  Ramen ???    in  Paris
































Good guys    in  France





























Bay  Tokyo 





























angler  Mr. Kurano       DOYAGAO・・・



























Sunset 





























Sunset






  • にほんブログ村 釣りブログへ

理想と現実



年の瀬が迫ってきました。



もうすぐ2013年ですね。














来年発表するネタなんですが・・・。



何度もシーバスでテストしているモノです。



今年は、このロッドに手こずらされました。










1st プロトは、硬すぎでボツ。



2nd プロトは、折れた・・・。



3rd プロトは、柔らかすぎてボツ。



4th 、5th、 etc・・・。

















理想に近づいているのですが、



あとちょっとの部分が納得がいかないのです。



作ってはテストの繰り返しで、



もちろんフィールドでの実釣。



















たぶん、今のロッドでも80点は付けられます。



ですが、個性が無いんですね。



言わば、普通。

















今、目指しているのは、



『 昔 』のあのアクションを、



現代風にアレンジしてみたいのです。



細・軽・ピンなロッドではありません。

















正直、万人に受けないかもしれません。



でも、このアクションが分かる人は、



長年シーバスフィッシングをしている方だと思います。



そんなイメージのモノです。


















エゴイストなモノを作るってのは、



作る人がエゴイストでなければならない訳で、



単純にワガママなだけなんですが。



納得して手にとって頂けるモノをお届け出来るよう、



もう少し頑張ってみます。















  • にほんブログ村 釣りブログへ

こんなの作りました!!









 TENRYUロゴシールです。




TENRYUのロゴの後ろに、




ドラゴンを入れてみました。




シンプルでカッコ良い!!















実は・・・、




このシールのサイズですが、




あの人気タックルボックスの天板に




ジャストサイズにしてみました。
















オフショアアングラーの間では、





人気のタックルボックスですが、





天板に貼るステッカーが、





なかなか丁度良いのがなかったのです。





















もうすぐ、店頭に並べられると思います。





皆さんも、ぜひ張ってみてはいかがですか?









  • にほんブログ村 釣りブログへ

忙しさの中で楽しむ



海外の方からすると、



日本人は仕事に対して勤勉で、



働き過ぎと揶揄されるそうです。
















私のことを棚に上げるわけではないのですが、



何かと仕事に振り回されています。



久しくプライベートで釣りを楽しむ時間が



無くなってきています。


















『時間は作るもの』と言いますが、



時間があればテストばかりしている訳で・・・



(まぁ、テストとは釣りですが)



ある程度、仕事と遊びを分けて考えながら、



テストも楽しんでいるわけです。



















さて、先日の日曜のことです。






スタッフHが、



お客様を連れて研修会を行うとのことで、



三重県に行くとのことから、



一緒に付いて行くこととなりました。
















彼らは船に乗るとのことで、



私は一人、オカッパリで釣りをする予定でした。

















今回も、色々と検証したい事があり、



7本ほどのテストロッドを、



リールとの相性や、



ラインの太さ、



などなどをテストしていました。



















彼らが沖上がりで、



帰港するのは PM2:00くらい。




テストは順調に終わり、



PM1:00くらいには



十分なデータが取れました。

















さて、この残った時間を



有効に利用したいところです。
















スタッフHが、たまたま持ってきていた、



ルナキア・ソニック LKS77Mがありました。



手元には、メバル向けの小型ルアーが沢山。


















たまには、何も考えないで、



釣れる魚と遊んでみようとタックルを用意。



水中を目を凝らして覗くと、



イワシっぽい群れが多く泳いでおり、



カモメやトンビが水面で捕まえている状況。

















何か居るかな?と、



1gのジグヘッドに、



2.5インチのワームを付けて投げてみる。
















底までフォールして、


3・4回ほどシェイクしてはフォールを繰り返してみる。



ラインが 『 プッ 』 と、ふけるので合わせてみると、


小気味良い引き。








ハタの子供でした。










同じことを繰り返すと、



ポツポツと当たる。












大きくても15cmくらい。



なかなか、面白いので辞められない。

















途中で、もうすぐ帰港するとの入電。



船を着けるところに移動した。



そこで、海を覗くと、何か魚が群れている。



















考えるよりも早く、



ルアーをキャストしていた。











フォール中に当たるのだが、



一瞬のバイトなので、フッキングできない。













ウェイトを、0.1g刻みで落としていき、



0.5gのジグヘッドにしてみたところ、



魚がルアーを吸い込んで吐き出すまでに、



0.5秒ほどのタイムラグが出来るようになった。



掛けてみると、なかなかの引き。









メジナの子供でした。








その後も、何匹か掛けてはバラしたり、



キャッチしたりを繰り返した。



ラインが、1ポンドなので



無理は禁物。



出船していた彼らが戻るまでの30分ほど、



小型ながら面白いファイターが遊んでくれた。






















久しぶりに、



テストを抜きで魚と遊べた気がします。



日本人、息抜きが必要ですね。



皆さんは、釣りで息抜き出来ていますか?








Tackle Data



Rod : Lunakia Sonic   LKS77M



Reel : #2000 class



Line : 1 lbs



Lure : Jighead  0.5 - 1.0g  & Soft Bait



Angler : Staff  Funaki















  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー