Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

使用感


ブラックリミテッド

の発表は、



だいぶ、影響が大きかったです。













先日の発表後、ログのヒット件数が



跳ね上がったので、これには驚きました












さて、問い合わせが多いところで、



使用感はどうなのよ?ってことにお答えします。










弊社スタッフ T より、



ロッドの使用感について報告がありました。











以下、そのまま掲載します。











「 チタンガイドの特性で、



感度が従来モデルより良くなるのが当たり前ですが、



ジグが動いてる感触がより手元に伝わります。



シャクリの幅をコントロールできます。



暴れるジグ、回転するジグには



魚が反応しない為、感度は重要です。



更に、アンダーキャストでの振りぬけも、



従来モデルより良い感じです。 」









・・・とのことです。



まぁ、個人的な感想と思っていただければ結構です。













軽量化 = 高感度ではなく、



バランスが整えられたのが起因していると思います。



ティップが軽く感じるので、



以前よりシャープに感じます。



そのため、感度が高くなったと感じるのです。















JIG-ZAM DeepRider Black Limited



 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

ガイド選定

 



さて、先日発表となった ブラックリミテッド ですが、



試作途中に、ガイドの重さが気になって



重量を測ってみました。










対象は、ディープライダー JDR581S-4












スタンダードモデル



スーパーオーシャンガイド(MNST & MNSG)



ICカラー ステンレスフレームであり、



強度に信頼が高いパーツです。











ガイドのみの重量は、 15.7 グラム。


















そして、ブラックリミテッド版



Kガイド システム( T-MNST & T-KW-L )



チタンフレームになり、軽量。









ガイドのみの重量は、 12.4 グラム。



















3.3 グラムの違いとなりました。













はじめは、何だコレしか差が無いのか・・・、と思っていました。











しかし、これは私の思い込みでしかなく、



実際に使用したときのバランスが、



グリップ寄りにバランスが移動し、



モーメントの改善となったのです。











意気揚々となっていた所に 落とし穴 がありました。










絶対的な強度という部分で、



やはり、ステンレスフレームの方が歩が高く、



全機種をチタンフレーム化するには、



大きな障害となってしまいました。











シリーズの中には、



ドラグMAX値が8キロを超えるモノがあり、



それを超えると、パーツへの負担が大きく、



破損の恐れがありました。











そこで、今回の限定モデルには、



ドラグMAX値を、



8キロ以下のアイテムに限定させて頂きました。











なんで、あの機種を作らなかったの?



という方も多かったと思います。



実は、強度という面でどうしても納得のいかないモノを、



世に送るわけにはイケないと思ったからです。









バットだけステンレスでは、



今までと大差が無くなりますし・・・。



考えぬき、試して出した答えです。










  • にほんブログ村 釣りブログへ

10年の節目



『 JIG-ZAM 』
シリーズを発表してから、10年。




今回は、初代から最新モデルまで、




シリーズの年史を追ってみます。









2002年、初代 JIG-ZAM 発売。





日本近海のあらゆるエリアをカバーできるシリーズであり、



近海ジギングのスタンダードを目指したシリーズでした。



お求めやすい価格と、天龍らしいネバリと強度が



幅広い層に支持を得られました。

 












2004年 秋、限定モデル 『 del sol 』を発売。



太陽の意味を持ち、真っ赤なボディに細身のグリップを搭載。



ガイドは、イオンプレーティングにより耐腐食性を高めました。















2005年 秋、限定モデル 『 del mes 』を発売。



月の意味を持ち、全身がゴールドに輝くブランクカラー。



del sol で使用した装備に、リールシートには



ロングナットを装備。リールの緩み難さを追求。















2008年、大ヒット作 『 Deep Rider 』を発売。



タックルの進化に伴い、最前線のスタイルを追求。



低弾性カーボンを使用したブランクの、



強力なネバリに驚かされたアングラーも多いはず。



細く、軽い。そしてネバリがある。バランスの取れたアイテムは、



国内に留まらず、海外でも高い評価を頂いています。



 











2009年『 JIG-ZAM version供を発売。
 


『 del sol 』、『del mes 』にて培った要素を、



惜しみなく採用。



ブランクから全てを一新し、



第2世代のジグザムとして発売しました。















そして、2012年 秋



10年の節目を迎え、これまで支持して頂いた感謝の気持ちと、



次世代モデルへのチャレンジとして、



リミテッドモデルを発表。


 







  『JIG-ZAM DeepRider BlackLimited







長く愛用して頂きたいアイテムということをテーマに、




時代に左右されない、ブラックを基調としたデザイン。




そして、重視したのが実釣性能。




機能美という言葉を、このシリーズに込めました。



弊社のジギングロッド史で、



今後のアイテムの礎となるでしょう。













  • にほんブログ村 釣りブログへ

久しぶり



久しぶりに、地元で釣りをする機会が出来た。


時間は少なく、2時間程度しか竿を振れない。


だが、結果は意外なモノが返ってきた。










所用で地元、茨城に帰ってきた。


夕方には用事は済み、


釣りにでも行こうと考えていた。










しばらく、行っていない池があった。










学生時代、自転車で通った池であった。


ターゲットはブラックバス。


当時、時代はバスブームの真っ只中。


ご多分に漏れず、私もバス一色の毎日だった。


そんな中、よく釣れた場所が今回のフィールド。











10年ぶりに訪れてみると、


当時と相変わらずの雰囲気であった。

















学生の時は、何時間もかけて


自転車で通ったことを思い出した。








時期なんて関係なく、


真夏だろうが真冬だろうが


休みの度に来ていたと思う。







ポイントは、隅々まで覚えている。


あれだけ通ったのだから。






今でこそ、車ですぐに来れるが、


学生時代のパワーには呆れた。










詳しい場所は伏せるが、


灌漑用に作られた貯水池であり、


この周辺は、田んぼが広がるエリアである。










地元の方も寛大で、


釣果を聞いてくるのが珍しい。






大概、アンチ釣人のところが多く、


マナーの悪さが仇となっていることが多い。





ここを訪れている方たちのマナーが良いので


池で釣りをさせいて頂けているのだろう。











さて、実釣。







状況を探るため、


巻物系のルアーを中心に投げてみる。









とりあえず、一周してみたが・・・









居るのは、ヒキガエルばかり。


いきなり草むらから飛び出して、


水中に飛び込むのだから


心臓に悪くて仕方ない。












日が傾いてきた。


時間も無いので、


別の池へ移動してみる。










同じような池が何個も点在するエリアなので、


移動は車で10分ほどだ。








状況は、前の池よりウィードが無いということ。








リップレス クランクを投げていたが、


どうも反応が無い。


水温が高く、追いきれていないのかもしれない。







当日も9月中旬とは思えない、


夏日であった。








水の循環が少ないエリアだけに、


魚の活性は低いと思える。










ルアーのスピードをスローダウンし、


シャロークランクを投げてみた。








答えは、すぐに出た。






20cm程のサイズが釣れた。










10年ぶりに釣った。









霞ヶ浦や琵琶湖などあちこちで、


バスを狙っているが、


何か感慨深いモノがあった。










2匹目のドジョウをと、


その周辺を何度も通してみる。









先ほどとは、別の重みが乗った。




重量感があった。



躊躇せず引き抜いてみた。


意外とデッカイ・・・。












50cm程だったろうか。












サイズ云々よりも、


昔、釣った個体の遺伝子が、


今でも残っていた事が嬉しかった。







この一匹を最後に、


その日を終わりにした。







Tackle Data


Rod : MI67B-M

Real : Calcutta 100XT

Line : MI207N 16lb

Lure : Woodream  #1/0

Angler : Staff F






















  • にほんブログ村 釣りブログへ

素晴らしい!!


 













休日、朝早くに スタッフ Tより 入電。



尺上のアマゴをゲットしたとの事だ。



婚姻色が強く出ているが、体表には傷が無い。



ヒレもピンピン。完璧な魚だ。



秋季に入り、食わせることが難しい時期。



雨量が少なく、河川の水量が著しく少なかったとのことだ。



素晴らしいの言葉がよく合う。






Congratulation !!












Tackle Data


Rod : Rayz  RZ56L  Jerkin'  


Real : #2000 class


Angler : Staff T





※ 写真のロッドは、RZ56L Jerkin'の試作です。
















  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー