Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

投稿写真ギャラリー

 

ご投稿有難うございました。


特典としてステッカー(限定カラー)をプレゼントさせて頂きます。


また、新製品キャンペーン対象の方には、限定タオルもプレゼント致します。


今後も弊社製品のご愛顧宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

投稿日 2018年7月31日


1.お名前  ヨシ 様


2.魚種名 ヒラメ


3.魚サイズ 45cm


4.場所・年月日 北海道・2018年7月27日


5.使用ロッド名 Lunakia Magnam LKM78M


6.コメント


主にライトロックで使用していますが、70cm近いヒラメから10cm程度の小型メバルまで、


魚種サイズ問わずに楽しめるロッドで大変楽しく釣りをしています。


生産終了は残念ですが、ニューモデルにも期待大です。

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日 2018年8月1日


1.お名前  坂井誠 様


2.魚種名 タチウオ


3.魚サイズ 複数本


4.場所・年月日 東京湾・2018年7月27日


5.使用ロッド名 HORIZON LJ HLJ641B-FLL

 

 新製品キャンペーン対象(限定タオルプレゼント)


6.コメント


今一な活性...ジグを暴れさせない適度な入力が普通にできるロッドアクションがタチウオではキーなる中、


このロッドは最適な入力が出来低い活性時でも無事にキャッチ出来ました。

 

 

 

 

 

 

**************************************


送って頂けた写真に弊社製品と共に写っていない場合や、写真が添付されていない場合もございます。


いま一度、応募方法・必要事項・注意事項を確認して頂き送って頂けたら幸いです。


また、プレゼントの送り先が未記入の場合もあります。その場合お送り出来ませんのでご了承願います。


応募方法はコチラ → 写真投稿について


皆様からの沢山の投稿をお待ちしております。

 

 

株式会社天龍 釣具事業部 写真投稿係

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

ツンドラの大地へ!2018 カムチャッカ・キングリベンジ編

 

ロシアのカムチャッカ遠征も今回で3回目と気が付けば私もすっかり常連組みに!

 

最後の秘境とも言われるカムチャッカの大自然の魅力にどっぷりと嵌まってしまいました。

 

ちょっと過去を振り返ってみましょう。

 

2015年に初めてカムチャッカを訪れボリショイリバーでキングサーモンを狙いに行きました。

 

 

 →ツンドラの大地へ!カムチャッカ釣行記2015(前編)

 

 

 →ツンドラの大地へ!カムチャッカ釣行記2015(後編)

 

 

2016年には未開の地にビッグレインボー求めてワンダフルなイーチャリバーに行ってきました。

 


 →ツンドラの大地へ!2016(前編)

 


 →ツンドラの大地へ!2016(中編)

 


 →ツンドラの大地へ!2016(後編)

 

 

いずれも納得の釣果では無いとしても素晴らしい経験をさせて頂きました。

 

そして2018年、今年は再びボリショイリバーのキングサーモンにリベンジです。

 

今年こそは何としても10キロオーバーを捕りたい。

 

このボリショイリバーのボリショイとはロシア語で大きいと言う意味です。

 

雪解け水がツンドラの大地に大量にストックされ、絶える事無く悠々と流れ、

 

この川を訪れた方は誰もがその規模に圧倒される事でしょう。

 

凄まじい水量と水圧が押しの強い流れを形成し40gのスプーンでも

 

簡単に浮き上がってしまう程です。

 

当然フライラインもシンクレートの高いラインを使用しても中々深いレンジ

 

に入ってくれず、この川でフライでキングを仕留めるのは至難の業です。

 

 

しかも過去の経験から6月のこの川の水位はMAX状態と思われます。

 

釣り易い河原は水没してるので立ちこんで釣りをする事も難しい、

 

よってアンカーリングしたボートから釣る事が予想されますが、

 

この広大なフィールドで釣果を出す為には少しでもヒントとなるデータを収集し

 

答えを探すチームワークが必要になります。

 

リーダーOさん主導のもと事前の作戦会議やシュミレーションも出発前に行いました。

 

フライも研究に研究を重ね改良してキャストし易く且つ良く泳ぎボリューミーな物を作成し、

 

スプーンも過去の実績を参考にして専用の物をオーダーしました。

 

今回は言うなれば、

 

ボリショイリバーキングサーモンの集大成とも言えるのではないでしょうか。

 

 

北海道のノーザンライツ社のスプーン 

 

40gのスプーンは日本では中々売ってませんので今回は0氏が集計を取りオーダーしました。

 

このスプーン、後に驚異的な釣果をもたらします! 

 

 

 

Y氏考案のロッドラック

 

ルアー、フライそれぞれのロッドを干渉しないよう止められるよう工夫し改良され

 

た3型との事、迷彩にコーディネートする所がYさんらしい(笑)

 

このラックのおかげで後にラインが絡まずスムーズに釣りが出来ました。

 

Yさんに本当に感謝です。

 

 

 

 

 


そして6月中旬、世の中はサッカーワールドカップロシア大会で湧きあがる中、

 

我々は成田エアポートに集結しました。

 

同じロシアはロシアでも目指すは極東の地、カムチャツカ半島!

 

北海道からはリーダーの0氏と札幌のシェフのT氏 

 

凄腕ルアーマンU氏は富山から S院長は上越から Y氏は遠く淡路島から

 

そして私の6名のメンバーでカムチャツカへ向かいます。

 

皆さん幾度と御一緒した顔なじみ、チームワークもバッチリです。

 

 

 

 

とにかくラフに扱われる事も考えてガムテープでグルグル巻きです。
 

S7航空の受付の方がとても親切で荷物のベストな預け方など教えて頂けました。

 

今日は成田〜極東の大陸の町 ハバロフスクへ向かいます。

 

 

 

ふと目が覚めると雲の間から大陸が見えました。

 

  


何時見ても凄い、蛇行した川、

 

人が住んでいない道もない広大なツンドラの大地が広がっています。

 

 

 

ロシア極東フィッシングの拠点 インツーリストホテルに到着!

 

 

 

 

翌日朝の飛行機でカムチャッカに向かいます。

 

 

カムチャッカ半島が見えました

 

未だ山脈に大量の雪がストックされていました。

 

 

 

 

 

 

皆テンションが上がります。「帰ってきたぞ〜」

 

 


ペトロパブロフスクカムチャッキー空港に到着です。

 

2年振りに通訳のマリアさんにお会い出来ました。

 

「タケチャンゲンキデシタカ?」

 

懐かしい響きの日本語ににカムチャッカに再度来れた嬉しさが込みあげる。

 

 

途中燃料をチャージ!(我々の燃料です)

 

このビール計り売りのシステム!

 

少々時間は掛かりましたが安くてとても美味しかった。

 

 

 

 

2日間移動して漸くビッグリバーロッジに到着!

 

何時来ても快適なロッジです。

 

いよいよ明日から4日間の釣りが始まります。

 

今回はどんなドラマが起こるのか?

 

 

 

 

 

 

DAY1 天気 曇り

 

 

 

 

早速Yさんが設計したオリジナルラックをボートに設置

 

強力両面テープでガッチリ固定できました。

 

 

出発です。やはり水位は満水で立ち込める河原などありません。

 

 

 

森が水没してます。

 

例年よりも更に水量が多い様です。

 

そして、迎えた待望のスタートフィッシング!

 

フライとルアーでローテーションしながら

 

ポイントを変えながらボートでランガンしていきます。

 

基本ポイントは本流筋と支流のぶつかるYパターン、その馬背にアンカリングして流れの

 

交わった緩い緩和滞を攻めて行くのですが、

 

フライの場合はとてもスイングする流速も無く、更には風でボートが動いてしまう。

 

中々フライでテンポ良く探っていくのが難しい状況でした。

 

逆にルアーは圧倒的な飛距離で広範囲を早くリサーチ出来、すぐ結果が出ました。

 

 

 

初日いきなり徳島のYさんがビッグワンをゲット!

 

9kgと惜しくも大台には乗りませんでしたがナイスな魚体でした。

 

竿は パワーマスターライトコア100M

 

Yさんに竿の感想を聞くと余裕で落ち着いてファイトが出来たとの事でした。

 

私の竿にも待望の生命反応が!

 

ジャンプの後ドラグが出されます、魚が見えたのでそれ程大きいサイズではありませんが

 

久々のチュウイーチャ(キングサーモン)猛烈にショアジグロッドを捻じ曲げます。

 

 


 

 

4kgクラスとこの川ではアベレージサイズですが

 

強烈な引きにアドレナリンが出まくりました。

 

その晩のデイナーで各ボートでの釣果や状況報告をしましたが、

 

表層でのバイトが多くスプーンの色はチャートが圧倒的に反応が良く

 

地合いは11時から12時に集中した等、各ボートで様々な共通点がありました。

 

初日に小さいながらキングがゲット出来たので良いスタートが切れました。

 

 

 

 

 


DAY2 天気晴れ

 

 

 

 

皆さん朝早起きして昨日のヒントを基にタックルを変更します。

 

沢山のフライラインからボディーとティップを変えて棚に対応していきます。

 

私もボディーをスカジットボディからタイプ3のフルシンキングボディーに変更

 

 

 

 

 

 

しかし・・・

 

2日目は川が沈黙してました。

 

昨日はモジリなど生命反応がありましたが今日は全くありません、

 

ルアーですら何も釣れません。

 

ドピーカンで全く口を使わないのか?

 

それとも昨日居た群れは遥か上流に上がってしまったのか?

 

結局2日目は何も無く終了、

 

凄腕U氏は何本かチュウイーチャを釣られた様ですが渋かったとの事。

 

2日目の晩は前回同様にイタリアンシェフのT氏率いる我々が料理を作ります。

 

(殆どはT氏が作ってます)

 

前回は日本のチラシ寿司とちゃんちゃん焼きを作りましたが、

 

今回はシェフが本格イタリアンコースを振舞いました。

 

 

 

 

 

パセリが無かったのでロッジの前に生えてるコジャク(山菜)を代用したり

 

あるものを生かして仕上げてしまうなんて流石プロ!関心しました。

 

シェフの指示で皆さんで手分けして8品の料理を完成させました。

 

 

 

 

 

今回のシェフのメニュー

 

 イクラと米のサラダ


 イタリア産サラミ


 ベーコンと野草のイタリアンオムレツ


 トマトと豆のパテ(仕込み済み)


 鶏レバーのパテ(仕込み済み)


 パスタ   スモークサーモンのマカロニ、ディルの香り


 メインディッシュ   ミートボールとパプリカのトマト煮


 又は 鶏の香草風味ロースト、ジャガイモの添え


 パンナコッタとフルーツ

 

 

 

流石プロです、どれも本格イタリアン、美味しかった。

 

 

特にこのクリームパスタ、煮込んだ生クリームにスモークサーモンを加えほぐし

 

ながら更に煮込み,茹でたパスタを入れて和えて完成のシンプルなパスタですが、

 

これがメチャクチャ美味しかった〜!

 

次に札幌のシェフの店に行ったらこのパスタをオーダーしよう。

 

 

 

 

またまた異文化の宴は盛り上がりました。

 

 

 

 

 


DAY3 天気曇り

 

 

 

朝、頭が痛い〜

 

夕べの宴でロシア人客にすすめられウオッカを飲みすぎてしまった為です。

 

それでも強引に朝食を流し込みました。

 

この日はモーニングの時、同じクルーのS院長と凄腕U氏で話し合い、

 

サーモンは上流に上ってしまったのでは?

 

と予測し思い切って最上流エリアに行く事に決めました。 

 

 

40分ほどボートで川を上ります。

 

3本の流れが交わるインターセクションに広いエリアの緩和滞が形成されています。

 

流心から緩和滞にスプーンを通します・・・

 

緩い流れに入った所で竿が弧を描く! フッキングを入れた後に強烈に暴れますが

 

パワーマスターPML100M が魚をいなして寄せます。

 

しっかり負荷に応じて曲がりこみ、

 

魚の動きに追従して常にテンションは一定でバレル気がしません。

 

 

 

アベレージサイズでした。

 

 

S院長も5kの良型をゲット!

 

全てノーザンライツ社のマスターアングラー40gチャートカラーでした。

 

そして、この後は凄腕U氏の怒涛のラッシュが始まる! 

 

何が凄いって集中力がハンパナイ!

 

シーンによってスプーン、ミノーを使い分けとにかく釣るのです。

 

 

 

 

 

 


この日最後は10キロジャストをゲット!

 

対20キロをターゲットにしたタックルですので秒殺でした。

 

タックルを聞いてみるとPE4号との事(外房ヒラマサ並みのガチタックル)

 

この日は他のクルーも好調だったようでロッジに戻るとなにやら賑やかだ。

 

そこにはシェフのご満悦な笑顔が!

 

シェフが待望のビックフィッシュ7キロをゲットしていた。

 

 

そしてそして更に

 

ロッジオーナーのビタリーの船でフライ1本で貫いていた我らがリーダーの0氏が

 

3日目にして遂にフライでぬあんと13キロを仕留めた!

 


最初耳を疑いました 只者ではないと思っていましたが本当に只者ではなかった!

 

その執念に恐ろしさすら感じました。

 

まさに「為せば成る」です。

 

 

3日間私の乗ったクルーのガイドをしてくれたセルゲイ

 

謙虚で優しくてナイスガイだった、有難うセルゲイ。

 

皆さん3日目はそれぞれにドラマがあった様で

 

この晩のビールはさぞかし美味しかったのではないでしょうか?

 

がしかし?本音を言うと苦しい私がそこに居ました。

 

私はと言うと未だ4キロクラスしか釣れていません(涙)

 

ビールが喉を通りませんと言うのは大袈裟ですが

 

明日は最終日かと思うと平常心を保つのが大変でした。

 

このままでは終れない マジで苦しいんですけど(涙)

 

 

 

 

 


DAY4 天気曇り 

 

今日は大荒れになる予報、この天候が吉と出るか凶と出るのか?

 

 

いよいよ最終日、ここでの4日間は本当にあっという間に過ぎます。

 

昼間は日本より3〜4時間は長いはずなんですが?

 

時間軸違うんじゃないかと思ってしまいます。

 

この日も空回りでルアーチェンジばっかりで全くもって自分のペースで出来ていない。

 

そんな中、同じクルーのYさんが午前中2本のチャウイーチャをゲットした。

 

午前の部、私はノーフィッシュに終る。(こりゃホントヤバイ)

 

昼食後、フックを変えたりラインを変えたり

 

最後のステージに向け万全の準備をしながら考えた。

 

結果はどう有れ最後まで全力を尽くそうと自分に言い聞かせる。

 

午後2時出船!いよいよファイナルステージです。

 

ポイントに着く頃には予報通りに荒れてきた。

 

10mの風と雨、ガイドのイーゴリも風の影響が少ないポイントをチョイスしくれた。

 

Yパターンの合流点、

 

規模は大きくないが水深はあり大型がストックされてそうな太い流れだ。

 

ルアーに絞りスプーンのスローリトリーブで深い棚を流す。

 

流心を過ぎた所で竿が曲がる?沈んだ流木にガッチリヒットしたかのような

 

感触が伝わる。「何だっ・・・」   

 

すると、グイングインと生命反応が・・・サカナだ〜!

 

ドラグをきつく絞めたリールからラインが出される、今までの魚と重量感がまるで違う!

 

ベリーからバッドのあたりに力を込めて追いアワセを入れる。

 

魚体が水面に出て暴れた。

 

「ふとっ!」

 

一瞬体高のあるギンギンの魚体が見えた。

 

そこからまた流心に向かって走る。

 

 

 

PML100Mのティップがラインの一部の様に上下しています。

 

ガイドのイーゴリはいつでもスクってやると目で合図している。

 

 

サカナが浮いてきたので強引にランディング〜

 

しかし失敗、まだ全然元気だった(アブナイアブナイ)

 

沖に、船底に、浮いては走られを数回繰り返しますが

 

竿が魚の動きに追従してくれるので冷静にファイト出来ました。

 

数分後、魚が浮いてきそうな少し弱いテンションになった。

 

ガイドのイーゴリに目で合図をする、「これから浮かせるんで頼むよと」

 

イーゴリもわかってくれた様だ。

 

バットでサカナを浮かせる!!

 

 

イーゴリ体を張ってランディングしてくれた。

 

「ヤッタ〜!!」

 

 

ヨッシャーこれで日本に帰れる〜!

 

この時は10キロ有るか無いか微妙かなと思ったがロッジに帰って計測すると11キロ!

 

念願の10キロオーバーを最終日の午後にゲットできました。

 

ウソの様な本当の話です(笑)。

 

 

長さは無いのですが太さがありました。

 

 

 

 



ラストナイト 乾杯!

 

 

4日間全ての釣りのスケジュールが終った。

 

この日はゆっくりサウナに入り美味しい美味しいビールを頂きました。(笑)

 

他クルーでは上越のS院長がビタリー社長の船で昼食も取らず強風の中フライで通して、

 

やっと待望のキングを掛けたが惜しくもも途中でフックアウトしたとの事だった。

 

惜しかったがあの状況でフライでチャレンジしたS院長カッコいいぜ!

 

 

 

 

 

 

それぞれが全力を尽くして皆ビックフィッシュをゲット出来た。

 

写真もテーブルに追加された。皆トロフィーサイズだ。

 

 

前回の写真も未だ健在です。

 

 

 

 

 



翌朝荷物をパッキングして出発の時

 

 

外は雨だったのでロッジの中で記念写真です。

 

このビッグリバーロッジは本当に居心地がいい。

 

釣り抜きでここでのんびりするのも凄い贅沢かもしれない。

 

今回も大変お世話になりました。

 

 

帰りのバスが1時間遅れてロッジに到着し

 

ダートを全快で爆走していると車から異音が!

 

 

 

 

オーマイゴット!

 

なんと強靭なバン用ラジアルタイヤにスパナが刺さってる!!

 

アスファルトではありえないがダートならスパナが地中に突き刺さってた所を

 

上から踏んでしまったのか?

 

ただでさえ巻き巻きの状況です、飛行機の時間大丈夫か?お土産を買う時間はあるのか?

 

若干気持ちにゆとりが無くなった時、

 

O氏が言った「俺らは飛行機さえ間に合えば良いので落ち着いて作業して下さい」と

 

これは今時で言う「神対応」たる事か?

 

流石O氏、我らがリーダーだっ。

 

何とかギリで飛行機にも間に合いそうだ。

 

 

 

空港でマリアさん家族が見送ってくれた。

 

いつも全力で僕らの言葉を通訳してくれる。

 

スパシーバ マリア

 

ダスヴィ ダーニャ

 

 

カムチャッカビール飲み納め(笑)

 

 

さらばカムチャッカ!

 

最後に御一緒した素晴らしいメンバー、そしてこの地に私を引き込んだO氏、

 

送りだしてくれた会社の皆様、本当に有難うございました。

 

簡単に来れない場所だからこそこの地への思いも大きくて

 

帰ってからジワリジワリと思い出が蘇ります。

 

広大な平原を蛇行しながら流れる大河!遠くには雪を蓄えた山脈が聳え立つ!

 

まだまだ未開拓で人が行けない場所が殆どと言う最後の秘境カムチャッカに

 

もう3回来たから、また行けそうな気がする(笑)

 

頑張ってまた来よう。

 

 

 

 

 

 

Tackle Data

 

【 Lure Tackle -1 】


Rod : POWERMASTER LightCore PML100M


Reel : Twinpower 5000


Line : PE2号(YGK) & Leader Fluoro 25lb


Lure : NothanLights MasterAngler (30g , 40g)

 

 

 

【 Lure Tackle -2 】


Rod : POWERMASTER LightCore PML96MH


Reel : Twinpower 5000


Line : Nylon 20lb


Lure : Sinking Minnow Plag (13cm)

 

 

 

【 Fly Tackle-1 】


Rod : Fates ExDrive FED1504-#10


Reel : Hardy Marquis No.3


Line : STS-R (Type 3)  Leader  -4X


Fly : TubeFly

 

 

 

【 Fly Tackle-2 】


Rod : Fates ExDrive FED1504-#10
 

Reel : Large Arbor 
 

Line : DST9Mカット (Type 6)  Leader  -4X
 

Fly : TubeFly

 

 

Angler : Staff T

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

投稿写真ギャラリー

 

ご投稿有難うございました。


特典としてステッカー(限定カラー)をプレゼントさせて頂きます。


また、新製品キャンペーン対象の方には、限定タオルもプレゼント致します。


今後も弊社製品のご愛顧宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

投稿日 2018年7月30日


1.お名前  Ke-i 様


2.魚種名 ヤマメ


3.魚サイズ 23〜4cm


4.場所・年月日 北海道某所 2018年7月28日


5.使用ロッド名 Rayz Spectra RZS53LML


シーバス、海アメにMaster plan、湖のトラウトにRayzを使用しており、


どのメーカーの竿よりも気に入って使わせてもらっています。


この夏、Rayz Spectraを渓流の相方として購入しました。


キャスト時のブレは無く、適度な張りで感度が良く繊細なアタリも取れますし、


魚を掛ければよく曲がり、この竿を使えば未熟な私の腕が上がった様にさえ感じます!

 

 

 

 

 

 


投稿日 2018年7月30日


1.お名前  ナカちゃん 様


2.魚種名 キジハタ


3.魚サイズ 39cm


4.場所・年月日 鮎川 2018年7月30日


5.使用ロッド名 ROCKEYE VORTEX RV78B-HH


6.コメント


自己記録更新です。粘るロッドで余裕のやり取りが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

投稿日 2018年7月30日


1.お名前  たのうえ 様


2.魚種名 キハダマグロ


3.魚サイズ 未計測


4.場所・年月日 宮崎県日向沖・2018年7月27日


5.使用ロッド名 HORIZON-SL HSL66B-H


6.コメント


2年前にパワースローで37kgを釣って以来、


マグロ相手に頑張ってもらってます。


不意の突っ込みにも安心の粘り強さです。

 

 

 

 

 


**************************************


送って頂けた写真に弊社製品と共に写っていない場合や、写真が添付されていない場合もございます。


いま一度、応募方法・必要事項・注意事項を確認して頂き送って頂けたら幸いです。


また、プレゼントの送り先が未記入の場合もあります。その場合お送り出来ませんのでご了承願います。


応募方法はコチラ → 写真投稿について


皆様からの沢山の投稿をお待ちしております。

 

 

株式会社天龍 釣具事業部 写真投稿係

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

投稿写真ギャラリー

 

ご投稿有難うございました。


特典としてステッカー(限定カラー)をプレゼントさせて頂きます。


また、新製品キャンペーン対象の方には、限定タオルもプレゼント致します。


今後も弊社製品のご愛顧宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日 2018年7月27日


1.お名前  大橋 剛詩 様


2.魚種名 ブリ


3.魚サイズ 106cm


4.場所・年月日 淡路島ショア・2018年6月下旬


5.使用ロッド名 SWAT SW88H-BC(Limited Breaker)


6.コメント


サヨリを捕喰するボイルの回遊があり,お気に入りのこのロッドできっちり射止めました!

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日 2018年7月27日


1.お名前  びわ湖から越前へ 様


2.魚種名 真鯛


3.魚サイズ 65cm程


4.場所・年月日 越前米ノ沖・2018年7月25日


5.使用ロッド名 ホライゾンLJ HLJ641B-FLL


 新製品キャンペーン対象(限定タオルプレゼント)


6.コメント


去年から始めたSLJ、大鯛(たぶん)に竿をのされフックアウトし借りを返すため新調しちゃいました。


水深60mでガツンと当たりがあり戦闘開始、手に伝わる重量感ちょっとでかいかな。


この竿はトップからベリーバットが綺麗な弧を描いて魚を浮かしてくれるような、

 

何か不思議な感覚バレル気がしない。


ネットに収まったのは65cm程の真鯛。続け様に二本目これも気持ちよくキャッチできた。


この二本はスロー系ジグで。


竿をしゃくると少し遅れてベリーがジグをふわりと持ち上げヒラヒラ落下する感じ。


手、竿、ジグ、そして脳とシンクロして超気持ちいー。


いつまでもシャクっていたくなる感覚になります。もう病みつきですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日 2018年7月28日


1.お名前  竹崎 心平 様


2.魚種名 マハタ


3.魚サイズ 46cm


4.場所・年月日 英虞湾・2018年6月15日


5.使用ロッド名 ホライゾンLJ HLJ641S-FUL


 新製品キャンペーン対象(限定タオルプレゼント)


6.コメント


穂先の入り込みはヤバイです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日 2018年7月28日


1.お名前  坂井 誠 様


2.魚種名 タチウオ


3.魚サイズ 110cm,2kg/100cm,1.5kg


4.場所・年月日 東京湾・2018年7月27日


5.使用ロッド名 ホライゾンLJ HLJ631B-FL


 新製品キャンペーン対象(限定タオルプレゼント)


6.コメント


喰いっ渋りの中、しっかりとジグのアクションが伝わり


ここぞってタイミングで食わせ魚の抵抗にも負けずに比較的短時間でキャッチ。


前回も感じた事ですが、このロッドのポテンシャルにはもう安心感があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日 2018年7月29日


1.お名前  小沢 様


2.魚種名 シーバス


3.魚サイズ 50cm位


4.場所・年月日 千葉県・2018年7月28日


5.使用ロッド名 パワーマスターサンドウォーカー PMS1032S-MLM


 新製品キャンペーン対象(限定タオルプレゼント)


6.コメント


パワーマスターでの記念すべき初シーバス(笑)


高弾性ロッドとは一味違う、グンと来てドンと乗る感触は病みつきになりそうです!

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日 2018年7月29日


1.お名前  篤 様


2.魚種名 真鯛


3.魚サイズ 食べ頃サイズ


4.場所・年月日 鷹栖沖・2018年7月25日


5.使用ロッド名 ホライゾンLJ HLJ631B-FL


 新製品キャンペーン対象(限定タオルプレゼント)


6.コメント


めちゃくちゃ軽い。


潮も風もない中、しゃくり続けて釣れた一本でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日 2018年7月29日


1.お名前  カニコロ 様


2.魚種名 クロダイ


3.魚サイズ 40cm位


4.場所・年月日 三浦半島金田湾・2018年7月29日


5.使用ロッド名 POWER MASTER LightCore Design PWM110MH


6.コメント


台風明けの濁り潮の中から、がっちり食いついてくれました!


足元でのヒットでしたが、竿がしっかり曲がって安心キャッチ。


投げればシャキッと、掛ければ、しっかり曲がる。大物以外もそつなくこなします。


ルアー:10gジグヘッド、ワーム

 

 

 

 

 


**************************************


送って頂けた写真に弊社製品と共に写っていない場合や、写真が添付されていない場合もございます。


いま一度、応募方法・必要事項・注意事項を確認して頂き送って頂けたら幸いです。


また、プレゼントの送り先が未記入の場合もあります。

 

その場合お送り出来ませんのでご了承願います。


応募方法はコチラ → 写真投稿について


皆様からの沢山の投稿をお待ちしております。

 

 

株式会社天龍 釣具事業部 写真投稿係

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

投稿写真ギャラリー

 

ご投稿有難うございました。


特典としてステッカー(限定カラー)をプレゼントさせて頂きます。


また、新製品キャンペーン対象の方には、限定タオルもプレゼント致します。


今後も弊社製品のご愛顧宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日 2018年7月26日


1.お名前  W.I.D 様


2.魚種名 イサキ


3.魚サイズ 未測定


4.場所・年月日 島根県隠岐西ノ島町外浜・2018年6月26日


5.使用ロッド名 スワット SW88MLM


6.コメント


朝マズメにシーバス狙いでいきましたがシーバスのあたりはなく、


代わりにイサキが2匹釣れたのでいい朝マズメになりました。


メタルバイブと相性がいいロッドだとおもいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日 2018年7月26日


1.お名前  ひで 様


2.魚種名 シーバス


3.魚サイズ 59.5cm


4.場所・年月日 荒川河口・2018年6月17日


5.使用ロッド名 スワット SW97ML


6.コメント


某団体の大会での1匹。


今大会では計3匹をキャッチし準優勝することが出来ました。


SWATに出会う前はレバーブレーキで魚をいなして…という釣りが主体でしたが


SWATを使うようになりレバーブレーキは不要となり、


ロッドが自然に魚を追随してくれるのでバラシも減りました。


本当に良いロッドに出会うことが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日 2018年7月26日


1.お名前  角谷 元康 様


2.魚種名 鰹、鮃、その他


3.魚サイズ 小さいです。


4.場所・年月日 伊勢湾 隆盛丸・2018年7月26日


5.使用ロッド名 ホライゾンLJ HLJ641S-FUL


 新製品キャンペーン対象(限定タオルプレゼント)


6.コメント


ロッドの感度も良く、使いやすい竿だと思いました。


今までは違うジャンルの竿で代用していましたが違いが分かりました〜!


これからももっともっと使い込みます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日 2018年7月26日


1.お名前  浜ちゃん 様


2.魚種名 ケンサキイカ


3.魚サイズ 未測定


4.場所・年月日 福井県小浜沖・2018年7月23日


5.使用ロッド名 ブリゲイドスクイッドAR AR75S-FLL


 新製品キャンペーン対象(限定タオルプレゼント)


6.コメント


遊漁船クレイジー47さんの深夜便で出船しました。


初深夜便で眠気もありましたがアタリが目感度でよくとれるので、


眠気を覚ましてくれる感度抜群のロッドに虜です。


あとは釣り人のスキルアップにがんばります。

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日 2018年7月27日


1.お名前  まごちん 様


2.魚種名 アカエイ


3.魚サイズ 6.8kg


4.場所・年月日 芦屋漁港・2018年7月26日


5.使用ロッド名 JIG-ZAM Version JZV571S-5


6.コメント


竿のパワーが強くエイに全く主導権を与えないファイトが出来ました!

 

 

 

 

 


**************************************


送って頂けた写真に弊社製品と共に写っていない場合や、写真が添付されていない場合もございます。


いま一度、応募方法・必要事項・注意事項を確認して頂き送って頂けたら幸いです。


また、プレゼントの送り先が未記入の場合もあります。

 

その場合お送り出来ませんのでご了承願います。


応募方法はコチラ → 写真投稿について


皆様からの沢山の投稿をお待ちしております。

 

 

株式会社天龍 釣具事業部 写真投稿係

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー