Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

今年最後の釣り納めに

スタッフHです。


今年は12月に入って丹後から舞鶴方面の遊漁船さんの釣果情報を見ていると、


鰤サイズ(10kg以上)が上がっておりますが小さいサイズも数多い様です。


遊漁船さんの予約状況も金・土・日曜は予約が取れず、


何とか平日に空きがある状態で盛上っている様子です。


天候も安定しないこの時期ですが反面に期待も増し増しで、


イシグロ彦根店Nさんと後輩のスタッフUとで舞鶴の老嶋丸さんに予約しました。

 


舞鶴まで大阪から約1時間半、彦根から約2時間、愛知から来ても2時間半と、


割りと近いと思ってしまうのは私だけでしょうか?


この日は波風は穏やかで午前中少し雨がパラつきましたが、


一日曇っている状態で終了間際寒い風が吹いてくる日でした。


出船から1時間で釣り場に到着。


ドテラ流しと言ったら勿論 ドラグフォース JDF5101S-6 , S-8の2機種がメーン。


鰤を狙うんですから、ロングジグで丹後ジャーク!!


…と意気込んでみたのですが、…潮が…風が流れない…。


しばらく粘りのジギングをしているとNさんにヒット!!

 


さらに!!

 

 


何とか大きく写るように頑張っています。


大きな鰤は出ませんでしたが、船長からアマダイ釣って帰る?とお誘い頂き、


後輩のスタッフUはタイラバで。

 


そして鰤狙いしか想定してなかった私は


ドラグフォース JDF5101B-G4/5でもしっかりキャッチ!! 

 


いい釣り納めになりました


年明けも期待大な日本海側ジギングは、鰤級もまだまだ期待出来そうです。

 

 

 

【TackleData】

_________________________

Rod : JIGZAM Draggforce JDF5101S-6
Reel : ツインパワー12000PG
Line : PE3.0+50lb
Jig : 140〜200g セミロング・ロング

_________________________
Rod : JIGZAM Draggforce JDF5101S-8
Reel : ツインパワー8000PG
Line : PE3.0+50lb
Jig : 60〜140g セミロング

_________________________
Rod : JIGZAM Draggforce JDF621S-4
Reel : ソルティガBJ4000SH 
Line : PE2.0+35lb
Jig : 120〜165g セミロング

_________________________
Rod : JIGZAM Draggforce JDF5101B-G4/5
Reel : ジガー1500HG
Line : PE2.5 + 35LB
Jig : 100g〜120g

_________________________
Rod : RedFlip RF5111B-ML
Reel : オシアコンクエスト300HG
Line : PE1.5 + 20LB
Jig : 120g

_________________________
Angler : Staff U & Staff H

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

Rayz Spectra RZS51LL-BC (Twitchin' Custom)

 

 

遂にレイズ・スペクトラにて、ベイトタイプを発売する時が来た。


渓流でのベイトは、フィネス系ベイトリールの台頭で大きく進化したと言える。


前作レイズにて発表したベイトタイプ2機種(RZ53UL-BC , RZ56L-BC)は、


小口径ガイドを採用し軽量ブランクと相まって高い評価を頂いた。


ベイトロッドを使う上でのハードルの1つは爛丱奪ラッシュ瓩世蹐Α


レイズではアクションがレギュラーテーパーという特徴が、


キャスト時に適度にブランクが曲がりルアーのウェイトを感じ易く、


スプールを開放するタイミングを取り易い点が評価して頂いた理由と思っている。


(新作レイズもコンセプトを踏襲しレギュラーテーパーに仕上げている)


タイミングが取り易いという事は、キャストミス=バックラッシュが少ないという事だ。

 

反面、張りが強いロッドはスイートスポットが狭く、


ラインをリリースするタイミングも極端に狭くなるため難しくなる。


今作の レイズ・スペクトラ RZS51LL-BC は、その最たるモデルだ。

 


・高弾性の長短 


高弾性カーボンを採用した事でブランク全体に張りが強く、


スタンダードタイプに比べると『しなり』を活かすには、


キャスト時にしっかりとブランクを曲げないといけない


スピニングタイプを開発した際には、なんと投げ易いロッドなのかと感動を覚えたが、


ベイトタイプにしてみるとキャストが難しい方向に進んでしまった。


特に5g以下のルアーウェイトとなると適度な熟練度が必要となり、


エキスパートの方意外にはオススメしたくないモデルとなっている。

 


ただ…テストに関わって貰ったスタッフ曰く、


スペクトラのピーキー感を味わってしまうと、スタンダードには戻れなくなると言う。


ブランクの持つ特有の『張り』はトゥィッチやジャーク等の、


ロッドワークに機敏に反応してくれるので、誘いを掛ける際に


アングラーの思い通りに操作する事が出来るのが良いとの事だ。


ターゲットが潜むポイントが全て広い所ではなく、


ある程度狭い区間でしか誘いを掛けられない際はピンとした


ティップの戻りが早いロッドが活きてくる訳だ。


キャストの面を慣れでカバー出来れば、その反面手に入るレスポンスの高さは、


スタンダードモデルを圧倒するスペックが有ると感じている。

 


・パーツの違い 

 


リアグリップ長はスピニングタイプと同じ長さとし、


キャスト時にはワンハンドでのキャストを優先した長さとなっている。

 


バットガイドには、最新のT-LRVTG瓩鯀備。Kガイドの小口径リングと相まって、


非常に軽くまるでブランクだけを振っているかの様な印象を受けるはずだ。

 


・タックルバランス 


基本的に使用するルアーは、スピニングタイプのRZS51LLと同じだ。


5cmクラス(3〜5g)程度のミノープラグを主体に扱い易い。


ラインの設定は、ナイロンラインで4〜5lb、PEラインで0.4〜0.6号が良く、


どちらを選んでも良いが初めはナイロンを選ぶのが無難かと思う。


リールは、最新のフィネス系ハイギアードタイプか、


クラシカルなローギアタイプでもアングラーのスタンス次第で良いと思っている。


最新での尖りに尖ったビンビンのタックルを探すのも面白いし、


あえて自分にリスクを持たせながらスキルを活かして楽しむのも一興だ。

 


・ピーキー故に 


恥ずかしい話、ロッドデザインをしている私であっても、


このモデルを使いこなしたとは言えていない。


代わりにテストに関わって貰ったスタッフは、


表題の写真の様に見事な魚を次々とキャッチしており、


実績がロッドのポテンシャルの高さを証明してくれている。

 

私がポンコツなだけか…(笑)


全国の我こそはと思うアングラーにこそ、このモデルを使って頂きたい。


Twitchin' Customのベイトモデルは、色々な面白さが詰まったモデルだ。


Staff Funaki

 

 


【関連ブログ】


Rayz Spectra RZS51LL Twitchin' Custom(2015年10月31日掲載)


Rayz Spectra RZS61LL Twitchin' Custom(2019年12月12日掲載)

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

イベントのお知らせ

2019年12月〜2020年1月のイベント予定です。


各地でお会い出来る事を楽しみにしております。
_____________________________


2019年12月27日(金)〜2020年1月5日(日)

 


トラウトロッド&ランディングネット合同展示受注会


場所:上州屋 FJ松本インター店


_____________________________


2020年1月17日(金)〜19日(日) 

 


釣りフェスティバル 2020 in Yokohama

 

 ★ジャパンフィッシングショーは、釣りフェスティバルに名称が変わりました。


場所:神奈川県・横浜市 パシフィコ横浜


日時:1月17日(金) 12:00〜18:00 一般公開


        18日(土) 9:00〜17:00 一般公開


        19日(日) 9:00〜17:00 一般公開


入場料:当日¥1,500/前売¥1,300-

(高校生以下、70歳以上の方は入場無料)
(障害者手帳を提示頂いた方と介護者1名は入場無料)
_____________________________

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

浅場を攻略・伊勢湾ジギング

こんにちはスタッフUです。


今回は愛知県片名漁港から出船しているみやけ丸瓩気鵑暴蘊菫イ靴泙靴拭


ムッシュこと爐澆笋荏ツ広瓩狼い気な船長でポイントごとに、


魚探を見ながら記録はいるよ〜のコールでアングラーのテンション上げてくれます。

 



 

当日はイシグロ半田店K氏とH氏や、ボーズレス社のK氏も一緒。

 

また、釣り系youtuber にしやんFishing Clubの会長も一緒に同船です。


この時期のスロー系で釣る青物向けにはプログレッシブHPG66B-Mが主体ですが、


ベイトが小さいときや、ジグの動きを抑えながらヒットレンジをキープするなど


小技を利かすことのできるホライゾンLJ HLJ621S−FMLもありです。

 

 


この時期、青物ブリクラスやサワラ狙いで挑戦することが多く、


この日は30m前後の浅場に魚の反応が有るとの事で、


キャストして広範囲を探りカケ上がりはより丁寧に誘いを掛けます。


ジグは120g前後が良かったので、ローテーションしながらヒット。


前日からハマチにワラサが混ざるなど期待もしていましたが、


この日はハマチ、サゴシ、マダイでした。

 



この日の最大魚マダイ。ナイスフィッシュでした。

 

 


12月終盤ですが、釣果が上向きの情報を聞くとまた乗りたいです。

 

 


【TackleData】


***************


Rod : HORIZON-LJ (HLJ621B-FML)


Reel : #300HG


Line : PE2.0 + 8号


Jig : 100g〜150g


***************


Rod : HORIZON-LJ (HLJ621-FML)


Reel : #3500SH


Line : PE2.0 + 8号


Jig : 100g〜120g


***************


Angler : Staff U

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

プロジェクト3『独創的なロッドであれ』

今回のプロジェクトを立ち上げた際に、TENRYUの創業者からの励ましが有った。


創業者とはスピードスティックをルー氏と共に作り上げた塩澤美芳 本人からだ。


自分達に伝えたかったのは、『独創的なロッド』を作れとの事だった。


当時は、ダルいアクション、重たい金属製のグリップ、簡易的なガイドが主流だったのを、


全く新しい素材や技術を模索し作り上げ、


革新的なロッドとしてデビューさせたのがスピードスティックであった。

 

写真は1970年代、ルーとプールでテストしていた時の様子。写真左がルー本人。中央が創業者の塩澤美芳。

 

 

 

要するに狎里諒に囚われず、現代のロッドに仕上げるべき瓩箸いΠ嫐である。


ただ、倉庫の奥から見つかった試作品のアクションは、今でも感触として手に残っている。


シャープな振り心地と、曲げた時の面白さは残したいと思っていた。


そして思い描いたのは、当時スピードスティックで遊んだ世代が、


次の世代と一緒に遊べるロッドであった。


そのロッドには、当時遊んだ往年のルアーやリールが付けられている。


世代によって遊び方は色々あり、70年代、80年代、90年代など


象徴となるタックルを再度使ってみるのも面白いと感じる。


ジャンルや釣り方などの壁を取り払い、


爛襯◆璽侫ッシングを心から遊べるロッドにコンセプトを決めた。


完成まであと少し。フィッシングショーでの展示をお待ち頂きたい。


Staff Funaki

 

 


【関連ブログ】


倉庫の奥より(2018年3月14日)


スピードスティック・プロジェクト始動(2019年1月15日)


スピードスティック×テンリュウ(2019年1月17日)


スピードスティック『古くもあり、新しくもあるバスロッド』(2019年2月13日)


スピードスティック『世代別の遊び方』(2019年3月13日)


スピードスティック プロジェクト(ルアーニュースR 2019年3月22日)


プロジェクト1『発足』(2019年9月3日)


プロジェクト2『リビルド』(2019年9月24日)

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー