Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

新型ティップランロッド ブリゲイド フリップTR(その1)

 

 

この度、オフショア・エギングでのティップラン向けモデルを発表した。


シリーズ名は『ブリゲイド フリップTR』。


そう、察しのよい方なら分かったかもしれないが、


オカッパリ向けで好評を頂いている ブリゲイドフリップ のコンセプトを踏襲し、


オフショアで色々遊べるエギングとして開発を試みてみたのが今作だ。


ティップラン向けのモデルは既にリリースしていたが、


天龍フリークの間ではティップラン以外にも色々と遊べるよと、


マニアックな使用法をアングラーからご意見を頂いていた。


ちょうど時期を同じくしてブリゲイドフリップの開発も行っており、


もしティップランロッドをベースに作ったら面白いロッドが出来るのでは?と


思いついたところから企画が始まったわけだ。

 

 

TENRYU YouTube Channel より)

 

 

【ユーティリティ・ティップランロッド】


ひと言で言ってしまえば、色々遊べるティップランロッドという事だ。


アオリイカをターゲットにしたティップランエギングをはじめ、


鉛スッテを使ったイカメタルや、ディープアジングでもあるバチコン、


軽量メタルジグを使ったスーパーライトジギングなど、


スペック内であれば様々なターゲットを狙えるロッドに仕上げてみた。


そして、今作において一番こだわり抜いたのは『ティップの収束の速さ』だ。


一度手に取ってロッドを振って、ピタっとロッドを止めて欲しい。


そうすると柔らかな穂先が揺れるのだが、すぐに揺れは収まるはずだ。


ティップランのエキスパートになるほど、ステイ直後のアタリを取れており、


いかに揺れを抑えてアタリを見分けるかで釣果の差が如実に表れてくる。


これは、張りの強いロッドを作っただけでは出来ないことで、


下記に示す製法とパーツ類と組み合わせたバランスがなせた業だ。

 

 

【革新の製法】


およそ10年前、オフショアでのエギングにて革命を起こし、


ティップランの名は瞬く間にメジャーな釣法として確立された。


天龍も黎明期からティップラン用品の開発に参画させて貰い、


2010年に ブリゲイドTRコンセプト をリリース。


2012年には上位機種である ブリゲイド・グレイスTR が仲間入りした。


マグナフレックス製法』を活用し、低弾性→中弾性→高弾性と弾性率を変化させ


チューブラでありながらスムースな調子に仕上げたロッドは今日のロッドに続く、


1つのターニングポイントとなったロッド群でもある。


発売当時の爆発力は物凄く、1日数杯釣れれば御の字と言われていた釣りが、


2桁〜3桁の釣果を数えることが普通になってしまった程だ。


しかし、ティップランが広まるほど釣果も落ち着いていき、


アングラーの技術が高まるにつれタックルも繊細さを求められる様になってきた。


繊細さを求められる様になるとチューブラのティップには限界があり、


ティップを細く繊細に仕上げるにはソリッド素材の選択が必要不可欠になってきた。

 

 

 


そこで ソリッド素材 と チューブラ製法 の特性を最大限に生かす製法 を取り入れ、


ソリッドティップの繊細さとスムースに曲がる マグナフレックス製法 をミックスし、


僅かな抵抗でスムースに入るティップと淀みなく曲がるアクションに仕上げてみた。


これが実に効果的で、緩い潮流であっても抵抗を感じて曲がり込み、


イカのタッチを感じると即座に穂先が変化を捉えてくれる。


しかも、前述の通りティップの収束が早いので、ガイドにラインが絡むのが少なく、


ステイ直後のアタリが取りやすいといった効果も併せ持っていた。


この製法は、アジングを対象にしたシリーズのルナキアや、


テンヤ真鯛向けに開発したレッドフリップ・リアクションテンヤでも取り入れており、


効果のほどを体感して知っているアングラーも多いはずだ。

 

 


更にバット部には『C・N・T』も取り入れ、


ネバリ強さをプラスした事によってライトタックルの不安要素を取り払っている。


これでアオリイカだけでなく、様々な対象魚の引きにも安心して対処できるはずだ。

 

 

さて、次回は更に深堀りした内容をお伝えしていこうと思う。


お楽しみに。


Staff Funaki

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

タイラバ・タクティクス Vol.21

 

私のタイラバに関するブログには「タクティクス」という名前が付いている。


これは弊社のスタッフFが付けてくれた名前なのだが、


タクティクス=戦略と言えるような役に立つブログでない気がして申し訳ない感じがしていた。


今回は自分がタイラバ釣行をする際に気を付けていることを書きたいと思います。

 

 

【スタートは早掛け】


私はタイラバ釣行に行くと最初に早掛けロッド(RF5111B-ML RF5111B-M)を使います。


レッドフリップの中で特に感度の良い竿を使って、ロッドで得られる情報をいち早く知るためです。


海底の状態や潮のどの部分がどれくらい動いているかなどの情報から、その日の攻め方を考えていきます。


もちろん朝一に限らず、ポイントを変わる度に必要となる情報収集にも早掛けロッドは役に立ちます。


得た情報で重要なのは「変化」です。底が岩から砂に変化した時。底潮が動き始めて抵抗感が強くなった時。


先ほどまで小さいアタリが頻繁に出ていたのに、急に小さいアタリが出なくなった時。


そんな時は大きなアタリが出るチャンスかもしれません。


ただ巻くのではなく変化を感じながら、変化が有ればアタリがあるかもしれないと心の準備をして下さい。

 

 

【フォール時のアタリ】


次は落として巻くというタイラバの基本ですが、タイラバではもちろん「巻く」動作は基本ですが、


「巻く」のと同じ回数だけ落とします。いわゆる「フォール」です。


私が釣りをしてて同船者を見るとフォール中は休憩中の人が多いようです。


フォール中に目の色を変えるほど集中しなくても良いですが、


フォール中に「アタリが出るかもしれない」くらいの気持ちでロッドを持っていてもらいたいです。


私はフォール中にアタリが出ても、すぐにアワセることはありません


フォール中にアタリがあっても、そのままタイラバが落ちるようであればそのまま落とします。


何故アタリがあってもそのまま落とすかと言うと、フォール中のアタリを無理矢理アワセても、


今までの経験だとハリの掛かり方が安定せず、途中でバレてしまうことが多いのです。


それであればフォール中にアタリがあってもそのまま落とし、


次の巻きでフォールに付いてきた魚のアタリを待った方が掛かった後のバラシが少ないです。


もちろんアタリでフォールが完全に止まってしまうようなら、フッキングを入れるしかないですね。

 

 

【切り替えポイント】


あとスタート時に情報収集で早掛けロッドを使うと書きましたが、


実は朝暗いうちのアタリは、素早くアワセても掛からないことが多いです。


タイは太陽が顔を出すまではタイラバの追いが悪かったりするので、必ずしも早掛けが有効ではありません。


情報収集をする為に早掛けロッドを使う際は、竿先を下げることで竿の抵抗感を減らします。


またはドラグを弱めに設定する(通常1圓世、この場合は700g以下)などすればフッキングミスは減ります。


それでも掛からないようなら、RF661B-LRF792B-L のような 乗せ調子 の竿を使って下さい。


情報収集をしつつタイが早掛けで掛かるのであれば、そのままその釣りを続けて下さい。


私が地元で乗っている船の船長が「釣れている時は何も変えるな!」と言いますが、まさにその通りですね。


次回はフッキングについて書きたいと思います。


スタッフ M

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

ブリゲイドフリップ〜自分のスタイルで何魚種狙えるか〜

 

働き方改革に伴い「ノー残業デイ」や「スイスイ帰ろう水曜日」の導入が進む中で、

 

仕事終わりの夕マズメにアオリイカを狙う、湾奥でシーバスを狙うetc.

 

また、最近は朝活というワードを耳にすることも多くなってきており

 

マヅメ時の五目釣りをするアングラーの要望が高まってきています。

 

 

そんな中、今回はブリゲイド フリップで自分の好きな釣りに合わせた使い方を紹介します。

 

まずはアオリイカです。

 

 

秋イカサイズですが、フォール中の触腕パンチを逃すことなく拾うことが出来ました。

 

CNT素材の採用で「粘り強さ」が強化され、1日しゃくっていても疲れないなど

 

バランスにこだわったモデルになります。


アオリイカを狙っていると、沖の方の水面がザワザワしてきて小魚が追われてる様子が見られ

 

そしたら水面が割れてボイルが起こることってよくありませんか?


そんな時はブリゲイドフリップでジグを投げてみましょう!

 

エギングロッドというカテゴリーですが、エギの号数とルアーのグラム表記がされていますので、

 

その範囲でお使いください。

 

(この表記があることで今までのエギングロッドよりさらに分かりやすいと思います)

 

 

 

ランガンスタイル

 

毎日のルーティーンの釣り、もしくは知らないエリアを効率よく狙っていくスタイルですが、

 

私は大体ランガンが多いです。


「この次のポイントは良さそうだけど、ここでもちょこっと釣りがしたい」

 

「ここはスイミングワーム投げちゃおっかな」など

 

釣り人の研ぎ澄まされた独自の感覚は案外当たるものです。

 

ビッグサイズが出たり、出なかったり?(笑)

 


湾奥のチーバス(チビシーバス)

 

日が沈み常夜灯が灯ればルアーを投げたくなります。

 

バイブレーション、ミノーのジャーキング、メバルプラグ、メッキ狙いのスプーンなどなど。

 

そんな時でもブリゲイドフリップがあれば問題ありません!

 


使用ルアー:ローリングベイト66

 


皆さんのライフスタイルに合わせた釣りや、時間を有効活用し身近な釣りをさらに楽しむために

 

ブリゲイドフリップを使ってみてはいかかがでしょうか?

 

 

スタッフU

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

SWAT SW922S-M(Overambitious)

SWAT SW922S-M(Overambitious)


Lenght (9'2"ft)  Lure (MAX45g) Line (MAX20lb , MAX PE1.5号)

 

 


【野心溢れるパワフルモデル】


河川は時として、本来の水の流れとカレントが相まって強烈な流れを生み出す。


都市型河川などでは流速の差が顕著に表れ、


その流れを利用して大型シーバスが捕食の為に付いている場合も多い。


そういった激流とも言える流れの中で、繊細なルアーのコントロールと


掛けてからのパワフルなファイトを要求する場面もあるのだ。


大阪の港湾エリアを中心活動する弊社フィールドスタッフの関川氏は、


こういった都市型河川での攻略を得意としており、


前作のSW92M(Overambitious)のテストを依頼した経緯があった。


2013年頃だったか、初めの開発方針としてバイブレーション向けの


ピンッとしたロッドの要望が高まってきている事から開発が始まった。


関川氏からは遠投と操作性を両立した9ft前後のレングスとし、


切れの良いキャストフィールとジワリと曲がるアクションが希望だった。


これが形となり発売となったのが、前作のSW92Mである。


今作でも同氏にテストを依頼し、同じコンセプトを踏襲しながらも、


一世代先をいくロッドに仕上げてみようとの思いで開発が進みだした。


求めたのは、穂先がスムースに入り徐々にバットに移り変わるアクションで、


小さなバイトであっても瞬間的にフッキングを入れていく事が出来る、


いわゆる『掛け調子』のシーバスロッドに仕上げてみた。


デイゲームでハイスピードリトリーブで探るスタイルから、


沖堤で深いエリアをバーチカル気味に誘う状況などにも対応し、


繊細なアプローチで誘いながら魚がヒット後は、


野性の獣の如く強引なファイトも得意とするモデルになっている。

 

 

【前作SW92Mとの違い】


最終サンプルのテストが終わり連絡を受けた時に言われたのは、


前よりも野暮ったさが消え、汎用性も広く一世代先のロッドになったと言われた。


ブランク全体が少し細く感じられるシャープなフィーリングとなり、


曲げこむと徐々にバットに荷重が移り変わるバランスが良いとの事だった。


(実際には細くなく、持った時の感触から細く感じられるのが特徴だ)


前作と比較すると24g自重が重いのだが、実際にリールをセットして持つと、


不思議と持ち重り感を感じ難くモーメントが改善されているのが分かる。


リールシートのサイズやグリップ素材・長さを調整して、重心の位置を操作し


出来るだけ手元に重心が近くなるようにした為だ。


鉄板バイブの高速引きや、スピンテールのリフト&フォールに負けないベリーの張りに、


ジグヘッドリグの抵抗にも付いてくるソフトなティップが魅力だ。


そして操作性は繊細さを手に入れたが、ベリーからバット部まで曲げこむと、


C・N・T の効果もあり復元力の強さを感じれると思う。

 

 

【タックルバランス】


バイブレーションの18〜28gを中心に扱いやすく設定してあり、


鉄板系バイブレーションやスピンテールにも相性が良い。


慣れてくればラインに掛かるテンションも掴めるようになり、


シンキングペンシルでドリフトさせる事も充分に可能になってくる。


上限として大きめのプラグなら15cm(40g)程度まで、


45gだとメタルジグなど比重が高いルアーの方が扱いやすい。


ミノー系のプラグだと12〜14冂のボリュームのあるルアーと相性がよく、


あまり軽いプラグや水抵抗が少ないルアーは扱い難く感じられるかもしれない。


フィールドスタッフの関川氏はバチ抜け時の釣りにも使っているらしく、


慣れてくると積極的に掛けていける点を評価しており、


ティップに感じるテンションとフッキング時に掛け遅れないバットの強さが


シビアな状況でも魚のキャッチに繋がるとのことだ。


ラインの太さも重要で0.8〜1.0号を中心に捉え、


先ほどの様にバチ抜け時などはPEラインを0.6号に落とし、


水切れを良くすることでアタリの鋭さを上げるのも1つの手だ。


ただし、曲がるアクションであっても張りがあるので、あまりドラグが強いと


ラインブレイクの恐れもあるためドラグ設定も慎重にして欲しい。

 

 

【裏話】


前作を作る際はファーストサンプルでアクションが合格したが、


今作では4回目で完成した経緯がある。


初回〜2回目のサンプルは、軽いがパワー不足で18gまでは気持ちよく使えるが、


28gとなるとブレが出てくるとの事だった。


細身にしたいと思い、ブランク全体を細くしたサンプルを作成したのだが、


これが仇となりベースのSW92Mよりも貧弱なロッドになってしまっていた。


関川氏からは手元からベリー辺りまでを強化して欲しいとの事で、


3回目のサンプルにして不安要素が減ったとの連絡を受けた。


軽さを出したかったのでガイドは全てシングルフット(KLタイプ)にしていたが、


ここ一番で勝負するときにバットが負けている感が有るとことで、


バットガイドにはダブルフット(RVタイプ)に変更している。


そして4回目のサンプルで野暮さが消え、思い描いたロッドに仕上がった。


私が最初のイメージ作りを踏み間違えてしまったのが原因で、


なかなか軌道修正するのが難しい開発になった思い出がある。


Overambitious(オーバーアンビシャス)というサブネームは、


猝鄂完遒譴覘瓩箸いΠ嫐を込めている。


貪欲なまでに大物を狙い定め、繊細にも大胆に釣るアングラーに向けたロッドだ。


上記の様なことを踏まえロッドの特性を理解出来れば、


今まで出会えなかった魚との接点が増やせるはずだ。


Staff Funaki
 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

私のシーバススタイル

 

ショアからのシーバスゲームは、デイゲームからナイトゲームまで


1日を通して魚を追えるスタイルが定着しました。


私の場合、東京湾を中心とした釣りが主体で


ひと昔前までナイトゲームを主体に楽しんでいましたが、


四季によって潮回りが昼潮なのか夜潮なのかで釣れる時合いが有る事が分かると、


ナイトゲームだけでなくデイゲームも面白いことを知りました。

 


典型的な例を挙げると、秋から冬に掛けてはナイトゲーム主体で、


春から夏に掛けてはデイゲームが面白くなるといった具合です。


春といっても寒さが残る初期はバチ抜けシーズンでもあり、


ナイトゲームゲームが主体で徐々にシーズンが移り変わり、


小魚を追える状況になって来ると、いよいよデイゲームに切り替えます。

 


潮干狩りがハイシーズンを迎えるとデイゲームの到来です。


クリアだった東京湾の水色も茶色に濁り出し、赤潮が発生する時期になります。


プランクトンが大量発生する為か湾内にベイトが集まり、


ベイトを求めて捕食するシーバスも集まってきます。


ベイトフィッシュは経験上約5〜9cm位の小魚(カタクチイワシ)が多く、


群れで行動するため、水面がギラギラとした反射を探せばわかりやすいと思います。


マッチザベイトの原則で、大きさを考慮したルアーを選択したいところです。


自分が良く使うルアーは、7〜9cm位のフローティング、シンキングミノー。


スピンテールジグ、バイブレーション、ワインド系ワームなどがあります。

 


東京湾の場合、人工のストラクチャーが豊富なので橋脚・護岸沿いは狙い目ですが、


人気も一級のためプレッシャーも高いのが現状です。


重要視したいのは『潮通し』が良いことで、そこに餌が寄り付きやすく、


捕食しやすい条件が整っていることを考えるとブレイクラインが一つの答えと考えています。


ただし、ブレイク(かけ上がり)は普通に投げても届かない場合も多いため、


ウェーディングでのスタイルで広範囲を探るのが私のスタンダードとなっています。

 


例えば、これから初夏を迎えるシーズンだとデイゲーム主体となります。


昼潮なので下げ潮時にはブレイクを把握し易く、狙いを定めやすいと思います。


ブレイクでは、回遊待ちになる事が多いで根気強く待ちましょう。


ここに上記ルアーを投入、ジャーキング、ファーストリトリーブで狙います。


と言っても私的に積極的に動かすのはワインドだけで後はステディリトリーブ。


「ワインドで寄せてミノーで喰わす」感じで、意識的に緩急を付ける様にしています。


自分の経験では、サイズは小さいながら数は伸びるといった所です。

 


使用するルアーウェイトが広いので、ロッドの選択が難しいと思いますが、


新型スワットの、SW842S-LMLSW922S-Mなどがマッチしてくると思います。

 


ブリゲイド フリップ シリーズもオススメです。

 


ブリゲイドフリップはエギング用として開発されたロッドですが、


様々なルアーに対応出来る設計で融通の利くロッドです。


注意点はガイドが小さめのため、リーダーの長さは30〜50cm位までにして、


ガイドに巻き込まない状態にするとストレス無く釣りが出来ると思います。


ラインはPE1〜1.5号、リーダーは20lbくらいで私は多用しております。

 


デイゲームをするとポイント開拓能力が身に付いてきます。


昼の下げ潮を利用して目視でのポイント開拓が可能で、


何よりも開拓して自分で見つけた釣りは楽しいのです。帰宅時間が早いのも良いです(笑)


まだまだ心置きなく釣りをできる状況ではありませんが、


時期を見て釣行記事を出していきたいと思います。


スタッフI

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー