Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

タイラバ早掛け (タックルバランスについて)

 

 

前回まで早掛けについて説明してきた。

 

 →『タイラバ早掛けとは』(2016年12月2日掲載記事)

 

 

 

 


今回はタックルバランスについて説明していきたい。

 

 

 


早掛けの利点が見えてくると、タックルの選び方で差が表れてくる。

 


『早掛け』を行うには、アタリを直ぐに伝える高感度と

 


入力に対して直ぐに反応出来るアクション(調子)のロッドが必要だ。

 


そして、暫くテストを行ってきて行き着いたのが今回発表した2機種。

 

 

 

RedFlip  RF5111B-ML 浅場を中心とした早掛けモデル


RedFlip  RF5111B-M  :  早掛けモデルのスタンダードモデル

 

 


感度と反応速度を補うため、ロッドは全長を短くファーストテーパーに仕上げている。

 


既存のロッドでも『早掛け』は不可能では無いが、

 


こればかりは専用ロッドを使って頂くと納得して頂けるだろう。

 

 

 

 

 

 

ロッド以外にも着目していきたい。

 


ラインは、フッキングを入れることを意識して少し強めを選びたい。

 


推奨しているのは、メーン:PE1号、リーダー:20lb といった具合だ。

 


近年のタイラバタックルを見ると、

 


PE0.6〜0.8号、リーダー14〜16lb等が主流となっている。

 


しかし細いシステムを使うと、

 


フッキングの際に(アワセを入れた時)衝撃で切れてしまう恐れがある。

 


ロッドもファーストテーパーで張りが強く、硬い竿を使うほど切れるリスクは高い。

 


どんなサイズが掛かるか分からないため、慣れるまでは少し太めをお勧めしたい。

 

 

 

 

 

 

次にリールだ。

 


張りの強い竿を使うのでバラシを軽減する為に、ドラッグ性能の高いリールの使用が理想だ。

 


近年のソルトウォーター向けの両軸タイプなら、充分なドラッグ性能を有している。

 


およそ800g〜1kg程のドラッグ値を掛けていれば殆どのエリアで対応が可能なので、

 


低負荷でも滑り出しが良い物を選んで頂きたい。

 

 

 

 

 

 

最後にフック。

 


現在、市場に出回っているタイラバは、針先が【ネムリ】の場合が多い。

 


これは向こうアワセを意識して選ばれていると思われる。

 


『早掛け』の場合はフッキングのレスポンスを高めるために、

 


針先は【ストレートポイント】を選びたい。

 


これは、フッキングした際に力を針先まで直に届けることを意識してだ。

 


ただし、針形状については色々と試している段階であり、

 

 

現在スタッフ間での見解は、親針に(ヘッドに近いフック)ストレートポイントを選び、

 


子針はサポートの役割としてネムリ形状を選んでいる。

 

 

 

 

 

 

 

おそらく更に進化が進めば、

 


早掛けに向いた鯛ラバのヘッド形状なども有るかもしれない。

 


釣り方が増えると、とことん突き詰めたくなるのも一興。

 


シンプルな釣りだからこそ面白い。

 


今後、更なる早掛け向きのセッティングが出来上がれば紹介していきたい。

 

 

Staff Funaki

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

タイラバ 早掛けとは

 

 

 

 

遂に発表となったタイラバ『早掛け』専用ロッド(2機種)

 


RedFlip  RF5111B-ML


             RF5111B-M


発売時期:2017年3月末頃(予注承り中)

 


動画でも紹介してきたが、釣り方を紹介していきたい。

 

 

 

 

 

 

『早掛け』とは、アタリが有ったら間髪入れず即フッキングを入れるスタイルだ。

 


今までは…アタリが有ってもリールを巻き続け、

 


リーリングでフッキングに持ち込むスタイルが一般的であった。

 


近年フッキングを入れる事に着目され始めているが、

 


『いつフッキングを入れる?』と迷ってしまわないだろうか?

 


答えは単純だ、当たったら即フッキングしてしまえば良かったのだ。

 

 

 

 

 

 

このスタイルには長所と短所が存在する。

 


それぞれを説明するには、ターゲットの習性を知ることから始まる。

 


真鯛は雑食性で、魚類や甲殻類・多毛類など季節や場所によって様々な餌を捕食している。

 


捕食するシーンを全て理解している訳ではないが、

 


市場に出回っている一般的なタイラバならヘッドごと丸呑みしてしまうと思っている。

 


だが魚の活性次第で捕食方法に差が発生する。

 


一飲みにバイトしてくる状況や、ヘッド部とラバーの付け根を狙ってくる個体には、

 


圧倒的に『早掛け』が有効と思えている。

 


逆に魚の活性が低く、ネクタイに噛み付く様なバイトには向かない。

 


活性が低ければ今までの『巻き』のスタイルが有効という訳だ。

 

 

 

 

 

 

今まで一辺倒であったタイラバの使用法が、

 


『早掛け』が出来ることで新たな局面が生まれた。

 


ロッドを変え、タイラバの形状を変え、固定か誘導かを選ぶなど

 


選択方法が広がり釣りの深み(ヤリコミ要素)が増している。

 


今後、早掛に向いたタイラバのヘッド形状や、フック形状など進化は進んでいくだろう。

 


シンプルだからこそ面白い『早掛け』にチャレンジしてみては如何だろうか。

 

 

Staff Funaki

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

ベイブレイズ ビッグベイト対応モデル

 

 

以前に公表させていただいた追加モデル

 

 

BBZ682B-XXKがいよいよ発売となります。

 

 

スペックについては以前のログを参照頂ければと思います。

 

 

ビッグベイト対応モデル BBZ682B-XXK (加筆)

 

 

 

 

 

 

各地にてビッグベイトが有効な機会が増えている中

 


この機会に是非ロッドを手に取ってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

ディープライダー解読書

 

 

ジギング人気の影響かジグザムの問い合わせが後を絶たない。

 


ディープライダー(以後JDR)について質問も多く、

 


今回は質問の多い内容とその回答を掲載していきたい。

 

 

 

 

Q1. 新旧の違いが知りたい

 


簡単に分けると『アクションの変更』と『パーツの変更』である。

 


アクションは極端に変更した訳ではないが、

 


全体的にスムースに曲がるアクションとし、バットを若干強化している。

 


そのため旧作と比べると少し柔らかく感じ、

 


曲げ込むことでシリーズが誇る復元力を感じられる様になった。

 


ただし、番手によってバットを強化したが故に、

 


硬く感じられる機種もある。(JDR581S-3Kなど)

 


近海ジギングでの流行ではないが傾向として

 


『しなやか』に曲がるロッドが好まれる様になり、

 


アングラーの負担を軽減するタックルを手にする方が増えている。

 


そうしたニーズに答えられる様に、

 


若干ではあるがアクションの変更を行った経緯がある。

 


ただ…店頭で曲げ比べした程では分り難いかもしれない。

 


ラインを通して実際にフィールドで操作すると実感出来る。

 


目に見えて分かる変更としてパーツの変更だ。

 

 

旧 ディープライダー(JDR631S-3)

 

 

新 ディープライダー(JDR631S-3K)

 


ガイドを一部チタンフレームに変更し、形状も『Kタイプ』に変更している。

 


ライトな機種はシングルフットを多用し、

 


パワーを求める機種には全てダブルフットのガイドを採用した。

 


チタンフレームにしたことで穂先側が軽量となり、持ち重り感の改善が出来ている。

 

 

 

 

ベイトタイプのリールシートは、

 

 

ドラッグフォースでも採用した『PLSシート』に変更した。

 

 

トリガーの位置が小指より後ろ側になり、

 

 

パーミングが楽になり違和感なく操作が可能となっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

Q2.なぜ『C・N・T』を使わなかったのか?

 


ディープライダーらしさを求めると、

 


素材の変更はロッドの味付けを変えてしまう恐れがあった。

 


カーボン素材は単純に弾性だけ語れる訳でなく、

 


繊維の太さや方向性、樹脂量など様々な要素が複雑に組み合わさって構成される。

 


C・N・Tを使うと現状より耐久性は上がるかもしれないが、

 


操作性などフィーリングが全く違ったロッドに仕上がってしまい、

 


結果として後継モデルはC・N・Tは使用しない事に決まった。

 


今後、技術力が向上すればC・N・Tの実装も可能性が出てくるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

Q3.ブラックリミテッドの再販は?

 


限定販売のため、今後同じモデルを再販する予定は残念ながら無い。

 


当時のハイエンドスペックを求めて作ったのがブラックリミテッドであり、

 


今後考えるのであれば現行モデルをチューンしたロッドだろう。

 


ただし、リミテッドモデルの予定は未定だ。

 

 

 

 

 

 

Q4.電動ジギングは可能か?
 

 

電動リールを使用したジギングに関して、全く問題なく使用が出来る。
 

 

リールシートを新型(PLS)に変更したことで、
 

 

大型のリールを装着しても持ちやすいデザインとなっている。

 


サイズはS社であれば800〜1000番クラス。

 


D社なら200〜300番クラスが使い易い範囲だろう。

 

 

 

 

 

Q5.ローレス系に向くか?

 


路線的にはローレス系なアクションに仕上がっている。

 


低反発のブランクを採用しスペック表記の最大ウェイトを使用することで、

 


ジグの動き出し(初速)を落としローレス系の使用が可能となる。

 

 

ただし専用ロッドでは無いのでアングラー次第で色々と試して頂きたい。

 

 

 

 

 

 

今後、質問等がありましたら追記致します。

 

 

Staff Funaki

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

イカメタルゲーム

 

BRIGADE・Squid AR (ブリゲイド・スクイッドAR)

 

 

AR68B-FL

Length : 2.03m / 6'8"    Lure : 18-90g(5-25号)    Line : 0.3-1.0号

 

AR70B-FLL

Length : 2.14m / 7'0"    Lure : 18-80g(5-20号)    Line : 0.3-1.0号

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

ビッグベイト対応モデル BBZ682B-XXK (加筆)

 

 

オフショアにてシーバスを狙っていると、

 


ビッグベイトが有効な時が存在している。

 


ボラやコノシロなどベイトのサイズが

 


20cmを超えるモノを捕食する大型の個体が多い。

 

 

 

 

 


東京湾に例えると、冬場のコノシロパターンに当てはまる。

 


コノシロは冬場に越冬のため湾口エリアへ移動する習性もあり

 


千葉県側を移動する群れを狙って、

 


大型のシーバスがボイルを起こすことが有名だ。

 


シーバスも産卵に向けて移動している個体が多く、

 


大概は餌を飽食した大型の個体がメインとなる。

 


こうした状況は圧倒的にビッグベイトが有効となり、

 


『大型ルアー = ビッグシーバス』の図式となりやすい。

 

 

 

 


さてタックルだが大きいルアーほど有効ではあるが、

 


総じて頻度が高いのは50〜100g程のS字系プラグだろう。

 


また100g程の大型ペンシルベイトも面白い。

 


これらのルアーをキャストと操作が可能で、

 


大型のシーバスの引きにも負けないパワーを持たせたロッドが欲しかった。

 

 

 

 

7ftから始まった試作品は、

 


ペンシルベイトの操作を視野に入れて少しずつ短くなっていき、

 


S字系ルアーと併用出来る長さを求めて6'8"に落ち着いた。

 


レギュラーテーパーに仕上げたことにより、

 


無理なくキャストが行えるアクションとなっており、

 


ユックリとしたフォームで投げることで遠投が出来る。

 


個人的には60〜80g程のルアーが使い易く、

 


ペンシルベイトなら70〜100g程を目安にして貰うと良い。

 


下限としては20g程度のミノープラグが限度。

 


1oz程のスピンテール系プラグも扱い易く、

 


ディープに落ちた大型を狙いにも向いた機種である。

 

 

 

 

 


使用するラインは、

 


PEなら4号程に60lb前後のリーダーを付けるのが扱い易い範囲。

 


PEラインは細くし過ぎると、キャスト時に高切れを起こす恐れもあるので

 


ビッグベイトを使う場合は最低でも3号以上のPEラインを使いたい。

 

 

 

 

ガイドは、ステンレスフレームのKガイド(全てダブルフット)を採用した。

 

 

大型ルアーと太いラインを使用することを考えての選択で、

 

 

太いリーダーでも抜けが良いリングサイズ(φ7〜8〜10〜12)の仕様となっている。

 

 

 

 

 


東京湾だけでなく、各地にてビッグベイトが有効な時は多い。

 


これからのシーズンは落ち鮎の時期ともなると、

 


河川絡みでも大型を狙えることもある。

 


この機会に専用ロッドを手に取ってみては如何だろうか。

 

 

 

 

 

 

 

BAY BLAZE  BBZ682B-XXK


Lure : 20-150g


Line : 16-40lb


Price : ¥39,000-(税抜き)


2016年11月〜12月頃リリース予定。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

遂に完成 DOTERAスペック 〜JDF5101S-8〜

 

 

 

 

2015年のカタログに新製品として発表して2年、

 


開発期間を入れると4年の間テストを繰り返してきた。

 


決して万人にオススメ出来る機種とは言えない。

 


ドテラ流しにて青物だけを狙い、

 


ジグを斜め引き出来ることに特化したモデルとなっている。

 

 

 

 

 

ドテラスペックについての説明は、以前のログを参照頂きたい。

 


→ ドラッグフォース ドテラ専用スペック 2015年3月27日)

 


   ドラッグフォース ドテラ専用スペック◆2015年6月10日)

 

 

 

 

 

 

ドテラの名の通り、潮流と風にまかせ船を流すことで

 


広いエリアを探る事が出来る。

 


船もエンジンを切ることが出来るので、

 


ターゲットへのプレッシャーも少ない利点もある。

 


先にリリースした JDF5101S-6 と合わせて、

 


使い分ける事で更にゲームの幅が広がるはずだ。

 


ご期待ください。

 

 

 

 

 

 

2016年9月1日より受注開始。

 


発売は2016年12月末〜2017年1月初旬を予定。

 

 

 

 

JIG-ZAM Dragg Force


JDF5101S-8  (The Central Loco's Custom)


Lure : DOTERA Best 230g (MAX330g)


Line : MAX 80lb (参考数値PE3-5)


Drag MAX : 12kg (ロッド角度 水平 0° )


¥49,000-(希望小売価格)

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

ボートシーバス ビッグベイトモデル

 

 

ベイブレイズに追加機種として、

 


ビックベイト対応モデルがラインアップされる。

 

 

 


BAYBLAZE BBZ682B-XXK

 


ここ数年、大型シーバスを狙いビッグベイトを使用する機会も増え、

 


今までバスロッドの流用で使用される方が多かった。

 


東京湾をはじめ、各地で実績が高まるにつれ

 


専用モデルを希望する声も多くなったのが開発の原点だ。

 

 

 

 

 


2016年9月1日より詳細公開および受注開始。

 


発売は2016年11月〜12月初旬頃を予定。

 


詳しい説明について、追って後日紹介していきたい。

 

 

 

Staff Funaki

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

進化の先には… RedFlip−タイラバモデル

 

 

『タイラバ』は今では世界中で使われるルアーになった。

 

 

発売当時は「こんなので釣れるの?」と言われたが、

 

 

年を追うごとに進化して行き、スタイルが細かく分かれてきた。

 

 

タイラバをカスタマイズする事で釣果が変わったり、

 

 

キャストして斜めに引くなど使い方は様々だ。

 

 

 

 

 

 

弊社のタイラバ専用の『レッドフリップ』も発売して10年余り。

 

 

フルモデルチェンジを行い、合計4機種の構成で、

 

 

様々な条件にアジャスト出来る機種群となっている。

 

 

旧モデル 『RF782B-L』『RF782B-ML』 は、

 

 

6ft台が主流のなか流行無視しスペックだけを求めた異端な機種であり、

 

 

初めこそ色々と揶揄されたが、釣果という実績を積むごとに存在は大きくなり

 

 

他の追随を許さないモデルとなった。

 

 

その異端モデルは『RF792B-L』『RF792B-ML』に引き継がれている。

 

 

 

 旧モデルの紹介 → エクストラ・ロング・スペック

 

 

 

 

 

 

 

さて今、新たな進化を目指すべくテストを繰り返している。

 

 

光明は見えている。最終テストの日は近い。

 

 

その答えが出たとき、また新たな扉を開けるだろう。

 

 

 

 

Staff Funaki

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

 

 

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

マイクロ系ジギング向けロッドについて

 

 

ここ数年マイクロ系ジギングの人気が高まってきている。

 


基準としてライトジギングより細いラインと、軽量なメタルジグを使う事が前提で、

 


ターゲットは回遊魚から底物まで幅広いことが人気の理由だろう。

 

 

昨年のBlog記事に東南アジア方面でも流行っていると書いた記憶も新しい。

 


カテゴリーで言えば、真鯛ジギングなど小型のジグを使うスタイルも同じ釣り方として分類出来る。

 

 

写真提供:SALT WORLD

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、弊社ロッドで当てはまるのを紹介していきたい。

 

 

 

RedFlip マダイジガー RF652S-L

 


60g前後を扱い易く、マイクロ系ジギングロッドとして代表的な点を抑えている。

 


リトリーブ中心に誘い、しなやかなアクションを使った細かなジャークが得意。

 


真鯛だけでなく、使用次第でターゲットは無限に広がる。

 

 

 

 

 

 

RedFlip リアクションテンヤ RF742S-L

 


30g程までのメタルジグを操作しやすい。

 


テンヤ向けに作られているのでティップが非常に繊細で、小さなバイトを逃し難いのが特徴。

 


マダイジガーと同じグリップ長で、ちょい投げも容易に出来る。

 

 

 

 

 

 

HORIZON-LJ  HLJ63S-L

 


60〜80g程が使い易く、100gまでのジグウェイトに対応する。

 


ライトジギングの部類だが、軽量ジグにも対応出来る。

 


青物など少しパワーが欲しい場合は、このモデルの出番となる。

 

 

 

 

 

 

ただし1つだけお願いがあるのは、

 


面白い釣りではあるが制限なく釣れることを考えると、

 


アングラーは節度を持って遊んでほしい…という事だ。

 


前述の東南アジアでの事だが、ハタ系など美味しい魚であることで人気が有り

 


徹底的に獲り尽しているのが現状である。

 


日本の海が同じ状況にならない様に心掛けたいものだ。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー