Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

RV74B-M (Rock Light Versatile) 2017 New Item

 

ROCKEYE  VORTEX  RV74B-M

 

 

 

 

コンセプトは、気軽に防波堤で遊ぶ。

 


ハードロックフィッシュと聞くと、ヘビーリグとハードなタックルが必要と感じてしまうが、

 


都心部から近いフィールドでは少しオーバースペックな感がある。

 


湾港エリアで遊ぶなら、重くても1オンスまでのリグで充分だ。

 


しかし、既存のヴォルテックスのシリーズでは強い(硬い)との声もあり、

 


3/8〜1/2oz(10〜14g)程を使い易いモデルで様々なシチュエーションで遊べる機種が理想。

 

 

 

 

 

 

ボトムと中層

 


カサゴやソイ、アイナメなどをターゲットにするとボトムを意識したリグを使い、

 


バイトと同時に障害物から引き剥がすパワーを求めたベイトタックルが望ましい。

 


近年では、ハタゲーム向けのタックルを要望する声も多く、

 


スイミングで中層を意識したリグにも対応させたかった。

 


ボトム系であればファーストテーパーのアクションが扱い易いのだが、

 


中層を意識して泳がせるイメージで扱うことも考えると、

 


レギュラーファーストテーパーのアクションがスイミングさせる事に向いている。

 


そこで、ベイトタックルでレギュラーファーストアクションとし、

 


全体的にピンとした張りを持たせることでボトム感知能力も求めた。

 

 

 

 

 

 

タックルバランス

 


ボトム〜中層を選ばず扱うなら、今や主流のテキサスリグだ。

 


表記では5gから対応するが、これはテキサスリグ等のシンカーの重さを基準にしており、

 


ソフトベイトと合わせて7g程からが扱い易い範囲で、上限ではリグの総重量が1oz(28g)まで扱える。

 


近年流行しているブレード系ベイトであれば、15g前後のモノを選ぶと良いだろう。

 


メーンラインはフロロカーボン10〜12lb程が扱い易く、モノフィララインであればリーダーは不要だ。

 


PEラインなら1〜1.2号に、フロロカーボン12〜14lb程のリーダーがバランスが取れる。

 

 

 

 

 

 

気軽に防波堤で遊ぶ

 


港湾エリアは人工的なストラクチャーがメインとなり、

 


ケーソンの隙間や消波ブロックがロックフィッシュの恰好の住処となる。

 


カジメやホンダワラなど、海藻が密生していない場所であればライトなタックルで充分。

 


バスタックルの延長で、ゴツ過ぎないタックルで遊ぶことが好きな方にオススメだ。

 

 

 

 

 

 

ROCKEYE VORTEX RV74B-M


Length : 7'4"(ft) 


Sections : CenterCut 2pcs


Lure : 5-28g


Line : 6-14lb


Price : 未定

 

2017年初夏リリース予定。(予約受付中)

 

 

 

 

 

 

Staff Funaki

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

ヴォルテックス2017追加モデル

 

 

 

 

開発中のモデルを動画で告知し、

 


フィッシングショーにて発表した2機種がこの度発売になる。

 


既にカタログや、ホームページをご覧になっていれば分かる通り、

 


既存のモデルに比べると、硬さが大きく違いライトなモデルに仕上げている。

 

 

 

 

 


今作はライトタックルを中心として、手軽に遊べることをコンセプトに作ってみた。

 


沖磯や沖堤防などに渡れば、普段ではお目に掛かれないサイズの魚が望める。

 


しかし、手軽に遊びに行こうとしても渡船を利用するなど時間に制約されてしまう。

 


そこで身近なフィールドでライトタックルを使い、

 


レギュラーサイズのターゲットでも充分に楽しめるタックルにしてみよう考えた。

 


スニーカースタイルで遊べるほど気楽にできるのが理想だ。

 

 

 

 

 


現状のタックルだとメバル系のロッドは極端なライト志向となり、

 


その反対に大物を狙うために、ハード系ロッドは長く硬くなる方向にある。

 


欲したのは、その中間のロッドだ。

 


思い描いたのは、5〜7g程度のリグを扱い易いスピニングタイプと、

 


10g程のリグを扱い易いベイトタイプの2機種。

 


追って詳しい紹介をしていきたい。お楽しみに。

 

 

Staff Funaki

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

『High Tension Dragger』 SWAT SW88MLM (改筆)

 

 

SW88MLM (High Tension Dragger)

 

Lure : 8-40g  ,  Line : 8-16lb ( 参考数値 PE0.8-1.5号 )

 

 

 

 

『ハイテンション・ドラッガー』という サブネームの通り、

 


曲げる事でロッドのトルクを最大限に引き出す事を楽しむロッドだ。

 


コンセプト文にも書いたが、

 


イメージしたフィールドは河川であり、

 


太い流芯の中からビックフィッシュを引きずり出す事を考えている。

 


リールのドラッグの替わりにブランクを曲げ込み、

 


余計なラインを出さず大型のシーバスと対峙することを目的にしている。

 

 

 

 

 

 

リアグリップ長が長いと感じる方も多いかと思う。

 


これはファイト時に肘や脇に当てやすい長さを意識しての長さである。

 


確かにライフジャケットや厚着した際に干渉しやすい長さでは有るが、

 


流れのある河川で大型のターゲットとファイトした事のある方なら、

 


このリアグリップの意味が分かって頂けると思う。

 


大物対応と書くと太くて硬く曲がらないロッドをイメージされる方も多い。

 


確かに硬いことのメリットも多く、

 


張りが強いロッドは瞬間的に魚の顔をアングラー側に向かせる強引なファイトであったり、

 


スピンテールやバイブレーション系のプラグとの相性が高くなる。( SW92M が典型例)

 


だが河川において流れに同調させる様な釣りは硬いロッドでは難しくする。

 

 

 

 

 


イメージして欲しい、川幅が適度に広いタイダルリバーで、

 


橋脚によって流れにヨレが発生し魚が留まりやすい環境が出来ている。

 


大概は流下してくる餌を補食しやすい位置に定位しており、

 


アングラーは魚の目の前にルアーを送り込み誘いを掛けていく。

 


流れに逆らうことはせず、ドリフトさせるイメージで狙いのポイントへ流し込む訳だが、

 


この際ロッドのティップに適度なシナリが有ることで

 


『流れ』を感じやすく安定してルアーを流し込み易い。(これは他のロッドにも言える)

 


全ての釣りにおいて同じく硬い竿ほど魚が暴れ易く、柔らかいロッドだとその逆だ。

 


シーバスの面白さはエラ洗いなどの大胆なファイトが魅力であるが、

 


その反面に執拗に暴れることでバラシ易い面もある。

 


そこで曲がるアクションに設定し、フックが伸びてしまったり(時には折れる)、

 


フックの刺し傷が広がりバラシ易くなることを防ぐ訳だ。

 


またラインテンションを一定に保ち易く、魚の引きに追従することも狙いである。

 


川の流れる力と魚の抵抗が加わり、ロッドは大きく曲がりこむ。

 


だが使用するアングラーは曲がった際に、安心感のある粘り強さを感じるだろう。

 


ファーストテーパーのロッドに馴れてしまうと、ベンディングカーブの頂点がバットに近くなるため、

 


些かパワーが無いロッドと思われがちだが、このロッドは曲げ込むほど本当の力を発揮しはじめる。

 

 

 

 

 


一見細身で華奢ではあるが、カーボンを肉厚に巻き、

 


ナローテーパーに仕上げることでモッチリとしたアクションに仕上げた。

 


オフショアで青物などのターゲットを狙う際、

 


弊社のジギングロッドでも同じ様なアクションに仕上げることが多く、

 


大型を狙う時ほど曲がるロッドの方がキャッチ率が高いと感じている。

 


例えが極端になってしまったが、兎に角曲げて楽しむロッドという事だ。

 

 

 

 

 


さて、この機種に合わせるバランスを紹介しておきたい。

 


15〜20g程度のミノーやバイブレーションプラグ等に対応している。

 


それより重めのルアーはヘビーシンキングのペンシルやジグミノー等、

 


ボリュームは少なく比重が高いルアーと相性が高い。

 


晩秋の河川などでは大型が狙えることも多く、この機種の出番が多くなる。

 


ぜひランカーハントの一手として選んでみてはどうだろうか。

 

 


Staff Funaki

 

 


 

この記事は2012年5月に掲載した文章を改筆したものです。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

虎の巻 『SWAT SW92M』

 

 

こんにちは。テスターの関川です。

 


いよいよ10月に入り、シーバスも秋本番モードに突入ですね!

 


産卵を前にした大型の個体が、荒喰いするこの時季のシーバスをどう攻略してやろうか。

 


一年で一番楽しみにしておられる方も沢山おられるのではないでしょうか?

 


そんな中、確実に「武器」となりえるロッド『 SWAT 92M 』を、今回ご紹介したいと思います。

 

 

 

 


このロッドが生まれるきっかけとなった

 


「都市型河川のような急激な流れの中でも、シーバスに対して主導権を得る」

 


というコンセプトでしたので、今までの SWATシリーズ に比べると、

 


まずそのバットからベリーにかけての「硬さ」に驚かれると思います。

 


これは掛けた魚がダウンからのやり取りになったとしても、

 


アングラーが水力と魚の抵抗に負ける事なく、

 


魚を自在にコントロールする為に必要な硬さとなっています。

 


従来からの SWAT の特徴である「粘り」を殺さずに、ギリギリの設定の中でそれを求めました。

 

 

 

 


そして特に拘ったのが「ベリー」です。

 


SW92Mは乗せて掛ける為のロッドではなく、自ら掛けに行く仕様にしてあります。

 


もともと充分な感度があるので、

 


アタリを感じた瞬間から、如何に早くアングラーがフックを掛けに行けるか…。

 


この点も満点の仕上がりとなっており、実際僕もテストを繰り返す中で、

 


キャッチ時によくある通常の口の左右にある柔らかい所へのフッキングはもちろん、

 


口の中で両フックが掛かっている状態でキャッチする事が、

 


このロッドを使い出してから爆発的に増えたのです。

 

 

 

 

 

 

 


アタリを感じてから、アングラーの初期動作が今までよりワンテンポ速くなる分、

 


フッキングポイントが吸い込まれた奥になるという証明です。

 


ただこういった掛かり方をすると、良い点・良くない点がハッキリします。

 


良い点は圧倒的にバレにくくなり、キャッチ率が上がるという事です。

 


そして良くない点は、リーダーへの負担です。

 


いわゆる丸のみに近い状態となる事が多いので、

 


スナップ上5cmぐらいがガサつく事が稀にあります。

 


あえてリーダーを太くする必要まではないのですが、

 


一本捕った後は必ずチェックして頂きたいと思います。

 

 

 

 

 


そして「ティップ」です。

 


この部分には、若干の「遊び心」を施してあります!

 


穂先から10cm前後だけを、スッと入るようにセッティングしています。

 


グーッと入り過ぎると、

 


結果として折角の掛けに行ける仕様であるベリーを殺してしまう事になるので、

 


バランスを取ってスッと入る程度に仕上げました。

 


実は僕、真冬の5g〜7gといった超スローなボトムのシグヘッドワーミングでの釣りでも、

 


このロッドを使っているぐらい、スッとの入りが良い完成度になっているんです。

 

 

 

 

 


悩むぐらい沢山のロッドが世に出回っている中、

 


この SWAT92M は他との違いがハッキリとしています!

 


堅さはあるのに、重みが乗りググーッと曲がり始めると、

 


最大限の粘りを発揮しようと曲がりのタメを作ろうとします。

 


この部分に奥深さを持たせたというロッドなので、

 


『これオモシロイ』と思える一本に仕上がっていると思います!

 


(写真は全て最終プロトです)

 


次回は実釣編やキャスト編などもアップしていきたいと思います。
 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

POWER MASTER HeavyCore 開発記

 

POWER MASTER HeavyCore

 

 

 

 

ヘビーコアの必要性

 


日本の海岸線は変化に富んでおり、人工的な岸壁からサーフ

 


磯場など様々な要素が複合的に混ざり合って形成されている。

 


ターゲットも様々だが、中でもブリやヒラマサ・カンパチなど青物は

 


岸から狙えるルアーのターゲットの中でも難易度は高いと言える。

 


イナダなど幼魚サイズであれば比較的ライトなモデルで

 


充分に狙えることもあって近年のブームとなっているが、

 


大型を狙おうと思った際ターゲットに合わせて専用タックルが必要だ。

 

 

 

 

 


今まで弊社では『スタンダードモデル』が存在した。

 


当時、ショアジギ(ショア ジギング)といった言葉さえ確立されていなかった時代、

 


陸から青物を狙えるタックルを開発しリリースしてきた。

 


以前に比べると釣法やルアーの細分化であったり、

 


ターゲットの大型化に対応するためタックルは進化を続けてきている。

 

 

 

 

 


この度発表したモデルは、大型青物をターゲットとした上級者向けに開発したシリーズである。

 


沖堤や船渡しが必要な磯など、限られたタックルでしか挑めない場所が存在し、

 


そういった場所ではバーサタイルに使える性能を必要とする。

 


今までのスタンダードモデルは機種によってジグには対応するが

 


いざプラグも…と考えると使い難いという弊害が出ていた。

 


また、温暖化の影響なのか狙えるターゲットの北限域が移行し大型化も進んできている。

 


そこで考えたのは、『C・N・T』によるロッドの強化と最新パーツ採用し、

 


将来を見据えた新しいショアジギロッドを作ろうと思ったのである。

 

 

 

 

 

 

前作からの伝統

 


スタンダードモデルにおいて PWM100H という名作があった。

 


キャストフィール、ルアーの操作性、パワーバランス等が優れており、

 


今作においてベースとして考えた機種でもある。

 


このモデルを基準に、ただの焼き直しではなく

 


レングスとパワーを調整していき各々の個性を持たせ作り込んでいった。

 

 

 

 

 

 

実際のフィーリング

 


先ず感じるのが『軽さ』だろう。

 


この軽さはパーツ重量配分を徹底してバランス良く纏めた結果である。

 


ブランクの肉厚量は厚くし、強度は落とさない様に務めた。

 


ガイドをチタンフレームのトルザイトリングを採用し持ち重り感を解消。

 


結果としてモーメントが改善され、

 


バランスをグリップ付近に集中する事によって軽く感じられる様になっている。

 

 

『ヘビー ≒ 硬いロッド』といったイメージは持たせていない。

 


ガチガチのロッドでは無く、しなりを活かしたアクションに仕上げた。

 


弊社スタッフで試投会を行った際の感想は、

 


「キャストの際ブランクが勝手にルアーを運んでくれる」と述べている。

 


テーパーデザインによる反発力と素材の弾性率、ロッド全体の自重バランスが

 


マッチングする事により不必要な力を使わず安定したキャストが可能だ。

 


回遊を待つなど投げ続ける事が必要な釣りにおいて、

 


キープキャスト出来るバランスは精神的・肉体的共に大きなアドバンテージをもたらしてくれる。

 

 

 

 

 

 

ドラッグ値について

 


この数値はロッドとラインの角度が常に90度方向に向いている場合の数値であり、

 


角度が急になる場合はドラッグ値は低く設定する必要がある。

 


強いロッドは必然的にドラッグ値の数値が高くなり、もちろん強いに超したことは無い。

 


しかし、磯場やテトラの上など不安定な場所でのファイトを余儀なくされる場合も多く、

 


常にMAX値だけで挑むのも危険が伴うことも考えられる。

 


その為、ロッドには全体的に『しなり』を持たせた経緯もある。

 


ブランクがしなり、弾性を活かすことでショックを吸収するアブソーバーの役割となり、

 


ファイト時に曲がるブランクが戻ろうとする力が魚にプレッシャーを与え、

 


無理な力を必要とせず余裕を持ったファイトを可能とした。

 

 

 

 

長所と短所

 

 

前作より長所を伸ばしたシリーズではあるが、短所もある。

 


市場に出回っている同クラスパワーのロッドと比べると、若干だが柔らかく感じられるかもしれない。

 


それは前述のアクションを求めたからであるが、

 


人によって硬く張りの強いアクションを好む方も居るのは事実である。

 


こればかりは好みの範囲であるため、パリっとしたアクションを求める方はに向かない。

 


言葉や文字だけでは伝えにくいフィーリング的な部分ではあるが、

 


店頭にて触って頂きアクションを確かめて頂きたい。

 


ひとつ言えるのは天龍らしいアクションに仕上げたという事だ。

 

 

 

 

 

 

次回、各機種に迫っていきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

『Tidal Walker』 SWAT SW83LML



SWAT  SW83LML  ( Tidal Walker)









このモデルを語るには、初代 SWAT SW83L という機種の紹介から始めたい。


港湾エリアを中心に小〜中河川から干潟などで活躍した機種で、


小型のプラグをピンポイントキャストから、


少し重めのバイブレーションまでをカバーするマルチなアイテムであった。


当時はナイロンラインとPEラインが両方使われていた時代で、


だんだんとラインはPEラインへ移り変わる頃であったと覚えている。






時代は進み、使われるルアーの幅(種類)が増えるとロッドも細分化されてくる。


◯◯◯向けや、●●●専用といった説明文を目にすることも多い。


しかし、オカッパリで遊ぶことを考えると、


一本のロッドで色々なルアーを扱える方がよい。


そういった面で小型プラグから、少し大きめのルアーまで使えるロッドは重宝する。






当時リニューアルするにあたって、


実際にフィールドに立った際に必要な要素を改めてみた。


●港湾エリアや小中規模の河川ではキャストアキュラシーが求められ、

 ブレを極力少なくしたロッドであること。


●潮の干満に左右されるエリアで、

 状況に応じたルアーに幅広く対応出来るロッドであること。


●セイゴ〜フッコ級でも充分に引きを楽しめ、

 スズキ級にも対応出来る懐深さもあるロッドであること。


この三点に重点をおいて開発していった。






初めて店頭でこの機種を持った方は、


『柔らかい』と感じる方も多いかもしれない。


現在釣具店に並ぶロッドと比較すると、


総じて『柔らかい』『曲がる』といった部類に入るかと思われる。


曲がる≒弱いロッドという事では無い…という事は、


弊社ロッドを知っている方は分かって頂けるだろう。






特定の使用条件は決めずに、状況によって自由に使えることを意識した。


例えば表層を意識する様な状況であればペンシルベイトを操作でき、


岸壁際を通すのであれば1oz程度のメタルジグ等も使える…といった具合だ。


あえて使い易い範囲を言えば、7〜12cmクラス(6〜18g)のミノーと、


20g前後のバイブレーションと言えばイメージして頂けると思う。






良く言えば『何でもロッド』、悪く言えば『的外れ』とも言われ兼ねない。


でも、この自由さが欲しかったわけだ。


サブネームの由来は、ウェーディングゲームにて潮の干満を意識して


釣り歩くアングラーをイメージしてネーミングしている。


港湾エリア、小中河川、干潟のウェーディングなど、


日本各地の海岸線にてテクニカルにシーバスゲームを楽しみたいなら


ぜひこのアイテムを選んで頂ければと思う。






SW83LMLの記事


・湘南シーバス Top Water Seabass Game


・3分の1のチャンス


















JUGEMテーマ:フィッシング














 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

最先端への挑戦 POWER MASTER HeavyCore


『 POWER MASTER HeavyCore 』


最先端素材、最新パーツ、伝統技法、


弊社の誇る技術の粋を集めたフラグシップシリーズが遂にベールを脱ぐ。










最新素材『C・N・T』


ブランクの強化を図るため最先端素材である『C・N・T』を導入。


同素材をバットに使用し、前作を上回るネバリ強度を実現。
















最新パーツ『TORZITE』


全てのガイドを、チタンフレーム・TORZITEリングを採用。


軽量化と抜群の飛距離を生み出す滑らかさを実現。


トップガイドには、ラインへの負荷を軽減するフランジ[F型]形状のMNトップを採用。


ミドルガイドはKWガイドを採用し、スレッドをダブルラッピングすることで補強。


バットガイドには最新のRVガイドを採用。こちらもフランジ[F型]形状となっている。













伝統技法『西陣織』


バットネーム部とリールシート部には、カーボン繊維で織り上げた『西陣織』をあしらっている。


格式高い織物を纏う事で、フラグシップとしての気品に満ちたディテールを実現。


フォアグリップ上部には『西陣織』である刻印を入れた。










国内生産へのコダワリと、日本製の誇りを込めた。


2016年7月末〜8月上旬頃、リリース予定。


追って各機種の詳細に迫っていきたい。ご期待ください。






















JUGEMテーマ:フィッシング





















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

ご予約受付中。SWAT New model



今年発表したSWATのNewモデル







 SW92M Overambitious (オーバーアンビシャス)


予約受付始まりました。


リリースは7月下旬頃を見込んでおります。


コダワリの一振り。お楽しみに。







詳細については、前回のログをご参照ください。


 → 野生溢れる一振り


















JUGEMテーマ:フィッシング




















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

新ヴォルテックスを更に詳しく -New Vortex-



以前に ヴォルテックス が出来るまでの経緯を紹介したので


 → 新生ヴォルテックス(前回ログ)


今回は機種別に詳細を紹介してきたい。








前作との違いから説明すると、


ヘビーリグのキャストや魚を根から引きずり出すなど


ラフな使用が考えられるため強度は落とさず


バランスを改善することによって、


軽く強いロッドに仕上げる考えだ。


ガイドも小口径のKガイドに変更し、モーメントの改善と


軽量化による感度アップにもなった。


ただし、小口径といっても


フロロラインとPEライン両方を扱えるガイド径に設定してある。


グリップも前作よりも細身のモデルになった。


さて、各機種の説明といこう。






RV71B-HH (Sonic Hooker)


近距離でのパワーファイトとボートでの取り回し、


そして瞬間的なフッキング性能を求めたモデルだ。


バスロッドのMagnaImpact MI71B-HHをベースに、


ショートバイトへの対応出来るソフトティップへ変え、


生い茂ったウィードの中からでも強引なファイトが出来るように


肉厚でネバリを重視したブランクへ仕上げた。


このネバリを出すと必然的に重いブランクになるが、


ガイドサイズとグリップ形状でバランスを整えた。


イメージしたフィールドは、


オカッパリでは漁港のテトラ帯と生い茂った藻場。


オフショアなら急深の岩礁帯やバース周りなど、


ピンポイントに打ち込み、積極的に掛けていくのが信条だ。


唯一グリップ脱着のモデルであり、


ロッドを仕舞う長さを考慮しながらも、


感度とパワーを両立できることを考えてデザインしている。






RV78B-HH (Rock Versatile)


旧モデル RV78BC-H の正統後継機種。


前作より少し重ためのリグ(1オンス程)を使い易くするため、


パワーをワンランク引き上げている。


全国のフィールドで様々な条件下でも、


バーサタイルに扱える機種としたかった。


北海道や東北エリアなら大型のアイナメ。


北陸や山陰エリアなら大型キジハタ(アコウ)。


海外なら10lbクラスのグルーパー全般が狙い目だ。


どこでも良い仕事をこなし、


個性豊かなシリーズの主軸となるアイテムとした。






RV85B-HH (Gori maki)


バーサタイル性能を求めたRV78B-HHをベースに、


遠投性能を引き上げた結果生まれた機種。


名前の通り『ゴリ巻き』仕様であり、


遠投して沖の根から強引に魚を引き出し、


常にアングラー側へ主導権を握ることが出来る。


遠投での最長飛距離はRV91S-Hに譲るとして、


やはり人が探れていないポイントで遠投し、


パワーを重視したいフィールドを想定している。


沖に広がる様々なヘビーカバーを攻略出来るアイテムだ。






RV76S-ML (Light Swimmin')


ライトでありながらパワーを持たせたモデル。


港湾エリアや地磯などで軽量なリグで遊べ、


オフショアではシャローエリアに点在するウィード間を


ジグヘッドリグなどで効率よく探ることが得意。


ティップはソフトでありながら、


ウィードを適度に切れる絶妙なパワーに設定。


バットは2〜3kgクラスでも余裕をもって対処できる


ネバリを重視したパワーを持たせた。


まさにライト&タフなアイテムだ。


使い方によっては、


フラットフィッシュなど様々なターゲットと遊んでみたい。






RV78S-H (Heavy Swimmin')


同じレングスのベイトタイプRV78B-HHとは両極の機種。


こちらは繊細さを求め、スイミング系のリグと相性が高い。


根の中よりも上に付く習性のハタ類には、


根の直上をスイミングさせると良い場合が多い。


深いエリアなどでヘビーリグを繊細に操作でき、


スイミングを意識した使い方に特化させている。


前作 RV78SP-H と同じアクションを引き継いでいるが、


ブランクをアンサンドになり、小口径ガイドを採用したことで


シャープさと感度が高めることが出来た。


繊細な操作とパワフルさを兼ね備えた


バーサタイルスピンに仕上げている。






RV91S-H (Exceed shot)


最後に行き着くのは、誰もが攻めたことないエリアを狙うこと。


飛距離を出すには細いラインとスピニングタックルが最も有効で、


遠くへアプローチ出来れば多くのアドバンテージを取れる。


エギングロッドのGC96MHをベースに、


リグの操作性とロックフィッシュ向けのパワーに改良した。


しかし遠投でのウィークポイントは、


ラインの角度が付き過ぎてしまい、根掛かりが多発しやすいことだ。


ソフトすぎるティップは根を交わし難いことから、


ティップには適度な張りを持たせ、遠投性能をあげるため


ブランクのしなりを活かしたレギュラーアクションに仕上げている。






各モデルともコアなモデルばかりだが、


全てはフィールドで叩き上げたシリーズであり、


ロックフィッシュ愛好者へ捧げる自信作となった。


2015年4月末頃リリース予定。ぜひお楽しみに。






















JUGEMテーマ:フィッシング






















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

野生溢れる一振り SWAT New Model





SWAT SW92M (Overambitious)




張りの強いロッドが欲しいと要望があった。


それはバイブレーションプラグを使い易いモノだ。


いわゆる鉄板系バイブレーションが台頭してきた事と、


テールスピン系のルアーの使用も増えたことが背景にある。


ナイトゲーム主体のシーバスフィッシングだが、


デイゲームを楽しむ方も増え、干潟などで遠投と早巻きをしたり、


沖堤で深いエリアをバーチカルに攻るなど、


スタイルは多様になってきている。


そういった面で、既存アイテムだけでは全てに対応するのが


難しくなってきたのが現状だった。










同じ頃、知人からの紹介で大阪のアングラーを紹介して頂いた。


大阪湾をメインに活躍している関川氏だ。


氏との協力で、バイブレーションに使い易いロッドを模索し始める。











初めはSW88MLMとSW97MLを中心に釣りをしてもらい、


長さと硬さを決める事から始めた。


遠投性と操作性を両立するには9ft前後が良い。


硬さと張りはSW88MLMと同じか少し上、


アクションはSW97MLが理想という結果になる。


あくまでイメージでしか無かったが、9'2"ftが理想と感じていた。


SW97MLをベースに長さを短く、


アクションを硬くしたファーストサンプルの製作に取りかかる。


出来上がったサンプルを持って試投を行った。










テストタックル


ロッド:SW92M 試作


リール:D社3000番  S社4000番


ライン:PE0.8〜1.2号


リーダー:16〜25lb


ルアー:バイブレーションプラグ 15〜30g


            ミノープラグ 7〜14cm 9〜22g


            大型プラグ 14〜20cm 20〜40g


この時、初回の出来としてかなりの完成度を感じていた。


後日、関川氏と一緒に試投をしたところ、


同じように完成度の高さを感じている。
















氏にサンプルを渡し、暫くテストしていった。


返ってきた答えは完成度が高く、


どこを修正して良いか分からない…という結果となった。


唯一気になるという点で、ファイト中ロッドが曲がった際の


ベンディングカーブに対するガイド位置くらいだった。


ガイドの位置を若干修正したサンプルを作り、


再度テストに取り掛かったが、結果として初回サンプルが良いと言う。














正直なところ、1発で合格点が出るとは思わなかった。


その後もテストしていったが、文句の付ける所がなかった。


先日の大阪フィッシングショーにて関川氏との意見を交わし、


今回のテストロッドに最終決定を出すことにした。


『初回試作品にて完成』


シリーズ中、最速でOKを出せたモデルだった。










さて、使用感を紹介していこう。


タックルのバランスは、上記のテストタックルが理想だ。


バイブレーション系プラグと全般的に相性が高く、


20g前後のルアーを使うのがベストに感じている。


また、大きめのプラグとも相性が高い。


例を挙げるならT社のBKF140や、H社のペニーサックなど、


ボリュームがあるルアーを扱いたいときにも活躍する。


このクラスのルアーなら、


キャストでは躊躇なく振り切ることが可能だ。


抵抗の強いルアーに合わせているため、


ティップには適度な張りを持たせてあり、


スピンテール系のルアーをリフト&フォールさせる事や、


沖でナブラが起きたときに30〜40程のメタルジグを使うことも出来る。


反面、ティップが硬いので


軽いプラグや抵抗が少ないモノは扱い難く、


テンションをあまり掛けないような釣りには慣れが必要だ。










パワーゲームという点で『SW88MLM』との比較をすると、


大雑把に言うならピンポイントはSW88MLMで、遠投ならSW92Mとなる。


バイブレーションなどで広い面を探り、


カキ殻などが点在し一気にポイントから引っぺがす様な


パワーゲームをしたいときはSW92Mが向いていると感じている。


SW88MLMは、喰わせるポイント


(河川の水がヨレる場所や明暗部など)がある程度絞れている状況で


掛けてからロッドを曲げて獲るが理想だ。


キャストフィールは切れよくスパっと投げられる感があり、


ファイト時に曲げ込めば特有のネバリを感じられる。










サブネームのOverambitious ( オーバーアンビシャス ) とは、


野生溢れるといった意を持つ。


まさにSWATシリーズらしい個性を持ったアイテムに仕上がったと思う。


今年夏までにはリリースしたいところ。ご期待ください。































JUGEMテーマ:フィッシング



















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー