Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

フィールドレポート(フィールドテスター久保田)

 

フィールドテスターの久保田です。


実際に釣り場に出てテストする役割なんですが、常時テストロッドを預かっています。


ブログに登場するものしないもの含めて数機種を預かって実際のフィールドでテストしているのですが、


実はこの開発中のロッド、なんて機種名で発売になるのかまだ分からないものも含まれてます。


一応対象魚や対象エリアのコンセプトは聞きますが、それ以外の情報を僕は耳に入れないようにしています。


というのも値段の高いシリーズや新素材を用いた…なんて聞いてしまうと先入観でロッドを評価してしまいがち。


なので開発初期段階では先入観なしでロッドを振り、


そのロッドの長所・短所・改善希望点などをリストアップするように心がけています。

 

 


そんな中で初めてキャストした時から『むむ!これは!?』と感じた一振りのプロトロッド。


自分なりに『今夜はデカイシーバスが出る』と予想した夜にこのプロトロッドを携えて相模川へ行ってきました。


プレッシャーがかからないように

 

MegabassのプロトのシンペンSHIRANUI 110Sを遠投して流れの変化を打って行く。


ルアーの特性もあるけどロッドティップの入り具合でルアーの泳ぎというのは微妙に変わる。


泳ぎを阻害することなく且つその挙動は把握できる・・・非常にいい感じ。


流れの変化に間を開けつつ打ち込んでいくとゴツ!と止めるようなバイト!


思い切りアワセを入れるとゴバゴバっとストロークの長いエラ洗い。デカイそうだ!!


走ろうとするシーバス。キャストの動作からは予想できないほど滑らかに弧を描くロッドがそれを制する。

 

 


天龍ロッド全般に言えることだけど、


魚が走ろうとした時にスタートダッシュの力を吸収して魚が加速できないような感覚がある。


ピンチになること無くすんなりと寄ってきた。しかしそこから水面に浮かせようとするとやたらと重い。


しっかりとロッドが曲がって衝撃吸収しているので、


フックが伸びたり外れたりの心配は無さそうなので慌てることも無理することもないのだけど、


とにかく水面に浮かせて姿を確認しようとしてもそのウェイトとパワーが凄い。

 

 


そしてようやく水面にシーバスの姿を確認できたが・・・


デカイ!!


これはいったかも!!


最後は岸にズリ上げて無事にキャッチした魚にメジャーをあてると


101cm!

 

 


ウェイトを計れるものは持っていなかったので

 

過去の経験から恐らく10kgに届くか否かという感じだと思う。


プロトロッドの性能もあり盤石のファイトで自身4本目のメータオーバーキャッチとなりました。


このロッドがどのような形でいつ頃皆さんにお目見えするかはまだ未定ですが、


テンリュウロッドは今後目を離せない存在になることは間違いなさそうです。

 

 


TackleData


Rod : Tenryu Proto


Reel : Daiwa16'セルテート3012


Line : 山豊テグス STRONG8(1号)


Leader : FAMELL 耐摩耗ショックリーダー(16lb)


Lure : Megabass SHIRANUI110S Proto


Angler : Field Tester Kubota

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

SURFヒラスズキ(フィールドテスター倉永)

 

今回はサーフのヒラスズキを狙いに内之浦方面へ出かけてみた。


前情報もなく潮回りもあまり期待できないが、


過去の実績からポイントを絞りキャストすることにした。

 

 


ポイントは比較的水深があり、


ベイトが寄っていれば確実にヒラスズキの回遊が見込める場所である。


今回使用するロッドは非常に軽量で感度・操作性・飛距離・バラシ難さ


いずれも最高クラスのバランスを持つSWAT107である。


長年様々なサーフ用ロッドを使用してきたが、


107はサーフのヒラスズキロッドの傑作といえる。

 

 


当日は波も比較的落ち着いており、釣りやすい状況であった。


手始めにリップカレントを見つけ、14センチミノーをキャスト。


離岸流によるミノーの泳ぎを感じながら水面直下をトレースする。


しばらくすると激しいアタリが手元に伝わったが、残念ながらフックアップせず。


しかし魚は間違いなくいる。


その後ルアーカラーをチェンジしてキャスト。


すると引き波からルアーが開放された瞬間、ガンッ!明確なアタリが伝わった。


しっかりとフッキングをいれ、やり取り開始。


激しい暴れに対し、SWAT107が素晴らしいレスポンスを見せてくれる。


しばし至福の時間を堪能し、最後は波に乗せてランディング。


キャッチしたのは50cmクラスのヒラスズキ。


小ぶりなサイズであるが満足のいくファイトであった。


その後も同サイズを1本追加し釣行終了とした。

 

 

 

 

TackleData


Rod : SWAT SW107ML


Reel : Twinpower 4000PG


Line : PE 1.2号 & Leader 28lb


Lure : ログサーフ144・ショアラインシャイナー140


Angler : FieldTester Kuranaga

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

広島でシーバスジギング

 

少し前の1月に広島県五日市の遊漁船・魚篭(びく)さんへ、シーバスジギングに行って来ました。


シーバスジギングと言ってもイワシ付きのシーバスを狙うため、五目釣りになる可能性大です。


もともと五目釣り大歓迎の私は何が釣れるか楽しみでした。


港から3〜40分走って最初のポイントへ到着。


何隻かの漁師船が既に好ポイントを抑えている様で、邪魔にならないように沖から船を流し始めます。

 


ベイトが小さく30〜75g位の小さいジグを使用しますが、皆さん思い思いの工夫を凝らしています。


フックにティンセルを巻いている人、タコベイトを付けている人、ブレードを付けているなど、


船長に聞くと付けていないより付けていたほうが食いが良いようです。

 


今回私が持ち込んだのは昨年発売したホライゾンLJと、


この春発売される ホライゾンLJ のスピニングの追加モデルです。


潮があまり動いていない時に使ったのはベイトモデルの HLJ631B-FL と HLJ641B-FLL 


潮が動いている時にスピニングモデルの HLJ621S-FMLHLJ631S−FLL は使い分けました。

 

 


「ベイトがいるからすぐアタリが出るかもしれませんよ」の船長の言葉が終わると、


早々に右舷前方で釣りをされていた方のドラグが鳴ります。


潮が動いており流れに乗っている魚はなかなか姿を現してくれません。


10分ほどで姿を現したのは良型のタイ。

 


ですが、このサイズ「魚篭」ではチャリコと呼ばれていました。


幸先の良くタイが釣れましたが、


この後ベイトを探して3時間の放浪の旅となり、竿が曲ることはありませんでした。

 

 


次に竿が曲ったのは何度もポイント移動をした後の島周りでした。


曲っていたのはレッドフリップRF682S-MLでタイラバの早掛け用のスピニングロッドです。


HLJのグラスフレックスと違いRFはカーボンフレックスで食い込みよりも感度重視で、


このロッドはショートバイトを積極的に掛けていきたい人向けのロッドです。

 


いよいよ時合かと思われましたが、相変わらず難しい状況の中で


かなり小さめのタングステンのジグを使われていた常連さんがタイを連発させて納竿となりました。

 

 

 

私の方は潮止まりに試したタイラバでガシラ1匹という寂しい結果に終わりました。


乗船当日は難しい状況でしたが、シーバスを狙うのであれば今後状況は良くなっていく様です。

 

 


TackleData
_________________________
Rod:HORIZON-LJ  (HLJ621S-FML , HLJ631S-FLL)


Reel:Twimpower 4000 


Line:PE1号


Leader:フロロ4号


Lure:ブリス・ナッツジグなど
_________________________
Rod:HORIZON-LJ  (HLJ631B-FL , HLJ641B-FLL)


Reel:OCEA CONQEST 300


Line:PE1号


Leader:フロロ4号


Lure:ブリス・ナッツジグなど
_________________________
Angler:スタッフM

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

御前崎沖でタイラバ&スーパーライトジギング

 

TENRYUスタッフHです。


今年1月中旬ごろ、静岡県・御前崎漁港の波丸さんへ行ってまいりました。


今回は小売店スタッフと、タイラバ&スーパーライトジギングの実釣講習会です。

 


当日の状況は、出船から風が強く波が立っている状態で雨が降ったり止んだりの繰り返し。


潮は長潮で昼に満潮を向かえ、その後は下げに転じていくとのこと。


ポイントは、水深80mほどからスタート。


釣りを始めて間も無く船尾から歓喜の声が上がり、同船者様数名が真鯛を釣り上げます。


こちらは弥が上にも期待感は増してきます。


すると、スタッフSさんと弊社スタッフUもレッドフリップで真鯛をGet。

 

(写真:波丸さんHPより拝借)

 

 


そして、私にも〜〜〜〜嬉しい真ハタ。(写真:波丸さんHPより拝借) 

 


波が高く船酔いで同船者の半分がキャビンに篭る状況でしたが、


お昼頃までに多くの魚種が釣れていました。

 


午後からは風も波も落ち着き、釣り易い環境になると釣れ無くなってきました。


そんな中、伊村船長が使っていたドラグフォース JDF5101B-G4/5 が曲がります。


上がってきたのはサメでしたが、このアクションは金洲ジギングに良いとの事です。

 


 

天候は悪い中でしたが、伊村船長と杉山マネージャーのおかげで、


楽しく釣ができ良い釣果を出すことができました。


タイラバはもちろん金洲ジギング御前崎の釣りなら、


波丸さん』オススメです。→ https://www.namimaru.jp/

 

 

 

********************************************

 


さて、今週末にはイシグロ様・愛知県6店舗で


TENRYU・新製品展示会』が行なわれます。
 

展示期間中は、新製品のホライゾンLJの新製品をはじめ全機種。


ルナキア全機種と、ドラッグフォースの新製品を含めた一部機種を展示しております。


週末には当社スタッフも常駐致しますので、


ロッドについて聞きたい事があればお気軽にお尋ね下さい。


皆様にお会い出来る事を楽しみにしております。


______________________


2月22日(金)〜3月3日(日)


イシグロ西春店さま』・『イシグロ岡崎若松店さま』


西春店:スタッフ常駐 3月2日(土)13:00〜18:00

 

岡崎若松店店:スタッフ常駐 3月3日(日)13:00〜18:00

 

______________________


3月8日(金)〜3月17日(日)


イシグロ半田店さま』・『イシグロ知立店さま』


半田店:スタッフ常駐 3月16日(土)13:00〜18:00

 

知立店:スタッフ常駐 3月17日(日)13:00〜18:00

 

______________________


3月21日(木)〜3月31日(日)


イシグロ鳴海店さま』・『イシグロ西尾店さま』


鳴海店:スタッフ常駐 3月30日(土)13:00〜18:00

 

西尾店:スタッフ常駐 3月31日(日)13:00〜18:00

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

本来ならば今週は(フィールドテスター佐藤)

 

本来ならば今週は1月20日に解禁になった北上川に釣行する予定でしたが、


先週行われた私もお世話になっている某ソフトルアーメーカー所属の


プロスタッフバトルで選択したポイントがあまりに好調(勝つことが出来ました)だったので


シーズナルパターン再確認の為、ロックフィッシュフィールドに出かけました。

 

 


そのポイントと言うのは何の変哲のない漁港なのですが、


正面沖60〜70メートル先に離岸堤があり、それがうまく季節風を躱してくれるのです。


極寒のこの時期、アフターから回復基調の


大型個体がストックされやすいニアディープ隣接の漁港です。


そうは言っても万遍無く釣れるわけでは無く、


読みとそのピンポイントに正確にアプローチできなければ成立しえないゲームです。


先行者がいたにも関わらずキロフィッシュを含む数本をキャッチできました。

 

 


この時期特有の抑え込むようなバイトを、


100メートル先から伝えてくれるヴォルテックス91に感謝です!


このロックフィッシュの面白さを30ウン年前から発信し、


さらに今では当たり前となったロングスピンを始めに提唱した矜持を持ってこのロッドを推奨します。

 


*********************************


釣行時のタックル


Rod : ROCKEYE VORTEX  RV91S-H (Exceed shot)


Reel : Twinpower 3000


Line : VARIVAS  Maxpower  PE(0.8号)


Leader : VARIVAS  Fluoro (12lb)


Soft Bait : ECOGEAR Ringmax (3inch)


Sinker : 18-35g


Hook : VARIVAS HookingMaster LimitedEdition LightClass #1


*********************************


トーナメント時のタックル


Rod : ROCKEYE VORTEX  RV91S-H (Exceed shot)


Reel : EXSIST 3000


Line : VARIVAS  Maxpower  PE(0.6号)


Leader : VARIVAS  Fluoro (14lb)


Soft Bait : ECOGEAR (Ringmax , Rockmax , Bugants , etc...)


Sinker : 18-35g


Hook : VARIVAS HookingMaster LimitedEdition HeavyClass (#1, #1/0)


*********************************


Angler : FieldTester Sato
 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

港回りのライトゲーム (フィールドテスター倉永)

 

1月ということもあり、シーバスが一段落した為、


この時期の楽しみでもあるアジングに出かけてみた。


今回使用するのは新型ルナキアLK632S-LMLS(ソリッドティップ)。


アジのショートバイトも逃さず、ヒット後も非常に柔軟なティップが追随し、


口切れによるバラシを軽減してくれる。


今回は深場を探るべく、軽めのキャロをセットし釣行を開始した。

 

 


昨年の鹿児島県域はアジが非常に好調で、場所によっては爆釣であったが、


今年は実績のあるポイントをランガンでチェックするも気配すらない。


暖冬という事もあり非常に海水温が高い。


漁師さんに聞くと1月末で水温が16度もあるという。


おそらく海水温の影響で、ベイトであるシラスウナギや


オキアミ・アユの稚魚などの接岸が遅れているのだろう。


ここでアジを諦め、五目釣りに変更。

 

 


港に隣接するゴロタ場をキャスティングで狙っていく。


水深が浅いことから1.8グラムのジグヘッドリグをキャスト。


ソリッドティップの恩恵とロッドバランスの良さから、面白いように飛距離が伸びる。


ルアーを底まで沈めて、小刻みな上下のロッドアクションを入れながらスローリトリーブ。


すると小型ながらカサゴがヒット!

 

 

 

 


その後もセイゴやコチ・キンギョ等を交えながら、


飽きることなくヒットが続き、数釣りを楽しんだところで納竿とした。


今回は本命のアジが出なかったが、釣り物が少なくなるこれからの時期、


港まわりのライトタックルゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

TackleData


Rod : Lunakia LK632S-LMLS


Reel : Twinpower 2000SH


Line : Fluoro R18 (3lb)


Lure : Jighead (1.8g) + Soft bait


Angler : FieldTester Kuranaga

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

フィールドレポート (フィールドテスター関川)

 

こんにちは。フィールドテスターの関川です。


今回は、僕のメインフィールドになります「大阪河川」で、


この水温の低い1月のシーバスを、どう攻略していたのか、


その土台になっている部分をご紹介したいと思います。

 


一口に「大阪」と言っても、兵庫との県境から和歌山との県境まで、


湾を縁取る様に縦に長いのですが、主に湾奥にある4本の大河川での内容です。


僕はこの時期、中流域での釣りをあまりしなくて、


よりベイトが溜まりやすい上流域、もしくは河口域にエリアを絞っています。


上流域は2月〜3月の方が面白くなるので次回にするとして、


今回は少しテクニカルですが、サイズも数も出やすいという河口域とします。

 

 


ベイトは底バチとハゼになるので、どうしてもボトムベタベタの超スローな釣りになります。


使用ルアーは、根掛かり回避の為、上向きフックのジクヘッドリグをメインにしています。


流れの速さによってヘッドの重さは変えますが、基本3gー7gです。


この時期の大阪湾で、60cmを超えてくる魚体は、


ほとんどがアフタースポーン初期になりますので、体力を使わない喰い方をしてきます。


ルアーをくわえてもほぼ反転もせず、アタリ的には極々小さいアジングのようなものになります。


ここで一番大事なものというか、これを備えている人とそうでない人との差が、


はっきりと出てしまうものがあります。

 

それは感度を備えた、バランスの良いタックルという事です。

 

 


「感度が良い」というフレーズをよく耳にしますが、


僕がシーバス専門となったこの30年間、色々なロッドと出会ってきましたが、


今のところ SWAT SW92M が一番活躍の場が多くなっています。


このロッドはバットは硬く張りを持たせ、


ベリーはバットからの硬さをカーブを壊さないよう極限まで維持しながら、


しなやかさと粘りを持たせティップをやや入る感じに仕上げました。


このコンセプトと本当の意味での高感度が合わさると、


3gのシグヘッドにソフトベイトというシーバスルアーの中ではかなり軽い方のルアーでも、


ストレスなくキャスト出来、極々小さなパク付き系のアタリも拾えるという結果になっているんです。


(ただし、ある程度のスキルと慣れも必要です)


もともと大型サイズの魚を、河川の急な流れの中から捕る為に作ったロッドなので、


厳寒期とはいえ良いサイズにめぐり会う事が出来た時も、高確率でキャッチ出来ています。


シーバス釣りはなかなか現場に、2本3本とロッドを持ち込む事が出来ない釣りなので、


マルチ的な意味でも、一度触れて頂きたいロッドだと思います。

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

フィールドレポート (フィールドテスター伊藤)

 

こんにちは、宮城県石巻市でガイド船 魚心(ぎょしん) の船長をしている伊藤です。


この時期はロックフィッシュを狙ったガイドが中心となっています。


今年の冬は寒かったり暖かかったりと、つかみ所の無い冬ですね!


最近は、めっきり寒いですが(笑)海の方は未だに水温が高い感じです。


そろそろ根魚達は産卵時期ですが、戸惑ってるかもしれませんね?


と言っても、しっかりと産卵行動はしていて、シャローエリアにきっちり入って来ました。

 


1月後半になり産卵を終えたメスたちが、


アフターから回復してミドルレンジで釣れ始めた感じです。

 


ロッドは、ボルテックス RV71B-HHを使用。


一見張りがある感じですがキャストのしやすさと、


気持ちよく操作できるティップに、ベリーからバットにかけては、


モンスタークラスを根から引きずり出すパワーを持っています。


興味のある方、ガイドの時に船に乗せてますので、是非体験してみて下さい。

 

 


TackleData


Rod : ROCKEYE VORTEX RV71B-HH


Reel : Scorpion 


Line : Fluorocarbon 16lb


Lure : Shadtail & Texas Rig (1oz)


Angler : Field Tester ITO

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

フィールドレポート (フィールドテスター久保田)

 

『久保田さんが動画内で使用している


 赤いランディングネットはどこのメーカーのものですか?』


とテンリュウにお問い合わせを頂きました。


動画を見てくださりありがとうございます。


お問い合わせを頂くという事は質問者さんがよほど熱烈なテンリュウファンか、


あるいは動画内でのランディングがし易そうなネットだなぁと思って頂けたのか、


そのどちらかではないかなぁと考えます。

 


このランディングネットは5〜6年前に量販店で購入した


当時6000円くらいでごく普通に売られていたウェーディング用のものです。


確かメーカーはGMさんだったような気がします。


特別枠が大きいわけでもなく、それに折り畳み用のジョイントと


ランディングシャフトを取り付けて使っています。

 

 


ウェーディングではまだしも足場が水面より高い場所で


シャフトを伸ばしてのランディングって難しいですよね。


ネットの外側にルアーが引っかかってしまったり、


何度やっても魚が暴れて上手くネットに収まらなかったり。


上手にネットに収めるコツはネットで魚を掬うのではなく、


構えたネットは動かさずそこに魚を誘導することです。


この誘導する際にロッドの柔軟性や粘りが非常に重要になってきます。


硬く曲がらないロッドだと水面に魚を浮かせても暴れまわるので、


どうしてもネットで魚を追いかけてランディング、なんてシーンも増えてきます。


魚に衝撃を与えない柔軟性を持ったロッドだと、


魚を水面まで誘導しても暴れにくく構えたネットに誘導しやすくなります。


また柔軟性をもったロッドの場合バレにくいので、


慌てずに落ち着いていられるのもランディングの成功率に大きく影響するのかなと思います。

 



つい先日キャッチした81cmのシーバス。


シャロー帯でヒットし沈みテトラや流木が沈んでいる上でのファイトでしたが、


ロッドが衝撃を吸収し魚が暴れるのを抑えていたので根に潜られることもなく難なくキャッチ。


魚に主導権を与えずに御する為には硬く強いロッドが必要と勘違いされがちですが、


しっかりと曲がり衝撃を吸収しバッドにウェイトを乗せて寄せてくる』


これが一番魚を寄せやすいんです。


リールやドラグが一切ないヘラブナ釣りとかでもそうですよね?


厳冬期は意外と超大物がヒットしてくるシーズンでもあります。


しっかりとロッドを曲げてファイトすればバラシやラインブレイク、


ランディング時のミスも減るかと思います。


皆さまが寒い冬にホットになれる熱い釣果に出会えることを願ってます♪

 

 


TackleData


Rod : TENRYU PowerMaster SandWalker PM9102 ML


Reel : Daiwa 16セルテート3012


Line : 山豊テグスSTRONG8 1号


Leader : FAMELL耐摩耗ショックリーダー16lb


Lure : Megabass KAGELOU100F


Angler : Field Tester Kubota

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

泣きの釣行3日目 (フィールドモニター中野)

 

平成最期の新年、皆様の釣り初めは上手くいっているでしょうか!?


ふむふむ…なかなかうまくいきませんよね!私もそうです。


年末から年始と、釣り納め、釣り初めを頑張ってみたのですが…見事に完敗!


なかなか思ってる魚には出会えませんよね。笑


そもそもそれが、アングラーにとって一番の肥やしかなと思う今日この頃です。


そんな1月も中旬、


ナイトゲームでのフラットフィッシュを狙いに行ってきました。

 

 


情報こそ無いものの、この時期からは釣れ始めるフラットフィッシュ。


私なりの鉄板フィールドへと釣行してみました。


中潮最終日、釣友と二人でフィールドへ。


到着すると、すでに二人のアングラーが確認できます。


面白いもんで、最近釣れているのかと錯覚します笑


私達は意気揚々とエントリー。早速キャストを開始。


すると、続々とアングラーがやって来る。


ムムッ!?


こうなると逆で、経験と技術で差を付けたいと思うのもアングラーです。笑

 

 


今回使用したロッドは スワットSW107ML


シーバスはもちろん、フラットフィッシュにも使い易いロッドです。


繊細なティップと柔軟なベリー、


ルアーの操作性もですが、魚を掛けてからの安定感…抜群です。


ナイトゲームでもバイブやワーム、ヘビーシンキングミノーを使用するフラットゲーム


とにかくバラしが多発しやすいのにキャッチできます!

 

 


ブリンブリンの60センチクラスのマゴチ!


そして、

 



大本命のヒラメもゲット!


これは肉厚の50センチくらいでした!


2匹ともバイブレーションによる釣果です。


ゆとりを持ってネットインできました!

 


そうです!


バイブレーションでのゆとり!これが粘りの良さなんです。


そして、バットの安心感…是非とも手に持って振って見て下さい。


竿の良さがわかります!竿の良さが。


それでは本年も宜しくお願い申し上げます!!


--------------------------------------------------------------------------------


Tackle Data


Rod : SWAT SW107ML


Reel : STELLA 3000NG


Line : Castaway 1.5


Leader  : Fluoro 25lb


Lure : RangeVibe , Flatjunkie , Minnow , SoftBait


Wear : TENRYU Cap , Subrock V1Best


Angler : FeildMonitor Nakano

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー