Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

解禁 〜序章〜



私の住む長野県南部、



下伊那地域は2月16日より



河川での遊漁が解禁となった。















昨年の10月1日より禁漁期となり、


およそ4ヵ月ほどが



彼女達(鱒)との別れの期間になる。



私達は会えない時間を、



悶々とした時間を過ごす。



短い様で長くも感じる。



そんな期間を過ごす訳だから、



解禁前は皆が眼がギラギラしてるわけだ。



















仲間内でも



「どこのポイントに入るよ?」



などと会話することが多い。



生憎、16日は出勤日であり



川には出掛けられない。



勤務中も次の日ことばかり考えていた。






















天気予報では、好天。



気温は、この冬でもトビキリ寒く、



マイナス10℃の予報だった。



そして、翌日。


























川原は、前々日に降り積もった雪で覆われていた。



夜明け前の気温、マイナス12℃。



寒いを通り越して、痛みを感じる。



でも、釣り欲が寒さを上回ってるので、



心はホットだ。


















先週のドラフト会議から選別された、



一軍ルアーからお気に入りを選んでラインに結ぶ。



立ち位置を決め、



トレースラインを考えてキャストを試みる。



この1投目がワクワクする。



脳内トレーニングでは、



この1キャスト目で大物が来ているはず…



なのだが…。





















30分くらい過ぎたのだろうか、



上流でキャストしていた Tuboi氏 からヒットのコール。





















レイズRZ65MLが、ブチ曲がっている。



なんか…様子が変だとTuboi氏が言う。



トラウト特有のローリングが無いとのこと。



案の定だが…。上がってきたのは、コイ。



















この男、毎年解禁すると面白いことをする。



昨年は尺イワナを、



開始3投で仕留めていたが、



今年は30分後にコイ。



来年は何を釣るか今から楽しみだ。
























その後は、各ポイントを回ってみたが、



彼女達は留守だったようだった。



こんな事は慣れたもんだ。



いつも振られてばかりなんで、



だいぶハートが強くなった。



何はともあれ、シーズン開幕である。



今年は、どんな出逢いがあるのだろうか。



振られないよう、頑張ってみます。


















Tackle Data



Staff  Funaki



Rod  :  RZ75ML



Reel  :  #2500class



Line  :  Nylon  (MI-207N 6lb )







****************



Staff  Tuboi



Rod  :  RZ65ML



Reel  :  #2500class



Line  :  PE  #0.6

 


















































 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

天龍のモノ造り



昨年のカタログから、



掲載している文があります。













 Japan Quality



 『大量生産・大量消費の時代は過ぎ、



 本物を求める時代。



 トレンドなモノを発信するだけでなく



 目指しているのは、



 Japanese Standard



 長く愛用して頂きたい・・・



 その思いで造る。



 職人の技が一本一本精魂込めて、届けます。』
















この文を、今年のカタログにも掲載しました。



























先日、取引先の方と話をしていての話。



 「 天龍さんって、



   マニアックなブランドかもしれないけど、



   スタッフが釣りしているから、



   釣り人目線の製品になるんだよね。



   だから、商品が薄っぺらくない。



   作り込んであるから、



   安心して紹介できる。」










・・・というお言葉を頂きました。



作っている側からすると嬉しい限りです。



すごい感動したので、今回書いているのです。




















営業スタッフ全員が釣りを楽しみ、



そしてスタッフが企画して、



スタッフが現場でテストしている訳です。



もちろん、それを支えて頂いている、



沢山のサポーターの方たちもいらっしゃいます。



本当に、いつもアリガトウございます。



















たまに極端にマニアックなモノを



発信することもありますが、



それは次の扉を開ける為に



必要と思い試しているわけです。



















スタンダードであり、



長く愛されるモノ。



もちろん、マニアックなモノも。



今に慢心せず、面白いモノを造っていきます。



これからも長くのご愛顧よろしくお願いします。





















釣竿屋の小言でした


  • にほんブログ村 釣りブログへ

感性の伝達



富山のジャンキーこと、



蔵野氏より入電。



















着々とルナキアが仕上がってきました。



この秋にデビューする、







ルナキア・ソニック LKS610ML


















かなりの自信作となりそうです。



蔵野氏からの一言、











 「 ロッドから伝わるものから




  人間の感性が研ぎ澄まされる。 」









とのことです。




















一概に感度だけを求めたロッドではなく、



使っていて気持ちよい。



魚釣りを楽しめるロッドを目指しています。



感性に訴えかける部分を、



ここ何年も探しています。



1つの答えが、このロッドが詰まっています。



ぜひ、ご期待下さい。





























  • にほんブログ村 釣りブログへ

古くて新しい SeabassRod




散々テストばかりした、「あのロッド」に



最終決断をする頃になりました。










SW91L Tradist













コンセプトは、





 『 伝統的なアクションを現代風に引き継ぐ。 』





簡単そうで、かなり悩みました。



















パラボリックに曲がりがならも、



シャープ感をまとわせたブランクを希望。



もちろん、シリーズ特有のネバリも



持たせたかったわけです。



軽量化なら簡単に出来ます。



しかし、ブランクを軽量化すれば耐久力が落ちます。



ネバリを持たせたいならば、



復元力と耐久力を上げれば良いのですが、



重量が増すことは極力少なくしたい訳です。



















マトリックスに置き換えれば、



重量と強度のXYの軸上で



バランスの良いところを見つけ出す事になります。



まぁ、これは作っては試すの繰り返しで、



時間を掛けて見つけていく作業なのです。




















以前にネバリについて書いた事がありました。



気になった方は、釣竿屋の小言をお読み下さい。


↓  ↓  ↓  ↓  ↓


『ネバリって何だろう』


















気になるベンドカーブの写真を載せておきます。






錘負荷 500g














錘負荷 1000g






















想定しているフィールドは、



大河川の河口域のシャローエリア。



干潟のシャローエリア。



汽水湖のシャローエリアなどです。


















出来るだけ色々なエリアで試してみたいので、



各地でテストを頼んでいました。



富山のM君からの報告です。











昨年に掛けた魚ですね。










良い魚ですね〜。
























大河川の河口域から中流域まで、



川をメインにテストしてくれていました。
















さて、



あと1本サンプルを確認して、



最後のGoサインを出すか決めようと思います。




まだかよっ!って言っていただいて構いません。




最後まで、コダワらせて下さい。




Staff : Funaki



















  • にほんブログ村 釣りブログへ

Tradist  伝統を継ぐモノ





20年以上昔になるだろうか、



当時のシーバスロッドはトラウトロッドの



延長であるようなロッドであったと記憶している。




















今でこそ低レジン・高弾性カーボンロッドは当たり前だが、



当時はボロンなど異素材を使ってロッドに張りを出していた。



その頃のロッドを改めてみると、



こんなに柔らかかったか…と思えるほどだ。





















少年の頃、BASSばかり狙っていたが、



私の地元は、海や大河川、汽水湖が近いこともあり、



シーバスをルアーで狙うこともあった。






















専用タックルは借り物で楽しんでいたのだが、



専用ロッドは欲しくなる訳で…。



とある日、釣具店にロッドを見に行くことになる。



店員さんに聞くと、 『 9ftが基準だよ 』 と教えて頂いた。


















当時は選択するほど専用ロッドは少なく、



一様に しなやか でソフトなアクションのモノが一般的。



ラインはナイロンが主流で、ダブルラインを組み、



メインラインの倍の太さのリーダーを結ぶのが定石と教えられた。






















お小遣いを大奮発してタックルを揃えて、



近くの川に行くのだが、そんな簡単には釣れない…。



釣れないまま1年が過ぎ、



今日こそはと、海に一番近い



河口に架かる橋下に釣りに出かけた。





















冬の河口、潮は大潮後の中潮。



釣れないのが悔しくて、タイドグラフの読み方を教わり、



ポイントの攻めかたも教えて貰っていた。



あとは釣るだけ。






















中学生が夜中に自転車で釣りに出掛けていたなんて、



今では考えられないかもしれない。



補導されてもおかしくないですよね…



まぁ、これは時効ということで…




















いつも投げていた ラパラCD9 の レッドヘッド を結び、



橋の下に出来る明暗にキャストを繰り返した。



何時間過ぎたのか、潮位も下がりソコリ寸前。



寒いので帰ろうかと思っていたころ、不意にロッドに違和感が。



リールを巻くと、少し抵抗がある。



取り込んでみると、セイゴが掛かっていた。



これが私の初シーバス。



嬉しくて写真も撮り忘れていた。






















私のなかで、シーバスタックルの定番が当時の記憶になっている。



進学のため上京し、東京湾でシーバスを釣りに行くときも、



同じタックルを愛用していた。


















その後、天龍に就職し、



現代風のタックルに触れ、



色々とスタイルの違いによる



シーバスフィッシングを知ることになる。





















あれから20数年後、



ロッドのデザインをする仕事を生業にしているのだが、



倉庫であるロッドを見つけた。








それが LSP










 LSP の項を前回に書きました、



↓ 気になった方は読んでみてください。





  『 LSPという名のロッド 』






















LSPを持った瞬間、懐かしいと思えた。



シーバスフィッシングを覚えた頃のロッドに酷似していた。



改めて見直すと、とてもソフトなアクションだ。



バットまでスムースに曲がりこんでいく。




この柔らかさがバレ防止に繋がり、



反動が少ない分、一晩中振っても疲れにくい。
























中弾性カーボンをメイン素材に使用してあり、



パラボリックな弧を描くアクション。



曲げこむほどにネバリを感じるロッドとなっている。



天龍で伝統的なアクションとされ、



シーバスロッドでは古典的になるかもしれないが、



実践的であるアクションと言える。



このアクションを現代的にアレンジしたら、



面白いロッドが出来ないか?…と思えて企画したのが










SW91L  Tradist  だ。










20年以上シーバスフィッシングを楽しむ方なら懐かしく思え、



近年のロッドだけをお持ちの方なら



新鮮モノに感じるかもしれない。
























大河川の河口域でのシャローゲーム。



干潟でのウェーディングゲーム。



汽水湖でのウェーディングゲーム。



こんなシチュエーションを想定してセッティングしている。



ロッドの詳細については、



別の項で説明したいと思います。





















私がこのロッドを使うときは、



たぶんタックルボックスの中は、



レッドヘッドのミノーばかり入れていくでしょうね。



これも一つの楽しみ方。



ぜひ、伝統の一端を触ってみてください。
 

 

面白いロッドですよ。


 

Staff : Funaki











 

 


 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー