Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

男たちの鱒釣り大会 結果発表




皆が続々と帰ってきた。



疲れているが、清々しい顔をしている。



持てる術を出しきった感じだ。



ドコの川に入ったとか、



何のルアーが良かったとか、話題が尽きない。



不思議と皆が違うエリアを攻めていた。



このエリア選択で明暗が別れた。



























早速、発表に移る。






















第5位   M・O氏   1匹   21センチ  アマゴ











大穴狙いで行ったが、大穴過ぎたか…



タイミングを外してしまった様だ。



尺サイズのみ焦点を当てて挑んだと言っていた。















































第4位   TUBOI氏   1匹   22.5センチ  アマゴ












強気に攻めたが噛み合わなかった様子。



渓流で16グラムのメタルジグまで活用したとか…。



何ヵ所かの川を回ったが、サイズに恵まれなかった様だ。





































第3位   FUNAKI   2匹   合計59センチ







38センチ イワナ








21センチ アマゴ





あと1匹に泣いた…。



尺サイズを持ち込んでも勝てない…悔しい〜!



















































第2位   T・H氏   3匹   合計64センチ









アマゴ 21センチ











アマゴ 21センチ











アマゴ 22センチ








本人の経験値こそ少ないが、



知っている場所で手堅く揃えてきた。



1匹は銀毛した極太アマゴが凄かった。



惜しいの一言!



















































第1位   T・S氏   3匹   合計  72センチ









アマゴ 24.5センチ










イワナ 24センチ











アマゴ 23.5センチ











片道1時間近くかけて最遠の川までチャレンジしての結果。



皆が1匹に喘いでいる中で、一時は爆釣状態だったとか。



ルアーもM・O氏のハンドメミノーだった。



数を釣ってサイズを伸ばしたと語る。



リスキーな選択から勝利を導いた様だ。






























全員の釣りで一致した事があり、



『レンジが深い』ということ。



水温が低いので魚の活性が低く、



食い気がある魚のレンジに合わせて、



ルアーをコントロールするとバイトが得られた。



カウトダウンしてレンジを合わせるか、



ルアーの潜る深度を選んでいた訳だ。






















さて、状況として決して楽に釣れる訳ではないが、



そんな中でも最善のエリアを見つけるゲーム展開となった。



最近、渓流域での釣りがマンネリ化しており、



あまり頭を使わなくても満足していたが、



今回は馬車馬の様に釣りに集中していた。



場所、時間、ライバルの動向、タックル、



全てを考えて釣りをしていた。



久しぶりに釣りに燃えた1日だったと思える。



















次回は、梅雨明け頃に企画が進んでいる様だ。



次こそはと、それぞれの仲間が考えていることだろう。



それまでは、頑張って練習しておこうと心に決めた日だった。

 

 

 


 





Tackle Data


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



Angler : M・O


Rod : Rayz RZ65ML


Reel : #2500class


Line : PE 0.8




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




Angler : TUBOI


Rod : Rayz RZ56L


Reel : #2000class


Line : Nylon 4lb




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




Angler : FUNAKI


Rod : Rayz RZ53UL


Reel : #2000class


Line : Nylon 4lb


Lure : ぷらぐ屋工房 Type




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





Angler : T・H


Rod : Rayz RZ56L


Reel : #2000class


Line : Nylon 4lb




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




Angler : T・S


Rod : Rayz RZ56L


Reel : #2000class


Line : MI207N 4lb




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




Others : TENRYU Fishing Ribbon





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
























  • にほんブログ村 釣りブログへ

男たちの鱒釣り大会




4月中旬、



朝も明けきらないコンビニの駐車場に5人の男たちが集まった。














皆、弊社TENRYUに勤める鱒釣りに自信がある者ばかりだ。





(井の中の蛙とも言われますが…) 。





その中でも一番を決めようと考えたわけである。



一位になっても栄誉だけ。



本来なら馬鹿馬鹿しいと思うのだが、



馬鹿なことを本気でするほど楽しい。





















大会のルールは、個人戦で3匹の全長の合計で競う。



ルアーのみ使用が許され、毛鉤や餌釣りは禁止。



ターゲットはアマゴとイワナのみ。



エリアは、長野県の南部(下伊那漁協 圏内)と絞られる。



しかも、本流やダムでの釣りは禁止。



支流と呼べる渓流域のみだ。



それでも、下伊那漁協圏内には無数の河川がある。





下伊那漁協の河川(PDF)





5時に出発して15時に帰着。



10時間のうちに行ける場所も限られてくる。



時間、場所、先行者などを考えながら、



その日に釣れると思われるポイントを絞りだすのだ。






















当日の天候は快晴。最低気温マイナス3℃、最高気温が17℃。



前週に爆弾低気圧が駆け抜けた翌週だ。



前々週に川に入ったときは、春爛漫な陽気で楽しめたが…



今回はそうも行きそうもない。



しかも、このメンツだ。



それぞれ得意なエリアを持っていて、



誰もが優勝するだけの実力者ばかり。





(何度も書きますが…井の中の蛙達です)





 前々週に良い釣りを経験しているので



敗けられない気持ちがある。



お互いの手の内を知っているので尚更だ。



















クジ引きで出発の順番を決める。










(私は1番)。





車の出ていく方向で入る川を予測できる。



出発から駆け引きが始まっているのだ。



『たぶん、アイツ…●●川だな』とか、



『やっぱり、そっちに行ったか〜』など



心の内で思っているのだろう。

























さぁ、ドコに行こうか!



今までの経験だと、この時期は少しでも水温が高く、



水量も安定している所が良いと思っている。



行くとこは決まっていた。いつも通っている川。



ポイントによっては発電の為に



上流で取水した水を落としているので水温が低い場所がある。



狙いは放水溝より上流で、水温と水量が安定しているエリアだ。
























サクっと準備して探ってみる。



今回は レイズ 53Twichin' を使った。



ダウンストリームでミノーをユックリ見せて、



活性の低い魚を拾っていく作戦。



ルアーは5センチ5グラムのヘビーウェイト系のミノーだが、



ノリを優先して選んでみた。



水温を計ると4℃…。













ガイドも凍っている。













日が昇らないと、ちょっとキツイ。













暦は春なんですが・・・



霜で草花に元気がない。





























目ぼしい場所を効率よく探っていくと、アマゴが出てきてくれた。















何とか一安心。



あと二匹がリミット。



日も出てきて温存していたエリアを探ってみると、



デカイのが追いかけてきた。



目の前で食い損ねたので、執拗に誘ってみるとバイト!



なかなか引きが強い…。













ネットイン出来たとき、一人で吠えていた。



今日は勝ったかも…。



(この余裕が後を狂わせる)




















気の緩みから、アプローチが雑になっていく。



何度かバラシがあった。



その後、15センチ程度のモノは釣れるが、




























20センチの壁を越えられない…。



また、バイトがあっても早アワセでフッキング出来ない。



時間も迫ってくる。



焦りがミスを誘い、なかなか思うように行かない。



そんなこんなで、タイムアップ。



余裕をみて一番に帰着し、皆の帰りを待つ。



正直、勝つ自信はこの時点であった…。



けど、世の中甘くないわけで。









次回、結果発表です。

 

 

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

釣りの教科書




釣りの教科書を持っていますか?



今の世の中、



webで探せば魚釣りの方法は幾らでも見つかるでしょう。
















私が釣りを覚えた頃は、



親父に教えてもらった事がきっかけだったと思う。



当時、読みふけった本があった。












『つりのひみつ』



私の釣りの教科書だ。



ボロボロで、何度も繰り返し読んでいたと覚えている。



昭和後期ごろの本だったと思うが、



初歩として読むには内容が濃いモノだった。



しかも、漫画だったため受け入れやすかった。



もう絶版だが、



こういった子供向けの釣り情報誌が少ない様に思える。




















先日、渓流で中学生に出会ったことを書いたが、



最近10代の釣りをしている子に会うことが少ない。



お父さんが釣りが好きで連れて行くことがあるかもしれないが、



自分たちだけで出掛けている子は



全国でどれだけいるのだろう?



危ないから子供だけでは釣りはダメという自治体もあると聞いた。



公園でも携帯ゲーム機に夢中の子を多く見かける。



私もファミコンに夢中だったので否定はできないが…、



自然の中で遊んでいたことも多かった。



でも、ディスプレイ越しに手にはいる情報より、



実際に魚を手にしたときの感動は体験しないと分からない。



そして、それ以上に釣りたくなって専門誌を読み漁るだろう…




















果たして近い未来、



今の子達が親の世代になったとき、



釣りを教えられる人はどれだけいるのだろうか。



そんな事を、この本を押入れの奥から見つけたとき、



感じたことをを書いてみた次第です。













釣竿屋の小言でした










 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

雨のプラクティス




初めまして!天龍のテスター、



WBS所属の木村信一(キム兄)です。



今後とも宜しくお願いします。



今回は関東の北浦でのプラクティスの一部釣果報告です。




















4月2日、北浦は朝から微弱の雨、



本湖の水温10〜12℃。



北風・・・ん〜・・・寒い・・・



先週は14℃あったのに・・・



ってなわけで、レインスーツに着替え、いざ、出航!



まず、最初のポイントは鹿行大橋近くのドック周り。



水深3.5〜4m。



この場所は 私のマイエリア!



手に取ったのは、今年のNewロッド、



マグナインパクト・ヘルティックMH67B-MHH(ジグ系ロッド)



ラインはMIフロロの14lb



5gテキサス(クロー系ワーム)を装着して、



本日の第1投!



手がかじかんで、



いきなりバックラッシュ!(うぁぁぁぁぁぁ)



周りをキョロキョロしながら、コソコソとライン直し・・・(泣)



っと、瞬間!



小さなバイトが!すかさず、即フッキング!



数秒後、ボートデッキの上に抜き上げてしまった。



バスは、キロフィッシュオーバーのプリプリのママでした。



しかし・・・自分自身今までいろんなロッドを使ってきたけど、



これほどのバットパワーとは・・・



キロアップのバスが秒殺!



これぞ、世界に誇る、カーボンナノチューブ(C・N・T)!



底知れぬ力は、無限大!



まさに、禁断の恋・・・



マグナインパクトヘルティックに恋してしまった・・・



(不倫は妻に怒られる・・・)























今日は「調子がいいぞ」と思いながら、数十投。



バイトがない・・・



「駄目だ、雨が強くなってきた、寒くて手が動かない・・・」



すかさず、橋の下へ小移動。



手にはMH66B−MHH のまま、数投。



バックラッシュ=ロングポーズ=ヒットと頭の中をよぎる。



キャスト後、長いポーズ後にバイトが・・・!即フッキング!



秒殺であげてみると、なんと、またまたプリプリのバス!



「今日は凄い!30分の間で、2本のキロフィッシュ!」



やっぱり、マグナインパクトヘルティックのバットパワーは凄い!



このエリアのチェックは終了。



いろいろなエリアをチェックしAM8:00。



場所を大きく移動。



8:30分、潮来マリーナ付近へ!



さっきとは正反対の石積みのシャロー。



選んだタックルは、



マグナインパクトMI67B-M



ラインはMIナイロン12lb



ルアーは、テンリュウクランク(401S、ブルーチャート)



もう一本のタックルは、



マグナインパクトMI68B−MH



ラインはMI207 フロロ14lb



ルアーはスピナベ。(ホワイト系、3/8oz)



この2本をメインに、春の定番、巻きの釣りでチェック!



数十投したがノーバイト・・・気持ちが凹む。



「やっぱり、ディープか・・・春なのに」とまた凹む。



2本をローテーションしながらキャストを繰り返す。



すると、マグナインパクトMI67B−Mに、小さなバイトが!



スイープにフッキング。



ふと見ると口の皮1枚に掛かっている!



おっと・・・これは、慎重にランディング。



これも、プリのキロアップ!


















これは、MI67B−Mだから捕れたと思う。



「低弾性カーボンをメインマテリアルに採用したロッドで、



レギュラーテーパーのアクションは



クランクベイトの引き抵抗を抑えつつ、



バイトを弾かず乗せることが出来る」



と、能書きを並べたけど、本当に凄いロッドです!



MI67B−MとMIクランクの愛称はバッチリ!



風が吹いてきたので、今度は、石積みの奥へ。



マグナインパクトMI68B−MHを手にし、



スピナーベイトを石や、杭に当てないようにリトリーブ。



「この時期は、シャッドやクランクやスピナベを直接、



石とか杭に当てないようにしたほうが釣れている」



すると数投で、石積みと石積みの間でロッドが絞り込まれた。



魚を寄せてきたら、また、口皮1枚。



慎重にランディング。



っと、近くにバスボートが接近!



プラティクスのため、バスを見られたくない!と、



早々にリリース(画像が取れなかった・・・)



サイズは今日1番のプリバスでした。



と、言うわけでこの日は10時にチェック終了。



最後のMI68B−MHは、



MI67B−Mをトルクパワーをアップしたモノで、



低弾性カーボンをメインマテリアルに採用し、



ロッドの性能が口皮1枚のバスも



なんなく釣り上げる事が出来た。



僕にとってかけがえの無い、



巻き系のロッドであることには間違いない!



ぜひ、一度使ってみて下さい。オススメですよ。













最後に一言



「バス釣りは道具で釣らしてもらえ!」














Tackle Data





Rod : MagnaImpact-HERETIC MH67B-MHH



Line : MI207F 14lb



Lure : TexasRig 5g Sinker(Craw Worm)






Rod : MagnaImpact MI67B-M



Line : MI207N 12lb



Lure : MI:Crank MI401S (Blue Chart)






Rod : MagnaImpact MI68B-MH



Line : MI207F 14lb



Lure : SpinnerBait(White Color 3/8oz)




Angler : キム兄

 

 

 

 


 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

無事に終わりました。




先日、北陸フィッシングショーが開催されました。



日本中が嵐に見舞われている中、



金沢市内も風雨ともに強かったわけですが・・・。



そんな足元が悪い中、



沢山の方に会場まで足を運んでいただき、



有難うございました。




































こんな大荒れの天気の中でも、



見に来て頂けるということは、



釣りへの熱意が高いと感じております。



弊社ブースも、途切れなくご来客があり、



沢山の方に製品を触っていただけたと思います。



また、全てのアイテムを展示できなかったため、



期待して頂いていた方全てにご対応できなく、



申し訳ありませんでした。




まだ未発売の機種も展示した訳ですが、



今秋 発売予定のモノなど、



是非!ご期待下さい。



















最後に、



開催にあたり運営スタッフの方々、



お手伝い頂いた関係者様、



お疲れ様でした。



これから釣りシーズン最盛期です、



皆様の好釣をお祈りしております。



有難うございました〜。
















  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー