Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

大会お疲れさまでした。




S-1グランプリ&シーバスフェスティバルに



ご来場頂きありがとうございました。



大雨の中、参加者の皆様お疲れ様でした。



天気とは裏腹に、



非常に高レベルの釣果だったので驚きました。



また、弊社ブースにもお立ち寄りくださり、



ありがとうございました。



















  • にほんブログ村 釣りブログへ

今年も出展いたします。















10月21日(日)



螢錙璽襯疋好檗璽帖.ャスティング様主催



S-1グランプリ & シーバスフェスティバル 』 が開催されます。



釣り大会は定員になってしまっている様ですが、



会場には沢山のメーカーがブース出展されます。



弊社も出展していますので、ぜひお立ち寄りください。



新製品のアイテムなどを展示する予定です。



ご来場お待ちしております〜♪













詳しくは、コチラをご覧ください



    ↓  ↓  ↓



S-1 グランプリ & シーバスフェスティバル




















  • にほんブログ村 釣りブログへ

飛距離への挑戦2




先日、グレイス GC109MH



飛距離UPについてご紹介しました。



まだ読まれていない方は、コチラをどうぞ。






クリック⇒ 飛距離への挑戦






















今回は、その実践です。



前作であるGC106MHと、



GC109MHを比較してみました。



リール・ライン・エギは同じモノを用意し、



条件下を同じ状態にしています。



5回づつのキャストを計測し、



その平均値を数値化しました。

























ロッド : 旧グレイス GC106MH


リール : 98'STELLA 3000


ライン : 4本撚PE 0.8号


チカラ糸 : 4本撚PE 2号 (2m)


リーダー : フロロ  3号 (1.5m)


エギ : 3.5号 (21g)






1回目 52m


2回目 53m


3回目 53m


4回目 54m


5回目 54m (最大値)


平均 53.2m







まずまずの飛距離でしょう。当時としては充分でした。



新型との比較を見てみましょう。

























ロッド : 新グレイス GC109MH


リール : 98'STELLA 3000


ライン : 4本撚PE 0.8号


チカラ糸 : 4本撚PE 2号 (2m)


リーダー : フロロ  3号 (1.5m)


エギ : 3.5号 (21g)






1回目 52m


2回目 58m


3回目 55m


4回目 56m


5回目 63m (最大値)


平均 56.8m






飛距離が伸びました。



GC106MHGC109MH の最大飛距離での差が



9mとなりました。



長さ、ガイド設定、反発力など、



全ての要素があっての結果でしょう。



この飛距離は釣果UPにおいて、



大きなアドバンテージになるでしょうね。

















今回は周囲への安全性をとって、



メインラインとリーダーを太く設定しました。



PE0.6号にフロロ2.5号リーダーに落とせば、



更なる飛距離UPが望めます。



この実験内容全てが正解ではありません。



セッティングや、キャスティング方法によって、



もっと飛距離が伸びるかもしれません。



ぜひ、皆さんもトライしてみて下さい。





































  • にほんブログ村 釣りブログへ

秋になったらエギングへ。




9月末を持って本州の渓流は、



ほとんどが禁漁期になってしまう。



そうなると、私のスイッチはイカへシフトされる。



そろそろ、日本海でのエギングが本格化する時期だ。



















夏から情報を取り続けていたが、



今年の子イカの生育が遅れているように思える。



暑すぎたからなのか、



それとも雨の影響なのか。



釣果にムラが有るように思える。



しかし、沖には大きな個体が居る。



先日、遊漁船に乗せてもらい、



鉛スッテで赤イカを狙いに金沢沖へ出た際は、



胴長で20僖ラスのアオリイカが釣れた。



そんな事もあり、少し期待を持ちながら、



一路 新潟方面へ車を走らせた。


















入ったポイントは、ゴロタ石が多く、



潮通しの良い岩礁帯エリア。



沖に広がる根を撃っていく作戦だ。



用意したタックルは2種。



遠投を狙って Brigade Grace C・N・T と、



感度重視の Brigade TR Shore だ。



とりあえずGrace GC85M に、



3号のエギを着けてロングキャストで狙ってみる。



























1時間ほど探ってみて2杯ほど釣れたが、



・・・小さい。



1杯釣ると次が続かない。



1ポイント1杯のペース、



ラン&ガンでポイントを廻っていった。






























ほんと、Grace はエギが良く飛ぶ。



3.0号のエギを投げていたが。



同じサイズを投げる隣のアングラーより、



5mほど先に着水している様に見えた。






























Shore Tip-Runで釣った1杯!
















新潟〜富山〜石川へと、



次々と移動して良さそうなポイントを探る。



水質の悪いところは全くダメ。



潮が効いているエリアは、ポツポツと釣れた。



夕方まで頑張ったが、



3人で20杯も釣れなかった。



まぁ、こんな日もあるでしょう。



手応えとして2週間ほど遅れているような気がする。



沿岸に付いているイカのサイズが小さい。



エリアの違いなのか、腕前が無いからか・・・。



何か不完全燃焼感の残る結果となってしまった。



さて、次はどこに行こうかな。


















Tackle Data


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Rod : Brigade Grace C・N・T  GC85M


Reel : #2500class


Line : PE 0.6


Egi : 2.5〜3.0〜3.5


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Rod : Brigade TR Shore  BTS83M


Reel : #2500class


Line : PE 0.6


Egi : 2.5〜3.0〜3.5


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Angler : Funaki























  • にほんブログ村 釣りブログへ

遂に公開、ジグザム新シリーズ。










ジグザム・ドラッグフォース










今シリーズは、ジグザムシリーズの最高位に位置し、



マニアックで個性豊かなアイテム群となります。


























簡単にシリーズを説明すると、



ジグザムV兇蓮



近海ジギングのスタンダードを目指して作っています。



天龍としての基本であり原点になります。


















続いて、ジグザム・ディープライダー とは、



一歩進み発展したジギングシーンに合わせてあります。



ブランクのアクションを生かし、



使用用途の使い分けを好む中上級アングラー向けです。




















そして、ジグザム・ドラッグフォース



基本発展 と続き、次は 個性 を求めました。



海域によって使い方は様々となり、



それぞれスペシャルなモノが欲しくなります。



釣り場に通いこむ程に道具は洗練されて行き、



よりシビアな使い方を要求する様になります。



















今現在のタックルでは、



何か物足りなくなって来るのは必然であり、



どんなタックルが必要かが見えて来るでしょう。



そんな気難しい要求を満たせるべく、



動き出したプロジェクトがドラッグフォースとなったのです。



















ただ好みのアクションに仕上げた所で、



天龍ユーザーを納得出来るとは思っていません。



(釣竿屋としての意地みたいなモノですかね。)


















そこで、CNTを纏い、



オフショアロッドとして絶対に欠けてはいけない、



『ネバリ』強度を飛躍的に高めました



初めてこの素材を見たとき、



電気が走った様な感覚がありました。



これを使えばロッドが更に



進化出来るのでは…と思えたのです。



ブランク素材、パーツとのバランス配分など、



全てに意味がある造りとなっています。



完璧という言葉は存在しませんが、



極めていくことは可能なのです。


















































まず始めに3機種を発表します。



『ファーストテーパー』『高感度』『ネバリ』に、



重点を置いて開発してあります。



開発の経緯は次回としましょう。ご期待下さい。































 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー