Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

雨のち川へ

 

 

纏まった雨が降った。

 

 

前日に河川の様子を見に行くと適度な濁りが入っている。

 

 

水位も少し高い。

 

 

翌日には濁りも落ち着くだろうとタイミングを図る。

 

 

 

 

 

 

 

 

この日を待っていた。

 

 

水温は摂氏16度ほど。

 

 

 

 

増水と共に渓流域へ遡上する大型のアマゴを狙うのが面白い時期となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

タックルは決まっている。

 

 

選んだロッドは Rayz Spectra RZS53LML

 

 

増水し勢いを増した流れの中で、ミノーを操るために作ったロッド。

 

 

まさに、この日のような状況で活きるアイテムだ。

 

 

 

 

 

 

鮎のシーズンとも重なり、河川敷には鮎師が散見できる。

 

 

この鮎を追い回す鱒を狙う。

 

 

型を狙うにはベイトサイズを上げ、

 

 

本流で使用する6〜7cmクラスのミノーをラインに結んだ。

 

 

クロスでキャストし、流れに同調させながらルアーを沈める。

 

 

ダウンストリームで、じっくりとルアーを見せていく。

 

 

この早い流れの中でジャークを行おうと思うと、

 

 

やはり適度な張りがあるロッドが使いやすい。

 

 

 

 

 

 

 

 

しつこくジャークを繰り返していると、8寸ほどのイワナが遊んでくれた。

 

 

ターゲットが違っても、やはり釣れると嬉しい♪

 

 

 

 

 

 

 

 

後輩2人も合流し、何か所かポイントを回ったが

 

 

全く反応は得られないまま納竿となった。

 

 

そう簡単には出会えないサイズではあるが、

 

 

チャンスはまだ残っている。

 

 

雨後が楽しみな時期である。

 

 

 

 

 

 

Tackle Data

 

Rod : Rayz Spectra RZS53LML (Jerkin' Custom)

 

Reel : #2000class

 

Line : Nylon 5lb

 

Lure : ぷらぐ屋工房 kagura 7cm

 

          Woodream Arbor 7cm

 

Wear : Tenryu Cap ( Dark Gray)

 

           AnglersDesign CHEST HIGH SOX WADER


                                  ADVACE WADING SHOES


Angler : Staff Funaki

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

フラット レポート

 

 

フィールドテスターの久保田です。

 


最近は湘南・西湘を中心にフラットフィッシュゲームに力を入れています。

 

 

 

 

 

 

 


5月初旬までは広範囲に薄く広がっていた感のあるフラットフィッシュ。

 


1つのサーフで数人が釣果を上げるといった展開でしたが、

 


5月中旬に入ると渋い、釣れないという声が良く聞こえるようになりました。

 


これはヒラスズキやマルスズキにも言えることですが、

 


5月後半から6月初旬になると一気に暖まった海水温の影響で

 


湘南・西湘の沖合に大規模な赤潮が発生します。

 


この大規模な赤潮発生の準備段階なのか

 


例年5月中旬、後半辺りになると沿岸部の魚の動きが変わってきます。

 


このタイミングで今まで釣れていたパターンも通用しなくなります。

 


フラットフィッシュゲームでは

 


極端にヒットパターンが狭まったり、接岸場所が変わったり。

 

 

 

 

 

 


さて、今シーズンのフラットゲームではSWAT SW107MLを多用しています。

 


昨シーズンまでSWAT SW97MLをメインで使っていましたが、

 


なぜ最近は?という質問をよく受けます。

 


前述のパターンが変わって渋くなる季節。

 


この時期に入る前は通常では様々なヒットパターンで食ってくることが多いのですが、

 


今年はどうもリトリーブメインの横の展開のみのパターンで食ってくることが少なく、

 


リフトやボトムコンタクトなどの縦の動きを入れないと

 


バイトに至らないという傾向を感じていました。

 

 

 

 


縦方向の動きを加えるにはロッドワークも必要になります。

 


私の場合はロッドを立てて構える事が多く、その立て具合で

 


リフトアップの高さやフォールの速度などのレンジをコントロールします。

 


リトリーブ主体のゲーム展開ではSW97MLは抜群のパフォーマンスを発揮します。

 


シーバスに比べ吸い込みの少ないバイトをしてくるフラットフィッシュ。

 


SW97MLのしなやかなティップの追従性はバイトを弾くことなくフッキングへと導きます。

 


ファイト時の急激な魚の突っ込みに対しても、

 


アングラーサイドでは何もしなくてもロッドが対処してくれてバレることも少ないです。

 

 

 

 

 


しかし、そのしなやかさ故にロッドを真上に立てた状態で

 


訪れたバイトに対してはしっかりとしたアワセを入れ辛くなります。

 


そこで縦の展開でのバイトが多い最近は97MLより

 


張りがありレングスの長い107MLを多用しています。

 


長さの割に持ち重りしないバランスの取れた軽量感のおかげで、

 


ロッドワークを必要とする釣りでも疲れる事無く眼前の海況に集中できます。

 

 

 

 

 

 

 


その時期の状況、ヒットパターンに合わせてロッドチョイス。

 


今までの私はあまりそのような事はしてこなかったのですが、

 


最近の好釣果はそんなロッドチョイスも影響しているのかもしれません。

 

 

 

 

 


TackleData


Rod : TENRYU  SW107ML  (Variable Master)


Reel : DAIWA 13'セルテート3012


Line : 山豊テグス STORONG8


Lure : ZipBaits MONSOONBRAKER ヒラメエディション


          BuddyWorks 45HEAD+FlagShad


          SHIMANO SPINBEAM TG


Angler : Y.Kubota

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

3代目 Jerkin' Rayz RZ56L (改筆)



Rayz RZ56L ( Jerkin')


RZ56L


「Jerkin’」と書いて、Pro Set Trout (プロセット トラウト) を


連想された方は相当な天龍マニアと言ってよいだろう。


Cierry でも発表したモデルでもあり、Rayzで3代目。






ミノーのジャーキングに対応するために作られたのが


Pro Set Trout  Skippin' Jerk(通称 初代ジャーキン)



PST562J






時代は進み、ヘビー化するミノープラグに対応するため、


ワンランク上のパワーと張りを持たせたのが


Cierry CR53L  Jerkin'  (2代目ジャーキン) であった。



CR53L






さて、今作において求めたモノは、「しなり」。


ピンポイントへのアプローチを意識したことが、


ティップに『しなり』を持たせた要因の一つである。


フィールドに立つと、どこでも開けたポイントがあるわけでなく、


場合によっては手首だけを使ったキャストを強いられることも多々ある。


その際、ロッドへ十分な加重を感じられないと


ピンポイントへのキャスティングが決まりにくい。


そこで、ややソフトなティップにすることにより、


ルアーの荷重を感じ易くしキャスタビリティを上げている。






ベリーからバットにかけては、


ヘビーウェイトのルアー(5g前後)を軽快に操作できる強さを持たせた。


この強さは、張りよりも「コシ」と表現したほうがよいかもしれない。


シリーズの特徴とも言えるレギュラーに曲がることを意識して


ガチガチに固めるのでは無く、


適度に曲がるアクションを求め細くて粘り強いバットに仕上げた。






前作のシエリー CR53L Jerkin' に慣れてしまっている方などには、


少々柔らかく感じるかもしれない。


もっとダイレクト感を求めたければ、PEラインを使用すれば解消するだろう。


『しなやかさ』を持たせたジャーキンモデルということだ。



Jerkin
左から Pro Set Trout  ,  Cierry  ,  Rayz






※2012年4月17日に掲載したBlogを改筆しました。






(追記)


各地の渓流に足を延ばす機会も多くなったが、


このモデルは今でも欠かせないロッドとなっている。


汎用性の広さが何よりも魅力的で、


慣れてくると軽量プラグから重ためのスプーンまで


躊躇いなく使えてしまう事が使用頻度が高くなる理由だ。


何よりも細身のわりにバットパワーがあるので、


そこそこの大物が来ても何とか対処出来てしまうのが魅力である。


ここの所、この存在をスペクトラに奪われつつあるのだが…


やはり慣れ親しんだ感触は忘れないものがある。


定番というモノは何年経っても変わらない。


Staff Funaki











JUGEMテーマ:フィッシング













 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

『Tidal Walker』 SWAT SW83LML



SWAT  SW83LML  ( Tidal Walker)









このモデルを語るには、初代 SWAT SW83L という機種の紹介から始めたい。


港湾エリアを中心に小〜中河川から干潟などで活躍した機種で、


小型のプラグをピンポイントキャストから、


少し重めのバイブレーションまでをカバーするマルチなアイテムであった。


当時はナイロンラインとPEラインが両方使われていた時代で、


だんだんとラインはPEラインへ移り変わる頃であったと覚えている。






時代は進み、使われるルアーの幅(種類)が増えるとロッドも細分化されてくる。


◯◯◯向けや、●●●専用といった説明文を目にすることも多い。


しかし、オカッパリで遊ぶことを考えると、


一本のロッドで色々なルアーを扱える方がよい。


そういった面で小型プラグから、少し大きめのルアーまで使えるロッドは重宝する。






当時リニューアルするにあたって、


実際にフィールドに立った際に必要な要素を改めてみた。


●港湾エリアや小中規模の河川ではキャストアキュラシーが求められ、

 ブレを極力少なくしたロッドであること。


●潮の干満に左右されるエリアで、

 状況に応じたルアーに幅広く対応出来るロッドであること。


●セイゴ〜フッコ級でも充分に引きを楽しめ、

 スズキ級にも対応出来る懐深さもあるロッドであること。


この三点に重点をおいて開発していった。






初めて店頭でこの機種を持った方は、


『柔らかい』と感じる方も多いかもしれない。


現在釣具店に並ぶロッドと比較すると、


総じて『柔らかい』『曲がる』といった部類に入るかと思われる。


曲がる≒弱いロッドという事では無い…という事は、


弊社ロッドを知っている方は分かって頂けるだろう。






特定の使用条件は決めずに、状況によって自由に使えることを意識した。


例えば表層を意識する様な状況であればペンシルベイトを操作でき、


岸壁際を通すのであれば1oz程度のメタルジグ等も使える…といった具合だ。


あえて使い易い範囲を言えば、7〜12cmクラス(6〜18g)のミノーと、


20g前後のバイブレーションと言えばイメージして頂けると思う。






良く言えば『何でもロッド』、悪く言えば『的外れ』とも言われ兼ねない。


でも、この自由さが欲しかったわけだ。


サブネームの由来は、ウェーディングゲームにて潮の干満を意識して


釣り歩くアングラーをイメージしてネーミングしている。


港湾エリア、小中河川、干潟のウェーディングなど、


日本各地の海岸線にてテクニカルにシーバスゲームを楽しみたいなら


ぜひこのアイテムを選んで頂ければと思う。






SW83LMLの記事


・湘南シーバス Top Water Seabass Game


・3分の1のチャンス


















JUGEMテーマ:フィッシング














 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

若葉マークはいつ消える? タイラバ編



お久しぶりです。


天龍スタッフのKです。


先日弊社スタッフM氏を講師としたタイラバ研修の為、


広島県廿日市市のイエローテイルさんにお世話になりました。






この日は レッドフリップ を同船者の方に使用して頂きます。


久しぶりの船で緊張しっぱなしの私。


気さくな船長と同船者の皆様のおかげで、


緊張が解け気持ちよくスタートすることが出来ました。






前半、講師スタッフM氏からアドバイスを頂きながら巻取りの


速度・ティップがブレ無いように意識しながら巻き続けていました。


しかし、アタリの無い状況が続きヘッドやスカート・ネクタイを変えたり


リーリングスピードを変えてみましたが想像以上に渋い状況。






昼頃から日差しが強まり、


船中でもポツリポツリと鯛をキャッチする方が増えてきました。


使用して頂いていたのは RF792B-LRF792B-ML


このモデルは小さな鯛のアタリでも拾うアクションで、


喰い渋る日にこそ釣果に差がつくロッドと思えます。






釣り始めて4時間が経とうとした時、


初めて自分のロッドをひったくるような強いアタリがありました。


巻き合わせでフッキングが決まり慎重なファイト、


50cm弱のマダイをゲットすることができました。


使用していた レッドフリップ が適度に曲がり込み鯛の引きを吸収してくれたので、


若葉マークの私でも安心してファイト出来ました。










その後は、細かいアタリはあるもののビックリ合わせをしたりと


ヒットまで持ち込めず帰港の時間となってしまいました。


タイラバはシンプルですが、想像以上に奥が深く楽しい釣りで


今後も勉強していきたいと思います。


最後に、終始細かくアドバイスをくれた船長・M氏ありがとうございました。


また、教えてください。


最後に、帰り際に頂いたM氏のマダイとっても美味しかったです。






TackleData

******************

Angler : Staff M

Rod : Prototype

Reel : OCEA CONQUEST 200PG

Line : PE 1.0 + Leader 20lb

Lure : Tai-Rubber 60-80g

******************

Angler : Staff K

Rod : RedFlip RF661B-L  &  RF661B-ML

Reel : OCEA CALCUTTA 201

Line : PE0.8 + Leader 16lb

Lure : Tai-Rubber 60-80g








Staff K の前回記事

→ 『若葉マークはいつ消える?』











JUGEMテーマ:フィッシング






 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー