Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

飛距離への挑戦

 


BRIGADE Grace C・N・T  GC109MHをお持ちの方へ、



あと一伸び飛距離を出すためのアドバイスを致します。











一般的にラインを細くすれば、



簡単に飛距離は伸びますが、あまり細いモノを使うと



キャスト切れやシャクリ切れが伴います。



ましてフルキャストを行えば、



ラインへの負荷は大きくなるばかりでしょう。



したがって、メインラインはPE0.6以上をお薦めします。



リーダーもメインラインと同じく負荷を考えると、



フロロ2号以上が望ましいです。














さて、ここまでは



普通のエギングタックルとして考えられます。



ですが、Graceユーザーならもう一歩先に進みます。











フルスイングで振りきろうと思うと、



リーダーとメインラインとの接合部に負荷が生じます。



太さの差が大きいほど切れやすくなります。



そこで『チカラ糸』の出番となります。




サーフでの投げ釣りをする方ならご存じでしょう。



太い部分から段々と細くなっていくテーパー状のラインで、



キャスト切れを防ぐ役割を担います。



しかし、エギングのリーダーは太くても3号程度と考えると、



3〜0.6号といったチカラ糸が有りません。



しかし、テーパーになる必要はなく、



2号程度のPEラインをリーダーとメインの間に接続すれば



充分となります。長さは2〜3m有れば良いでしょう。



(PE同士の接続は電車結び。PE同士は抜けやすいのでハーフヒッチの処理は必須です。)






















細いラインを使うため、



フィンガーガードも有れば良いでしょう。



過去に痛い思いをしているので…ご使用することを強くお薦めします。


























タックルは、これで万全と言えるでしょう。



最後にキャストフォームです。



このロッドの場合、



コンパクトに振ろうと思うと逆効果となります。




垂らしは長く取り、



大きく振りかぶってスイングした方が飛距離を伸ばせます。





ルアーロッドの場合、



一般的には右人差し指にラインを掛けるなら、



左手でグリップエンドを引き付けるようにして



ロッドを曲げこんで行くのですが、



それはコンパクトなスイングを求めた場合です。








更なる飛距離を求めるなら、



エンドを持つ手(左手)は固定して、



逆の手(右手)を押し出すようにします。








また、体の捻りも同時に行います。



かなりの鍛練が必要になりますが、



驚くほど飛距離が伸びる様になります。







これは遠投競技の選手の方に教えて頂いたことです。



ロッドこそ違いますが、基本は同じです。



ぜひ実践してみて下さい!







Staff : Funaki















  • にほんブログ村 釣りブログへ

海外からの衝撃




海外からの釣果報告。



















海外のお客様より、連絡を頂きました。



レバノンでの釣果とのことです。



グルーパーの一種の様です。



オーシャニア OC581S-2 で、釣り上げられたとか・・・。



もはや限界を大きく上回ってますね。



頂いたメールの一部を抜粋してご紹介します。
















 I would like to share with you a picture of a fish
we caught in Lebanon last weekend using your Tenryu light jigging rod.


私が先週末にTENRYUのライトジギングロッド(OCEANIA)を使って
レバノンで釣った魚の写真を送ります。



 The fish was caught at 70 meters of depth
and it went to the cave as soon as it took the lure.
After several minutes of fighting
we managed to pull it out of the cave all the way to the top.


深さ70mでかかり、ルアーを食ってすぐに穴に入り込みました。
数分ファイトした後、穴から引き出して一気に釣り上げました。






















追加の画像が届きました。
























  • にほんブログ村 釣りブログへ

雨が降ったら川へ




ホントに今年はどうしたのか、



この南信州地区において、



著しく雨が少なく感じていた。



9月に入り、待ちに待った雨が降った。



それは短時間での集中豪雨ではなく、



2日間シトシトと振る理想の雨だ。



これは川に行くっきゃない。



当日は曇り時々雨の予報。





















ウッドリームのS社長と、



岩魚がメインの川へ行ってみることにした。



天竜川本流は濁っていたが、



支流は若干の笹濁り程度。



水量と水色ともにバッチリだ。


















・・・が、思ったより難しい。



真夏の高水温から、



一気に秋めいた水温となり、



定位する場所が変わったようだ。



アップストリームで狙っていたが、



ルアーを追いきらない様子。



クロスからダウンに入れて、



ユックリ見せる様にすると



何とかバイトを取れる状況だ。
























かなり狭いスポットで、



バイトさせる必要があるので、



キャストの精度も必要になってくる。



入れ食いより、テクニカルに釣る方が、



私は好みなので面白い。




























だいぶ釣り人が多いようで、



川を釣り上がって行くと、



魚影を感じられなくなった。



どうも、上流は攻められていたようだ。



それでも何匹かが遊んでくれた。
























午前中で終わりにして、山を降りた。



S社長を送り届けたあと、雨が強くなる。



眠くなって仮眠をしたら、晴れ間がさして来た。



これはチャンスだ。



アマゴの川に向かった。

















水色は濁りが入っているが、



雰囲気はバッチリ。



お気に入りのフローティングミノーを結び、



さっそく探ってみた。



読みは当たった。



小気味良いローリングを感じる。



尺を少し欠ける綺麗なアマゴだった。





























腹が膨れているのは、



餌を飽食しているのだろう。



撮影を済ませ、流れに戻した。




















もう充分納得出来たので、



納竿することにした。



あと1ヶ月でシーズンが終わる。



さて、次はどこ行こうかな。





















Tackle Data


Rod : Rayz RZ53UL


Reel : #2000 Class


Line : MI207N 4lb


Lure : Arbor 40〜50


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Rod : Proto type


Reel : #2500 Class


Line : PE 0.4


Lure : Arbor 50〜70


          Twincle 70


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Rod : Prot type


Reel : ALDEBARAN Mg7 Left


Line : MI207N 4lb4


Lure : Arbor 40〜50


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Angler : Funaki





























  • にほんブログ村 釣りブログへ

キッカケ作り





先日の日曜日に、



長野県飯田市市内を流れる松川にて、



少年少女釣り教室を行われました。



釣果を競う大会ではなく、教室です。



初めて釣りをする子に、



釣りの楽しさを覚えて貰う機会です。

























当日は、曇り時々雨。



前夜の雨で、川が若干濁りが出ていました。










































































朝一番に放流のお手伝い。



簡単な挨拶と、



道具や仕掛けの使い方などのレクチャーがあり、



早速釣りが始まりました。








































入れ食い程にはなりませんでしたが、



ポツポツと釣り上げては



喜んで頂けたようでした。


























少しでも楽しさが伝わったと思います。



また、次回もお楽しみに。





















  • にほんブログ村 釣りブログへ

釣りを始めるキッカケ




先日、帰省した際のことです。



夏も終わりに近づき、



ハゼ釣りが最盛期を迎えていました。



私が釣りを始めて体験したのは、



このハゼ釣りでした。



親父に連れられ、



涸沼でハゼを釣りに行ったことを思い出します。


















そんな事を思い出していたら、



久しぶりにハゼを釣りたくなったのです。



ハゼの仕掛けと、



ルナキア・ソニックを持って出かけました。



震災後、地盤沈下の傷跡が若干残っているが、



雰囲気は20年以上経っても変わらないままでした。



今では、シーバスの有名フィールドとして、



全国に知られていますが、



当時はルアーを投げる人は極少数だったと思います。


















小一時間で30匹ほど釣れました。



そろそろ帰ろうかなと思っていたら、



どこからか子供の声が・・・。



それは嵐のようでした、


















『わぁ〜!釣りしてる!!』



『魚釣れたぁ???』



『お魚見せて〜!!』



『僕も釣りしたい〜』



『あたしも〜』
















6人ほどのお子様が私の周囲を囲みました。



餌も残っているし、一緒に釣りをしようと言うと、
















『僕が竿持つ!』



『私が先ぃ〜!!』



何とか、なだめて順番にさせた。






















魚は次々と掛かる。



ハゼや、ウグイなど、彼らには何でも良いのです。



1匹釣れると、魚の取り合い。


























『見せて〜!』



『触らせて〜!!』



魚が全力で握られてました・・・。


























餌も尽き、帰ろうかと思った頃、



子供たちが私の釣ったハゼを覗き込んでいた。




『この魚頂戴〜♪』



『ちょうだい〜』






結局、半分以上持って行かれました・・・。



30分くらい一緒に釣りをしましたが、



無邪気なもんで、



『また釣りをしたい』



、と言ってくれたのが嬉しかったです。



キッカケなんて何でも良いわけです。



少しでも楽しさが伝わったのかな。


















さて、次の週末9月8日(日)に、



日本釣振興会・長野県支部の主催で、



少年少女釣り体験教室があります。



詳しくは、コチラ



http://www.jsafishing.or.jp/others/2013/0908.html



子供たちが釣りを始めるキッカケ作りです。



お楽しみに。












Staff : Funaki
























  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー