Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

SWAT 追加モデル発表!!



お待たせしました。



昨年より、チョコチョコと



釣行コラムで出てきたSWATの追加モデル。
















ホームページにもUPしましたが、



2機種発表いたしました。







『 SW91L 〜Tradist〜 』





『 SW88H-BC 〜Limit Breaker〜 』






どちらも曲者ぞろいであります。



そう、SWATのコンセプトは、



個性であり、



ドコにでも有るモノにはしていません。



今春発売を予定していますが…、



ただ今、最終調整中です。

















先日、九州でテストをお願いしている倉永氏より、



テストの報告がありました。








相変らず、良い釣りしていますね〜。




80クラスのヒラ様とのことです。









使用ロッドは、SW88H-BC




他にも、60クラスのシーバスを2本獲ったようですが、



やり取りをするようなサイズではなく、



ゴボウ抜きだったとのことです。



まさに、大物だけを狙ったコンセプト通り。
















今後、皆様からのビックな報告が聞けることを



楽しみにしたいです。



ロッドの詳細については、



また別の機会に書きたいと思います。




発売は、4月以降になる予定です。




遅くならない様、気合をいれて



最終調整をしたいと思います。





Staff : Funaki












  • にほんブログ村 釣りブログへ

石垣島でターポン! その




石垣島でターポン! その
 からの続きです。

















ランニングラインをグイグイ引っ張るが、



しかし軽いぞ、本命では無いようだ



赤いキントキの様な魚でした 残念
























丁度潮が上げのタイミングで



今度はタクチャンがヒット!



ウルトラライトなタックルが悲鳴を上げる!



ジャンプも絶妙な竿裁きでかわし



見事キャッチです。

























50センチオーバーの



石垣産パシフィックターポン!



口を触ったがかなりカチカチです。






















その後ユウジ船長が連続ヒットするも、



太刀魚、良型のタマン(フエフキダイ)と



外道ではあるがナイスファイトでした。



















その後、



私のチャーリー(フライ)には



なんもナッシングでした。


















棚が深すぎてフライでは厳しいのか?



若干、メゲてきましたがタクチャン、船長に



「めげずに頑張れと」応援され



「信じる物はなんたら」ひたすらリトリーブを繰り返す



















すると5mラインにターポンの反応があり!



「もしかしたらフライでも届いてる棚では?」
















竿先に全神経集中〜 



















「 コツ 」




あたった 




そしてまた「コツ コツ」
















合わせないでリトリーブストップ 



「 ゴン  ゴン 」 と硬いあたりが



ランニングラインを引っ張る
















フッキング〜!!!!!

















竿のベリーに重ーい嬉しい生命反応が伝わるが・・・・



「あれっ 外れた」 



それがその日たった1回のターポン



(あれは絶対本命)のバイトでした。

















タクチャン、がその後2本目をキャッチ










































くぅ〜 うらやましい



















ユウジ船長も本命ゲッド



















残るは私だけ



ユウジ船長は昼間便もお客様をガイドして疲れてる中



何とか私に釣らせたいという思いが



ひしひしと伝わってきます。



深夜12過ぎまで投げては引っ張り通すも



何も起らず体はヘトヘト



そして



熱く悲し〜いターポンナイト便は終了しました。




















タクチャンは勝利の、僕は敗北のラーメンを食い・・・



「オカッパリで絶対釣ってやる〜」と



わずかな期待をもち爆睡



















・・・が、しかし。



3日間オカッパリでイブニングに挑むも撃沈



なぜだ〜!



















【今回の敗因(言い訳?)】




|が深過ぎて 



 ターポンのレンジをキープしての



 リトリーブが出来なかったのでは?













▲レイジーチャ―リーの色が



 赤、ピンク、イエローばかり巻き、




 黒、茶系が有ればもしかして?













8番のエクスドライブを使ったが、
 


  
   もう少しティップベリーの柔らかい
 



   乗せ調子的な竿の方がバイトを拾えたのではないか?
 



   船が流れてればそれほどキャストは不要なので
 



   6番ロッドでもありかもしれませんね

















【タックルデータ】






フライタックル






●ロッド    エクスドライブ  FES904 #8 



        (遠投重視のシューティングヘッド向きのアクション)



●ライン    シューティングヘッド 



                      インターミディエイト〜タイプ6まで



●リーダー   02X 9fリーダーに 



                      フロロ20LBを20センチ程付け足し



●フライ    クレイジーチャーリー 4番〜6番
        



                      クラウザーミノー  2番〜4番







ルアータックル






●ロッド     
ベイブレイズ  BBZ601S−MLK



       (今回使用はしてませんがBBZ662S−LKがベストだと思います)



●リール     ツインパワー3000番



●ライン     PE1号 リーダー フロロ20LB



●ルアー     ミノー、シンキングペンシル、



                         バイブレーション、ジグ 



                         サイズは5センチ未満の小型 



                      (日によってパターンが違います)

















【お世話になった船】



リトルターン 長嶋祐二船長




GTから癒し系の釣り、そしてマニアック系の



ナイトターポン便まで



リクエストに応じて楽しませてくれました。











ゆうじせんちょうのブログ


    ↓


あじさしフィッシングスタイル

http://littletern.ti-da.net/




























【おまけ】












西表周り、パナリ周りでGTを狙いましたが不発



ジギングでキツネフエフキをゲッド





















風裏を探しフィッシングカヤックで



リーフの釣りをするのも気持ちがいいです。

















最後に今年3月から石垣空港が移転し



直行便も出る様です



今までよりもアクセスが良くなりますので



是非行って見ては如何でしょうか?



釣り以外でも石垣島をベースに



高速船で離島にいったりと



ちなみにターポンは別ですが



GTなどは5月頃がベストシーズンです。


  



































  • にほんブログ村 釣りブログへ

石垣島でターポン! その







年末年始休みに沖縄の石垣島に行ってきました。






















今回のテーマはフライでターポンを釣る!
















ターポンと言うと2mぐらいの何十キロの大物を



想像するかもしれませんが



それはコスタリカやフロリダで釣れる



「アトランティックターポン」で



今回のターゲットはパシフィックターポンです。



アベレージサイズは50センチから60センチ程の魚です

















世界のEIZO大先生 曰く



20キロぐらいまでは育つとか? 



西表島では1m20僂泙脳紊ってるとか?


















石垣島にはかれこれ6,7年通っていますが



海でターポンが釣れる事は



まったくもって知りませんでした。



















以前、西表のマングローブで



30センチ程のターポンはルアーで釣った事がありましたが



50センチ、60センチの魚が



天空高くジャンプし(ちょっと大げさ)



70センチ?いやもっとデかいのがいる?



なんて聞いた日には



インチキフライマンの私も夢一杯膨らみ!



スイッチが入ってしまったのです。





(前置きが長すぎてすいませんがもう少しお付き合いください)



















石垣島には私の友人のタクチャンが住んでおりまして



石垣の事なら何でもお任せ!



島にいった時は私の面倒を見てくれるナイスな友人です。



















タクチャンの、そのまた友人のユウジさんが



「リトルターン」号のガイド船をやってる船長さんで



何回かGTやリーフのジギング等で



お世話になってますが、



これまたナイスガイな船長さんで




この二人が石垣で、とてもターポンにはまってるとか。



















ところが石垣島には ぬぁんと!



フライフィッシャーが若干1名いる!



しかもフライでターポンを狙っている貴重な存在が!









ミスターヒラタ氏









ヒラタ氏の合流でフライでも狙え



更なる開拓が進んだようです。

















内地ではソルトフライで有名な中根さんに



イベントで会う機会がありフライの事やら



いろいりアドバイスも頂きました。



可能性のあるものは全て持ち込み



万全な態勢とまではいきませんが



フライも夜な夜なたくさん巻きました。






そして結果は・・・。

 























年末、年始と大荒れの日がつづき、なかなか船が出せず



夕方風が収まったので港に行ってみると



ヒラタ氏がフライを振っていた。




(今まで石垣でフライを振ってる人は見た事ありません)




















バックスペースが無いので



シューティングスペイで投げていました。



リトリーブスピードや



フライ、ライン、フッキングなど



様々なアドバイスやヒントをを頂きました。




















そして1月2日 その時が来た!























夕方6時半、ターポンナイト便 



リトルターン号 出船!



夢とロマンで溢れそうな興奮を隠しつつ



釣りの準備に取りかかる。



























タクチャンとユウジ船長はルアーで



私はミヨシでもちろんフライタックルで狙います。




















石垣の夜の海は涼しく内地だと



5月から6月ぐらいの気候でしょうか



最高に気持ちがいいです。
















開始1時間ぐらい過ぎた頃か、



水深8mにターポンらしき反応がありと船長が!!!



タイプ2では到底無理な棚、



すぐさまタイプ6にヘッドを交換し・・・




すると!後ろでユウジ船長がフィッシュオン!



2回ほどロングストロークの合わせを入れ



ジャンプさせない様に慎重にやり取りしていたが、



水面からギラギラの魚体が高〜いジャンプ!



かなりの大型だ!



ラインの方向と違う場所でまたジャンプ!






「あっちか!」






意標をつかれたのか?残念ながらフックオフ、



あれだけフッキングしても



針がかりしない強靭な口をもってるようだ。





















逃がした魚は・・・



と言うが記録魚ではないか?と船長。




魚はボトムに居る様でフライラインを



ドップリ沈むようランニングラインを



送りこみミスターヒラタ氏に教わった



ストップ&ゴーでリトリーブ



















そして・・・待望のあたりが!!
































その△悗弔鼎







  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー