Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

今週末は『しらこばと』に集合




今週末の日曜日、



日本釣振興会・埼玉県支部主催のイベント



『2014みんなで遊ぼうフィッシング祭りinしらこばと』が開催されます。



















沢山のイベントが催され、



毎年来場者が1万人を超える大きなお祭りです。



入場料は無料なので、ファミリーの方でもお気軽に遊びに来れますよ。



もちろん弊社ブースも出展いたしますので、



お時間がありましたら、お立ち寄りください。
























詳しくは下記まで↓



日本釣振興会・埼玉県支部ホームページ


http://jsa-saitama.org/






















JUGEMテーマ:フィッシング




















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

ビギナーズラック




初心者の強みと言うのだろうか…。



初めて釣りに連れていった人ほど、



その日の大物を釣ってしまう事が稀にある。



今回の釣行は、



ビキナーズラックという言葉が良く合う日であった。























弊社スタッフの後輩二人を連れ、向かった先は名古屋港。



シーバスを釣ってみたいという事で、案内役を買って出た。



10月下旬、大潮最終日。穏やかな晴天、微風。



天候による魚の居場所探しは難しいため、



地形的な要素を考えて潮通しの良い場所を選んでいく。



河川の流れを受け、微風でも風が当たり



シャローとディープが隣接するエリア。



潮止まりの時間は、



少しでも流れのある川に行こうと考えていた。



初めに入ったのは、潮と微風が当たる岩壁が続く大きな埠頭。





















二人供、釣りの経験は有るが



シーバスは両者とも釣ったことがないと言う。



片方はバス釣りの経験があり、ベイトタックルを用意。



もう片方はキャストに自信が無いので



スピニングタックルを用意した。



初めての方こそバランスの取れた



タックルを持っていって貰いたい。



投げやすさだったり、



感度の良いタックルは釣れるまで気持ちが続きやすい。



信じてキャスト出来るからこそ、



初めての魚をキャッチしやすくなるからだ。



初心者の方を連れていくときこそ、



タックルには気を使ってあげた方がお互い楽しめますよ。






















明るい時間帯に入って雰囲気を掴んで貰い、



時合いまでキャスト練習の釣り。



大潮なので美味しい時間帯が短く、



一番良い場所で一瞬のチャンスを待つ。



満潮手前の潮止まり30分前。



干潮時には干上がってしまうシャロー。



風と川からの流れが同調して潮が当たる場所にマズメ時に入れた。



適度な位置に潮目が出来ており、



彼らにキャストする範囲を教えて探ってみる。























キャストを繰り返していると、



ベイトタックルを使っていたK君のロッドに、



ドンっと大きなバイトが来た。



ロッドの曲がりからみて、なかなかのサイズ。



大型特有の鰓洗いと水飛沫をあげている。



ゆっくりファイトすることを伝えながら、



ランディングネットを用意した。



しかし、もう少しでネットに入るところで、ラインブレイク…。



本当に惜しいことをした。



初めてのチャレンジで70cm近いサイズを取り逃がしてしまった。



大きく空を仰ぐK君。



かなり気持ちが高揚し、手が震えているように見えた。



流石、ビキナーズラックという言葉は伊達ではない。





















まだ雰囲気は有った。



もう一人のK君(スピニングの方)のロッドが曲がる。



サイズの割りに、派手なファイトを見せた。



初めてのシーバスはフッコサイズ。



私にもバイトがあったが、フックアップには至らなかった。





















潮止まりとなり、川に移動してみたが、



良さげなポイントには人が溢れたいる。



都市部に近いポイントだけあって致し方か無い。



何本かの河川を見て回ったが、反応は得られなかった。



この日はこれまで。





















まだ釣ったことの無かった二人には、満足して貰えたようだった。



本当はバラした大物もキャッチして欲しかったが、



この悔しさが次に繋がることだろう。



次回、彼らの釣果が楽しみだ。






















TackleData


BaitCastingType


Rod : SWAT SW83LML-BC


Reel : EXSENCE


Line : PE2  Leader 20lb


港湾エリアで使いやすいタックルで、


近距離へのアプローチから遠投も出来るので


ベイトタックルを初めてみたい方にオススメ。


使えるルアーの幅が広いことから、


1タックルでラン&ガンスタイルでテンポ良い釣りが可能。



















SpinningType


Rod : SWAT SW91L


Reel : RARENIUM 3000


Line : PE1  Leader 16lb


全体的にソフトなアクションのロッドは、


キャストのタイミングを取りやすく、


魚が掛かってもバラシ難いのが特長。


もっとピンポイントへのキャストが求められる場所なら、


SW83LML(スピニングタイプ)もオススメ。










Life vest : Anglersdesign EXTREME



Angler : Staff Funaki
























JUGEMテーマ:フィッシング



























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

先週のことですが




2014年10月18日(土)



『水辺感謝の日』ということで河川清掃を行いました。


























天竜川の弁天橋付近から、水神橋までの区間のゴミ収集です。



誰が捨てたのやら…色々なモノが河川敷に落ちていました。



人が集まる場所は必然的にゴミが多く、



橋の周辺は特に多くなる傾向にあります。

































稀に落ちている釣具のパッケージなどを見つけると、



釣具メーカーとして心が痛みます。



ゴミとなるモノは釣場に持ち込まないのが良いですね。






























心無い方の行為で、



水辺を汚され釣り禁止に繋がることだけは避けたいものです。



どうしても水辺に近いのは釣り人であって、



釣り人の所為にされても言い返すのが難しいのが現状です。



釣り人として地域に貢献出来るには、



少しでもゴミを拾うことぐらいしか無いかもしれませんね。
























出来れば見つけたら拾う、



何気ない事ですが以外と出来ないことです。



運勢が上がると思って、1個からでも始めてみませんか。

























JUGEMテーマ:フィッシング























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

爆釣ティップラン in 能登




船の予約を入れたのは8月末。



既に予約が沢山入っており、



何とか滑り込みで10月中頃に予約出来た。



今回は、秋冬に数釣りが楽しめるティップランゲーム。























お世話になったのは毎年楽しませて頂いている



『アルベルト』米田船長さん。



チヌのトップゲームやロックフィッシュゲームなど



シーズンを通して人気の船だ。



ティップランが初めてでも、優しく教えてくれます。




























ご一緒して頂いたのは、



アウトドアステーション バンバンのS氏と、



釣り仲間お二人、M氏とS氏。



3人ともティップランが初めてとの事で、



便乗して 講師として同行させて頂いた。































当日の天気は雨。



実は、お三方とワタクシ…全員が雨男。



雨が降るわけである。



先日の台風が過ぎた後、



状況は上向きの様でマズマズの釣果を聞いていた。



ティップランは初めての方たちだったので、



ぜひとも釣って頂きたかった。




























































結果を先にあげると、『爆釣♪』



コツを掴んでからは、あれよあれよと数を重ね、



帰りのクーラーは満タンであった。



帰りの頃には全員が満面の笑顔。



皆が良い釣りが出来たのではないでしょうか。

























さて、今回の状況とタックル選びを紐解いていきたい。



ここの所15〜20m程の浅場での釣果が良く、



使うエギは25〜30g(3.5号サイズ)が当たっていた。



今釣行は、2〜4mの風速から徐々に強風に変わって行った。



こういった状況では、柔らかめのロッドがアタリを取りやすくなる。



弊社のロッドであれば、BGT76UL BTC76L がおススメだ。



ラインは適度に潮の抵抗を受けやすい PE0.6号程が良い。








































本来なら30〜40m程の水深を攻める時期であり、



もしこの深さであれば、35〜40gのエギが丁度よい。



ロッドだと BGT77ML BTC77M 辺りを選んで頂きたい。



風や潮が強くなればラインをPE0.4号に落とすことで、



アタリが鋭くなり、状況の変化に合わせてタックルを選んで頂きたい。



表面水温は摂氏20度程だったが、例年に比べると2度ほど低いようだ。



これからの時期は深場に落ちることを考えると、



浅場用と深場用の2種は用意しておくと釣果を伸ばせると思う。






















オカッパリでエギングを楽しんでおられた3人だったが、



ティップランの真髄に触れたことで、鼻息が荒くなっていた。



シンプルなタックルであるが、かなり奥の深くやり込み要素が多い。



これからがトップシーズン。



まだ未経験の方、ぜひ面白さを体験して頂きたい。














Staff : Funaki















JUGEMテーマ:フィッシング






















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

要チェックです!


判佝納厖佑茲蠖郡が発売されます。



『最新!タイラバ バイブル』



誘導式のタイラバで第2のブームを呼び、



タックルは飛躍的に進化してきています。



そんな人気絶頂の釣りをフューチャーしたムック本です。



弊社タイラバ専用モデルである、



レッドフリップ もバッチリ紹介されております。



タイラバ好きは読まなきゃ損ですね。

































JUGEMテーマ:フィッシング





















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー