Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

次は新潟にてお待ちしております。







次の土日は新潟にて、


にいがたフィッシングショー』が開催されます。


弊社もブースを出展致します。


注目が集まった新製品など色々と展示致しますので、ぜひこの機会に触ってみて下さい。


沢山のご来場お待ち申し上げます。



日時:2016年2月20日(10〜17時)

        2月21日(10〜17時)

場所:朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター

   〒950-0078 新潟市中央区万代島6番1号



詳しくはコチラへ → にいがたフィッシングショー2016



















JUGEMテーマ:フィッシング

















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

大阪フィッシングショー 来場御礼



大阪でも沢山のご来場ありがとうございました。


お目当てのロッドは見つかったでしょうか?


ロッドの選択方法、合わせるタックルバランス、


フィールドでの使用方法などなど…


ご質問からご要望まで沢山のお話しが出来ました。


これからもアングラーの声を活かし、


製品へのフィードバック出来るよう心掛けたいと思います。


またの機会も、お待ち申し上げます。ありがとうございました。



















































JUGEMテーマ:フィッシング
























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

横浜フィッシングショー 来場御礼



先日横浜にて開催されたジャパンフィッシングショーへ


沢山のご来場ありがとうございました。




























多くのお客様に弊社製品を見て頂けたかと思います。


毎年思うのですが、


弊社ブースに来て頂ける方の熱意を強く感じられます。


こうした場所でしか聞けない話が沢山あります。



















今週末には大阪でフィッシングショーが開催予定です。


ぜひ多くのご意見をお聞かせください。


沢山のご来場をお待ち申し上げます。









JUGEMテーマ:フィッシング





 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

ディープライダーの再編



ディープライダー をリニューアルするうえで、


色々と内外から意見を頂いてきた。


今回はシリーズを再構築してきた過程を紹介していきたい。










はじめに長所と短所を確認する作業からだ。


ある程度ジギングを経験された方だと、


『シャクリ易さ』と『疲れ難さ』を気にされる方が多いと思う。


ディープライダー が長く支持されているのは、


この2つの面で優れているからだろう。


機種によって使い方は様々に分かれるが、リズムを取るように


テンポ良くジャークが出来る竿ほど良い釣果へ反映されると言ってよい。


ジャーク時の負荷に対しての『しなり』と、


元に戻ろうとする反発力のバランスが絶妙な加減にマッチする事により、


タイミングを掴みやすくシャクリ易さに繋がっている。


また弾性率を抑えているので、負荷を掛けた際にブランクが吸収して


アングラーへの負担を軽減する効果も長所と言える点だろう。






持ったときの持ち重り感を受ける方も居たのも事実であり短所と言えた。


ブランクを軽くしようと思うと、


肉薄で硬さを補うために高弾性にすれば軽量化は簡単だが、


これでは ディープライダー 特有の粘り強さは無くなってしまう。


むしろ逆に、更なる粘り強さを求めたいくらいだ。


ならばパーツを軽量化し、


運動性能を上げていく事でバランスを整えていく考えに行き着く。


ただし軽量化の弊害で強度を落としてしまっては元も子もない。


長所は伸ばし、短所を改善していく必要がある。


アクション(調子)は大きく変えたくなかった。


曲がり込んだ際の粘り強さを上げるために、


角が有った部分(急な曲がり)をスムースに曲がる様に調整し、


ブランクに掛かる負荷を分散させる事で強度面を高めることが出来た。






また機種によって曲がり過ぎていたグリップ部分を少しだけ強化も行っている。


ブラックリミテッドでの実績から


数グラムではあるがチタンフレームにする事で


モーメントを改善出来るのは分かっている。


そこで、機種別にガイドをダブルからシングルフットへ変更し、


部分的にチタンフレームへ変更する事で


強度を残しながらモーメントを改善する作業を行っていった。


(機種によって全てダブルフットの設定もあり)


スピニングモデルのバットガイドは全てオーシャンガイド(MNSG)とし、


前作からのフィーリングを崩さないように配慮をしている。










そして出来上がったサンプルを手に、


各地へ赴きテストと微調整を繰り返してきた。


タックル設定は同じでも状況によって使用感は変わる。


そういった情報を蓄積し、より使い易いロッドへ調整を行い、


フィールドで納得したうえでOKを出した。


フィッシングショーなどの展示会等で披露していく予定だ。


ぜひ触って頂き、バランスの良さを感じて頂きたい。















JUGEMテーマ:フィッシング























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

スペクトラ 〜虎の巻〜



内水面の禁漁期というのは、アングラーにとって一番モドカシイ時期だ。


冬季は来季に向けて、色々と準備に余念が欠かせないのではないだろうか。


さて、この冬に発売する レイズ・スペクトラ が気になっている方も多いはず。


今回は更に細かな部分に焦点を当てて紹介していこうと思う。






各地のイベント等で、展示する機会があるので触って頂けただろうか。


ご対応させて頂いた限りでは、


もっと硬く張りの強いロッドだと思っていた方が多かったようで、


案外ブランクに『しなり』が有ることに驚かれている方が多かった。


個人差が有るかもしれないが、


勝手な持論としてティップにしなりが無いロッドは、


キャストの精度を上げ難いと思っている。


スペクトラのブランク表面をじっくりと見て頂きたい。


若干の凹凸が有るのが触ると分かる。






これはブランク作成において必ず出来る『目』であり、


これを削るかどうかで硬さにも影響が出てくる。


レイズ(スタンダード)やインテグラルは、


この凹凸を削り塗装してある為ツルツルしているのが分かる。


この凹凸を削らず、塗装していない仕様がアンサンドフィニッシュと呼ばれ、


弊社製品にも様々なロッドに採用している。






このアンサンドフィニッシュに塗装すると、写真の様な表面となるわけだ。


どうして凹凸を残したかというと、


硬さを数値化すると数パーセントの差ではあるが


残っていた方が使用感が良かったことが理由だ。


前述の『しなり』を残しながらも


ブランクにシャッキリ感があり使用時にキレの良さを感じていた。


これを削ってしまうと『しなり』は有るものの、


反発力が僅かに落ちてしまい使用感にイマイチな感じを受けてしまう。


どんなロッドにでも同じ事を採用すれば良い訳ではなく、


このシリーズのテイストには、この製法が一番合っていると思い採用した。













またパーツにも注目して欲しい。


今作より、折り畳み式のフックキーパーを採用している。


移動時に使いやすいのは当たり前だが、


写真撮影の際にもルアーを適切な位置に留めておけるので、


お気に入りのタックルと釣った魚を一緒に写真撮影が可能だ。






写真撮影は渓流釣りの楽しみの1つとも言え、


綺麗な魚と道具をカッコ良く撮影出来ると何とも言えない満足感がある。


そういった細やかな遊び心を取り入れフロントグリップの直上に配置した。










気を付けて頂きたいのはリールを取り付ける際など、


フックキーパーは畳んだ状態でフロントグリップを回して頂きたい。







…と言うのも、


フックキーパーを起こした状態でフロントグリップを回していくと、


コルク部がキーパーに当たってしまう事もあり破損の原因に繋がってしまう。


フックキーパーを閉じた状態で、フロントグリップを回すように心掛けて頂ければと思う。









さぁ、第一陣の生産分が仕上がってきた。


今月末にかけて徐々に発送されていく予定だ。お楽しみに。

















Rayz Spectra


JUGEMテーマ:フィッシング
















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー