Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

Rayzストーリー…そして



今回は『Rayz』が出来上がるまでのお話。










ブランドを作るにはストーリーが必要だと、


説いてくれた方達がいた。


話を伺った御二人は、


様々な分野への造詣が深い方達だ。


レイズシリーズを立ち上げる以前、


新しいトラウトロッドを造りたいと思っていた。


イメージしていたロッドは、


朧気ながら見えていたが、


何か足りなさを感じていた。










そのお二人とロッドについて


話合う機会を設けて頂いた。


テーマは新しいトラウトロッドについてだ。


そして提案されたのは、


ストーリーがあるロッドという事だった。


ブランドにはコンセプトがあり、


その開発したフィールドや


テストしたアングラーの姿勢、


使ってきた道具の種類など、


開発の過程(背景)がロッドの物語になるという。


なぜ、この形になったのか?…と、


後付の説明では無く


作り上げた過程を説明していくのが


ブランディングには必要だと語ってくれた。


ただ、それだけでは深みが足りないとも言う。


有名な旅行鞄メーカーや時計メーカーなど、


長きに渡って愛されているモノは、


年月という深みを帯びることで


更に道具への愛着が湧く。


そう、足りなさを感じていたのは、


年月による深みだった。


見た目をアンティーク調にするだけでは、


物足りなさを埋められる訳では無い。


一朝一夕で作り上げたモノではなく、


昔から続く伝統的なモノが必要になる。










天龍のロッドは竹竿から派生したモノが多く、


六角竿からグラスロッド、


カーボンロッドへ素材が移り変わっても


『しなり』を活かしたアクションが特徴であった。


このアクションこそが、求めていたモノだったのだ。


ただし、昔ながらのアクションだけでは、


現代的なスタイルとは一線を欠いてしまう。


懐古主義的なシリーズにはしたくなかった。


そこで細身でピンッと張りが有りながら、


曲がり込むアクションを求めた。


伝統的な『しなり』を活かしながら、


硬いのではなく張りを出すことによって


操作性を上げる考えだ。


でも魚が掛かると曲がり込むことで、


釣り本来の楽しみを味わう事にもこだわった。













ロッドのネーム部に、分かり難いが一言入れてある。


『Learn A Lesson From The Past.』


温故知新という意味。


培ってきた伝統と現代的なスタイルを調和し


Rayzシリーズを象っている訳だ。


既に多くのユーザーに愛用して頂いており、


今後さらに年月を積み重ねることで


ロッドの味わいは深まっていく。


個性豊かな機種ばかりだが、


それぞれに物語を持っている。


そしてストーリーの続きを作るのは、


手に取って頂いたアングラーだ。


沢山の思い出をRayzと共に作って頂きたい。










Staff : Funaki
























JUGEMテーマ:フィッシング




















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

石垣島でターポン2015(ナイトターポン編)



この日は昼から平田さんの案内で、


たくちゃんと3人で河口でフライでオカッパリ!


そして夕方からはゆうじ船長の


「リトルターン号」でナイトターポンと


ちょっとハードなスケジュール!


平田さんと合流し


コンビニでおにぎりを買いオカッパリポイントへ














ここは平田さんの案内で来た初めてのポイントです。


干潮から上げのタイミングで


リーフ内を扇状にランガンします。


平田さん曰く


ここはレディーフィッシュやオニヒラも入って来るらしい














水面の怪しいよれや魚を探してキャストを繰り返す。





ボイルを見つけメッキをゲット!


結局、リールでファイト出来る魚は釣れませんでしたが


たくちゃんにキャスティングをレクチャーしたりと


楽しい時間を過ごせました。


北風が強くあまりに寒いので撤収!


マックで少し速い晩飯を買い港に向かう。

















そして出船の時!


先日のナイト便ではポッパーでターポンが釣れたとの事


タイプ4のシンキングタックルとフローティングタックル


フライロッド2本で挑みます。


昨年、一昨年と2デコを食らっているだけに


今年こそは何としてもナイトターポンを!


気合充分ですが、


この「気」が魚に伝わらない様、


そこそこ気張らずにいきます。


平田さん、たくちゃんは僕に気を使ってくれ右舷でルアー


自分は左舷を独占しフライで流します。










開始から30分程で右舷の平田さんがターポンヒット!


エラ洗いでフックオフ!


続けざまにたくちゃんもヒット!


同じくエラ洗いでフックオフ!!


ルアーでのキャッチ率はフライに比べ低く、


追いアワセを入れても強烈なエラ洗いで


外されるケースが多いのが


この釣りの難しさであり魅力でもあります。


それでもルアーの二人は


コンスタントに当たり掛けるがフックオフを来り返す


私もボトムから中層とシンキングラインで探りますが


…一向に当たりません。


そして遂に平田さんがターポンゲット!






く〜うらやましい〜


サクッとルアーでも実績を出す所が 流石マスター!


たくちゃんも!






良型のメッキをゲット!










右舷のルアー二人はルアーで当たりまくってる!


ヤバイよ ヤバイよ いつもの嫌なパターンだ


完全に迷走中な私?フライを変え、


リトリーブを変え 当たりません。


釣れる気がしない。


後ろではリールのドラグ音が鳴りまくり


興奮の雄叫び!


「もう空気読めよ〜」


だんだんと鼻息が荒くなる私…






平田さんもメッキゲット。


今度は後ろでトップで出た!


「何〜!」


表層なのか?


フローティングミノー、


ペンシル、ポッパーで水面を炸裂している。


うぅ〜悩むぅ〜


フローティングタックルにチェンジするべきか?


いやいや惑わされてはいけない


ここで変えるといつものドツボパターンにハマるだろう!


あと30分は引っ張りで集中しよう、と自分に言い聞かす。










がしかし…コツンともいわないし生命反応も無い


船を流し直すタイミングで


平田さんが「フローティングタックルでやってみたら」


確かに!どう考えてもこの状況ならトップでしょ!


変な意地は張らずにタックルを変更することにしました。


クラウザーミノーを外し


マングローブ用に巻いたフォームで出来た2番のポッパーを結ぶ。


すると・・・バッコーンと


暗い海面にギンギンのターポンがヘッド&テールで出た〜!


「ウオー 出るじゃない!」


しかしついつい早合わせ、体が先に反応しすっぽ抜け


ゆうじ船長にフッキングのコツを教わる


竿をまっすぐの状態で


竿で合わせるのではなく左手を引いて合わせるのだと。


分かっていても、バイトが見えるだけに体が反応して竿が!










よーし次、次〜


思いっきりロングキャストし沖合で「ジャバッ」音だけが聞こえる


次の瞬間!フライラインが引っ張られる


ロッドを寝かせたまま左手で全開のホール。


魚が走る!!


今度はロッドをスイープに2〜3回の追い合わせ!


ラインが勢いよく出て行くが・・・しかしプスッ!


みんなが注目の中、今度は?


「自分の足でフライライン踏んでた」 え〜!


たくちゃんが「動きすぎ〜」


「すいませ〜ん」


平田さんが「大丈夫すよ〜 まだまだ出ますから」


完全に冷静さを失っている。


毎回平田さんの言葉に救われてる私?


ポイントが過ぎたので船を流し直します。










タバコを吸い、自分の心も立て直す


そして…そこから怒涛のラッシュが。


ワンキャスト スリーバイトだ! 「よし乗った〜」


竿がキュイーンとティップが水中に突き刺さる


ラインが出る→ジャンプ→ラインが出るを繰り返して


漸く ネットイン!






やっと釣れた〜 ナイトターポン!(涙)


泣きそうな顔が嬉しさを物語っている?






2匹目 少し余裕が出てきた。





平田さんもゲッドし2ショット!





たくちゃんが今度は太刀魚!










ルアーでのバイトも無くなってきた、


流石にあれだけ出て掛ければターポンも学習したか?


私も手持ちのポッパーが


切られたり壊されたり全てご臨終!


確かシーバス用の岩井ミノーを2個程持ってきてたかと?


有った〜岩井ミノーを投げて見る


ルアーのジャーキング風なアクションを入れて見ると


バッコーン!


岩井ミノーにはまだ反応する様だ!











岩井ミノーで本日3本目ゲット!


魚のいなし方も大分わかってきた。










怒涛の爆裂タイムは3時間ぐらいは続いたでしょうか?


イヤー凄かった!興奮冷めやらぬ状態ですが


既に深夜12時も回り


もうヘトヘトです。


真夜中のターポン!しかもトップゲームで!


貴重な体験をさせて頂き、


ラストナイトを憂愁の美で飾る事が出来ました。


次回はトップ系のフライもたくさん用意しよう。


またまた来年が楽しみだ!


やっと念願の勝利のラーメンにありつける!






冷えた体に温かいラーメンがしみる〜










Tackle Data


●ナイトターポン


Rod : Exdrive FES904-#8 (9ft #8)


Line : WF FullSinking Type4


         WF Floating


Leader : Leader : Fluoro 02X(9ft) + Fluoro 25lb(20cm)


Fly : Clouser Minnow


       Popper


       Iwai Minnow










ゆうじ船長のガイド船 『リトルターン』


GTからリーフのキャスティング、


ナイトターポンまでリクエストに応じてくれます。


最近はフライでのリピーターの方も増えてる様です。










最後に


西表島探索トレッキングから


石垣島ジギング そしてナイトターポン!


今回も充分に楽しませて頂きました。


お世話になった方々、お知り合いになった方々


本当に有難うございました。


そして最後までブログにお付き合い頂き有難うございました。








Staff : M・T















JUGEMテーマ:フィッシング






















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

石垣島でターポン2015(石垣島編)




前日のトレッキングで若干筋肉通も残る中


この日は俵さんの船で石垣島沖 でジギング。


俵さんはぬぁんと!北海道は 礼文島の出身。


いつもはエギングで丸秘ポイントに案内してくれ、


昨年はお陰さまで2.7キロのクブシミをゲット出来ました。


今日のジギングのテーマは


お正月用のアカジンをゲットすることです。


俵さんの奥さまはアカジンが大好物だとか?


俵さん的にも


「お前らアカジンを頼むぞ〜」とは言ってませんが(笑)










そんなこんなで石垣港から出船!


天気は快晴!


ウネリは若干残ってるものの最高のジギング日和です。


水深70m〜100mラインを


ドラッグフォースJDF621S-2/3 で


テストも兼ねてシャクリ倒します。


少し柔らかめのベリーセクションが


パンパンしゃくってもジグの動き出しが遅く暴れません。


すると・・・


ボトム付近でひったくる様な当たり


ヒット〜!!


魚が乗った瞬間の竿の曲がる感触は、


この竿で魚を掛けた方ならわかると思いますが


何とも言い表せない 快感とでも言いましょうか?


魚の走りに追従しつつもバッドが粘る、そして復元!


竿に独特の安心感を感じられ、冷静にやり取りできる。


少し大袈裟かもしれませんが ドラッグフォース はそんな竿です。






サイズは3キロ程ですが初物!うれしいカンパチでした。
















そして遂に良型の本命アカジンもゲット!


ミッション完了!!









たくちゃんもディープライダーS4で更に大きいアカジンをゲット


これで刺身にしゃぶしゃぶもいけるな?


ちなみにアカジンは沖縄では高級魚!


このサイズなら2万円ぐらいは堅いとの事!

















俵さんもタマン(ハマフエフキダイ)をゲット


この魚メチャクチャ引きます。


ガーラ(ロウニンアジなど)と同じく


沖縄では人気のターゲット!


続いてたくちゃんのオーシャニアB2が


バッドまで入り、ドラグを出します。






正体はオモナガー(狐フエフキ)


トルクのある引きで最後まで首振って粘りました。


怒涛のラッシュで釣れる魚も全て良型。


3人とも充分楽しめました。


そして何よりお土産もゲットでき、


これで無事お正月を迎えられる。


夕陽をバッグに港に戻りストップフィッシングです。










翌朝、体は重い、でも起きなければ!


うぅ…でも体が動かない〜


今朝はゆっくりしちゃうか?


いやいやターポンが待っているぞ


グイグイしたいだろ〜(もう一人の自分が)


迷った挙句に一人ターポンの釣れるポイントへGO!


ココストアで煎れたての珈琲を買い


パンを流し込みながらターポンを探すが…見当たらない


ローリングも無いのでブラインドで狙ってみる


カウント10秒〜20秒と棚を探るが何もあたらない


すると底からブクブクと泡が!


湧水か?んな訳が無い


この下にいるのか?


試しにそこにフライをキャスト。


ショートピッチからロングピッチに変則リトリーブのあと


コツコツと紛れもなくターポンのアタリが


一呼吸おいてグイグイとラインを持っていきます、


左手で渾身の引きアワセからのロッドでの追いアワセを入れ










無事に初物ターポンゲット。






偶々ゆうじ船長が朝の仕事の途中に自分がファイト中だったので


見に来てくれ物持ち写真も撮れました。


その後、ゆうじ船長と3人でフライでオカッパリに向かう。

















下げから上げのタイミングで


沖から河口にさして来る魚をフライで狙います。


ワンちゃんも気持ちよさそうだ









水温が低いせいかチェイスは有るものの中々フッキングしません。





なんとかメッキをゲット





たくちゃんもフライにチャレンジ。


なんとかフライで初物のマングローブジャックをゲットした様。


その後満潮のタイミングでエギングをしたが不発。


夜は昨日釣ったカンパチとアカジンを肴に宴会!


寿司としゃぶしゃぶで頂いた。


カンパチの寿司は自分で握ってもみた、酢の具合も丁度良く


あまりに美味しく食べすぎました。














明日もオカッパリ〜のナイトターポンのダブルヘッダー。


楽しみだ!











TackleData


●Jigging(ジギング)


Rod : JIGZAM DraggForce JDF621S-2/3(Proto)


Reel : TwinPower8000


Line : PE 3号 Leader Fluoro 50lb






●Fly (オカッパリターポン)


Rod : ExDrive SH FES904-#8 (9ft #8)


Line : WF FullSinking type4


Leader : Fluoro 02X(9ft) + Fluoro 25lb(20cm)


Fly : Crazy Charlie


Staff : M・T





















JUGEMテーマ:フィッシング
























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

石垣島でターポン2015(西表島探索編)




毎年恒例になりつつある年末年始の八重山!


もうかれこれ8年ぐらいは


年始を八重山のどこかの島で越している。


また沖縄〜?


いい年こいて遊び呆けてと言われながらも


今年も行って来ました。











またまた石垣島在住のたくちゃんの家に


泊り込み釣り三昧の毎日です。


夜8時に新石垣空港に到着!


空気は温い!


たくちゃんのアパートで


半年ぶりにワンちゃんとの再会!






目を見る限り疑いの目、


「あんた誰?」もう忘れたのか(涙)














翌朝、朝一の船で西表島に!


今回は西表で探索したりトレッキングしたりと


2日間予定を入れました。


釣竿は6番のフライロッド1本と


わずかなフライを持ち込みの、


ちょい釣りも気まぐれに!そんな感覚です。


西表島へは高速船で40〜50分


山あり川あり滝あり、広大なマングローブ林


八重山の中でもどちらかと言うとアドベンチャー系


トレッキングやカヌーにシーカヤック、


シュノーケリングなど


様々なアクティビティーも充実してます。


もちろん釣もマングローブから


オフショアまで幅広く楽しめます。


…がしかし、


西表に到着すると土砂降りに強風で気持ちは↓


宿にチェックインすると玄関にオフショアタックルが!


なぬっ!


見覚えのあるスレッド?


ジグザム ディープライダーだ!






どれどれ〜


スピニングの8オンスにベイト6オンス


ベイトの20オンス!


おおっ!ガチタックルだ!!!


宿のお姉さんに聞いてみると、


宿のオーナーの私物だとの事。


ちょっと嬉しい…いやかなり嬉しいです。










そんなこんだでチェックインを済ませ


外は雨。さぁどうするか?


天気が良ければバイクを借りようと思ったが


この雨では数分でずぶぬれ!






レンタカーもあるとの事なのでレンタカーで船浮へ


途中橋の下でフライを振ったり






メッキがあそんでくれました。


船浮へは白浜港から連絡船で10分ぐらい






陸続きなのに船でしか行けない


まさしく陸の孤島!秘境といえる場所だ!


何があるわけでもないのですが、


ノスタルジックな雰囲気の集落と綺麗な砂浜


が一度行くとまた来たくなる。


人によってはここ、何もないじゃないか!


と感じる方もいらっしゃるかと









船で知り合った愛媛から来たシンジ君と洞窟を見たり


カフェ風の店で雨宿り!


すると青森から来た桧山さんも合流し旅話で盛り上がる。


旅先で出会った人は本当にすぐ溶けこめます。


見渡す限り旅人らしき輩は我々3人だけの様だ


まぁ かなりマニアックな場所ですから


3人で小高い丘を越えイモト浜?まで


強風と雨のなか釣りをしたが


フライが10mも飛ばないのでやめました。


港の売店のオバーに西表山猫の話を聞いたりしてるうちに


最終便の船の時間に









船浮で捕獲された山猫!いつか見てみたいものです。





二人にお別れを告げる。


宿で晩御飯を食べる


隣にいた方がぬあんと!業界の方


糸メーカーに勤める方にそのテスター!


泡盛を飲みながら釣談義に満開!


オーナーも加わり今度は竿談義!










翌日


今日はピナイサーラの滝上までのトレッキング!


10分程歩いて


カヌー(カヤック)で30分程漕いで


そこから滝上まで50分程のトレッキング


…そんなコースです。


7〜8年ぶりです。






天気も回復してきた!


ちなみに八重山の朝は遅い!7時でも真っ暗です。


一応クロックスでの登山は流石に厳しいかと


シューズも持ってきたが宿で


上着からウエットシューズまで貸してくれました。






船着き場までは木道が整備されてました





ところどころにバビルの塔らしき盛り土。


シャコの巣です。


大自然の営みを感じます。






カヌーセッティングOK





支流を下ります。


最高にきもちいい〜です。


…という言葉しかみつからない。






顔でバランスを(笑)





追い風で進む進む!





滝下の船着き場に船を係留





所々難所もあり





時々木も登り!





無事ピナイサーラ滝上に到着


ザッ絶景をご覧ください


















滝上で食べる八重山蕎麦は格別です。


所々イワナが出そうな瀬や巻き返しがあり


ドライフライで出そう!


聞いたらハゼしかいないようです。(当たり前だ)


ランチを済ませて滝を下ります。






ドングリもランカー級





マングローブと言うのは植物の名前では無く、


喫水域に生息する森林の事だそうです、


アダンの木もマングローブなんですね


写真の植物はヒルギです。


滝下?滝つぼに到着です。









滝下の景色も豪快です


マイナスイオンをここぞとばかりに吸引ちゅう


滝つぼではマイナスイオントッピングのコーヒーブレイク


これまた格別でした。


滝つぼからカヌーの係留場所までまたまたトレッキング


カヌーに乗り、ゆったりと引き潮に流されながら川を下る


3時半にはカヤックの船着き場に到着。


天気も良く最高なトレッキング日よりでした。


今度はシーカヤックで海もチャンレンジしたい


最終便の船で石垣に






さらば西表よ〜


明日はジギングだ!











TackleData


Rod : Fates Exdrive FES904-#6


Line : WF (Float) #6


Fly : Crazy Charlie



お世話になった民宿 : 民宿マリウド








Staff : M・T

























JUGEMテーマ:フィッシング




















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

ドラッグフォース追加モデル JIG-ZAM DraggForce New Model




2015年度カタログが完成した。



そこで満を持して発表するモデルがある。



















JIG-ZAM DraggForce



既存3機種の反響は大きく、



次期モデルの声は各方面から沢山頂いていた。



多くのサンプルと長期の開発期間を使い、



徹底して現場で鍛え抜いてきた。



この度発表する機種は、



個性豊かでありマニアックなロッドばかり。



詳細は後日お伝えするとして、今回は簡単な触りだけ。




















JDF621S-2/3



既存3機種『JDF621S-3』『JDF621S-4』『JDF621S-5』の



血統を引き継いだ一番ライトなモデル。



この硬さを待っていた方も多いはず。



表記の通り2ozクラスのアクションながら、



3ozクラスまでのジグウェイトを操作することが可能。



今春にリリース予定。

















JDF5101S-6



ドテラ専用モデル。



高速リトリーブとコンビネーションジャークを突き詰め、



大型魚だけに狙いを定めたアイテム。



セミロングではなく、あえてショートロッドに行き着いた、



コダワリに付いては後日お伝えしたい。



こちらも今春リリース予定。
















JDF5101S-8



同じくドテラ専用モデル。



ただ今、鋭意テスト中。発売日は未定。




















JDF581B-G5


JDF581B-G6


JDF561B-G7




激流・大型魚対応のベイトタイプ。



Glass素材にC・N・T素材を融合させ、



驚異のパワーを実現。



ヘビージグを容易に扱え、



素材特性をフルに活用したアイテム。



今夏リリース予定。


























初めて触って頂けるのは



フィッシングショーが一番早いでしょう。



HPには整い次第UPしていく予定。



ご期待ください。















Staff : Funaki





















JUGEMテーマ:フィッシング



















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー