Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

冬のランカーハント



2015年も残りわずかとなった12月末、


チームのメンバー数名で大型のシーバス狙いで釣行することとなった。


今回のポイントは11月から12月にかけて


チームメンバーだけで90クラスが6本、


80クラスにいたっては数知れずキャッチしている有望ポイントである。







今回はポイントが広範囲で飛距離が必要なことと、


大型とのやり取りを意識して SWAT SW107ML をチョイスした。


少々せっかちでS気の強い私は、


ピンポイントを狙い打つテンポの良い釣りが大好きなのだが、


今回は長時間で回遊待ちのM気満載の釣りである(笑)


ウェーディングして地形と潮の下げに合わせて、


移動しながらひたすらキャストを繰り返す。






余談であるが、このような長時間の釣りではロッドの軽さは


アングラーにとってかなりのアドバンテージであり、


キャストや操作性だけでなく集中力を保たせる要因にもなると考えている。


一概に自重が全てではないが購入の際には見た目やアクションだけでなく


自重もチェックすることをお勧めしたい。






しばらくすると強い引き潮によって大きな流れが出来始めた。


流れの中心からベイトが避難するであろうタルミにかけて、


ロッドを起こした状態でゆっくりとルアーをトレースする。


すると5mほど手前でいきなりルアーがひったくられた。


ガッチリとフッキングを入れると、激しくヘッドシェイクを連発


そして流れに乗って一気にラインを引き出していく。


吸い込まれるように綺麗なベンディングカーブを描いた


ロッドを見ながらニヤケ顔を浮かべる。


これぞ至福の瞬間である!


その後はシーバスの突っ込みを交わしながら、


シャローエリアへ寄せて一気にランディング。









ファイトの割にはサイズが小さく少々残念であるが、


ウエイトのある80クラスのシーバスで満足のいく年末釣行であった。













TackleData

Rod : SWAT SW107ML (Variable Master)

Reel : Twinpower 4000

Line : PE #1

Lure : Logsurf 144、SurfSlug 120、Banz 125

Angler : Kuranaga













JUGEMテーマ:フィッシング



 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

謹賀新年



旧年中は格別のご用命を賜り、


厚くお礼申し上げます。


なにとぞ本年も宜しくご愛顧のほど、


ひとえにお願い申し上げます。


平成二十八年  元旦











JUGEMテーマ:フィッシング
  • にほんブログ村 釣りブログへ

ゆく年くる年



2016年のカタログが出来上がりました。


来年になりましたら、順次受付を開始いたします。


受付に関しては弊社HPにて発表いたしますので、


今しばらくお待ちください。






早いもので2015年も残り僅かとなりました。


本日で、本年の営業を終了させて頂きます。


来年は1月5日より営業開始となります。


拙い文章を綴った


このブログにお付き合い下さりありがとうございました。


また来年もよろしくお願いいたします。


Staff一同









JUGEMテーマ:フィッシング

















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

系譜を受け継ぐモノ -HORIZON Progressive-



 

 


HPG66B-ML
6'6"ft    1pcs    Max150g    Best100g    Line Max25lb    Drag Max4kg     ¥51,000-(税抜き)

 
HPG66B-M
6'6"ft    1pcs    Max200g    Best150g    Line Max30lb    Drag Max5kg  ¥51,500-(税抜き)

 
HPG66B-MH
6'6"ft    1pcs    Max230g    Best180g    Line Max35lb    Drag Max5.5kg  ¥52,500-(税抜き)

 
HPG66B-H
6'6"ft    1pcs    Max300g    Best250g    Line Max35lb    Drag Max5.5kg  ¥53,000-(税抜き)




 

初めに発表するモデルは、


ホライゾンSLをベースとした『スロー系モデル』だ。


今作において既存スペックをベースに開発に挑み、


ロッド制作の矛盾点に真向から立ち向かうことになった。



 


先ずは ホライゾンSL ( 以降 HSL ) の紹介からしていきたい。


2012年の夏に発売した HSL は驚異的なネバリ強さを持つ


スロー系ジギングロッドとして鮮烈なデビューとなった。


この手のロッドは高弾性で張りを求めたモノが多く、


『折れ』へのリスクが高くなる傾向にあった。


そこで思いっきり曲げても大丈夫なブランクを作ろうと


テストに取り掛かったのである。






一般的にカーボンを高弾性化するとブランクの張りが強くなり、


ダイレクトな操作感と感度を高めることが出来る。


だが高弾性素材の短所は粘りの要素が少ないということ。


そこで高弾性素材と中弾性素材をコンポジットし、


張りの面を高弾性、粘りの面を中弾性で補う形をとった。


さらにクセの無い綺麗なテーパーのアクションに仕上げ、


急に曲がることが無いアクションは掛かる力が常に分散しやすく


スロー系ジギングロッドの要素として必要な


『反発力』と『感度』を持ちながら


『ネバリ』も持ったロッドとして完成した。






そして HSL をベースにブラッシュアップを施し、


今回発表となったのがホライゾン・プログレッシブである。


HSLの長所は『粘り強い』ことが第一に考えられるが、


短所として粘りを強調すると


『操作性』を犠牲にしている事が挙げられる。


前述の通り、


操作性を上げるには粘りを捨てなければ操作性の向上は難しい。
 

この矛盾に挑むには新素材『C・N・T』の存在が必要だった。

 






高弾性素材の比率を上げ操作性を向上させると共に、
 

減ってしまう粘りを『C・N・T』によって補強している。


『C・N・T』の微粒子がカーボン繊維を繋ぎとめ、


破断してしまう限界値を高めることが出来ているわけだ。


また、バット部分には4軸カーボンを巻き上げ、


ネジレや潰れといったウィークポイントへの対策も施した。






以下の写真は、規定を遥かに超えた負荷を掛けています。

決して保障出来ない行為です。

非常に危険ですので、真似はしないよう宜しくお願いします。


 
HPG66B-ML  7kg負荷

 
HPG66B-M 8kg負荷

 
HPG66B-MH 9kg負荷

 
HPG66B-H 10kg負荷

 
負荷試験を行ってみて HSL より安心感が増した気がする。

 
『C・N・T』の効果は間違いなく出ていると感じている。







既存の HSL を見て頂ければ分かるが、
 

一切の無駄を省いたデザインであったため、


軽量化しようにも削る部分が極端に少なく限界と思えていた。

 


そこに光明を射したのは、『トルザイトリング』。
 

SiCガイドに比べ軽量化が実現でき、
 

ブランク本来が持つ運動性能を向上させることが出来る。
 

少しでも穂先を軽く出来ることでジグの挙動を感じやすくなり、
 

従っては『狙って獲る』ことを意識でき、
 

更に奥深いゲームを追求できるだろう。
 



 

 

今まで限界と思えていたが新素材と技術力によって、
 

ロッドの性能は限界とは言えなくなってしまった。
 

まだまだロッドは進化する。
 

2016年2月末頃にデリバリーを開始する予定だ。
 

発売をお待ち頂きたい。












 
JUGEMテーマ:フィッシング












 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

冬は専門誌でイメトレ。



続々と新刊が発売されています。

 
今月発売のルアマガリバーには、

 
レイズ・スペクトラの特集ページ(第2弾)が掲載されております。


今回は実釣編。


フィールドでの使用感が伝わる内容となっております。



 






また休刊となっていた ソルト&ストリーム も復刊されました。


弊社テスター 久保田氏の記事も掲載されております。


ストイックにビックフィッシュを狙うスタイルの裏にある


緻密な『読み』が分かる内容となっております。


こちらも気になりましたら、オススメです。​​



 









JUGEMテーマ:フィッシング

















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー