Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

大河でのBASSゲーム




久しぶりに地元の茨城で釣りを楽しんだ。



今回向かった先は、汽水が絡む大河川。



ターゲットはBASS。





















同行して頂いたのは、



いつもお世話になっている木村親子のお二人だ。



バスボートを出して頂いて、



上流から下流まで釣り込む予定。



試してみたいプロトロッドもあったので、



このロッドをメインにゲームを組み立てる。
























朝4時半に集合。



風が強く、雲が低い。今にも雨が降りそうだ。



そして真夏だというのに、とても寒い。






















親分は防寒着を着てしまう始末だ。



用意を済ませ出船。



バウを向けた先は下流だ。



普段、シーバスを狙うようなエリアを横目に、



どんどん下流へ向かう。



最初に入ったポイントは支流エリア。



先日の雨の影響なのか、水温は低く23度。



タイダルリバーなので潮の干満差があり、



この時点で上げ潮。



7時半頃に満潮を迎え、お昼頃まで下げになる。



やや薄く濁っているが、問題は無さそう。



曇っているため魚はカバーの中より、



外側をウロウロしている事が考えられた。



とりあえずクランクベイトを付けて、



広範囲を手早くチェックする。




























暫く支流の上流へ上がっていくと、



ボラなど生命反応が出てきた。



しかし、本命からの反応は無い。



急激な水温低下で活性が鈍いのかもしれなかった。



こんな日は体力のある個体が



釣れるかもと予想していた。






















そして、親分のロッドが大きく曲がる!



試作ロッドが激しいファイトを吸収しながら



手早く魚を寄せていく。



50センチには届かなかったものの、



1700g弱のナイスな魚体だった。




























そこから少し上流に行った場所で、



私にもバイトが来た。



ファイトがサイズの割に激しく、銀色の魚体。





















セイゴであった。



ラージマウスバスとシーバスが共存する場所。



タイダルリバーならではのターゲットだ。
























その後、反応が無く移動。



別の支流に入ったところで、



キムショー氏のロッドが微妙に曲がる。













狙っても難しいサイズ。ある意味流石だ。



























その後、干潮に向かい川の流速が早くなっていく。



エレキを最速にしても、



人が歩くスピードより遅いくらいだ。



一気に上流へ移動することにした。



各橋脚の周辺へルアーを打ち込んでいく。



橋脚の後ろへ出来るヨレに付いている魚を



狙っていく考えだ。



何本か掛けたが小さいサイズばかり。



昼過ぎまで続けたが、ポツポツと釣れるのみ



最後にキムショー氏が



締めの1匹を根性で引きずり出した。



(すんません。写真無かったです)

























そして強めの雨が降ってきたので強制終了。



渋い一日だったが、なかなか良いテストになった。



お二人共、ありがとうございました。






















TackleData


Rod : Magna-Impact MI63B-ML


Reel : Revo


Line : MI207N 14lb


*************


Rod : Magna-Impact MI65B-M


Reel : Revo


Line : MI207N 14lb


*************


Rod : Proto type


Reel : Steez100


Line : MI207N 12lb


*************


Angler : Staff Funaki




























JUGEMテーマ:フィッシング

















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

神様の存在




九州の倉永氏よりレポートです。



素晴らしいゲーム内容だったそうです。













*****************************













週末は休日返上で仕事をおこない



月曜もしこたま残業し迎えた火曜日、



夕方に仕事の関係で普段メインフィールドとしている



河川の近くに行く予定が入った。



ムムムッ!



これは神様が仕事を頑張ったご褒美に、



気晴らしでもして帰りなさいとプレゼントしてくれたに違いない!



そう確信した私は朝からタックルを準備し、



車に積み込み職場へと向かった。























一通り仕事が終わり夕方明るい時間にポイントに到着。



まぁ釣れなくても



気晴らし出来ればいいかなと思っていたが、



ポイントの様子をみると当日の雨で濁り状態。



メインポイントである流れ出しは水量も多く、



流芯がハッキリとしていた。



少しニゴリがキツいように感じるが悪くはなさそうである。





























上流側から流芯の瀬尻奥にキャスト。



スローリトリーブで水面直下をトレースする。



ラインメンディングを行い流芯を斜めに横切らせてくると



真横からシーバスが飛び出し見事にヒット!



着水からヒットまで丸見えであったため大興奮!



キャッチしたのは80cm3.7キロの良型であった。



単独釣行であるため



セルフタイマーで写真を撮り優しくリリース。































こうなるとサイズアップを狙うのは釣り人の嵯峨であります。



静かに近づいて同ポイントにキャスト。



同じコースをトレースすると突然大きな水柱があがった。



ヒットした瞬間からデカイとわかる重量感。



エラ荒いも迫力満点!



1キロに設定したドラグは軽く引っ張り出していく。



10分程度やり取りし、魚もゆっくりと寄りはじめた。



この時点で汗だくに腕パンパン!立ち位置を変えながら、



ランディング体制に入った。



ところでコイツは何センチあるんだろう〜と色気をだした瞬間、



魚が反転し一気に突っ込んだ。



そして気がつくとロッドはテンションを失っていた。



ガッカリしながらルアーを回収すると



フロントの4番フックが1本折れて2本が伸ばされていた。



(無念)






























しばらく休憩し、ルアーを変えて流れを横切るようにキャスト。



リトリーブせずにルアーをドリフトさせる。



そして流芯をはずれ、



ラインのテンションでルアーが向きを変えた瞬間ガツンとヒット。



これも重量感のあるグッドサイズである。



流れに乗った突っ込みと激しいエラ荒いを繰り返すが、



愛竿 SWAT 83LML−BC が



理想的なベンディングカーブを描き、



魚の動きを柔軟に吸収してくれる。



このロッドの懐の深さと絶妙なバランスの良さは



ランカーサイズをかけて始めて気付かされる。



そして最後は大人しくネットイン。

































キャッチしたのは91cm



7.1キロの丸々としたランカーであった。



ファイト時間で言うと



先ほどバラしたヤツの半分といったところ。



バラしたヤツはメータークラスかな〜(涙)



神様もそんなに甘くはないのね!



























普段ならこれで納竿なのであるが、



まだ気配を感じたため少しポイントを休めてから再度キャスト。











































結果75cmと、ラストに83cm5.6キロを追加し



計4本をキャッチした。



超ランカーはキャッチできなかったものの、



神様の存在を十分に感じた釣行であった。(笑)































JUGEMテーマ:フィッシング






















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

雨にも負けず!




テストしたいロッドが沢山ある。



しかし、



釣りの予定を組むと雨…。



行こうとしていた場所は、



水位が高いと遡行できない場所なので、



雨が少ない時にしか行けない。



仕方がないので近くの川辺で、



試作品を持ち込んで色々と試しているわけです。






















さて今シーズン、



渓流でトラウトと遊べる時間は残り2ヶ月ばかり。



雨にも負けず、釣りに行こ〜。



Staff Funaki





















JUGEMテーマ:フィッシング






















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

大人なバスフィッシング




ミスターKと私は野尻湖へ向かっていた。



出発したのは日の出ごろ。普段は夜中走って、



お日様が出た頃には現場にいるのが多いが



たまにはユックリと釣りを楽しむのも悪くない。



急いだ所で野尻湖は出船できるのが朝7時からと決まっており、



早く着いたところで時間をもて余す。



なので急がず『大人な休日』を過ごす計画だ。





















毎回お世話なになっているレンタルボート店



『吉野屋』さんに、出船時間を過ぎてから到着。



ここでも僕らはマイペース、



焦って出ても大人な時間は楽しめない。



ボート小屋で近況を聞いたり、



タックルの話で盛り上がる。





















ここの所、虫パターンが有効だという。



6月末頃に訪れたころは毛虫が大量に発生しており、



ちょうど今になって成虫となった蛾が水面に落ちている。



最近ニュースのネタで



『マイマイ蛾』の大量発生が報じられていたが、



まさにそれだ。



蛾だけではなく蝉やカナブンなど昆虫が多い時期、



バスは水面を意識している事が多い様で



表層のルアーが面白そう。



今回持ち込んだタックルは、全てハードルアーのみ。



ソフトベイトで手堅い釣りも楽しむのも良いが、



縛りを持って楽しむのも良いかなと考えたからだ。



それとテストしたいロッドもあった。





















7月後半の陽気は各地で猛暑日を記録していた。



高原である野尻湖でも、太陽光は痛いほど強い。



夏の定番である岬周辺の水通しと風が当たる面、



シェードが絡む場所を選んでランガンしていく。



20センチにも満たないサイズは、



群れをなして追ってくるが



興味で寄ってくるだけでバイトには至らない。
























湖上は沢山の釣客が出ていた。



シェードの中に虫系ルアーを打ち込む方や、



やや深めをライトリグで探っている方が多いなか、



二人でクランクベイトやジャークベイトを投げ続けている。



ボートのスタンスも、一歩外側にして



フルキャストで岸に届くぐらいの位置だ。



皆が浮いているボートの真下あたりから、



魚を浮かせて獲る考えからだ。



何度か40センチ級がルアーを追ったが、



バイトまでは至らなかった。



急に下から出てきて数mチェイスする、



このハラハラ感を味えるのだから止められない。



時々、水面に落ちた蛾が食べられるシーンを伺えた。



クランクも深く潜るタイプよりは、



表層を引いた方が追いが多い。



やっぱりバスは上を意識している。






























ミスターKが高級ウッドミノーで小型だが1本キャッチ出来た。



高級ルアーに替えたら喰ってきたようで、



なかなかグルメな魚だ。







































少し気分転換にディープエリアに移動。



魚探には底のほうに、少しだが反応が出ていた。



ワカサギの稚魚だろうか。



ブレード系メタルバイブで深場を探ってみる。



答えは早く、すぐに小型が顔を出してくれた。



アタリは小さく一瞬で掛ける必要があり、



タックル選択が難しい。バイトは多かったが、



2ヒット1キャッチしたところで移動すことにした。



やっぱり見えるバイトが面白いからね♪

























4時に帰着するのが野尻湖のルールなので、



残りの時間は1時間ばかり。



日も少し傾いてきて、シェードが広くなってきた。



急なブレイクに、風と陰がリンクする場所を選んで船を流す。



私はややボリュームのあるクランクベイト。



ミスターKはノイジー系のトッププラグを投げている。



倒木とブッシュが絡んでいるポイントで



ミスターKのルアーに激しいバイトが。



強めのベイトタックルで強引にカバーから引きずり出したのは、



40センチ程のバスだ。























満面の笑み。



この釣りがしたくて1日投げ続けていた。



暫く流していくと、



底が丸見えのシャローで 私のクランクにも激しいバイト。

































サイズこそ小さいが、納得の1匹だ。



お互い納得がいったところでタイムアップ。



日焼けで腕や脚が真っ赤。



帰りの船上では水飛沫が気持ち良かった。



いつも時間に追われたバタバタとした釣りばかりだが、



この日みたいな事も一考の価値ありだ。



釣果も欲しいけど、その内容を楽しんだ日になった。



また来よう。





















TackleData


Rod : Magna-Impact MI63B-ML


Reel : CALCUTTA 100


Line : MI207N 12lb


Lure : Woodream NonameClank#2/0  &  #1/0


&


Rod : Prototype


Reel : ALDEBARAN Mg


line : MI207N 8lb


Angler : Mr.K   &   Funaki



























JUGEMテーマ:フィッシング



















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

南信渓流 迷走釣行



7月の連休日。



海の日とは海がある県だけに許された日であって、



海無し県に現在住んでいる者にとっては、



川の日にしたいくらいだ。






















さて、鬱陶しい雨が続いた梅雨が



終わりを告げる頃だ。



日差しは日毎に強烈さを増してきている。



こんな日は川に浸かって涼みたい。



テストしたいロッドもあったので、



ぷらぐ屋工房のN氏を誘って川遊びに出かけた。






















僕らに待っていたのは、



連休中という現状だった。



どこもかしこも人だらけ。



こんな細い沢にも入っているのか…と、



行く先々で入渓できる場所を迷う。



ようやく見つけた良さげな場所で



ロッドを振ってみる事にした。



…が、全く反応が得られない。



水量・雰囲気ともに悪くないのだが、



魚の追いが無い。



人が入れ替わりで入っていたかもしれない、



連休中では致し方ないことだ。





















すぐに退渓して、別の川へ移動する。



N氏が日頃通っているポイントへ案内して頂いた。



南信エリアでは超メジャー河川だが、



誰も入っていなかった。



これは釣れるだろうと意気込んだのだが、



お互い1匹づつバラしただけ。



う〜ん…困った。





















N氏から提案がでた、



『最近行ってない川へ行こう。』



前日からの休みで県外からの釣客が多く、



名が通っている川は人が入っていると読み



マイナーな川を選んでランガンする考えだ。



水量は乏しいが実績はある川。



目ぼしいポイントを見つけては、



ルアーを打ち込んでいく。



どうした?ここも出てこない。



二人で天を仰いだ。



考えていても答えは見つからない。





















太陽も昇って気温は摂氏30度ほどだろうか。



すでに着ているシャツは汗で重く感じる。



10分ほどの協議の結果、



最後の望みをかけて別の川を目指す。



ココならば釣れるだろうと車を進めると



見たことのある車が停まっている。



スタッフO氏の車だ。



考えていることは同じだったのか…。



車には誰も乗っていない、



既に川へ釣りに入っているのだ。



残されている時間は少ない、



仕方ないので別のポイントへ移動。




















この日最後の場所だ。



否が応にも気合が入る。



車を進めていくと大きな車が2台駐車されていた。



外からは黄色い声が聞こえる。



「キャー!冷たいー!」



続いて大きな水しぶきの音。



そう…沢登りの団体さん達が、



シャワークライミングを楽しんでいるようだ。



小規模の滝壺に向かってダイブしているのが



目に入ってきた。



あのポイント、釣れそうだったのに…。



後から来た人間は何も言えない。



仕方ないので、さらに上流に入ることに。























水量こそ少ないが、



淵々で釣れそうな渓相をしている。



少し期待して釣り上がっていった。



まぁ、結果は駄目でしたけど。



僕らの川の日は、ウェダーを着込んでの



高地トレーニングという日になってしまった。



「こんなにも釣れない日は珍しい」と



自分の不甲斐なさを御日柄の所為にしたかった。



この日は清く退散することにした。


























不完全燃焼の日が過ぎた翌日、



1人で川へ向かう。



いつも通っている川だ。



前日の晩に雨が降ったらしく、やや水位が高い。



この時期は鮎師がポイントを競い合う所だが、



全くといって人の気配が無い。



水位を見て他へ移動したのだろうか。



早速、用意して探ってみる。






















水勢は強く、アップストリームで投げると



一瞬でポイントをルアーが通り過ぎていく。



ダウンクロスでキャストしながら、



じっくりと誘いを掛けるようにしてみる。




…出てこない。



流石に連休最終日は、釣り切られた後なのか。



少し我慢の時間が過ぎていく。



上流の1ヶ所に、気になる瀬があった。






















上層はカッ飛んだ流れだが、



下層は適度な深さで岩が見え隠れしている。



ややアップ気味にキャストをし、



水に馴染んだ所からドリフトさせながら



トゥイッチを入れて誘ってみる。



執拗に探っていると



ゴンッ、と下から喰いあげてきた。



水の勢いは強い。



やや強引ぎみに緩流帯へ遊動して



ネットに滑り入れる。



綺麗なアマゴだ。






















本当に嬉しかった。



この2日間、



この1匹に会うために頑張っていた。



こんな時はサイズなんて関係ない。



この後も別のポイントを探ったが、



まったく魚からの反応はなし。



でも満足だ。



釣れる日もあるし、こんな日もある。



そんな川の日だった。























Tackle Data


Rod : Rayz RZ53UL


Reel : #2000class


Line : MI-207N 4lb


&


Rod : Proto type


Reel : #2000


Line : MI-207N 5lb


Lure : ぷらぐ屋工房 5-6cm


   Woodream Arbor 5cm


   Lure Stadio YAMATO 5cm


Wear : AnglersDesign WestHigh Wader


     AnglersDesign AdvanceWadingShoes


Angler : Mr.N  &  Funaki













JUGEMテーマ:フィッシング
























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー