Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

北の大地へ その3




最終日



この日は午前中だけトライ。



皆は前日までで満足してしまったのか、



H氏と2人だけのペアで挑むことになった。



前日に行った滝の上流は、更に凄いらしい。



そんな話を前夜聞いていた。






















藪を掻き分け、崖を越え、目指すポイントまで



車止めから歩いて1時間ほどの距離だ。



言葉では2行ほどだが、



結構な苦行を強いられる。



前日に通った踏み跡さえ消えるほど、



草木の勢いは凄い。



掻き分けながら上流を目指す。



降りられそうな場所を見つけて、



ロープを使って水辺まで降りる。



抜けた先は、言われた通りだった。



滝を下流に見て、足が竦む。



高い場所が苦手な自分には、



スリル満点の釣り場だ。



上流のポイントは淵が多く、やや高低差がある。



水温は前日より1度ほど低かった。



ずっと水に浸かっていると冷たくて



長くは入っていられなかった。






















テンカラの場合、毛鈎を沈めるよりも



表層を流すと効果が良かったようで、



H氏のロッドは終始曲がった。



一通り毛鈎を流した後はルアーでも探る。



効果は覿面だ。


























時間を忘れて上流を目指した。



各ポイントで魚が躍り出てくる。



楽しい時間は一瞬で過ぎ去り、



時計を見ると残りの時間は無かった。



最後に大淵が上流にあるらしいのだが、



帰りを考えると時間は足りない。



釣果は充分だった。



帰ろう。





















来た道を折り返した。



崖の上に出ると林道になっていた。



昔は河川改修のためにトラックなどが



走った道だと思うのだが、



相次ぐ崖崩れなどで道は荒れ放題となり



草木がその優勢を極めている。



歩き出して



前方の藪が不自然に揺れた様に思えた。



気の所為だったのか…。



H氏が徐に爆竹に火をつけた。



やはり何か感じていたのかもしれない。





















3日間も大自然に身を投じると、



色々な感覚が研ぎ澄まされているかのようだ。



草木の匂いや、鳥の鳴き声、



風で揺れる木々の枝の音など



人工物に周囲を守られた場所と違い



獣と同じ心境になれたのだろうか。



その後は何事もなく入渓点まで戻れた。



全日程が終わりを告げる。



歩き通した体は悲鳴を上げていたが、



疲れよりも愉しさが上回ってしまう。



また来ようと思った。






































TackleData


【TENKARA】


Rod : TENRYU TENKARA FURAIBO TF39


Line : Fluoro 16lb(5m) & Nylon 6lb(1.5m)


Fly : 特製毛鉤(Special TENKARA Fly)


【Lure】


Rod : Cradle(改) CD50UL-4


Reel : #500class


Line : MI207N 4lb


Lure : Woodrem Arbor 5-7cm


   ぷらぐ屋工房 5-6cm


       LureStadioYAMATO 5cm


Wear : AnglersDesign Wetgaiters


         AnglersDesign AdvanceWadingShoes


Other : 熊鈴 & 爆竹(多数)


Angler : Staff Funaki
























JUGEMテーマ:フィッシング






















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

北の大地へ その2




3日目



この日は別の川へ行くことに。



前日の夜に合流したお二人と一緒に



3人のパーティで川を釣りあがった。












































初めは一抹の不安があったものの



幾つかの堰堤を越えてからは



数えきれない程の魚が飛び出した。



一切放流などない天然の魚達。



私は前日テンカラで遊んだので、



ルアーロッドをメインに竿を振った。



お二人は、テンカラとルアーを交互に



釣りあがっていく。































































いくら北海道でも7月になると気温は高く、



日が高くなる度に汗が噴き出してきた。



こんな日は少しでも快適に遊ぶのに、



ゲータースタイルが気持ち良い。



中まで濡れてしまうのが前提だが、



足に適度な水温を感じながら歩くと、



自然と一体になった気分になる。
























3時間ほど登っただろうか、



釣果は充分過ぎるほど得られた。



使っていたミノーのフックは、



フロントにシングルフック1本だけに変えた。



トレブルフックを前後に付けると、



『掛かり』は多いかもしれないが、



ゲーム性を優先して自制した。



狙ったポイントに1投で決め、



理想の誘いで魚にスイッチを入れる。



喰い損ねた魚は深追いをさせず、



一端元の位置まで戻ったことを確認して、



次のキャストでバイトさせる。



フック1本だから、深いバイトを得られないと



バレに繋がってしまうからだ。



この駆け引きが堪らない。






































川は淵と瀬を繰り返し、私たちは上流へ進む。



最後に辿り着いた場所は、



落差10m程の滝壺となっており、



かなり大きな淵となっていた。























ここを最後に折り返しにする予定。



スレさせないように交代で探る。



疑似餌など見たことなかったのか、



我先に先を争ってバイトしてきた。



不思議なことに、スプーンやスピナーには



見向きもされない。ミノーだけにバイトが続く。




















































一通り遊んだところでストップフィッシング。



ここからは下山するだけだ。



使っていた クレイドル を仕舞い



背負っていたバックに押し込む。



帰りは藪を掻き分けて林道を歩く。



こんな時は両手がフリーになった方が楽だ。



途中、ロープを使って登り降りすることも考えると、



パックロッドは必須だと思う。



草丈は人より高く、前も思うように見えない。



前日のこともあって爆竹で僕らの位置を伝えながら、



慎重に藪の中を進んだ。



1時間ほど藪の中を歩いて入渓点まで戻れた。



この日の結果は前日以上だった。



3人で数えきれない程の魚と遊んだ。



大満足だ。





















…が、それでは終わらない。



宿に戻ると皆が戻っていた。



そして、F氏に誘われて2ラウンドへ。



近くを流れる川を探ってみることに。



タイムリミットは2時間ほど。



ここではテンカラ竿を振った。



水面を流しても反応が無く、



逆毛バリを付けて貰い、



やや沈めて水中を探ってみる。



これが功を奏し、次々と魚が出て来てくれた。



時間が無いので良いポイントだけ狙ったが、



じっくり狙ったら何匹釣れたのだろう…?



満足を越え、放心に近い感覚だった。





















宿に帰って温泉。そして宴会。



酒の肴に釣り談義。



最高の時間が流れていく。



もう残された時間は少ない。



続く





















TackleData


【TENKARA】


Rod : TENRYU TENKARA FURAIBO TF39


Line : Fluoro 16lb(5m) & Nylon 6lb(1.5m)


Fly : 特製毛鉤(Special TENKARA Fly)










【Lure】


Rod : Cradle(改) CD50UL-4


Reel : #500class


Line : MI207N 4lb


Lure : Woodrem Arbor 5-7cm


     ぷらぐ屋工房 5-6cm


         LureStadioYAMATO 5cm


         Ray Tune 5cm


Wear : AnglersDesign Wetgaiters


           AnglersDesign AdvanceWadingShoes


Other : 熊鈴 & 爆竹(多数)


Angler : Staff Funaki























JUGEMテーマ:フィッシング























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

北の大地へ その1




旅の予定は、昨年の暮れには決まっていた。



行き先は北海道。



京都のF氏の呼び掛けで6名が集まった。

























今年発表したテンカラロッド『風来坊』を片手に、



人間を見たこともない魚と遊ぼうってのが魂胆。



勿論、ルアーも使いたかったので



パックロッドをキャリーバックの隅に忍ばせた。























目的の場所は…、とある河川としておきましょ。



案内して頂いた場所を公表するなんて、



そんな野暮なことないですよね。






















初日、宿に向かう道中、



立ち寄った川で少しロッドを降った。



尺クラスの岩魚が飛び出した。



これが北海道なのか…。



いつも通う信州の川と比較するのがアホらしかった。



自然は豊かなのが一番だ、



いつも悪いのは人間ということを忘れないでおきたい。



















2日目。



翌日は山奥まで行くことになった。



この日のパーティは4人。



他の2人は次の日に合流する予定だ。



非日常な釣りが始まる。



人工物が一切ない大自然剥き出しの中へ入ると、



自分がなんと小さな存在かが分かる。



所々にテリトリーの存在を知らせるモノが落ちていた。

































そう、ここはヒグマが主の地。



その庭で少しだけ遊ばせて貰うことにした。













































車を停めた場所から、



川を塑行していくと流れていた水が消えた。



今迄は伏流水が流れる場所だった。



だんだんと流れていた水は地中に染み込んでしまい、



暫くは枯れた地上を歩くことなる。



30〜40分ほど歩いただろうか、また川が現れた。



そこは岩魚の楽園だった。


































(この日は会長DAYだった。)


















F氏特製の毛鉤を争うように水面が割れる。



風来坊が気持ちよく絞られる。



サイズなんて測るのも忘れて、夢中で竿を振った。





















だいぶ上流まで来てしまった。



帰りもあるので日が高い内に山を降りることに。



一時間ほど歩いただろうか、



皆が心地よい疲労感のなか歩いていた。



あの枯れた川のあたりだった。



右岸側のヤブの中で音がした。



私だけしか聞こえていなかったらしく、



気のせいだったのか。暫く歩くと、



またガサガサとヤブが揺れる音が聞こえた。



これは一緒にいたH氏にも分かったらしく、



直ぐに取り出したのは爆竹。























定期的に鳴らして人との距離を教えるのが必要だ。



向こうだって無闇に遭遇したくはないはず。



爆竹の破裂音が山に響いた。



ヤブの中は静かになった。



確かに何か居た。獣だったのは間違いない。



熊だったのかは分からないが、



ここは彼等のテリトリー。



早く出ていけと言われた気がした。




















そこから40分ほど歩いて車までたどり着く。



長い2日目の釣りが終わった。最高の1日を過ごせた。



まだ2日残っている、いったいどうなるのだろう。



楽しい時間は一瞬で過ぎていく。



続く。




















TackleData


Rod : TENRYU TENKARA FURAIBO TF39


Line : Fluoro 16lb(5m) & Nylon 6lb(1.5m)


Fly : 特製毛鉤(Special TENKARA Fly)


Wear : AnglersDesign Wetgaiters


       AnglersDesign AdvanceWadingShoes


Other : 熊鈴 & 爆竹(多数)


Angler:Staff Funaki

















JUGEMテーマ:フィッシング

























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

ブリュッセルにて












EFTTEX2日目



予定していた商談をこなし、



空いた時間に会場内をフラフラとしてみる。



各社新製品が出ていて、見ているだけで面白い。



ただ、釣り文化レベルは



日本が圧倒的に深いレベルに達しているのが分かる。



1魚種に対して何通りも道具が開発されているのは、



他国では見られない。



所々で日本語で表示されたブランドが多い。



それだけ日本製品は信頼感があるようだ。






































当日の展示会が終わり、



夜は恒例のレセプションパーティが開かれた。



同じ頃、ブラジルではサッカーのW杯が始まっており、



食事のあとは特設会場にて観戦する場ができた。



















スペインとオランダとの試合だ。



各国から集まる方達とのサッカー観戦は、



例え自国でなくとも選手の一挙一動に大いに盛り上った。





















3日目も精力的に商談を済ませ、



最後の日程を終えた。

















夜は皆で町に繰り出す。



(明るいけど夜8時頃です。)



オープンテラスでの食事って気持ち良いですね。
















今年のEFTTEXも終わりとなった。



今度来るときはパックロッドでも忍ばせよう。



最後に街の雰囲気を味わえる写真をどうぞ。




















































































































Staff : Funaki













JUGEMテーマ:フィッシング























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

今年はベルギー




6月中旬、僕らはベルギーへ飛んだ。



今年もヨーロッパを代表する展示会、



EFTTEXの時期になった。



今回の会場はベルギーのブリュッセルだ。



相変わらず日本語が主語の私だが、



勇んでベルギーへ向かった。






















中部国際空港から一路ヘルシンキに飛び、



便を乗り換えてブリュッセルへ移動する。



道中、英語で訪ねられることがあったが、



ほぼ日本語で返した。何とかなるから面白い。



このまま日本語で通そうかと思ったが、



語学力が伸びないので諦めた。









































日本を発って20時間、初日の宿に到着。



改めて日本からの距離を感じる。



以前にも書いたが、こちらの日の入りは遅い。



夕方に感じるのは午後10時頃だ。



昼間が長い分、ちょっと得した気分になれる。




























翌日は、展示会当日。



会場の建物がカッコイイ!



規模も大きく世界中から釣りに関わるメーカーが集まった。



ディーラーだけのショーなので、



一般の方は入場できないので残念だが、



釣具好きには堪らない。


























ヨーロッパではパイクやパーチ、ウォールアイ、



ブラウントラウトなどが人気で、



ソルトではシーバスや、タラが主なターゲットになる。



ブラックバスも多い様だ。



パーチ狙いには、



一昨年に発表した ルナキア・ソニック に続いて、



昨年発表した ルナキア・マグナム も人気で、



日本より高価な価格で取引されているが、



感度を伴う軽さと粘りが両立された



ブランクが人気を後押ししている。



トラウト狙いに、レイズ も人気だ。






















昨年はヨーロッパシーバスの釣りを経験できた、



今回は時間の都合上釣りには行けないのが残念。



いつか、パイクやウォールアイなど、



日本では狙えない魚を釣ってみたい。























バタバタとした日が過ぎていく、



初日はあっというまに終わった。



そして遅い帳が降りた夜は皆で食事に。



帰った時には日付は変わっていた。





















2日目に続く。






















JUGEMテーマ:フィッシング



















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー