Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

3代目のハードル




先日発表した『3代目』ジグザムVⅢ



今回は、そのシリーズの詳細に迫っていきましょう。





















2002年に『初代』ジグザム が発売となり、



2009年に『2代目』ジグザムV をリリースしました。



そして今年、『3代目』ジグザムV が発売になります。



まずシリーズを語る上で共通点があります。



初代から続く伝統的なネバリ強さ、



この点は天龍ジギングロッドの根源であり、



他シリーズである ジグザム・ドラッグフォース



ジグザム・ディープライダー にも引き継がれ、



でも脈々と続くテーマとなっています。






















当時、『2代目』をデザインする際は散々悩まされました。



『初代』を越えながら、



いかにスタンダードなモノにするべきか…。



ロッドを考える際に間違ってイケないのは、



個性が強くなりすぎると



独りよがりで使い難い方が出てしまうことです。



ベースとなるアクションを変えずに、



2ピースから1ピースに変えたり。



グリップの長さや太さの調整や、



リールシートの取付位置。ガイドのサイズと取付位置。



最後にコスメと、挙げたらキリが無いほどで、



使いやすく永く使えるロッドを目指しました。



その『2代目』をブラッシュアップしようと考えたのです。



最初からハードルが高いのです。























V兇箸琉磴いら見ていきましょう。






ブランク







上:JZV供 _次JZV





生命線であるブランクにはコダワリ抜きました。



5ftクラスのスピニングモデルは、レギュラースローテーパーとし、



6ftクラスはレギュラーテーパー。



ベイトモデルは全てレギュラーテーパーとしました。



垂直下もしくは斜めにジグを引いてくるのかで、



使いやすいアクションを求めています。



クセを無くし、スムースに曲がり、



やや張りを持たせ、細身で粘り強く



誰にでも操作しやすい様に設定しました。



表面の加工はアンサンド仕様とし、若干の軽量化を図っています。






















ガイド







(スピニングタイプ) 左:JZV供 ̄ΑJZV




(ベイトタイプ) 左:JZV供 ̄ΑJZV





ステンレスフレームで強度を残し、



オーシャンガイドから



全てKタイプの形状を選択しました。



絡み難さはご存知の方も多いはずなので



形状についての説明は割愛します。






















グリップ












(スピニングタイプ) 上:JZV供_次JZV

















(ベイトタイプ) 上:JZV供_次JZV







スピニングタイプは見て気付いた方も多いはず。



ドラッグフォース 同じ形状を選択しています。



リアグリップは、スピニングとベイトタイプ両方とも



ディープライダーと同じ形状となっています。



握り込みやすく、疲れにくい形状で、



使いやすいモノは例え普及モデルであろうと



惜しげもなく採用しました。



もちろんモーメントを左右する、



自重バランスを整える意味でも有効でした。





















コスメティック



黒とディープブルーを基調としたカラーとし、



永く使っても飽きが来ない、



大人な雰囲気も持たせました。



ネームの部分は、太陽光に当てると鮮やかなブルーに輝きます。


























簡単に紹介を書いてきましたが、



このハードルは辛かったです。



『スタンダード』という言葉は



『普通』と捉えられてしまいがちですが、



ベーシックで普遍的な調子は、



いつの時代でも使いやすく変わらないモノです。



まさに王道。



ロッドの良さは触って頂ければ分かるはず。



近海ジギング・スタンダードタイプ。



ロッド選びに迷っていたら、



このロッドで決まりです!




















JUGEMテーマ:フィッシング






















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

新潟からのお便り




先日、新潟より釣果情報がありました。



頂いたメールを原文のまま掲載いたします。




羨ましい釣果ですね!おめでとうございます!



















アングラーズガイド・リップルの長谷川克仁と申します。



6月20日、新潟県粟島沖でクロマグロをキャッチしました



画像も添付いたしましたのでご確認ください。



数日前からクロマグロの姿は確認していましたが、ヒットには至っていませんでした。



この日もルアーに全く見向きもしてくれませんでしたが、根気強く群れを追尾・・・



何度も回り込み、キャスト!そして遂に水面を割ってヒット!



私のメインで使っているツナロッドはスパイクツナSK812TN-H



強靭なバットパワーはマグロを一気にリフトアップしてくれました!



ファイトタイム5分弱。



35圓離ロマグロをキャッチ出来ました!



まだまだ新潟県沖に回遊中のクロマグロ!サイズアップ目指し頑張ります!





JUGEMテーマ:フィッシング
  • にほんブログ村 釣りブログへ

イカしたメタルで夜遊び




梅雨入りして半袖でも寒くない時期がやってくると、



そろそろ釣果が気になるシーズンとなってきました。



近年加熱する一方のイカメタルゲーム。



手軽であって、釣って楽しい、食べておいしい!



3拍子そろったこの釣りは、



老若男女関係なく人気のゲームとなっています。























さて今年は、このイカメタルゲーム専用ロッドである



スクイッドARにベイトモデルが登場です。






















BRIGADE Squid AR AR77B-L  ブリゲイド スクイッドAR











泳層を見つけ、アタリを捕り掛けていくことを得意とし、



ころころ変化する泳層を的確に捉えることが可能です。



それにはレンジを刻みやすい両軸リールがベストマッチします。



カウンター付のリールなら、深さを数字で捉えられるので



かなり細やかな操作が出来るのが魅力です。






















一般的には5〜10号ほどの鉛スッテを使用します。



このベイトタイプは、やや重ための20号(80g)まで対応でき、



深場であったり、潮流が強い時にも活躍します。



ラインは細ければ細いほどアタリは明確に出ますが、



隣の方とバランスが取れていないとオマツリにもなります。



メーンラインはPEの0.6号を基準として、



0.4号〜0.8号程度で合わせるのがベストと思います。



リーダーはフロロカーボンの1.5〜4号まで。



40僖ラスのパラソル級が来ると4号ほどのリーダーが



欲しくなりますが、手のひら程のサイズなら



2号くらいが一番使いやすく感じています。




















それだとスピニングタイプが要らないのでは?と



考えてしまいがちですが…それぞれ必要性があるのです。



浅いレンジを手返しよく落として誘ったり、



チョイ投げして光と影の明暗を探ったりするには



スピニングタイプの方に分があります。



軽い鉛スッテの使いやすさはスピニングタイプの特権です。



逆に重いスッテを使い深いレンジを探ったり、



大きめのイカの場合はベイトタイプの方が相性が良いですね。



道具はシンプル。



ロッド、リール、ライン、鉛スッテ。これだけ。



釣り方も簡単。



落とす、誘う、掛ける。



でも、スキル次第で釣果に差が開くこの釣り。



今夏の夜遊びが楽しみです。























JUGEMテーマ:フィッシング




















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

中央アルプスから南アルプスへ




気象庁の発表で信州エリアも梅雨入りし、



渇水していた河川は潤いを取り戻してきた。



地域によっては集中的な豪雨で



災害を受けた地域もあり多すぎる雨は困ったもんだ。



今月は出張が続くので暫くは川ともお別れ。



この機会に行っておかなければと思い、



時間を惜しんで川を歩いてみた。




















最初に向かった先は



中央アルプスを水源とする天竜川水系の支流。



久しぶりに入渓するので、



少し新鮮な気持ちもあった。



前日から雨が続き朝まで降った雨の影響か、



やや薄く濁りを出ている様だ。



雨も小康状態となり時折晴れ間が見える。



湿気が体中に纏わりつき不快極まりないが、



こんな状況は魚の活性が高まることが多い。



水温は14℃ほど。



お気に入りのミノーを結んで探ってみた。



思った通り活性はすこぶる高く、



淵ごとに魚が顔を出してくれる。























ヤマト系のイワナだ。



遡行できる限界の砂防堰堤まで行き、



そこから折り返し。



何本もバイトを得られたが、



バラした数の方が多かった。



タックルバランスの重要さを痛感する。



持ち込んだタックルは全てプロトタイプで、



もうちょっと改良したい所が見えてきた。





















一端下界に下り、別の河川に向かってみる。



日は傾き時間は少ない。



思い切って天竜川を挟んで反対側の



南アルプス側の川へ向かってみる事にした。



イワナが釣れたので、次はアマゴが釣りたい。



この河川はアマゴが主体で、



ピンスポットへのキャストが要求される



なかなかテクニカルで面白い川だ。


























入渓すぐに反応を得られたが、寸前で見切っていく。



キャストするポイントと



ルアーを見せる間が狭く大変難しい。



時間も無いので1〜2キャストで見切りながら、



上流の堰堤まで探ってみる事にした。



しばらく進んだ場所でミノーに激しいバイトが出る。



























ヤマメにしか見えないアマゴだった。



写真では見えないが



朱点が尾の辺りに少しだけ確認できるだけで、



ヤマメとのハイブリットだろうか。


























終着点としていた堰堤の一歩手前、



大きな淵に倒木が絡んでいた。



同行したO氏の動きが止まる。



身を低くして水面を凝視している。



どうやら大物が居たようだ。



何度かアプローチしたものの、



結局バイトまでは得られなかったようだ。



お互い、1本づつアマゴをキャッチして



この日は退渓することにした。



さすがベストシーズンだけあって、



先行者の足跡は多かったが、



面白い釣りが出来た日だった。






















TackleData


Rod : ProtoType


Reel : #2000class


Line : MI207N 4lb


Lure : Woodream Arbor 50MD


          LureStadio YAMATO 50S


Wear : AnglersDesign  Wader & Shoes
























JUGEMテーマ:フィッシング


























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

ビワマス体験トローリングin奥琵琶湖




いつも、お世話になっているマリーナ『 ファイブオーシャン 』さんで



レイクトローリングを体験できる催しがあるとのことです。



ターゲットは『 ビワマス 』





ビワマス








4.2kg





最大では70cmクラスになり、食べても誠に美味しい魚です。



ぜひ興味のある方は参加してみてはいかがでしょう?






詳細はコチラ↓



クリック  →  ビワマス体験トローリングin奥琵琶湖

















JUGEMテーマ:フィッシング



















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー