Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

新潟遠征 



フィールドテスターの久保田です。


年末年始は妻の実家に帰省がてら


新潟県上越市にてハタハタパターンのシーバスを狙ってきました。


ハタハタパターンは今回が初挑戦ですが、


新潟の友人曰くボリュームのあるルアーほど好反応な事が多いとのこと。


秋のハイシーズンなどではデカイルアーでも食うという事はよくありますが、


デカイルアーの方が好反応というのとは少し違う。


あくまで『デカイルアーの方が反応が良い』のがハタハタパターンだとか。







期待に胸を膨らませ一路新潟入り。


今回の釣行は30g以上の空気抵抗の大きい


ファットボディーのミノーがメインルアーとなる事、


磯や岩礁サーフがメインフィールドになり強引なファイトも必要になる事を考えて


ロッドは【POWER MASTER LIGHT CORE PML100】を選択。






ショアジギロッドですがショアジギロッドにしてはライトな感覚で使えて


ショアジギロッドとシーバスロッドの丁度中間といったロッド。


しかし魚がヒットした際には


これぞテンリュウという綺麗なベントカーブを描いてくれるロッド。






西風が8mとみぞれ交じりで吹き付ける中、


3か所目にしてガイドをしてくれている友人ヨーキーさんに待望のヒット!






悪天候の中でのファーストフィッシュは自分の釣果でなくとも素直に嬉しい!


ヨーキーさん、加藤さん、私の3人でハイタッチ。


この魚に続いたのは加藤さん。流石地元の名手のお二人です♪






そしてヒットパターンを模索していた私にもようやく待望のヒット!


根を強引に躱しながらランディングした魚は


70cmほどの白銀の眩しい綺麗な魚体。


これがハタハタに着いているシーバスか。






ハタハタは本来深海魚。産卵の時期だけ接岸し浅場にやってくる。


遊泳力には優れておらず波の力に流されて漂っているものを


シーバスが捕食という図式だと聞いていたのだけど、


ヒットしてきた時のルアーアクションは漂わせるというよりは


緩やかな波動のルアーをそれなりのリトリーブ速度で巻いてきてのヒットだった。






なんとなくヒットまでの感覚が掴めたからか魚の群れが回ってきたのか、


そこからはヨーキーさんと私に交互にヒット!










家庭の事情でこの時合いの前に帰宅となってしまった加藤さん不在が悔やまれます。


そして私の3本目。


根回りでヒット!


波の浸食で水中でえぐれているいる磯に向かい


これまでよりも1周り2周り大きいシーバスがエラ洗いをしながら突っ込んでいく。


波もセットの波が入って来ておりえぐれ根に容赦なく魚を叩きこもうとする。


強引に魚の向きを方向転換させ


無理やり磯にズリ上げた魚は86cmの腹パンナイスプロポーション!






磯にずり上がった瞬間にポロリとルアーが外れたのを見て思わず苦笑い。





曲りとパワーを併せ持つLIGHT COREに救われた結果となりました。


年末の締めの釣りとしては出来過ぎた釣果に大満足の新潟遠征となりました。






TackleData

Rod : POWER MASTER LIGHT CORE PML100M

Reel : 13' CERTATE3012

Line : YAMATOYO STRONG8 1.2号

       + FAMELL フロロショックリーダー 22lb

Lure : ZipBaits ZBL15HD-S

Wear : Anglers Design

Angler : Y.Kubota

Special Thanks : ヨーキーさん、加藤さん












JUGEMテーマ:フィッシング










 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

冬のランカーハント



2015年も残りわずかとなった12月末、


チームのメンバー数名で大型のシーバス狙いで釣行することとなった。


今回のポイントは11月から12月にかけて


チームメンバーだけで90クラスが6本、


80クラスにいたっては数知れずキャッチしている有望ポイントである。







今回はポイントが広範囲で飛距離が必要なことと、


大型とのやり取りを意識して SWAT SW107ML をチョイスした。


少々せっかちでS気の強い私は、


ピンポイントを狙い打つテンポの良い釣りが大好きなのだが、


今回は長時間で回遊待ちのM気満載の釣りである(笑)


ウェーディングして地形と潮の下げに合わせて、


移動しながらひたすらキャストを繰り返す。






余談であるが、このような長時間の釣りではロッドの軽さは


アングラーにとってかなりのアドバンテージであり、


キャストや操作性だけでなく集中力を保たせる要因にもなると考えている。


一概に自重が全てではないが購入の際には見た目やアクションだけでなく


自重もチェックすることをお勧めしたい。






しばらくすると強い引き潮によって大きな流れが出来始めた。


流れの中心からベイトが避難するであろうタルミにかけて、


ロッドを起こした状態でゆっくりとルアーをトレースする。


すると5mほど手前でいきなりルアーがひったくられた。


ガッチリとフッキングを入れると、激しくヘッドシェイクを連発


そして流れに乗って一気にラインを引き出していく。


吸い込まれるように綺麗なベンディングカーブを描いた


ロッドを見ながらニヤケ顔を浮かべる。


これぞ至福の瞬間である!


その後はシーバスの突っ込みを交わしながら、


シャローエリアへ寄せて一気にランディング。









ファイトの割にはサイズが小さく少々残念であるが、


ウエイトのある80クラスのシーバスで満足のいく年末釣行であった。













TackleData

Rod : SWAT SW107ML (Variable Master)

Reel : Twinpower 4000

Line : PE #1

Lure : Logsurf 144、SurfSlug 120、Banz 125

Angler : Kuranaga













JUGEMテーマ:フィッシング



 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

適材適所のロッドセレクト


ここ最近三浦半島に通っています。
 

東京湾と相模湾を隔てる三浦半島。
 

岩礁をベースにその間に点在する砂浜、
 

そして数多い漁港岸壁と実に変化に富んだ半島です。


規模も大きくはないので1周するのにもそれほど時間を要しない、
 

釣り人にとってはあらゆるフィールドが濃縮されたような場所。
 

例年11月に入ると産卵を意識したシーバスが南下接岸し始めます。
 

潮毎や風向きによって好不調な場所がハッキリと別れる為、
 

毎回いざ釣行となってから当日の状況に合わせて場所を選択するのですが、
 

そうなると悩むのがロッド選び。


毎釣行2〜3本ロッドを車に積んでランガンをしています。


 



『漁港、岸壁』
 

この時期の三浦半島で主要ベイトの一つとなるのがトウゴロウイワシ。
 

漁港や岸壁にビッシリと何万匹ものトウゴロウがひしめき合い
 

それに対してボイルするシーバス。
 

三浦半島シーバスゲームの初冬の風物詩と言える光景です。
 

9cm前後10g前後のミノーがヒットパターンになることが多いので
 

SWATシリーズでは SW88MLM がロッドテンション的にはピッタリなのですが、
 

私はあえて SW97ML を選択することが多いです。
 

というのもこの漁港のトウゴロウパターン、
 

ボイルしているくせになかなかルアーを食ってこない、
 

俗にいう『食わないボイル』の代表格のパターン。
 

テクニック?の一つとして
 

漁港の常夜灯と岸壁が作る足元の明暗部をきっちり通す。
 

すると明暗でトウゴロウを捕食しているシーバスがルアーに食いついてくるわけです。
 

岸壁と平行にルアーをキャストして明暗に沿ってリトリーブする訳ですが、
 

三浦半島の漁港多くの場合 SW97ML のレングスの方が穂先が明暗まで届き
 

キッチリ岸壁の明暗に沿ってルアーを通す事が出来るのです。
 

またヒットした時に#10の極小フックで
 

ランカークラスと対峙することも考えると
 

SW97MLのショックアブソーバー効果は大きな武器になります。
 

12月10日は漁港で60cm台とグラマラスな80cm。

 


 






『磯』
 

私が好んで入る磯は基本的には沖の潮の流れにルアーを届かせるべく
 

ウェイトのあるルアーの大遠投ゲームがメイン。
 

遠投性を考えると張りのあるロングロッドという選択肢になるのですが、
 

意外と見落としがちなのが手前の根際やブレイクライン。
 

ベイトのトウゴロウが入ったりすると
 

10g以下の小型のルアーが主力ルアーになったりもする。
 

大遠投と軽量ルアー、このどちらにも対応する為に私が選択するのは SWAT SW97ML
 

26〜30gのシンキングペンシルや
 

40gを超えるメタルジグもストレスなくぶっ飛びますし、
 

10g以下の軽量ミノーもウェイトをきっちりロッドに乗せてしっかりとキャスト出来る。
 

何よりレングスもあり、その割にティップの追従性も良いので
 

足元の根際に潜り込もうとする大型シーバスを
 

フックを伸ばす事なくいなして浮上することが出来ます。
 

12月12日にキャッチした83cmの丸々太ったシーバスは50m以上沖でヒット。
 

にも関わらず闇夜の中でも分かるほどど派手な連続エラ洗い。
 

バイブレーションやヘビーシンペンは
 

その重量によってエラ洗いでフックアウトしやすいですが、
 

SW97ML の持つティップがショックダンパー、
 

バッドが寄せのパワーとそれぞれ持ち味を発揮し
 

フックアウトすることなくあっという間にランディングに至りました。

 

 






『サーフ』
 

12月15日
 

この夜入釣したサーフでは僅かながらにウェーディング出来るサーフ。
 

このサーフではメインルアーが10g前後の小型軽量ルアー、
 

サブで26gのシンペンを遠投といった具合なので SWAT SW88LMLをチョイス。
 

このロッドの面白いところは実に幅広いルアーウェイトでベストマッチを感じられるところ。
 

またウェーディングで浸かりながらのランディングになる為
 

レングスは若干短い方がやりやすいことから SW88MLM をチョイスしました。
 

トップウォーターで誘っていると全身を水面から飛び出させて水面炸裂バイト!
 

明らかにデカイその魚体で沈み根に向かって突進していくところを強引に方向転換。
 

SWATシリーズの秀逸なところは初見は柔らかいロッドというイメージが強いが
 

バッドに魚の強い引きが伝達した時に発揮される
 

強靭なパワーには目を見張るものがあるところ。
 

曲ることによって瞬間的な衝撃をしっかりと吸収し身切れやフックの伸びを抑え、
 

曲がりつつも軽量なのに力強いバッドがきっちり魚の挙動をコントロールできる。
 

この時使用していたルアーもフックは#8という大型シーバスには心もとないフックサイズ。
 

しかしフックが1本も伸びることなくこれぞSWATシリーズの真骨頂という
 

盤石なファイトの末ランディングした魚は筋肉質な85cmでした♪

 

 






そして翌日16日。
 

前日と同じサーフのポイントに入りましたが、
 

この夜は風が強く波もあったのでウェーディングはせずにショアラインから釣り。
 

飛距離優先でこの夜は SWAT 97ML をチョイス。
 

沖のブレイクで81cm。
 

 


 
4釣行連続でのランカーゲットに少々興奮気味であります。




 

このようにあらゆる表情を持つ三浦半島のフィールドにおいて
 

適材適所のロッドセレクトにより
 

本来ならバラシているであろうシーバスをキャッチ出来ているように感じます。
 

SW83LMLも車に搭載し出撃の出番を待っていますが


ドンピシャでハマる場所にはまだ魚が入って来ていない状況なので、
 

早くその場所にシーバスが入ってこないかな〜と心待ちにしている今日この頃です。

 




TackleData

           SW88MLM

Reel : 13'CERTATE3012

Line : YAMATOYO STRONG8 1号 & Nylon Leader 16lb

Lure : 漁港 ZipBaits proto

       FTEC エスフォータングステン9cm

    磯  ZipBaits SLIDE SWIM MINNOW 120

       サーフZipBaits Faike Dog DS-CW

       ZipBaits SLIDE SWIM MINNOW 85

Wear : AnglersDesign

Angler : Y.Kubota















 
JUGEMテーマ:フィッシング














 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

激流のブリを求めて 〜クダコ〜


いよいよ今年も1ヶ月を残すばかり。
 

季節は冬を迎えたが、ある場所は熱を帯びていた。

 


その場所の名は『クダコ』と呼ばれ、
 

広島と愛媛の県境を跨ぐエリアにあり、
 

干満の差から生まれる激流が有名なポイントである。
 

アングラーの間ではジグの墓場とも呼ばれ、
 

絶壁に近い急な瀬と激しく流れる潮流が、
 

少しのミスでジグを葬り去っていく。
 

そんな難しいエリアに大型のブリが付くのだが、
 

今シーズンは例年に比べ好調の様だった。




 

シーズン的には最後に近いある日、
 

一発大物を狙ってチャレンジ出来る時が来る。
 

毎月このエリアに通うK氏からの計らいで、
 

弊社スタッフMと共に挑んでみた。

 
お世話になったのは『怒和島マリン』さん。

 


持ち込んだタックルは、
 

勿論このエリアを想定して作ったロッド
 

用意したジグは200〜350gのロングジグを主体に持ち込んだ。
 

この時期になるとメインベイトとなるのが
 

太刀魚となりロングジグが主力となる。
 

ただし稀にアジなどもベイトとなる場合もあるので、
 

同じウェイトのショートジグも用意したい。




 

当日の潮は小潮。
 

潮流こそ緩い日ではあるが風が強いのが気掛かりであった。
 

まぁ私が釣りに行く日は荒天になることが多いのは周知の事。
 

前日は期待を外さず雨…(笑)
 

夜明け前に雨が止んだのが唯一の救いであった。
 

出港前、
 

港で用意している最中から強風が吹き荒れている。
 

ポイントまでの道中は当然頭から潮を被るような荒れっぷりだ。
 

ビチョビチョになりながらポイントに到着し投入の用意をする。


 

 

潮は動き出して間もなく、とりあえず300gのジグを入れた。
 

水深は50m程から一気に20mまでかけ上がるポイントで、
 

着底を捉えて直ぐに巻き出さないと100%根掛かりする。
 

誘いはスローなワンピッチが主体で、
 

餌となる太刀魚をイミテートするイメージだ。




 

開始直後にK氏にヒット。
 

ナイスサイズのサワラだった。
 

その後、しばらく当たりが遠退いてしまう。
 

若干のポイントを移動し、更に浅場へと移った。


 

ドコからともなく海鳥が船の近くに集まり
 

一目散に海に突っ込んでいく。
 

いきなり目の前で鳥山が発生した。
 

どうやら小型のイワシがベイトの様で、
 

ジグをショートタイプへ変更して狙ってみる。


 




するとスタッフMのロッドが絞り込まれた。
 

根から一気に引き剥がし浮かせると、赤い魚体であった。
 

筋肉質な真鯛。
 

何匹かのイワシを吐き出していた。


 


その後も暫く誘いを掛け続けたが全くアタリが無い。
 

ソナーには魚影は映っているとの事だが、
 

何かスイッチが入らない様子である。
 

魚との根比べだ。
 

淡々とジグを落としシャクリ続けた。




 

何度目だったろうか、
 

船をポイントに入れ直した直後、私のロッドが絞り込まれた。
 

6ozクラスのロッドが、バットから曲がる。
 

リールを巻こうにも、ドラグが滑り巻けない。
 

10kg程に設定したドラグが意味を成していなかった。
 

更に締め込み巻けるだけ巻く。
 

巻かないと絶壁の瀬にラインが擦れ、ブレイクしてしまう訳だ。
 

しかし更なる突っ込みでテンションが抜けてしまった…。
 

フックアウト…私の敗けだ。
 

針先が少し鈍っており、
 

フッキングが甘かったのが原因と考えられた。
 

フックを定期的に確認していなかったのが悔やまれた…。




 

魚は居る。
 

でも簡単には釣れない。
 

だから面白い。
 

また同じ様に淡々とジグを落とした。
 

すると同船した方にヒットした。
 

こちらもロッドがバットから曲がっている。
 

リールを巻けない様子で、
 

一方的にラインを出された後テンションが抜けてしまった。
 





いったい、どれだけのサイズだったのだろうか?
 

数日前には10kgを優に振り切ったブリが上がっている。
 

たぶん同じ位の魚が居るのだろう。
 

それが激流の潮に乗って疾走するのだから…
 

とてつもない引きが予想できるだろう。
 

これだから止められない訳だ。
 





この日はコレだけ。
 

悔しさが残った日であった。
 

フックを確認しておけば…と思うのは後の祭り。
 

タラレバを言い出したら、切りがないのが釣人の性だ。
 

来期の再戦を誓って帰路に着いた。




 

Tackle Date
 
*****************

Reel:Jigger 1500

Line:PE3  &  Leader  60lb

Jig:200g

*****************

Reel:Jigger 2000

Line:PE4  &  Leader  70lb

Jig:300g

*****************

Reel:Jigger 2000

Line:PE4  &  Leader  70lb

Jig:350g
*****************

Wear:AnglersDesign

Angler:Staff M  &  Funaki



 
JUGEMテーマ:フィッシング














 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

ご無沙汰しております。



久保田氏よりレポートです。

 
******************************************

 
11月に入りプラと取材の繰り返しでなかなか忙しい日々を送っていました。
 

先日サーフシーバスの取材がありまして SWAT SW88MLM を初めて取材に導入してみました。
 

通常サーフゲームでは9f以上のロッドを使用するアングラーが多いと思います。




 

私も普段サーフゲームの場合は SW97ML を使用しています。
 

今回88MLMをサーフ取材のメインロッドに選んだ理由としまして
 

。坑磽蹌坑腓離襯◆爾メインルアーになること
 

¬槁己のサーフといえど効率よく探る為に着水地点のコントロールを重視
 

場合によっては30gを超えるルアーも遠投する可能性があった事
 

ぜ荳爐長時間に及ぶ可能性があった為より軽量な事
 

といったところ。





 






 




 

そして目論見は大正解だったのではないかなと思います。
 

最近サーフに生息域を広げつつあるヒラスズキを皮切りに
 

狙い通り丸々太ったランカーシーバスをキャッチすることが出来ました。




 

弾くようなヒラスズキのバイトに追従するティップ、
 

重量感たっぷりのランカーマルをサーフにズリ上げるパワーを発揮するバット。
 

遠投性能よりも波打ち際でのルアーのコントロール性能を重視したい時は
 

サーフで SW88MLM はかなりイケていると思います。
 

詳細は12月末発売のソルト&ストリーム 復活号を是非ご覧ください。





 

TackleData

Reel : 13'CERTATE3012

Line : YAMATOYO STRONG8 1号

Lure : ZipBaits ZBL9F Tidal  &  ZipBaits プロト
 
Wear : AnglersDesign
 
Angler : Y.Kubota













 
JUGEMテーマ:フィッシング














 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

太平洋から日本海へ





 
試作ロッドが沢山有った。
 

新しく立ち上げようと考えているブランドや、
 

既存シリーズの追加機種であったり。
 

テストをするべく、太平洋と日本海を駆け回っている。




 

先日、太平洋側でお世話になったのは、
 

三浦半島の秋谷漁港から出船する『清四郎丸』さん。
 

キハダのキャスティングゲームでは、
 

予約が取れないほどの人気船だ。
 

キハダの予兆が残っていれば
 

キャスティングも視野に入れていたが、
 

この日はマグロが跳ねることなくジギングで五目釣り。
 





10月後半ではあったが、
 

この日の陽気は夏に戻ったかの様な暑さ。
 

遥か南方にある台風の影響なのかもしれない。
 

とりあえず、気になっているテスト品を試していく。
 

試作ロッドにリールやライン、
 

ジグを少しづつ変化させながら違いを確認する作業がメイン。
 

とても地道で地味だが、こういった積み重ねが重要だ。
 

垂直にジグを引くか、
 

横にジグを引くかでシャクリ易さが変わっていく。
 

長さと調子(アクション)、硬さによっても大きく左右される。
 

だから色々な場所でテストする必要が有るわけだ。




 

さて気になる釣果だが、
 

サワラを1本と根魚を数匹キャッチして納竿となった。
 

船長達と会食後は、日本海へ向けて車を走らせる。
 

いったん神奈川から長野へ戻り、
 

スタッフHと合流後に福井県を目指す。
 

運転をH氏に預け仮眠を取った。
 

流石に人間は寝ないと駄目らしい。
 

寝なくて良い体が欲しいと思った瞬間だった。
 

翌日は敦賀港から出船する『ブルーズ』さんに乗船。





 

青物の気配が有るようで、
 

前日は荒れた天気ながらも好調だったらしい。
 

こんな事を聞くと眠気なんて飛んでしまった。
 

青物を意識したタックルを中心に試してみたい道具を用意する。




 

前日は船を立ててくれたので垂直に落とせたが、
 

日本海はドテラ流しが基本で斜めにラインが入ることを意識し
 

それに見合ったタックルと攻め方が必要だ。
 

ソナーには底付近に感度が出ている様で、執拗に探っていると誰かに当たる。





 

何度かヒットとバラシを繰返し、ワラサ級を2本キャッチ出来た。
 

微調整を繰り返しているモデルや今回OKを出せたモデルなど、
 

開発中のロッドが目白押しだ。
 

まだ全てをお伝えできないが、
 

近日中に新シリーズの詳細をお伝えしていきたい。





 

TackleData

**************************************

Rod : HORIZON Progressive (Proto type)

Reel : SOLTIGA 10H , RYOGA 2025

Line : PE1.2〜1.5 & Leader 20〜30lb

Lure : JIG 100〜250g

*************************************

Rod : JIGZAM (Proto type)

Reel : Twinpower SW8000PG

Line : PE3 & Leader 40lb

Lure : JIG 100〜200g

************************************

Angler : Staff Funaki















 
JUGEMテーマ:フィッシング












 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

内房河川レポート



久保田氏からレポートが届きました。

 
************************

 
内房河川にシーバスを狙いに行ってきたのですが、


…渋かったです。


例年では等間隔にビッシリとアングラーが並んでいるのに今年は数人。


調子の悪さが伺えます。


今年の私は本当にタイミングを良く外しています。


絶好調の時は仕事や家庭の都合で釣行できず、


休みになり勇んで行くと魚は既に抜けていたり


お目当てのパターンはまだ始まっていなかったり…。






この日狙っていたパターンはコノシロパターン。


友人からの情報では河川内にコノシロは入って来ているが


肝心なシーバスの入りが悪いとのこと。


少し遅めのスタートで朝9時過ぎからの実釣開始。


例年対岸のブレイク沿いにシーバスがステイしていることが多いのですが


この日は全く反応なし。


それならば足元のテトラ際かなとシンペンを通すと予想通りのヒット!






テトラ上での釣りになるとヒット後に


テトラに潜られないようにと硬いロッドを選択する人が多いが


私はそれは少し違うかなと思っています。


テトラから出てきて食ったシーバスは


必ず反転してテトラへすぐ様戻ろうとする。


その時に硬いロッドでは魚が反転する前にフッキングしてしまい


口周りの皮一枚の刺さりになってしまったり、


針先だけのフッキングになってしまう。


その割にテトラに潜られまいとパワーファイトするのでバラシが非常に多くなる。


こういう場合は硬いロッドより少し曲がりやすいロッドの方が


魚が反転してからしっかりと深くフッキングが決まるので


その後どれだけパワフルにファイトしてもバラシにくいと感じています。


『急いで寄せないと潜られる!』とどうしても焦ってしまいがちになりますが、


ショックアブソーバ効果の高いきっちり曲がるロッドの方が


キャッチ率が高いことが多いということを是非覚えていてほしいです。






無事にキャッチ出来たシーバスは


ハイシーズンというにはちょっと寂しい魚体の70UP。


 



この後もう1尾追加しましたがやはりガリガリの60UP。


狙っていたパターンはまだ始まっていないか、


今年はないままで終わるのか・・・。


またSWAT片手に探りに来たいと思います。






Rod : SWAT SW97ML

Reel : 13'セルテート

Line : STRONG8 1号+ナイロン16lb

Lure : ZipBaits スライドスイム85MDS

      MADNESS シリテンバイブ75

Wear : AnglersDesign

Angler : Kubota





 
JUGEMテーマ:フィッシング























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

最終戦2015



今季最後の勝負の日がやってきた。
 

昨年のチャレンジから丸1年。
 

あの日見た光景が忘れられないでいた。
 

ふと覗いた橋の下、
 

大淵に悠然と泳ぐ渓流では考えられないサイズの魚影。
 

そしてE君がキャッチした怪物。
 

釣人として興奮すると共に、
 

ある種畏怖の念すら覚える状況だ。



 昨年の記事→ 『最終戦2014』


 




この日の用意は1年前から進めていた。


ターゲットのサイズと水量を考えると、


普段の渓流タックルでは太刀打ちが出来ない。


本流向けのタックルを改造し、


無理やり渓流域向けに合わせた。



 

リール・ルアーは本流域仕様。


ラインだけはバランスを見ながら微調整する予定。


ただし仕事の関係で、釣行日は1日しか入れない。


天気予報と睨めっこする毎日が続く。


そして釣行日の二日前から雨が続いていた。


タイドグラフは大潮。


当日の天候は好天となる予報。


全ての条件が整った。


あとはチャレンジするのみ。







前日の晩に現場近くに移動し車中泊をする考えだ。


仲間のT氏と連絡を取ると、同じ思いの方達が集まっている様子。


現場に集合すると宴は始まっていた。


遅くまで釣り談義をし、翌日の健闘を祈る。


そして当日。


皆それぞれが思い思いの場所へ散っていった。


状況は話を聞いて想像できていたが、







何か所か移動しながら、一番良い場所を絞り込もうと考えていた。


車で数か所をまわり、最下流部からエントリーすると決めた。


水量は昨年よりも多く、


昨年は簡単に川を横切れたが、今回は意を決して渡る必要がある。


確実にこの水量なら遡上してくるだろう。






無駄なキャストはせず、潜んでいるだろうと思えるポイントを


『じっ』と凝視しながら移動していく。


何か所か見て回ったが何も見つけれない。


昨年見た、あの橋の下はどうだろうか?


興味本位で覗きに行った。


既に先行者が数名ポイントに立っている。


橋の上からユックリと覗くと、深い淵の端に魚影が見えた。


小さく見積もっても50cm程はある。


なかなかのサイズだが、ここは先行者に譲る。


しばらく状況を見ていたが、魚は静かに深場に逃げていった。


そう簡単にはいかない。でも挑戦することに意味がある。






釣り上がりながら各ポイントを見て回った。


途中大きな堰堤があり禁漁区が設けられている。


釣りは出来ないが、魚を観察してみた。


数匹が流れの中に見え隠れしている。


その中に明らかに場違いなサイズが居た。

 

 


小さいサイズが50cm程と思うと…
 

2尺以上のサイズは有るだろう。
 

本当に夢のあるフィールドである。
 





一旦、車に戻り一休みをしていると、
 

仲間のE君とT氏が戻ってきた。


どうやら大物を取り逃がしてしまったらしい。
 

サイズは50cmほどだと言う。
 

200mほど川を下られて振り回された挙句、
 

ランディング寸前にフックオフしてしまった様子。
 

かなり悔しい思いをしたことだろう。
 

話を聞いていて気持ちが伝わってきていた。
 





さて釣りに戻ろう。


下流のポイントに狙いを定め、
 

目を凝らして川を歩く。
 

平瀬の中に40cm程のサイズを見つけた。
 

しばらく観察を続けると、稀にライズする。
 

上層を意識している様子だ。
 

目線の少し上を流せるようにルアーの種類や
 

キャストの位置を調節していく。
 





30分ほど魚との根比べの末、一瞬魚がルアーを咥えた。
 

すかさずフッキングを入れる。なかなかの重量感。
 

押しの強い水勢もあって、ロッドは大きく曲がりこんでいる。
 

だが…数秒のやり取りしたところでテンションが抜ける。
 

掛かりが浅かったようだ…。
 

水面で一瞬跳ねて深場へ逃げて行ってしまった。
 

…言葉にできない寂寥感。そして自分への叱責。
 

一日歩き通して何とか掴んだチャンスを逃してしまった。
 

ほんとうに釣りは簡単に行かない。
 

簡単で無いから面白く熱くなる。
 

その後、しばらく探ってみたが何も音沙汰は無かった。



 

山の夕暮れは早い、早々に竿を仕舞い帰路につくことにする。
 

2015年 渓遊びの最後日が終わった。
 

昨年と同じ、悔しさと清々しさの混じった気持ち。
 

今年は魚を掛けることが出来たので、
 

少しは進歩できたのかもしれない。
 

でも、やはりキャッチ出来てこそ、
 

アングラーとして最終的な目標でもある。
 

とりあえず今季に一区切りをつけ、
 

また来季の再戦を誓いたい。





 

Tackle Data

Rod : Rayz (Prototype)

Reel : #2500class

Line : PE0.8 & Leader 12lb   or   PE0.6 & Leader 10lb

Lure : LureStudio YAMATO 7cm(Proto)

        ぷらぐ屋工房 6-7cm

          Woodream Arbol 7cm
 
          Duo Tide Minnow 20cm   ​

Wear : AnglersDesign West High Wader

           AnglersDesign AdvanceWadingShoes

Angler : Staff Funaki




 
JUGEMテーマ:フィッシング

















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

高知遠征


神奈川の久保田氏よりレポートが届きました。
 
***********************

 

 
9月初旬になりますが高知県へ遠征に行ってきました。


アカメを本命としての遠征でしたが大雨の影響もあり?


アカメの釣果はチェイスのみで出ませんでしたが、


最終日の最後の最後、






ラスト2時間で良い釣りが出来たのでご報告したいと思います。
 

高知遠征の最終日、
 

アカメの可能性を残しつつマルスズキや
 

ヒラスズキも狙える河口域を攻めていました。
 

今年の高知遠征でセイゴは何本か釣りましたが
 

まともなサイズの魚をまだ獲っていなかった為、初日にバラした立ち位置に。
 

バラしたのはバイトの感触や食い方から恐らくヒラスズキ。


それも群れで居食いしている雰囲気のバイトでした。




 

この夜チョイスしていたロッドは SWAT SW97ML
 

対アカメにしてはかなり柔らかい。
 

いや対ヒラスズキにしても柔らかいと感じる人がほとんどだと思います。
 

しかし普段からメインロッドとして使っている私にとっては
 

ベストチョイスだと考えていました。
 

アカメにしてもヒラにしても早掛けするよりも溜を作ってから
 

アワせた方がフッキングも深くなるし、
 

柔らかいといっても曲がり切ってからのバッドのパワーを使えば
 

重い魚であっても問題なく寄せられることを知っているから。
 

特にストラクチャーのないこの場所ならば
 

アカメであっても1m前後なら全く問題ないと踏んでの選択。
 

そしてそれが功を奏しました。




 

遠征初日のバラしたポジションでミノーをあまり泳がさないように流すと・・・
 

『カッ』という感触で直ぐにバイトが。
 

最初の1本目はこの段階で即アワセをしてしまいバラしてしまいましたが、
 

2本目からは『カッ』の感触の後に『ググッ』と穂先が入るのを待ってからアワセ。
 

すると70UPのナイスボディのヒラスズキのエラ洗い!
 

ロッドが衝撃を和らげてくれるのでフックが伸びる心配もなし。
 

余裕を持ってファイトを楽しむことが出来ました。

 

 


ランカーヒラも混じり本命のアカメは出ませんでしたが
 

満足のいく高知遠征となりました。
 





TackleData

Reel : 13'CERTATE 3012

Line : STRONG8 #1.2 & Leader F25lb

Lure : ZipBaits ZBL123F

Wear : AnglersDesign

Angler : Kubota







 
JUGEMテーマ:フィッシング
















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

最高のファイト!


九州の倉永氏よりレポートが届きました。

***********************

 


今年は6〜7月の記録的な大雨の影響が尾を引いて、
 

夏場は全ての魚種が低迷状態であった。
 

そのような状況の中チームメンバーから
 

鹿児島の某サーフポイントでベイトが溜まり始めたというのである。
 

ベイト群れについているのがシーバスだけなら触手は動かないところだが、
 

シーバスにまぎれてヤツも姿をみせるという。
 

聞いた瞬間にリアクションバイトした私は早速タックル準備を始めた。





 

今回チョイスしたのは NEW パワーマスター ライトコア PML96M である。
 

このロッドはショアジギ用であるが非常に軽く、
 

レギュラーアクションでティップの入りが良く、
 

大型をかけてからは懐の深さがあり溜めが効くためバラしにくい。
 

大型ロッドでのPEライン使用にありがちな
 

激しいバイトを弾いてバラすといったことを低減した作りとなっている。
 

またルアーウエイト
 

MAX60gと大型狙いのビッグミノーを使用するのにピッタリのサイズ。
 

青物や大型シーバスはもちろんアカメにも十分対応できるロッドなのである。




 

ポイントに到着し、
 

状況をよく確認すると穏やかな水面にチラホラとベイトを確認できる。
 

まだ時合いではないのか優雅に泳いでいる。
 

しばらく様子を見ながら、のんびりキャストしていると
 

突然ベイトが慌しく動き始めた。
 

大型のベイトが固まり時折四方向に飛び散って逃げている。
 

ボイルこそ無いものの、間違いなくアカメがいる。




 

カレントのある深みを集中しながらトレースしていく。
 

すると突然 ガンッ!ルアーがひったくられた!
 

スプールを軽く押さえながら強烈なフッキングを3回ほど入れてやり取りを開始。
 

豪快なエラ荒いが波間に見える。
 

直後にトルクフルなファーストランでラインを引き出していく。


何度味わっても飽きることのない最高のファイトである。
 

ロッドのしなりを活かして、
 

じわりと間を詰めながら最後はバットパワーで波打ち際へ一気に寄せてランディング!


 


 



 
88cm 9.1キロと大型ではないものの十分満足できるファイトであった。





 

Reel : Twinpower 4000PG

Line : PE #2 & Leader 60lb

Lure : MinnowPlug 14cm

Angler : Kuranaga





 
JUGEMテーマ:フィッシング





 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー