Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

マグナムの称号 続




前回にシリーズの説明を致しました。



まだの方はコチラ





  『マグナムの称号』





















今回は、ルナキア・マグナムの詳細を



明かしていこうと思います。



『マグナム』 のシリーズコンセプトとして、






ライト系マッスルロッドと定義しました。






ライトタックルでも大物と対峙できる…という事です。



大物のサイズは個人差があります。



基準として メバルなら30センチクラス とし、



シーバスだったら50センチクラス



チヌなら40センチクラスまでなら、



余裕を持った強さに仕上げています。





















それを可能としたのは、新設計のブランクにあります。



スムースな弧を描き曲がるアクションが力を分散させ



細いラインでも余裕を持ったやり取りを可能にするのです。



こういったアクションのブランクを作ると一様に



太くダルい物になりがちですが、



ソニックを作ってきた経験から



シャープで軽量に仕上げることが出来たのです。



勿論、ティップは マグナフレックス製法 を採用。



持った感はシャキっとしながら、



ジワ〜っと入るソフトなアクションです。



今作は3機種が初めに登場します。



それぞれにコンセプトを持たせてあり、



フィッシングスタイルに合わせて選べるように設計しました。



各機種を詳細しましょう。




















LKM74M



1グラムのジグヘッド単体を使うことを基準として設定しました。



いわゆるタダ巻きでアタリを拾うスタイルに合わせています。



3機種のうち、一番感度を求めたモデルです。



リトリーブ中に起こる、



「コツッ?」  「フッ?」  「フワァ?」  といった、



前アタリと呼ばれる違和感を感じ取り、



反転して根に潜られる前に



掛けていく事が可能になります。



ソニックの場合、フォールの感度を求めましたが、



このアイテムは、リトリーブ中のティップが若干入った



(潮の抵抗を受けティップが曲がる状態の)



感度とノリが良いと言えます。


















LKM78M



小型のミノーと、ジグヘッド単体との汎用性を高め、



効率よくラン&ガンすることが得意なモデルです。



テトラ周辺、ゴロタ場、潮通しの良い小磯など、



良い個体ほど一級ポイントに付きやすいわけですが、



活性が高いと小さい個体も多くなります。



そこでハードベイトなど、強めのルアーを入れ



大型の個体だけを絞っていくわけです。



そんな際に活躍するアイテムです。



しかし、良いポイントほど、



番狂わせ的なターゲットが出ることも多く、



思わぬ大物にも対処出来るパワーを欲しくなります。



そこで、少々強めのパワーを持たせました。


















LKM82M



基本的なコンセプトは、LKM78Mと同じですが、



ちょい長めが欲しくなる状況で活躍します。



沖のシモリをロングキャストで狙ったり、



潮に合わせてドリフトさせたり、



レングスを活かした釣りに対応します。



3機種のうち、一番トルクフルな機種となり、



ロッド全体のアクションを活かしきれば、



想像以上のサイズとのファイトが可能です。



無茶なファイトはオススメしませんが、



ライトタックルゲームとして、



面白い可能性を秘めたアイテムに仕上がっています。

 

 

 

 

 

 

 

最後に、強さを見て頂ければと思います。



写真のロッドは、LKM78Mです。











以下の写真は、決して保障出来ない行為です。


非常に危険ですので、真似はしないよう


宜しくお願いします。















500g負荷













1kg負荷














1.5kg負荷











メバルロッドとしては過剰なバットパワーです…。



ぜひ体感してみてください。















 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

マグナムの称号









ルナキア・マグナム













今年のカタログに載せて半年経ってしまいました…。



スミマセン、長らくお待たせしました、



これより準じ発売していきます。



今回は、ルナキアシリーズを語るうえで、



その発端となった初代から話を始めます。



















初代ルナキア のコンセプトは、



チューブラーティップを持ち、軽量で高感度で



適度に張りを持たせたメバルロッドでした。



発売されたのは、ソリッドティップが全盛だった頃。



メバルロッドにおいて、感度を求めるなら



チューブラーが良いと広まる直前ごろです。



また、アクションも乗せるイメージが強く、



比較的ソフトなロッドが多いなか、



バスロッドに近い張りを持たせていました。



積極的にアタリが有ったら掛けていく



攻めのスタイル向けのシリーズでした。



時代は同じくして、



ルナキアと同じアクションのモノが増えていきました。



(どうしても流行している時は同じ様なモノが増えます)















初代 ルナキア













この初代には副産物的なモノがありました。



それは想定外のバットパワーでした。



一部の愛好家から、メバルだけに留まらず、



様々なターゲットを狙って楽しんでいると



連絡を頂くようになったのです。



メバルを楽しんでいる方なら、



一度はシーバスやチヌなど



予期せぬ大物が掛かってしまうことは有るかと思います。



それを逆手に取って、ライトタックルで遊ぼうとしたのです。



少なからず私も楽しんでいるクチで、



シーバスやチヌ、メッキ、カマス、タチウオなど



幅広く使っていました。



(※初代は、同じ使い方をしても保障できません…)。










































さて、今作の マグナム は初代の血統を色濃く引き継ぎ、



さらに昇華しています。



ソニック は、感度を優先して造りました。



それは、アジングを代表する速掛け に対応してのことです。



対して マグナム は、軽量で高感度という点では同じですが、



ブランクのパワーを強く設定しました。



















前述のメバルだけでなく、



それ以外のターゲットにも着目し、



状況に応じて様々な遊び方を可能にします。



ソニック ほどの張りは無いテイストで、



ティップの固さだけなら初代と同等です。



しかし、軽量になっている分、感度が高くできています。



そして、 『しなやか』 なアクションに仕上げましました。




















メバル向けのルアーは往々にして



ステディリトリーブを目的に作られていることが多いわけです。



張りが強すぎると、アタリを『弾く』ことが頻発します。



従って、ティップは ソニック よりソフトに設定しました。


















ちょいと長く書きすぎました、



各機種の紹介は次回としましょう。



















 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

きびし、たのし、ジギングday




久しぶりに伊勢湾で



ジギングを楽しんだ。



お世話になったのは、



蒲郡市 西浦港の 隆盛丸



船長の丁寧な操船で、



とても釣りがしやすい。



















この日は急に予約しての、釣行であった。



きっかけはスタッフHへ、



船長からの電話だった。



絶好調だから来いとのこと。



ならば 「行きます!」 と2つ返事。


















当日は天気良く、ほとんど凪。潮は小潮。



小潮でも伊良湖沖は潮が早い。



色々な状況に適応できるタックルが必要だ。



基本は ホライゾンLJ があれば、殆どは対処できる。



ここのところ、ワラサ、



時としてブリも出ているので、



ドラッグフォース も用意した。

































用意が出来たら実釣へ。



朝一は、大物狙いで浅場へ。



水深20mほど。



ベイトとなるイワシは、



かなりの量が入っている。


















ドラッグフォースJDF621S-3 に、



スイミング系のジグを付け、



アンダーキャストで広範囲を探ってみる。



弱った小魚を演出する。



バイトっぽい反応があったが、



フックアップしなかった。



反応が無くなったので移動。


















先ほどよりは少し深場の水深60mほど。



中層に何か反応が出ているとのこと。



しばらくアタリが無く、



ロッドを ホライゾン に替え、



ライトタックルで探る。



しつこく攻めていると、



同船のお客さんにヒット。



ワラサとサワラが、



ポツポツと揚がった。



ジグのサイズが小さい方が食いが良い様だ。



タングステン素材の



シルエットが小さいジグで探ってみる。

















私にもサワラ。
































その後、もう1度浅場で勝負に出たが、




同船者にワラサが1尾




釣れたのみで終わりとなった。



一昨日だったら良かった…



なんて事は釣りでは当たり前。



毎回違うから面白い。



厳しい日だったけど、



ゲーム内容として面白い日となった






















Tackle Data



ブリ・ワラサ狙い


Rod : JIGZAM DraggForce JDF621S-3


Reel : Twinpower 8000HG


Line : PE 4


Leader : 40lb


JIG : 110-130g



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ライトタックル


Rod : HORIZON LJ HLJ61B-FM


Reel : RYOGA 2020


Line : PE 1.2


Leader : 25lb


JIG : 130-150g



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Rod : HORIZON LJ HLJ62B-FML


Reel : RYOGA 2020


Line : PE 1.2


Leader : 25lb


JIG : 100-130g



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Rod : HORIZON LJ HLJ61S-M


Reel : STELLA 4000XG


Line : PE 1.2


Leader : 25lb


JIG : 65-150g



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



Angler : Staff H    &    Funaki

















 













  • にほんブログ村 釣りブログへ

JDF621S-5 【 動画あり 】




JDF621S-5


Lure Wt. : Best 150g  MAX 200g


Line : MAX 60lb


Drag MAX : 10kg



















ターゲットは、大型のヒラマサ、ブリ、カンパチ。



とにかくパワーを必要とするモノ向けに開発しました。



5クラスのパワーとしては、破格のドラッグ値10kg



バットパワー(復元力)は1ランク上に感じられます。



操作感は JDF621S-3 や JDF621S-4 と同じく、



ジグの操作時は、ファーストテーパーに感じ、



ファイト時は、レギュラースローに入ります。



















開発時に悩んだことがありました。



ドラッグを10kg掛けたいのですが、



ガイドを全て チタンKガイド で良いか?と言う事です。



高負荷を掛けるロッドには、



バットガイドにオーシャンガイドを選んでいました。



それはガイド本体の強度を考えてのことです。



Kガイドを着けたかった理由は、



アンダーハンドキャストを行うということ。



それを解消出来たのは、アクション(曲り方)でした。


















ディープライダー JDR631S-5 と、



ドラッグフォース JDF621S-5 を比較してみました。



曲がり込んでいる方が、ドラッグフォースとなります。









上記写真は3kgの荷重を掛けています。













曲がり込むことで、負荷を分散させ、



ガイドへの負担を軽減させているのです。



どちらが良い悪いという訳でなく、



アクションに応じたパーツ選定ということです。

















曲りの違いだけで見ると、弱そうに見えてしまいます。



重要なのは、復元力



曲がった位置から戻ろうとする力のことです。






復元力については、以前に書いたログを参照ください。






→ ネバリって何だろう
















その強さを、動画でご確認ください。












※尚、同じことをされて事故があった場合、


一切責任が取れませんのでご了承ください。








躊躇なく、あっさりと持ち上げています。



非常に安心感を感じるロッドでした。























他の機種の紹介はコチラ



JDF621S-3






JDF621S-4







  • にほんブログ村 釣りブログへ

JDF621S-4 【 動画あり 】




JDF621S-4


Lure Wt. : Best 130g  MAX 180g


Line : MAX 50lb


Drag MAX : 8kg

















『近海のNewスタンダードモデル』



TENRYUのスタンダードはどれかと聞かれると、



ジグザムV JZV571S-5 もしくは、



ディープライダー JDR581S-4と答えています。



癖がない調子で、ワンピッチジャークでは一番使いやすく、



特定の場所や釣り方を除けば、



平均して使う頻度が高いアイテムです。



ドラッグフォース JDF621S-4が、



Newスタンダードと言える点は別にあるのです。



















JDF621S-3の説明で、






ジグを操作している時はファーストテーパーに感じ、



ファイト時は、レギュラースローに入るアクションです。






…と書きました。




ディープライダーとの違いは



アクション(テーパー)なのです。


















個人差はあると思いますが、



ディープライダーはロッドのベリー部分で



ジグを操作するイメージとなります。



ドラッグフォースの場合、ロッドのティップ部分で



操作することが得意となります。



すなわち、もっと繊細なジグの操作が得意と言えます。



また、ラインの角度が斜めになるほど、



すこし長めのレングスが使いやすくなる訳です。



したがって、



ワンピッチでは ディープライダー JDR581S-4。



斜め引きには ドラッグフォース JDF621S-4 が



スタンダードと言えるのです。


















繊細とばかり書くと弱いイメージとなりますが、



バットの強さは動画を見て頂ければ分かります。



ドラグ表示MAX値で負荷を掛けています。








※尚、同じことをされて事故があった場合、


一切責任が取れませんのでご了承ください。












安心感のある、粘り強さを持っています。



開発に携わったスタッフT氏曰く、



「魚を掛けたあと、非常に楽にファイトできる」



「負担が少ない分、集中力が続く」



…と語っていました。




発売するのが待ち遠しいですね。



ぜひ、体感して頂きたいです。





















他の機種の紹介はコチラ



JDF621S-3






JDF621S-5

















  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー