Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

夏の夜遊び Squid Fishing



また面白い時期がやってきた。


この季節、


日本海側の風物詩といえばマイカ(ケンサキイカ)。









今回は、その人気のイカを鉛スッテで狙うのが目的だ。


釣ってよし、食べてもよし。


簡単なタックルとシンプルなのに、


奥が深いことが人気の理由だろう。


繊細なアタリをとり


時としてベンケイと呼ばれるサイズも混じり、


スリリングなファイトが楽しめる。


数で隣の方と競うのも面白い。


弊社スタッフのHとKが、


その人気の釣りを楽しんできたようだ。







お世話になった船は、F-cloudさん。


この釣りを牽引してきた船長は、


気さくな方で誰にでも優しく釣りを教えてくれる。






波風もなく穏やかな海で、潮も適度に利いており、


スッテサイズは8〜12号程が使いやすい状況であった。


水深は70m程だが、狙う層は15〜40m程と、


微妙なレンジコントロールが必要だ。


この様な状況は、


狙いたい深さが分かりやすいベイトタイプを選びたい。


もっと浅いレンジで手返しを求めると、


スピニングタイプが部がある。


まだ未経験の方、参考にして頂けたらと思う。






さて実釣。












スタッフHは スクイッドAR のベイトタイプ。


スタッフKは試してみたいこともあり、


レッドフリップの改造モデルで挑んだ。


仕掛けは鉛スッテと、小型のエギや


浮きスッテを着けたオバマリグ。










誘いは優しく、


ユックリとリグ上部のスッテを踊らすイメージ。


ステイを長く取ると、


ついばむ様なアタリが出るとのこと。






快調に数を伸ばすスタッフK。


それを追い上げるスタッフH。


釣った、バラしたを繰り返し、


この時期の風物詩を楽しめた様だ。





TackleData

Rod : BRIGADE SquidAR AR77B-L

Line : PE0.6

Lure : Metal Sutte 8〜12


Angler : Staff H  &  Staff K




















JUGEMテーマ:フィッシング























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

バフッ!の時期 Snake Head Game Rod 『MIZUCHI』



あの捕食音の時期がやってきた。


草いきれの中、気配を消し、


そっと彼らの呼吸音のする場所を探す。


敏感な彼らは少しの物音でも逃げてしまう。


キャストから誘いまで繊細な操作が必要だ。


そして、それまで静かだった水面が爆発する。


独特の捕食音と共に激しいファイトが始まる。


この静から動へのギャップが、


雷魚アングラーが虜になってしまう要因ではないだろうか。














さて、今回はスネークヘッド専用ロッドの紹介。


まだ水草が生えそろわないこの時期、


薄いカバー周りやクリークでのゲームが面白い。


湖沼や溜池などでは沖に広がる浮草や、


足元のベジテーションを狙うなど


遠近両方の攻略が必要になる。


そういった時にオススメなのが、


MIZUCHI MZ76MH RoundMaster』だ。


15g程の中・軽量フロッグを使い易く、


20g程にチューンしたサイズまで気持ち良く操作できる。


ガチガチのロッドでは無く、適度に曲がる様に仕上げ


曲がる事によりキャストが容易に出来るのが特徴だ。


以前販売していた GOLIATH(ゴリアテ) のモデルと比較すると、


同クラスのパワーを持った GO73MH よりも軽量に仕上げている。


富士社のリールシートTCS18を採用し、


ヘビーなロッドであってもライト感を持たせた。


狙いたい場所が決まっていない時や、


初めての場所であれば MZ76MH を持っていく事が多い。


とりあえずなら、このモデルがオススメと言える。









また、田園地帯を流れるクリークも面白い時期でもある。


灌漑用の用水路には餌となる小魚や小動物が多く、


適度なライトカバーがそろっている場合が多い。


ただし人が狙い易い場所も多く、


大概はスレて難しい場合が大半だ。


そんな場合、ライトなタックルで攻めたくなる。


バスロッドではパワー不足だが、


バスロッド並みの軽さであれば軽量のフロッグを使い易い。


そんな状況に合わせたのが『MZ73M CleekMaster』。


10g程の軽量フロッグでも扱い易く、


ショートディスタンスでテンポの良いゲームが可能だ。


流石にヘビーカバーや、超大型の雷魚には向かないが、


中型サイズの雷魚と遊ぶには面白いモデルとなっている。






話は変わるが、最近マナーの問題等で


釣りが出来なくなってしまった場所も多いと聞く。


野池や用水路などは灌漑用の施設となる場合が大半で、


農作業をされている方の傍らで遊ばせてもらっているに過ぎない。


私の地元では「何か釣れた?」などと話をしてくれる方が多いので、


上手くバランスが取れている。


地元の方に会ったら挨拶することで少しは違うかもしれない。


どうしてもポイントを目の前にしたら逸る気持ちは有ると思うが、


長く遊ばせてもらう事を考えたら、


まずは迷惑が掛からない事を先に考えるくらいのユトリも欲しい。


このユトリが釣果にも繋がるはず。


色々な釣りが面白い時期ではあるが、


どうしてもコノ時期になると行きたくなってしまうのが雷魚ゲーム。


息を凝らす探りと、強烈なファイト。


まだ未経験の方、このスリルを味わってみては如何だろうか。



Staff Funaki


















JUGEMテーマ:フィッシング
























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

大人の渓遊び 〜雨中のヤマト〜



相変わらず雨が続く毎日。


鬱陶しいが恵みの雨と思えば、


河川へ向かう足取りは軽い。


そろそろ渓流の上流域で、


岩魚と遊ぶのも面白い時期だ。


以前に Lure Stadio YAMATO のT氏との会話で、


面白い場所が有るとの事だった。


週末の朝だけ限られた時間だけだが行ってみることに。





 

話によると相当上流へ行くとの事で、


歩く距離が長いことと、


崖を昇り降りすることも考えられるので


パックロッドの Rayz Integral を用意。


ロッドを背中のバックに入れれば、


両手が空くので山岳渓流を歩くのが楽になる。







夜中に出発し夜明けに到着。


目指すポイントの車止めに先行者の車が見えた。


挨拶をすると上流を目指すとのことで、


私達は下流部を探ることにする。






雨の影響からか少しだけ水位は高く、


ルアーを流せるコースは狭く、


テクニカルな釣りが予想された。


狙いはヤマトイワナ。


ニッコウ系のイワナも混ざるらしいが、


狙い方次第で釣り分けられるらしい。


かなりのキャスト精度が試されるが、


岩のギリギリを攻めていくと


不意に岩陰から飛び出してくる。







サイズは小さいが、ヤマト系のイワナだろうか。


先行者が入渓していた為、


彼らの入渓ポイントまで釣り上がって退渓することに。


山岳渓流らしい、目線の高さより上にポイントがあり、


次々と続く淵が面白い。

















4時間程、上流まで釣り上がったところでストップフィッシング。


まだ上流にも面白いポイントは有るらしいが、


そこは先行者へ譲ることにした。


毛鉤で探るのも面白そうな川だ。また来よう。






TackleData

Rod:Rayz Integral RZI50UL-4

Reel:#2000class

Line :PE0.4  & Leader 6lb

Lure:Lure Stadio YAMATO 50S

Wear : Anglers-Design WADING RAIN JACKET

           Anglers-Design CHEST HIGH SOX WADER

           Anglers-Design ADVACE WADING SHOES

Angler:Staff Funaki

















JUGEMテーマ:フィッシング





















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

最近のお気に入り(ティップカバー&ロッドベルト)



山岳渓流に行く際に、


パックロッドを持参することが多い。


効率を重視して、サッと取り出して使いたいものだ。


そこで、ここの所気に入っている使い方がある。







ロッドは レイズ・インテグラル


そこに ティップカバー(L) と、


Newロッドベルト(S) を組み合わせて使用している。







リールを取り付けたままベストやバックに入れ、


ポイントに付いたら簡単に用意できる。


注意したいのはティップカバーはMサイズだと、


4ピースロッドが上手に入らないという点。


Lサイズだと丁度良いサイズであった。


気になった方、お試しあれ。























JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

雨の合間の皐月鱒



久しぶりに気持ちの良い晴れ間が覗いた日、


ぷらぐ屋工房のN氏から入電。


どうやら天竜川でイイ魚を釣ったらしい。









長野県内の天竜川は大きく分けて、


天竜川漁協(上伊那地域)と下伊那漁協(下伊那地域)


以上の2つで管轄されている。


成魚放流が多い上伊那地域では比較的大型の個体が望め、


中規模河川の川幅から釣りやすいのが特徴だ。


変わって下伊那地域は、上流の上伊那地域に比べると


川幅は広くなりポイントを絞りにくい。


ただ稚魚放流が盛んな地域でもあるので、


ヒレピンの綺麗な魚が多いことが特徴である。






件の釣果は、下伊那地域でキャッチしたとの事だ。


流石、20年以上のベテランだけあって


天竜川の癖を知り尽くしている。


今年は若干シーズン的に遅れが生じているらしい、


これから本流で狙うには面白いと思う。


気になった方、ぜひチャレンジしてみては!?







Tackle Data

Rod : Rayz RZ78LML (Satsuki)

Reel : #2500class

Line : MI207N 5lb

Lure : ぷらぐ屋工房 Type 6cm

Angler : Mr. N


















JUGEMテーマ:フィッシング






















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー