Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

準備してます




今年も、横浜フィッシングショーに出展します。



開発と営業活動の合間を縫って、



会場に展示する商品や、



ブースのレイアウトなどを練っている訳です。



写真は、昨年の案です。
















さて、今年はどうなるか、お楽しみに ♪
















  • にほんブログ村 釣りブログへ

LSP という名のロッド



Fates Lake Spin


フェイテス  レイクスピン






このロッドの名前を聞いて、



懐かしいと感じた方は、



筋金入りの天龍マニアだろう。






























 LSP と聞いた方が、



分かる方のほうが多いかもしれない。



既にカタログ落ちして 5年 以上が経つが、



未だに復活の声もあるほどだ。























発売された年代を調べてみた。













1989年。














廃盤となったのが2006年とすると、



17年ものあいだ、



カタログの一項を担ってきたアイテムである。



トラウトロッドとして生まれ、



名前の通り山上湖をはじめとした、



湖でのキャスティング向けに作られたアイテムだ。














写真は、発売当時のカタログより

























レイクと名前が着いていたが、



短いレングスからラインアップがあった。



その中でも人気であったのは、



8 ft と 9 ft モデルであろう。










同じブランクを使ったベイトモデルもあった。






















銀山湖 や 本栖湖、 芦ノ湖、 中禅寺湖など



トラウトアングラーの聖地と呼ばれたフィールドで、



幾つもの実績を作ってきた。



















果ては北の大地でタイメンを相手にしたり、



大河でサクラマスに使うことにも活躍した。



その癖の無いアクションは鱒属に留まらず、



シーバスや、エギングに使うこともあった。





















発売されたこの時代、



現在の様に1魚種1アイテムまで細分化されておらず、



ルアーロッドの括りが広かったと覚えている。


















中弾性カーボンを主体に、



パラボリックな弧を描いたアクションであり、



ターゲットの引きをロッド全体で受け止めることで、



ライトラインでも大物とのヤリトリを可能にしていた。



またファイト中に曲がりをキープしやすい事から



バラし難さにも繋がっていた。



このモチっと感じるブランクは、



天龍らしいと呼ばれる由縁とも言える。



















そんな人気を博したアイテムも時代が代わり、



細分化される流れから



以後のトラウトロッドにバトンを託す形で



姿を消すことになった。












LEGEND of Tenryu










と呼んでもよいこのロッド。




















まだお待ちの方、もう一度振ってみて下さい。



今、カタログに掲載しているロッドの



系譜が見えてくるかもしれませんよ。






















 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

渓流でベイトタックル









今でこそ、様々な釣りモノをターゲットとしているためか、



自分が何かの専門釣り師とは言えないが、



私が天龍に入社する以前は、



ブラックバスに狂っていた。
















生活の基盤が関東にあったので、



自然とBASSをターゲットとすることが多かった。



その際、タックルはベイトタイプが多く、



スピニングリールの出番は少なかったと思える。


















天龍に入社し、トラウトの遊びを覚え、



スピニングタックルを持つことが多くなった。



それが、一昨年からベイトをメインとする様になるとは、



考えてもいなかった。

















ここのところ、バス向けのタックルは、



ベイトフィネスが流行しており、



以前よりも軽量のルアーをキャストし易いリールが



各メーカーより発表されている。

















このリールをトラウトで使ってみることにした。



それが、レイズのベイトタイプを作るキッカケであった。

















トラウト向けのベイトロッドは、



ずっと昔から存在しているが、



渓流向けと言えるモノが少なかったと思える。



ましてはアップストリーム向けというと、



ほんの一握りであるといえる。


















一昨年からテストを初め、



昨年はベイトタックルでの釣行を増やし、



色々とテストしていた。



正直なところ、ベイトリールでの私の壁は、



 『 ルアーウェイト : 3g 』 であり、



これ以下はキャストのコントロールが難しい。



練習しかないのだが、ここは割り切って、



3g以下のルアーはスピニングで使うことにした。

















難しいのも好きなのですが、



やっぱり楽しみを優先といったところ。



リールも、もっとクラシカルなモノがカッコよい。



本流向けに用意した方は、



太鼓型のタイプを愛用している。



本流なら7g前後から上の重さが多いので、



最新型でなくとも遊べるのが良いところ。




















ベイトタックルの利点などは、



別の機会に書きたいと思います。



また、紙面媒体などでも紹介しますので、



そちらもご参照ください。

















さて、今年のルアーを選別しています。



毎年恒例のドラフト会議。



今年の一軍ボックスに顔を並べるルアーは、



何にしようか悩んでいます。



もうすぐ中部地区は河川の解禁となります。



ソワソワしているアングラーも多いのでは?



今シーズンも良い釣りが出来ますように。









Staff : Funaki






















  • にほんブログ村 釣りブログへ

SWAT 追加モデル発表!!



お待たせしました。



昨年より、チョコチョコと



釣行コラムで出てきたSWATの追加モデル。
















ホームページにもUPしましたが、



2機種発表いたしました。







『 SW91L 〜Tradist〜 』





『 SW88H-BC 〜Limit Breaker〜 』






どちらも曲者ぞろいであります。



そう、SWATのコンセプトは、



個性であり、



ドコにでも有るモノにはしていません。



今春発売を予定していますが…、



ただ今、最終調整中です。

















先日、九州でテストをお願いしている倉永氏より、



テストの報告がありました。








相変らず、良い釣りしていますね〜。




80クラスのヒラ様とのことです。









使用ロッドは、SW88H-BC




他にも、60クラスのシーバスを2本獲ったようですが、



やり取りをするようなサイズではなく、



ゴボウ抜きだったとのことです。



まさに、大物だけを狙ったコンセプト通り。
















今後、皆様からのビックな報告が聞けることを



楽しみにしたいです。



ロッドの詳細については、



また別の機会に書きたいと思います。




発売は、4月以降になる予定です。




遅くならない様、気合をいれて



最終調整をしたいと思います。





Staff : Funaki












  • にほんブログ村 釣りブログへ

石垣島でターポン! その




石垣島でターポン! その
 からの続きです。

















ランニングラインをグイグイ引っ張るが、



しかし軽いぞ、本命では無いようだ



赤いキントキの様な魚でした 残念
























丁度潮が上げのタイミングで



今度はタクチャンがヒット!



ウルトラライトなタックルが悲鳴を上げる!



ジャンプも絶妙な竿裁きでかわし



見事キャッチです。

























50センチオーバーの



石垣産パシフィックターポン!



口を触ったがかなりカチカチです。






















その後ユウジ船長が連続ヒットするも、



太刀魚、良型のタマン(フエフキダイ)と



外道ではあるがナイスファイトでした。



















その後、



私のチャーリー(フライ)には



なんもナッシングでした。


















棚が深すぎてフライでは厳しいのか?



若干、メゲてきましたがタクチャン、船長に



「めげずに頑張れと」応援され



「信じる物はなんたら」ひたすらリトリーブを繰り返す



















すると5mラインにターポンの反応があり!



「もしかしたらフライでも届いてる棚では?」
















竿先に全神経集中〜 



















「 コツ 」




あたった 




そしてまた「コツ コツ」
















合わせないでリトリーブストップ 



「 ゴン  ゴン 」 と硬いあたりが



ランニングラインを引っ張る
















フッキング〜!!!!!

















竿のベリーに重ーい嬉しい生命反応が伝わるが・・・・



「あれっ 外れた」 



それがその日たった1回のターポン



(あれは絶対本命)のバイトでした。

















タクチャン、がその後2本目をキャッチ










































くぅ〜 うらやましい



















ユウジ船長も本命ゲッド



















残るは私だけ



ユウジ船長は昼間便もお客様をガイドして疲れてる中



何とか私に釣らせたいという思いが



ひしひしと伝わってきます。



深夜12過ぎまで投げては引っ張り通すも



何も起らず体はヘトヘト



そして



熱く悲し〜いターポンナイト便は終了しました。




















タクチャンは勝利の、僕は敗北のラーメンを食い・・・



「オカッパリで絶対釣ってやる〜」と



わずかな期待をもち爆睡



















・・・が、しかし。



3日間オカッパリでイブニングに挑むも撃沈



なぜだ〜!



















【今回の敗因(言い訳?)】




|が深過ぎて 



 ターポンのレンジをキープしての



 リトリーブが出来なかったのでは?













▲レイジーチャ―リーの色が



 赤、ピンク、イエローばかり巻き、




 黒、茶系が有ればもしかして?













8番のエクスドライブを使ったが、
 


  
   もう少しティップベリーの柔らかい
 



   乗せ調子的な竿の方がバイトを拾えたのではないか?
 



   船が流れてればそれほどキャストは不要なので
 



   6番ロッドでもありかもしれませんね

















【タックルデータ】






フライタックル






●ロッド    エクスドライブ  FES904 #8 



        (遠投重視のシューティングヘッド向きのアクション)



●ライン    シューティングヘッド 



                      インターミディエイト〜タイプ6まで



●リーダー   02X 9fリーダーに 



                      フロロ20LBを20センチ程付け足し



●フライ    クレイジーチャーリー 4番〜6番
        



                      クラウザーミノー  2番〜4番







ルアータックル






●ロッド     
ベイブレイズ  BBZ601S−MLK



       (今回使用はしてませんがBBZ662S−LKがベストだと思います)



●リール     ツインパワー3000番



●ライン     PE1号 リーダー フロロ20LB



●ルアー     ミノー、シンキングペンシル、



                         バイブレーション、ジグ 



                         サイズは5センチ未満の小型 



                      (日によってパターンが違います)

















【お世話になった船】



リトルターン 長嶋祐二船長




GTから癒し系の釣り、そしてマニアック系の



ナイトターポン便まで



リクエストに応じて楽しませてくれました。











ゆうじせんちょうのブログ


    ↓


あじさしフィッシングスタイル

http://littletern.ti-da.net/




























【おまけ】












西表周り、パナリ周りでGTを狙いましたが不発



ジギングでキツネフエフキをゲッド





















風裏を探しフィッシングカヤックで



リーフの釣りをするのも気持ちがいいです。

















最後に今年3月から石垣空港が移転し



直行便も出る様です



今までよりもアクセスが良くなりますので



是非行って見ては如何でしょうか?



釣り以外でも石垣島をベースに



高速船で離島にいったりと



ちなみにターポンは別ですが



GTなどは5月頃がベストシーズンです。


  



































  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー