Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

ドラゴン級 モンスター太刀魚 専用ロッド


HORIZON LJ

 
HLJ61B−FM
モンスター太刀魚専用ロッド。

ターゲットは、

『 指10本クラス 』

太刀魚でこんなにデカくなるのか…。
タチウオ

一般的な太刀魚と比べると、
限界とも思えるサイズである。


地域によっては、200gのジグを背負わせないと、
棚を狙えない潮流の場所もある。
100m以上のレンジを狙うことも多い。


しかも…アタリが分かりにくい…。
非常に厄介なターゲットだ。


そんなターゲットを、ライトタックルで釣りたい。
そんなことから、開発を始めた。


今までのタックルは、
ライトタックルだと、MAX120g程度。
その上は、本格的な近海ジギングのタックルであった。


必要としたのは、
ジグザムシリーズと、オフショアライトシリーズの中間。


先に述べたとおり、
200gまでのジグを操作でき、
ディープレンジでもアタリを捉えられる物が欲しい。


ティップは、マグナフレックス。
強烈で重い引きを受け止める、パラボリックアクション。
ベリーからバットのパワーは、
ジグザムに匹敵する強さを持たせた。


別に、捕るだけならジグザムを使えば良いのだが…。
やっぱり、ゲームとして楽しみたい。




ここで、1つ。この竿で面白いポイントをお教えします。


フォール中において、
このソフトなティップを注視していると…
Short Flex tip

ティップが震えるのである。

これが、ターゲットからのコンタクトであり、
即フッキングすると、バッチリ掛かる。


太刀魚を狙うと、
よくラインを切られることが多い。
(メインラインを噛まれると、どうしようも無いのですが・・・)


特に集中するのが、フォール中

こんな時、ティップを見ていると、
フォール中のバイトを見て分かるのだ。


プルッ プルッ! とティップが動くのです。
コツは、ティップを注視!以上!
(船酔いにお気を付け下さい)

以前、高知の大先輩に教えて頂き、
目から鱗でした。

ぜひ、実戦で試してみて下さい。


ちなみに、指13本まで写真で見た事があります。
まだまだ、海の中は分からないものです。
  • にほんブログ村 釣りブログへ

NEW ライトジギング スペック



 HORIZON LJ

HORIZON  LJ

ベイエリアにおいて、パイオニアであった
『オフショアライト』の正統進化シリーズとして、
遂に、この春『ホライゾンLJ』が発売となります。





ブランクを形成するマンドレル(鉄芯)から、
アクション、パーツ1つに至るまで、
全てを再構築したシリーズです。




無駄を徹底的に廃し、
ブランクは贅肉を削ぎ落としたアンサンド・フィニッシュ。
カーボン本来のパワーを感じられます。




ベイトモデルには、マグナ・フレックス製法を活用し、
ショート・フレックス ティップを実現。
従来の機種よりグラス部を短くし、
ダイレクト感とフォール中のバイトを
絡め取るアクションを実現しています。
Short Flex tip



ガイドは、モデル別にガイドを変化させ、
ベイトタイプは、ティップにLDBガイド、
それ以降をKガイドを選択。
糸絡みによるトラブルを
極力減らせる仕様となっています。
KWガイド


スピニングタイプには、全てKガイドを選択。
青物までを視野に入れる為、ティップ部のガイド径を
太目のリーダーシステムでも、抜けが良い大きさを選んでいます。
KLガイド


ベイトモデル   3機種
HLJ64B−FL (Flex)
HLJ62B−FML (Flex)
HLJ61B−FM  (Flex)



スピニングモデル 3機種
HLJ63S−L
HLJ62S−ML
HLJ61S−M



以上の機種になります。ご期待下さい。
また、各機種の紹介もしていきますので、
ご興味がありましたら、チェックを宜しくお願いします

  • にほんブログ村 釣りブログへ

雨上がりの渓

スタッフ M・O氏からのレポートです。


2012年3月18日
 
一日降り続いた雨は夕方で止み、
天気予報を見て朝一勝負で
渓流へ行こうと決めたのは前日の晩の事だった。



早朝、まだ暗い内に家を出ると
この時期には珍しく濃い霧が出ていた。


 
車が山道を登り始めると
程なくして霧が薄くなってきたと同時に
目に飛び込んで来たのは、絶望的な程に濁った川の流れ…。



しかしここまで来たし、
せめて目当ての川筋まではとそのまま登り続けた
そしてその支流まで辿り着くと…、



少し白い濁りが入ってはいるが
釣りが出来ない程ではない
入渓ポイントまで辿り着くと早速準備にとりかかる。

 

手に取ったのはレイズ RZ53UL

RZ53UL

今回のような小渓流で、軽めのルアーを使い、
ピンポイントを撃っていく釣りには最適のロッドだ。



準備を整え最初のポイント、小規模な堰堤に向かう。



心なしか、前に来た時よりも掘れ
プールが大きくなっている。
「絶対魚が付いている」
そんな思いを抱きながらファーストキャスト。



コツンッと小さなアタリがあり、
難なく上がってきたのは20cmほどのアマゴだった
拍子抜けしつつも、
堰堤にはまだ魚は居るだろうと思い少し下流の流れにリリース。



そして2投目、白泡が消えて流れが緩む辺りへキャスト



ルアーを引張ってしまわないようにラインを震わせ、
一点でルアーが暴れるようにシェイクしていると、
水面下で白い魚体が反転した



「ゴンッッ」



強い衝撃が手元まで伝わる
力強く重いローリング



足元まで寄せると
ジジッ、ジジッと気持ち良くドラグを鳴らし抵抗する



そこをロッドでいなし、観念したかのようにネットイン。




牙のような歯、しゃくれた顎、力強さを物語る大きな尾鰭、
そして射してきた朝日を浴びて薄紫に輝く鱗

 イワナ

文句の付けようが無い、丸々と太った31cmのイワナだった
美しい魚体に見とれ、しばしの写真撮影。
写真を撮り終え、そっとリリースすると、身を翻し、力強く流れに戻って行った。


 

心地好い充足感に浸りつつ釣りを再開する
そのポイントで更に魚を追加し、
その後上流へ釣り上がっていく。


 

昨日の雨と、まだうっすら残る濁りで
人的プレッシャーから解放された魚達は、
驚くほど素直にルアーに反応してくれる。


 

サイズこそ延びないものの、
飽き無い位に釣れてくる
そして退渓ポイントとしていた堰堤に行き着いた。




ここでも何度かルアーを通すが反応が無い



そこで、今まで使っていたルアーから、
タイプの違うルアーに交換して、もう一度通し直す。



「ゴンッ」



今度は26cmだがまた綺麗なイワナだ
思い通りに釣れて、思わず笑みがこぼれる



この一匹を最後に、釣りを終えた。



濁りに不安を抱きつつも、
終わって見れば2時間程度で良いサイズも含み
7、8匹 とまだ寒いこの時期としては大満足の釣行となった。
 


タックルデータ
ロッド: レイズ RZ53UL
リール: 2000番クラス
ライン: ナイロン 4lb
ルアー: 自作ミノー

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー