Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

ビワマス ダウンリガー専用モデル

 ラグナ < ラグナ >



構想が持ち上がったのが、2010年暮れ。        

琵琶湖 北湖にてレイクトローリングを開拓してきた、

F氏からの提案から始まった。


ビワマスをターゲットにおいた専用ロッドの開発である。

氏からの要望は、ダウンリガー専用モデルであること。

これは、ビワマスの生態を考えた上で

非常に理にかなった釣法であることが分かる。

 レイクトローリング



まずは、ビワマスの生態から解説したい。

夏,湖中での遊泳層は水温15付近,

すなわち水深1520mの躍層直下で捕食時にのみ

水温2025の表層に出撃し,群れアユを捕食するらしい.

高温で餌の多い表層で捕食し,低温の躍層下で休息するのがふつうで,

夏季の琵琶湖の水温が上下で大きく違うことを巧みに利用して生活している.
食性:河川生活期の稚魚は小型の水生昆虫や陸生昆虫を捕食し,

湖中の未成魚はヨコエビなどの甲殻類を,

成魚は湖中のアユやイサザなどの魚類とヨコエビを主に食べる.

~(独)国立環境研究所HPより引用~

ビワマス
 

以上のことから、比較的ディープレンジにおいて
生活圏を持っている魚であり、

釣り方としてダウンリガーによる深場を狙うことが近道である。


状況によっては、20m
~30m以深までを狙うこともあり、

時として70cmを超えるビックフィッシュとの遭遇もある。

なかなか、手強いターゲットである。



しかも、甚だ美味とのことだ。
ゲームフィッシュとしても手強いうえ、
美味しいとならば、
釣り師として是非釣ってみたい魚といえる。 



ロッドの紹介は、『ラグナ LN762L』へ引き続きます。



  • にほんブログ村 釣りブログへ

New SWAT ~求めたモノは、個性~


SWATロゴ3



SWAT全体写真


既存アイテムのコンセプトを追求させたモデルと、
新たな分野にチャレンジするモデルなど、
個性豊かなモデルに仕上げました。

2005年、次世代モデルのシーバスロッドとして開発され
リリースされた『SWA
T』シリーズ。




スタンダードモデルに加え、翌年にはディスタンスモデル
ワインドモデル・フィネスモデルなど、
進化を続けるシーバスタックルに合わせたモデルを発表。

5年の歳月で素材・パーツにも進化が進み、
新たなルアーの発表が相次ぐなか、
より細分化していくタックルを求め、
2010年より開発がスタート。

メディアを賑わす月並みな言葉を付けたところで、
必ずしも良いロッドになるとは限らない。

『本物であること。』『王道であること。』

ただ王道であっても、
『個性を重視したモデルであること』に拘りました。

既存のアイテムにおいて、
当時の技術では成しえなかったブランクを、
最新の技術と2シーズンにおよぶ徹底した開発において
形にすることが出来ました。

SWATネーム部

今回発表するのは、シーン別に合わせた5機種。
港湾エリア、大型河川を中心としたモデルが中心となります。


2012年、TENRYUが発表するシーバスロッドは、
エゴイズムの塊といっても過言ではない
個性を持たせたシリーズです。


今後の追加機種など、目が離せないシリーズとなることでしょう。



http://fishing.tenryu-magna.com/shore/swat.html


  • にほんブログ村 釣りブログへ

転換期

 

19635月、グラスファイバー素材を使ったロッドの生産を始める。いわゆるグラスロッドである。


時代は、この素材により大きな転換期を迎える。


グラス繊維を使ったプリプレグ(繊維の布)の成形技術を取り入れ、釣竿は革新的な進化を遂げる。

グラス製ロッド
デザインは六角竿と同型のグリップを採用していた


一般的なジョイント(継ぎ)もあったが、
グラスロッドの登場により、振り出し式の竿も可能となった。
軽量化とコンパクト性が爆発的な普及を果たす。


振り出しガイド
ガイドの形状・素材などをみても、発展途上が伺える。


グラスロッドタグ
アカメと表記されている。

高度経済成長期にともない、
趣味の多様化もあり、釣り文化も奥深くなってくる。
生産の効率化や、品質安定を図れることもあり、
釣竿は手工業から、近代工業への進化していくのである。

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー