Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

みちのく イワナ釣り



梅雨も明けぬ6月の末に

うぶなイワナを求め東北の渓に1泊2日で行って来ました。







またまた、フライロッドのテストも兼ねての釣行。








水量たっぷりの広めの川から、トンネルの様なボサガワまで、

今回は台風の影響も残り増水している川が多く

ドライフライの釣りにはちょっと厳しい状況でした










なかなかパラダイスは見つからず


2日間で850キロ走破


釣れないからポイント移動ばっかりで・・・










初日、お店の方に教わった川に入るも寒い!

シャツの上にトレーナーを来て丁度良いぐらい

虫っ子も全く飛んでおらず、

2時間釣り上がるも一等地でチビイワナが見に来る程度。









移動・・・










一山、二山超えて大型河川の支流に入るが

水が多く川通しで釣り上がるのが大変。








ここでは7.9ftのオールラウンダーで釣り上がる。










緩い瀬の続くポイントで私の出番。

10番のエルクヘアボリュームたっぷりカディスを

少し上流から流すと 「出ろっ!」







・・・出ました

みちのくイワナが







サイズは25センチぐらいですがコンディションのいいのが

7,9fの竿をバッドまで曲げてくれました。

このサイズを釣るには丁度良いパワーです。

















爬虫類系のうぶな、みちのくイワナ

連れのマッサンは今だにノーフィッシュ。









昼もとっくに過ぎていたので、うまい蕎麦でも食いに行きますか?









そこの蕎麦屋さん、山奥の集落にあり、

ある食通のFショップのオーナーは日本一美味いと豪語していた。

以前その話を聞いてもう2回もこの川に来てますが、

その蕎麦屋さん2回とも定休日で(涙)











しかし! 今回は ぬぁんと!営業中の看板が!






つなぎを使わない100% そば粉だとか、

歯ごたえのある これぞ蕎麦?よくわかりませんが

蕎麦も美味しいが行者ニンニクの天ぷらが最高でした。









腹ごしらえをし第3ラウンドへ

とにかく魚を釣ろうと支流の上流へ、いわゆるボサガワです。









深みのあるポイントは、必ず木々がオーバーハングして

6.3ftのボサガワスペシャルでも、なかなか厳しい。









それでもロールキャストでポイントに入れれば

イワナが出ます! 出ます!







少し二人とも癒されました。時計を見ると4時近くに!



ちょっと欲を出し大きいの釣りたいっすね〜と私のリクエスト






…で、またまた大移動

また山を越え少し規模の大きい川でイブニングタイムに突入!









テント場も確保しこれでギリギリまで釣る!がいつものパターン








またまたロッドを7.9ftに戻し、林道の車止めから釣り上がる

ハッカスプレーをガンガンつけても

超ミクロなブユの猛攻に合い闘いながらの釣り上がり

未だにカユイです



















7時30分頃、流石にフライが見えなくなり

そろそろ ヤバイ ですね!








慌てて藪こぎして何とか林道に出られた









テント設営、タープ設営、お湯沸かし、

今宵のディナーは 『佐藤のごはん』

チキンラーメン(ラー油チューン)でございます。









仙台のフライフィッシャーに教わったんですが

野菜と肉を炒めて食べるラー油をお好みの量を入れて


更に炒める


そして麺の上で卵を割りその上に炒めた野菜、

肉をのせて出来上がり

グレードアップしたチキンラーメン 

ぜひお試しあれ








草が生えてる場所でテントを張ったのでなかなかの寝心地でした。













次の日

モーニングを済ませ地図を開き作戦会議・・・





でかいのを釣りたいという意見も一致し目的地は決まった。











またまた大移動です













天気には恵まれました。








雪渓が残ってます。






ダム上でも水量の多い川









比較的河原もあり、流れも太いのでリーダーを長くしたい。

8.3ft ドリフトスペシャルにセット!

バッドからパラボリックに曲がる割に

ロングキャストも出来、ターンも良い。





















大きくても26センチ止まり、結局尺超えは出ませんでした








大移動を繰り返した甲斐あり

様々なフィールドでのテストが出来ました。










みちのくのイワナ釣り!サイズはともかく楽しいですね〜

これからのシーズン!アブの猛攻もありますが

テレストリアル系のビッグフライでデカイのが・・・

これまた楽しい時期ですね。







 


タックルデータ

●ロッド  7.9ft 開発サンプル (オールラウンダー)

       6.3ft 開発サンプル (ボサガワスペシャル)

       8.3ft 開発サンプル (ドリフトスペシャル)

●リール  3番 ラージアーバー

●ライン  3番 ダブルテーパー

●リーダー 5X12ftに 5.5Xを 2ft〜5ft 追加

●フライ  10番のカディス

       14番パラシュートアント

           12番ソラックスダン

       12番CDCカディス   

●アングラー  スタッフM・T





  • にほんブログ村 釣りブログへ

ネバリって何だろう





各地の販売店様や、展示会などで商品の紹介をしていると、

よく語られる言葉がある。




「 天龍らしい、ブランクだよね





この言葉を、何度も耳にする。

何が、らしいのか?





総じて共通する事は、




『 ネバリがある 』 …となる。





TENRYUユーザーの方たちは、

自然に感じている事でしょう。


確かに、私をはじめスタッフ全員が、

「 ウチのサオは、ネバリヅヨイ 」と答えるだろう。







さて、ロッドにネバリを求める声は多い。







マグロを狙うロッドから、渓流のフライロッドに至るまで、

どんなロッドでも、よく言われている。






では、ネバリとは何だろうか?






定義付けすると、なかなか曖昧な部分であり

表現しにくい点ではあるが、

私の考えとして、







『 耐久力 と 復元力 』と解釈している。








耐久力とは、ブランクが破断するまでの限界値。





復元力とは、負荷をかけると入力された方向とは、

反対に戻ろうとする力。

または、潰れた円が戻ろうとする力でもある。









この2つの力の値が高いことで、

『 ネバリがある 』、『 ネバリ強い 』と表現されているのだろう。







硬い = ネバリ強い …という訳ではない。







すなわち、







『 耐久力と復元力が強い = ネバリ強い 』

ということである。








ターゲットの獲物が掛かった際に、

ロッドとラインの角度を、

常に直角(90°)に保てるようにしてみて頂きたい。







適正なドラッグ値などでファイトすると、

ロッドを持っているだけで、十分な負荷を掛けることができる。

ブランクに仕事をさせる、

意外と、出来る人と出来ない人が分かれるのです。












…以上、釣竿屋の小言でした。













  • にほんブログ村 釣りブログへ

チヌを求めて 浜名湖



先週、東京湾でシーバスを狙っていたとき、

隣の方が大きなチヌを釣っていた














まだ読んでいない方は、こちら↓

東京湾クルーズ ショアからも












大きな魚を見ると、釣りたくなるのが釣り人のサガである。








そんな事をスタッフと話していると、

「 チヌか〜、キビレも釣りたいな 」

「 それなら、浜名湖じゃないかい 」

…ということで、





浜名湖 に行ってみた。









先日の台風の影響で、

湖の半分が茶色に濁っており、

ポイントを探してウロウロ。












潮通しがよく、水色が良い岬付近を探ってみる。







この日、選んだタックルは…



スワット SW71ML Jerkin'











浜名湖 + キビレ = ポッパー という

安直な考えから、

ショアからポッパーを使いやすいタックルを選んでみた。






アマモが広がるシャローの外側に急なブレイクがあり、

右から左へ強めのカレント。






石積みに当たり、潮目がヨレているところを集中的に狙ってみる。







バフッ!!と音と共に、ルアーが水中に引き込まれた、





初めは本命かと思われた、

ジャンプをしたことでシーバスだったことが判明。

40cm程度。あっさり寄せて抜きあげる。





ボチャッ…と音と共に、魚は水中に帰っていかれた。

魚が暴れて、針から外れたのでした。








あっちこっちへ、移動しながらポイントを探ったが反応なし。










久しぶりのプライベート釣行。

たまには、他の魚種も遊んでみたくなった。

ロッドを、ルナキア LKT73M に替える。




中通しオモリ 1号、ヨリモドシに、

ハリス0.3号、ハゼ針7号を装着。

カッコ良く言えば、『 キャロライナリグ 』である。

これに、イソメワームを付けて投げてみる。




面白いくらい反応がでた



アナハゼ



ネズミゴチ



マハゼ



ワタリガニ?




何でも釣れてくる

こんな釣りをするのも久しぶり、

童心に返ってはしゃいでしまった





ヤドカリまで捕まえました。









夕刻になり、辺りが暗くなり始めた頃。

もう一度、本命を探ってみる。





ルアーを、ジグヘッドに小型のワームを付けてみる。

ロッドは、そのままルナキア











しばらく探っていたら、スタッフM・Oにバイトがあった。

…が、バラした。






もう少し粘ってみたところ、またスタッフM・Oにバイト!

…が、またバラした。

魚は居るんですけどね〜。

最近よくバラすんです、この方。






バイトも遠のき、納竿することとした。

たまには、違った角度から遊ぶのも楽しいですね。

また、遊びに行こうと思います





  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー