Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

秘境への挑戦




縁有って、黒部川の支流部へ



連れて行って頂くことになった。



一般の車は立ち入れない場所で、



ゲートから先は専用のタクシーが無ければ入れない。



釣り人よりは、山登りの方が多く利用されることの多いエリアだ。



ベースとなる山小屋も、朝早くから登山客が見えていた。





















ターゲットは岩魚。



ヤマト系の血統を受け継ぎ、



この地のみで交配してきた岩魚になる。



普段、通っている川とは違った色や模様が見たかった。



漁協の放流が主体の川が多い日本の河川で、



昔からの血統を受け継ぐ魚は、かなり少なくなってきている。



特に本州では難しいと思える。



だからこそ、釣り欲も有るが見てみたい好奇心も大きかった。


















前々日に雨が降り、川の水位は高い。



本流筋は遡行が難しく、



当日は本流筋は早々に諦め、細い筋に入ってみる。



入渓するには崖を下らないといけないので



両手をフリーにしたい。



そんな時こそ、 クレイドル  などのパックロッドが活きてくる。






















草木が生い茂った場崖を、ロープを駆使して川へ降りた。



ここからが、岩魚本来の獰猛さと繊細さを見ることとなった。



ミノーを結んで、オーバーハングした木々の隙間を射っていく。



喰わせられるゾーンは1m以内。



良いスポットに入ると激しいバイトがある。



しかし、少しでもレーンを外すと喰わせられない。



シビアなキャストが必要となった。



いつも通っている川と規模は同等程度だが、



魚のサイズに驚かされた。



(普段は小さいのしか釣ってないからかも…)。




















山小屋の管理人をしているオッチャンから言われたのは、



尺サイズでは子供。



40センチ以上で一人前。



尺以下はいくらでも釣れるとのことだ。



夕飯は釣った岩魚となるので、



その晩に食べる分だけ持ち帰るのだが、



尺サイズ以下はリリースだ。




















リリースサイズ。




















子供サイズ。




















子供サイズ。













釣り上げた岩魚の胃からは、イナゴが丸々2匹出てきた。



落ちてきた虫を食べている様だが、



もっと大きな個体となるとネズミやヘビも食べているとか。



釣キチ三平の一場面を思い出させる。



初日は40センチこそ釣れなかったが、



尺サイズが釣れ、充分に満足できた日だった。





















晩は囲炉裏を囲んで、釣り上げた獲物を食す。



初めて岩魚が旨いと思えた。



遅くまで釣り談議は続き、日付が回る頃に布団に入った。


















翌日に続く
















Tackle Data


Rod : Cradle CD50UL-4


Reel : #2000 class


Line : MI207N 4lb


Lure : Woodream  Arbor 50F & 50S-MD


Angler : Funaki












 


 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

石垣島でターポン! 夏・リベンジ編




先日、石垣島に行ってきました。



石垣在住の友人 タクチャンがめでたく結婚する為、



遠路遥々、南の果て、



石垣島へ2泊3日の弾丸遠征です。



もちろん釣りも少しだけ?のつもりで



フライロッド1本とショアジグロッド1本に



少々のソルトフライ、ジグ、ペンシル等、



最低限のタックルだけ持って行きました。























土曜日に石垣に到着!快晴です。



空港を出ると相変わらずの亜熱帯気候、



さんぴん茶を飲んでも飲んでも汗で放出!



かなりバテマス ベトナムを思い出すぜ〜、



なんて行った事無いですが



レンタカーを借りエアコン全開で



一路いつものオカッパリポイントに向かう。

























肌を感じる風が何か内地とは違う。



このポイントは石垣島の中でも水深があり、



回遊魚が回ってくる有力ポイント



以前はカツオも回ってきた事があります。



風がつよいので、まずはルアーで開始。



パワーマスターにレッぺをセットし、



(レッドペッパーを石垣ではレッぺと言うらしい?)



向かい風に向かって大遠投〜



扇状に探りランガンして行くも何も出ず、



次に35gのスキルジグで水面下をジャーク&ジャーク 



すると・・・



ヒット〜 なんか掛った!!!



すぐさま根に入られた〜



リールをフリーにして時間を置く、少し魚に安心させて



すかさず一気にリフト!



ぬお〜!! ズル ズル・・・ 出てきた。















正体は沖縄の高級魚アカジン!



サイズ思ったより小さいのにびっくり。



リーフのジギングでは良く釣れるがショアでは珍しい。



しかも刺身で食べると超美味!です



その後このクラスのアカジンが4連発!



それなりに楽しめました。






















潮が引いたのでポイント移動。










リーフエッジまで水につかりながら歩いていきます。










V字スリットがあり如何にもガーラがいそう。



しばらく観察していると沖でボイルが。



2〜3キロぐらいのカスミアジがうろうろしている。



絶好のチャンスです!



レッぺをボイルにブチ込みます(届いてません)



これ以上前に進むとショルダーバッグが



水に浸かるギリギリまで前進しキャストするも



全くの無視!



シンペンで ジグでいろいろ粘ってみましたが駄目でした。



ナブラに届いているのに見切られてるのか?



なかなか手ごわいです。



















しかし、とにかく暑い。



殺人的な太陽光線で干上がりそうなので終了です。



ホテルに戻る。


















夕方、Mr.ヒラタ氏からメールが入る



「明日結婚式行く前に朝ターポンやっつけに行きません?」と



待ってました〜とばかりに「行きます」と即答



以前も紹介しましたがMr.ヒラタ氏は



たぶん国内最南端のフライフィッシャー



石垣島にガチフライフィッシャーがいたのにも驚きです。



















翌日ヒラタ氏と朝5時にホテルで合流し



オカッパリポイントに向かう。



さてさて、昨年末コテンパンにやられたターポンはいるかな



どれどれ? いないな〜 季節が違うのかな?



それでも半信半疑のキャスティング、リトリーブを繰り返す



ヒラタ氏はターポンをあっちこっち探しに



するとヒラタ氏が「あそこにいますよ」とうれしい一声が



あの方角にキャストしてくださいとアドバイス



すると・・・ボイルが! いたっ〜



すかさずのキャスト、



カウントダウン、ドッキドッキのリトリーブ



そしてストップ。



コツッ!ゴンゴン!



重みを感じつつグイグイと合わせを入れるも・・・のりません



まただ〜なんでだ〜



















そして、



またまた次のあたりが・・・今度はのりました〜



意外と引かない?



いやいやそんな事ありません、スゲー引きます。



エクスドライブSH#8が水の中にキュイーンと引きこまれます。



そしてジャンプ!  スゲェ〜!



ヒラタ氏は冷静にコメント「あせらずに行きましょう」と



結構持久力があり、なかなかランディングできません。



すると、プスっと軽くなり・・・



「え〜もしかして切れたの〜」



25ポンドのフロロがサクッとやられてます。



フライを飲まれ歯でやられた様です。



ガック〜ン↓



がしかし、ボイルはまだやってます。



ヒラタ氏から励ましのお言葉を。



内心もう無理かなと思いキャスト!



数投するとまた同じ様な当たりが!



のった〜!追いアワセをいれる。 



エクスドライブ#8 があり得ないぐらい曲がってます。



さっきのよりパワーがある 



ギーギーと音を出しラインを出して走ります。



リールファイト最高〜って、余裕はありません。



かなり捕る気で真剣です。



高〜くジャンプ!デカい!



グイグイとリフトしてプレッシャーを与えます。



ようやく浮いてきて無事ネットイン!



ほっ!やりましたよ〜








64センチのパシフィックターポン



ヒラタ氏とアツイ握手!イヤッタ〜



結婚式前のモーニングでプチドラマが!!



まさかのキャッチです。


























ヒラタ氏もナイスサイズをキャッチ!






流石マスター!

























タクチャンの素晴らしい結婚式も無事終了!








結局4次会が終わりホテルに着いたのはAM3時?



3日目もヒラタ氏が偶然にも休みの為、



一緒に釣りに付き合ってくれる事に。



今度はマングローブでターポン狙い!



朝5時に起き出発!

























Mr.ヒラタ氏、フローティング系フライで見事キャッチ!























突然のスコール 橋の下でしばし休憩。









マングローブを釣り上がり、



自分もマングローブジャックをゲット!


















釣りをしていると時間がたつのが早いですね



あっという間に飛行機の時間に。



新空港で大きくなりましたが、



場所が変わり少し遠くなったので



ギリギリまで釣りと言うわけにはいかなくなりました。






















今回は心強いマスターの案内で楽しい釣りが出来ました。



ヒラタ氏に感謝です。


























Tackle Data


ショアジギング


Rod : パワーマスターPWM96ML−L 


Reel : ツインパワー5000番


Line : PE2号 リーダーナイロン30lb


Lure : ペンシルベイト、ペンシルポッパー、


      シンキングペンシル、メタルジグ35g




あくまでもターゲットは2キロ〜3キロのタックルです。


ガチンコショアGT狙いであれば


PWM100H、プラッキングにベストなPWM100MHKP、


もしくはスパイクツナシリーズあたりが良い。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



フライ


Rod : エクスドライブ FES904 #8


Reel : 8番クラス


Line : フルシンクタイプ4 WFフィローティング 


Fly : クレイジーチャ―リー#4 




マングローブでのターゲットは


20センチ〜30センチの魚がメインの為、


#6クラスのタックルの方が良いと思いますが、


たまに3キロ〜5キロクラスのカスミアジや


オニヒラアジがボイルしてたりする事もあるので


油断は禁物です。

 

 

 

Angler : Staff M・T

 























 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

タックル選択(シイラ編)





夏真っ盛りの季節となりました。



この時期となると



非常に多くの問い合わせを頂くのが、



オフショアでのキャスティングタックルです。



その中でも近海キャスティングに集中します。






















都心部から近く、



手軽に大物とのファイトも楽しめ、



キャスティングゲームの場合、



トップウォータールアーが主体となるので、



チェイスやバイトが見て取れるから面白いのです。



近海キャスティングの主なターゲットだと、



シイラ、カツオ、マグロなどが挙げられます。



その中でもオフショアの第一歩なら、



シイラがオススメでしょう。



タックルを用意しやすい様に、



弊社製品に合ったバランスを紹介します。



参考にして頂ければと思います。























『 スパイク 』 シリーズ








オフショアでのキャスティングを主体に開発されたロッドです。



一般的に、6'6"〜7'6"ftの長さで、



M〜MHいずれかの硬さを選びます。



アンダーハンドでのキャストが多い乗り合い船なら、



6'6"〜7'0"ftが使いやすく、



取り回しが良くなります。



喫水線が高い船や、



オーバーヘッドでロングキャストを



考えるなら7ft以上が有効です。





















ラインの選択ですが、



一番問い合わせを多く頂く点として、



ポンド(lb)表示のため、



PEラインなら何号か…となります。



なぜ号数で表示を行わないのかは、



ゲーム性を優先したのでポンド表示に従った訳です。



しかし、PEラインが全盛の世の中、



PEラインは使いたくなります。



もし表示ラインが8〜16lb表記なら



PEラインで1.5号を基準とし2号程度までが、



使いやすい範囲と言えます。



エキスパートの方達なら、



なぜナイロンラインを使うのかを



心得ている方も多いはず。



伸びる特性を利用して、



バラシ難さを追求している訳です。



初めての場合ならPEラインをオススメします。



そのままのタックルで



ライトジギングにも応用できるからです。



一歩先に踏み込んだとき、



ナイロンの面白さを知って頂ければと思います。
















お勧めのナイロンラインは『 TC-105N 』 です。




























リールのサイズは、



シマノ社製なら4000〜6000番。



ダイワ社製なら3500〜4000番。



この範囲で選んで頂ければ、バランスが整います。



サイズを決める基準は、



ラインのキャパ(糸巻量)で決めるのが良いです。



ギア比は圧倒的にハイギアのモノが有利となります。



手返しの速さが釣果に直結する場合がありますので、



可能な限り、巻き取りが早いモノを選ぶべきと思います。
























ルアーは、一般的には12〜14cm程のペンシルベイトや、



ポッパーなどのトップウォーターが主流です。



しかし、釣れ筋は日によって違うもの。



船長に聞いたり、釣具店のスタッフに、



釣れているルアーを聞くのが一番早いと思います。


















これでタックルの準備は出来ました。



さぁ、沖に繰り出しましょう。

 















 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

海の向こうの雷魚。





韓国のアングラー、キムさんから報告。

















MIZUCHI を使って、



なかなか良い釣りが出来たとのことでした。



『隣の芝は青い』と言われますが、



向こうは雷魚天国なんでしょうか。



ちょっと羨ましいです。


















  • にほんブログ村 釣りブログへ

結果、優勝でした。





皆さんこんにちは!



キムショーです。

















今回は土浦で行われる



Kー1トーナメントに参加してきました。



W.B.Sプロメンバーも参加する



強豪ぞろいの大会です。



私はアルミボートにて参戦です。

















ルールは、25センチ以上5リミット。



4番スタートで行き先は桜川です。



上流部がこの時期は良いので、



各艇ガンガン上がっていきます。



通称ラジコン前より釣り開始。



先ずは、マグナインパクトMI65B−Mにて



スピナベ9gDWをストラクチャーや



ボディーウォーターにキャスト。



ハードボトムもあるので表層から中層、



ガーグリングを試すも反応無し・・・
























ひとまず上流に船首を向け釣りあがっていきます。



ブッシュエリアに入り、



比較的小規模なブッシュでしたので



マグナインパクト ヘルティック MH67B−MHH(プロト)に、



ラインは天龍MI−207F14lb。



ファインラバーのジグ(7グラム)をセレクトして



ブッシュに打ち込んでいきます。




















ブッシュのエッジに入れてボトムから浮かせた



ちょうちん釣りでアクション掛けてみると



見事にバイトがあり、ブッシュを切り裂きながら



本日のファーストフィッシュをGET!








写真のロッドはプロトです、若干の仕様変更があります。




















このロッドのパワーは絶大な信頼があり、



更にC.N.T素材配合で



更なるハードカバーからの取り込みがすごいですね。



特に霞ヶ浦水系などの



濃いカバーから引きずり出すパワーは圧巻です。



グリップもショートグリップを採用し、



ピッチングスタイル等のキャスティング性能も大幅アップです。



















朝一早めにファーストフィッシュが釣れ、



状況は晴天で被さり系のストラクチャーが良いと判断。



更に、落ちパクではなく、



ちょうちんなどで1点でのアクションが良いはずと読みました。



途中、桜川のカレントが強くなり、



更に濁りも強くなってきましたが、



ますますシャローカバーが良くなると思い、



丁寧にストラクチャーを丹念に打ち込んでいきます。



















ブッシュエリアにも種類があり、



比較的高さのないブッシュではMH67B−MHHを使用しますが



高さがあるブッシュやアシなどは



マグナインパクト MI71B−HH がお勧めです!



ロッドの長さがとても重要で、特に私の場合は身長が低い為



ロッドの長さに助けられる事もたびたびあります。



更にこのロッドは 7'1"ft の長さでありながら



軽量なのも扱いやすいです。



この日の MI71B-HH のセッティングは



ラインは天龍MI−207F16lb、



ファインラバーのジグ(9グラム)をセレクトしています。























カレントも強くなり、淀む所がはっきりしてきたので



淀みを丁寧に狙っていきます。



ここは、ヘルティック67の出番です!



オーバーハングになっている淀みを



ちょうちんで狙いキャストすると、



下からグワッと大きい魚体がジグをひったくり



すかさずフッキング!明らかに大きい魚体!!!!



ジグがしっかり掛かっていることを確認し、



そのままぶっこ抜き(笑)













50UPでした。しびれまくりです!!!



やはり大会中は嬉しいものですね!



霞水系では、このサイズが出ると嬉しいのです。



ロッドへの信頼があるからこそ捕ることの出来た魚と言えます!




あっ!多少の腕も・・・(笑)
































その後も、ヘルティック67



マグナ71の使い分けで11時にはリミットメイク!



帰着時間も迫り、土浦新港に帰還。



トータルウエイトは、5匹4540グラム!
















意外と釣れていなかったらしく、



見事優勝の美を飾る事ができました。

















これからの季節、カバーゲームが真っ盛り!



ヘルティック67B−MHH 発売まであと少し!



楽しみに待っててください。
















キムショーでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 








 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー