Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

夏の夜遊び Squid Fishing



また面白い時期がやってきた。


この季節、


日本海側の風物詩といえばマイカ(ケンサキイカ)。









今回は、その人気のイカを鉛スッテで狙うのが目的だ。


釣ってよし、食べてもよし。


簡単なタックルとシンプルなのに、


奥が深いことが人気の理由だろう。


繊細なアタリをとり


時としてベンケイと呼ばれるサイズも混じり、


スリリングなファイトが楽しめる。


数で隣の方と競うのも面白い。


弊社スタッフのHとKが、


その人気の釣りを楽しんできたようだ。







お世話になった船は、F-cloudさん。


この釣りを牽引してきた船長は、


気さくな方で誰にでも優しく釣りを教えてくれる。






波風もなく穏やかな海で、潮も適度に利いており、


スッテサイズは8〜12号程が使いやすい状況であった。


水深は70m程だが、狙う層は15〜40m程と、


微妙なレンジコントロールが必要だ。


この様な状況は、


狙いたい深さが分かりやすいベイトタイプを選びたい。


もっと浅いレンジで手返しを求めると、


スピニングタイプが部がある。


まだ未経験の方、参考にして頂けたらと思う。






さて実釣。












スタッフHは スクイッドAR のベイトタイプ。


スタッフKは試してみたいこともあり、


レッドフリップの改造モデルで挑んだ。


仕掛けは鉛スッテと、小型のエギや


浮きスッテを着けたオバマリグ。










誘いは優しく、


ユックリとリグ上部のスッテを踊らすイメージ。


ステイを長く取ると、


ついばむ様なアタリが出るとのこと。






快調に数を伸ばすスタッフK。


それを追い上げるスタッフH。


釣った、バラしたを繰り返し、


この時期の風物詩を楽しめた様だ。





TackleData

Rod : BRIGADE SquidAR AR77B-L

Line : PE0.6

Lure : Metal Sutte 8〜12


Angler : Staff H  &  Staff K




















JUGEMテーマ:フィッシング























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

大人の渓遊び 〜雨中のヤマト〜



相変わらず雨が続く毎日。


鬱陶しいが恵みの雨と思えば、


河川へ向かう足取りは軽い。


そろそろ渓流の上流域で、


岩魚と遊ぶのも面白い時期だ。


以前に Lure Stadio YAMATO のT氏との会話で、


面白い場所が有るとの事だった。


週末の朝だけ限られた時間だけだが行ってみることに。





 

話によると相当上流へ行くとの事で、


歩く距離が長いことと、


崖を昇り降りすることも考えられるので


パックロッドの Rayz Integral を用意。


ロッドを背中のバックに入れれば、


両手が空くので山岳渓流を歩くのが楽になる。







夜中に出発し夜明けに到着。


目指すポイントの車止めに先行者の車が見えた。


挨拶をすると上流を目指すとのことで、


私達は下流部を探ることにする。






雨の影響からか少しだけ水位は高く、


ルアーを流せるコースは狭く、


テクニカルな釣りが予想された。


狙いはヤマトイワナ。


ニッコウ系のイワナも混ざるらしいが、


狙い方次第で釣り分けられるらしい。


かなりのキャスト精度が試されるが、


岩のギリギリを攻めていくと


不意に岩陰から飛び出してくる。







サイズは小さいが、ヤマト系のイワナだろうか。


先行者が入渓していた為、


彼らの入渓ポイントまで釣り上がって退渓することに。


山岳渓流らしい、目線の高さより上にポイントがあり、


次々と続く淵が面白い。

















4時間程、上流まで釣り上がったところでストップフィッシング。


まだ上流にも面白いポイントは有るらしいが、


そこは先行者へ譲ることにした。


毛鉤で探るのも面白そうな川だ。また来よう。






TackleData

Rod:Rayz Integral RZI50UL-4

Reel:#2000class

Line :PE0.4  & Leader 6lb

Lure:Lure Stadio YAMATO 50S

Wear : Anglers-Design WADING RAIN JACKET

           Anglers-Design CHEST HIGH SOX WADER

           Anglers-Design ADVACE WADING SHOES

Angler:Staff Funaki

















JUGEMテーマ:フィッシング





















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

雨の合間の皐月鱒



久しぶりに気持ちの良い晴れ間が覗いた日、


ぷらぐ屋工房のN氏から入電。


どうやら天竜川でイイ魚を釣ったらしい。









長野県内の天竜川は大きく分けて、


天竜川漁協(上伊那地域)と下伊那漁協(下伊那地域)


以上の2つで管轄されている。


成魚放流が多い上伊那地域では比較的大型の個体が望め、


中規模河川の川幅から釣りやすいのが特徴だ。


変わって下伊那地域は、上流の上伊那地域に比べると


川幅は広くなりポイントを絞りにくい。


ただ稚魚放流が盛んな地域でもあるので、


ヒレピンの綺麗な魚が多いことが特徴である。






件の釣果は、下伊那地域でキャッチしたとの事だ。


流石、20年以上のベテランだけあって


天竜川の癖を知り尽くしている。


今年は若干シーズン的に遅れが生じているらしい、


これから本流で狙うには面白いと思う。


気になった方、ぜひチャレンジしてみては!?







Tackle Data

Rod : Rayz RZ78LML (Satsuki)

Reel : #2500class

Line : MI207N 5lb

Lure : ぷらぐ屋工房 Type 6cm

Angler : Mr. N


















JUGEMテーマ:フィッシング






















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

大人の渓遊び 〜陸の孤島へ〜



ずっと行きたいと思っていた河川が有った。


ただ…遠いことがネックだった。


河川名は教えて頂いた場所であるので明かせないが、


私が住む下伊那地域から下道で3時間以上ドライブを要する所にある。


夜も明けぬ日曜日。


スタッフOを誘い、思いきって出掛けてみることした。








普段通う河川を横目に、


山を越え谷を越え目的地へ車を走らせた。


梅雨の中休みとなったこの日は、久しぶりに気持ちの良い晴天。


前々日に雨が降り、


川は落ち着きを取り戻していると読んでいた。


何よりも初めての場所であり、ワクワクはお互いMAX状態。


それにしては、遠い…。


大都市から臨むには、相当な覚悟が必要だ。






朝も明け、日も昇ってきた頃に目的地へ到着した。


逸る気持ちを抑え、用意を済まし入渓する。


時おりライズも起こり、辺りには多くの虫が飛び交っている。


釣り人なら誰もが感じる釣れそうな雰囲気。


丁寧に探っていくと、教科書通りのポイントで、


綺麗なアマゴが飛び出した。


チェイスは多く、時々ロッドを曲げてくれる。


さすが陸の孤島と言っただけはある。


人が少なければ、それだけ魚が守られているという事だろう。










試作ロッドのテストも、佳境に差し掛かっている。


そろそろ最終の判断をしたい頃だ。


以前からやリールの性能、ラインの種類からルアーの重さなど、


微妙な差を変えながら試しているが、


今のところトラブルは限りなく少ない。


軽さは充分に出ており、感度は必要充分と思っている。


最後に求めているのは、使い易いバランス。


使い易いタックルは、


たぶん普通に使っていて意識しなければ、


『トラブルが少ない』と感じる事は無いだろう。


理想は意識しなくても、トラブルが少ないロッド。


個人差が有るだろうが、


総じてトラブルが少ないモノほど気持ち良く使えるモノだ。


100%完璧なモノは無理だが、100%を目指す事は出来る。


こればかりは現場で鍛え上げるしかない。








さて、話を釣りに戻す。


2時間ほど遡行しただろうか、


堰堤を越えると魚からの反応が極端に落ちた。


暫く探ったが、イワナが数匹遊んでくれただけだった。


一旦、川から上がり移動することに。


途中、車が二台停まっていた。


どうやら別の先行者が入っていたようだ。


どんなに遠い場所でも、釣れる川には釣り人は集まる。


遅く入ったのは私達なので、仕方のないことだ。


車まで戻り大きく移動する。






先程と似た渓相を探し、再び入渓。


やはり人が入っていない場所は、魚からの反応が良い。


お互い適度に魚をキャッチ出来た。













心地好い疲れが溜まったので、コーヒーブレイク。


大自然の中で煎れたコーヒーは最高に旨い。


もう充分に満足だ。


そこから少しだけ釣り上がったが、


魚からの反応が減ったので退渓することにした。


魚以外にも、様々な生き物にも出会えた。


山が豊かなのが伺える。













テストの方はというと、高感触を得ていた。


ショートキャストが多い渓流で、ライントラブルは付き物だ。


この日もトラブルは無かった。


自分がタックルに慣れているというのも要因にあるが、


本当に気持ち良く使えるロッドに仕上がってきている。


もっと色々な場所や、他のタックルバランスを試してみよう。


さて、次はドコに行こうかな。






TackleData

Rod:Prototype

Reel:#2000class

Lure:ぷらぐや工房  5〜6cm

   Woodream arbor 5cm

   StadioYAMATO 5cm

   他多数

Wear:
AnglersDesign CHEST HIGH SOX WADER

          
AnglersDesign ADVACE WADING SHOES

Angler:Staff Funaki
























JUGEMテーマ:フィッシング






















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

野尻湖 ハードベイトゲーム 〜Crankin' Day〜



久しぶりに野尻湖へ出掛けてみた。


きっかけは、弊社スタッフK君の一言


「バスを釣りたい」との事からだった。


助っ人としてウッドリームのS社長と、


弊社よりスタッフTも参加し4名で湖に向かう。






お世話になった貸ボート屋さんは、吉野屋さん


毎回面白い遊びを教えてくれる池Dさんが営むお店で、


ここに通う方たちはマニアックな方ばかり。


野尻湖の釣りがマンネリしてきた方なら、ぜひ伺ってほしい。


かなり面白い釣りを教えてくれるはず。






天気予報では前日に大雨警報が発令されるなど


出船できるかどうか懸念は有った。


しかし、当日は小雨が度々降る程度で、1日快適に釣りが出来た。


雨男でも、たまには良い日が有るもんだ。




NO-NAME CRANK #2/0



さて今回のお題『ハードベイトゲーム』


その名の通りソフトベイトを使わず、


ハードベイトのみで釣りを展開する。


野尻湖でスモールマウスを狙うなら、


小型のソフトベイトでライトタックルや、


虫系ルアーの表層ゲームを連想される方が多いと思う。






6月下旬頃から9月上旬頃までの時期なら、


ハードベイトだけでも面白い釣りが出来る。


前日の土曜日は天候も良かったので


沢山の釣客が訪れていたようだった。


この日はJBのチャプタートーナメントが開かれており、


通常より増してプレッシャーが多い。


まだ野尻湖でバスを釣ったことの無いK君にとって、


ハードベイトだけで釣りが出来るか不安だっただろう。






さて、実釣。


S社長とスタッフTペアと、私とK君のペアに分かれ湖上に繰り出す。


初めはディープが気になったので、


7〜8m程の岩盤フラットエリアを探る。


ルアーはスピンテール系のメタルバイブだ。


1時間程探ったが、お互いアタリを感じただけだった。


連日、釣り人が糸を垂らしているためか、


かなりシビアな状況になっている様だ。


大きく移動して、東岸エリアのバンク沿いを探る。


ルアーはクランクベイト。


岸ギリギリに投げ込み、一定のスピードで巻く。






この日は魚のチェイスが見られない。


普段なら何匹かが追ってくるのだが、


水温が低いのか人的プレッシャーなのか魚の気配が無い。


倒木に引っ掛けてしまいルアーを回収しに岸によると、


ブッシュの奥に40後半の魚体が見えた。


魚は居るが、追いが悪いだけの様子。


もっとブッシュの奥まで投げ込む必要があるようだ。


普段は遠投して岸に届くかどうかの距離で


ボートのポジションをとっているが、


岸近くに寄せてピンポイントに投げ込む様に変える。






しばらくキャストを繰り返すと、


私の投げたクランクに激しいバイトがあった。


巻きだしてすぐ、水深30cmにも満たない場所である。







40cm程のサイズ。なかなか激しいファイトを楽しめた。


K君は最初こそ半信半疑であったが、


この魚を見てスイッチが入った様子。


エレキ操作を彼に託し、更にバンク沿いに進む。


かなりシャローのエリアに入ってきた。


彼も私と同じルアーに変え探っていくと


K君のロッドが曲がる。






20cm後半のサイズだが思い切りの良いバイトだった。


野尻湖での初フィッシュ。


使ったのは大きめのクランクベイト。


これも巻出し直ぐのバイトの様で、


この日の傾向が掴めた感があった。






対岸へ移動し、同じようなシチュエーションを探る。


ブッシュの奥、岸ギリギリに着水させ、


等速で誘いを掛け続けるとバイトがある。


水面を割るほどの激しいバイトだった。






先ほどより少しサイズアップ。


皆がソフトベイトを投げている中で、


ハードなゲームが展開出来てきている。


自信が付くとキャストにも力が入ってくる。






もう一艇の方へ連絡を入れ、湖上で落ち合う。


1匹だけだが小さなサイズが釣れたようだった。


こちらもクランクベイトを巻き通しているとのこと。


ただバイトが得られないので、思うような展開になっていないとの事。






所要で桟橋に戻り、作戦会議をする。


残り時間も少なくなっていた。


西岸のエリアに的を絞り、


先ほど同じくクランクベイトだけを投げ通す。


終了の時間が迫っていた。






ラスト15分、K君のクランクに激しいバイトが来る。


なかなかのサイズに見えた。


船の近くまで寄せると40後半のサイズの様だ。


ランディングに躊躇していると、テンションが抜けてしまった。


無念のバラシ。


肩を落とすK君。(以前にもシーバスでも良いサイズをバラシをした様な…)






やはり岸ギリギリに魚は付いている。


気を取り直して投げ続けた。


ドラマは最後に起きるもんだ。


またもやK君のロッドが大きく曲がる。


先ほどと同じ位のサイズのようだ。


今度は躊躇いなく一気に引き抜いた。






46cm 1.1kg 納得のサイズ。


バスの口を掴むK君の手は震えていた。


このサイズだったら嬉しいよね。






空を見上げると黒い雲が近づいていた。


急いで桟橋に戻る。


案の定、片づけを終えると土砂降りの雨。


この日も雨から逃げる事は出来なかった。


もう一艇のペアは、小バス1匹のみ。


同じようなエリアを攻めていた様だが、


タイミングの違いだけの様に思える。


少しの違いで大きく違いを分けた日だった。


それでも攻め抜いたゲーム展開だったので、


納得の1日だったと思える。


遠方の方にとってはリスキーかもしれないが、


ゲーム感を追求するにはハードベイトに拘るのも面白い。


『釣れた』ではなく『釣った』と思える方が好きだ。


もし興味がある方、ぜひ試して頂きたい。






Tackle Data

Rod : Magna-Impact MI67B-M

Reel : #100class

Line : MI-207N 14lb

Lure : NO-NAME CRANK #2/0

   MI:CRANK  MI401S

Angler : Staff Funaki








PS

若干1名、魚が釣れなかったスタッフが居た。


桟橋で居残り残業。


ソフトベイトで小バスが釣れた。


それが誰だったかは彼の自尊心を尊重して


顔出しだけに留めておこう(笑)
























JUGEMテーマ:フィッシング
























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

湘南シーバス Top Water Seabass Game



久保田氏よりレポートが届きました。



*****************








毎年梅雨入り前後になると


トップウォーターゲームが熱くなりはじめます。


ロッドワークを多用する


トップウォーターの釣りでは少し短めのロッドで、


目に見えるペンシルやポッパーを操った方が楽しい。






もちろん日頃私が愛用しているSWAT SW97MLでも


操作性と言う面では全く問題ないのだけど


ライトゲーム感覚でルアーを操作した方がより楽しめる。


そこで最近の私はSWAT SW83LML


ペンシルベイトをぶら下げて川を歩くというスタイルが気に入ってます。






気配を消してペンシルやポッパーを巧みに操り、


魚にとって最も危険の多い水面へシーバスをおびき出す。


もちろん例えヒットしなくても


1発でも水面に出ればその興奮を思い出すだけで


1日楽しめる訳ですが、欲を言えばヒット、


さらに贅沢を言えばキャッチをしたいというのがアングラーの本音。


どんなルアーゲームであっても最も興奮するのがトップの釣りだと思います。






トップウォーターをより楽しむ為にロッドに求めたい性能としては・・・


 ○点を打ち抜くキャスタビリティー。


 ○アングラー側の入力をスポイルしないティップの操作性。


 ○長時間のロッドワークでも疲れにくい軽量感。


 ○突然のバイトに驚き早アワセになっても、しっかりフッキングさせるロッドの追従性。


こんなところなのですが、SWAT SW83LMLはドンピシャなのではないかと。






6月11日


珍しく日のある内に仕事が終わったのでSW83LMLを手に川へ。


流れも弱く風もない、


おまけにベイトも見受けられないという釣果を期待するには厳しい状況。


それでもトップの釣りとは楽しいもので


ストラクチャー際などキャストする楽しみ、


ドッグウォークなどの操る楽しみを堪能していたところ・・・






ドパン!!!


という音と共に突如シーバスが水面を割る!


正直『しまった!!』という感情が先に出た。


トップの釣りは魚が水面で反転する前に


アワセを入れるとフッキングが浅くなりやすかったり、


すっぽ抜けてフッキングしない事が多い。


完全に油断していた為、


魚が反転するその一瞬の溜めを作れず思わず身体が反応してしまった。


いわゆる『ビックリアワセ』状態。


それでもロッドに重量が伝わってきたので辛うじてフッキングは成功。






ファーストランで3mほど走られた際に


リールのラインスプールにラインがめり込んだ。


今振り返ればシーバスの引きでラインがめり込む事なんて


早々ないので良型という事に気づけたハズなのですが・・・。


どういう訳か私は70cmほどのシーバスと誤認したままファイト開始。


しっかり曲りバッドまでパワーが伝達した83LMLを眺めながら


70cmの割には元気があるな〜なんて呑気なもんで、


1〜2分ほどやり取りを楽しんだ後に


無事にフィッシュグリップでランディング。






あれ?デカッ!!


思わず声が出てしまったシーバスは


90cmで6.8kgもある立派なものでした。










いやはや書いていてもお恥ずかしい。


ビックリアワセに始まり70cmと勘違いしたままランディング。


柔らかい初期曲りだからこそバイトを弾かず、


曲がるからこそバッドでパワーを受け止められる。


今回ばかりは完全に


SW83LMLに90アップをプレゼントされたとしか言えないですね。


SWAT SW83LML、素晴らしいロッドです!






Tackle Data

Rod : SWAT SW83LML Tidal Walker

Reel : 13'CERTATE 3012

Line : Storong8 1号

Leader : FAMELL FC 16lb

Lure : FakieDogDS

Angler : Y.Kubota



























JUGEMテーマ:フィッシング

























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

テストは上々。









テストしたいロッドが有ったので急遽船の予約を入れた。


お世話になったのは、敦賀のブルーズさん。






見た目はゴッツイが、初心者に優しい猪坂船長。







大型のシーバスが好調の様で、青物も混じっている様だった。


とりあえずジギングと、キャスティングモデルのプロトを用意。


今回は既存アイテムとの比較テストが目的だ。


それぞれがコンセプトロッドではあるが、


なかなか面白いロッドとなってきている。


実戦で鍛えて行くからこそ、


信頼度が高まっていくと思っている。


何にせよ机上では竿は出来ない。






さて、当日は好天となった。


風も優しく、ウネリも無い。


大概こんな日は釣りは難しい日が多く、


予想通り大変釣りが難しい日になった。






初めはシーバスのポイントへ。


何カ所か周ったものの、全くの無反応。


船中誰一人バイトを得られない。


根が荒いポイントへ移動。


ここでは根魚の他に、青物など色々な魚種が狙えるらしい。


スロー系のタックルで丁寧に探ると、


ポツポツとバイトが出始める。







全体としてキジハタが多いが、


他の方はレンコダイ等も釣れている。


ジグの大きさと自分の体長と同じ位のアジも釣れた。








スロー系ジギングは万能ではないが、


使い方次第で色々釣れるので面白い。


アタリが遠のいたので大きく移動。


遠くで鳥山が立っている。


かなり大きな規模でナブラが発生していた。







キャスティングのロッドに変え探ってみる。


どうやらシラス系のナブラの様で、


かなり小さいベイトを捕食している様子。


手を変え品を変え誘いを掛けたが、全くの無反応。


しばらくナブラを追いかけていたが、


同船者の方が1本イナダ級を釣っただけで終了。






なかなか手を焼いた日ではあったが、


色々考えながら釣りを展開できたので


テスト釣行として充実した日となった。


爆釣ばかりだとタックルは進化しない。


難しい状況でこそ良い道具は生まれるわけだ。


色々な場所でテストして行こうと思う。


さて、次はドコ行こうかな。






Tackle Data

Slow Jigging Type

Rod : HORIZON-SL HSL66B-ML

       HORIZON-SL HSL66B-M

       Prototype( 2 tackle )

Reel : RYOUGA 2025

        OCEA-CALCUTTA 300HG

        SALTIGA 10H

Jig : 100〜200g


Casting Type

Rod : Prototype( 3 tackle )

Reel : SALTIGA 3500

Lure : Pencil bait


Angler : Staff Funaki & Staff M

























JUGEMテーマ:フィッシング






















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

バラシから学ぶこと



季節は初夏に移り変わりつつある。


渓魚と遊ぶ季節として、


待ちに待ったトップシーズンを迎えた。


本流で大物を狙うのも良いが、


そろそろ渓流域で遊ぶのも面白い。


そこで迷うのが川の選択だ。


私の住む南信エリアは、


天竜川を本流として無数の支流があり、


到底ワンシーズンで全てを釣り歩くのは至難となる。


そろそろ中規模の河川には、


本流から銀ピカの固体が差してくる時期でもある。


タイミングを図っているが、


水位の関係でなかなか良い場所には入れない。








週末になり遅く起きた朝、ぷらぐや工房のN氏から入電。


天竜川で大物を仕留めたとのことだった。


時を同くして、気になっていた河川の


上流域に入っていたスタッフO氏からも入電。


何本かキャッチしたとの事。








聞いた限りでは、


この日の水位では例のポイントには入れない。


さて…どうしたモノか?


最近はイージーな場所ばかりを選んで釣りをしていた。


それは誰でもタイミング次第で結果を出せる場所だ。


たまには滅茶苦茶難しい場所を選んでみるのも面白いかも…


そこで選んだのは、街の中を流れる河川。


それは南信エリアでは誰でも知っている川だ。








お昼頃に到着。


天気は気持ちの良い五月晴れ。


水位は少ないが、水色は良い。


水温は摂氏16℃程と渓魚にとって適水温と言える。


早速入渓したが、


狙いたい立ち位置には足跡が目立った。


朝から先行者が複数入っていたのが伺える。


まぁ、これは想定した範囲だ。


キャストを繰り返すとチェイスしてくるが、


一定の距離から見ているだけで、


なかなかバイトを得られない。


流石に多くの人が入る川だけあって、


スレ具合は半端では無い。


ルアーを変え、魚の好むレンジに合わせていく。


チェイスする範囲も狭く、


狭い範囲で多くのヒラを打つと反応が良い様だ。


使うルアーは軽量のモノほどレスポンスが上がり、


狭い範囲で誘いを掛けやすくなる。








今回使用しているテストロッドは、


こうしたシビアな状況で活きるアクションを目指している。


かなり使い手を選ぶアクションではあるが、


プレッシャーが高い所ほど手放せないロッドだ。


ルアーと流れがマッチし始めた頃、


バイトが出るようになってきた。


…が、ことごとくバラす。


一瞬喰える程度で、バイトが浅い。


首を振ると簡単にバレてしまう。


フックを変え、リーダーの長さを変え、


リールのドラックを調整したり、


あの手この手を尽くした。


久し振りの神経戦。


何本バラしただろうか…









一旦、退渓してみることにした。


このままではボウズだ。


川を変えてみることにした。


スタッフO氏と合流し、


イワナが主体の川へ向かう。


ここも人気の河川で、


案の定先行者の足跡があった。


先程の川より更にスレているのかチェイスすら無い。






お日様は山陰に隠れ、夕刻を迎えている。


歩くペースを早め、


目ぼしいポイントをテンポ良く撃っていく。


手早く攻めるが、誘いは極めて丁寧に。


キャストは岩スレスレに落とす様にコントロールし、


ルアーが暴れすぎない様にトゥイッチを繰り返す。











やっと魚が出てきてくれた。


8寸程のイワナだった。


気を良くして釣り上がるが、


バラしを連発する。


O氏も何本も取り逃がしていた。


甘噛みバイトに手を妬く。


何個目かの大淵。


強烈にロッドを絞り込まれた。










この日の最大サイズ。


その後、魚止めの堰まで釣り上がったが、


釣果はコレまで。


夕闇が迫っていたので退渓することにした。








もっと簡単に釣れる場所もあるが、


今日の様な遊びも面白い。


バラしが多かった事も、


良い勉強になったと思う。


ロッドもイメージ通りに仕上がってきた。


今後更に煮詰めていきたい。


さぁ、次はドコ行こうかな♪








TackleData

Rod:Rayz (Prototype)

Reel:#2000class

Line:PE0.4

Leader:FC 6lb

Lure:ぷらぐや工房 4.5〜6cm

         Woodream Arbor 5cm

         LureStadioYAMATO 5cm

Wear:AnglersDesign WADING RAIN JACKET

          
AnglersDesign CHEST HIGH SOX WADER

          
AnglersDesign ADVACE WADING SHOES

Angler:Funaki























JUGEMテーマ:フィッシング



















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

管理釣り場から学ぶ



今回は趣向を変えてエリアフィッシングを楽しんだ。


お世話になったのは、長野県南信エリアでは有名な


『平谷湖フィッシングスポット』さん。


ここの所、天然河川での釣りが主体だったので


トラウトの管理釣り場は久し振りだ。


試してみたいロッドもあったので、


スタッフK君を連れて行ってみることに。






天気は曇りの予報ではあったが、


見事に予報は外れ夏日となった。


それでも都市部に比べれば朝晩は涼しく、


日が昇るまでは半袖では肌寒いくらい。


到着すると沢山の釣客で賑わっていた。


ざっと見ただけで70〜80人程は入っているだろう。


受付を済ませて、空いている場所を探す。


ここは大きく分けて3つのポンドを有しており、


初心者エリアからエキスパートエリアなどバラエティに富んでいる。


初めての方にはレンタルタックルや、


無料での講習があるなどエントリーしやすい環境だ。






関東に住んでいた頃は、


エリアフィッシングに通いこんだ事も有り、


当時に揃えたルアーを一通り持ち込んだ。


どれだけ通用するのかが楽しみである。


K君はというとフライフィッシングに初挑戦する。


とりあえず初めてなので、


キャストを覚えやすい番手が良い。


フェイテス・ベーシックマスターFBM865 を選んでみた。






日が昇り切る前は魚の活性が高く、


その多くが表層を意識している。


表層系のルアーやドライフライが有効で、


この時期に多い虫を模して狙うとバイトを得られる。


正午近くまで、飽きない程度に遊んでもらえた。






天然では、見ることが出来ないアルビノ虹鱒。






午後からは水温が上がってきた事と、


人的プレッシャーで難易度が上がる。


1g以下の軽量スプーンで水面スレスレを


デットリトリーブすると稀に口を使う。


K君はというと、キャストが段々様になってきていた。


ただ、甘噛み程度のショートバイトに四苦八苦している。


日が山に落ち日陰が出来ると、


魚の活性が急に上がり始めた。


一時の連発を味わい、納竿することに。






数釣りを楽しむのも面白いが、


普段河川で1匹の価値を探す釣りばかりしていた為か、


どこか戸惑いがあった。


でもスタイルを重視して遊ぶと、


また別な面も見えてきた。


ただタックルは日々進化している。


当時の道具だけでも楽しめたが、新しいルアーも使ってみよう。


エリアの面白さを再認識した日になった。


また遊びに行こう。













Tackle Data


(Lure Tackle)

Rod : Proto Type

Reel : #2000class

Line : FC 1.5lb

Lure : スプーン各種



(Fly Tackle)

Rod : Fates BasicMaster FBM865

Reel : TM-

Line : WF-#5


Angler : Staff Funaki  &  Staff K
























JUGEMテーマ:フィッシング




















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

忘れ物を探して






サツキマスの時期がやって来た。


忘れもしない昨年の事。


Y氏との釣行で、バラしてしまった銀ピカの魚体。


あの光景は、ずっと目に焼き付いている。


 → 以前のログ参照『 卯月の候に長良川 』






桜も散り、季節は初夏に移行し始める。


そろそろ遡上してくるタイミングだ。


Y氏との会話から、


今年は少し遡上が遅れているとの事。


纏まった雨が降る予報があり、


魚が狙いたいポイントに


遡上してくるかもしれない日をXデーと決めた。






Xデー当日。


天気は雨が降っていた。(雨男は裏切らない)


向かった先は長良川。


川に近づくに連れ雨脚は強くなり、


夜中の高速道路を走る時には土砂降りだ。


天気予報では昼頃には好天に転じ夏日になるとの事。


この日は、ぷらぐ屋工房のN氏に同行してもらい、


実績ポイントを探っていく予定でいた。






最初のポイントには先行者がおり


仕方がないので二つ目のポイントへ。


昨年訪れた時より水位が少し高く、


チャラ瀬だった場所は


如何にも釣れそうな雰囲気となっていた。


お気に入りのタックルを用意して探ってみる。





















少し雨が小降りになり、モヤが立ち込めてきた。


景色と水色は抜群に良く、


若草の匂いが雰囲気を高めている。


気温は暖かくウェアを着込むと汗ばむ。


水温は摂氏18度とサツキを狙う条件としては良いと思える。


しかしキャストを繰り返すが、何も反応を得られない。


上流から降りてきた先行者と挨拶を交わすと、


全く反応を得られていないとの事だった。


N氏がルアーの動きを確認していると、


何かが掛かったがバレてしまう。


気を抜いていると魚が掛かるっていうのは、


釣人あるある語録だろう。






ここで思いきって大きく移動。


昨年、あの魚をバラしたポイントだ。


雨は小康状態になり、


少しずつ天候は回復傾向にある。


出来れば晴れる前にポイントに立ちたかった。


光量が多いと岩陰に着きやすいため、


活動がしやすい曇っている時に狙いたい。


ただ…車止めから暫く歩く必要があり、


歩みは次第と早足になる。


足跡の状態からだと、


今朝から誰も入っていない様子。


一級のポイントは、どこも満員御礼状態だったことから、


たぶんコレが最後のチャンスかもしれない。






目指す場所には誰も立っていなかった。


気を落ち着ける為に煙草に火を点け、状況を観察する。


上流からの流れが絞り込まれ、


大きくベンドした先でテトラに流れが当たり、


その先にストレートの瀬を形成している。


水中を眺めていると、


時折アユが苔をハンでいるのが見える。


かなりの数の鮎が居る様だ。


水位は少し高いが、


流れが開けた辺りには適度な大きさの岩が入っている。


全ての条件は揃っていた。


ポイントを荒らさない様に、


丁寧にルアーを撃ち込んでいく。


アップクロスで入れ、


鮎が苔をハンでいる様にトゥイッチを入れながら、


狙ったポイントへ流し込む。


ルアーがターンした後は、数回誘いを入れ回収する。






暫く誘いを掛けたが反応が無い。


少し諦めの感が出てきていた。


「出直すか…」そんな言葉が頭をよぎる。


釣れない時って、どうしても変に考えすぎてしまう。


N氏が入っていた場所と入れ替わり、何気なくキャストした。


先程と同じ様に誘いを入れていく。






何の前触れもなく、


ドンっと、ロッドに重量感が伝わった。


同時に特有のローリングを感じる。


キタッ!


スプールが勢い良く逆回転していく。


一瞬、昨年バラした事を思い出していた。


マイナスに考えないように、


今出来る最善のことを心掛ける。


ロッドを立てベリーからバットに重みを乗せる。


テンションを一定にしプレッシャーを掛け、


隙を見て距離を詰めていく。


魚体が見えた。


リアフックのみ掛かっており、


ラインは体に巻かれていた。


慎重に緩流帯へ誘導し、ネットへ滑り込ませる。


昨年の情景と同じ。


違うのは手元のネットに、


銀色の魚体が収まっている。


昨年の忘れ物が見つかった。








騒いでいた私を見て、N氏が寄ってきてくれた。


ヒレピンで、精鋭な顔付き。


何枚か写真を撮り、直ぐに川へ帰す。


流れを感じると、勢い良く元居た場所へ泳いで行った。


感無量。


リーダーは傷つき、ルアーのフロントフックは取れていた。














息絶えた鮎が水中を漂っているのを手に取ると、


使っているミノーと同サイズ。


迷いは有ったが、狙い通りの展開。


暫く余韻に浸った。


N氏は、先に探った場所で釣られた事で少し妬け気味。


朝のバラしが悔やまれる。





















その後、何ヵ所かポイントを回ったが何も起きなかった。


釣りには必然はなく、偶然の積み重ねだ。


ただ1つ勉強になったのは、


気を抜いていると釣れる確率が上がるということ。


これから毎回気を抜いていこう(笑)


さて、次はドコ行こうかな?






TackleData

Rod : Rayz RZ78LML (Satsuki)

Reel : #2500class

Line : PE 0.6

Leader : FC 7lb

Lure : ぷらぐ屋工房 7cm

Wear : Anglers-Design WADING RAIN JACKET

          
Anglers-Design CHEST HIGH SOX WADER

          
Anglers-Design ADVACE WADING SHOES

Angler : Funaki
























JUGEMテーマ:フィッシング






















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー