Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

大人の渓遊び



自然の中で至福のひととき。


気持ちの良い天候。


お気に入りの道具。


気心知れた仲間と釣り。


ずっと見ていても飽きない景色。


文明から逸脱した大自然の中、


旨い珈琲を沸かし一服。


仕事や世間の事を忘れ、


至福の時間を過ごす。


こんな時を過ごしたいなと、妄想しながら釣行を計画した。















この日は気持ちの良い天候を期待していたが…


やっぱり雨が降っていた。


雨男とは困ったもので、


お天気には毎回の如く泣かされる事が多い。


ここの所、春めいたと安心していると


突然冷たい雨の日が続き、


近所の河川は濁ってしまった。








本当は日本海側の河川で、


サクラマスでも狙いたかったが、


こちらも河川は珈琲牛乳の色をしている様子。


サクラマス釣行は先送りにするしかなかった。


私は至って普通のサラリーマンであり、


典型的なサンデーアングラーだ。


だから、毎回良い日に釣りに行ければ良いが、


大概はお天気が期待を裏切ってくれる。


それでも少しの時間が有れば、


釣り行きたくなるのは釣り人の性分ってモノで、


久しぶりに渓へ遊びに出掛けた。


同行のO氏と話し合い、


雨の影響は有っても、


比較的回復の早い山岳渓流に的を絞った。










狙いは岩魚。


低水温に強い岩魚は、


こんな時最高の遊び相手になってくれる。


向かった先は普段行かないエリア。


舗装されない凸凹道を1時間ほど車で走った場所だ。










道中、水溜まりにはカエルのペアが、


子孫繁栄の為に春を謳歌していた。










気温は少し肌寒い。


水温も摂氏10度を切っている。


雨の影響で水位も若干高い。


魚からの反応はどうだろうか?


水位が高いせいか遡行が困難となり、


気になったポイントだけを狙い撃っていく。










いくつかのポイントを探ったが、


ヒットを獲られない。


一回だけチェイスがあったが一瞬で戻ってしまった。


それから数ヶ所を探っても気配が無い。













この辺りで一服することに。


利便性や合理性の観点から見れば、


わざわざ器材を持ち込まなくても、


珈琲くらい飲めると思えるのだが...


如何に納得出来たか。必要なのは心意気だ。


川の流れを眺めながらユックリとした時間を過ごす。








この時点で時間は13時過ぎ。まだ時間は有る。


ここで決断。


谷を越え天竜川を挟んで反対側の河川に大きく移動をする。


3時半には目的の場所に着いた。


残り2時間ほどは、釣りが可能なはず。









天候は回復傾向にあり、


先程のエリアより陽当たりが良いせいか


幾分気温が高く感じられる。


こちらも水位は少し高いが水色は程好い。


水温は1度だけ高く期待が持てる。


今までの経験上、


鉄板のエリアを選んだだけあって否応にも期待していた。


さっそくタックルを用意して入渓。


しばらく探ってみると、何匹か小さな影がチェイスする。









思惑は外れたが、小さいがアマゴが顔を見せた。


次いでO氏が岩魚を掛ける。















ヒレピンの良い魚体だ。


時間が残り少ないので、


良さげなポイントだけを狙い足早に遡行していく。


ここから魚からの反応はスコブル良くなる。


日没まで、沢山の岩魚に遊んで貰えた。


水量があったせいか活性が高かったと思える。


天候には恵まれなかったが納得できた1日になった。






テストしているタックルにも、


かなり良い感触を得られた。


1日通して、ライントラブルが全く無かったのには驚きだ。


タックルはバランスが重要ということを


改めて感じた日にもなった。


さて、次はドコに行こうかな。






TackleData

******************

Angler : Staff O

Rod : Rayz RZ53UL

Reel : #2000class

Line : Nylon 4lb

******************

Angler : Staff Funaki

Rod : Prototype

Reel : #2000class

Line : PE 0.4

Leader : Nylon6lb

Lure : ぷらぐや工房 Prototype

    Woodream Arbor 50S

    LureStudioYAMATO 50S

Wear : AnglersDesign Wader&Shoes

Other : 心意気

























JUGEMテーマ:フィッシング




















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

春告魚 〜ヒトミ〜



富山の蔵野氏からレポートが届きました。


*******************








僕にとってメバルは春に会える恋人のようなもの。


まぁ、いつでも恋しいが(笑)


この時期の富山湾は季節の入れ替わり時期。


春に元気になる魚で賑やかになる。


クロダイ、シーバス、アジ、メバルなどなど。


そんな中でメバルはとりわけ深い思いのある魚。


僕はそのメバルの綺麗な瞳に魅了され、


敬意をこめて『ヒトミ』と呼んでいる。


クリクリのお目目に癒されたくてウェーディングしてきた。






水温と潮の流れを感じながらのウェーディング。


キャストしたルアーの先から感じる潮の流れも大切だが、


身体の五感や体感するもの全てを使って


海の中を頭の中でイメージしていく。


幸先よく25センチクラスがバイトしてくる。


このエリアは、


回遊性の強いブルーバックが出るのも大きな魅力。


バイトの仕方も荒っぽいが、


掛けてからのファイトも


ブルーバックはメバルらしからぬ姿を見せてくれる。


シンペン、ミノー、シャッドともに、ルアーを引ったくっていく。












ルナキアシリーズの中でも


メバルのような横の釣りに威力を発揮するのがマグナムだ。


今回はプラッキングと


ウェーディングということを考慮して


Lunakia-Magnam LKM78M (以下78) をチョイス。


78は開発当初からのマグナムのコアとなったモデル。


全国各地で多様化するメバリングに向けたアンサーロッドだ。


特にゲームの過熱化によりポイントが遠くなるような状況において、


キャストシーンにおけるアキュラシー性能と


ロングディスタンスでのバイトを感じる繊細さ、


そして、魚を掛けてからの力ではなく、


柔良く剛を制す絶妙なパワーバランスを高次元で実現したのがこの78。


蔵野のお気に入りモデルのひとつ。


ブルーバックの強烈なランをしなやかにいなしてくれる。






午後9時半から入水し、


散々ヒトミに癒してもらい気づけば午前0時半。


ヒトミの顔色を伺うよりも


妻の顔色を伺わなければいけない。


仕方なく岸に上がることにした。


仕事の合間を縫っての夜な夜な徘徊。


しばらく続きそうだ。






さて、北陸フイッシングショー2015が4月12日に行われます。


新製品、現行モデルの開発秘話も含め、


様々なお話ができると思います。


皆様のご来場をお待ちしております。






TackleData

Rod : Lunakia-Magnam LKM78M

Reel : LUVIAS #2506

Line : PE0.4

Leader : 8lb

Angler : M.Kurano
























JUGEMテーマ:フィッシング






















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

お隣の国より Korean BASS



韓国より釣果情報が届きました。




















良い釣りしてますね〜。


Magna-Impact HERETIC が活躍したみたいです。


これからハイシーズン!次の釣果情報が楽しみです。






























JUGEMテーマ:フィッシング

















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

取材はつらいよ 2015春 オフショア



先日の事です。


『SALT WORLD』誌の取材釣行でした。


プロトを持ち込んでのテストも兼ねています。


今回も雨男パワー全開。


なぜか私が釣りに行くと天候が崩れます。


取材の方は…


大波、強風、大雨のち、晴れという


たいへん素晴らしい天候に恵まれました(泣)


釣果も良い結果を得られ一安心です。


詳しくは、5月発売号のSALT WORLDをチェックして下さい!


お楽しみに。













Staff : Funaki














JUGEMテーマ:フィッシング























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

春は何処だ!?



今期のトラウトシーズンが始まった。


私の住む南信エリアの解禁は毎年2月半ばと、


特別な場所を除いて全国的にも早目だ。


だが釣具メーカーに勤める者は、


このシーズンは展示会ラッシュの為、


釣りに行ける日は極めて少ない。


そして悶々とした日が過ぎた3月半ば、


待ちに待った日が来る。


溜まり堪った釣り欲を開放する日だ。











さて今回は、近所の河川でアマゴを狙う予定。


山岳渓流でイワナを狙うのも良いが、


通いなれた川でアマゴを釣って春を感じたかった。


この日は後輩二人を誘っての釣行。


当日は珍しく天候が良く、


最高気温も14℃と春を感じる陽気。


ただ最低気温がマイナス1℃と気温差が大きい。


朝イチ番は冷え込みがキツいので、


お昼頃から水温が暖まってきた頃に狙いを定めた。










ずっとテストを進めているロッドがあったので、


その感触を確かめたかった。


前シーズンはナイロンラインでテストをしていたが、


今期からPEラインとの相性を確かめる目的もある。


短期的なテストより、


じっくりテストしてこそ納得のいった結果が得られる。


決してPEライン専用に仕上げるつもりはなく、


ナイロンとPEを兼用した際の


使用感を知っておきたかったからだ。


どんな結果が得られるかが楽しみだ♪


(このロッドの発売は全く未定です。)










水温は摂氏8℃と、


まだ魚が活発に動ける水温では無いが、


ヤル気のある魚が出てこないかと


淡い期待を持って春を探してみる。


後輩のK君は発売したばかりの


レイズ・インテグラル の RZI50UL-4 を手に取った。


昨年から渓流を始めたばかりだが、


スムースなキャストを決めていた。


4ピースロッドだが、綺麗に曲がるアクションなので、


投げやすかったのではないだろうか。


川の水量は少ないが、水色は良く


ポカポカ陽気も相まって雰囲気は抜群。


釣れそうなポイントをランガンしていく。


…が、全く反応を得られない。


後輩二人も、全くの様子。


まぁ、こんな日もあるでしょう。


夕刻まで頑張ってみたが見事に坊主だ。










釣れない事から得られる事もある。


同行してくれた彼らも、


初めてのポイントで楽しめた様だ。


私も、タックルバランスを整える上で課題も見えた。


PEラインでのトラブルはゼロではない。


リーダーの長さや太さなど、色々と試してみようと思う。


地味なテストでも納得するまでが性分なので…。


とりあえず次週は、


オフショアでブリをキャスティングで狙おうかな。


次に春を探しに行けるのはイツになることやら。


Staff Funaki










TackleData

***************************

Rod : ProtoType

Reel : #2000class

Line : PE0.6 & Leader 4lb

Lure : Woodream , ぷらぐ屋工房 , LureStadioYAMATO

Wear:AnglersDesign

Angler:Staff Funaki

***************************

Rod:Rayz integral RZI50UL-4

Reel:#2000class

Line:MI207N 4lb

Angler:Staff K

***************************

Rod:ProtoType

Reel:#2000class

Line:Nylon 4lb

Angler:Staff S

***************************























JUGEMテーマ:フィッシング




















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

はじめまして



テンリュウ フィールドテスターの 久保田剛之 です。


神奈川県・相模湾をメインフィールドに


千葉県・静岡県と活動を行っています。


シーバスを中心にヒラメ・マゴチのフラットゲーム、


ヒラスズキ、青物などルアーで狙えるものは何でも


ショアから狙い、四季折々のルアーフィッシングを楽しんでいます。











さて現在私の愛竿となっているのが SWAT SW97ML


長尺ロッドの割に素直にロッドが曲がり、


魚のファイトを『ねじ伏せる』というよりも


『いなす』ことに長けたロッドです。


シーバスのエラ洗いに追従し曲がるSW97MLの


綺麗に曲がったベントカーブを眺めるのが至極の瞬間で、


まさにロッドを通じて魚との対話といったところ。


シーバスが右に行こうとするのか或は潜ろうとするのか?


そうはさせまいとその動きに合わせ


綺麗に弧を描いたロッドが追従する。


決して強引に行かずともスムーズに魚が寄ってくる


その様はどこかヘラブナ釣りにも似た趣すら感じるファイトです。


自然に紛れ気配を殺し、1尾の魚にルアーを食わせる、


その魚の力強いファイトを余すことなく楽しむ、


ランディングしたその魚を愛しむ。


このロッドを使い始めてから


そんな釣り本来の楽しみ方を思い出しているところです。











一方、楽しんでばかりいられないのが取材釣行。


もちろん釣りを楽しむ姿を伝え、


撮影してもらいたいところですが、


それもこれも釣果あっての事。


特に寒ヒラメの取材となると魚からの反応が少なく、


なんとかヒットさせた魚を逃すと致命的となります。


『バレるなよ〜バレないでくれ〜』と


気をもみながらのファイトは


流石に笑顔を作ることが難しいのですが、


魚の動きに追従するロッドはいいですね♪


バレにくいので緊張しながらも


何とか笑顔を作ることが可能になりました(^^)


これからもテンリュウロッドと共に


釣りの楽しさを伝えていけたらと思います。






テンリュウ フィールドテスター 久保田剛之
























JUGEMテーマ:フィッシング


















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

冬のサーフゲーム Winter Seabass Game






九州の倉永氏より


シーバスゲームの動画が届きました。


今回は冬のサーフゲームです。










Tackle Data

*********************

Angler : Mr.Kuranaga

Rod : SWAT SW97ML

Reel : TWINPOWER 4000

Line : KUREHA PE1.2

Leader : 28lb

Lure : Banz-125

*********************

Angler : Mr.Nakano

Rod : SWAT SW107ML

Reel : STELLA 4000

Line : PE1.5

Leader : 30lb

Lure : TERRIF DC-11

*********************

Angler : Mr.Kobayasi

Rod : SWAT SW107ML

Reel : STELLA 4000

Line : PE1.5

Leader : 30lb

Lure : TERRIF DC-11

*********************














 
JUGEMテーマ:フィッシング





















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

嬉しい釣果報告



Rayzユーザーの方より釣果メールを頂きました。


Congratulation!!



思い出に残る魚ですね。


また良い釣りが出来ますことを期待しております。








Angler : E様(鳥取県)


Rod : Rayz RZ75ML -Variable-Shooter-


























JUGEMテーマ:フィッシング




















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

SW83LML-BC シーバス 実釣レポート



九州の倉永氏による実釣レポートです。


これから少しづつですが、UPしていきますのでお楽しみに。




  • にほんブログ村 釣りブログへ

若葉マークはいつ消える?



昨年の晩秋に、初めてシーバスを釣った弊社新人スタッフのK君。


あの時の興奮が忘れないらしく、真冬になっても釣りに行き続け、


やっと念願の2匹目をキャッチ出来たようだ。


毎週通いこんで結果を出したことに称賛を送りたい。


彼からのレポートを紹介。










*******************************


新人スタッフのKです。


今まで釣りの経験はやったことが有る程度で、


シーバスは釣ったことは有りませんでした。


昨年連れて行って貰えた名古屋港で、


念願のシーバスが釣れました。


あの時は掛かってからは無我夢中で、


ただひたすらリールを巻いていただけでした。


ネットですくって頂き、記念写真を撮ったあと、


興奮で手が震えていたことを後から気が付いた程です。


それからは仲間のKさんと毎週のように


海に通うのですが全く何も釣れない日が続きました。


前に連れて行って頂いた先輩Fさんは、


簡単な助言だけで全ては教えてはくれません。


何が良いのか悪いのか答えは分からないので、


とりあえず海に通って答えを探してばかりです。


潮の満ち引きで良さそうな場所や、


常夜灯の明暗など手当たり次第に探ることを繰り返しました。






初挑戦から三ヶ月。


何度か通っていると釣れている方を見ることも多く、


それを参考にどこが良いのか分かってきました。


あとは魚をどうやって釣るかだけです。


1月上旬に同僚のKさんに誘われて名古屋港に向かいました。


状況は大潮後の中潮。


昼間に下見をしてから、


夜の満潮から下げる時間帯を狙う考えです。


事前に釣具店の方に頂いた情報や、


ネットを活用して何となくポイントは掴みかけていました。


キーワードは暖かい水が流れ出す場所とベイトの有無でした。


明るい時間帯は何も手ごたえが無いまま時間は過ぎ、


暗くなってから本命のエリアに向かいます。


狙いたいポイントに入れたキャストを開始。


ルアーを引いているとベイトらしき反応を感じました。


昼間は全くベイトの気配すら無かったのが嘘のよう。


しばらくキャストを続けていると、


ティップに違和感を感じ、とりあえずフッキング。


最初は根掛のようにルアーが動きがありませんでしたが…


少し緩めにセッテイングしたドラグがジリジリと出され魚だと確信。


そこからは無心でファイト。


同行のKさんにネットを用意して貰いランディング。


念願の2本目をキャッチすることが出来ました。


マグレだったのかもしれませんが、凄く嬉しい1本でした。


実に3ヶ月ぶりのシーバス。


今度は2人とも安打になるよう頑張ろうと思います。








Tackle Data


Rod : MasterPlan MP90L


Reel : RARENIUM CI4 C3000


Line : PE0.8


Leader : 16lb


******************************










昨年の初めての魚は釣れてしまった感はあったが、


何よりも今回の魚は足で探して見つけたポイントで、


自分なりに考えて出した結果だ。


これを積み重ね、自分なりの遊び方が出来上がっていくことでしょう。


釣りのイロハさえ知らない彼が、


今後どのように成長していくか見守って頂きたい。

























JUGEMテーマ:フィッシング

















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー