Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

今さらですが SW97ML (長文です)


















今春に発売して、半年が過ぎました。



弊社の在庫で、残っているのが不思議な状況で、



いつも品切れしていてスミマセン。



作っているのですが、



予約注文で在庫出来ない状況が多いのです。














それだけ、沢山の方に支持されていると思うと、



ロッドデザイナーとして、



とても有り難く思います。



これからも、マニアック一筋で、



気に入って頂けるモノをお届け出来るよう、



精進致します。



















さて、これからのシーズン、



大型河川の河口部、



広大なサーフ、



または干潟など、



最高な時期となりました。



次の潮周りは面白そうです。



















そこで、活躍するアイテムが、














SW97ML  Exceed of Distance














そう、旧スワットを知る方ならピンとくるモデル。







前作 SW96ML Distance 







このモデルを超えるアイテムとして開発をしました。











Distance を超える、Distanceモデル。












何が違うか、というのが気になる所ですよね。



ここで、洗いざらい書いてみようと思います。





(発売する前に書けって、怒らないで下さいね)





















ロッドの生命線とも言えるブランクですが、



完全に1から再構築することから始まりました。



旧作を使っていて気になったことは、



持ち重り感と、バラシやすさ。この2つです。



















コンセプトである『かっ飛ばしロッド』の名の通り、



バキバキの高弾性素材を使用し、



肉厚でトルクフルなブランクでありました。



しかし、その高弾性化の結果、



ショートバイトを弾きやすく、



肉厚のため、やや持ち重りもあります。



また、シーバスを狙うには、



過剰過ぎるパワーがありました。
















そこは、アングラーの腕次第とも言われますが、



小職の様なヘタレには、もっと掛かりが良く、



軽いロッドが欲しい訳です。


















そこで求めたものは、



『かっ飛ばし』が可能で、



バレ難く、



軽い、ということ。



忘れてならないのが、



『ネバリ』強いということです。





















自重を抑えるため、前作よりレジン量を減らし、



軽量化を図りながら、



ティップは、弾性率を変化させ、



ソフトなティップにすることにより、



ショートバイトでも弾き難くしました。




















ベリーからバットは、



キャスト時のブレを少なくする為、



高弾性素材で固め、



テイクバックでロッドに掛かった負荷を、



素直に前方へ送り出せるテーパーに調節しています。




















ここで、ちょっと重要なのが、



キャスト時のブランクの曲がりです。



前作よりも、ややバットへ負荷が掛かりやすくしました。



それは、若干ですが曲がるということです。



















遠投競技の様なキャストをするのではなく、



一般的なキャストフォームで、



常にMAXに近い距離を出しやすくしています。



毎回100%の力で投げているよりも、



8割ほどでキャストしていた方が、



実釣においても集中力が続きますよね。




















たぶん、使う方によっては、



前作のブランクの方が飛ぶよ!



って方も居るかもしれません。



でも、良いんです。



シンドイ釣りをするより、



楽しく釣りを出来る方を選びました。



でも、不思議なモノで、



前作より飛距離が伸びた様に思えるのです。



今度、正確な実証を取ってみようと思います。






















パーツに目を移します。



なんと言っても、



Kガイドに目が行きます。



















前作は、ローライダーガイドシステムでしたが、



Kガイド化すると、



大口径のガイドとなる為、



ラインの通る軌道が大きく変わります。
























バットガイドの直径を、



一般的なサイズと比べると、



ワンランク小さくしました。




それは、ラインの収束をバットで押さえつけ、



上部へ移行していく時には、



直線的になるようにセッティングしています。



















これは、最新のKRコンセプトに近い考えですね。



ただ、マイクロガイドではなく、



太いラインシステムでも、



かっ飛ばせる事がポイントになるのです。



















そして、最後に、







ネバる ということ。








SAWTシリーズを使用頂けた方なら、



感じているかもしれませんが、



もっちり、と表現したほうが分かり易いでしょう。

















魚を掛けると負荷によってブランクが追従し、



バラシ憎くく、



タメる事によって、



自然とターゲットの顔を、こちらに向かせ



寄せてくることが楽になります。




















ちょっと長く書き過ぎました。






伝えたいことは、まだまだ有るのですが、



読むのも書くのもシンドイので、



この辺にしておきます。


















ホント、ロッドを考えるのって楽しいですね。



ちょっと、気になるようでした、



ぜひ、お店様で見てみて下さい。



気に入って頂けると思いますよ。


























  • にほんブログ村 釣りブログへ

新生 ベイブレイズ







既に弊社HPをご覧になった方は



お気づきかもしれませんが




















BAY BLAZE ベイブレイズ 


 

リニューアルします。



















Kガイド を搭載します。





機種名の最後に 『 』 の文字が入ります。




















 

ただ、単純にKガイド仕様とするには、
 

竿屋として面白くないため、
 

生命線とも言える
 

ブランクから考え直しました。















 

基本的なアクションを変えず、
 

アンサンドフィニッシュにすることにより、
 

ブランクにシャープさを出しました。


















 

前作において、
 

十分なスペックを持っていたため、
 

リニューアルというハードルは
 

とても高く感じていました。


















 

今までと変わらないのでは、
 

変える必要がありません。
 

初回のサンプルが仕上がってきたとき、
 

正直驚きました。

















 

何年もロッドの事ばかり考えていると、
 

大体のイメージが出来ていたのですが、
 

これほどシャープになるとは予想外でした。



















 

以前のログで、
 

ボートシーバスに出かけていたのを
 

覚えていらっしゃるでしょうか?









→ 過去ログ 『東京湾クルーズ』

















 

あの時が、最終確認のテスト釣行でした。
 

キャストフィール、
 

フッキング性能、
 

バラシ難さなどを確認していました。

















 

それと、言葉で言いにくい感性的な部分なのですが、
 

持った時のバランスや質感なども、
 

総合的にOKが出せたので、
 

やっと製品化になったのです。












 

今回は、スピニングタイプのみになります。











 

Kガイドにして感じたことは、
 

ラインの抜けが良くなった様に思えます。
 

これは、 パワーマスター(ライトコア) でも感じたことです。
 

ガイド形状の角度や
 

直径のバランスに起因していると思います。


















 

トップ部は、大口径のリングとし、
 

バット部は、やや小さいモノにしました。
 

スワットを開発していたガイドバランスのデータを、
 

このシリーズにフィードバックしました。
 

無駄なラインのフケを少なくし、
 

スムースなキャストを可能にするガイドバランスです。













グリップも、細身で手にフィットしやすく、



こちらも、スワットからのイメージを活用しました。


















 

ベイトタイプは、スタンダードタイプを継続します。







 

…というのも、






 

ベイトタイプでKガイドに移行したところで、
 

メリットを見出せなかったのが本音です。















 

必要性を感じないのなら、
 

現行のままで行こうと考えました。
 

Kガイドにすれば、売れるのに…
 

…なんて考えではロッドを作っていません。


















 

やっぱり、
 

現場で鍛えたロッドが一番ですからね。
















 

11月末 頃のデリバリー開始になります。


 

ご期待ください。


 









 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

POWERMASTER PLUGGING !!!






PowerMaster  Plugging









このロッドを企画したときに、




最初にイメージしたモノ。










『 無骨なロッド 』 











フィールドで鍛え、アングラーの手で使い込まれる、



男の道具を作りたいと思いました。

















ショア・プラッキングゲームという遊びは、



漁をする上では有効ではないでしょう。



でも、誘い出しで出したときの快感というか、



狙って釣ったった感は、



アングラーにとって至福のひと時と言えます。















それを繰り返したくて、



また釣りに出かけてしまうのですが・・・。
















多くは語りません、



簡単に述べます。



180mm、60g前後のペンシルベイトを中心に



アクションを合わせました。



とてもソフトなティップです。
















曲がりますが、とてもトルクフルなブランクです。



ガンガン曲げて、大物とファイトして下さい。






以上・・・。













































簡潔すぎて怒られそうですので、



箇条書きにて記しておきます。



参考になさって下さい。















・アンサンド加工ブランク



・ステンレス Kガイド



・ダブルラッピング



・無骨なグリップ





























写真のロッドは、プロトなので



やや仕様が変更になるかもしれません。



御了承下さい。




















  • にほんブログ村 釣りブログへ

ショア・プラッキング!







ショア・ジギングという言葉は、


今ではポピュラーになりました。


ここ数年、ショアから青物を狙う釣りが、


全国的にブームと言えます。


















ポイントや釣り方など、


確立された状況が多く、


シーバスマンなどから


素直に入りやすい事が、


人気が出ている要因でしょう。


さて、もうすぐデビューする商品があります。













Power Master Plugging




パワーマスター プラッキング 

















ジギングでは無く、プラッキング












オフショアでは定番になった、


トップウォータでの誘いだしゲーム。













この面白さをショアでも体感できる


アイテムとして開発をしました。














ターゲットは、10kgクラスの青物とし、


ペンシルベイトや、ミノープラグの使用を前提に


2年間の徹底したテストをしてきました。














開発のフィールドの1つである南紀地方で、


テストを依頼していた方からの連絡では、


20kgクラスのマグロを相手に、


疾走するパワーに負けず、


十分な粘り強さを持っていた。とのことです。












その他にも、ヒラマサ、ブリなど、


青物相手に抜群の実績を出せました。


ジグをシャクるには、少々柔らかいため、


余りオススメはしません。














プラッキングのみに特化した、


かなりマニアックなアイテムと言えます。


トップに青物が飛び出すシーンを体感すると、


やみ付きになりますよ。

 

 




今月末ごろにデリバリーを開始したいと思います。




ご期待下さい。


















次回は、ロッドの詳細について、




紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

テストの日々





さて、先日の土曜日のことです。



翌日に『しらこばと』のイベントを控えた日、



東京湾の某干潟へテストへ行っていました。



ここ1年以上、テストを繰り返している、



シーバスロッドの試釣。



大潮後の中潮(2日目だったかな)、



夕方4時ごろに到着し、



潮は上げている状況。



18:00位が満潮なので、



下げに入るまで近くで様子を見ることに。








ベイトが、チラホラと見えるが



追われている雰囲気ではない。



ただ、岸辺に寄っているので、



可能性はあると スタッフ I は語っていた。


















下げ8分程より入水。



水深30cmほどの、どシャローでコツンとバイト。






45cmくらい。











ややロッドが硬く、もう少しソフトにしてみたい。



このサイズだと、水面を魚が滑ってくる・・・。



アクションが良いのか、キャストフィールは申し分ない。



ただ、硬いのが気になった。

























続いて スタッフ I もヒット。








60cmほど。






















真正面からの風が強く、



ルアーを飛ばしにくい。



潮も予想より引かず、



なかなか沖まで歩いていけない。























時間も差し迫ってきた。



あと、2時間出来ていれば、



もっと釣れたんだろうけど、



翌日のことを考えて納竿。
























なかなか良いテストが出来た。



強風下でのキャストフィールや、



各ルアーでの使用感など、



次の試作に繋がることが検証できた。



地道だが、じっくり煮詰めてみたいと思います。



























Tackle Data



Stuff  FUNAKI



Rod : SWAT ProtoType



Real : STELLA SW 4000XG



Line : PE # 1.2



Lure : SHORE LINE SHINER R40



     komomo125















Stuff I



Rod : SWAT  SW83LML



Real : CERTATE  3000



Line : PE # 1.0



Lure : komomo125



















  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー