Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

中禅寺修行2014 解禁編




今年も中禅寺湖シーズンインしました。



一年で最も鼻息が荒くなるシーズンです(笑)。



当然この時期は 友人からの海釣りの誘いも全て断り、



中禅一筋!毎週末そわそわしながら、



いろは坂をタイヤを鳴らして登ります。(安全運転です)




















通いなれた方ならわかるかもしれませんが、



いい時期はほぼ1カ月!



なので余計気合が入ります。



またまた前置きが長くなりましたが、



今年も解禁日チャレンジしてきました。



その解禁日にまさかのドラマが私の竿に!!!





















花火が鳴ってスタートフィッシング〜



逸る気持ちを抑えてカウントダウン、



30秒がこんなに長いとは



そしてギュー・・・・!



生命反応無し 地球です。



しかもいきなりフライをロスト、



かじかんだ手でフライを結んでると



あちこちでキターッ 嬉しい雄叫びが!!



余計に焦って うまくフライが結べません〜




















3投目、リトリーブ中、



またギュイーン・・・・・今度は?



グイーン、グイーン 生命反応あり!



首を振ってます、しかも結構いいサイズかも?



なんとか手前に寄せては



ブレイクのあたりでいきなり走りだした〜



ランニングラインがシュルッシュルッと出されます、



もうドキドキのファイトです。



3回ぐらいは走られたでしょうか



無理にプレッシャーはかけず巻けるときに巻く!



何とか寄せてフェイテスネット43をスタンバイ



魚が見えた瞬間 デッカ〜!



その太い魚体に驚きました。



となりで釣をしてたH川さんが



「いいレイクだ!60超えてるんじゃ?」



やった!念願の60アップ!逃がしてなるものか



しかし、なかなかネットインしてくれません。



また走られます「お願い言う事きいて〜」



2回目でようやく無事イン!ヤッター(涙)



この瞬間が釣をしていて一番快感ですね!




















魚が逃げられない様に岩で魚を囲み、



メジャーで計測、ぬあんと ! ナナマル越えです






























73センチ デターッ



中禅寺湖育ちのレイクトラウト!!



解禁日にまさかのモンスターをゲッドです。



H川さんがいてくれたので、物持ち写真が撮れました。




























その後レイクをもう一匹追加、



この魚も47,8センチはあるいいサイズですが



最初のがデカすぎたので可愛く見えてしまいます。




















解禁日はラストまで引っ張り続けましたが、



この2匹でストップフィッシング!



もちろん帰りの道中も



眠さもぶっ飛ぶ嬉しい余韻でウキウキで無事家路に



中禅寺湖やっぱりやめられません



最後に地合い時に写真を撮ってくれたH川さん、



情報をくれたT田さん、有難うございました。



















Tackle Data


Rod : Fates EXDRIVE 1404#8 (14ft #8)


Reel : #8 class


Line : アトランティックサーモン #6・7 (26g S1・S2)


   アトランティックサーモン #6・7 (26g S2・S3)


   ランニングライン  モノフィラ30lb


Leader : ポリリーダー7F    1Xティペット  1、5m     2Xティペット1m


Fly : #6マラブー ウエイト入り



Angler : Staff T










JUGEMテーマ:フィッシング
























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

テストの日




しばらく温めている試作品があった。



テストをしたくなったので海に出かけた。



お世話になったの船は、毎度おなじみの『ブルーズ』



福井県敦賀港から出港する、猪坂船長の操る遊漁船だ。



















月日は4月下旬。



とりあえず、アクションと強度を試してみたかった。



前情報によると青物が良く当たってきているようで、



ワラサ(メジロ)サイズが狙えるようだ。



イナダ(ハマチ)サイズは無間地獄のように当たるとのこと。



天気もよく、波も低く、至極穏やかな海だ。






















最初は大物が狙えるポイントに入ったが不発。



鳥山の立つエリアに入ると、散発的にボイルが起きている。


























ベイトは小さなイカの様だ。
































ジギングで狙うとハマチが入れ掛かりだった。



キャスティングで狙ってもハマチしかヒットしない。



でも面白いから止められない。




























最後に大物ポイントに戻った。



しばらくすると、ヒットのコール。




































メジロサイズ。



なんとディープライダーのユーザー様であった。



自分が釣れた様に嬉しくなった。



お仲間の方はドラッグフォースをお使いになっていた。



気に入って頂けて光栄です。






















最後までシャクリ続けたが、それ以上大きいサイズは出なかった。



まだ発表は出来ませんが、面白いロッドが出来そうです。



決まり次第、発表しますのでお楽しみに。



さて、次回はドコかな。




















Staff : Funaki



















JUGEMテーマ:フィッシング
  • にほんブログ村 釣りブログへ

Rayz RZ87H (改筆)






本当にお待たせしてしまっている桜鱒ロッド。


Rayzで桜鱒向けのタイプは、シリーズ発売の当初から希望の声は多くあった。


2シーズンに及ぶテストの末、やっと完成出来た今、長いことテストしてきたと思える。

本来なら今年の桜鱒シーズンに間に合わせる予定でいたが、


どうしても納得がいかない部分も有りテスト期間を延長した次第。


その為、この春に待ち望んでいた沢山の方より、たいへん多くのお問い合わせを頂いた。



 

Rayzシリーズを立ち上げる際に、桜鱒向けロッドの案が出ていた。


8ftクラスの本流向けという具合だったと思う。


その頃、石巻市在住の佐藤氏との出会いもあり、テストに協力して頂くことで開発が進んでいく。






草案として、東北エリアの桜鱒向けの機種を考えることになった。


想定されるフィールドとして、北上川・最上川・赤川・雄物川・米代川など


大河川での使用を考えて開発に取り掛かる。


近年のタックル事情として、PEラインの使用とヘビーウェイトルアーへの対応が必須条件。


また、往年の定番ルアーとして9cmのディープダイバーのミノーや、


30g近いスプーンの使用まで要求される。


こういったフィールド条件やタックルの制約を踏まえ、開発に挑むことになった。





 

そこで私たちが求めたのは、細身でピンと張りが有りながら、
ロッド全体でカーブを描き肉厚でトルクフルなブランクだ。


バラシ難さとキャストの飛距離を伸ばすことを考えると、答えはレギュラーテーパーとなる。


勘が良い方なら、エギングロッドを想像する方も多いかもしれない。


全体がパリっと張りがあり、適度に曲がるロッドという面で同じ様なロッドとなる。


しかし、雪代で増水した大河でのファイトと、数少ないバイトを捉える繊細さを求めだすと、


エギング向けのブランクでは役不足であった。


キャスト時には適度に張りがあり、ルアーを操作する時には繊細さを感じ、


ファイト時には粘りを感じさせる必要があるのだ。










当初、8ft前半の長さで作ったサンプルは、代を重ねるごとに長く硬くなり、
最終的に辿り着いたのが 8フィート7インチ ヘビーアクション レギュラーテーパー。


ギュッと細く絞り込まれた筋肉質なブランクで振った感は張りを感じる
が、


曲げ込んでいくと素直に曲がるアクションとなっている。


押しの強い流れの中でも余裕を持って対処できるパワーも持たせた。




 

ブランク設計に時間が掛かったが、ガイド選定も同様に何度もテストを繰り返し、


発売を見込んでいた時期になってもガイドの選定にこだわり抜いた。


これが遅くなった理由だが…。最後まで妥協したく無かった。





 

リング径を小径・多点に配置し、ブランクに干渉しないサイズと、


飛距離を落とさず感度を高める様に考慮した。


小口径のガイドリングを選んでいるため、氷点下の気温ではラインについた水滴が


凍ってしまい目詰まりを起こす場合もある。


しかし、そういった煩わしさを凌駕する高バランスを求め、


あえて大径リングに戻すことは諦めた。





 

スペックは、HP上で表記しているが、使いやすい範囲をお伝えしたい。



メインライン : PE0.8〜1.0号

リーダー : フロロカーボン 12〜14lb

ルアー : ショートリップ・シンキングミノー(10〜18g程)

 
    ロングリップ・フローティングミノー(10g程)

            スプーン(15〜20g程)

            バイブレーション(20g程)






徹底してフィールドで答えをだし、現場で鍛え上げた。

 
発売する時期こそ遅くなってしまったが、


充分に納得のいく仕上がりになっている。


ご期待いただきたい。

























JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

Off shore rod . New comer !




オフショアのキャスティングゲームが



面白くなる時期が近づいてきました。



この度、Spike YellowTail  スパイク・イエローテールモデル において、



追加アイテムをリリース致します。



















昨年に発表し、



多くの指示を得た SK812YT-L の ショートモデル になります。



ティップはソフトに、バットはハードに仕上げ、



40〜60g程のペンシルベイトを扱いやすい様に設定しました。






















こういったショートロッドでは極端な曲がりを描くことが多く、



キャスト時にティップのブレが目立ち



飛距離を落としてしまう事に繋がります。



そういった事を考慮して、ソフトティップ・ハードバットを



構成しながらも、キャスト後のティップのブレを抑え、



素直に曲がるアクションを求めました。























想定したシチュエーションとして、



喫水線の浅い船や、



混み合う乗合船において取り回しの良さを求めました。



キャストの方法は、オーバヘッドでもアンダーハンドでも



充分に飛距離の出るアクションに仕上げています。



ターゲットは、中型のヒラマサ・ブリ・カツオ・メジ等などを



想定していますが、時として掛かる大物にも



余裕を持って対処できる懐深さを持ち合わせています。



標準として10kg程までがメインターゲットでしょう。






















SK772YT-L と、 SK812YT−L のベンディングカーブを比較してみます。





SK772YT-L 2.5kg

SK772YT-L  2.5kg負荷


















SK772YT-L 5kg

SK772YT-L  5kg負荷


























SK812YT-L 2.5kg

SK812YT-L  2.5kg負荷






















SK812YT-L 5kg

SK812YT-L  5kg負荷


















カーブは同じ様に曲がっているのが分かります。



SK812YT-Lの方が長い分、テコの原理で負荷を強く感じます。



その変わり、長さを活かしてロングキャストが得意となります。



SK772YT-Lの場合、短くなることで負荷が軽減され、



短時間のファイトで魚を寄せることが容易になるでしょう。




























発売時期は、5月下旬頃には店頭に並ぶ予定でいます。



このロッドで戦略の幅が広くなりますよ。



ご期待ください。






















JUGEMテーマ:フィッシング




























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

満員御礼




先日開催された2つのイベント、



京都『ジギングフェスティバル』



青森『フィッシングショーinあおもり』



両イベントとも、沢山のご来場頂きありがとうございました。






















弊社スタッフ2チームに分かれて、それぞれの展示会に挑みました。



会場の一場面を、ちょっとだけ紹介。









京都『ジグフェス』の会場、オフショアに熱い方々が沢山。


何よりも、ユーザー層が厚い!
























ドラッグフォースを体感して頂けた方は多かったですね。


C・N・Tの効果は凄いですよ。




























変わって青森の会場より、


息子さんはマダイ 63cmを釣った凄腕!































TENRYU愛用の高校生グループ。


何度もブースにお越し頂きました。ありがとうございました。





























青森で注目を浴びたのは、Newレッドフリップ。


さすが東北では山形と並び真鯛のメッカですね。


ドラッグフォースや、スパイクシリーズもガンガン曲げて頂きました。



























1月から4月まで、ず〜っと続いた展示会ラッシュ。



各地、大阪・横浜・群馬・宇都宮・高知・新潟・京都・青森、



たいへん沢山のお客様から、熱いメッセージを頂きました。



これからも、アングラーの声を活かし、



製品へのフィードバック出来るよう心掛けたいと思います。



またの機会も、お待ち申し上げます。ありがとうございました。












Staff一同より



















JUGEMテーマ:フィッシング























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー