Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

野尻湖 ハードベイトゲーム 〜Crankin' Day〜



久しぶりに野尻湖へ出掛けてみた。


きっかけは、弊社スタッフK君の一言


「バスを釣りたい」との事からだった。


助っ人としてウッドリームのS社長と、


弊社よりスタッフTも参加し4名で湖に向かう。






お世話になった貸ボート屋さんは、吉野屋さん


毎回面白い遊びを教えてくれる池Dさんが営むお店で、


ここに通う方たちはマニアックな方ばかり。


野尻湖の釣りがマンネリしてきた方なら、ぜひ伺ってほしい。


かなり面白い釣りを教えてくれるはず。






天気予報では前日に大雨警報が発令されるなど


出船できるかどうか懸念は有った。


しかし、当日は小雨が度々降る程度で、1日快適に釣りが出来た。


雨男でも、たまには良い日が有るもんだ。




NO-NAME CRANK #2/0



さて今回のお題『ハードベイトゲーム』


その名の通りソフトベイトを使わず、


ハードベイトのみで釣りを展開する。


野尻湖でスモールマウスを狙うなら、


小型のソフトベイトでライトタックルや、


虫系ルアーの表層ゲームを連想される方が多いと思う。






6月下旬頃から9月上旬頃までの時期なら、


ハードベイトだけでも面白い釣りが出来る。


前日の土曜日は天候も良かったので


沢山の釣客が訪れていたようだった。


この日はJBのチャプタートーナメントが開かれており、


通常より増してプレッシャーが多い。


まだ野尻湖でバスを釣ったことの無いK君にとって、


ハードベイトだけで釣りが出来るか不安だっただろう。






さて、実釣。


S社長とスタッフTペアと、私とK君のペアに分かれ湖上に繰り出す。


初めはディープが気になったので、


7〜8m程の岩盤フラットエリアを探る。


ルアーはスピンテール系のメタルバイブだ。


1時間程探ったが、お互いアタリを感じただけだった。


連日、釣り人が糸を垂らしているためか、


かなりシビアな状況になっている様だ。


大きく移動して、東岸エリアのバンク沿いを探る。


ルアーはクランクベイト。


岸ギリギリに投げ込み、一定のスピードで巻く。






この日は魚のチェイスが見られない。


普段なら何匹かが追ってくるのだが、


水温が低いのか人的プレッシャーなのか魚の気配が無い。


倒木に引っ掛けてしまいルアーを回収しに岸によると、


ブッシュの奥に40後半の魚体が見えた。


魚は居るが、追いが悪いだけの様子。


もっとブッシュの奥まで投げ込む必要があるようだ。


普段は遠投して岸に届くかどうかの距離で


ボートのポジションをとっているが、


岸近くに寄せてピンポイントに投げ込む様に変える。






しばらくキャストを繰り返すと、


私の投げたクランクに激しいバイトがあった。


巻きだしてすぐ、水深30cmにも満たない場所である。







40cm程のサイズ。なかなか激しいファイトを楽しめた。


K君は最初こそ半信半疑であったが、


この魚を見てスイッチが入った様子。


エレキ操作を彼に託し、更にバンク沿いに進む。


かなりシャローのエリアに入ってきた。


彼も私と同じルアーに変え探っていくと


K君のロッドが曲がる。






20cm後半のサイズだが思い切りの良いバイトだった。


野尻湖での初フィッシュ。


使ったのは大きめのクランクベイト。


これも巻出し直ぐのバイトの様で、


この日の傾向が掴めた感があった。






対岸へ移動し、同じようなシチュエーションを探る。


ブッシュの奥、岸ギリギリに着水させ、


等速で誘いを掛け続けるとバイトがある。


水面を割るほどの激しいバイトだった。






先ほどより少しサイズアップ。


皆がソフトベイトを投げている中で、


ハードなゲームが展開出来てきている。


自信が付くとキャストにも力が入ってくる。






もう一艇の方へ連絡を入れ、湖上で落ち合う。


1匹だけだが小さなサイズが釣れたようだった。


こちらもクランクベイトを巻き通しているとのこと。


ただバイトが得られないので、思うような展開になっていないとの事。






所要で桟橋に戻り、作戦会議をする。


残り時間も少なくなっていた。


西岸のエリアに的を絞り、


先ほど同じくクランクベイトだけを投げ通す。


終了の時間が迫っていた。






ラスト15分、K君のクランクに激しいバイトが来る。


なかなかのサイズに見えた。


船の近くまで寄せると40後半のサイズの様だ。


ランディングに躊躇していると、テンションが抜けてしまった。


無念のバラシ。


肩を落とすK君。(以前にもシーバスでも良いサイズをバラシをした様な…)






やはり岸ギリギリに魚は付いている。


気を取り直して投げ続けた。


ドラマは最後に起きるもんだ。


またもやK君のロッドが大きく曲がる。


先ほどと同じ位のサイズのようだ。


今度は躊躇いなく一気に引き抜いた。






46cm 1.1kg 納得のサイズ。


バスの口を掴むK君の手は震えていた。


このサイズだったら嬉しいよね。






空を見上げると黒い雲が近づいていた。


急いで桟橋に戻る。


案の定、片づけを終えると土砂降りの雨。


この日も雨から逃げる事は出来なかった。


もう一艇のペアは、小バス1匹のみ。


同じようなエリアを攻めていた様だが、


タイミングの違いだけの様に思える。


少しの違いで大きく違いを分けた日だった。


それでも攻め抜いたゲーム展開だったので、


納得の1日だったと思える。


遠方の方にとってはリスキーかもしれないが、


ゲーム感を追求するにはハードベイトに拘るのも面白い。


『釣れた』ではなく『釣った』と思える方が好きだ。


もし興味がある方、ぜひ試して頂きたい。






Tackle Data

Rod : Magna-Impact MI67B-M

Reel : #100class

Line : MI-207N 14lb

Lure : NO-NAME CRANK #2/0

   MI:CRANK  MI401S

Angler : Staff Funaki








PS

若干1名、魚が釣れなかったスタッフが居た。


桟橋で居残り残業。


ソフトベイトで小バスが釣れた。


それが誰だったかは彼の自尊心を尊重して


顔出しだけに留めておこう(笑)
























JUGEMテーマ:フィッシング
























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

湘南シーバス Top Water Seabass Game



久保田氏よりレポートが届きました。



*****************








毎年梅雨入り前後になると


トップウォーターゲームが熱くなりはじめます。


ロッドワークを多用する


トップウォーターの釣りでは少し短めのロッドで、


目に見えるペンシルやポッパーを操った方が楽しい。






もちろん日頃私が愛用しているSWAT SW97MLでも


操作性と言う面では全く問題ないのだけど


ライトゲーム感覚でルアーを操作した方がより楽しめる。


そこで最近の私はSWAT SW83LML


ペンシルベイトをぶら下げて川を歩くというスタイルが気に入ってます。






気配を消してペンシルやポッパーを巧みに操り、


魚にとって最も危険の多い水面へシーバスをおびき出す。


もちろん例えヒットしなくても


1発でも水面に出ればその興奮を思い出すだけで


1日楽しめる訳ですが、欲を言えばヒット、


さらに贅沢を言えばキャッチをしたいというのがアングラーの本音。


どんなルアーゲームであっても最も興奮するのがトップの釣りだと思います。






トップウォーターをより楽しむ為にロッドに求めたい性能としては・・・


 ○点を打ち抜くキャスタビリティー。


 ○アングラー側の入力をスポイルしないティップの操作性。


 ○長時間のロッドワークでも疲れにくい軽量感。


 ○突然のバイトに驚き早アワセになっても、しっかりフッキングさせるロッドの追従性。


こんなところなのですが、SWAT SW83LMLはドンピシャなのではないかと。






6月11日


珍しく日のある内に仕事が終わったのでSW83LMLを手に川へ。


流れも弱く風もない、


おまけにベイトも見受けられないという釣果を期待するには厳しい状況。


それでもトップの釣りとは楽しいもので


ストラクチャー際などキャストする楽しみ、


ドッグウォークなどの操る楽しみを堪能していたところ・・・






ドパン!!!


という音と共に突如シーバスが水面を割る!


正直『しまった!!』という感情が先に出た。


トップの釣りは魚が水面で反転する前に


アワセを入れるとフッキングが浅くなりやすかったり、


すっぽ抜けてフッキングしない事が多い。


完全に油断していた為、


魚が反転するその一瞬の溜めを作れず思わず身体が反応してしまった。


いわゆる『ビックリアワセ』状態。


それでもロッドに重量が伝わってきたので辛うじてフッキングは成功。






ファーストランで3mほど走られた際に


リールのラインスプールにラインがめり込んだ。


今振り返ればシーバスの引きでラインがめり込む事なんて


早々ないので良型という事に気づけたハズなのですが・・・。


どういう訳か私は70cmほどのシーバスと誤認したままファイト開始。


しっかり曲りバッドまでパワーが伝達した83LMLを眺めながら


70cmの割には元気があるな〜なんて呑気なもんで、


1〜2分ほどやり取りを楽しんだ後に


無事にフィッシュグリップでランディング。






あれ?デカッ!!


思わず声が出てしまったシーバスは


90cmで6.8kgもある立派なものでした。










いやはや書いていてもお恥ずかしい。


ビックリアワセに始まり70cmと勘違いしたままランディング。


柔らかい初期曲りだからこそバイトを弾かず、


曲がるからこそバッドでパワーを受け止められる。


今回ばかりは完全に


SW83LMLに90アップをプレゼントされたとしか言えないですね。


SWAT SW83LML、素晴らしいロッドです!






Tackle Data

Rod : SWAT SW83LML Tidal Walker

Reel : 13'CERTATE 3012

Line : Storong8 1号

Leader : FAMELL FC 16lb

Lure : FakieDogDS

Angler : Y.Kubota



























JUGEMテーマ:フィッシング

























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

テストは上々。









テストしたいロッドが有ったので急遽船の予約を入れた。


お世話になったのは、敦賀のブルーズさん。






見た目はゴッツイが、初心者に優しい猪坂船長。







大型のシーバスが好調の様で、青物も混じっている様だった。


とりあえずジギングと、キャスティングモデルのプロトを用意。


今回は既存アイテムとの比較テストが目的だ。


それぞれがコンセプトロッドではあるが、


なかなか面白いロッドとなってきている。


実戦で鍛えて行くからこそ、


信頼度が高まっていくと思っている。


何にせよ机上では竿は出来ない。






さて、当日は好天となった。


風も優しく、ウネリも無い。


大概こんな日は釣りは難しい日が多く、


予想通り大変釣りが難しい日になった。






初めはシーバスのポイントへ。


何カ所か周ったものの、全くの無反応。


船中誰一人バイトを得られない。


根が荒いポイントへ移動。


ここでは根魚の他に、青物など色々な魚種が狙えるらしい。


スロー系のタックルで丁寧に探ると、


ポツポツとバイトが出始める。







全体としてキジハタが多いが、


他の方はレンコダイ等も釣れている。


ジグの大きさと自分の体長と同じ位のアジも釣れた。








スロー系ジギングは万能ではないが、


使い方次第で色々釣れるので面白い。


アタリが遠のいたので大きく移動。


遠くで鳥山が立っている。


かなり大きな規模でナブラが発生していた。







キャスティングのロッドに変え探ってみる。


どうやらシラス系のナブラの様で、


かなり小さいベイトを捕食している様子。


手を変え品を変え誘いを掛けたが、全くの無反応。


しばらくナブラを追いかけていたが、


同船者の方が1本イナダ級を釣っただけで終了。






なかなか手を焼いた日ではあったが、


色々考えながら釣りを展開できたので


テスト釣行として充実した日となった。


爆釣ばかりだとタックルは進化しない。


難しい状況でこそ良い道具は生まれるわけだ。


色々な場所でテストして行こうと思う。


さて、次はドコ行こうかな。






Tackle Data

Slow Jigging Type

Rod : HORIZON-SL HSL66B-ML

       HORIZON-SL HSL66B-M

       Prototype( 2 tackle )

Reel : RYOUGA 2025

        OCEA-CALCUTTA 300HG

        SALTIGA 10H

Jig : 100〜200g


Casting Type

Rod : Prototype( 3 tackle )

Reel : SALTIGA 3500

Lure : Pencil bait


Angler : Staff Funaki & Staff M

























JUGEMテーマ:フィッシング






















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

ドラッグフォース ドテラ専用スペック



以前にドテラ専用の必要性について書かせて頂いた。


今回は使用方法についてお伝えしたい。


まだの方はコチラ → 『ドラッグフォース ドテラ専用スペック 






JIG-ZAM DraggForce

JDF5101S-6 (発売中)

JDF5101S-8 (Now Testing)












ロッドだけの硬さをみると、


太いラインに重いジグといった


イメージを持たれる方が多いと思う。


だが、実際に使用するのは


一般的な近海タックルと大きな違いは無い。






船が流されることでジグとの距離ができ、


ラインやジグに掛かる抵抗も


距離が出るほど高まっていく。


あまり太いラインを使用すると、


水のキレが悪くなり


ジグの挙動が分かり難くなるって訳だ。






そこでオススメしているのは、


メーンラインはPE3号、太くてもPE4号程。


リーダーは40〜50lb程が丁度良い。


ジグウェイトはスペック表記してある


Bestウェイトを参考にして頂くのがよい。


また、操作性重視のロッドとなっているので、


ロッド全体が硬いこともあり、


リールのドラッグをあまりキツク設定すると


バラシ易さに繋がってしまう恐れがある。


ドラッグMAX値の7〜8割程度に設定して、


ファイト時にハンドドラッグで寄せる方法がベストと思える。


全てをMAX値に設定しても良いが、


バランスを考え道具を使い切ることで、


釣果は次第に上がっていくと思う。








さて、操作方法だ。


高速リトリーブとロングとショートジャークを織り交ぜた


コンビネーションジャークが基本となる。


ジグの着底を感じたら


出来る限りのスピードで早巻きを行う。


リーリングと一緒にショートジャークで誘いをし


最後にロングジャーク後のポーズでジグに浮遊感を与え


食わせの間を誘発させる。








この際にロングジャークは力まかせに操作するのではなく、


ロッドの復元力を充分に活かしてみると


思ったより疲労感は少なくなる。


復元力が少ないロッドは潮流や風が緩い時は良いが、


船が早く流れるときほど、


戻すだけの力を要してしまい疲れる原因だ。


それが100m以上ラインを出す様な状況になれば、


体に掛かる負荷は顕著に大きくなる。






開発に携わって頂いたH氏の助言によると、


腕だけで操作するのではなく、


腰の捻りを使い全身の太い筋肉を使えば


体への負担は分散され少なく出来ると言う。


確かに初めのうちは腕力だけで強引に扱っていたが、


体幹をベースに腰の捻りを入れてジャークをすると、


驚くほど楽に操作が出来るようになった。






ある程度の練習は必要となるが、


慣れてしまうと専用ロッドの必要性を感じられると思う。


ジギングの中でハードな部類に入るジャークだが、


ドテラ流し時での有効性は抜群だ。


釣れたではなく、釣った気分を存分に味わうなら


ぜひチャレンジして頂きたい。






























JUGEMテーマ:フィッシング


















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

ロッドベルトが新しくなります。



ロッドベルトをリニューアル致しました。








サイズは2種類。


Sサイズ(200×30mm)は、


2ピースロッドを束ねる事に向いたショートサイズです。


Mサイズ(300×30mm)は、


複数本を束ねる事に向いたロングサイズになります。




















素材をクロロプレンとすることで滑り難く、


便利なスリットも入れておきました。


釣行の際はご活用ください。












TENRYU ロッドベルト(S)

2本セット

¥1,200−(税抜)



TENRYU ロッドベルト(M)

2本セット

¥1,200−(税抜)













JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー