Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

天龍Staffタイに行く2015 前編



今年もタイランドへ行く機会を頂けた。


展示会がバンコクで開かれる訳だが、


今回は昨年と違う会場になるようだ。


違う点はもう1つ。


釣りをする時間が取れた事だ。


昨年はスケジュールの関係で釣りを楽しむ時間が無かったが、


今年は釣りを楽しめる。






日本は5月の連休を向かえるころ、


僕らはタイの地に降り立った。


やっぱり暑い…。


解っていた事だが、


既に日本の真夏と同じ気温になっている。


湿度が高く体に纏わり着き、


相変わらず不快度指数はMAXだ。


暫くすれば体が慣れるだろう。


初日は移動だけで1日が過ぎ、釣りは2日目からだ。


昨年気になっていた、


バラムンディの釣り堀に行ってみたかった。


ガイド役は昨年もお世話になっているシゲさん。










案内して頂いた釣り堀は、『Pilot 111 Fishing Pond』。










8種の池を保有しバラムンディやプラーチャドー(雷魚)、


メコンナマズなど大型のターゲットが入っている。


レギュレーションは緩いようで


ルアーなら何でも使って良い様だが、


個人的にはハードルアーに拘ってみたかった。


勿論、全てバーブレスにする。


釣り堀だから簡単だろうと思っていたが…


なかなか難しい。下手をしたらデコもあり得る。


面白いのはレストハウスで食事が出来る他に、


小屋が各所に配置してあり


各々がユッタリとした時間を過ごせるようになっている。



















釣りだけでなくリゾートとして


楽しむことに主観を置いていることは、


日本の釣り場にも見習って欲しいと点だと思う。


それは時間を有意義に使うということだ。















釣果は、お目当てのバラムンディと


プラーチャドーが数匹遊んでくれた。


























タックルはバスロッドのミディアム、


もしくはミディアムヘビークラスのパワーが有れば楽しめるだろう。


ワイルドな魚だが、ルアーは色々と種類が欲しくなる。


表層なのか中層なのか、ボトムなのか…


バターンを掴んだ方は次々と釣り上げていた。


日本では味わえない面白さが有った。










気を付けないといけないのは、陽射しが強いといくこと。


ラフな格好で居たのが仇となり、


真っ赤に日焼けをしていまった。


少し暑くても肌は露出し無い方が懸命だ。


さて釣りは楽しめたので、


次回は展示会へ移っていこう。







TackleData

*************************

Rod:Magna-Impct MI66B-MH

Reel:EXSENCE

Line:PE#2

Leader:40lb

*************************

Rod : Prototype

Reel : #10class

Line : PE#1

Leader : 22lb

*************************

Lure:Woodream NO-NAME MINNOW

         Woodream NO-NAME CRANK

         TENRYU MI-CRANK 401

         RAPALA CD11 .etc

*************************

Angler:Funaki

























JUGEMテーマ:フィッシング




















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

今週末は仙台で。



色々な釣りモノが最盛期を迎えてきました。


オフショアからショアまで、狙いたいターゲットが増える時期です。


さて、次の週末は宮城県 仙台市にて


『キャスティング presents 2015 ルアーフェスタ in 仙台』が開催されます。












弊社もブース出展を致します。


今季発表している新製品を展示致します。


先日発表したばかりの、


スパイク・TUNAシリーズの追加モデルも今回初お披露目となります。


気になった方は、ぜひ触ってみて下さい。


その他、ゴッソリとロッドを展示致しますので、


来てみて触って下さい。気に入ったロッドが見つかるかもしれませんよ。


沢山のご来場、お待ち申し上げます。











日時:2015年5月16日(土)10:00〜16:00

       5月17日(日)10:00〜16:00

場所:夢メッセ MIYAGI本館 展示棟 B・Cホール

   宮城県 仙台市 宮城野区 港 3丁目1-7

   アクセスはこちらをご覧ください → http://www.yumemesse.or.jp/guidemap/

入場料:当日券1,000円(開催当日会場でのみ販売)

詳細はコチラ → ルアーフェスタin仙台 公式ホームページ





























JUGEMテーマ:フィッシング





















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

シーズン先取りフラットゲーム



神奈川の久保田氏よりレポートが届きました。


*********************














私のホームグラウンドである神奈川県下にも


ようやく春の海の使者カタクチイワシの接岸が見られるようになり、


いよいよヒラメやマゴチといった


フラットゲームも本格的に開幕してきました。






神奈川県の沿岸は東京湾側、相模湾側共に砂浜が多く


フラットフィッシュとシーバスは


ソルトルアーの2大ターゲットと言えます。









使用するルアーもシーバスと共通の物が多く非常にお手軽。


広大な砂浜で水平線に向かって思い切りルアーを投げる、


これだけでも最高に気持ちが良いのですが、


運よく魚からの反応が得られると釣れあがってくるのは高級魚。


持ち帰った時は家族にも喜ばれるところが


人気を集めているところではないかと思います。






しかしこのフラットゲーム、


ヒットしてもバラシも多いのが特徴の一つ。


キャストするルアーはシーバスロッドに適したものが多いので


私も含めてシーバスロッドを流用するアングラーがほとんどです。


しかしシーバスと比べて口も小さく吸い込みの力が弱いので


どうしてもバイトを弾き気味になったり、


テールフック1本でのあまい刺さりのフッキングになることが多いのです。


あまいフッキングのまま首を振られたり


波打ち際で引き波に合うとどうしてもフックアウトしてしまう。


昨シーズンはこれで悔しい想いも沢山してきました。










そこで今期は SWAT SW97ML を導入しています。


もちろんシーバスとの流用です。


このロッドの特徴として


9ft後半のロッドにしてはティップが非常にしなやかなこと。


魚の首ふりやバイトに対しての追従性が


非常に良いということが挙げられます。


そしてこれが大正解。バラシが非常に減りました。









特に顕著に感じる差ですが、


バイトを感じた際に通常のシーバスロッドですと


バイトの瞬間にロッドが弾いてしまい


浅い角度でのフッキングになることが多かったのですが、


SWAT SW97ML ではバイトの直後、


ロッドが追従し魚が反転してからパワーが伝わり


フッキングに至っている為フックの刺さりが深いように感じます。







またランディングのズリ上げ時に


波打ち際で寄せ波のタイミングを待つのですが、


ここが一番バレ易いタイミング。


波の振幅でテンションが緩んだかと思えば、


魚の最後の抵抗でロッドに急激なテンションが加わったり抜けたりします。


このテンションの急変でバレてしまうことが多いのですが、


SW97MLの追従性の高いティップが


フラットフィッシュのキャッチ率を大きく向上させてくれています。







しかし一般的には追従性の高い曲がるロッドは


強引に魚を寄せるパワーがないと思われがち。


ところが SWAT SW97ML


バッドのパワーをしっかり引き出せば相当強引なファイトも可能にしてくれます。







サーフゲームにおいて厄介な外道である大型のエイ。


下手にサーフに上げようとすると


ロッドを折られることもある本当に厄介な相手です。


そんな大型のエイも97MLのバッドパワーを上手く使えば


5分とかからずズリ上げてルアーを回収。フックの伸びもなし。


バレにくい追従性と対極にあるパワーファイトもこなせるSWAT SW97ML


かなり頼もしい私の相棒です。

































JUGEMテーマ:フィッシング























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

開発コード『Light TUNA』









一昨年より開発を進めていたモデルがあった。


近年のマグロをターゲットとした


キャスティングゲームの人気は益々加熱している。








ただ人気が高まるにつれ、必然的にアングラーは増え


人的プレッシャーが強くなってしまう。


もともと一筋縄では行かないターゲットだが、


更にプレッシャーが掛かる事で難しさが増してしまうのだ。


アングラーは出来る限りのことをしていくしかない。


ラインは細く、ルアーは小さくならざるを得ない。


ただし間違ってはいけないのは、


決してターゲットは小さいモノではないという事。








今作のテーマは近海でキャッチされるこの多い


10〜30kgまでの中型マグロをターゲットにしたロッドだ。


東京近郊なら相模湾でのキハダ狙いが良い例になる。


相模湾で例えると、ベイトはサンマやシイラなど


大型のベイトを捕食している場合は


一般的な誘いだし系の大型ペンシルでも充分狙える。


しかしベイトは変動的で、


イワシやシラスなど小型のベイトを追い出すと


今までのルアーでは全く相手にされない事が多い。


これは何度もチャレンジして身に染みた。











目の前でボコボコとボイルしているのに、


私のルアーには全く目も向けてくれない。


しかし隣のアングラーが投げている


小型のシンキングペンシルには反応する。


偏食している状況では、


こういった小型ルアーしか相手にされない訳だ。


現状のロッドでは強さこそ充分だったが、


ティップに繊細さが足りなかった。


そこでイエローテールと同クラスのソフトなティップを持たせ、


ベリーからバットには垂直にロッドを立ててファイト出来る


ネバリ強さも持ち合わせた試作品を作ってみた。


初回のサンプルは張りが強く、


飛距離を出すだけなら充分だったが、小型ルアーへの相性がいまひとつ。


もっとティップをソフトにし、


30〜50g程度のシンキングペンシルを気持ち良く使え、


いざ魚を掛けた後は安心してファイト出来るサンプルへ改良していった。








先日、愛媛にてブリをトップで狙うことがあり、


(この時の内容は、5月発売のソルトワールド誌に掲載予定)


ブリを相手にすると一瞬で寄せてしまうパワーがあった。











ロッドとのバランスを整えるなら、


メーンラインはPE4号程が良い。


リールサイズは、S社で10000〜14000番。


D社なら5000番程がバランスが取り易い。


小型ルアーに照準を合わせているが、


MAX100gまでキャスト出来るロッドにはなっているので、


誘い出し系のペンシルも対応が可能だ。









用意したモデルは2機種。


操作性が高い8フィートのモデルと、


遠投性能がある8.6フィートのモデルだ。


乗合船であったり、チャーター船であったり


様々な状況に合わせて選んで頂きたい。


リリースは7月末頃を予定。


ぜひ、ご期待ください。
















SK802TN-L

Length : 8'0"ft

Lure : MAX 100g

Line : MAX 80lb

Drag : MAX 10kg

Price : ¥45,500-




SK862TN-L

Length : 8'6"ft

Lure : MAX 100g

Line : MAX 80lb

Drag : MAX 10kg

Price : ¥46,500-


























JUGEMテーマ:フィッシング



























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

赤の次は、青いモノ



先日の中深海ジギングから一転、


日本海へ青物中心のジギングへ行くことになった。


毎回この時期にお世話になっている


福井県 敦賀港から出航する『ブルーズ』さん。


前日に確認の電話をすると


何やら景気の良い話が舞い込んだ。


どうやら良いサイズが釣れているとのこと。


ジギングを考えていたが、


キャスティング用品も持ってきた方が面白いとの事だった。






さて今回も前回に引き続きスロー系モデルのテストが中心だが、


他にも色々と持ち込んでテストをする予定だ。


同行してくれたスタッフ3人のうち1人は


ジギング経験が無いことから今回が初めて。


色々と期待を持って沖に繰り出すことになった。






久し振りに天気は素晴らしく良く、


適度な風と心地よい気温が眠気を誘う。


遅めに出航し、向かった先は前日から大物が出ている場所。


遊漁船からプレジャーボート、ゴムボートに至るまで、


沢山の釣客が狭い海域に集まっていた。


水深は70〜80mほど。かなり大きな瀬の周辺を流していく。


なかなかアタリは出てこない。


マッタリとした雰囲気が漂っていた中、


同船していたお客さんに強めのヒットがあった。


しかし船底までバラしてしまった。


時折、魚探には群れが通っているとアナウンスはある。






次にヒットしたのはT氏。


引きからして青物の様子。


ホライゾンLJが引きに追従して曲がり込む。


上がってきたのはメジロ(ワラサ)だった。








しつこく探っていると今回初挑戦のK君にヒット。


ジグザムV が絞り込まれている。


同時に私のロッドも魚信を捉えた。


サイズからしてメジロ程度。


強引に寄せてK君より先にランディング。







K君はというと…必死でリールを巻いている。


長いファイトの末に上がってきたのはメジロ。


ボディにヒットしていたので、


なかなか上がって来なかった訳だ。


それでも初の青物をヒットさせて満面の笑み。








魚探にはポツポツと反応を見せている様子。


ロッドを別のモデルへ持ち変えて


更にしつこく誘いを掛けるとポロポロと釣れてくる。


ベイトはイワシの様だが、一貫性の無いバイトばかりだった。






アタリが遠のいたのでハマチ(イナダ)狙いに移動する。


40分ほど移動した先は、先ほどと同じような水深。


海鳥が騒いでいる。雰囲気はある。


小型のジグを入れると入れ掛かりになった。


ハイピッチ、スロー、何をやっても釣れる状況。


ロッドのアクションを確認するには良いテストになる。


ハマチは頑張れば何本でも釣れるが、


適度にデータが取れたので暫し休憩。


初挑戦のK君はコツを掴んできたのか、


ハマチを連発させていた。


その脇でなぜかStaff Mが首を傾げている。


なかなかコツを掴めず四苦八苦している様だった。







同船者の皆が満足してきた頃を見計らい、


他のエリアに移動するとアナウンス。


根物やシーバスを狙いに荒い根回りを探ってみる。


この日はシーバスは留守の様子。


誰にもバイトが無い状況で移動をしようと


船長と話をしていた頃にT氏のロッドが曲がる。


引きからして青物では無いようだが、


やたら重量感がある様子。


上がってきたのはヒラメ。








釣った本人は、偶然と言っているが羨ましい限りだ。


最後に朝に入った大物ポイントで粘ったが、


同船の方に1本メジロが出ただけで終了となった。


適度な釣果に恵まれ、


初挑戦のK君には良い経験になったはず。


私も、まずまずのテスト結果を得られた。


改良する点も見えてきた。更に煮詰めていきたい。


さて、次回はどこ行こうかな?





Tackle Data

Rod : JIG-ZAM Version JZV571S-3

Reel : Twinpower 8000PG

Line : PE3 & Leader 40lb

Jig : 120g



Rod : JIG-ZAM Version JZV571S-3

Reel : #4000class

Line : PE 2 & Leader 35lb

Jig : 100〜120g



Rod : HORIZON-LJ HLJ62B-FML

Reel : OCEA CALCUTTA 200

Line : PE1 & Leader 20lb

JIG : 100g



Rod : HORIZON-LJ HLJ62S-ML

Reel : #3000class

Line : PE1 Leader 20lb

JIG : 100〜120g



Rod : Prototype

Reel : #10class

Line : PE1.2 & Leader 25lb

JIG : 100〜180g


Angler : Staff Funaki

























JUGEMテーマ:フィッシング























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー