Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

スパイク YT・TUNA リニューアル




この度、スパイクYT(イエローテール)と、



スパイクTN(ツナ)がリニューアルとなります。



イエローテールモデルが先行発売となり、



ゴールデンウィーク中には店頭に並び始めるでしょう。



一歩遅れて、ツナモデルの順になります。



それでは簡単に紹介します。
































YellowTailモデル





SK732YT と SK802YT は、



旧タイプのアクションを引き継ぎ、



しなやかなティップとハードなバットパワーが魅力です。



また、SK812YT-L という、シリーズでは初めてとなる、



ライトスペックのキャスティングタイプも登場です。














SK732YT



アンダーハンドキャストだけを強いられる状況で、



遠投性と操作性を重視したアイテムです。



20kgクラスをターゲットとしています。










SK802YT



オーバヘッドでの遠投性を重視したアクションで、



ヒラマサ狙いのガチンコファイトには必須アイテム。



20kgクラスをターゲットとしています。










SK812YT-L



40から60g程の小中型プラグの操作性が高く、



10kg以内のターゲットと相性の良いアイテムです。


























Tunaモデル





全てのアイテムのブランクを改良しました。



各機種ごとにパワーランクを変えてあり、



お好みのクラスを選べます。








SK832TN



SK862-80TUNAをベースに、



操作性を重視したレングスに改良。



以前より少しソフトなアクションに仕上げてあり、



ライトなスペックとなっています。



30kgクラスまでをターゲットとしています。










SK812TN-H



SK802H-80TUNAをベースに、強引さを強調しました。



レギュラースローだったアクションをレギュラーとし、



安心感のあるバットパワーを持たせています。



50kgクラスまでをターゲットとしています。










SK872TN-H



SK862H-80TUNAをベースに、キャスティング性能と



強引さを持たせています。こちらもバットパワーを上げ、



ネバリ強いアクションとなりました。



50kgクラスまでをターゲットとしています。










SK832TN-HH



SK862-80TUNAをベースに、徹底的にスパルタンな仕様に




仕上げました。意外と曲がるティップから、




強烈なバットパワーを持たせています。



80kgクラスまでをターゲットとしています。


















各機種の詳細については、



別のログでアップしていこうと思います。




今回のスパイクは、自信作となりました。



ご期待ください。










 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

感無量な日




前日と同じく好天。



朝の空気が弛緩してきた様だ。



朝早くに仲間から入電。



尺上のアマゴが出たようだ。



所用を済ませ、



遅いブランチの後にタックルを車に積み込んだ。





















撃沈した翌日なので、



とりあえず魚を触りたい一心で、



鉄板のエリアに車を走らせた。



前週に雪と雨が降ったが、



水位は落ちて逆に足りないくらい。



連休中ともあり、



釣り人も多いと思われるが、



イワナ狙いで入渓してみた。






































水温は前日の川よりは高い。



手始めにミノーを投げると、



ルアーを引ったくるバイトがきた。







































小さいが一匹は一匹。



普段よりハイペースで渓を探った。



かなり活性が高い様で、



次々とイワナが遊んでくれる。



































別の小河川も探っても同じように釣れた。



やっと調子を取り戻したようだ。



キャストも気持ちよく決まると、



釣れるのだから辞められない。




























日も傾いてきた。



大物狙いに本流に賭けてみることに。



いつもはオデコで帰ることが多いのだが、



今日はツキが回ってきたようだ。
























超穴場狙いで、



天竜川のスーパーメジャーなポイント入ってみる。



ここは、最近釣りをしている方が殆ど見かけない。



朝に車で通った時に水色が良いのだけ見ていた。



7センチのフローティングミノーを着けて探ってみた。

















































答えは、呆気ないほど早くきた。















































餌を飽食したナイスな魚体。



久しぶりに、手が震えた。






















釣れる時は、釣れてしまう。



釣竿を作っている身の者だったら、



ロッドの性能を自慢するべきだが、



今回は『運』だったといえる。



時を同じくして、N氏から入電。



天竜川の上流の方で、



銀毛した良型が釣れたとの事だ。



お互いの健闘を祝って納竿することにした。







































TackleData


渓流用


Rod : Rayz RZ53UL Twichin'


Reel : #2000class


Line : Nylon4lb


Lure : ぷらぐ屋工房タイプ












本流用


Rod : Prototype 「SATSUKI」


Reel : #2500class


Line : PE0.6(12lb)


Lure : SG70F



Angler : FUNAKI

 

 

 

 

 

 


 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

撃沈な日




本当に春なんだろうか。



三寒四温とは言うものの、



寒が度を過ぎでいる。



前週の土曜には、



諏訪湖周辺で5センチの積雪があったばかりだ。



















GWの初日。



木曾方面では小雪がチラついていた。



桜も蕾が目立った。



信州は春が遅いが、今年は寒暖の差が有り過ぎる。




















2日目。



友人を渓流へ連れていく約束だった。



午後からの約束だったので、午前中は天竜川へ。



初めに行ったポイントには、



ぷらぐ屋工房のN氏が入っていた。



まだ釣果が無いとのこと。



別のポイントへ移動してみた。


































前日の冷え込みが嘘のように、



ウェアを着ていると汗が滲む。



雲一つ無い好天だ。



しかし、水温が今一つ。




















水色は良いので釣れてくれればラッキーだ。



お昼頃まで探ってみたが…ノーチェイス。



途中でN氏から入電。



私の入っていた瀬から下流の淵で良型が捕れたとか…。



何かが噛み合わない。



















とりあえず腹が空いたので、町まで戻ることに。



軽く腹を満たしたところで、友人から連絡が。



食べられる魚が釣りたいとの申し出で、



低水温でも比較的イージーに捕れそうなイワナを狙うことに。



南アルプス水系の渓流に行ってみた。



















水温は低い。



目ぼしいポイントを何ヵ所も探ったが、



一回だけチェイスが有っただけ。



夕方まで頑張ったが…互いに釣れなかった。






(ゴメンよ、Y君!釣らせたかった…)





翌日に期待して、家路に着いた…。



































TackleData



本流用



Rod:Rayz RZ75M-BC


Reel:ALDEBARAN 7 Left


Line:MI207N 6lb









渓流用



Rod:Rayz RZ53UL


Reel:#200class


Line:Nylon4lb










  • にほんブログ村 釣りブログへ

リアクションテンヤとは




3〜4年ほど前になるでしょうか、



関東を発祥に、



『真鯛テンヤ』がブームとなりました。



各社がこぞって専用アイテムを発表し、



全国でテンヤだらけになったのが、



記憶に新しいことです。



弊社も、レッドフリップにて



専用のアイテムを発表したわけです。























テンヤの基本と言えるのが、



出来るだけ軽量のテンヤと、



穂先が柔らかく、繊細にアタリを取り、



大鯛を狙って釣れるところにあります。



それは、『テンヤマダイ』シリーズにあたります。






RedFlip TENYA-MADAI


RF230-FL


RF245-FML




























前置きが長くなりましたが、



リアクションテンヤ』とは何ぞや?



という事です。



カタログ上では、



ビンビンの高感度のロッドと、



ヘビー級テンヤ、



極細ラインと合わせることとあります。



そして、急速フォールと、



着底後の繊細なアタリを取るわけです。





















言葉では簡単に書いていますが、



これが奥深いのなんの…。






















開発のキッカケは、



高知の大先輩からでした。



初めのウチは『テンヤマダイ』を使っていたのですが、



着底後の敏捷性が足りないとのことでした。



時間にして、コンマ1秒位でしょうか?



その一瞬で掛けられるか、



掛けられないかが分かれるとのことで…。



初め疑心を持っていたのですが、



実際に一緒に釣りをしたことで、



目から鱗でした。























その方の反射神経は、もはや神レベル?などと



中2病的な言葉で言いたくなるほど、



ビシバシとアタリを取っていくのです。



これは、専用のタックルが出来つつあったからこそ、



可能としていたわけです。






















まぁ、同じ専用タックルを持っても、



今だ敵いませんがね…。



(いつかギャフンと言わせたい)



















ここまで書くと、



リアクションテンヤを使えば完璧か?



と思えますが、



そうでは無いのですね。



リアクションテンヤは重いテンヤを使ってなんぼで、



軽量なテンヤには、『テンヤマダイ』タイプが合っているのです。






























3機種ありますが、



短くなるほどテクニカルで楽しくなります。



メーンラインも出来るだけ細くしていくと、



アタリが鋭くなり、ファイトもスリル感を味わえます。



勿論、ドラグ性能が良いリールを使うことが前提になります。



この釣り方が完璧な訳では無いのですが、



この競技性があり、何よりも自分のスキルが、



そのまま釣果に現れるのが楽しいのです。



ストンと落として、ビシっと掛ける。



ヤミツキになりますよ!

 

 

 

 

RedFlip ReAction-TENYA


RF742S-L


RF772S-ML


RF802S-M

 

 

 

 

 

 

 






 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

渓流ベイトタックル(リールの選択編)





ここのところ、渓でのベイトタックルが人気が



ジワリジワリと上昇してきました。



以前より楽しまれてきている方も多いでしょう。



ここで私なりのリール選びを、書いてみようと思います。







ちょっと長文です・・・。







正解でもあるし、間違いかもしれないので、



これらの点に関しては、1つの遊び方程度に



参考程度にして頂ければと思います。








































以前に『3gが壁』という事を書きました。



これはキャストにおいて低弾道でルアーを



ピンポイントに送り届けられるか、という事になります。



3g以下が投げられない訳ではないのですが、



どうしても弾道がフライになりやすく実用的と思っていません。




(私のスキル不足ですね…)




リールの性能にも大きく左右されます。



バスフィッシングでは当たり前となりつつある、



ベイトフィネスタックルと同様に



スプールを軽量にすることが得策でしょう。



同じリールでスプールをノーマルのモノと、



軽量なモノと比べてみました。



正直なところ、気持ち良さは比較になりませんでした。



さすが専用と言ったところです。
























更に投げやすさを追求していくと、



スプールに巻くラインも気にしたりもします。



普段は50mだけラインを巻く様にしています。



これはバックラッシュしても、



100mのラインなら残り半分を持ち歩いて、



現場で巻き直す事を考えての事ですが、



先日、知人との会話でスプールの重量を気にする方は多いけど、



ラインの重さも考えるべきと言われました。



確かにその通りで、



100m巻くのと50mとでは初速が変化します。



バックラッシュ怖さにしていた事だったのですが、



少なく巻くことで軽量になったことで、利にかなっていた様です。
























ベイトタックルでの利点として、



キャスト後に巻きだし直ぐにクラッチが戻せるので、



ルアーの立ち上がりスピードを着水後すぐに可能になります。



スピニングリールなら、ベールを戻すタイムラグが発生します。



手でベールを戻す方法で短縮が可能ですが、慣れが必要です。



ベイトタイプだとハンドルを回すと同時に巻きだしが出来るのが、



ストリームでの釣りでは有効と思っています。






























また、当たり前かもしれませんが、



ハンドルも キャストする手とは に、



右手で投げるならレフトハンドル、



左手で投げるならライトハンドルをオススメします。



巻きだしの時間を縮めることに繋がります。




(ハンドルの位置は慣れでカバーもできます。)



























ギア比も高いことに越したことはありません。



しかし、一概にハイギアが一番とは言えません。



ギア比が変化すると巻き取り量に変化が生じます。



以前にスピニングリールを新調した際に、



巻き取り量が変化した事で



リールに慣れるまで苦労した記憶があります。



理想はハンドル1回転が、



普段使われているスピニングリールと同じ位の



巻き取り量に合わせると良いです。



ベイトタックルでも巻き取り量を合わせることで、



スピニングと同じ感覚に近づけるのが良いと思います。



























ハンドルの長さの変化も気になったりもします。



円運動の半径、すなわちハンドルノブまでの長さが、



ベイトタイプだと短い場合が多いのです。



ハンドルを回すピッチのズレだけでも、



何か違和感を感じることも有るわけです。



(極端な場合ですけどね…。)



出来る限り普段のスタイルに合う



リールを選ぶことが望ましいです。























『まとめ』 をすると、





・軽量なスプールを装着





・ラインの巻き量を少なくする





・ハンドルの向き、長さを合わせる





・ギア比と巻き取り量を合わせる









以上の事を意識しています。



決してベイトタックルは、道楽的な釣り方ではなく、



実践的な釣り道具として遊べると思いますよ。

 

 

 













Rayz  RZ56L-BC ,  RZ75M-BC







  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー