Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

怒濤の3連休 2日目



2日目。

予定通り、0時30分にお迎えが来た。





スタッフHだ。

夜中から元気だ。

これから船で起こる事は、まだ彼は知らない。






さて、2日目は マイカ釣りである。

それも、流行の兆しのある、鉛スッテを使った釣りだ。

関東では、ひとつスッテとも呼ばれている釣り方。







地方によって、赤イカとも呼ばれ、

この時期、手のひら位の大きさが狙える。







今回お世話になった船は、

三重県 五ヶ所湾の 渡船屋たにぐち さん。

親切で丁寧な船長さんだ。








同行して頂いたのは、

クレイジーオーシャンの船長こと、元座氏。

ブリゲイドTRコンセプトを開発する際に、

色々とお世話になった方だ。







それと、地元のフィッシングチーム

T・T・F・Cのお二人が同行して頂けた。







元座氏は鉛スッテが流行る以前から、

この釣りに着目して釣りを楽しんでいた。

そこで、教えて頂こうと思ったわけです。






当日の天候は、曇り ときどき 晴れ。

雨は降らないが、波が高い。

風も強い。

大荒れである。








出船してみる。

少々、立っているのが大変だが、

釣りは出来そうだ。







ポイントは、港から遠くなく、

水深も20m程度。








選んだスッテは、5号〜8号が良いとのこと。

当日は、5号が良かった。











早速、講習時間。





まず、スッテを落とします。





着底したら、すぐ底を切って、





数回シャクリます。







そして、ポーズ。









そう!誘い方は、

ティップランと同じ!

船は常にエンジンを掛けたままで、

立てた状態で、バーチカルに狙う。









本当は、夕方から夜の時間帯が良いようだが、

この日は、霧が濃い薄暗かった朝に、

アタリが出てきた。






サクッと、元座氏。









私たちも、見よう見まねで狙ってみる。







思っていたより、アタリが多かった。

アタルけど乗せられない・・・。












ひとつテンヤを初めて体験したときと同じ様に、

こんなに当たるモノなのかと思ってしまった。









これは、人気になる訳である。












しばらくすると、スタッフHの様子がオカシイ。



H 『 スミマセン…  ちょっと寝てきます 』



船に酔った様だ。


数時間、彼は動くことは無かった・・・。










イカからの反応が遠のいた後は、

シイラを狙いに、少し沖まで出てみた。







ウネリが強く、ポイントを定められない。

何匹かのチェイスはあったが、釣れなかった。









この後は、湾内でライトジギングを楽しんだ。





私は、先日完成したばかりの ホライゾンSL で 、

スローなジギングを試してみた。

















ハタ、エソ、色々と釣れて面白い。








元座氏は、ホライゾンLJで ハマチをゲット。









帰りがけに、もう一度 イカを狙って納竿とした。









鉛スッテ、初体験の一日であった。

これは面白い! 近日中にもう一度行きたい。










さて、これで2日目終了。

暑さと、強いウネリで体力は限界に近い。

帰りがけに、船長に教えて頂いた温泉施設でリフレッシュ。







何とか、日付が変わる前には家に戻れた。

簡単に片付けをして、時間は深夜1時を回っていた。

また、倒れるように眠りについた・・・






3日目につづく。







タックル


マイカ狙い

ロッド : ブリゲイドTRコンセプト

リール : スピニングリール 2500番クラス

ライン : PE 0.4〜0.6号

スッテ : オーシャンナイト5号、8号




シイラ狙い

ロッド : スパイク SK702M

リール : スピニングリール 4000〜5000番クラス

ライン : PE 2号

ルアー : ペンシルなど




ジギング

ロッド : ホライゾンSL HSL66B−M

リール : ベイトタイプ 20番クラス

ライン : PE 1.5号

ルアー : スロー系ジグなど










  • にほんブログ村 釣りブログへ

怒濤の3連休 初日



久しぶりの連休であった。

まぁ、私たちにとって連休とは、

休みではなく、釣りに行く日であるので・・・

逆に寝ている時間など無い。






初日は、久しぶりにBASSを狙ってみた。

ただ、普通に狙っても面白くない。

そこで決めたのが、

トップウォータールアーのみの釣りである。






出発は、土曜日 深夜3時。

一路向かったのは、長野県北部にある小さな湖だ。










『 希望 』という名の湖である。

管理されている大きな野池といったところだ。







スタッフ6名の大所帯で、プチ釣り大会となった。







当日の天気は、大雨 のち 晴れ

私にとっては、

いつもの天気といったところだ。


















さて、釣果だが・・・。












ボチボチといったところ。

大会のクセに、順位など無い。

楽しければ良いのである。










正直、胸を張れる内容では無かったが、

たまには、皆で釣りに行くのもよい。








彼らは、翌日ザリガニ釣り選手権を行うとのこと。

なんと魅力的な遊びであろう。

童心に帰って遊びつくすつもりの様だ。









私は、帰ってから翌日の準備。

6台ほど、リールにリーダーを組み、

就寝したのは、22時30分。







翌日、0時30分には、迎えの車が来るだろう。

まだ初日が終わったばかり。

だいぶ体力を削られてしまった。







気力で頑張るしかない・・・

崩れるように眠りに付いた 









2日目につづく。











タックルデータ

ロッド : Magna-Impact

リール : 各種

ライン : MI207 各種

ルアー : 男のトップルアー  (&ワーム各種)

















  • にほんブログ村 釣りブログへ

ホライゾンSL  各機種の紹介












3機種の紹介です。








HSL66B−ML

比較的ライトなイメージを強く出したモデルであり、

100g程のスロー系ジグとの相性が良い設定。

スロースキップ等の専用ジグも良いですし、

スタンダードな形状のジグも操作しやすい機種になります。

ショートピッチで、

『キラッ、キラッ、キラッ』と見せて

フォールで喰わせる。

テクニカルな釣り方を得意としています。

ベイジギングにおいても、ホライゾンLJと併用することで、

乗せ重視なのか、掛け重視なのか、使い分けをすると

また別の楽しみ方が増えます。

 



 


 

HSL66B−M

150g前後のジグにスポットを当てたモデルです。

青物から根魚まで幅広く対応出来ますので、

まず1本目なら、このロッドがオススメです。

近海ジギングにおいて、

潮が動いている時間はジグザム等で、

テンポが早い釣りをしていき、

潮止まりなど活性が低いときは、

このロッドに変えてスローに狙うことで、

多種多様な魚種と遊ぶことが出来るでしょう。

 

 




 

 

HSL66B−MH

水深が深いエリアや、

潮流が速いエリアなどで活躍するモデル。

180g程のジグが、

Bestウェイトとなるよう設定しました。

フォールを主体とした抵抗の強いジグも、

軽快に操作しやすく、

ジグを横に向かせることを容易としています。

スーパーディープで、フォール中心の釣りも

面白い機種になるでしょう。

 

 




 

 

以上の3機種になります。

テストを繰り返して思うのですが、

全機種欲しくなります。

 






 


…というのも、

その日によって、微妙に違うアタリを拾うには、

タックルを2本づつ用意してアジャストしていくことで、

しっかりバイトを捕ることが出来るからです。

 







 

発売を楽しみにしていて下さい

 

 

 


 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

ホライゾンSL 遂に公開

 



さて、コンセプトスロー系なワケですが。

一般的なスロー系のロッドを出すだけでは、

老舗ロッドメーカーとして物足りなさをかんじます。

 

 


ブランクを焼ける窯を持っているなら、

少し挑戦をしてみよう…と思い、

通常では考えられないネバリを持たせようと考えたのです。

 

 




この釣りにおいて求められるのが、

ロッド全体の反発力と、感度となるでしょう。

 



 


反発力を求め過ぎると、強度に不安を抱えてきます。

逆に、ネバリを求めて強度を出して行くと、感度が不足します。

 





 

反発力を持ち合わせ、ネバリも持たせる。

勿論、感度も良い。

ベクトルをどちらかに振るのではなく、

どちらも求めようとしたのです。

 





 

今年、2012年の横浜フィッシングショーにて、

試作段階のプロトサンプルを展示しました。

ここで展示したモノは、ネバリ重視のモノです。

 




 

以前のblog記事は、

感度を持ち合わせた、完成に限りなく近いモノで、

各パーツの選定に取りかかっていた時期です。





 


ガイドによるラインへの抵抗や、

グリップ周りのパーツ等、

気持ち良く使えるように試作を繰り返していました。

 


 


最終仕上げのサンプルが完成し、

強度を見てみようかと、負荷試験を行ったわけです。

 




 

以下の写真は、規定を遥かに超えた負荷を掛けています。

決して保障出来ない行為です。

非常に危険ですので、真似はしないよう

宜しくお願いします。




 


HSL66B−ML  6.5kgリフト








HSL66B−M   7.5kgリフト







HSL66B−MH  8.5kgリフト

 








非常にネバリ強かったです。










グリップエンドまでブランクスルーの、

ワンピース・フレーム構造なので、

このネバリを実現しています。








 

本来なら専用の機械を使うのですが、

原始的な方法を取ってみました。

やはり人間が持つと、その強さを肌で感じられます。

何度も書きますが、絶対に真似はしないで下さい。

 

















さて、次回は各機種の紹介をしたいと思います。

 

 

 

 

 

 


 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

思えば遠くへ来たもんだ

 







先日のお話、

フランスより、ビッグな御一行が来社されました。






フランスでの代理店をして頂いている、

『 アルティメイト・フィッシング 』の方たちだ。









写真を撮るとわかるが・・・、

中央2人、デカイなぁ。






私(右)が、身長180cmなので、

190cm以上あるでしょうね。








この日は、色々とミーティングをしていかれました。











  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー