Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

ホライゾンSL 遂に公開

 



さて、コンセプトスロー系なワケですが。

一般的なスロー系のロッドを出すだけでは、

老舗ロッドメーカーとして物足りなさをかんじます。

 

 


ブランクを焼ける窯を持っているなら、

少し挑戦をしてみよう…と思い、

通常では考えられないネバリを持たせようと考えたのです。

 

 




この釣りにおいて求められるのが、

ロッド全体の反発力と、感度となるでしょう。

 



 


反発力を求め過ぎると、強度に不安を抱えてきます。

逆に、ネバリを求めて強度を出して行くと、感度が不足します。

 





 

反発力を持ち合わせ、ネバリも持たせる。

勿論、感度も良い。

ベクトルをどちらかに振るのではなく、

どちらも求めようとしたのです。

 





 

今年、2012年の横浜フィッシングショーにて、

試作段階のプロトサンプルを展示しました。

ここで展示したモノは、ネバリ重視のモノです。

 




 

以前のblog記事は、

感度を持ち合わせた、完成に限りなく近いモノで、

各パーツの選定に取りかかっていた時期です。





 


ガイドによるラインへの抵抗や、

グリップ周りのパーツ等、

気持ち良く使えるように試作を繰り返していました。

 


 


最終仕上げのサンプルが完成し、

強度を見てみようかと、負荷試験を行ったわけです。

 




 

以下の写真は、規定を遥かに超えた負荷を掛けています。

決して保障出来ない行為です。

非常に危険ですので、真似はしないよう

宜しくお願いします。




 


HSL66B−ML  6.5kgリフト








HSL66B−M   7.5kgリフト







HSL66B−MH  8.5kgリフト

 








非常にネバリ強かったです。










グリップエンドまでブランクスルーの、

ワンピース・フレーム構造なので、

このネバリを実現しています。








 

本来なら専用の機械を使うのですが、

原始的な方法を取ってみました。

やはり人間が持つと、その強さを肌で感じられます。

何度も書きますが、絶対に真似はしないで下さい。

 

















さて、次回は各機種の紹介をしたいと思います。

 

 

 

 

 

 


 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

思えば遠くへ来たもんだ

 







先日のお話、

フランスより、ビッグな御一行が来社されました。






フランスでの代理店をして頂いている、

『 アルティメイト・フィッシング 』の方たちだ。









写真を撮るとわかるが・・・、

中央2人、デカイなぁ。






私(右)が、身長180cmなので、

190cm以上あるでしょうね。








この日は、色々とミーティングをしていかれました。











  • にほんブログ村 釣りブログへ

楽しみな朝

 





待ち遠しくて、眠れない夜を覚えているでしょうか。






ドキドキして眠れない方も多いのでは?








釣りを覚えた子供のころ、寝れずに夜更かしをして、

親に叱られたのを思い出す。










考えてみると、近頃では簡単に眠れる様になってしまった…。







それは、楽しみではない?というと、そんなことは無く、

仕事中でも心は別のところに行ってしまう。

(釣りの事ばかり考えているのです)









この変わり様は、何だろう。









幼いころ、時間はあるが金が無く。(今は、どちらも無い)

少ないお小遣いで貯めてかった道具を片手に、

明日は魚が釣れるか楽しみだったと思う。











別に釣れなくても、釣りに熱中していた。

生まれ育った場所が、釣り環境には恵まれていたため、

何時間も自転車で、池・湖・川・海まで通っていた。








大人になっても欲しい道具は多い、

当時からすれば何倍も高い竿も持っている。





車でスイスイと釣りに行けてしまう。

何匹も魚を釣ってきた。







しかし、一匹としての価値が子供の頃と比べると、

薄いモノになってしまったように思えてならない。







ここ数年の話だが、

渓流でのルアーフィッシングを覚えて感じたことが、

新しい釣りを知ってハマり出す時、

ドキドキと胸が高鳴るのを覚えた。








たぶん、釣りに対して

マンネリ気味の気持ちがあったのかもしれない。











そんな毎日の中、久しぶりにドキドキで寝れなかった。







初めてでは無いが、

まだ釣りを始めたばかりの方をガイドすることになったのだ。







場所、天気、タックルを考え、釣らせてあげたい気持ちと、不安で

眠れない夜になってしまった。







結果として、一匹のアマゴが釣れた。







結果はどうであれ、本人はとても喜んでくれた。

(彼は、その後 釣りにハマっていく…)








次回、釣りに行くとき、眠れなくなるか聞くのが楽しみである。








要するに、人に釣りを教えることが楽しみになったのかもしれない。




どうアプローチするか?

キャストは?

ルアーは?







伝えやすく、覚えやすい様に説明すると、

自然と自分のスキルアップになっている。









何匹も釣るより、1匹でも仲間が喜ぶ魚が釣れたとき、

一緒になって喜びを分かち合える。

これが今の自分のスタンスかもしれない。









最近、また釣りに興味がある人が出てきた。

また、眠れなくなるのかな。












釣竿屋の小言でした。



















  • にほんブログ村 釣りブログへ

パトロール のち 雨

 





土曜日、雨だった

所用で時間が無く、釣りに行けなかった。







日曜日、晴れた

前日の雨が色濃いだろうとは思ったが、

川を見に行ってみたい衝動に駆られた。






午前中は、またまた所用で時間を取られ、

午後に出動。







時間が無いので、近くのホームリバーへ









橋の上から覗いてみる。



濁りが残っているが、釣りは出来そう。



早速、タックルを準備する。













ここ最近、PEラインを多用している。


ナイロンラインをメインに使っていたが、


増水した時など、水押しが強いとルアーの軌道が


思っていた通りにならない場合がある。


そんな時、ラインを細く出来るメリットは大きい。


出来るだけ抵抗を抑えられるのだ。




・・・と、語ってみたが、










当日の釣果は無し









ちょっと濁りが強かったかな?

魚が付く渕も、消えていました。














釣りを初めて30分で、雨が降り出し撤収。








レインスーツを持っていたが、

これ以上、遡行しても結果は見えていた。











各ポイントを車で、グルっと見まわして帰還しました。












ロッド : Rayz RZ65ML

リール : 2500番

ライン : PE 0.6号 + ナイロンリーダー 10lb

ルアー : 7cmミノー各種

アングラー : スタッフY・F
























  • にほんブログ村 釣りブログへ

雨男 ときどき 晴れ



いつもの様にであった








予報では・・・。








梅雨時期でもあるし、天気予報は当てにならない。

久しぶりに、晴れた日に出掛けることになった。








前日、スタッフHと作戦会議。








H 「 しばらく釣りに行けてなかったので、まず釣りたいです 」

F 「 それなら、前半は数釣りして、後半に大物を狙いますか?」

H 「 それなら、●●川ですね? 」

F 「 そうだ、●●川にしましょう。」











…と、いうことで。










一路、●●川へ。











天竜川の支流、上流部へ行ってみた。

先週の台風で一時は増水したようだが、

水量は、だいぶ落ち着いた様だ。















いつもの様に、サクっと準備して、パパッと入渓。

















今回は、イワナ狙い。

季節的にも、虫を模したルアーが釣れ始める頃なので、

フローティングタイプのプラグをメインとしてみた。

ロッドは、お気に入りの レイズ RZ53UL






















入渓間もなく、すぐにバイトが出始める。


水面まで飛び出るほどのバイト


サイズはどうであれ、トップウォーターの釣りは楽しい。



















スタッフHは、シンキングミノーで釣り上がっていく。

1つの渕で、1〜2匹づつ出てくる。

彼も、掛けてはバラシ。掛けてはキャッチしている。

かなり楽しんでいるようだ。











途中、あちこちに獣の足跡を多く見つけた。













釣り人の足跡も有ったが、だいぶ古い様で、

しばらく入っていなかったのだろう。














もう少し、上流まで行きたかったが、

途中から釣り客が入渓してきたらしく、

上流に人影があったので、このへんで退渓した。


















サイズこそ望めなかったが、

数が多く出たので充分堪能出来た。


















小腹が空いたので、いったん下界に戻る。













後半は、サイズ狙い



















天竜川本流、大型のアマゴを狙ってみる。












まぁ、結果は空振りでしたが・・・。

そんなに簡単には、釣れてくれませんね。















釣れる時もあれば、釣れない日もあるわけで、

これも『釣り』のうち。











虫系のルアーで楽しめた一日だった。

ちょっとした、課題も見えてきた日でもあった。

しばらくは、山岳渓流で虫の釣りを突き詰めてみようかな。









タックルデータ

●ロッド : レイズ RZ53UL

            RZ56L

●リール : 2000番台

●ライン : TENRYU MI207N 4lb

●ルアー : エルフィン グラスホッパー(タックルハウス社)

        クリックホッパー(レーベル社)

        試作フローティングミノー などなど

●アングラー : スタッフH・H

          スタッフY・F


























  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー