Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

長良川へ





今回は少し足を伸ばして長良川へ。


















ここの所、長野県内は雨が少なく、



川は渇水状態。



先日、待望の雨が降ったが、



飯田市周辺のみのゲリラ的な雨だったようだ。



とにかく水が少ない…。



それなら、水量の豊富な川に行こうと思った次第。





























関西の方では梅雨時の影響で雨模様。



東海地区も雨を期待したが、



この日は予想外に好天だ。



初めて行くエリアだったこともあり、



下調べを兼ねてアチコチを見て回った。
























































同行して頂いた『ぷらぐ屋工房』のN氏と、



各ポイントを舐めるように狙ってみたが反応は無し。





































各ポイントでは鮎師が多かった。



聞くと解禁日に当たってしまった様で、



目ぼしい瀬には竿を出している。



間を縫ってルアーを投げさせて頂いたが、



魚が出てくる気配が無い。






























最後に入ったポイントで、ようやく魚信を感じた



…が、鮎だった。

















次に繋がる情報が取れたので、



後髪を引かれる様に納竿した。



































でも、不完全燃焼な気持ちが残っている。



どうしても魚を釣りたい…



N氏を工房まで送り届けてから、一人補習へ。



いつもの川に行こうと決めた♪



水が少ないのが気掛かり。



それなら、少しでも期待の持てるポイントへ。




























天竜川支流の最下流部。



いつもより半分程の水量だが、



幾本もの支流が集まった場所なので魚をストックしている。



勿論、そんな場所は釣り人も多い訳で、



足跡も沢山残っていた。



時間もPM17時を回っている。



30分だけの勝負。























3ヶ所の淵を狙い、



最後の淵でイワナが出てきてくれた。



本命のアマゴでは無いが、



釣れなかった一日を思うと、正直嬉しかった。


























次週には長野県下伊那地区も鮎の友釣りが解禁になる。



浮き足立っている鮎師も多いのではないだろうか。



今年は、下伊那地区の鮎の生育は良い様に思える。



天竜川の水質も良ければ、



本流でも望みが高いと読んでいる。



良い釣果を期待したい。



















さて、次回も長良川かな♪



















Tackle Data


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


中・本流域用


Rod : Prototype(SATSUKI)


Reel : #2500class


Line : PE0.6


Lure : 6-7cm Minnow


          (ぷらぐ屋工房,Bassday,TACKLE HOUSE)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



清流域用


Rod : Proto type(YAMAME)


Reel : #2000class


Line : MI207N5lb


Lure : 5-7cm Minnow


          (ぷらぐ屋工房,Bassday,TACKLE HOUSE)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



清流域用


Rod : Rayz RZ65ML  Jerkin'-HD


Reel : #2500class


Line : MI207N5lb


Lure : 5-7cm Minnow


          (ぷらぐ屋工房,Bassday,TACKLE HOUSE)




Angler : Funaki


















 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

ベストシーズン




日中の気温も高くなり、



夏日になる日も多くなった。



河川の水温も程よい頃だ。



















例年に比べると、



若干水温が低いとの声もある。



その為、昨年に比べると、



時期が遅れている様だ。



これからがベストシーズンになると予想している。






















私は時間を見つけては川に通う毎日。



休みはモチロン、仕事終わりの30分だけなど、



出来るだけ水辺に立つようにしている。



天竜川の調子は、



ここ数年のうちで見れば、



水質も良好な時が多く、



タイミングさえ合えば良い結果が出る。



支流で会うアングラーは多いが、



本流はポイントを独り占め出来るときの方が多い。



ここ1〜2週間は、雨が少なく渇水気味。













とある支流(いつもの1/3の水量)












雨男の私が雨乞いしている状態。



そこに、待ちに待った雨が降った。



そろそろ良い釣果が出ると期待しいところ。



さて、週末はドコに行こうかな。























  • にほんブログ村 釣りブログへ

W.B.S 初戦報告





WBSのキム兄です



5月18日−19日



トーナメントの2dayの結果報告です(霞ヶ浦戦)



初日が4本で4750g。



2日目、3本で4310g。



帰着のトラブル (エンジンのトラブルのため11時で終了)



















ペナルティ、マイナス500g。



合計、8560g。



で、5位入賞となりました。














メインのロッドは、今年発売の




Magna-Impact HERETIC MH67B-MHH

(マグナインパクト ヘルティック)




プラティクスの段階から超活躍!



3,5gテキサスリグ。1800gのバス。










試合中に釣りたかった・・・




このMH67B-MHHの最大の武器。



C・N・Tで強化されたブランクで、



ビッグバスにも主導権を与えず、



シャープかつ、パワフルトルクを備え持ち、



ビッグバスの強烈な引きに対して臆することなく



強靭なパワーでねじ伏せる!



ビッグバスには最高の武器と言える。



プラティクスでも絶好調だった。



試合でもMH67MHHで、キロ半ばのバスを2本キャッチ。



このロッドを使ってから、



自分の力以上の威力を発揮できていると思う。




















バックアップとして活躍したロッドは




Magna-Impact HERETIC MH66B-LL

(マグナインパクト ヘルティック)




0.9gのジグヘッドワッキーリグ。



(Berkley Wackycrawler)総重量5g以下。




このフィネス系軽量リグをストレスなく、



ピンスポットにキャストでき、



繊細なバイトにも反応。



ブランク自体、細身で軽量だが、



強靭な粘りを持つロッドである。



尚且つ、今までスピニングロッドで困難だった



ルアーやリグを自在に操れるロッド。



それが、ベイトフィネスに特化したMH66B-LLだ。



プラティクス&トーナメントで



キロオーバーをヒットさせたにも関わらず、



物足りなさを感じさせるロッド。















フィネスという特化した部類の中で、



オーバーパワーを備え持つ頼もしいパートナーである。



既にフィッシングショーなどで手にした人もいると思うが、



この繊細さで、逞しいパワーには



きっと、驚かされただろう。



本当にすばらしいパートナーである!



今回は、新製品をガンガン使ってのトーナメントだったが、



すばらしい出来栄えに、拍手を送りたい。



もうすぐ、皆さんの手元に届くであろうこの新製品ロッド。



きっと、想像以上の働きをすることは間違いない。



是非、このブログをご覧の皆様に手に取って頂きたい!



そして、今まで獲れなかったバスを



このロッドで手にして欲しいと思う。


























最後に



今回のパートナー  海老原選手(EG)に感謝!



そして、WBSスタッフに感謝!



天龍のすばらしいロッドに感謝!



そして・・・「バス釣りは、道具に釣らしてもらえ!」



byキム兄






















Tackle Date



Rod : Magna-Impact HERETIC MH67B-MHH


Line : MI207F 12lb


Reel : Revo MGX(ZPI tune)


Rig : DECOY ZERO-DAN 1/0-7g(改)


 & Gulp! 3"BulkyHawg(WM)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Rod : Magna-Impact HERETIC MH67B-MHH


Line : MI207F 14lb


Reel : RevoMGX(ZPI tune)


Rig : DECOY ZERO-DAN 1/0-5g


 & 3"BulkyHawg(GP)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Rod : Magna-Impact HERETIC MH66B-LL


Line : MI207F 6lb


Reel : Revo LTX(ZPI tune)


Rig : FINA  BRUSH EASY 1/32-#2


 & Gulp! 5"Wackycrawler(GP)















  • にほんブログ村 釣りブログへ

好敵手 〜ライバル〜














仕事 ・ 遊び ・ 生活していく中で、



ライバルと呼べる方がいると、



物事に熱中するものです。



友人、兄弟、親父、奥様、彼女、



誰でもよいですし、人によって様々でしょう。



人ではなく、それが魚だったら、また面白いですね。























さて、今回は『好敵手』がお題。



今までのことを振り返ってみると、



『魚釣り』だけを見ても、



その時の節々に色々な人が居ました。



カッコ良いタックルを持っている兄弟。



年間200日以上釣りに行っている友人。



涼しい顔をして爆釣する隣のオッチャン。



今の技量さえあれば、



彼らに一泡吹かせることが出来たのでは…



なんて考えてしまったりします。



まぁ、それらの経験があったからこそ、



今となって良き思い出のようになるのですね。





















さて、今の私のライバルですが、



弊社のスタッフ達と言えます。



例えば、渓流の楽しみを教えた仲間。



彼らのハマリっぷりは凄いですが、



何よりも釣果もスゴイ。



ハイシーズンとなれば、日課が釣りとなり、



休日をフルに使い、毎回写メを見ることになります。



負けてはいられない私も、



休日を使って釣りに出かける訳です。



今となっては、彼らのほうがポイントを知っているので、



逆にガイドして貰う始末。





















一応、ちっぽけだが私の小さな自尊心を守るため、



キャストの技術を磨いてみたり。



何とか足掻いているつもりですが、



釣果は、たいして差を感じていない状況です。


























競い合える人が居る、



とても楽しいことですね。



皆さんにもライバルは居りますか。




















釣竿屋の小言でした。























  • にほんブログ村 釣りブログへ

TENRYU 社員研修





社員研修と試作品のテストで、



この日はジギングに挑戦。































お世話になったのは、





敦賀港の 『 blues 』 ブルーズさん





去年、ホライゾンのテストで



お世話になった船だ。

















手前の男前が、船長の猪坂氏。




























参加した弊社スタッフ4人のうち、



2人が未経験者。



とりあえず何でも釣れればと、



ライトジギングで考えていた。



それが…当日の3日前から、



ブリが連発していた。



当然、ブリを狙うことに。















































天気は予想外に良い天気。



風は有るが、ウネリは無い。



至極穏やかな海だった。



私が行くところ、



大体は荒天の場合が多いので、



雨男の汚名返上できたと思えた。


























出航から1時間も掛からずポイントに着く。



周りは他の遊漁船や、



プレジャー船で銀座と化していた。



流石に人気ポイントだ。



僚船や近くのプレジャーでは、



ロッドを大きく曲げているのが見える。























私達もジグを投入してみる。



先ずはシャクリ方からレクチャー。



最初の内は、ぎこちなくシャクっていたが、



慣れてきたら綺麗に操作できる様になった。



頭で理解するより、現場で慣れた方が早い。






































皆、一生懸命シャクっているが、



アタリが無い。



魚探には反応がある様だが、



こちらに振り向いてくれない。



船長の判断で別のポイントへ。



































暫くするとスタッフHが



美味しそうなレンコ鯛を釣る。



魚体の半分以上もあるジグに



食い付くのだから凄い魚だ。











本当は大きな魚体だが、



H氏は身長3m程の大男なんで、



魚が小さく見えてしまう。(嘘です・・・)



































大きな鳥山を見つけ、



追いかけながらジグを落としてみる。



だが…しかし、



アタリが無い。































まったりムードが漂いだした頃、



私のロッドに重みが加わった。



変な突っ込みをする。



どうやらフックの掛かり所が、



変なところにあるようだ。



ホライゾンSLがブチ曲がる。

















いくら曲げても安心感がある。



ホント、このシリーズはネバリ強い。


































寄せてはラインを引き出され、



20分くらいファイトしただろうか、



やっと浮いてきた。



ネットに入って、やっと一安心。



同船者のお客様、ご協力アリガトウございました。

































魚体の真横にフッキングしており、



ドテラ流しの潮の影響もあり、



なかなか浮いてこないのが判る。



まぁ、良いテストになりましたが…



疲れた…。

































その後、一緒に乗っていたお客さんに何本かブリが釣れた。



私もアタリがあるのに乗せられず…



どうやらジグのテールにバイトがあり、



フックをテールに着けている方が、



フッキングに持ち込めた様だ。



船長の指示は守るモノですね。(反省)


































一日頑張ったが、



その後釣れる事は無かった。



初めてジギングに挑戦したスタッフには、



ちょっとばかりキツイ日だった。



「昨日までは釣れた…」とは良く言われる言葉で、



当日は本当にそんな日になった。



リベンジを誓って帰宅の途に着いた。




























TackleData

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Rod:HORIZON SL (Prototype)


Reel:SALTIGA Z30


Line:PE 2.0G


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



Rod:HORIZON SL (Prototype)


Reel:RYOGA2020


Line:PE 1.2G



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Rod:HORIZON HLJ61S-M


Reel:STELLA SW 4000XG


Line:PE 1.2G


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Angler : Staff H・H

                   &

             Staff Y・M

                   &

             Staff K・K

                   &

               Funaki















  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー