Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

スピードスティック『思い出つなぎ』

 

 

1980年代前半、釣具店で赤いリールを見てひと目惚れ。


お年玉を貯めて何とか買ったリールはアンバサダー5500DA。


そしてリールに合わせたスピードスティック#1-16HOBBは、


数多くの思い出を私に与えてくれました。


もう実際に使うことは有りませんが、今でも私の宝物です。

 


また、思い出深いルアーの入ったプラノの3段ボックスを開けると、


甘〜い匂いがして子供の頃の記憶が蘇ります。

 


現在使っているリングスターのボックスも、開けると何故か甘い匂いがします。


オールドルアーコレクターではありませんが、


子供の頃に手が出なかったルアーを見付けるとついつい買ってしまいます。


念願叶ってスピードスティックの開発に携わり、


もうすぐ皆さんにお届けできることになりました。


この新しいスピードスティックが、新しい思い出作りの手助けになれば嬉しいです。


スタッフM

 

 

 

 

【関連記事】


懐かしい…営業先で見つけたロッド(2018年2月14日掲載)


倉庫の奥より(2018年3月14日掲載)


プロジェクト始動(2019年1月15日掲載)


スピードスティック×テンリュウ(2019年1月17日掲載)


古くもあり、新しくもあるバスロッド(2019年2月13日掲載)


世代別の遊び方(2019年3月13日)


プロジェクト1『発足』(2019年9月3日掲載)


プロジェクト2『リビルド』(2019年9月24日掲載)

 

プロジェクト3『独創的なロッドであれ』(2019年12月25日掲載)


プロジェクト4『NEWスピードスティック』(2020年1月21日掲載)

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

旅やトレッキングに便利なパックロッド

 

 

◎パックロッドの人気の理由 


 最近パックロッドが注目を集めています。


 当社も含め各社続々新商品を出しており、小売店でも店頭で専用コーナーを


 設けてるお店を良く見かける様になりました。


 何故、これほどまでパックロッドが最近になり注目されているのでしょうか?


 それには幾つかの理由が考えられます。

 


LCC(格安航空券)などの普及で国内外の遠征釣行のニーズが増えた事、


 更に怪魚ブームからの遠征釣行がトレンドになってきた。


配送運賃の高騰で長物の運賃が高くなった、特に長いワンピースの竿は受付も


 お断りしている業者もあり、遠征先に送れないと言うケースも出て来た。


技術の進歩で継数の多い竿でもスムーズなアクションが実現でき、


 更に強度面もクリア出来、性能も格段と上がった。


つ爐=4WDクロカンと言う構図は減少し軽自動車やコンパクトカーでも


 快適な車が増えた為、コンパクトな竿の方がスマートに積めるので指示されている。  


 以上がパックロッドが注目されている要因と考えられます。

 

 


◎パックロッドのメリットとは?


・何と言ってもコンパクトになるので持ち運びが便利な事、


 竿にによっては旅行カバンに忍ばせたりバックパックに入るので旅先で活躍する。 


 例えばこんなシチュエーションで・・・


 バカンス中にホテルの前のビーチで何かがボイルしてる


  →すかさずパックロッドをセットしてポッパーを投げたり!


 旅先で夕方に散歩をしていたらプールでいい〜鱒がライズしてる


  →パックロッドをセットしてドライフライをキャスト!


   などなど釣り人ならいつ何時も水面はチェックしてしまいますね(笑)


・飛行機での遠征はもちろん、電車での釣行やオートバイのツーリングでの釣行にも


 コンパクトな仕舞寸法は邪魔にならず便利です。


 


 フェイテスパッカー(FP703-6#3)のパッキング *ケースの色は製品と異なります

 

 

 

 

 

 岩手の遠野のタイマグラキャンプ場にて


 イブニングギリギリまで楽しめて尺イワナも出ました。

 


・源流域まで遡行するストリームトレッキングにもパックロッドはマストアイテムです。


 バックパックやベストに収納して両手フリーで歩行が出来ます。

 

 

 

 


 ここでいくつか収納例を紹介します。

 

 


 レイズ・インテグラル(50UL-4) に、ティップカバー(L)エンドベルト(M)


 組み合わせで収納もシンプルで荷物が少なくなります。

 

 

 

 

 


 ケースごと収納もOK

 

 

 フェイテスパッカー(763-6)をベストの背中のポケットに収納。

 


・サブロッドとして車に忍ばせて置くのも有りです。


 こっそり買って自宅でも隠して置けますね(笑)


・万一のトラブルで折れや破損した際もパックロッドであれば破損したセクションのみの


 修理になる為、修理代も押さえられる。

 


◎パックロッドの デメリットは?


 技術の進歩でアクションは各段と良くなっており性能も上がっています。


 それでも継数が多い分、アクションは若干犠牲になる事は物理的に否めません


 極端な例えですが6ピースより1ピースの方が継ぎ無いのでアクションが良いのは当然です。


 もう一点は継数が多いので若干ロッドの重量が重くなる事です。


 しかし最近のパックロッドは先にも書きましたが、びっくりするぐらいに進歩してます。


 上記の課題も大分クリアされつつあります。


 だからこそ昨今はパックロッドを使うアングラーが増えてるのも事実なのです。

 


◎当社のパックロッドのラインナップをご紹介します。


スパイク トラベル(オフショア キャスティングロッド)

 

 

 


 オフショアキャスティングロッドの3ピースモデル


 ターゲットがビッグ且つパワフルな為、極限のファイトに強度が求められるジャンルです。


 3ピースだとベントカーブの頂点に継ぎの部分が有る為、強度を出すのにも至難の業でした。


 数々の破壊テストとフィールドでのトライ&エラーを繰り返して完成、


 しっかり曲がりアングラーをサポートしてくれる竿に仕上がりました。

 

 

 

 


スパイク トラベル SK803S-MH 仕舞寸法 93僉 


 ライトGTやヒラマサやブリのトップゲームにベストなモデル


 フレッシュウオーターでは大型の怪魚狙いなどにも対応


スパイク トラベル SK803S-H  仕舞寸法 93


 GTや大型ヒラマサに対応、国内外の遠征のスタンダードモデル。


スパイク トラベル SK803S-HH  仕舞寸法 93


 シャローエリアでのGTゲームは勿論、大型のヒラマサやツナなどのターゲットに対応します。

 


レイズ インテグラル (トラウト パックロッド)

 

 

 


 ネイティブトラウト用 4ピースパックロッド。


 4ピースである事を忘れてしまうぐらい自然なベントカーブを描きます。


 源流〜渓流用の5'0"(ft)と中流用の遠征にも使える7'5"(ft)をランナップ!

 


レイズ インテグラル RZI50UL-4 仕舞寸法 41


 軽量なルアーに着目したトゥイッチンモデル。


 渓魚の小気味良いファイトを楽しめ不意な大物にも対処できるバットを装備。


レイズ インテグラル RZI50L-4 仕舞寸法 41


 ヘビーウエイトプラグやディーブダイバーなど抵抗の強いルアーを操作し易い
 

 ジャーキンモデル 硬すぎず適度なしなりを持たせたティップによりアキュラシー性も抜群です。


レイズ インテグラル RZ75MLM-4 仕舞寸法 60


 国内外の遠征に使えるモデル、中流域でのトラウトにベストなレングス、大物に負けない


 バッドパワーを持たせました。トラウトに限らず南の島でメッキを釣ったりと幅広く使えます。 

 

 

 
カムチャッカで釣れたガリエツ(ドリーバーデン)使用ロッド:レイズインテグラル(RZI75MLM-4)   

 


フェイテス パッカー(フライ パックロッド)

 

 


 渓流用6ピースフライロッド


 ベストの背面ポケット、またはバックパックに入る仕舞寸法は

 

 パラダイスに向かう道中も両手フリーで歩けます。


 6ピースにしてストレスの少ないベントカーブを実現しました。


 やや強めの3番ですので4番ラインも乗ります。

 


フェイテス パッカー (FP703-6#3) 仕舞寸法40僉 


 山岳渓流の釣り上がりからのブッシュに覆われた支流域でのトリックキャストが


 し易い張りのあるアクションです。#10などの大きいフライもコントロール出来ます。


フェイテス パッカー (FP763-6#3) 仕舞寸法42


 日本の渓流のスタンダードレングス、大場所でのロングキャストにも対応し

 

 大型の魚でも対応できるバッドパワーも持ち合わせています。

 

 

 


以上になります。

 

パックロッドについて少しでもお分かり頂けたでしょうか?


携帯性に優れている事から、様々なフィッシングライフで活躍する事間違いなしですね。


今後もスタイル毎のニーズに応じた、魅力的なアイテムを開発していきたいと考えてます。


Staff T                

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

スパイク SK802S−MHH(ツナ)

Spike SK802S-MHH(TUNA)

 

 


【タックル設定の目安】


リール:S社8000〜18000番 , D社4500〜6500番


ライン:PE (4〜6号)、Leader(80〜130lb)


ルアー:Best(60-100g) Max(120g) 


ドラグ:7〜12kg(45°)


ターゲット:キハダマグロ(20〜30kg)

 

 

 

・近海キャスティングの大物向けモデル


前作SK802TN−Lの後継にあたる機種であり、


20〜30kgのキハダマグロをメーンターゲットに、


大型のヒラマサ狙いにも向いたモデルとして開発を行った。


このレングスはオーバーヘッドキャストを主体としての事で、


ミヨシやオオドモなど船上で広く使える状況で活躍してくれる。

 

 

・前作との違い


ブランクのアクションは、前作を踏襲して『レギュラーテーパー』に仕上げている。


キャストフィールと、長時間のファイトでも使用しているアングラーが


楽に扱えるアクション(調子)を求めていった結果レギュラーに落ち着いた。


メーン素材は前作と同じ低弾性カーボンに主体に、


バットを中弾性カーボンで強化しネバリを重視した内容に仕上げた。


動画等でもお伝えしているがC・N・T素材をバットに配合し、


前作を上回るネバリ強さを手に入れている。


強烈な引きであっても柔軟な調子が衝撃を吸収し、曲げ込むことで生まれる力が


ネバリ(復元力)となって魚を浮かせてくれることに繋がってくる。


単純に折れ難いといった安心感もあるが、実際に魚の引きを経験すると


あぁこの事なのか…と実感してくれるはずだ。


また、SK742S−MHH(ツナ)と同じくアシストグリップを装着し、


ファイト時に高いポジションでグリップを持てるので、


常に余裕をもったファイトが行えるはずだ。


ガイドは前作よりも大型化して、トップを16番のサイズを採用し(前作は12番)


太いラインシステムでも糸抜けの良さを狙っている。

 

 

・SK822S−MH(イエローテール)との違い


イエロテールと比べると、ツナモデルは少しモッチリとしたフィリーングに感じられる。


前述の通り、低弾性カーボンを主体としたブランクなので、曲がり(復元力)に富んだ


アクションに仕上げているため、やや曲がり込む印象を受けると思う。


ヒラマサ等に応用する場合は、しっかりと曲げ込むことでプレシャーを掛け続け、


根に走りたくてもその場に留められる様にテンションを抜かないことが重要だ。


イエローテールの場合、もう少し張りがブランクにあるので瞬間的に魚の顔を


アングラー側に向けさせて短時間勝負に向いたアクションになっている。


ツナモデルだと瞬発力こそイエローテールに劣るものの、曲げた時の強さは上なので


曲げ込みながら魚を走らせない様に扱うことで対応出来るだろう。


ブランクの性能を最大限に活かせる方法を理解頂き、


レコードフィッシュへの挑戦に活かして頂ければ幸いだ。


Staff Funaki

 

 

【関連記事】


新型スパイク New Spike(2020年1月30日掲載)


SK772S−M(2020年5月7日掲載)


SK822S−MH(2020年5月11日掲載)


SK732S−MH(2020年5月18日掲載)


SK742S−MHH(2020年5月21日掲載)

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

夏の遊びタックル紹介 〜チヌ編〜

 

こんにちは、スタッフKです。

 

前回に引き続き、今回は夏のお勧めチニングタックルを紹介していきます。

 

私の好きな釣り方としては、サイトでガッツリ観察しながらトップで狙い撃つスタイルです。

 

偏光サングラスをかけて魚の動きを観察し、チェイスしたり見切られたり…。

 

たとえ釣れなかったとしても一投一投ドキドキします。

 

これが楽しくて止められません。

 

 

(※自分の写真がなかったので許可を得て友人の写真を使わせてもらいました)

 

 

 

さて、個人的な楽しみ方はいったん置くとしてタックルの紹介です。


現在、弊社のロッドにチヌ専用ロッドはありませんが


昨年からリリースされていますライトゲームロッドのルナキアやエギングロッドのブリゲイドフリップ


今年リニューアルするシーバスロッドのスワットなどでチニングゲームを楽しんで頂くことが出来ます。

 

 

ライトゲームロッド:ルナキア


LK752S-MMHT


小型のミノーやシンキングペンシル・バイブレーション等の巻きの誘いに使い易いです。


レギュラーアクションで食い込みが良く、魚を掛けても柔軟にいなしやすくバラしずらいです。

 

LK822S-HT


ポッパーやテキサスリグなど、瞬発的にアクションを入れ感度も重視したい時にオススメです。


ファーストアクションで感度が良く、操作性に優れ、長さとルアーウエイトもMAX25gと


飛距離と少し強引なファイトが必要な時に使いやすいです。

 

 

エギングロッド:ブリゲイドフリップ


BGF872S-MLM


小型のミノーやダイビングペンシル・バイブレーション等の巻き物からトップの誘いに使いやすいです。


8ft後半の長さとソフトなティップになっており、飛距離も出て足場の高いポイントでも使用しやすく


軽量プラグでもキャストしやすく食い込みが良いアクションとなっています。

 

BGF852S-M


小型のミノーやシンキングペンシル・バイブレーション等の巻きの誘いに使いやすいです。


レギュラーアクションでパワーもあるので、障害物が点在するようなポイントや


足場の高いポイントでも強引なファイトが可能になります。

 

 

シーバスロッド:スワット


SW842S-LML


シーバスロッドだが小型プラグも使用でき、巻きの釣りにも対応出来ます。


レギュラーテーパーで食い込みが良く、魚を掛けても柔軟にいなしてくれます。

 

SW932S-LML


シーバスロッドだが小型プラグも使用でき飛距離も出せる。


ソフトなティップでトッププラグも飛び出しにくいので、トップ〜巻きの釣りに使いやすいです。


上記の通りソフトなティップのおかげでバラシ軽減につながります。

 

 

ざっと紹介して来ましたが大きな使い分けとして、

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

○小型リール(S社:2000〜2500番・D社:LT2500〜3000)

 

○PE:0.4〜0.6号


○使用ルアー:3~10gクラスまで

 

タックルを軽量にして感度を求めたい方にはルナキアシリーズ

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

○小〜中型リール(S社:2000〜C3000番・D社:LT2500〜3000)

 

○PE:0.4〜0.8号


○使用ルアー:5〜15gクラス

 

細いラインは使いたいが足場が高いフィールドでの使用や、

 

障害物躱せる長さが欲しい際にはブリゲイドフリップシリーズ

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

○中型リール(S社:2500〜3000番・D社:LT3000〜4000)

 

○PE:0.6〜1号


○使用ルアー:10〜20gクラス


アベレージサイズが大きく、

 

障害物や流れに負けないパワーが必要なポイントにスワットシリーズ

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

 

ライトタックルから楽しめるチニングゲーム、釣り方もポイントも様々で

 

選択肢の幅も広いです。


興味のある方は、是非チャレンジして頂ければと思います。

 

 

 

Staff K

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

SWAT SW842S-LML(Tidal Walker)

 

 

SWAT SW842S-LML(Tidal Walker)
Lenght (8'4"ft)  Lure (MAX30g) Line (MAX16lb , MAX PE1.2号)

 


【2代目 Tidal Walker】


前作SWAT SW83LMLの後継機として作ったのが SW842S-LML (後述SW84S)だ。


コンセプトは前作を踏襲し、ベイエリアのラン&ガンを目的に作っている。


そしてベイエリア(港湾部)で必要とされる要素は、


 .團鵐好櫂奪箸鯊任組瓦アキュラシー性能。


 潮の干満で左右され、状況に幅広く適応出来るバランス。


 セイゴ〜フッコ級で遊べ、スズキ級にも対応する懐深さ。


この3点を重視して今作のリニューアルに挑んでみた。


まぁ…なにせ前作が優秀過ぎる故にハードルは高く、


天龍ロッドのユーザーを納得させられる内容に持って行くのが大変だった。

 


【フッコ竿だけど、時には大物も】


基本的に港湾で釣れてくるサイズの平均は、セイゴからフッコサイズが多く、


このサイズを対象に遊べるパワーバランスにセッティングしている。


だけど海は世界中に繋がっており、何が掛かるか分からないのも面白いところで、


いざランカーサイズが掛かった時にも安心出来るバットパワーを持たせている。


なにせ天龍のフィールドスタッフ陣はライトロッドを極限にまで使いきり、


前作のSW83LMLで想定外の大物を沢山キャッチしてきた。


今作においても、前作を上回るスペックに仕上げてしまったので、


いったいどんなサイズが見られるのか楽しみでもある。

 


【前作SW83LMLとの違い】


ことある毎に書いているが、前作よりも自重は重くなっている。


でも、持ってみると軽く感じられる為、不思議に感じられると思う。


これはモーメントを改善し、持ち重り感が改善されたからだ。


リールシートを中心にして、リアグリップ方向に自重を少し持ってくることで、


リールを装着して操作するときに気持ちの良いバランスに仕上げてみた。


カタログスペックだけを見ると、何だ重いじゃないか?と思われるが、


実際に店頭で触ってみてバランスの良さを感じて頂きたい。


アクション(調子)の面でも、バット部を強化したことによって


ブレが少なくなりティップの収束も早くなっている。


これによってキャスト精度も格段に上がり、港湾で必要となるピンを狙った


多角的なキャストにも対応出来るようになった。

 


【SW932S-LMLとの違い】


同じコンセプト名であるTidalWalkerを持った SW932S-LML との大きな違いは、


狙いたいポイントの距離の違いで使い分けてみたい。


レングスが短いSW84Sだと、ハンドリング性能が高く取り回しが良いため、


オーバーヘッドキャストやアンダーハンドキャスト、フリップキャストなど


多彩なキャストで近距離のピンポイントに打ち込むのが得意となっている。


逆に少し長めのSW93Sだと、遠投性能を求めたアクションに仕上げてあり、


こちらの方が若干張りが強くルアーの対応する範囲も広いの特徴だ。


ただし遠投といっても基準が曖昧なので、数字で言うと50mを境として


50m以内のポイントが主体のエリアならばSW84Sを選択し、


それ以上のポイントも狙う事が多いならばSW93Sといった具合で分けている。

 


【タックルバランス】


リール


 S社 2500〜C3000番D社 2500(LT3000)〜3000番


 港湾エリアでのライトタックルを主体としているので、


 上記のサイズを基準に選んでいただければ問題ない。


 このリールでなければダメといったことは無いので、


 自由にリールを選んで好みのセッティングを見つけて頂きたい。


 でも、数あるリールの中でサイズだけでは分かり難いと


 問い合わせも多いのでテストで使用したリールを挙げると、


 ステラ(C3000)、バンキッシュ(C3000)、セルテート(LT3000)、


 ルビアス(2500)などでテストしてきた。


 年式によって若干の自重の差はあるが極端な差では無いので、


 おおよそのサイズ・重さは分かって頂けると思う。

 


ライン


 SW93Sと同じで、PE0.8〜1.0号をメーンに、16〜25lbのリーダーが基準だ。


 ナイロンやフロロカーボンをメーンラインに使うのも面白い。


 ショートディスタンスで、足元でのバイトが多いときには


 若干ラインに伸びが有ったほうがバラシの軽減になりやすい。


 感度と飛距離の面がスポイルされてしまうが、


 ナイロンだと8〜12lbをメインに16〜25lbのリーダーを入れた


 昔ながらのセッティングも有りだ。


 PE全盛の時代だからこそ、ラインの素材で釣りの幅を広げてみて


 楽しんでみるのも一考かと思っている。

 


ルアー


 ミノープラグ(5〜20g)


 7cm〜10cmのサイズを主体に扱いやすい。


 12cmのサイズだと20gまでが気持ちよく扱える感じ。


 シンキングペンシル(5〜20g)


 ミノープラグと同じ設定で、バチ抜け時に使う低抵抗のルアーでも 


 位置を見失わない程度の感度を残している。
 

 バイブレーション(7〜25g)


 小型のタイプを主体に10〜15gがベストに感じている。


 25g程なら引き抵抗が弱めのタイプを選んでいただくと良い。


 ジャークしてもティップが負けずに付いてくるので、


 リフト&フォールの様な操作にも充分対応出来る。

 


以上が、SWAT SW842S-LML の特徴だ。
 

近似モデルの SW932S-LML と合わせて港湾エリアで楽しむ方には
 

お勧めのモデルになるのでご期待頂きたい。


Staff Funaki
 

 

 

【関連記事】
 

・SW932S-LML(2020年5月4日掲載)
 

・SW972S-ML(2020年3月4日掲載)
 

・SWAT・フルモデルチェンジ(2020年1月28日掲載)

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー