Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

Japanese Fly Style で遊ぶ

 

 

『テンカラ』は世界的なブームを迎えている。
 

 

日本の各地で伝承されてきた釣法は、
 

 

SNSなどの発達で世界中に発信され、人気は留まるところを知らない。
 

 

エリアフィッシングでも、テンカラを楽しむ方も増えたように思える。
 

 

 

 

 

 

今回はフランスから、ビッグなお客さんが来ていた。
 

 

取引の打合せが目的の来日だが、お互いアングラーである…
 

 

どこかに釣りに行こうという話になった。
 

 

それなら、未経験の釣りを体験してもらうのも良い。
 

 

そこで日本式の毛鉤釣りである、『テンカラ』に決まった次第だ。
 

 

 

 

向かった先は、『平谷湖フィッシングスポット』さん。

 


南信地区を代表する管理釣り場で、標高1000m近いため比較的涼しく、
 

 

水温も安定しているので夏でもコンディションの良いトラウトが遊んでくれる。
 

 

 

 

 

 

とりあえずルアーで楽しんだ後、ロッドをテンカラ竿に持ち変えてみる。
 

 

レギュレーションで3.6m以内の竿までが使用可能なので、
 

 

テレスコアジャスターで竿の長さを調整して挑んでみる。
 

 

あまり小さな鉤を持ち合わせて無かったが、
 

 

毛鉤をユックリと見せると口を使ってくれる。
 

 

(…と言うのも、毛鉤は源流仕様しか持ってない)
 

 

 

 

 

 

コツを掴むと、次々と魚をキャッチしていった。

 


リールを着けないロッドなので、魚の引きがダイレクトに感じられる。
 

 

日本式のフライフィッシングも気に入って貰えた様だ。
 

 

今度はフランスの河川で試して貰いたいものだ。
 

 

 

 

TackleData


Rod : TENRYU Tenkara 風来坊 TF39TA
 

Line : レベルライン3.5号
 

Angler : Mr.Ultimate

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

大人のエリアロッド ( Rayz Alter )

 

 

長いことテストしてきた、エリア向けロッドが完成を迎えた。

 


初回サンプルを作ってから5年。

 


僕らがエリアフィッシングに遊びに行くのは、

 


もっぱら自然河川がオフシーズンとなる時期となるので、

 


開発は秋から春の期間に開発をゆっくりと進めてきた。

 

 

 

 

 

 

 

Rayz Alter (レイズ・オルタ)

 

 

 

 

 


Alterとは、Aleternative(オルタナティブ)のNativeを取った言葉遊びで、

 


形にハマらないという意味を込めている。

 


辞書で引けば【多重人格】の意味もあり、

 


同じトラウトでもネイティブとエリアといった両面の意を含んでいる。

 

 

 

 

 

 

リリース時期は、2017年冬を見込んでいる。

 


詳細については後日発表していきたい。

 

 

 

 

 

 

コンセプトは、『大人のエリア向けロッドシリーズ』だ。

 


日本人は急いで遊ぶ傾向が強く、どこかあせくせと忙しなく遊んでいるように思える。

 


スマホなどモバイル機器の発達で、SNSなど情報発進のスピードが上がり、

 


どこに居ても世界中の最新ニュースを手に入れることが出来る。

 


しかし、そんな情報が溢れていると少しだけ心のゆとりが欲しくなるものだ。

 


せっかくの休日、普段の生活から解放された世界で遊びリフレッシュしたい。

 


釣りをしながらコーヒーでも沸かして一服など、贅沢な時間の使い方をするのも良い。

 


そういった雰囲気の中で楽しめるシリーズにしたかった。

 

 

 

 

 

 

随分昔のロッドになるが、90年代初頭にマニアックなロッドが発売された。

 


弊社製品を古くから知る方なら、そのロッドをご存知かもしれない。

 


フェイテス・ミッジミノーイング

 


ティップに繊細なカーボンソリッドを装着し、

 


ミッジの名の通り軽量ルアーを扱い易くしたシリーズであった。

 


何代かのモデルチェンジを繰り返し、長く愛されてきたが10年程前に生産を終えている。

 


私が初めて渓流に連れて行って貰い、その時使ったロッドがこのミッジミノーイングだった。

 


軽量ルアーしか市場にない時代、ソフトなアクションが軽いルアーでも投げやすく、

 


初めて釣れた岩魚に一喜一憂した記憶がある。

 


既に引退した営業マンに聞いていたのは、当時エリア向けの専用ロッドは無く、

 


このシリーズがエリアフィッシングに一番適していると教えてくれていた。

 


そんな思い入れのあるロッドを、

 


現代の技術でリバイバルしたら面白いロッドに仕上がるのではなか?…と思い、

 


企画し開発を始めたのがキッカケでもある。

 

 

人それぞれに楽しみ方が有るように、好みのスタイルで遊べば良いと思う。

 


ちょっとだけ贅沢なエリアの楽しみ方、一緒に楽しんでみませんか。

 

 

 

 

 

 

Staff Funaki

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

大人の夜遊び 〜小浜〜

 

 

スタッフHより夜遊びへのお誘いがあった。

 


断る理由などなく、行きますと答えた。

 


6月末、私達は福井県の小浜を目指し北陸道を車で走っている。

 


目的は、イカメタルで狙うケンサキイカだ。

 

 

 

 


今回お世話になったのは、雲丸(Fクラウド)さん。

 


イカメタル仕様に仕上げられた船は、じつに快適に釣りを楽しませてくれる。

 


この日はテストしたいロッドもあり、数機種のテスト品を持ち込んで釣りに挑んでみた。

 

 

 

 

 


夕刻に集合し、沖のポイントに着いたのは19時半頃。

 


まだ早い時間帯は、底付近に潜んでいるとのこと。

 


重めの鉛スッテを付けて、底付近を重点的に狙ってみる。

 


ポツリポツリと釣れだすと、イカの潜むレンジが上がってきた。

 


水深60〜70m程の30m前後でアタリがあったのが、

 


次は20m、その次は15m程になってくる。

 

 

 

 

 


はじめはベイトタイプを使用していたが、試作のスピニングに持ち替えてみた。

 


浅いレンジを狙うのであれば、スピニングタイプの方が有利だ。

 


ちょい投げして、フォールを意識しながら探ってみる。

 


この釣り方が、この日のヒットパターンの様で、

 


5〜8号の鉛スッテを潮に任せて流しながら誘うと、

 


頻繁にアタリがあり楽しませてくれる。

 

 

 

 


スタッフHと一緒にテストロッドで釣りを始めた船長は、次々とイカを掛け始めた。

 

 

 

 

 


これこそ『鬼に金棒』という言葉が合うのではないだろうか。

 


詳細こそ伏せさせて貰うが、試作サンプルの完成度の高さを感じられた。

 

 

 

 

 

 


ちょっとの違いで釣果に差が出てくるのが、

 


このイカメタルの面白さであり奥深さでもある。

 


まだシーズンは続くので、これから夕涼みにイカメタルゲームはオススメだ。

 

 

 

 

 

 

TackleData


Rod : BRIGADE SquidAR AR70B-FLL


Reel : Barchetta 300HG


Line : VARIVAS Avani 0.6号


Lure : DUEL 鉛スッテ四ツ目 10-12号

 

    WAKI 鉛スッテ 5-8号


         DUEL EZ-SLIM 80mm


        YO-ZURI ウルトラスッテ S


Angler : Staff H


         Staff Funaki

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー