Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

シーバス・ベイトタックル NEWアイテム



























SWAT SW83LML-BC(Tidal Walker)










既に弊社HPをチェックしていた方ならお気づきでしょう。



スワットのベイトタイプに追加があります。



告知もしていなかったのですが、



いつ発売になるのか、問い合わせを沢山頂いています。



シーバスのベイトタイプを求める方が増え、



マスタープランのベイトタイプは、



気づいたら売り切れ状態。



(スミマセン在庫切らさないように努力致します)




SW83LML-BC は、



12月初旬には店頭に並ぶと思います。




















このアイテムは既存の SW83LML のブランクを使い、



ベイト仕様にチューンした機種になります。



求めたのは、『徹底したアキュラシー性能』。



橋脚・バース・岸壁際・杭などタイトに攻めたい際、



ギリギリのキャストを求められます。



スピニングよりも慣れも必要ですが、



スプールの回転で距離をコントロールし易いので、



こういった場所で威力を発揮します。



















ブラックバスのタックルに例えると、



強引なファイトが可能という点以外に、



ピンスポットへのキャストに向くという点で、



市場にはベイトタックルが多い理由となるでしょう。



















さて、気になるのは他の機種との違い。



旧スワットSW82ML-BC



マスタープランMP86ML-BC との比較をしましょう。



SW82ML-BCMP86ML-BC 両機種に言えるのは、



ティップの先端まで緩やかに曲がる、



レギュラーテーパーのアクションになります。



SW82ML-BC の方が、若干張りが強く、



やや抵抗の強めのプラグや、



テールスピン等に向いていました。



MP86ML-BC は、ロッド全体にしなりが有り、



『ノリ』を重視する方に向いた機種です。


















SW83LML-BC は、レギュラーファーストとなり、



パワーを半ランク下げたことで、



2機種と比べると繊細に感じられると思います。



ティップの『しなり』を活かせ、



2機種に比べると細かなコントロール性能が



アップしています。



反面、パワーを落としている分、



大型プラグ等への対応は落ちます。



もしビックプラグ(1oz以上)を使うなら、



SW88H-BC(Limit Breaker) をお勧めします。


















さて次回は、実釣でのレポートを紹介します。






→ SW83LML-BC インプレッション













  • にほんブログ村 釣りブログへ

マグナムの称号 続




前回にシリーズの説明を致しました。



まだの方はコチラ





  『マグナムの称号』





















今回は、ルナキア・マグナムの詳細を



明かしていこうと思います。



『マグナム』 のシリーズコンセプトとして、






ライト系マッスルロッドと定義しました。






ライトタックルでも大物と対峙できる…という事です。



大物のサイズは個人差があります。



基準として メバルなら30センチクラス とし、



シーバスだったら50センチクラス



チヌなら40センチクラスまでなら、



余裕を持った強さに仕上げています。





















それを可能としたのは、新設計のブランクにあります。



スムースな弧を描き曲がるアクションが力を分散させ



細いラインでも余裕を持ったやり取りを可能にするのです。



こういったアクションのブランクを作ると一様に



太くダルい物になりがちですが、



ソニックを作ってきた経験から



シャープで軽量に仕上げることが出来たのです。



勿論、ティップは マグナフレックス製法 を採用。



持った感はシャキっとしながら、



ジワ〜っと入るソフトなアクションです。



今作は3機種が初めに登場します。



それぞれにコンセプトを持たせてあり、



フィッシングスタイルに合わせて選べるように設計しました。



各機種を詳細しましょう。




















LKM74M



1グラムのジグヘッド単体を使うことを基準として設定しました。



いわゆるタダ巻きでアタリを拾うスタイルに合わせています。



3機種のうち、一番感度を求めたモデルです。



リトリーブ中に起こる、



「コツッ?」  「フッ?」  「フワァ?」  といった、



前アタリと呼ばれる違和感を感じ取り、



反転して根に潜られる前に



掛けていく事が可能になります。



ソニックの場合、フォールの感度を求めましたが、



このアイテムは、リトリーブ中のティップが若干入った



(潮の抵抗を受けティップが曲がる状態の)



感度とノリが良いと言えます。


















LKM78M



小型のミノーと、ジグヘッド単体との汎用性を高め、



効率よくラン&ガンすることが得意なモデルです。



テトラ周辺、ゴロタ場、潮通しの良い小磯など、



良い個体ほど一級ポイントに付きやすいわけですが、



活性が高いと小さい個体も多くなります。



そこでハードベイトなど、強めのルアーを入れ



大型の個体だけを絞っていくわけです。



そんな際に活躍するアイテムです。



しかし、良いポイントほど、



番狂わせ的なターゲットが出ることも多く、



思わぬ大物にも対処出来るパワーを欲しくなります。



そこで、少々強めのパワーを持たせました。


















LKM82M



基本的なコンセプトは、LKM78Mと同じですが、



ちょい長めが欲しくなる状況で活躍します。



沖のシモリをロングキャストで狙ったり、



潮に合わせてドリフトさせたり、



レングスを活かした釣りに対応します。



3機種のうち、一番トルクフルな機種となり、



ロッド全体のアクションを活かしきれば、



想像以上のサイズとのファイトが可能です。



無茶なファイトはオススメしませんが、



ライトタックルゲームとして、



面白い可能性を秘めたアイテムに仕上がっています。

 

 

 

 

 

 

 

最後に、強さを見て頂ければと思います。



写真のロッドは、LKM78Mです。











以下の写真は、決して保障出来ない行為です。


非常に危険ですので、真似はしないよう


宜しくお願いします。















500g負荷













1kg負荷














1.5kg負荷











メバルロッドとしては過剰なバットパワーです…。



ぜひ体感してみてください。















 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

マグナムの称号









ルナキア・マグナム













今年のカタログに載せて半年経ってしまいました…。



スミマセン、長らくお待たせしました、



これより準じ発売していきます。



今回は、ルナキアシリーズを語るうえで、



その発端となった初代から話を始めます。



















初代ルナキア のコンセプトは、



チューブラーティップを持ち、軽量で高感度で



適度に張りを持たせたメバルロッドでした。



発売されたのは、ソリッドティップが全盛だった頃。



メバルロッドにおいて、感度を求めるなら



チューブラーが良いと広まる直前ごろです。



また、アクションも乗せるイメージが強く、



比較的ソフトなロッドが多いなか、



バスロッドに近い張りを持たせていました。



積極的にアタリが有ったら掛けていく



攻めのスタイル向けのシリーズでした。



時代は同じくして、



ルナキアと同じアクションのモノが増えていきました。



(どうしても流行している時は同じ様なモノが増えます)















初代 ルナキア













この初代には副産物的なモノがありました。



それは想定外のバットパワーでした。



一部の愛好家から、メバルだけに留まらず、



様々なターゲットを狙って楽しんでいると



連絡を頂くようになったのです。



メバルを楽しんでいる方なら、



一度はシーバスやチヌなど



予期せぬ大物が掛かってしまうことは有るかと思います。



それを逆手に取って、ライトタックルで遊ぼうとしたのです。



少なからず私も楽しんでいるクチで、



シーバスやチヌ、メッキ、カマス、タチウオなど



幅広く使っていました。



(※初代は、同じ使い方をしても保障できません…)。










































さて、今作の マグナム は初代の血統を色濃く引き継ぎ、



さらに昇華しています。



ソニック は、感度を優先して造りました。



それは、アジングを代表する速掛け に対応してのことです。



対して マグナム は、軽量で高感度という点では同じですが、



ブランクのパワーを強く設定しました。



















前述のメバルだけでなく、



それ以外のターゲットにも着目し、



状況に応じて様々な遊び方を可能にします。



ソニック ほどの張りは無いテイストで、



ティップの固さだけなら初代と同等です。



しかし、軽量になっている分、感度が高くできています。



そして、 『しなやか』 なアクションに仕上げましました。




















メバル向けのルアーは往々にして



ステディリトリーブを目的に作られていることが多いわけです。



張りが強すぎると、アタリを『弾く』ことが頻発します。



従って、ティップは ソニック よりソフトに設定しました。


















ちょいと長く書きすぎました、



各機種の紹介は次回としましょう。



















 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

飛距離への挑戦2




先日、グレイス GC109MH



飛距離UPについてご紹介しました。



まだ読まれていない方は、コチラをどうぞ。






クリック⇒ 飛距離への挑戦






















今回は、その実践です。



前作であるGC106MHと、



GC109MHを比較してみました。



リール・ライン・エギは同じモノを用意し、



条件下を同じ状態にしています。



5回づつのキャストを計測し、



その平均値を数値化しました。

























ロッド : 旧グレイス GC106MH


リール : 98'STELLA 3000


ライン : 4本撚PE 0.8号


チカラ糸 : 4本撚PE 2号 (2m)


リーダー : フロロ  3号 (1.5m)


エギ : 3.5号 (21g)






1回目 52m


2回目 53m


3回目 53m


4回目 54m


5回目 54m (最大値)


平均 53.2m







まずまずの飛距離でしょう。当時としては充分でした。



新型との比較を見てみましょう。

























ロッド : 新グレイス GC109MH


リール : 98'STELLA 3000


ライン : 4本撚PE 0.8号


チカラ糸 : 4本撚PE 2号 (2m)


リーダー : フロロ  3号 (1.5m)


エギ : 3.5号 (21g)






1回目 52m


2回目 58m


3回目 55m


4回目 56m


5回目 63m (最大値)


平均 56.8m






飛距離が伸びました。



GC106MHGC109MH の最大飛距離での差が



9mとなりました。



長さ、ガイド設定、反発力など、



全ての要素があっての結果でしょう。



この飛距離は釣果UPにおいて、



大きなアドバンテージになるでしょうね。

















今回は周囲への安全性をとって、



メインラインとリーダーを太く設定しました。



PE0.6号にフロロ2.5号リーダーに落とせば、



更なる飛距離UPが望めます。



この実験内容全てが正解ではありません。



セッティングや、キャスティング方法によって、



もっと飛距離が伸びるかもしれません。



ぜひ、皆さんもトライしてみて下さい。





































  • にほんブログ村 釣りブログへ

飛距離への挑戦

 


BRIGADE Grace C・N・T  GC109MHをお持ちの方へ、



あと一伸び飛距離を出すためのアドバイスを致します。











一般的にラインを細くすれば、



簡単に飛距離は伸びますが、あまり細いモノを使うと



キャスト切れやシャクリ切れが伴います。



ましてフルキャストを行えば、



ラインへの負荷は大きくなるばかりでしょう。



したがって、メインラインはPE0.6以上をお薦めします。



リーダーもメインラインと同じく負荷を考えると、



フロロ2号以上が望ましいです。














さて、ここまでは



普通のエギングタックルとして考えられます。



ですが、Graceユーザーならもう一歩先に進みます。











フルスイングで振りきろうと思うと、



リーダーとメインラインとの接合部に負荷が生じます。



太さの差が大きいほど切れやすくなります。



そこで『チカラ糸』の出番となります。




サーフでの投げ釣りをする方ならご存じでしょう。



太い部分から段々と細くなっていくテーパー状のラインで、



キャスト切れを防ぐ役割を担います。



しかし、エギングのリーダーは太くても3号程度と考えると、



3〜0.6号といったチカラ糸が有りません。



しかし、テーパーになる必要はなく、



2号程度のPEラインをリーダーとメインの間に接続すれば



充分となります。長さは2〜3m有れば良いでしょう。



(PE同士の接続は電車結び。PE同士は抜けやすいのでハーフヒッチの処理は必須です。)






















細いラインを使うため、



フィンガーガードも有れば良いでしょう。



過去に痛い思いをしているので…ご使用することを強くお薦めします。


























タックルは、これで万全と言えるでしょう。



最後にキャストフォームです。



このロッドの場合、



コンパクトに振ろうと思うと逆効果となります。




垂らしは長く取り、



大きく振りかぶってスイングした方が飛距離を伸ばせます。





ルアーロッドの場合、



一般的には右人差し指にラインを掛けるなら、



左手でグリップエンドを引き付けるようにして



ロッドを曲げこんで行くのですが、



それはコンパクトなスイングを求めた場合です。








更なる飛距離を求めるなら、



エンドを持つ手(左手)は固定して、



逆の手(右手)を押し出すようにします。








また、体の捻りも同時に行います。



かなりの鍛練が必要になりますが、



驚くほど飛距離が伸びる様になります。







これは遠投競技の選手の方に教えて頂いたことです。



ロッドこそ違いますが、基本は同じです。



ぜひ実践してみて下さい!







Staff : Funaki















  • にほんブログ村 釣りブログへ

大遠投 超特化型 エギングロッド




BRIGADE  GRACE  C・N・T



GC109MH

( Super Long Cast Custom )
































飛距離を優先し、



操作性として求めたのは、



エギを高く跳ね上げさせアピールの時間を、



長くとれるか…だけを追求しています。



















遠投、高く跳ね上げる、それだけで、



スレていないイカは充分に釣れる確立が上がります。



すなわち、





  遠く沖のイカ = スレてない




  スレてない = 釣りやすい





ただ、それだけです。



(この言葉は、とある釣具店の店長の受け売りです)















































そこで実績の高い GC106MH に着目しました。



前作の GC106MH は、



本当にエギが良く飛ぶロッドでした。



それを超えるためには、



ブランクの延長が必須だったのですが、



長くなった故に、バランスを崩さないようにするのが、



非常に難しいところでした。


















( 左 GC106MH  右 GC109MH )














( 左 GC106MH  右 GC109MH )
















他のモデルとの違いは、



一目で分かるのがガイド設定でしょう。



GC83ML 、 GC85M 、 GC87MH では、



バットに 『 KL-H 』 といった



ハイフット(脚高)のタイプを使用しましたが、



この GC109MH には、



ローフット(脚低)の Kガイド を使用しています。



そしてガイドの位置も、若干ですが



通常より高く(リールより遠く)配置しました。



それは、遠投時のライン抵抗を減らすためです。



エギを操作する際に、



連続したジャークを必要としないため、



飛距離優先で作ったら、この設定となったのです。





















( 左 GC106MH  右 GC109MH )


















リアグリップ長は、変更していません・・・が、



充分に長く感じるはずです。



投げ竿の理論で言えば、



『矢引き』分の長さが理想ですが、



エギをシャクリ上げる動作の際に邪魔となります。



キャストと操作を考えると、



このグリップの長さが理想だったのです。




















さて、このタイプのロッドを使うときに、



お勧めの使い方を紹介します。



エギの種類は一般的なエギで結構ですが、



拘ってみるなら、







縦への跳ね上げ に適した形状のモノを選ぶべきです。







遥か遠くに落ちたエギは、



ソフトなジャークでは殆ど動いていません。



長いロッドで大きく跳ね上げる動作程度しか、



効果が見込めないのです。



そうなると、高く跳ね上がり長くフォールさせるのがベターです。



選ぶ基準は、







上反りのボディで、ウェイトがリアに寄っている 』 ことです。







探せば沢山ありますよ。






















ラインの選択ですが、



細いラインほど飛距離を伸ばせますが、



アオリイカは、地域によって藻イカと呼ばれるほど、



ウィード(藻)を好む傾向にあります。



そういったポイントを選んで攻めると、



根掛かった際にラインブレイクする恐れもあります。



PE0.6号 程度までを下限にするのが良いかもしれません。



リーダーも 下限8lb までが良いですね。



(細すぎるリーダーだとキャスト切れの恐れもあります)



また、細いラインでキャスト時に



指を切ってしまう恐れもあります。



フィンガーサポーターを使用することをオススメします。


















『 未知の領域を制覇するための


 超ロングレングス・エギングロッド。 』



ぜひ、手にとってみて下さい。


















BRIGADE  GRACE  C・N・T


GC109MH  ( Super Long Cast Custom )


EGI : MAX 4.0号   Line : MAX 1.2号

























  • にほんブログ村 釣りブログへ

オールラウンダーの名のもとに




BRIGADE GRACE C・N・T



GC87MH  ( All-rounder Power Spec)




































オールラウンドの名を持つ、



もう一機種が GC87MH になります。



この機種の開発は難航しました。



前作( GC86MH ) が優秀すぎたのです。



GC85Mとの差別化を図り、



使いやすい餌木サイズを3.0〜4.0と設定。



オールラウンド・パワースペックと位置付けました。



シリーズとして提唱している、



操作性と遠投性を伸ばすことが必要でした。























まずは、



ブランクを見直すことにしました。



条件は以下の通り














.譽ュラーテーパーであるのが前提。



▲屮譴鮓困蕕弘戞▲丱奪箸魘化する。



シャープさとネバリを両立させる。













レギュラーテーパーであるのは、



GC85M で述べたとおりです。



ベリーからバットを強化し、



やや強めのパワーを持たせました。



バットのブレを少なくなり、



正確性が高まることで、



飛距離の平均値を伸ばしています。



このバットのパワーUPは、



操作性にも貢献しています。



10m以深のエリアでも、



しっかりエギを跳ね上げることが出来ます。



また、強いジャークによって、



左右への動きもシャープで



大きなスライドが可能です。



シャープさとネバリの両立は、



C・N・T素材 によって解決しています。






























しかし、ブランクだけ良くても駄目なのです。



問題はパーツとのバランス。


















( 左 GC86MH  右 GC87MH )






















( 左 GC86MH  右 GC87MH )




















( 上 GC86MH  下 GC87MH )
















ガイド設定は、GC85M と同じく、



T-Free設定を施しました。



前作よりもトップ部のガイド径を小さくし、



モーメント値が下がり、



バランスの向上を図っています。



フロントグリップは、GC85M と同じく



ショート化して軽量化。



ガイド位置とサイズ、グリップのサイズなど、



微妙な調整をしていきました。





















半年前には他の3機種はOKを出していたのですが、



このアイテムだけ微調整のため、



時間が掛かりました。



妥協すれば済む話なのですが、



手間暇惜しんでは良いモノは作れません。



組み上げては試し、現場で鍛えていった結果、



形となったのです。






















BRIGADE  GRACE  C・N・T


GC87MH  ( All-rounder  Power Spec )


EGI : MAX 4.0号   Line : MAX 1.2号















 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

オールラウンダーの名のもとに




BRIGADE  GRACE  C・N・T


GC85M ( All-rounder Light Spec )




























オールラウンダーの名を持つ



2機種のうちの1つとなります。



オカッパリからのエギングを



極端にシンプルにしていくと、



2.5〜3.5号のエギと、



3.5〜4.0号のエギを使うことが多いシーズンが見えてきます。



無理すれば1本のロッドで



全てのサイズの餌木を使えますが、



どこかスポイルされてしまう点が出てくるのです。



それはシャクリ易さであったり、



キャスト性能であったりと様々です。




















そこで、ロッドの硬さを2つの機種に分け、



エギ2.5〜3.5号に適したライトスペック、



エギ3.5〜4.0号に適したパワースペックと位置付けました。



この GC85M は、ライトスペックにあたります。



秋季から冬にかけて出番が多くなるアイテム。





















この番手が生まれるキッカケとなったのは、



前作の GC80M を使っていて、



もう少し長いと遠投が楽なのに…と考えたからです。















2.5号の小型のエギを繊細に操作出来ながら、



時には3.5号を遠投し、



高く跳ね上げるパワーも欲しかったのです。



細身のまま繊細さを残し、



バットには秘めたパワーを付けるには、



C・N・T素材 が非常に役立っています。



















GC80M との違いをあげると、



ブランクを長くしたぶん、『しなり』が発生します。



人によっては柔らかく感じるかもしれません。



この『しなり』が有るからこそ、



ブランクを曲げて遠投を可能にするのです。






















ガイドは、T-Freeガイド設定を取り入れ、



LGトップとKガイド、LDBガイドの3種を適材適所に配置。



このガイドシステムは、



富士工業が推奨するKRガイドコンセプトに、



弊社のT-Freeガイド設定の良いとこ取りをし、



アウトガイドとして極めて絡みが少ない設定となっています。




















( 上 GC80M  ・ 下 GC85M )














フロントグリップは、若干短くなりました。



軽量化の意味合いも強いですが、



ブランクの有効長を取りたかったのもあります。



そこでフロントグリップを、



サムアップでのホールド出来る長さとし、



ロッドの『しなり』を活かせる様にしました。






こうして、長さ・パーツを吟味し煮詰めた結果、



GC85Mは完成したのです。




















BRIGADE  GRACE  C・N・T


GC85M  ( All-rounder  Light Spec )


EGI : MAX 3.5号   Line : MAX 1号


















  • にほんブログ村 釣りブログへ

ライトエギング 最上級モデル




BRIGADE  GRACE  C・N・T



GC83ML  ( Light Eging Custom )

























BRIGADEシリーズで



異色のシリーズである 『 BRIGADE KID 』 で提唱した



ライトエギングの血統を引くフラッグシップモデル。








































メバルやアジなど、



ひと昔までは主役となりえなかったターゲットが、



今ではメインとなる時代となりました。



それはライトタックルの進化が、



人気となった要因でしょう。



手軽にでき、簡単なタックルで楽しめるのが、



ライトタックルのゲームの良さというもの。



それを、エギングでも楽しもうという訳です。






































数釣りを楽しむのも『釣り』のうちですが、



それではゲームとは言えないかもしれません。



あえて難しいスレたアオリイカを狙うことや、



極細のPEラインで限界ギリギリのファイトを楽しむなど、



タックルの持つポテンシャルを活かしきることで、



1杯づつ楽しむのも面白いものです。



それなので、スペックもMAX表記をすることで、



下限を作るのをやめました。



メインラインの強さ、リーダーシステムの強さ、



ターゲットの大きさや、フィールドの状況など、



アングラーの技量次第で、楽しみ方は大きく変化していきます。
























ライトと書くと、



柔らかい(ふにゃふにゃ)ロッドのイメージと思えてきますが、



全体に張りがあり適度に曲がるブランクとなっています。



3.0号(15g)までを、しっかりとシャクリ切れる



パワーを持たせました。



3.5号(20g)となるとパワー負けしてしまいます。



初秋の新子イジメには、



右に出るモノも居ないほどのアイテムになり兼ねません。








































ある程度の自制心の元でお使い頂ければ、



ゲームロッドとして面白いアイテムになるでしょう。

 














 

 

BRIGADE  GRACE  C・N・T


GC83ML  ( Light Eging Custom )


EGI : MAX 3.0号   Line : MAX 1号












  • にほんブログ村 釣りブログへ

グレイスを超えるのは、グレイスのみ。







2008年にデビューして5年。



弊社の旗艦モデルであったBRIGADE  GRACE が、



C・N・T素材 を纏ってリリースされます。



カタログでは語りきれない所を、ご紹介致します。
























GRACE 08'モデル をお持ちの方なら、



新作 (13'モデル)  と持ち比べて頂きたい。



軽量になったのは、すぐ気付くと思いますが、



何かギュッと引き締まったブランクに感じられます。



微細な C・N・T素材 がカーボン繊維に絡みつき、



繊維同士の結束を高めているのです。



その為、前作に比べ軽さを求めながら、



相反するネバリを手に入れました。



高弾性で反発が有りながら、しなやかに曲がる。



ひと昔前までは不可能であったロッドが、



この技術で可能になったのです。









































さて、今作の GRACE (以下13'モデル) を見て頂くと、



個性の強い4機種となっています。



前作(08'モデル)も個性の強い機種だったのですが、



さらに磨きのかかったアイテム群となりました。



C・N・T 化させるにあたり、



既存の機種を見直す作業を行いました。








仕分けの基準は、操作性 遠投性能個性










GC80M は遠投性を持たせるため GC85M へ。



基礎レベルが高かった GC86MH は、



インチアップをして GC87MH へ。



ロングキャストモデルであった、



GC96MH と GC106MH は遠投性能だけを求めて、



GC106MH をベースに GC109MH へ進化させました。



全く別方向から、ライトエギングのコンセプトを入れ、



GC83ML も、シリーズに加えました。










































弊社のフラッグシップモデルである、



GRACE に手を加えるのだから、



中途半端なモノにはしたくなかったのです。



当時の持てる技術でテストを繰り返しただけあって、



ハードルは初めから高く、



2シーズンの間じっくりと煮詰めることとなりました。


























調子と硬さと自重のバランスは、



ロッドを形作るうえで非常に重要な部分です。



自重が軽いのは絶対条件ですが、



バランスも重要です。



08'モデルは、細身に仕上がったブランクと、



適度に曲がるアクションが相まって、非常に操作が楽でした。



調子(アクション)と硬さ(弾性)とのバランスが、



程良く取れていたと言えます。






































また、非常に遠投が得意なシリーズでもありました。



細いラインを使えば、



そこそこに飛距離は出ますが、



ロッドの 『しなり』 を使うことで飛距離を伸ばせるのです。



08'モデル を使用していた方ならご存知の通り、



モチっとした テイストのブランクとなっていました。



この適度に曲がる 『しなり』 は、



アングラーの少ない力でブランクを曲げ、



反発力を活かして思ってもいない遠投が可能にしたのです。



そこで、



13'モデルは 操作性 飛距離 から着手しました。








































操作は キャストシャクリ の2つに分けることが出来ます。



この投げる動作とエギを躍らすブランクの働きは



似ているようで若干違い、



キャストはバット部、 シャクリはティップ部と、



仕事をするところを分けて考えています。



先ずは バット部。



ブランクをスムースに曲げ



ロングキャストを可能にするために、



レギュラーテーパーのアクションとし、



ブレを抑制するために、



ブランクの収束を早める弾性と



カーボンの肉厚を模索しました。



そして ティップ部。



力任せにシャクり上げるのでは無く、



曲がったブランクをカーボンの反発で戻していき、



ティップの返りを重視しました。



どちらも少ない力で反発を活かし切り、



楽な操作感を可能にしています。






















飛距離の面では、



弊社のエギングロッド史上、



一番飛ぶシリーズとなりました。



前記にも書きましたが、



ブランクによる働きが大きく寄与する訳ですが、



進化したガイドシステムも貢献しています。



GC83ML , GC85M , GC87MH の3機種は、


KRガイドコンセプトを取り入れ、



無駄なラインの暴れを抑えることが出来、



スムースなロングキャストが可能になっています。



GC109MH は、ロッドの硬さと長さから



全く別のガイドシステムとしました。



バットガイドまでの距離を長く取り、



口径を小さくしています。



エギの繊細な操作性より飛距離を重視した結果、



他とは違った特殊なガイドシステムとなったのです。






















さて、次回は各機種のご紹介。



気になった方で良いので、参考にしてみてください。





























  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー