Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

秘境への挑戦




縁有って、黒部川の支流部へ



連れて行って頂くことになった。



一般の車は立ち入れない場所で、



ゲートから先は専用のタクシーが無ければ入れない。



釣り人よりは、山登りの方が多く利用されることの多いエリアだ。



ベースとなる山小屋も、朝早くから登山客が見えていた。





















ターゲットは岩魚。



ヤマト系の血統を受け継ぎ、



この地のみで交配してきた岩魚になる。



普段、通っている川とは違った色や模様が見たかった。



漁協の放流が主体の川が多い日本の河川で、



昔からの血統を受け継ぐ魚は、かなり少なくなってきている。



特に本州では難しいと思える。



だからこそ、釣り欲も有るが見てみたい好奇心も大きかった。


















前々日に雨が降り、川の水位は高い。



本流筋は遡行が難しく、



当日は本流筋は早々に諦め、細い筋に入ってみる。



入渓するには崖を下らないといけないので



両手をフリーにしたい。



そんな時こそ、 クレイドル  などのパックロッドが活きてくる。






















草木が生い茂った場崖を、ロープを駆使して川へ降りた。



ここからが、岩魚本来の獰猛さと繊細さを見ることとなった。



ミノーを結んで、オーバーハングした木々の隙間を射っていく。



喰わせられるゾーンは1m以内。



良いスポットに入ると激しいバイトがある。



しかし、少しでもレーンを外すと喰わせられない。



シビアなキャストが必要となった。



いつも通っている川と規模は同等程度だが、



魚のサイズに驚かされた。



(普段は小さいのしか釣ってないからかも…)。




















山小屋の管理人をしているオッチャンから言われたのは、



尺サイズでは子供。



40センチ以上で一人前。



尺以下はいくらでも釣れるとのことだ。



夕飯は釣った岩魚となるので、



その晩に食べる分だけ持ち帰るのだが、



尺サイズ以下はリリースだ。




















リリースサイズ。




















子供サイズ。




















子供サイズ。













釣り上げた岩魚の胃からは、イナゴが丸々2匹出てきた。



落ちてきた虫を食べている様だが、



もっと大きな個体となるとネズミやヘビも食べているとか。



釣キチ三平の一場面を思い出させる。



初日は40センチこそ釣れなかったが、



尺サイズが釣れ、充分に満足できた日だった。





















晩は囲炉裏を囲んで、釣り上げた獲物を食す。



初めて岩魚が旨いと思えた。



遅くまで釣り談議は続き、日付が回る頃に布団に入った。


















翌日に続く
















Tackle Data


Rod : Cradle CD50UL-4


Reel : #2000 class


Line : MI207N 4lb


Lure : Woodream  Arbor 50F & 50S-MD


Angler : Funaki












 


 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

石垣島でターポン! 夏・リベンジ編




先日、石垣島に行ってきました。



石垣在住の友人 タクチャンがめでたく結婚する為、



遠路遥々、南の果て、



石垣島へ2泊3日の弾丸遠征です。



もちろん釣りも少しだけ?のつもりで



フライロッド1本とショアジグロッド1本に



少々のソルトフライ、ジグ、ペンシル等、



最低限のタックルだけ持って行きました。























土曜日に石垣に到着!快晴です。



空港を出ると相変わらずの亜熱帯気候、



さんぴん茶を飲んでも飲んでも汗で放出!



かなりバテマス ベトナムを思い出すぜ〜、



なんて行った事無いですが



レンタカーを借りエアコン全開で



一路いつものオカッパリポイントに向かう。

























肌を感じる風が何か内地とは違う。



このポイントは石垣島の中でも水深があり、



回遊魚が回ってくる有力ポイント



以前はカツオも回ってきた事があります。



風がつよいので、まずはルアーで開始。



パワーマスターにレッぺをセットし、



(レッドペッパーを石垣ではレッぺと言うらしい?)



向かい風に向かって大遠投〜



扇状に探りランガンして行くも何も出ず、



次に35gのスキルジグで水面下をジャーク&ジャーク 



すると・・・



ヒット〜 なんか掛った!!!



すぐさま根に入られた〜



リールをフリーにして時間を置く、少し魚に安心させて



すかさず一気にリフト!



ぬお〜!! ズル ズル・・・ 出てきた。















正体は沖縄の高級魚アカジン!



サイズ思ったより小さいのにびっくり。



リーフのジギングでは良く釣れるがショアでは珍しい。



しかも刺身で食べると超美味!です



その後このクラスのアカジンが4連発!



それなりに楽しめました。






















潮が引いたのでポイント移動。










リーフエッジまで水につかりながら歩いていきます。










V字スリットがあり如何にもガーラがいそう。



しばらく観察していると沖でボイルが。



2〜3キロぐらいのカスミアジがうろうろしている。



絶好のチャンスです!



レッぺをボイルにブチ込みます(届いてません)



これ以上前に進むとショルダーバッグが



水に浸かるギリギリまで前進しキャストするも



全くの無視!



シンペンで ジグでいろいろ粘ってみましたが駄目でした。



ナブラに届いているのに見切られてるのか?



なかなか手ごわいです。



















しかし、とにかく暑い。



殺人的な太陽光線で干上がりそうなので終了です。



ホテルに戻る。


















夕方、Mr.ヒラタ氏からメールが入る



「明日結婚式行く前に朝ターポンやっつけに行きません?」と



待ってました〜とばかりに「行きます」と即答



以前も紹介しましたがMr.ヒラタ氏は



たぶん国内最南端のフライフィッシャー



石垣島にガチフライフィッシャーがいたのにも驚きです。



















翌日ヒラタ氏と朝5時にホテルで合流し



オカッパリポイントに向かう。



さてさて、昨年末コテンパンにやられたターポンはいるかな



どれどれ? いないな〜 季節が違うのかな?



それでも半信半疑のキャスティング、リトリーブを繰り返す



ヒラタ氏はターポンをあっちこっち探しに



するとヒラタ氏が「あそこにいますよ」とうれしい一声が



あの方角にキャストしてくださいとアドバイス



すると・・・ボイルが! いたっ〜



すかさずのキャスト、



カウントダウン、ドッキドッキのリトリーブ



そしてストップ。



コツッ!ゴンゴン!



重みを感じつつグイグイと合わせを入れるも・・・のりません



まただ〜なんでだ〜



















そして、



またまた次のあたりが・・・今度はのりました〜



意外と引かない?



いやいやそんな事ありません、スゲー引きます。



エクスドライブSH#8が水の中にキュイーンと引きこまれます。



そしてジャンプ!  スゲェ〜!



ヒラタ氏は冷静にコメント「あせらずに行きましょう」と



結構持久力があり、なかなかランディングできません。



すると、プスっと軽くなり・・・



「え〜もしかして切れたの〜」



25ポンドのフロロがサクッとやられてます。



フライを飲まれ歯でやられた様です。



ガック〜ン↓



がしかし、ボイルはまだやってます。



ヒラタ氏から励ましのお言葉を。



内心もう無理かなと思いキャスト!



数投するとまた同じ様な当たりが!



のった〜!追いアワセをいれる。 



エクスドライブ#8 があり得ないぐらい曲がってます。



さっきのよりパワーがある 



ギーギーと音を出しラインを出して走ります。



リールファイト最高〜って、余裕はありません。



かなり捕る気で真剣です。



高〜くジャンプ!デカい!



グイグイとリフトしてプレッシャーを与えます。



ようやく浮いてきて無事ネットイン!



ほっ!やりましたよ〜








64センチのパシフィックターポン



ヒラタ氏とアツイ握手!イヤッタ〜



結婚式前のモーニングでプチドラマが!!



まさかのキャッチです。


























ヒラタ氏もナイスサイズをキャッチ!






流石マスター!

























タクチャンの素晴らしい結婚式も無事終了!








結局4次会が終わりホテルに着いたのはAM3時?



3日目もヒラタ氏が偶然にも休みの為、



一緒に釣りに付き合ってくれる事に。



今度はマングローブでターポン狙い!



朝5時に起き出発!

























Mr.ヒラタ氏、フローティング系フライで見事キャッチ!























突然のスコール 橋の下でしばし休憩。









マングローブを釣り上がり、



自分もマングローブジャックをゲット!


















釣りをしていると時間がたつのが早いですね



あっという間に飛行機の時間に。



新空港で大きくなりましたが、



場所が変わり少し遠くなったので



ギリギリまで釣りと言うわけにはいかなくなりました。






















今回は心強いマスターの案内で楽しい釣りが出来ました。



ヒラタ氏に感謝です。


























Tackle Data


ショアジギング


Rod : パワーマスターPWM96ML−L 


Reel : ツインパワー5000番


Line : PE2号 リーダーナイロン30lb


Lure : ペンシルベイト、ペンシルポッパー、


      シンキングペンシル、メタルジグ35g




あくまでもターゲットは2キロ〜3キロのタックルです。


ガチンコショアGT狙いであれば


PWM100H、プラッキングにベストなPWM100MHKP、


もしくはスパイクツナシリーズあたりが良い。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



フライ


Rod : エクスドライブ FES904 #8


Reel : 8番クラス


Line : フルシンクタイプ4 WFフィローティング 


Fly : クレイジーチャ―リー#4 




マングローブでのターゲットは


20センチ〜30センチの魚がメインの為、


#6クラスのタックルの方が良いと思いますが、


たまに3キロ〜5キロクラスのカスミアジや


オニヒラアジがボイルしてたりする事もあるので


油断は禁物です。

 

 

 

Angler : Staff M・T

 























 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

海の向こうの雷魚。





韓国のアングラー、キムさんから報告。

















MIZUCHI を使って、



なかなか良い釣りが出来たとのことでした。



『隣の芝は青い』と言われますが、



向こうは雷魚天国なんでしょうか。



ちょっと羨ましいです。


















  • にほんブログ村 釣りブログへ

結果、優勝でした。





皆さんこんにちは!



キムショーです。

















今回は土浦で行われる



Kー1トーナメントに参加してきました。



W.B.Sプロメンバーも参加する



強豪ぞろいの大会です。



私はアルミボートにて参戦です。

















ルールは、25センチ以上5リミット。



4番スタートで行き先は桜川です。



上流部がこの時期は良いので、



各艇ガンガン上がっていきます。



通称ラジコン前より釣り開始。



先ずは、マグナインパクトMI65B−Mにて



スピナベ9gDWをストラクチャーや



ボディーウォーターにキャスト。



ハードボトムもあるので表層から中層、



ガーグリングを試すも反応無し・・・
























ひとまず上流に船首を向け釣りあがっていきます。



ブッシュエリアに入り、



比較的小規模なブッシュでしたので



マグナインパクト ヘルティック MH67B−MHH(プロト)に、



ラインは天龍MI−207F14lb。



ファインラバーのジグ(7グラム)をセレクトして



ブッシュに打ち込んでいきます。




















ブッシュのエッジに入れてボトムから浮かせた



ちょうちん釣りでアクション掛けてみると



見事にバイトがあり、ブッシュを切り裂きながら



本日のファーストフィッシュをGET!








写真のロッドはプロトです、若干の仕様変更があります。




















このロッドのパワーは絶大な信頼があり、



更にC.N.T素材配合で



更なるハードカバーからの取り込みがすごいですね。



特に霞ヶ浦水系などの



濃いカバーから引きずり出すパワーは圧巻です。



グリップもショートグリップを採用し、



ピッチングスタイル等のキャスティング性能も大幅アップです。



















朝一早めにファーストフィッシュが釣れ、



状況は晴天で被さり系のストラクチャーが良いと判断。



更に、落ちパクではなく、



ちょうちんなどで1点でのアクションが良いはずと読みました。



途中、桜川のカレントが強くなり、



更に濁りも強くなってきましたが、



ますますシャローカバーが良くなると思い、



丁寧にストラクチャーを丹念に打ち込んでいきます。



















ブッシュエリアにも種類があり、



比較的高さのないブッシュではMH67B−MHHを使用しますが



高さがあるブッシュやアシなどは



マグナインパクト MI71B−HH がお勧めです!



ロッドの長さがとても重要で、特に私の場合は身長が低い為



ロッドの長さに助けられる事もたびたびあります。



更にこのロッドは 7'1"ft の長さでありながら



軽量なのも扱いやすいです。



この日の MI71B-HH のセッティングは



ラインは天龍MI−207F16lb、



ファインラバーのジグ(9グラム)をセレクトしています。























カレントも強くなり、淀む所がはっきりしてきたので



淀みを丁寧に狙っていきます。



ここは、ヘルティック67の出番です!



オーバーハングになっている淀みを



ちょうちんで狙いキャストすると、



下からグワッと大きい魚体がジグをひったくり



すかさずフッキング!明らかに大きい魚体!!!!



ジグがしっかり掛かっていることを確認し、



そのままぶっこ抜き(笑)













50UPでした。しびれまくりです!!!



やはり大会中は嬉しいものですね!



霞水系では、このサイズが出ると嬉しいのです。



ロッドへの信頼があるからこそ捕ることの出来た魚と言えます!




あっ!多少の腕も・・・(笑)
































その後も、ヘルティック67



マグナ71の使い分けで11時にはリミットメイク!



帰着時間も迫り、土浦新港に帰還。



トータルウエイトは、5匹4540グラム!
















意外と釣れていなかったらしく、



見事優勝の美を飾る事ができました。

















これからの季節、カバーゲームが真っ盛り!



ヘルティック67B−MHH 発売まであと少し!



楽しみに待っててください。
















キムショーでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 








 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

取材釣行




先日、ルアマガ・リバーさんの取材があった。



内容は、誌面にて。



今話題の、取材内容だ。





























何匹かのイワナが遊んでくれた。



















この日は猛暑日で、



飯田市内で最高気温が37℃だったとか…。



水に浸かっていても、汗が止まらなかった。





















昼食の『鹿肉ハンバーグ定食』は、


なかなか美味♪













それでは、ルアマガ・リバー10月号をお楽しみに。







Staff : Funaki












  • にほんブログ村 釣りブログへ

本当に梅雨明けか!?




気象庁の発表によると、



7月6日に関東甲信地方は梅雨明けしたとか。



・・・が、



七夕の日と、翌日も降ったり止んだり、



夕方には竜巻警報がでるなど、



不安定な天気だった。



ご多分に漏れず、川は増水。



天竜水系の河川はカフェオレの色となっていた。



仕方ないので、ちょっと遠出をすることに。






















今回は、ぷらぐ屋工房のN氏に案内をお願いし、



木曾水系の、とある河川へ。



通常より水は多いが、



釣れそうな雰囲気がプンプンしていた。

















さっそくロッドを振ってみる。



何匹かチェイスしてくるが、



バイトまでは至らない。



水温が13℃と、この時期にしては、



低いことが影響しているのかもしれない。



しつこく狙っていると、N氏のロッドが絞り込まれる。



40近いサイズのイワナだった。



(写真データ頂くの忘れた・・・)






















ポロポロと釣れて来るのは、



可愛いアマゴ。



















上流に先行者が見えたので、



別の川筋に移ってみた。





























霧が立ちこみ、幻想的な雰囲気。



こちらの魚は、活性がすこぶる高かった。



イワナが1投ごとに反応してくる。




















ヤマト系との混血の様な模様だ。



サイズこそ伸びないが、



十分に楽しめた。















渓を上がって車に戻ると、




天気は回復してきた。



この後、夕方に土砂降りになったが・・・。

















次回釣りに行くときは、



夏らしい雰囲気となっているだろう。



さて、次回はどこ行こうかな。
















Tackle Data


Angler : N氏


Rod : Rayz RZ56L  Jerkin'


Reel : #2000class


Line : MI207N4lb


Lure : ぷらぐ屋工房 type3




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



Angler : Funaki


Rod : Rayz RZ56L-BC  Jerkin'


Reel : Reel : ALDEBARAN Mg7 Left


Line : MI207N 5lb


Lure : ぷらぐ屋工房 type3





















  • にほんブログ村 釣りブログへ

弾丸ツアー




先日、久しぶりに玄達瀬へチャレンジする機会を頂けた。



ふるきん 』さんが企画し、



マイクロバスを一台借り切っての弾丸ツアーだ。



深夜に集まり車に揺られること5時間ほど、



明け方に到着すると、外は強風。



出航は出来るが、釣りになるか分からないとのこと。




















今回お世話になったのは、三国港から出航している、



バーティカル 』さんだ。











気さくな船長で、終始笑いの絶えないトークが印象的。











デッキが広いのでキャスティングしやすい船だ。



また次回も乗りたくなりますよ。






























さて、沖にでてみると…、案外釣りが出来そうだ。



若干ウネリは残っているが、時間が経つにつれ、



釣り易い天候となった。



ジギングよりもキャスティングでの誘い出しが当たっており、



前日に大当たりだったようだ。



発売したばかりの スパイク YT と、



スパイク TN を持ち込んでみた。




























時たま起こるナブラに、タイミング合わせてキャスト。



一発目にヒットしたのは、店長だった。










使って頂いたのが SK802YT







昨年、この船で28kgのレコードを作ったロッドだ。



詳しくは、バーチカルさんのHP をご覧ください。








20kgクラスを対象としているので、



あっさりゲット。ヒラマサだった。

































親方M氏も続く。









ペンシルで誘いだしたブリだった。











稀に起こるナブラは、ベイトが小さいらしく、



大き目のペンシルでは相手にされない様子。



ちょっとルアーのサイズを落としてみると、



すかさずヒット!




































キャスティング初挑戦のE君。



大ワラサだった。



「キャスティング楽し〜」って心から楽しんでいましたね。





























しばらく、クルージングの時間を置いて、



ちょっと眠たくなってきた頃、



突如と無くナブラが!











久しぶりに見た、目が覚めるナブラだった。



見える限り、魚が全てブリサイズ。

























ドンッと来たのは、またも E君だ。



















10kgに設定したドラグが、ズルズルと出されていく。



なかなかのサイズの様だ。



上がってきたのがブリだった。




































途中、浮いていたゴミを引っかけてしまった方が1名。



引き上げてくると、中に魚が!!












色々と、ベイトになる様な魚が入っていた。












良く見ると…本命の子供も居たりして。



































楽しい一日も過ぎ、



真っ赤に日焼けしての帰港となった。



深夜に出て、深夜に返ってくる弾丸ツアーだったが、



常に笑っていた日だった。










さて、次回はどこ行こうかな。

 

 














 

Staff : Funaki

 

 

 















 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

渓流ベイトタックルは面白い




近頃の鱒遊びは、テストばかりで、



心底楽しんでいなかった。



気晴らしに ベイトタックル を持って渓に入った。



ベイトタックルの利点を生かして、



テクニカルなキャストを楽しもうという魂胆だ。























いつも通っているイワナが多い河川でも、



さらに上流域に入ってみる。



木々が覆いかぶさり、



岩もゴツゴツしている。



キャストには極端なことを言うと、



10cm以内の精度を求められる所もある。



低弾道でキャストして、



サミングで制動しながらピンポイントを狙うわけだ。



最初のうちは、ルアーを岩に当ててばかりいたが、



だんだん慣れてきた頃には、



面白い様にキャストが決まるようになってきた。


















































































飽きない程度にイワナが遊んでくれた。



一瞬で元の場所に戻ったり、



足元でバイトしたり。



警戒心が強い様で、



たまに攻撃的だったり。



アマゴとは違った面白さがある。



半日の釣行だったが、楽しめた。

















Tackle Data


Rod : Rayz RZ56L-BC  Jerkin'


Reel : ALDEBARAN Mg7 Left


Line : MI207N 5lb




















  • にほんブログ村 釣りブログへ

雨のちアマゴ




朝から雨が降っていた。



本降りではなく、シトシトといった具合だ。



















海外出張を終え、



我が家に帰ってきた日も雨が降っていた。



先週、旅立つときから2週間、



ほとんど雨が降っていなかった様だ。



帰ってくる2日前から、



久しぶりに空から恵みがあったとスタッフは言っていた。



疲れているとはいえ、こんなベストなタイミングは無い。



そわそわしながら、タックルを用意した。






















色々と片付けないといけなかったので、



午後から川を見に行く。



天竜川の支流を選んだ。



期待したほどの水位があった訳ではないが、



充分遡上してきても良い流れだ。水色も申し分ない。



















合流部から一個目の堰堤から、下りながら探ってみる。



蜘蛛の巣が多く、足跡は多いが古い。



少なくとも、今日は誰も入っていないようだ。




















しかし、チェイスが無い。



鮎がジャレてくるだけ。



蜘蛛の巣だけでなく、



毛虫も多く、肩に落ちてきた時は冷や汗が出た…。



段々と空は回復してきて、陽射しが出てきた。



梅雨時らしい、まとわり付く様な湿気が充満している。



雰囲気は抜群に良い。



美人な人が居ても無視されている様な気分だ。




















ここで出なければ帰ろうと、良さげな淵を探ってみる。



アユカラーのミノーに換えて、誘いを掛けてみると、



ドンと止める様なバイト。



特有のローリング系の引きがする。



フックが浅く掛かっていたらしく、ネットに入った瞬間外れた。











銀ピカの天竜川より遡上してきたと思える個体だ。



見る角度によって、パーマークが見てとれる。









弱らない様に、パッと撮影してリリースした。



既に夕方6時を過ぎていた。



まだ暗くなるまで時間は有るが、



山道を歩くので余裕を持って帰ることにした。

















TackleData


Rod : Prototype(YAMAME)


Reel : #2500


Line : PE0.6


Lure : Tricoroll 67S


Angler : Funaki






















  • にほんブログ村 釣りブログへ

島へ




この日は時間が無かった…。



疲れが少し残っているが、気持ちでカバー出来る。



前日は好天に恵まれたが、翌日は雨が降っている。



にわかに風も強く、波も高くなってきている様だ。



雨男の本領発揮といったところ。



時間に制約があるので、



シーバスのみにターゲットを絞り狙ってみることに。



















タックルは、前日より更にフィネスタックルとなった。



MLクラスのロッドに、PEライン1号。



リーダーは10ポンド程度。



5gのジグヘッドに5インチ程度のソフトベイトを組み合わせる。



日本でも、荒れた天気の方がシーバスに良い。



それは、フランスでも同じことだった。



砂地にウィードが点在するエリアと、



ヒラスズキを狙う様な磯場を船で流してみる。















水深は沖でも、4〜5m程度と浅い。深くても9mまでだった。



ヤニック氏によると、



ウィード間を移動しながら



小さな蟹や小魚を食べていると教えてくれた。



ウィードのエッジをかすめるようにルアーを通してみる。



小魚が逃げ惑う様にジャークで誘っみる。



反応は早かった。

















念願のヨーロッパシーバスをキャッチ出来た。



低気圧の影響か、やや上ずっているように思える。



回収中のルアーに表層でバイトしてくるモノも居たが、



フッキングは出来なかった。



















































































楽しい時間は一瞬で過ぎ、帰港の時間になった。




時間はギリギリか…。



夢中になっていたので仕方ない。



大急ぎで帰港した。



急いで仕度を済ませて、帰りのフェリーに飛び乗る。



港に着いたら次は駅まで急ぐ、乗るのはTGVだ。



最後は空路。バタバタと帰路についた。






















最後に心残りがある…



昨年は、ラーメン屋へ行けた。



今回は…食べられなかった…。



ウィーンで探したのだが、



一軒だけあるのだが見つからなかった…。



非常に残念だ。






















日本は梅雨真っ盛り、夏も目前だ。



オフショアが面白い時期でもあるし、



トラウトも渓流が盛期を迎える。



さて、次回はドコにいこうかな。

 















 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー