Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

またまた石垣島で… 番外編




エギングで コブシメ ゲット!



















計測、2.8キロ



ジェット噴射が凄かった



ブリゲイド  グレイスがブチ曲りました。








Staff : M・T













  • にほんブログ村 釣りブログへ

またまた石垣島でターポン! 後編




後編です。









前編がまだの方は、コチラ ↓



 またまた石垣島でターポン






















日も落ちかけた頃、イブニングポイントに到着です。



まず竿を出す前に周辺を見て歩きます。



いたいたいた いました! しかも群れてます。



ボイルは沖目でバシャバシャやってます。



缶コーヒーを飲みながらしばらく様子を見る






















タイプ6のヘッドをセットし



ヘッドを半分ぐらい出し待機



すると手前でギラッと光った!



すかさずキャスト〜



カウントダウン10秒 リトリーブ ストップ



コツコツとあたるがのりません?



すると手前でボイルがいきなり始まった!



今でしょ! キャスト〜 



リトリーブしたい気持ちを抑えヘッドが沈むのを待ち



一回長めの素早いリトリーブをいれ ショートピッチで誘う






















ゴン ゴン  当たった。



ランニングラインをしっかり持ち



竿のベリーに重みを乗せつつ グイ〜っとフッキング 



竿がベリーからバッドにかけてギュイーんと曲がります



シュルッ シュルッとランニングラインが出されます。



相変わらず凄まじい引き



そして天空高くジャンプ デカイぞ   






















だが…外された〜 エェ〜!?



一瞬テンションが緩んだようです。



ロクマルオーバー? クソ〜



リーダーをチェックし



シャープナーでこれでもかってぐらい針先をトギトギし



気を取り直しふたたびキャスト



そして…当たった…のらない























また当たった〜 のった〜!



さっきのよりは小さいようだ



何回かジャンプを交わしネットイン!! 

















パシフィックターポンゲット!



小さいけどウレシ〜



その後も何回かあたったがなかなかのりません



地合いは去り 海は沈黙に



その日は終了。























翌日も朝から昼過ぎまでエギングをし、



またまたイブニングターポンへ



フッキングの感覚がだんだん解ってきました。



ボイルはしてないが居るであろうラインを探ってみる
























リトリーブを止めた瞬間 ゴンゴンあたってきます 



竿に重みが乗った瞬間合わせを入れる



のった〜 完璧です。 



グイグイと嬉しい重みを感じつつ追い合わせをいれる



エクスドライブSH#8  が曲がったまま、



それでもバッドを持ち寄せます。
























ちなみに平田氏は10番ロッドでやってるそうで



8番ロッドではかなり無理があります。



ジャンプしてもジャンプしても



なかなか弱らないのがターポンの特徴



ロッドでプレッシャーを与えてないといつまでも泳いでます



凄まじい持久力です。



なんとかネットイン

















嬉しいサイズアップ



よく引いた〜 同じサイズであれば



シイラより引くかもしれませんね























早速平田氏に歓喜のメールを送ると…平田氏出現 「アレっ?」 



僕のメールを見て平田氏もスイッチが!



本日2匹目ゲット!














平田氏に手持ち写真を撮っていただきました。






















顔も尾びれもカッコいいですね














マスターヒラタ氏も良型ゲット!























最高に楽しい〜 病みつきです。 



翌朝も平田氏と二人で



散々ファイトを楽しませていただきました。



ナイト便では悔しい思いをしましたが



イブニングとモーニングで



なんとか4匹キャッチとかなり満足の釣果です。
























そんなこんなで気がつけば翌日は帰路














あっという間は大げさですが 早かったな〜と思います。



たくちゃん、平田さん、ゆうじ船長、



エギングでお世話になった俵さん



ありがとう















また来るさ〜
















Staff : M・T






















  • にほんブログ村 釣りブログへ

またまた石垣島でターポン!













またまた年末年始は恒例の石垣島です。















今回は休みが長いので



離島なんかに行こうかな?なんて思ってましたが



友人である石垣島在住の



たくちゃんがなんと里帰り!






「うちにずーっと泊まっていいので


  犬の面倒見てもらえません?」






「車も自由に使っていいっすよ〜」






「バブの風呂も入っていいっすよ〜」






「冷蔵庫の食料も・・・」






なんと思いやりのある人なんだ(涙)






即答で「じゃーお言葉に甘えて使わせてもらうね」



と食いついてしまった僕!



とは言ったものの 



ちょっとまて犬が居るってことは



離島にはいけないな 



まっいっか、今回も釣り三昧だ〜(かなり単純な男です)


























ということで今回はたっぷりと時間があるので



いろんな釣りをしようと



バラエティーに富んだタックル満載で挑みました。






【今回持ち込んだタックル達】






GTタックル






ジギングタックル






ショアキャスティングタックル






エギングタックル






フライロッド #8 ターポン用






フライロッド #6 マングローブ小物用






遠征用バズーカになんとか押し込みました。



当然リール、ルアー、エギ、ジグ、フライ、様々なフライライン



など厳選してもなかなか荷物が減らず苦労しました。



フライもチャーリーをいっぱい巻きました。



























またまた前置きが長くなってしまいましたが



石垣空港に到着です。









そのワンちゃんが出迎えてくれました。































晴れてます。



初日は、ゆうじ船長「リトルターン」号で出船!



ここでいきなり雨!



流石に沖縄でも、ずぶ濡れは寒いです。



ジギングで小物を釣り楽しめましたがGTは不発!








ドラッグフォース621−3でイソマグロゲット!



ジグの操作性も良いのですが釣り味が最高な竿です。
























たくちゃんはオーシャニアB2でナカジュをゲット!



アカジンで無く残念。



なにかしら楽しませてくれるのが沖縄の海の魅力ですね。































翌日は石垣島在住のフライマン平田氏とオカッパリです。



マングローブの河口でターポンを狙います。



タックルは エクスドライブSH 6番



フローティングラインをセット











流れのヨレにギラギラとターポンが溜まってます。



僕は食わせられませんでしたが、



平田氏が30センチほどのターポンを見事キャッチ!




























平田氏とおしゃれなイタリアンレストランでパスタランチを済ませ、



潮のタイミングでポイント移動。



ここも小さい川が流れこんでる気水域



メッキやカマスにコトヒキが遊んでくれました。






















こんなサイズでも6番ロッドをグイグイと曲げてくれ超楽しいです。


























イブニングは昨年ドラマを起こしたあの場所へ!



がしかし、ターポンの姿は残念ながら留守、



沖の方で時偶ボイルしているが届かない〜 



日が暮れて平田氏が



「弁当買ってナイトやっちゃいますか?」



あなたはガイドですか?と思うほど、



やる気にさせる所が言うことなし!
























まだ他にポイントがあるらしく、



ホカ弁で唐揚げ弁当を調達し、いざナイトポイントへ



少し足場が高いがバックスペースの取れる場所だから



思いっきり投げれます。



弁当を片づけ、



8番タックルにシンキングラインをセットし開始!



ターポンらしき魚はボイルしているがあたりません、



沈黙のあとオニヒラのボイルがありクラウザーをフルキャスト。



思いっきり早引きでガツンと当たったがのりませんでした。



結局その後はメッキが釣れただけでした。





















何か忘れてると思ってたら



ワンちゃんの散歩を忘れてた。



いかんいかん、その日は終了です。







ごめんよ(笑)



この調子で行くと相当長い文章になるので



一部割愛させて頂きますね。































平田氏とリトルターンのゆうじ船長と



僕の3人で楽しいオカッパリ。



ゆうじ船長もフライデビュー、



平田氏の指導のもとターポンを狙います。









ゆうじ船長



タイイングしたフライでメッキをゲット



























オカッパリの後はターポンナイト便ダブルヘッダーです。








リトルターン号、ターポンナイト便出船



夕暮れの涼しい風がよりいっそう



テンションをアゲアゲにしてくれます。








前回ランニングラインが絡みまくりだったので



ラインバスケットを持参。



しかし風が強くあまり役にたたず…。










































平田氏ナイトターポン2発! 



見事キャッチです。



64を筆頭にナイスファイトを横で指を銜えて見てました。



棚取りからリトリーブ、フッキング、そしてファイトまで



一連の動作はまさに・・・マスター!
 


ハハァー、恐れ入りました。



私はと言うと…ノーバイト。



たくさんの課題と反省点がありありです。



悔しい〜!




























敗北のラーメンを食べに行けど、どこも休み(涙)



疲れだけをお土産に帰路につく。



流石に連日のハイスピードリトリーブで



左手が変になってきた明日は腕は休めよう。



翌日は天気もよく釣りに行きたいがグッと我慢して山登りです。
















マーペー山頂より 



足場が悪いので登山靴がおすすめです。



山頂は360度大パノラマ!



珊瑚礁のリーフが見え「これぞ絶景!」です。




















余談ですが西表島にも



ピナイサーラという滝がありカヌーで滝壺まで行き



そこから登山道で滝の上に!



ここの眺めも最高ですのでぜひオススメです。



程よい汗をかいて帰宅



しかし、夕方あの場所が気になる〜



今からならいい〜時間だよ、ともうひとりの自分が



よし決めた!



ワンちゃんの散歩を済ませてイブニングポイントへGO!


















後編に続く









Staff : M・T













  • にほんブログ村 釣りブログへ

挨拶は釣果と共に




2014年の始まりは釣果報告から



蔵野氏から新年の挨拶メールと共に



写真が送られてきました。





















































ルナキア・マグナム と、



ルナキア・ソニック で良い釣りをしたそうです。



今年も、良い釣りが出来ると良いですね。


















  • にほんブログ村 釣りブログへ

謹賀新年






旧年中は格別のご用命を賜り、




厚くお礼申し上げます。




なにとぞ、




本年も宜しくご愛顧のほど




ひとえに お願い申し上げます。






平成二十六年 元旦




























  • にほんブログ村 釣りブログへ

2013 Best Shot




2013 Photo album


Best shot




















2013 Fishing show in Yokohama










getaway










AMAGO (Satsukimasu salmon)










Big Fish & Big Man










Britney










Nice Broun










Fight!










Landing!










Mieru Mieru〜♪










My favorite tackle










Nice place










Nice Team










Red Eye & Angler Mr.Kuranaga









SATSUKI (Satsukimasu salmon)










Silver fish










the rising sun










the rising sun 2












the rising sun 3

































  • にほんブログ村 釣りブログへ

修行という撃沈釣行




釣りに行く事になり、



用意をする時間は楽しいものだ。



今回はジギングだったので、



当日使うであろうアシストフックを巻いたり、



ラインまで巻き換えたのだが。


















…自然界には天気というモノがある…。



雨男の持つ力は衰えず、



フルパワーを発揮してしまい、



日本海は大時化となり欠航になってしまった。



なかなか天気と仲良くなれない私である。



肩透かしを喰らった私とスタッフH…。



日本海がダメなら、



大平洋側へ行けば良いのでは?



と考えが思い浮かんだが



太平洋側も時化模様で船は出れそうもない。



アクションを確かめるテストサンプルが有ったので、



とりあえず海に行ってみることに。


















到着したのは愛知県知多半島の突端。



車を降りて堤防に立つと、



風が音を立てて過ぎ去っていく。



風速計が無いので分からないが、



テレビで台風情報のレポーターが一生懸命、



カメラに向かって何か言っている同じ状況だと



言えば分かって頂けるかもしれない。

















いそいそと用意を始めた。



こんな状況でも5〜6人近くの方が、



魚釣りをされていた。



到着したのが夕刻だったので、



皆さんはメバルを狙っている様子。



邪魔にならない位置まで移動して、



何本も用意したロッドを振り比べていく。



車の外気温計は摂氏2度となっていた。



風が強いので体感温度は



すでにマイナスに感じる。

















「うひょ〜」とか、



「あぁ…」など、



言葉にならない事を発しながら寒さ耐えてテスト。



小一時間ほど検証して一端休憩を取ることに。



食事をしたあと、メバルを狙ってみることにした。



たまたまH氏の計らいで、



ルナキア・マグナムが積んであったのが幸いした。


















しかし、この爆風である。



風裏のポイントを探しながら、



メバルからの反応をさぐる。



この日は天気だけでなく、



釣果にも見放された日であった。



ロッドのパワーを活かしきれないほどの、



小メバルが1匹だけ…。



















自慢出来るようなサイズでもないので、写真も小さくします。


















何か所かの港をまわったが反応は薄い。



潔くロッドを畳むこととした。



アクションを確かめるテストサンプルは、



なかなか手応えが良かった。



もう暫くしたら試作品をお披露目しようかと思う。



さて、次はどこに行こうかな。














Staff : Funaki






  • にほんブログ村 釣りブログへ

東北からのお便り




宮城県の遊漁船 『 魚心 』 さんから入電。



プライベート釣行にて、



日本海 秋田県能代からジギングでの報告です。


















少し時間が、立ちましたがようやく



12回目の予約で能代釣行が出来ました(笑)



さすがに嬉しかったですね〜!といいながら、



ドラッグフォース で大物狙って本気モード!



ポイントに着き、



同船者の様子を伺いながらジギングスタート!



ジグの流れ方などチェックしながら



シャクリ方も何パターンか試し、



魚からの答えはシャクリに強弱を付けながら



リーリングを止めない!



朝は、ハイギヤで食いが悪くなったら



ローギヤといった感じでしたね〜



ジグは終日200〜230gでした。



終日200g〜230gのジグをシャクリ続ける事は、



かなり身体に負担が掛かります、



しかし ドラッグフォース だと



そのストレスが軽く



集中力が維持して行けるんですよ!



しかも、潮の流れにスムーズに乗せられ、



ジグに魚がチェイスし始める感触がわかるんですよね!



それもこれも、



新素材のブランクスだからこその高感度だと思います!



恐るべし カーボンナノチューブ !



是非、みなさんに



ドラッグフォース の凄さを体験してもらいたいです!



間違い無くジギング依存症になる事でしょう!!

























 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

名もなき滝




だいぶ古い話。



私が学生時代の頃の写真だ。
















友人が渓流へ釣りに行くとのことで、



同行することになった。



場所はK県の某所。



彼の話によると、



地図に載っていない滝があると言う。



そんなことが有るわけないと私は言ったが、



地図を見せられて閉口した。



その場所に連れて行かれて、



場所を確認したのだから。






































Google Earthのアプリや



GPS機能を持った携帯電話など、



今の最新機器を使っていると、



すぐ見つけてしまいそうだが、



当時の私には地図が全てだった。



シャワークライミングでも人気な河川で、



遡行中に何人もの方とすれ違った。



しかし、この滝に行くには、



本筋の川をいったん離れ、



ひと山を超えた先にあった。



もう一度行けと言われても、



道もわからないし、



ウエダーを着込んで山登りは御免だ。




10代だからこそ出来たことだろう。



思い出しても、おバカな話だ。


















その日の釣果は、貧果だった。



お互い、イワナを数本釣ったのみだった。



でも笑いながら帰った覚えがある。



釣れても釣れなくても楽しかった。



ただ、釣りに行くことに意味がある。



ふと見つけた花が気になったり、



コケてウエダーに穴が開いたり、



自然と遊んでいることが面白いわけだ。




















いまだに彼とは連絡をとり、



北海道に住む彼の下へ



時間があった時に遊びに出かけている。



今度は、どこの名無しポイントへ



連れて行かれるのだろう。



今から楽しみだ。
















Tacle Data


Wader : ナイロン製の未透湿防水 


Mental : 無邪気な好奇心


Map : 遭難しそうなくらいアバウト




















  • にほんブログ村 釣りブログへ

閃きを求めて




暦は霜月の中盤を迎えた。



気温はガクっと下がり、



昼間の太陽が弱々しい。



寒さに弱い私には厳しい時期だ。



まだ冬になったばかりなのに…。


















ある日、ぷらぐ屋工房に立ち寄った際に、



N氏の提案で本栖湖に行ってみることになった。



釣れるかどうかは分からない。



でも、水辺に立てば何か発見があるかもしれない。



フィールドから学ぶわけだ。



















当日、早朝3時半に出発。



気温は何とかマイナスにはなっておらず、



気温計は摂氏1度と表示している。



夜明け頃に到着。



湖畔には富士山の写真を狙う方々が、



隙間なく並んでいた。



大気が澄み雲一つない天気だ。



最高のショットが撮れた。
































今回はテストというよりは、



何か閃きを探す釣行。



用意したタックルは2種類。



1本は、LSP80(絶版)。



もう1本は、レイズの試作品。



試作品は発売するか決めてもいない、



思いつきで作ったプロトタイプ。



調子を見たくて持ってきた。



何か発見が無いか探ってみたかった。
































とりあえず、LSPを持ってキャストを開始する。



10投に1回はガイドにラインが絡まる。



PEラインのシステムだったので、



リーダーの長さの調整が必要だった。



キャストフォームも気を使う。



ちょっと捻るとトラブルに繋がる。



慣れるのに時間が掛かってしまった。



レイズに持ち替えて投げてみる。



絡まることは、ほぼ無い。



改めて道具の進化を感じた。



ガイドとラインシステムの関係は、



切っても切れない縁と言える。



最近のガイドシステムは凄い。























隣でキャストしているN氏にレイズを渡し、



私は再びLSPを投げてみる。



気付いたのは飛距離。



そう対して差はない。



付いているルアーは同じ。



ラインも差はない。



私がキャストが上手な訳ではない。



どうして変わらないのか。



ずっと振り比べて気付いたのは、



アクション(調子)。



ほぼ同じ曲りをする。



ブランクの太さこそ違うが、



テーパーが似ている。



そう、パーツが違えど、



アクションさえしっかりしていると、



飛距離は充分出ると言う事だ。


























『LSP』は、



以前に SWAT SW91L を作るときにも、



閃きを与えてくれたロッドだった。



何か掴んだような気がした。



釣果は…無し。



でも、来て良かったと思えた。



(ちょっとだけ、悔しいです…)



















魚の写真が無いと寂しいので、



N氏から頂いた写真を貼っておきます。











さて、次はどこ行こうかな。


















TackleData


Rod : LSP80(絶版)


Reel : #2500class


Line : PE 0.6G


Lure : ぷらぐ屋工房type 8cm


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Rod : Proto type


Reel : #2500class


Line : PE 0.6G


Lure : ぷらぐ屋工房type 8cm


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


angler : N氏 


             Staff Funaki





















  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー