Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

弾丸ツアー




先日、久しぶりに玄達瀬へチャレンジする機会を頂けた。



ふるきん 』さんが企画し、



マイクロバスを一台借り切っての弾丸ツアーだ。



深夜に集まり車に揺られること5時間ほど、



明け方に到着すると、外は強風。



出航は出来るが、釣りになるか分からないとのこと。




















今回お世話になったのは、三国港から出航している、



バーティカル 』さんだ。











気さくな船長で、終始笑いの絶えないトークが印象的。











デッキが広いのでキャスティングしやすい船だ。



また次回も乗りたくなりますよ。






























さて、沖にでてみると…、案外釣りが出来そうだ。



若干ウネリは残っているが、時間が経つにつれ、



釣り易い天候となった。



ジギングよりもキャスティングでの誘い出しが当たっており、



前日に大当たりだったようだ。



発売したばかりの スパイク YT と、



スパイク TN を持ち込んでみた。




























時たま起こるナブラに、タイミング合わせてキャスト。



一発目にヒットしたのは、店長だった。










使って頂いたのが SK802YT







昨年、この船で28kgのレコードを作ったロッドだ。



詳しくは、バーチカルさんのHP をご覧ください。








20kgクラスを対象としているので、



あっさりゲット。ヒラマサだった。

































親方M氏も続く。









ペンシルで誘いだしたブリだった。











稀に起こるナブラは、ベイトが小さいらしく、



大き目のペンシルでは相手にされない様子。



ちょっとルアーのサイズを落としてみると、



すかさずヒット!




































キャスティング初挑戦のE君。



大ワラサだった。



「キャスティング楽し〜」って心から楽しんでいましたね。





























しばらく、クルージングの時間を置いて、



ちょっと眠たくなってきた頃、



突如と無くナブラが!











久しぶりに見た、目が覚めるナブラだった。



見える限り、魚が全てブリサイズ。

























ドンッと来たのは、またも E君だ。



















10kgに設定したドラグが、ズルズルと出されていく。



なかなかのサイズの様だ。



上がってきたのがブリだった。




































途中、浮いていたゴミを引っかけてしまった方が1名。



引き上げてくると、中に魚が!!












色々と、ベイトになる様な魚が入っていた。












良く見ると…本命の子供も居たりして。



































楽しい一日も過ぎ、



真っ赤に日焼けしての帰港となった。



深夜に出て、深夜に返ってくる弾丸ツアーだったが、



常に笑っていた日だった。










さて、次回はどこ行こうかな。

 

 














 

Staff : Funaki

 

 

 















 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

渓流ベイトタックルは面白い




近頃の鱒遊びは、テストばかりで、



心底楽しんでいなかった。



気晴らしに ベイトタックル を持って渓に入った。



ベイトタックルの利点を生かして、



テクニカルなキャストを楽しもうという魂胆だ。























いつも通っているイワナが多い河川でも、



さらに上流域に入ってみる。



木々が覆いかぶさり、



岩もゴツゴツしている。



キャストには極端なことを言うと、



10cm以内の精度を求められる所もある。



低弾道でキャストして、



サミングで制動しながらピンポイントを狙うわけだ。



最初のうちは、ルアーを岩に当ててばかりいたが、



だんだん慣れてきた頃には、



面白い様にキャストが決まるようになってきた。


















































































飽きない程度にイワナが遊んでくれた。



一瞬で元の場所に戻ったり、



足元でバイトしたり。



警戒心が強い様で、



たまに攻撃的だったり。



アマゴとは違った面白さがある。



半日の釣行だったが、楽しめた。

















Tackle Data


Rod : Rayz RZ56L-BC  Jerkin'


Reel : ALDEBARAN Mg7 Left


Line : MI207N 5lb




















  • にほんブログ村 釣りブログへ

雨のちアマゴ




朝から雨が降っていた。



本降りではなく、シトシトといった具合だ。



















海外出張を終え、



我が家に帰ってきた日も雨が降っていた。



先週、旅立つときから2週間、



ほとんど雨が降っていなかった様だ。



帰ってくる2日前から、



久しぶりに空から恵みがあったとスタッフは言っていた。



疲れているとはいえ、こんなベストなタイミングは無い。



そわそわしながら、タックルを用意した。






















色々と片付けないといけなかったので、



午後から川を見に行く。



天竜川の支流を選んだ。



期待したほどの水位があった訳ではないが、



充分遡上してきても良い流れだ。水色も申し分ない。



















合流部から一個目の堰堤から、下りながら探ってみる。



蜘蛛の巣が多く、足跡は多いが古い。



少なくとも、今日は誰も入っていないようだ。




















しかし、チェイスが無い。



鮎がジャレてくるだけ。



蜘蛛の巣だけでなく、



毛虫も多く、肩に落ちてきた時は冷や汗が出た…。



段々と空は回復してきて、陽射しが出てきた。



梅雨時らしい、まとわり付く様な湿気が充満している。



雰囲気は抜群に良い。



美人な人が居ても無視されている様な気分だ。




















ここで出なければ帰ろうと、良さげな淵を探ってみる。



アユカラーのミノーに換えて、誘いを掛けてみると、



ドンと止める様なバイト。



特有のローリング系の引きがする。



フックが浅く掛かっていたらしく、ネットに入った瞬間外れた。











銀ピカの天竜川より遡上してきたと思える個体だ。



見る角度によって、パーマークが見てとれる。









弱らない様に、パッと撮影してリリースした。



既に夕方6時を過ぎていた。



まだ暗くなるまで時間は有るが、



山道を歩くので余裕を持って帰ることにした。

















TackleData


Rod : Prototype(YAMAME)


Reel : #2500


Line : PE0.6


Lure : Tricoroll 67S


Angler : Funaki






















  • にほんブログ村 釣りブログへ

島へ




この日は時間が無かった…。



疲れが少し残っているが、気持ちでカバー出来る。



前日は好天に恵まれたが、翌日は雨が降っている。



にわかに風も強く、波も高くなってきている様だ。



雨男の本領発揮といったところ。



時間に制約があるので、



シーバスのみにターゲットを絞り狙ってみることに。



















タックルは、前日より更にフィネスタックルとなった。



MLクラスのロッドに、PEライン1号。



リーダーは10ポンド程度。



5gのジグヘッドに5インチ程度のソフトベイトを組み合わせる。



日本でも、荒れた天気の方がシーバスに良い。



それは、フランスでも同じことだった。



砂地にウィードが点在するエリアと、



ヒラスズキを狙う様な磯場を船で流してみる。















水深は沖でも、4〜5m程度と浅い。深くても9mまでだった。



ヤニック氏によると、



ウィード間を移動しながら



小さな蟹や小魚を食べていると教えてくれた。



ウィードのエッジをかすめるようにルアーを通してみる。



小魚が逃げ惑う様にジャークで誘っみる。



反応は早かった。

















念願のヨーロッパシーバスをキャッチ出来た。



低気圧の影響か、やや上ずっているように思える。



回収中のルアーに表層でバイトしてくるモノも居たが、



フッキングは出来なかった。



















































































楽しい時間は一瞬で過ぎ、帰港の時間になった。




時間はギリギリか…。



夢中になっていたので仕方ない。



大急ぎで帰港した。



急いで仕度を済ませて、帰りのフェリーに飛び乗る。



港に着いたら次は駅まで急ぐ、乗るのはTGVだ。



最後は空路。バタバタと帰路についた。






















最後に心残りがある…



昨年は、ラーメン屋へ行けた。



今回は…食べられなかった…。



ウィーンで探したのだが、



一軒だけあるのだが見つからなかった…。



非常に残念だ。






















日本は梅雨真っ盛り、夏も目前だ。



オフショアが面白い時期でもあるし、



トラウトも渓流が盛期を迎える。



さて、次回はドコにいこうかな。

 















 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

島へ




ひと仕事を終え、



翌日はアルティメイト社の本拠地がある島へ向かうことに。



アルティメイト社の会社訪問と、釣りをする予定だ。





















ウィーンからパリへ空路で移動し、



パリからオーレーまで列車にて移動する。



その後は、タクシーとフェリーを乗り継いで到着する。















































かなり田舎の島だが、



風光明媚で釣りをする環境としては申し分ない。



会社訪問を済ませ、翌朝釣りに出かける。








ターゲットは、シーバスとポラック。



それとグルーパーだ。



ポラックとは、タラに似た魚のようだ。










 ↓ コレがポラック




























フランスではポピュラーなターゲットとのことで、



今回はポラックのバイトが多かった。



ルアーはソフトベイトが基本で、



ジグヘッドリグが多用される。



ただ使うソフトベイトのサイズが大きい。








5インチが基本で、10インチも普通に使う。



日本ではハードベイトを使うことが多いので、



少し新鮮な気分だ。



タックルは、アルティメイト社のオリジナルをお借りした。



弊社で製造してアルティメイト社が販売しているロッドだ。









バスロッドでいう、MHクラスのスピニングロッドに、



PEライン1.5号、リーダーは14ポンド。



先程の大型ソフトベイトと大型ジグヘッドを組み合わせる。



ショアでも釣れる様だが、



今回はオフショアから狙うとのこと。



キャプテンは、アルティメイト社の代表でもある ヤニック氏だ。




















水深は40m前後の何もない沖に案内された。



ドテラ流しでルアーを投入してみる。



底の付近を丁寧に引くと、ポラックがバイトしてくる。












この日は比較的天気は良好で、風が少しある程度。



初めは見様見真似で、ルアーを操作していたが、



何となくコツを掴めてきた。



どうやらベイトのサイズが小さいらしく、



小型のメタルジグに変えると面白いようにバイトしてくる。









希にシーバスがバイトしてくるのだが、



敢えなくバラしてしまった。











中層はサバの嵐。





























この日の最後は、グルーパーを狙うことに。



リアス式海岸の様に、切り立った崖と



無数の岩場が点在するエリアへ船を進める。

















バスロッドMクラスのパワーのスピニングロッドに、



5g程のジグヘッドとソフトベイトの組み合わせだ。



ラインはPEライン1.2号と20ポンドのリーダー。



こちらでは、フィネスタックルの部類に入るらしい。



ルアーを根の近くに投入すると、すぐにバイトしてきた。



















40センチクラスが主体だが、



なかなかの好ファイターで最後まで抵抗してくる。



適度に楽しんだ後、ストップフィッシングとなった。





















残念ながら、私はシーバスがキャッチ出来ていない。



翌日もチャレンジする事となっている。



しかし、午前中のみ3時間程度しか時間は取れない。



帰りの列車に間に合わなくなってしまうからだ。



翌日に期待して眠りについた。











つづく






 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

ストリームトレッキング2013初夏




6月の半ば、東北の渓流に!













新緑のベストシーズン



釣り上がりは毎年テンションが上がります。




























ストリームウオーカー



MountainTrek FSW733-4 #3で釣り上がります。

























この時期でこの水量は予想外です



5月から6月と雨がほとんど降ってない様です。


































ウド、タラの芽も育ちすぎ〜



ウドはテント場でお浸しにして食べました。

























まっさん良型ヒット〜!
























しばし



自分で作成したネットにインしたイワナに見とれてます。


























尺物写真撮る前に逃げられました〜 



良くある光景?


























泣き尺の源流イワナ



まだ痩せてますね。


























この川は雪代がすごいらしく、



その影響か?ここのイワナは尾びれ胸びれが大きいです。


























プールに溜まっていたらしくたくさん釣れました。



もちろん全てリリースしました。



初日はまっさんと二人で



数えきれないぐらいのイワナが釣れ大満足。

























二日目は仙台、千葉、栃木、



埼玉の友人たちと合流し



なんと計7人で沢を釣上がる事に



釣りと言うよりトレッキングですね。



































藤の花が揺れてます。



























気持ちいい気候

























面白可笑しい団体釣行もたまにはいいですね

























TackleData


Rod : Streamwalker MountainTrek FSW733-4 #3


      7'9"ftのConquestFlowと迷いましたが、


      オーバーハングした木を少しでも釣らない様に


      7'3"のMountainTrekにしました。



Line : ウエイトホワード #3


     リーダー4Xを12ft


     5Xティペッド3〜5ft


Fly : エルクヘアカディス10番〜12番


        ピーコックパラシュート12番

 

Angler : Staff M・T













 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

大人の散歩





懲りずに今回も長良川方面へ。



先週から相変らず水不足。



河川は減水が止まらない。



雨男の私に空梅雨は似合わないけど、



不快な湿気よりは良いかなと・・・。






































前週に下見をしたエリアを探ってみる。



・・・無反応。チェイスも無い。



たまに、鮎がルアーにジャレてくるだけ。







































石に座って休んでいたら、



オニヤンマが羽化しているところを発見。









しばし、大人二人で観察。



童心は忘れちゃいけませんね。
























早々に見切りを付けて、岐阜県を北上。



行く宛てなど考えずに、



川に沿ってドライブ。



「あの瀬が気になる。」とか、



「あのベンドした先が良さそう」など、



わき見運転を注意されながら、



フラフラと車を走らせた。























途中、長野方面へ折れた先で、



気になった川があった。



覗いてみると魚が見える。



とりあえず、漁券を買って入水。


























驚くほどクリアな水質で、



水との境界線が分からない。




























あれだけ見えた魚だが、



なかなか思ったほどには釣れない訳で・・・。



数匹のヤマトイワナが遊んでくれた。






























午前中で帰ることを考えていたが、



この日は結局一日中、川遊びをしてしまった。



有意義な時間を過ごせましたけどね。



さて、次はどこ行こうかな。























Tackle Data


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


中・本流域用


Rod : Prototype(SATSUKI)


Reel : #2500class


Line : PE0.6


Lure : 6-7cm Minnow

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


清流域用


Rod : Proto type(YAMAME)


Reel : #2000class


Line : PE0.6


Lure : 5-7cm Minnow


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


清流域用


Rod : Rayz RZ65ML (Jerkin'-HD)


Reel : #2500class


Line : MI207N 5lb


Lure : 5-7cm Minnow


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



Angler : TUBOI & Funaki




























 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

長良川へ





今回は少し足を伸ばして長良川へ。


















ここの所、長野県内は雨が少なく、



川は渇水状態。



先日、待望の雨が降ったが、



飯田市周辺のみのゲリラ的な雨だったようだ。



とにかく水が少ない…。



それなら、水量の豊富な川に行こうと思った次第。





























関西の方では梅雨時の影響で雨模様。



東海地区も雨を期待したが、



この日は予想外に好天だ。



初めて行くエリアだったこともあり、



下調べを兼ねてアチコチを見て回った。
























































同行して頂いた『ぷらぐ屋工房』のN氏と、



各ポイントを舐めるように狙ってみたが反応は無し。





































各ポイントでは鮎師が多かった。



聞くと解禁日に当たってしまった様で、



目ぼしい瀬には竿を出している。



間を縫ってルアーを投げさせて頂いたが、



魚が出てくる気配が無い。






























最後に入ったポイントで、ようやく魚信を感じた



…が、鮎だった。

















次に繋がる情報が取れたので、



後髪を引かれる様に納竿した。



































でも、不完全燃焼な気持ちが残っている。



どうしても魚を釣りたい…



N氏を工房まで送り届けてから、一人補習へ。



いつもの川に行こうと決めた♪



水が少ないのが気掛かり。



それなら、少しでも期待の持てるポイントへ。




























天竜川支流の最下流部。



いつもより半分程の水量だが、



幾本もの支流が集まった場所なので魚をストックしている。



勿論、そんな場所は釣り人も多い訳で、



足跡も沢山残っていた。



時間もPM17時を回っている。



30分だけの勝負。























3ヶ所の淵を狙い、



最後の淵でイワナが出てきてくれた。



本命のアマゴでは無いが、



釣れなかった一日を思うと、正直嬉しかった。


























次週には長野県下伊那地区も鮎の友釣りが解禁になる。



浮き足立っている鮎師も多いのではないだろうか。



今年は、下伊那地区の鮎の生育は良い様に思える。



天竜川の水質も良ければ、



本流でも望みが高いと読んでいる。



良い釣果を期待したい。



















さて、次回も長良川かな♪



















Tackle Data


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


中・本流域用


Rod : Prototype(SATSUKI)


Reel : #2500class


Line : PE0.6


Lure : 6-7cm Minnow


          (ぷらぐ屋工房,Bassday,TACKLE HOUSE)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



清流域用


Rod : Proto type(YAMAME)


Reel : #2000class


Line : MI207N5lb


Lure : 5-7cm Minnow


          (ぷらぐ屋工房,Bassday,TACKLE HOUSE)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



清流域用


Rod : Rayz RZ65ML  Jerkin'-HD


Reel : #2500class


Line : MI207N5lb


Lure : 5-7cm Minnow


          (ぷらぐ屋工房,Bassday,TACKLE HOUSE)




Angler : Funaki


















 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

ベストシーズン




日中の気温も高くなり、



夏日になる日も多くなった。



河川の水温も程よい頃だ。



















例年に比べると、



若干水温が低いとの声もある。



その為、昨年に比べると、



時期が遅れている様だ。



これからがベストシーズンになると予想している。






















私は時間を見つけては川に通う毎日。



休みはモチロン、仕事終わりの30分だけなど、



出来るだけ水辺に立つようにしている。



天竜川の調子は、



ここ数年のうちで見れば、



水質も良好な時が多く、



タイミングさえ合えば良い結果が出る。



支流で会うアングラーは多いが、



本流はポイントを独り占め出来るときの方が多い。



ここ1〜2週間は、雨が少なく渇水気味。













とある支流(いつもの1/3の水量)












雨男の私が雨乞いしている状態。



そこに、待ちに待った雨が降った。



そろそろ良い釣果が出ると期待しいところ。



さて、週末はドコに行こうかな。























  • にほんブログ村 釣りブログへ

W.B.S 初戦報告





WBSのキム兄です



5月18日−19日



トーナメントの2dayの結果報告です(霞ヶ浦戦)



初日が4本で4750g。



2日目、3本で4310g。



帰着のトラブル (エンジンのトラブルのため11時で終了)



















ペナルティ、マイナス500g。



合計、8560g。



で、5位入賞となりました。














メインのロッドは、今年発売の




Magna-Impact HERETIC MH67B-MHH

(マグナインパクト ヘルティック)




プラティクスの段階から超活躍!



3,5gテキサスリグ。1800gのバス。










試合中に釣りたかった・・・




このMH67B-MHHの最大の武器。



C・N・Tで強化されたブランクで、



ビッグバスにも主導権を与えず、



シャープかつ、パワフルトルクを備え持ち、



ビッグバスの強烈な引きに対して臆することなく



強靭なパワーでねじ伏せる!



ビッグバスには最高の武器と言える。



プラティクスでも絶好調だった。



試合でもMH67MHHで、キロ半ばのバスを2本キャッチ。



このロッドを使ってから、



自分の力以上の威力を発揮できていると思う。




















バックアップとして活躍したロッドは




Magna-Impact HERETIC MH66B-LL

(マグナインパクト ヘルティック)




0.9gのジグヘッドワッキーリグ。



(Berkley Wackycrawler)総重量5g以下。




このフィネス系軽量リグをストレスなく、



ピンスポットにキャストでき、



繊細なバイトにも反応。



ブランク自体、細身で軽量だが、



強靭な粘りを持つロッドである。



尚且つ、今までスピニングロッドで困難だった



ルアーやリグを自在に操れるロッド。



それが、ベイトフィネスに特化したMH66B-LLだ。



プラティクス&トーナメントで



キロオーバーをヒットさせたにも関わらず、



物足りなさを感じさせるロッド。















フィネスという特化した部類の中で、



オーバーパワーを備え持つ頼もしいパートナーである。



既にフィッシングショーなどで手にした人もいると思うが、



この繊細さで、逞しいパワーには



きっと、驚かされただろう。



本当にすばらしいパートナーである!



今回は、新製品をガンガン使ってのトーナメントだったが、



すばらしい出来栄えに、拍手を送りたい。



もうすぐ、皆さんの手元に届くであろうこの新製品ロッド。



きっと、想像以上の働きをすることは間違いない。



是非、このブログをご覧の皆様に手に取って頂きたい!



そして、今まで獲れなかったバスを



このロッドで手にして欲しいと思う。


























最後に



今回のパートナー  海老原選手(EG)に感謝!



そして、WBSスタッフに感謝!



天龍のすばらしいロッドに感謝!



そして・・・「バス釣りは、道具に釣らしてもらえ!」



byキム兄






















Tackle Date



Rod : Magna-Impact HERETIC MH67B-MHH


Line : MI207F 12lb


Reel : Revo MGX(ZPI tune)


Rig : DECOY ZERO-DAN 1/0-7g(改)


 & Gulp! 3"BulkyHawg(WM)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Rod : Magna-Impact HERETIC MH67B-MHH


Line : MI207F 14lb


Reel : RevoMGX(ZPI tune)


Rig : DECOY ZERO-DAN 1/0-5g


 & 3"BulkyHawg(GP)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Rod : Magna-Impact HERETIC MH66B-LL


Line : MI207F 6lb


Reel : Revo LTX(ZPI tune)


Rig : FINA  BRUSH EASY 1/32-#2


 & Gulp! 5"Wackycrawler(GP)















  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー