Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

久しぶりのBIWAMASU

 5月の連休が過ぎ、ひと段落したころ、

F氏からビワマス・トロールのお誘いを受ける。







早速、琵琶湖へ出かけてみる 









ここのところ、サイズは出ないが、
20本程度、釣れているとの事だ。






前回は、
昨年の夏の終わり頃に訪れて以来、
半年ぶりの北湖だ。










いつもお世話になっているマリーナ、
『ファイブ・オーシャン』さんより、
朝4:30ごろ出船。









風は無いが、少し寒い。
気温計は13℃。
薄着しすぎたか…。







日中は24℃まで気温が上がるので
それまで、我慢。











先日の雨で、やや濁りが入っているようだ。








F氏の長年の経験から、
ファーストポイントより流し始めた。










…アタラナイ…









長い距離を流しながら、
やや浅いエリアまで移動。










1時間半ほど流しただろうか、
濁りが少なくなってきた。
次第とアタリが出るようになる。
















今回も使用したのは
Laguna ラグナ

もちろんダウンリガー専用の LN762L だ。



ラグナ






ここで、ダウンリガーのお問い合わせが多いので、
タックルの紹介です。
(ご存知の方は、飛ばしてください)








F氏から色々とご教授頂きました。








写真の通り、専用の機材にセットし、
シンカーによって、任意の水深まで棚を合わせる。











シンカーからクリップが出ており、
これでリーダーを挟む。
魚が掛かれば、クリップから外れるのです。












リグを順番にすると、


  メーンライン : PE2号

    ↓

  リーダー : フロロ 4号
 
    ↓

  ドジャー (集魚板)
 
    ↓

  リーダー : フロロ 3号
 
    ↓

  ルアー : スプーンなど





リールは、特別なモノでなくて良い。
PE2号を200m巻ければ良いでしょう。










このタックルの好きなところは、
シンプルなタックルなので、
魚とのダイレクトなファイトが楽しめるのだ。










60cmクラスともなると、
なかなかのファイトを見せてくれる。









さて、釣りに戻ります。










お昼頃になりました。

お弁当の蓋を明けてから…でした。
アタリが止まらなくなってきたのです。











1本を上げたら、次の魚を取り込む状況。
休む間もなく、次から次へと掛かる。












一端、仕掛けを全て上げ、お昼休憩。
このままでは、食事も出来ません…。
(贅沢なことですね…)












食事後、1時間ほど流して、早上がり。
充分なお土産が釣れました。











いつも船に乗せて頂き、Fさんアリガトウございます。
また、お願いします〜。


  • にほんブログ村 釣りブログへ

新緑のヤマメの渓へ

 4月の末、
開発中のNEWフライロッドのテストを兼ねて
東北の渓流に行ってきました。





8時に現地に到着、
風もなく温かい、虫もそこそこ飛んでいます。
桜の木も花びらはほとんど無くなり葉桜に
コンディションとしては言う事なし!
「いいんじゃないですか









友人が先週いい思いをした
下流の橋から入渓。







流石にこの区間は連日、人が入っているのか、
出るには出るが、なかなか乗らない。
私のフライにドラグがかかっているのか?








8.3フィートのサンプルロッドに
なかなか魚がかかりません。
100m程釣り上がったプールの落ち込みで
ようやく20センチ程のヤマメが釣れました。
このプロトは、魚への追従性も良く
釣り味もなかなか 「いい感じです








その後2時間程釣り上がり
同じサイズのヤマメを3匹追加。
ペースに乗ってきた所で
上流に二人組の先行者がいたのでやむなく車に戻り
作戦会議・・・








水温も高いので上流もいいかもしれないと思い、
「よし上流区間に入渓しよう!」
せっかくなのでロッドをチェンジ、
釣り上がり用の7.3フィートに。










いつもの入渓点に車は無い、ラッキーです。
虫もかなり出てます、
カゲロウからストーンフライまで目や耳元でうるさい
ハッカスプレーを塗まくります。
「この匂いでシーズンが始まった感じがします。」














左側が岩盤の深いプールの流芯でライズを発見!
息を飲んでライズを見守る・・・
今度は手前の流れでライズ!
「あれなら狙える!射程圏内だ











ティペットを延長し16番のソラックスダンを結び
岸寄りでフォルスキャストしてシュート!
やさしいメインディングで
フライがライズレーンをナチュラルに流れてる様な…









ギラッとした幅広な魚体がイルカのように出ました
竿先に伝わる重み、なかなかの首振りから
「いいサイズかも
竿を見るとバッドまで曲がってます。
一つ下のプールに走られ
ドタバタしながら何とかキャッチ!!





年越した尺?  (−5mm)
泣き尺でした。















顔つきもトンガリのカッコイイ奴!









その後も釣り上がり
20センチから23センチのヤマメが
飽きない程度に釣れました。






こんな日はきっとイブニングもいいだろう?と欲を出し・・・
第3ラウンドは下流の大場所に入るが
田んぼの代掻きの濁りで沈黙に終わりました。







これから本格的ドライシーズン! 
新緑と藤の花が咲くいい季節ですね。
皆さん渓流に行きましょう!







タックルデータ
●ロッド : 7’3”開発サンプル(釣上りスペシャル)
       8’3”開発サンプル(ドリフトスペシャル)
●リール : 3番ラージアーバー
●ライン  : 3番ダブルテーパー
●リーダー  : 6X13フィートに7Xティペットを3フィート〜5フィート追加
●フライ  16番ソラックスダン
                   (ウイングはエアロドライ、CDCを使い分けてます)
 
●アングラー : スタッフM・T

  • にほんブログ村 釣りブログへ

鱒と雨男



 4月14日

昨夜からが降っていた。





当日は、天竜川本流で釣りを考えていたが、
増水により諦めざるえない。







また、雨男と言われるな…。








悶々とした午前中を過ごし、
雨が小康状態になってきた昼下がり。
ふと気になって、
天竜川水系の渓に行ってみる事にした。










何本もの支流が合わさった、
中流域と呼べる河川だ。










いつもより水位は有るが、
釣りにはなりそうだ。










用意を済ませ、川辺に立つ。
逸る気持ちを抑えるのと、
状況観察のためにタバコをくわえる。









水色は、メロンソーダを真水で割ったような色。
悪くない…。
今までの経験から、釣れる予感を感じた。









今回のロッドは、
レイズ RZ65ML を選んだ。
ラインはルアーの動きにキレを出すために、
MI207Nの 6lb をチョイス。
RZ65ML





お気に入りのミノーを結び、
立位置を決めキャストしてみる。










1投目は異常無し…。
そんなに簡単には釣れないですよね…。








次は、ややアップクロスに投げ、
ルアーを気付かせるためハードジャーク。
ポーズ後に軽くトゥイッチを入れた直後、
バイトしてきた。

アマゴ






綺麗なアマゴであった。
サイズはどうであれ、
イメージ通りに釣れたことにテンションが上がる。










撮影を終えて、次のキャスト。








同じコースを通すと、強烈なバイト!
お次は、ナイスプロポーションの岩魚。

イワナ







魚の活性は、すこぶる高い。
アングラーのボルテージも高くなる。
またが降りだしてきたが、
こうなってくると関係ない。
人間の活性も最高潮!











場所を休ませる為、
上流のエリアに移った。
最近、土砂崩れがあった様で、
大木が川に架かる橋の様に倒れている。









上流側からダウンクロスで
ミノーを流し込んでみる。












答えは早かった!
砲弾型の影がルアーに襲い掛かる。











デカイっ!

しかし、敢え無く フックオフ…。










フッキングが早過ぎたのか…。

落ち着く為に一服。
(-。-)y-゜゜゜

手が震えている
久しぶりに興奮している。
だから、釣りは辞められない。












その後、何箇所かのポイントをチェックし、
アマゴと岩魚を3本ほどキャッチした。

イワナ






アマゴ









内1本は、虹色の珍客も出ましたが…。
レインボー







そして、休ませておいたエリアに戻る。








やや立位置を変え、
ルアーもディープタイプに変えた。

ハードジャークの後、
軽くトゥイッチとポーズをしてみる。








コンっ!

気持ち良いアタリと共に、
20cm程度のアマゴが釣れた。

アマゴ







全てイメージ通り











体は雨で濡れていたが、
気持ちは充分満たされた。










これからシーズン真っ只中。
次の好釣を期待して、退渓することにした。










タックルデータ
ロッド : Rayz  RZ65ML
リール  : 2500番クラス
ライン :  MI207N   6lb
ルアー  : フローティングミノー7cmクラス
        同サイズ ディープタイプ

アングラー : スタッフ Y・F
  • にほんブログ村 釣りブログへ

雨上がりの渓

スタッフ M・O氏からのレポートです。


2012年3月18日
 
一日降り続いた雨は夕方で止み、
天気予報を見て朝一勝負で
渓流へ行こうと決めたのは前日の晩の事だった。



早朝、まだ暗い内に家を出ると
この時期には珍しく濃い霧が出ていた。


 
車が山道を登り始めると
程なくして霧が薄くなってきたと同時に
目に飛び込んで来たのは、絶望的な程に濁った川の流れ…。



しかしここまで来たし、
せめて目当ての川筋まではとそのまま登り続けた
そしてその支流まで辿り着くと…、



少し白い濁りが入ってはいるが
釣りが出来ない程ではない
入渓ポイントまで辿り着くと早速準備にとりかかる。

 

手に取ったのはレイズ RZ53UL

RZ53UL

今回のような小渓流で、軽めのルアーを使い、
ピンポイントを撃っていく釣りには最適のロッドだ。



準備を整え最初のポイント、小規模な堰堤に向かう。



心なしか、前に来た時よりも掘れ
プールが大きくなっている。
「絶対魚が付いている」
そんな思いを抱きながらファーストキャスト。



コツンッと小さなアタリがあり、
難なく上がってきたのは20cmほどのアマゴだった
拍子抜けしつつも、
堰堤にはまだ魚は居るだろうと思い少し下流の流れにリリース。



そして2投目、白泡が消えて流れが緩む辺りへキャスト



ルアーを引張ってしまわないようにラインを震わせ、
一点でルアーが暴れるようにシェイクしていると、
水面下で白い魚体が反転した



「ゴンッッ」



強い衝撃が手元まで伝わる
力強く重いローリング



足元まで寄せると
ジジッ、ジジッと気持ち良くドラグを鳴らし抵抗する



そこをロッドでいなし、観念したかのようにネットイン。




牙のような歯、しゃくれた顎、力強さを物語る大きな尾鰭、
そして射してきた朝日を浴びて薄紫に輝く鱗

 イワナ

文句の付けようが無い、丸々と太った31cmのイワナだった
美しい魚体に見とれ、しばしの写真撮影。
写真を撮り終え、そっとリリースすると、身を翻し、力強く流れに戻って行った。


 

心地好い充足感に浸りつつ釣りを再開する
そのポイントで更に魚を追加し、
その後上流へ釣り上がっていく。


 

昨日の雨と、まだうっすら残る濁りで
人的プレッシャーから解放された魚達は、
驚くほど素直にルアーに反応してくれる。


 

サイズこそ延びないものの、
飽き無い位に釣れてくる
そして退渓ポイントとしていた堰堤に行き着いた。




ここでも何度かルアーを通すが反応が無い



そこで、今まで使っていたルアーから、
タイプの違うルアーに交換して、もう一度通し直す。



「ゴンッ」



今度は26cmだがまた綺麗なイワナだ
思い通りに釣れて、思わず笑みがこぼれる



この一匹を最後に、釣りを終えた。



濁りに不安を抱きつつも、
終わって見れば2時間程度で良いサイズも含み
7、8匹 とまだ寒いこの時期としては大満足の釣行となった。
 


タックルデータ
ロッド: レイズ RZ53UL
リール: 2000番クラス
ライン: ナイロン 4lb
ルアー: 自作ミノー

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー