Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

忙しさの中で楽しむ



海外の方からすると、



日本人は仕事に対して勤勉で、



働き過ぎと揶揄されるそうです。
















私のことを棚に上げるわけではないのですが、



何かと仕事に振り回されています。



久しくプライベートで釣りを楽しむ時間が



無くなってきています。


















『時間は作るもの』と言いますが、



時間があればテストばかりしている訳で・・・



(まぁ、テストとは釣りですが)



ある程度、仕事と遊びを分けて考えながら、



テストも楽しんでいるわけです。



















さて、先日の日曜のことです。






スタッフHが、



お客様を連れて研修会を行うとのことで、



三重県に行くとのことから、



一緒に付いて行くこととなりました。
















彼らは船に乗るとのことで、



私は一人、オカッパリで釣りをする予定でした。

















今回も、色々と検証したい事があり、



7本ほどのテストロッドを、



リールとの相性や、



ラインの太さ、



などなどをテストしていました。



















彼らが沖上がりで、



帰港するのは PM2:00くらい。




テストは順調に終わり、



PM1:00くらいには



十分なデータが取れました。

















さて、この残った時間を



有効に利用したいところです。
















スタッフHが、たまたま持ってきていた、



ルナキア・ソニック LKS77Mがありました。



手元には、メバル向けの小型ルアーが沢山。


















たまには、何も考えないで、



釣れる魚と遊んでみようとタックルを用意。



水中を目を凝らして覗くと、



イワシっぽい群れが多く泳いでおり、



カモメやトンビが水面で捕まえている状況。

















何か居るかな?と、



1gのジグヘッドに、



2.5インチのワームを付けて投げてみる。
















底までフォールして、


3・4回ほどシェイクしてはフォールを繰り返してみる。



ラインが 『 プッ 』 と、ふけるので合わせてみると、


小気味良い引き。








ハタの子供でした。










同じことを繰り返すと、



ポツポツと当たる。












大きくても15cmくらい。



なかなか、面白いので辞められない。

















途中で、もうすぐ帰港するとの入電。



船を着けるところに移動した。



そこで、海を覗くと、何か魚が群れている。



















考えるよりも早く、



ルアーをキャストしていた。











フォール中に当たるのだが、



一瞬のバイトなので、フッキングできない。













ウェイトを、0.1g刻みで落としていき、



0.5gのジグヘッドにしてみたところ、



魚がルアーを吸い込んで吐き出すまでに、



0.5秒ほどのタイムラグが出来るようになった。



掛けてみると、なかなかの引き。









メジナの子供でした。








その後も、何匹か掛けてはバラしたり、



キャッチしたりを繰り返した。



ラインが、1ポンドなので



無理は禁物。



出船していた彼らが戻るまでの30分ほど、



小型ながら面白いファイターが遊んでくれた。






















久しぶりに、



テストを抜きで魚と遊べた気がします。



日本人、息抜きが必要ですね。



皆さんは、釣りで息抜き出来ていますか?








Tackle Data



Rod : Lunakia Sonic   LKS77M



Reel : #2000 class



Line : 1 lbs



Lure : Jighead  0.5 - 1.0g  & Soft Bait



Angler : Staff  Funaki















  • にほんブログ村 釣りブログへ

テストの日々





さて、先日の土曜日のことです。



翌日に『しらこばと』のイベントを控えた日、



東京湾の某干潟へテストへ行っていました。



ここ1年以上、テストを繰り返している、



シーバスロッドの試釣。



大潮後の中潮(2日目だったかな)、



夕方4時ごろに到着し、



潮は上げている状況。



18:00位が満潮なので、



下げに入るまで近くで様子を見ることに。








ベイトが、チラホラと見えるが



追われている雰囲気ではない。



ただ、岸辺に寄っているので、



可能性はあると スタッフ I は語っていた。


















下げ8分程より入水。



水深30cmほどの、どシャローでコツンとバイト。






45cmくらい。











ややロッドが硬く、もう少しソフトにしてみたい。



このサイズだと、水面を魚が滑ってくる・・・。



アクションが良いのか、キャストフィールは申し分ない。



ただ、硬いのが気になった。

























続いて スタッフ I もヒット。








60cmほど。






















真正面からの風が強く、



ルアーを飛ばしにくい。



潮も予想より引かず、



なかなか沖まで歩いていけない。























時間も差し迫ってきた。



あと、2時間出来ていれば、



もっと釣れたんだろうけど、



翌日のことを考えて納竿。
























なかなか良いテストが出来た。



強風下でのキャストフィールや、



各ルアーでの使用感など、



次の試作に繋がることが検証できた。



地道だが、じっくり煮詰めてみたいと思います。



























Tackle Data



Stuff  FUNAKI



Rod : SWAT ProtoType



Real : STELLA SW 4000XG



Line : PE # 1.2



Lure : SHORE LINE SHINER R40



     komomo125















Stuff I



Rod : SWAT  SW83LML



Real : CERTATE  3000



Line : PE # 1.0



Lure : komomo125



















  • にほんブログ村 釣りブログへ

能登でティップラン




秋も深まり、朝晩の冷え込みも強くなりました。



ショアからのエギングもひと段落し、



イカも深い所へ移動する時期。



そんな時こそ、オフショアでのティップランが活きてきます。















話が出てきたのは、9月中ごろ。



今年は、絶好調(例年通り?)に釣れているとのことで、



行ってみようという事になったのです。













今回は、アウトドアステーション バンバン様ご一行の、



ティップラン研修会が目的。



釣れる時期に行くのがベストということで、



10月中旬に行くことを決めました。















お世話になったのは、



奥能登 穴水の アルベルト・フィッシングサービス



米田船長です。



オフショアからの ロックフィッシュゲームや、



黒鯛のポッパーゲームなど、



能登のルアー船としてパイオニア的な存在であります。



この時期は、オフショアでのエギングを楽しませて貰えます。



さて、初日はバンバン一行と、弊社のスタッフHが、



米田船長の操船で出船。



私と蔵野氏は、米田 奥さまの操船で出船しました。





巨●船長こと 米田 奥さま。

















スタッフHが、ティップランをレクチャーしているころ、





橋詰氏、コロンコロンのイカをゲット!










私たちは、秘密のテスト。



●●●●用のアレを●●●してました。






















途中、鳥山が沸き、



ロックフィッシュ用のタックルでキャストを始めた蔵野氏、



キャッチしたのは、ペンペン シイラ。








この自由に楽しめる所が、アルベルトさんの良いところ。



一通りテストが終わったら、



ちょっと試したい事をしてみました。



ロッドは、BGT76UL



ラインを、PE0.3号、



リーダーは、1.75号。



極細のラインを使って、



極限の感度を味わってみようという事です。



午後からの出船で、夕刻になると、



潮は緩く、風も無風に近い凪状態。



こんな時こそ、こんなタックルが活きるのです。













エギは、25gほどの軽めに設定し、



シャクリを入れたら、ゆっくりとサビキます。



サビく事でテンションを掛け、



極めてスローな平行移動を可能になります。



船が動かない時は抜群に効きます。



アタリは少ないですが、



ティップに出る反応は明瞭バッチリ。



ビンビンの感度を楽しめました。























バンバンのご一行も楽しめた様で、



ビシバシ アタリが取れたようです。





























イカ以外も釣れたりもしました。















そして、2日目。













この日は午前中のみ出船。



午後から海が荒れる予報で、



早上がりを覚悟で出船。



前日よりも、さらに深場を狙うことに。



40m前後から始め、



50m程まで探ってみると、



ポツポツとアタリがあります。



















しばらく楽しんだ後、



風が強くなり、ウネリも出てきたので、



帰港することとなりました。



ご一行の方々も楽しめて頂けた様で、



来年はツアーを組んで来ようと考えているようです。


















これからが、ティップランの時期です。



皆さんも楽しんでみては、イカが?










































  • にほんブログ村 釣りブログへ

S-1グランプリの裏で



先日、S−1グランプリが行われる前日の話です。



前日入りをする為、



長野から東京に向かいました。



到着したのは夜8時くらい。



宿に行くには中途半端に時間があった為、



下見でお台場の会場と、その周辺を偵察。



学生の頃、釣りでよく訪れたことがあったため、



何か懐かしさを感じながら散策しました。



釣り人らしい、穴場的 夜景スポットを紹介。








通常のレインボーブリッジの見かたは、コレ。








だけど、下から見上げながら、遠くのビルの夜景もGoodです。








潮風公園の一番南端には、大きな貨物船も停泊中。








ほとんど人が少ないので、意外と穴場なのです。















翌日、早朝に暁埠頭にてサンプルのテスト。







まだ、詳細は公表出来ませんが、



スワットのテストです。







手前の写真はSW83LMLですね。



奥のモデルが開発中の機種です。



小さな事なんですが、修正した所の確認をしています。



もう少ししたら、公表します。暫らくお待ちください。


















当日、お天気も良く、



10月とは思えないくらい暑い日でした。



沢山の方が来場し、



色々なお話を聞かせていただきました。



アリガトウございました。










また、次回もマニアックな質問など、



楽しみにしています。












































  • にほんブログ村 釣りブログへ

KIHADA !!

 




私の先輩より入電。



22日に、大磯の邦丸さんでの出船とのこと。



キハダ 25kg



ヒラマサ向けタックルでのファイト。





Congratulation 





Tackle

Rod : Spike  YellowTail 






















  • にほんブログ村 釣りブログへ

イカ修行




先日、能登半島にて、



エギングを堪能した私たち。












まだ読んでない方は、こちらへ↓



エギング釣行ログ














太平洋側はどうか?



ふと疑問になった。



聞くところによると、



知多半島で釣れているらしい。











さっそく行ってみた。























能登から帰ってきた翌々日である。



ちょっと、腰に違和感を感じていたが、



好奇心が先に出てしまったようだ。



各漁港を見回ってみる。



能登とは比べ物にならないくらい、



人が多い。



だが、目を凝らすと イカが沢山見える。










もしかして?爆釣かも?










・・・世の中そんなに甘くない。












6時間ねばりました。



ボウズでした・・・。



まだまだ、練習が必要ですね。














修行の報告でした。















  • にほんブログ村 釣りブログへ

イカ イカ イカ イカ〜!!



エギング・シーズン到来。



やっと来ました、この季節。



渓流シーズンを終え、



私がイカ男へ変身するシーズンだ。

















今年は、アオリイカの成長が良いらしく、



日本海は爆釣との情報が舞い込んだ。



9月中は、海水温が高すぎた為か、



ディープには沢山居たようだが、



オカッパリで狙える浅場には少ないとのことだった。


















10月に入り、秋の長雨と台風の影響か、



水温も落ち着き、好調との情報。



これは、行かない理由が無い。



さっそく、能登半島へ行ってみた。

















10月 第一週の土曜日。



深夜に長野を出発し、夜明け頃に到着。



場所は、メバル釣りでよく通った漁港。



すでに釣り客が多い。


















用意を済ませ、明るくなってきたころ、



堤防を見ると スミ跡だらけ。



期待が高まる。



様子を見るために、3号のエギをチョイス。



キャストして、フォール主体に誘ってみる。



マズメ時、今期初の秋イカがヒット。








一回目の巻きシャクリ後のフォールで来た。



その後、しばらく狙っていたが、



アタリも無いので移動することに。




















人口的に作られた渚?入り江?の、



石積みの堤防に移動してみた。



小型のイカが沢山見える。



しばらく、誘ってみたが、アタリが少ない。



次第と日が高くなってきた。



ここで、フォール主体から、



横への水平移動中心に切り替える。



いわゆる、ショア・ティップランを試してみる。


















3号のエギをキャストしてみる。



着底後、5回ほどシャクッて ロッドで横にサビいてみる。



ティップにエギの重さと、潮の抵抗を感じながら、



1mを5秒くらいのスピードでサビくと、



ティップに変化があった。



すかさず合わせると、特有のジェット噴射を感じる。

















来た〜♪







毎度、この時期のお楽しみである、このアタリ。



フォールでラインを見ながら釣るのも楽しいが、



ティップでアタリを取っていくのも楽しい。


















マズメ時は、フォールのアタリが多かったが、



日が高くなり、横への動きにアタリが集中するようになってきた。



しかし、ユックリとした動きが良いようで、



シンカーを着けたスピードだと、



アタリが鈍いように感じた。









シンカーを着けずに、



そのままのエギを、ゆっくりとサビくとアタリが出る。



ちょっと練習すれば、アタリも分かりますよ。















途中、違和感があって合わせると、



何か動いている。



引き抜くと、タコであった。



着底したときに抱きついてきたようだ。






















小移動し、別の漁港でも同じであった。



釣り客は多いが、イカも沢山居るようで、



サイズを問えない状況であった。









何箇所かランガンしてみる。



どこに行っても、イカが当たった。







エギング初体験のHIROCHI氏も、見事ゲット。








ショア・ティップを覚えた TUBOI氏  も



ポコポコと掛けている。



ダブルヒットも多かった。










午後になり、曇りがちな天気になってきた。



横の動きに反応が鈍くなった。



潮の動きが悪くなったのか?それとも光量?



理由は推測の域を超えないが、



フォール主体に狙うとアタリが頻発する。







掛る所をみると、下から抱きついたのかな?








その後は、フォール主体に狙うと連発。






まずまずのサイズ。























天気予報では、夕刻から荒れる予報。



風が強くなり、気温が急に落ちてきた。



雨が降る兆候だ。



風が強くて、釣りにならないので撤収。
















車に乗ったら、雨が降ってきた。



今日は、雨男の汚名は無かったように思える。



たまには、天気の良いなかの釣りは気持ちよかった。

















さて、今期のエギング。



なかなかの滑り出しに思える。



ショア・ティップランも含め、



色々と試したい事も多いシーズン。



これからの好釣果に期待したい。


















Tackle Data



Shore Tip-Run Style



Rod : BRIGADE TR Shore  BTS83M



Reel : #2500 class



Line : PE 0.6



Leader : FluoroCarbon 2.0



EGI : エギ王Q 2.5 - 3.5



Sinker : 3.5 - 5.0 g










Standard EGI Style



Rod : BRIGADE Grace  GC80M



Reel : #2500 class



Line : PE 0.6



Leader : FluoroCarbon 2.0



EGI : エギ王Q 2.5 - 3.5



Angler : HIROCHI氏


           : TUBOI氏


     :  Stuff Funaki


















  • にほんブログ村 釣りブログへ

ファイナル

 



9月も終盤、禁漁期が目前。



最後の駆け込みで



川へ出かけたアングラーも



多かったのではないだろうか。














私も、もちろん駆け込んだ。



私に残された日数は、3日間



秋の川を歩いた。














初日



ちょっと欲を出して、



大物と数が狙える川へ。











普段から濁りがある川だが、




出るとデカイらしい。




・・・というのも、




この日はに連れられての釣行。



以前に良い思いをされた様で、



案内して頂いた訳なのですが・・・。



さすが、禁漁間近。













入ろうとする場所、全てに先行者が居る。



せっかく来たのだから、



ちょっとだけ竿を振ってみる。



結果は、1チェイスあっただけ。



仕方ないですね、こんな日もあります。











天候は、秋晴れ。



気持ちが良い。



大きく移動する事に。










久しぶりに木曾水系へ。



他の水系が渇水しているが、



ここには、豊富な水量があった。









大物が居りそうな淵を攻めてみた。









ルアーは、お気に入りのディープ。



まぁ、結果はスカ・・・。



初日は、これで切り上げた。

















2日目



午前中から雨が降っていた。



居てもたっても居られないが、



午前中は用事で川に行けない。













午後3時頃になって、



川に向かってみた。



移動と準備の時間から、



残された時間は2時間程度。



さて、何か起きるか・・・?



入渓しようと思った川は、



今年、何度も通っている河川だ。









水量、タイミングは申し分ない。



あとは、自分の技量と運というところ。



何度かバイトが捕れたが、



サイズが小さい。








7cmのディープを使っているのに、



15cm程度のアマゴが釣れた。



今年は、このサイズに悩まされている。







なかなか、壁が破れないなぁ・・・。






日も陰り、闇が迫ってきた。



魚からの信号も途絶え、



ここでストップ・フィッシング。



残されたのは、最後の一日。















最終日



前回から1週間後、



台風が直前に迫るなか、



午前中だけのトライ。



午後から天候が荒れる予報。










前週に比べると、水量が落ちた。



入渓ポイントで支度をしていると、



釣り客と思える車が2台入ってきた。



挨拶も無しに、入ろうと思っていたポイントに



入られてしまった・・・。











ひとこと言って頂ければ良いのに・・・。



喜んで譲りますよ。



気持ち良く遊びたいものです。














気を取り直して、別のポイントへ。



足跡が沢山残っている。



釣り切られているのか、



全く魚が出てこない。














7cmのディープで底の方をトレースすると、



手のひらサイズが遊んでくれた。









その後も、小さいサイズが出てくるだけ。



午後から天候が荒れる予報なので、



大事をとって早上がりをした。
















これで2012年、私の渓流シーズンは閉幕した。



さて、これからの時期は、



エギングに没頭しようかな。














Tackle Data


Rod : RZ65ML  Jerkin'-HD


Reel : #2500 class


Line : MI207N 5lb


Lure : ぷらぐ屋工房


&



Rod : RZ65 proto


Reel : Aldebaran  Left


Line : MI207N 5lb




Angler : Stuff F












  • にほんブログ村 釣りブログへ

秋雨は川へ

 



今年は、良く釣れる年なのでしょうか?



スタッフ S氏より、釣果情報です。



先日の休日。雨の中、川へ行ったそうです。



先週、スタッフT が釣ったアマゴ も素晴らしかったですが…。



















これまた、ナイスな岩魚。



渓流域で、43cm。



南信地区は、昔は良く釣れたと聞きますが・・・



開発が進んだ昨今で、



このサイズは極端に少ないです。



こんなサイズ、釣ってみたいですね。










Congratulation !!











Tackle Data



Rod : Rayz  RZ56L  Jerkin' 



Real : #2000 class



Angler : Staff S





  • にほんブログ村 釣りブログへ

久しぶり



久しぶりに、地元で釣りをする機会が出来た。


時間は少なく、2時間程度しか竿を振れない。


だが、結果は意外なモノが返ってきた。










所用で地元、茨城に帰ってきた。


夕方には用事は済み、


釣りにでも行こうと考えていた。










しばらく、行っていない池があった。










学生時代、自転車で通った池であった。


ターゲットはブラックバス。


当時、時代はバスブームの真っ只中。


ご多分に漏れず、私もバス一色の毎日だった。


そんな中、よく釣れた場所が今回のフィールド。











10年ぶりに訪れてみると、


当時と相変わらずの雰囲気であった。

















学生の時は、何時間もかけて


自転車で通ったことを思い出した。








時期なんて関係なく、


真夏だろうが真冬だろうが


休みの度に来ていたと思う。







ポイントは、隅々まで覚えている。


あれだけ通ったのだから。






今でこそ、車ですぐに来れるが、


学生時代のパワーには呆れた。










詳しい場所は伏せるが、


灌漑用に作られた貯水池であり、


この周辺は、田んぼが広がるエリアである。










地元の方も寛大で、


釣果を聞いてくるのが珍しい。






大概、アンチ釣人のところが多く、


マナーの悪さが仇となっていることが多い。





ここを訪れている方たちのマナーが良いので


池で釣りをさせいて頂けているのだろう。











さて、実釣。







状況を探るため、


巻物系のルアーを中心に投げてみる。









とりあえず、一周してみたが・・・









居るのは、ヒキガエルばかり。


いきなり草むらから飛び出して、


水中に飛び込むのだから


心臓に悪くて仕方ない。












日が傾いてきた。


時間も無いので、


別の池へ移動してみる。










同じような池が何個も点在するエリアなので、


移動は車で10分ほどだ。








状況は、前の池よりウィードが無いということ。








リップレス クランクを投げていたが、


どうも反応が無い。


水温が高く、追いきれていないのかもしれない。







当日も9月中旬とは思えない、


夏日であった。








水の循環が少ないエリアだけに、


魚の活性は低いと思える。










ルアーのスピードをスローダウンし、


シャロークランクを投げてみた。








答えは、すぐに出た。






20cm程のサイズが釣れた。










10年ぶりに釣った。









霞ヶ浦や琵琶湖などあちこちで、


バスを狙っているが、


何か感慨深いモノがあった。










2匹目のドジョウをと、


その周辺を何度も通してみる。









先ほどとは、別の重みが乗った。




重量感があった。



躊躇せず引き抜いてみた。


意外とデッカイ・・・。












50cm程だったろうか。












サイズ云々よりも、


昔、釣った個体の遺伝子が、


今でも残っていた事が嬉しかった。







この一匹を最後に、


その日を終わりにした。







Tackle Data


Rod : MI67B-M

Real : Calcutta 100XT

Line : MI207N 16lb

Lure : Woodream  #1/0

Angler : Staff F






















  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー