Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

解禁 〜序章〜



私の住む長野県南部、



下伊那地域は2月16日より



河川での遊漁が解禁となった。















昨年の10月1日より禁漁期となり、


およそ4ヵ月ほどが



彼女達(鱒)との別れの期間になる。



私達は会えない時間を、



悶々とした時間を過ごす。



短い様で長くも感じる。



そんな期間を過ごす訳だから、



解禁前は皆が眼がギラギラしてるわけだ。



















仲間内でも



「どこのポイントに入るよ?」



などと会話することが多い。



生憎、16日は出勤日であり



川には出掛けられない。



勤務中も次の日ことばかり考えていた。






















天気予報では、好天。



気温は、この冬でもトビキリ寒く、



マイナス10℃の予報だった。



そして、翌日。


























川原は、前々日に降り積もった雪で覆われていた。



夜明け前の気温、マイナス12℃。



寒いを通り越して、痛みを感じる。



でも、釣り欲が寒さを上回ってるので、



心はホットだ。


















先週のドラフト会議から選別された、



一軍ルアーからお気に入りを選んでラインに結ぶ。



立ち位置を決め、



トレースラインを考えてキャストを試みる。



この1投目がワクワクする。



脳内トレーニングでは、



この1キャスト目で大物が来ているはず…



なのだが…。





















30分くらい過ぎたのだろうか、



上流でキャストしていた Tuboi氏 からヒットのコール。





















レイズRZ65MLが、ブチ曲がっている。



なんか…様子が変だとTuboi氏が言う。



トラウト特有のローリングが無いとのこと。



案の定だが…。上がってきたのは、コイ。



















この男、毎年解禁すると面白いことをする。



昨年は尺イワナを、



開始3投で仕留めていたが、



今年は30分後にコイ。



来年は何を釣るか今から楽しみだ。
























その後は、各ポイントを回ってみたが、



彼女達は留守だったようだった。



こんな事は慣れたもんだ。



いつも振られてばかりなんで、



だいぶハートが強くなった。



何はともあれ、シーズン開幕である。



今年は、どんな出逢いがあるのだろうか。



振られないよう、頑張ってみます。


















Tackle Data



Staff  Funaki



Rod  :  RZ75ML



Reel  :  #2500class



Line  :  Nylon  (MI-207N 6lb )







****************



Staff  Tuboi



Rod  :  RZ65ML



Reel  :  #2500class



Line  :  PE  #0.6

 


















































 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

感性の伝達



富山のジャンキーこと、



蔵野氏より入電。



















着々とルナキアが仕上がってきました。



この秋にデビューする、







ルナキア・ソニック LKS610ML


















かなりの自信作となりそうです。



蔵野氏からの一言、











 「 ロッドから伝わるものから




  人間の感性が研ぎ澄まされる。 」









とのことです。




















一概に感度だけを求めたロッドではなく、



使っていて気持ちよい。



魚釣りを楽しめるロッドを目指しています。



感性に訴えかける部分を、



ここ何年も探しています。



1つの答えが、このロッドが詰まっています。



ぜひ、ご期待下さい。





























  • にほんブログ村 釣りブログへ

石垣島でターポン! その




石垣島でターポン! その
 からの続きです。

















ランニングラインをグイグイ引っ張るが、



しかし軽いぞ、本命では無いようだ



赤いキントキの様な魚でした 残念
























丁度潮が上げのタイミングで



今度はタクチャンがヒット!



ウルトラライトなタックルが悲鳴を上げる!



ジャンプも絶妙な竿裁きでかわし



見事キャッチです。

























50センチオーバーの



石垣産パシフィックターポン!



口を触ったがかなりカチカチです。






















その後ユウジ船長が連続ヒットするも、



太刀魚、良型のタマン(フエフキダイ)と



外道ではあるがナイスファイトでした。



















その後、



私のチャーリー(フライ)には



なんもナッシングでした。


















棚が深すぎてフライでは厳しいのか?



若干、メゲてきましたがタクチャン、船長に



「めげずに頑張れと」応援され



「信じる物はなんたら」ひたすらリトリーブを繰り返す



















すると5mラインにターポンの反応があり!



「もしかしたらフライでも届いてる棚では?」
















竿先に全神経集中〜 



















「 コツ 」




あたった 




そしてまた「コツ コツ」
















合わせないでリトリーブストップ 



「 ゴン  ゴン 」 と硬いあたりが



ランニングラインを引っ張る
















フッキング〜!!!!!

















竿のベリーに重ーい嬉しい生命反応が伝わるが・・・・



「あれっ 外れた」 



それがその日たった1回のターポン



(あれは絶対本命)のバイトでした。

















タクチャン、がその後2本目をキャッチ










































くぅ〜 うらやましい



















ユウジ船長も本命ゲッド



















残るは私だけ



ユウジ船長は昼間便もお客様をガイドして疲れてる中



何とか私に釣らせたいという思いが



ひしひしと伝わってきます。



深夜12過ぎまで投げては引っ張り通すも



何も起らず体はヘトヘト



そして



熱く悲し〜いターポンナイト便は終了しました。




















タクチャンは勝利の、僕は敗北のラーメンを食い・・・



「オカッパリで絶対釣ってやる〜」と



わずかな期待をもち爆睡



















・・・が、しかし。



3日間オカッパリでイブニングに挑むも撃沈



なぜだ〜!



















【今回の敗因(言い訳?)】




|が深過ぎて 



 ターポンのレンジをキープしての



 リトリーブが出来なかったのでは?













▲レイジーチャ―リーの色が



 赤、ピンク、イエローばかり巻き、




 黒、茶系が有ればもしかして?













8番のエクスドライブを使ったが、
 


  
   もう少しティップベリーの柔らかい
 



   乗せ調子的な竿の方がバイトを拾えたのではないか?
 



   船が流れてればそれほどキャストは不要なので
 



   6番ロッドでもありかもしれませんね

















【タックルデータ】






フライタックル






●ロッド    エクスドライブ  FES904 #8 



        (遠投重視のシューティングヘッド向きのアクション)



●ライン    シューティングヘッド 



                      インターミディエイト〜タイプ6まで



●リーダー   02X 9fリーダーに 



                      フロロ20LBを20センチ程付け足し



●フライ    クレイジーチャーリー 4番〜6番
        



                      クラウザーミノー  2番〜4番







ルアータックル






●ロッド     
ベイブレイズ  BBZ601S−MLK



       (今回使用はしてませんがBBZ662S−LKがベストだと思います)



●リール     ツインパワー3000番



●ライン     PE1号 リーダー フロロ20LB



●ルアー     ミノー、シンキングペンシル、



                         バイブレーション、ジグ 



                         サイズは5センチ未満の小型 



                      (日によってパターンが違います)

















【お世話になった船】



リトルターン 長嶋祐二船長




GTから癒し系の釣り、そしてマニアック系の



ナイトターポン便まで



リクエストに応じて楽しませてくれました。











ゆうじせんちょうのブログ


    ↓


あじさしフィッシングスタイル

http://littletern.ti-da.net/




























【おまけ】












西表周り、パナリ周りでGTを狙いましたが不発



ジギングでキツネフエフキをゲッド





















風裏を探しフィッシングカヤックで



リーフの釣りをするのも気持ちがいいです。

















最後に今年3月から石垣空港が移転し



直行便も出る様です



今までよりもアクセスが良くなりますので



是非行って見ては如何でしょうか?



釣り以外でも石垣島をベースに



高速船で離島にいったりと



ちなみにターポンは別ですが



GTなどは5月頃がベストシーズンです。


  



































  • にほんブログ村 釣りブログへ

石垣島でターポン! その







年末年始休みに沖縄の石垣島に行ってきました。






















今回のテーマはフライでターポンを釣る!
















ターポンと言うと2mぐらいの何十キロの大物を



想像するかもしれませんが



それはコスタリカやフロリダで釣れる



「アトランティックターポン」で



今回のターゲットはパシフィックターポンです。



アベレージサイズは50センチから60センチ程の魚です

















世界のEIZO大先生 曰く



20キロぐらいまでは育つとか? 



西表島では1m20僂泙脳紊ってるとか?


















石垣島にはかれこれ6,7年通っていますが



海でターポンが釣れる事は



まったくもって知りませんでした。



















以前、西表のマングローブで



30センチ程のターポンはルアーで釣った事がありましたが



50センチ、60センチの魚が



天空高くジャンプし(ちょっと大げさ)



70センチ?いやもっとデかいのがいる?



なんて聞いた日には



インチキフライマンの私も夢一杯膨らみ!



スイッチが入ってしまったのです。





(前置きが長すぎてすいませんがもう少しお付き合いください)



















石垣島には私の友人のタクチャンが住んでおりまして



石垣の事なら何でもお任せ!



島にいった時は私の面倒を見てくれるナイスな友人です。



















タクチャンの、そのまた友人のユウジさんが



「リトルターン」号のガイド船をやってる船長さんで



何回かGTやリーフのジギング等で



お世話になってますが、



これまたナイスガイな船長さんで




この二人が石垣で、とてもターポンにはまってるとか。



















ところが石垣島には ぬぁんと!



フライフィッシャーが若干1名いる!



しかもフライでターポンを狙っている貴重な存在が!









ミスターヒラタ氏









ヒラタ氏の合流でフライでも狙え



更なる開拓が進んだようです。

















内地ではソルトフライで有名な中根さんに



イベントで会う機会がありフライの事やら



いろいりアドバイスも頂きました。



可能性のあるものは全て持ち込み



万全な態勢とまではいきませんが



フライも夜な夜なたくさん巻きました。






そして結果は・・・。

 























年末、年始と大荒れの日がつづき、なかなか船が出せず



夕方風が収まったので港に行ってみると



ヒラタ氏がフライを振っていた。




(今まで石垣でフライを振ってる人は見た事ありません)




















バックスペースが無いので



シューティングスペイで投げていました。



リトリーブスピードや



フライ、ライン、フッキングなど



様々なアドバイスやヒントをを頂きました。




















そして1月2日 その時が来た!























夕方6時半、ターポンナイト便 



リトルターン号 出船!



夢とロマンで溢れそうな興奮を隠しつつ



釣りの準備に取りかかる。



























タクチャンとユウジ船長はルアーで



私はミヨシでもちろんフライタックルで狙います。




















石垣の夜の海は涼しく内地だと



5月から6月ぐらいの気候でしょうか



最高に気持ちがいいです。
















開始1時間ぐらい過ぎた頃か、



水深8mにターポンらしき反応がありと船長が!!!



タイプ2では到底無理な棚、



すぐさまタイプ6にヘッドを交換し・・・




すると!後ろでユウジ船長がフィッシュオン!



2回ほどロングストロークの合わせを入れ



ジャンプさせない様に慎重にやり取りしていたが、



水面からギラギラの魚体が高〜いジャンプ!



かなりの大型だ!



ラインの方向と違う場所でまたジャンプ!






「あっちか!」






意標をつかれたのか?残念ながらフックオフ、



あれだけフッキングしても



針がかりしない強靭な口をもってるようだ。





















逃がした魚は・・・



と言うが記録魚ではないか?と船長。




魚はボトムに居る様でフライラインを



ドップリ沈むようランニングラインを



送りこみミスターヒラタ氏に教わった



ストップ&ゴーでリトリーブ



















そして・・・待望のあたりが!!
































その△悗弔鼎







  • にほんブログ村 釣りブログへ

テストで始まる新年





2013年の初釣りはロッドのテストで始まりました。

















私の地元の港で、




生命感の感じられない状況のなか、




ただ、黙々とキャストフィールと




操作感だけを試してきました。

















ロッド単体で振るのと、




ラインを通して実際に投げるのとでは、




だいぶ感じが変わります。




















このアタリを張りを出したほうが・・・、とか。




全体的に柔らかい方が・・・、とか。




このガイドはサイズを変えると・・・、など。




変えたところで何が違うの?と感じてしまう所まで、




ひとつひとつを確かめる作業でした。




















観光で訪れた方に、




「 何か釣れるのですか?」




と聞かれることが多かったのですが、




「 全然ダメですね〜 」




と返事をするしかない始末。




キャストの練習してます!、と言ったほうが、




納得して頂けたのでしょうか…。



















テストしていたロッドは、




もうすぐ発表となりますので、




もう暫らくお待ちくださいませ。




察しの良いかたなら、




グリップ形状で分かってしまうかもしれませんね。


















夜になり、




別のサンプルのテスト。











一応、本命ですが・・・。




抜き上げたら、針から外れ…、




地面でジタバタ…。




醜い写真でスミマセン。

















今年もテストばかりの年になりそうですが、




珍文・駄文が多い報告にならないよう、




頑張って行きたいと思います。















  • にほんブログ村 釣りブログへ

謹賀新年




旧年中は格別のご用命を賜り、




厚くお礼申し上げます。




なにとぞ、




本年も宜しくご愛顧のほど




ひとえに お願い申し上げます。






平成二十五年 元旦

  • にほんブログ村 釣りブログへ

2012 BestShot





2012 Photo album

Best shot














River TENRYU   Rainbow trout


















angler  Mr. Sugiyama  &  Rainbow trout

























President  &  Seabass   in  France

























angler  Mr.Motoza   &  Big Cuttlefish

























angler  Mr.Hayashi  

























River  KISO     IWANA





























Sapporo  Ramen ???    in  Paris
































Good guys    in  France





























Bay  Tokyo 





























angler  Mr. Kurano       DOYAGAO・・・



























Sunset 





























Sunset






  • にほんブログ村 釣りブログへ

忙しさの中で楽しむ



海外の方からすると、



日本人は仕事に対して勤勉で、



働き過ぎと揶揄されるそうです。
















私のことを棚に上げるわけではないのですが、



何かと仕事に振り回されています。



久しくプライベートで釣りを楽しむ時間が



無くなってきています。


















『時間は作るもの』と言いますが、



時間があればテストばかりしている訳で・・・



(まぁ、テストとは釣りですが)



ある程度、仕事と遊びを分けて考えながら、



テストも楽しんでいるわけです。



















さて、先日の日曜のことです。






スタッフHが、



お客様を連れて研修会を行うとのことで、



三重県に行くとのことから、



一緒に付いて行くこととなりました。
















彼らは船に乗るとのことで、



私は一人、オカッパリで釣りをする予定でした。

















今回も、色々と検証したい事があり、



7本ほどのテストロッドを、



リールとの相性や、



ラインの太さ、



などなどをテストしていました。



















彼らが沖上がりで、



帰港するのは PM2:00くらい。




テストは順調に終わり、



PM1:00くらいには



十分なデータが取れました。

















さて、この残った時間を



有効に利用したいところです。
















スタッフHが、たまたま持ってきていた、



ルナキア・ソニック LKS77Mがありました。



手元には、メバル向けの小型ルアーが沢山。


















たまには、何も考えないで、



釣れる魚と遊んでみようとタックルを用意。



水中を目を凝らして覗くと、



イワシっぽい群れが多く泳いでおり、



カモメやトンビが水面で捕まえている状況。

















何か居るかな?と、



1gのジグヘッドに、



2.5インチのワームを付けて投げてみる。
















底までフォールして、


3・4回ほどシェイクしてはフォールを繰り返してみる。



ラインが 『 プッ 』 と、ふけるので合わせてみると、


小気味良い引き。








ハタの子供でした。










同じことを繰り返すと、



ポツポツと当たる。












大きくても15cmくらい。



なかなか、面白いので辞められない。

















途中で、もうすぐ帰港するとの入電。



船を着けるところに移動した。



そこで、海を覗くと、何か魚が群れている。



















考えるよりも早く、



ルアーをキャストしていた。











フォール中に当たるのだが、



一瞬のバイトなので、フッキングできない。













ウェイトを、0.1g刻みで落としていき、



0.5gのジグヘッドにしてみたところ、



魚がルアーを吸い込んで吐き出すまでに、



0.5秒ほどのタイムラグが出来るようになった。



掛けてみると、なかなかの引き。









メジナの子供でした。








その後も、何匹か掛けてはバラしたり、



キャッチしたりを繰り返した。



ラインが、1ポンドなので



無理は禁物。



出船していた彼らが戻るまでの30分ほど、



小型ながら面白いファイターが遊んでくれた。






















久しぶりに、



テストを抜きで魚と遊べた気がします。



日本人、息抜きが必要ですね。



皆さんは、釣りで息抜き出来ていますか?








Tackle Data



Rod : Lunakia Sonic   LKS77M



Reel : #2000 class



Line : 1 lbs



Lure : Jighead  0.5 - 1.0g  & Soft Bait



Angler : Staff  Funaki















  • にほんブログ村 釣りブログへ

テストの日々





さて、先日の土曜日のことです。



翌日に『しらこばと』のイベントを控えた日、



東京湾の某干潟へテストへ行っていました。



ここ1年以上、テストを繰り返している、



シーバスロッドの試釣。



大潮後の中潮(2日目だったかな)、



夕方4時ごろに到着し、



潮は上げている状況。



18:00位が満潮なので、



下げに入るまで近くで様子を見ることに。








ベイトが、チラホラと見えるが



追われている雰囲気ではない。



ただ、岸辺に寄っているので、



可能性はあると スタッフ I は語っていた。


















下げ8分程より入水。



水深30cmほどの、どシャローでコツンとバイト。






45cmくらい。











ややロッドが硬く、もう少しソフトにしてみたい。



このサイズだと、水面を魚が滑ってくる・・・。



アクションが良いのか、キャストフィールは申し分ない。



ただ、硬いのが気になった。

























続いて スタッフ I もヒット。








60cmほど。






















真正面からの風が強く、



ルアーを飛ばしにくい。



潮も予想より引かず、



なかなか沖まで歩いていけない。























時間も差し迫ってきた。



あと、2時間出来ていれば、



もっと釣れたんだろうけど、



翌日のことを考えて納竿。
























なかなか良いテストが出来た。



強風下でのキャストフィールや、



各ルアーでの使用感など、



次の試作に繋がることが検証できた。



地道だが、じっくり煮詰めてみたいと思います。



























Tackle Data



Stuff  FUNAKI



Rod : SWAT ProtoType



Real : STELLA SW 4000XG



Line : PE # 1.2



Lure : SHORE LINE SHINER R40



     komomo125















Stuff I



Rod : SWAT  SW83LML



Real : CERTATE  3000



Line : PE # 1.0



Lure : komomo125



















  • にほんブログ村 釣りブログへ

能登でティップラン




秋も深まり、朝晩の冷え込みも強くなりました。



ショアからのエギングもひと段落し、



イカも深い所へ移動する時期。



そんな時こそ、オフショアでのティップランが活きてきます。















話が出てきたのは、9月中ごろ。



今年は、絶好調(例年通り?)に釣れているとのことで、



行ってみようという事になったのです。













今回は、アウトドアステーション バンバン様ご一行の、



ティップラン研修会が目的。



釣れる時期に行くのがベストということで、



10月中旬に行くことを決めました。















お世話になったのは、



奥能登 穴水の アルベルト・フィッシングサービス



米田船長です。



オフショアからの ロックフィッシュゲームや、



黒鯛のポッパーゲームなど、



能登のルアー船としてパイオニア的な存在であります。



この時期は、オフショアでのエギングを楽しませて貰えます。



さて、初日はバンバン一行と、弊社のスタッフHが、



米田船長の操船で出船。



私と蔵野氏は、米田 奥さまの操船で出船しました。





巨●船長こと 米田 奥さま。

















スタッフHが、ティップランをレクチャーしているころ、





橋詰氏、コロンコロンのイカをゲット!










私たちは、秘密のテスト。



●●●●用のアレを●●●してました。






















途中、鳥山が沸き、



ロックフィッシュ用のタックルでキャストを始めた蔵野氏、



キャッチしたのは、ペンペン シイラ。








この自由に楽しめる所が、アルベルトさんの良いところ。



一通りテストが終わったら、



ちょっと試したい事をしてみました。



ロッドは、BGT76UL



ラインを、PE0.3号、



リーダーは、1.75号。



極細のラインを使って、



極限の感度を味わってみようという事です。



午後からの出船で、夕刻になると、



潮は緩く、風も無風に近い凪状態。



こんな時こそ、こんなタックルが活きるのです。













エギは、25gほどの軽めに設定し、



シャクリを入れたら、ゆっくりとサビキます。



サビく事でテンションを掛け、



極めてスローな平行移動を可能になります。



船が動かない時は抜群に効きます。



アタリは少ないですが、



ティップに出る反応は明瞭バッチリ。



ビンビンの感度を楽しめました。























バンバンのご一行も楽しめた様で、



ビシバシ アタリが取れたようです。





























イカ以外も釣れたりもしました。















そして、2日目。













この日は午前中のみ出船。



午後から海が荒れる予報で、



早上がりを覚悟で出船。



前日よりも、さらに深場を狙うことに。



40m前後から始め、



50m程まで探ってみると、



ポツポツとアタリがあります。



















しばらく楽しんだ後、



風が強くなり、ウネリも出てきたので、



帰港することとなりました。



ご一行の方々も楽しめて頂けた様で、



来年はツアーを組んで来ようと考えているようです。


















これからが、ティップランの時期です。



皆さんも楽しんでみては、イカが?










































  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー