Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

キハダチャレンジ2017

 

 

今年もキハダの季節が来た。

 


8月中旬、先輩からのお誘いでチャレンジする機会を得られた。

 


今シーズンは他の釣りに忙しくて、

 


なかなか狙えなかったので今回こそは!と気合が入る。

 

 

 

 


お世話になったのは神奈川県・大磯港の邦丸さん(お兄さん号)。

 


チャーターだったので、チャンスの機会にロッドを振れる確率が高い。

 


釣果もポツポツと上向いている様だが、沖まで走って探しに行くようだ。

 

 

 


ベイトも小型の様だが、トビウオなど大きめのベイトも捕食されるので

 


50g前後のシンキングペンシルから、80g程の誘い出しペンシルも用意。

 


先輩のタックルは小型ルアーにSK862TN-L大型ペンシルにはSK872TN-Hだ。

 


私はテストロッドを用意している。

 

 

 

 

 


用意を済ませ、いざ出船。

 


港を出て南東方面に向かっている様だ。

 


だいぶ沖まで走ると、徐にスピードを落とす。

 


どうやら予定していたエリアよりも手前で反応が有るらしい。

 


だんだんと周囲には海鳥が集まってきており、

 


いつナブラが起きてもおかしくない状況になってきている。

 


鳥の動く方向に舵を切り、周囲を探していると急にスピードが上がった。

 


遠くに大きな鳥山が出来ている。さっそくチャンスが訪れた。

 

 

 

 

 


シンキングペンシルを装着したタックルを持ち、

 


船が止まると同時にナブラの中にルアーを打ち込んでいく。

 


徐々に移動していくナブラの方向を読みながら、

 


魚の向く方向へルアーを送り込むと…コンッと当たった気がした。

 


しかし、フッキングには至らず。

 


邦丸の別船では、どうやら一人がフッキングに成功したようだ。

 


ミヨシに立つ人がファイトをしているのが見える。

 


長くはナブラも続かず、辺りは一気に平和になった。

 


遠くに見えていたファイト中の方は、惜しくもフックオフしてしまった様子。

 


朝早くから反応を得られたので、同船してる皆の目がギラギラしている。

 

 

 

 

 


そこから何度かのナブラに遭遇するが、あと一歩が届かずバイトを得られない。

 


途中、急に水面がザワつくと小型のシイラが暴れ始めた。

 


どうやら、キハダがシイラを追いかけて回している様子。

 


とりあえずルアーを投げてみるが、視野に入っていないのか相手にされない。

 


この難しさは何なのだろう?でも面白いから辞められない。

 


適度に起きるナブラに翻弄されながら、時間だけが過ぎていく。

 

 

 

 

 


テスト中のロッドは色々と新しい要素を考えた機種で、

 


発売する予定は無いが今後のロッドに影響を与えるデータが取れた。

 


飛距離、操作性、パワーなどキャスティングロッドは、

 


色々な要素が複雑に絡み合い、特に操作性とパワーは相反する点が大きい。

 


この部分をどうクリアしていくかが、次回作に繋がる要素と思えている。

 

 

 

 

 


さて、最後まで狙い続けチャンスは得られたが釣果は出せなかった。

 


毎回釣れる魚ではないので仕方ないが、やはり坊主は悔しい。

 


次回に期待して帰航することとなった。

 

 

 

 

 


TackleData


Rod : Spike SK802TN-L


Reel : SALTIGA 5000H


Line : PE4号 & Leader 80lb


Lure : Sinking 50g

 

 

 

Rod : Spike SK872TN-L


Reel : SALTIGA 6500H


Line : PE5号 & Leader 100lb


Lure : Pencilbait 80g

 

 

 

Rod : Prototype


Reel : STELLA SW14000XG


Line : PE5号 & Leader 100lb


Lure : etc...

 

 

Angler : Staff Funaki

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

九州行脚 Part2

 

 

鹿児島から長崎まで行脚を終えた僕らは、福岡を目指していた。

 


前回の記事はコチラ → 九州行脚 Part1

 


前日までショアからのアプローチは、全く釣れず少し傷心気味。

 


台風が迫っており予定していた出船を見送ったが、

 


急に進路を変えた台風は福岡には少しだけ影響を与えたのみだった。

 


船長に相談すると、次の日なら出船出来そうとの事。

 


それなら是非お願いします…と二つ返事でお願いした。

 

 

 

 

 


お世話になったのは、福岡県糸島市の勝吉丸(吉村船長)さん。

 


そろそろ開発が佳境に入っているロッドなど、

 


アレもコレもとテストロッドを持ち込んで挑んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成に近いライト系ロッドから始め、

 


飽きない程度に魚を釣りながらテストをこなしていき、この竿はOK。

 

 

 

 

 


次は更にライトなモデルに持ち替えて試してみると、

 


底の方でガツンと何かが当たってきた。

 


ロッドはバットから曲がり込み、緩く設定したドラグは止まらない。

 


船長に船を操船してアシストしてもらい、暫くファイトが続く。

 


後方では、時間が掛かると判断した船長とスタッフMが

 


「大鯛かな?ヒラマサかな?エイかも…」と魚当てクイズをしている。

 


15〜20分ほどのファイトで浮いてきたのは良型のヒラマサ。

 


強度テストには申し分のないサイズであった。

 

 

 


船長もコッソリ使っていると、

 


「このロッド楽しい」と言いながらファイトをする船長。

 


確かにテストしていたライト系ロッドでの釣りはスリリングがあって面白い。

 


なんと船長は、この日一番の大鯛をゲットしていた。

 

 

 


まだ詳細は公開出来ないが、面白いロッドが仕上がってきている。

 


完成するまでご期待頂きたい。

 

 

 

 

 


青物が狙えるエリアでは、少し強めのタックルに持ち替えてみる。

 


スタッフM曰く、長く追わせて止めるとバイト出る状況とのことで、

 


数本のハマチと遊んでもらいながらテストを進めていた。

 

 

 

 

 

 


台風の影響も然程なく、テストも順調に終えることが出来た。

 


今回の釣行は動画の撮影班も同行していたので、

 


近いうちに弊社ホームページにアップ出来たらと思う。

 

 

 

 

 


ずっと釣れずにいた九州行脚は、やっとこれで報われた。

 


まだまだ色々とテストするロッドを抱えているので、

 


このテストの報告は別の機会としよう。

 


さぁ、次はどこ行こう。

 

 

 

TackleData


Rod : Prototype etc...


Angler : Staff-S


         & Staff-M


         & Staff-K


         & Staff Funaki

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

九州行脚 Part1

 

 

8月上旬、僕らは鹿児島を目指していた。

 


営業マンと同行して営業活動に同行が目的だが、

 


試作品のテスト等も含めて時間を見つけて釣りをしようと考えていた。

 

 

 

 

 

 

テスターの倉永氏と連絡すると、一緒に釣りに行けそうとの返事だ。

 


さらに助っ人で中野氏も参加して貰えるとのこと。

 


長野から陸路で名古屋を経由して、中部国際空港から鹿児島まで空路で移動。

 


スタッフKに車でピックアップしてもらい、

 


途中 倉永氏と中野氏と合流し鹿児島県の桜島を目指した。

 

 

 

 

 

狙いは、青物とロックフィッシュ。

 


時合いを待つ間、漁港の足元付近を探ってオオモンハタを釣ろうかと考えていた。

 


各地で酷暑日を迎えており、御多分に漏れず桜島も暑い。

 


夕刻前にポイントに着いたが、傾いたといえ日照りが強く汗が噴き出してくる。

 


そそくさとタックルを用意して、釣りを開始した。

 

 

 

 

 

 

沖の方は平和そのもので、ナブラが起きるような気配はない。

 


時合いまで時間があるので、足元にソフトベイトを付けたリグを送り込んでみる。

 


溶岩と敷石で形成された港のようで、根が荒い場所が多いようだ。

 


何個目かのブロックを探っていると、急に私のロッドが絞り込まれた。

 


ラインが張り詰め糸鳴りをしている。

 


ゴリゴリと嫌な音がすると、急にテンションが抜けた。

 


どうやら根ズレでラインブレイクしてしまった様だ。

 


倉永氏には一部始終を隣で見ていた様で、大きかったかも…とのこと。

 


逃がした魚はデカいとはよく言ったものだ(苦笑)

 

 

 

 

時間は過ぎ、地合いを待っていたが海は平和そのもの。

 


潮は動き始めている様だが、肝心のターゲットが入って来ていない様子だった。

 


この日は、これでストップフィッシング。

 


久しぶりに倉永氏と中野氏に会えた。次回は怪物狩りの約束をして別れた。

 

 

 

 

 怪物狩りの様子はコチラ↓

 

 

 ・春のよき日に(2017年4月12日掲載)

 

 

 ・春の陽気に誘われて(2016年5月20日掲載)

 

 

 

 

 

 

 

鹿児島〜熊本と予定をこなし、3日目の晩に長崎に入った。

 


翌朝から平戸で青物を狙う予定だ。

 


この日は、他にも予定がありタイムリミットが設定されていた。

 


日が昇る前にポイントに立ち、タックルの用意を始める。

 


そろそろトビウオを追いまわす、ヒラマサが狙えるとの事だった。

 


ヘビーコアに大型のペンシルと、メタルジグを付けたタックルを用意する。

 


薄っすらと明るくなる頃にキャストを始めた。

 

 

 


7時半頃に満潮で潮止まりとなるので、その前後が狙い時だ。

 


遠くで海鳥が騒いでいる。漁船の後ろを尾行している様子。

 


キャストを続けるが、何も魚信を感じられないまま潮止まりを迎えた。

 

 

 

 

ヘビータックルを投げ続けているが、ヘビーコアはスムースに曲がるアクションが、

 


無理に振らずともルアーを運んでくれるのでキャストを続けても疲れにくい。

 


いつバイトが有るか分かないので、安定して投げ続けられるのは

 


アングラーにとって大きなアドバンテージになると思う。

 

 

 

 

 

 

ロックフィッシュタックルに持ち替え、しばらく青物狙いは休憩だ。

 


目を凝らして水中を覗くと、アジやイワシが集まってきている。

 


ブリの幼魚がベイトを追っている様に見える。だが狙いのサイズではない。

 


しばらく待っていると、潮が動き出した。

 


強烈なカレントが発生しはじめ、左から右に潮が走り始める。

 


潮目がハッキリとしはじめた。

 


ヘビーコアにタックルを替え、キャストを始めるとスタッフKに魚信が。

 


ジグをキャストしていたら、バイトが有ったらしい。

 


ジグには、噛み跡の様な跡が残っていたとのこと。

 


私にもコツンとバイトらしき反応が有ったが、

 


それが狙いのターゲットだったかは掛かっていないので分からない。

 


予定の時間も差し迫っており、ギリギリまで探ったが釣果は得られなかった。

 

 

 

 

 

 

何とも悔しい、九州行脚の前半戦が終わった。

 


後半は、福岡県に移動してオフショアでの釣行が待っている。

 


こちらの釣行を期待して頂きたい。

 

 

 

 

 

 

TackleData


青物タックル


Rod : POWERMASTER HeavyCore PMH110H


Reel : STELLA SW 14000XG


Line : VARIVAS MAXPOWER PE5号 & Leader Nylon 100lb(3ヒロ)


Lure : FEED POPPER 175 , BRITT 170

 

 

青物タックル

 

Rod : POWERMASTER HeavyCore PMH100HH


Reel : TwinPower SW 12000HG


Line : VARIVAS MAXPOWER PE4号 & Leader Nylon 80lb(3ヒロ)


Lure : JIG 80-100g

 

 

 

ロックフィッシュ


Rod : ROCKEYE VORTEX RV74B-M


Reel : #100class


Line : PE 1号


Lure : TexasRig 10g

 

 

ロックフィッシュ

 

Rod : Rod : ROCKEYE VORTEX RV78B-HH


Reel : #200class


Line : PE 2号


Lure : TexasRig 30g

 

 

 

Angler : Staff-K & Staff Funaki

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー