Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

大遠投 超特化型 エギングロッド




BRIGADE  GRACE  C・N・T



GC109MH

( Super Long Cast Custom )
































飛距離を優先し、



操作性として求めたのは、



エギを高く跳ね上げさせアピールの時間を、



長くとれるか…だけを追求しています。



















遠投、高く跳ね上げる、それだけで、



スレていないイカは充分に釣れる確立が上がります。



すなわち、





  遠く沖のイカ = スレてない




  スレてない = 釣りやすい





ただ、それだけです。



(この言葉は、とある釣具店の店長の受け売りです)















































そこで実績の高い GC106MH に着目しました。



前作の GC106MH は、



本当にエギが良く飛ぶロッドでした。



それを超えるためには、



ブランクの延長が必須だったのですが、



長くなった故に、バランスを崩さないようにするのが、



非常に難しいところでした。


















( 左 GC106MH  右 GC109MH )














( 左 GC106MH  右 GC109MH )
















他のモデルとの違いは、



一目で分かるのがガイド設定でしょう。



GC83ML 、 GC85M 、 GC87MH では、



バットに 『 KL-H 』 といった



ハイフット(脚高)のタイプを使用しましたが、



この GC109MH には、



ローフット(脚低)の Kガイド を使用しています。



そしてガイドの位置も、若干ですが



通常より高く(リールより遠く)配置しました。



それは、遠投時のライン抵抗を減らすためです。



エギを操作する際に、



連続したジャークを必要としないため、



飛距離優先で作ったら、この設定となったのです。





















( 左 GC106MH  右 GC109MH )


















リアグリップ長は、変更していません・・・が、



充分に長く感じるはずです。



投げ竿の理論で言えば、



『矢引き』分の長さが理想ですが、



エギをシャクリ上げる動作の際に邪魔となります。



キャストと操作を考えると、



このグリップの長さが理想だったのです。




















さて、このタイプのロッドを使うときに、



お勧めの使い方を紹介します。



エギの種類は一般的なエギで結構ですが、



拘ってみるなら、







縦への跳ね上げ に適した形状のモノを選ぶべきです。







遥か遠くに落ちたエギは、



ソフトなジャークでは殆ど動いていません。



長いロッドで大きく跳ね上げる動作程度しか、



効果が見込めないのです。



そうなると、高く跳ね上がり長くフォールさせるのがベターです。



選ぶ基準は、







上反りのボディで、ウェイトがリアに寄っている 』 ことです。







探せば沢山ありますよ。






















ラインの選択ですが、



細いラインほど飛距離を伸ばせますが、



アオリイカは、地域によって藻イカと呼ばれるほど、



ウィード(藻)を好む傾向にあります。



そういったポイントを選んで攻めると、



根掛かった際にラインブレイクする恐れもあります。



PE0.6号 程度までを下限にするのが良いかもしれません。



リーダーも 下限8lb までが良いですね。



(細すぎるリーダーだとキャスト切れの恐れもあります)



また、細いラインでキャスト時に



指を切ってしまう恐れもあります。



フィンガーサポーターを使用することをオススメします。


















『 未知の領域を制覇するための


 超ロングレングス・エギングロッド。 』



ぜひ、手にとってみて下さい。


















BRIGADE  GRACE  C・N・T


GC109MH  ( Super Long Cast Custom )


EGI : MAX 4.0号   Line : MAX 1.2号

























  • にほんブログ村 釣りブログへ

オールラウンダーの名のもとに




BRIGADE GRACE C・N・T



GC87MH  ( All-rounder Power Spec)




































オールラウンドの名を持つ、



もう一機種が GC87MH になります。



この機種の開発は難航しました。



前作( GC86MH ) が優秀すぎたのです。



GC85Mとの差別化を図り、



使いやすい餌木サイズを3.0〜4.0と設定。



オールラウンド・パワースペックと位置付けました。



シリーズとして提唱している、



操作性と遠投性を伸ばすことが必要でした。























まずは、



ブランクを見直すことにしました。



条件は以下の通り














.譽ュラーテーパーであるのが前提。



▲屮譴鮓困蕕弘戞▲丱奪箸魘化する。



シャープさとネバリを両立させる。













レギュラーテーパーであるのは、



GC85M で述べたとおりです。



ベリーからバットを強化し、



やや強めのパワーを持たせました。



バットのブレを少なくなり、



正確性が高まることで、



飛距離の平均値を伸ばしています。



このバットのパワーUPは、



操作性にも貢献しています。



10m以深のエリアでも、



しっかりエギを跳ね上げることが出来ます。



また、強いジャークによって、



左右への動きもシャープで



大きなスライドが可能です。



シャープさとネバリの両立は、



C・N・T素材 によって解決しています。






























しかし、ブランクだけ良くても駄目なのです。



問題はパーツとのバランス。


















( 左 GC86MH  右 GC87MH )






















( 左 GC86MH  右 GC87MH )




















( 上 GC86MH  下 GC87MH )
















ガイド設定は、GC85M と同じく、



T-Free設定を施しました。



前作よりもトップ部のガイド径を小さくし、



モーメント値が下がり、



バランスの向上を図っています。



フロントグリップは、GC85M と同じく



ショート化して軽量化。



ガイド位置とサイズ、グリップのサイズなど、



微妙な調整をしていきました。





















半年前には他の3機種はOKを出していたのですが、



このアイテムだけ微調整のため、



時間が掛かりました。



妥協すれば済む話なのですが、



手間暇惜しんでは良いモノは作れません。



組み上げては試し、現場で鍛えていった結果、



形となったのです。






















BRIGADE  GRACE  C・N・T


GC87MH  ( All-rounder  Power Spec )


EGI : MAX 4.0号   Line : MAX 1.2号















 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

オールラウンダーの名のもとに




BRIGADE  GRACE  C・N・T


GC85M ( All-rounder Light Spec )




























オールラウンダーの名を持つ



2機種のうちの1つとなります。



オカッパリからのエギングを



極端にシンプルにしていくと、



2.5〜3.5号のエギと、



3.5〜4.0号のエギを使うことが多いシーズンが見えてきます。



無理すれば1本のロッドで



全てのサイズの餌木を使えますが、



どこかスポイルされてしまう点が出てくるのです。



それはシャクリ易さであったり、



キャスト性能であったりと様々です。




















そこで、ロッドの硬さを2つの機種に分け、



エギ2.5〜3.5号に適したライトスペック、



エギ3.5〜4.0号に適したパワースペックと位置付けました。



この GC85M は、ライトスペックにあたります。



秋季から冬にかけて出番が多くなるアイテム。





















この番手が生まれるキッカケとなったのは、



前作の GC80M を使っていて、



もう少し長いと遠投が楽なのに…と考えたからです。















2.5号の小型のエギを繊細に操作出来ながら、



時には3.5号を遠投し、



高く跳ね上げるパワーも欲しかったのです。



細身のまま繊細さを残し、



バットには秘めたパワーを付けるには、



C・N・T素材 が非常に役立っています。



















GC80M との違いをあげると、



ブランクを長くしたぶん、『しなり』が発生します。



人によっては柔らかく感じるかもしれません。



この『しなり』が有るからこそ、



ブランクを曲げて遠投を可能にするのです。






















ガイドは、T-Freeガイド設定を取り入れ、



LGトップとKガイド、LDBガイドの3種を適材適所に配置。



このガイドシステムは、



富士工業が推奨するKRガイドコンセプトに、



弊社のT-Freeガイド設定の良いとこ取りをし、



アウトガイドとして極めて絡みが少ない設定となっています。




















( 上 GC80M  ・ 下 GC85M )














フロントグリップは、若干短くなりました。



軽量化の意味合いも強いですが、



ブランクの有効長を取りたかったのもあります。



そこでフロントグリップを、



サムアップでのホールド出来る長さとし、



ロッドの『しなり』を活かせる様にしました。






こうして、長さ・パーツを吟味し煮詰めた結果、



GC85Mは完成したのです。




















BRIGADE  GRACE  C・N・T


GC85M  ( All-rounder  Light Spec )


EGI : MAX 3.5号   Line : MAX 1号


















  • にほんブログ村 釣りブログへ

ライトエギング 最上級モデル




BRIGADE  GRACE  C・N・T



GC83ML  ( Light Eging Custom )

























BRIGADEシリーズで



異色のシリーズである 『 BRIGADE KID 』 で提唱した



ライトエギングの血統を引くフラッグシップモデル。








































メバルやアジなど、



ひと昔までは主役となりえなかったターゲットが、



今ではメインとなる時代となりました。



それはライトタックルの進化が、



人気となった要因でしょう。



手軽にでき、簡単なタックルで楽しめるのが、



ライトタックルのゲームの良さというもの。



それを、エギングでも楽しもうという訳です。






































数釣りを楽しむのも『釣り』のうちですが、



それではゲームとは言えないかもしれません。



あえて難しいスレたアオリイカを狙うことや、



極細のPEラインで限界ギリギリのファイトを楽しむなど、



タックルの持つポテンシャルを活かしきることで、



1杯づつ楽しむのも面白いものです。



それなので、スペックもMAX表記をすることで、



下限を作るのをやめました。



メインラインの強さ、リーダーシステムの強さ、



ターゲットの大きさや、フィールドの状況など、



アングラーの技量次第で、楽しみ方は大きく変化していきます。
























ライトと書くと、



柔らかい(ふにゃふにゃ)ロッドのイメージと思えてきますが、



全体に張りがあり適度に曲がるブランクとなっています。



3.0号(15g)までを、しっかりとシャクリ切れる



パワーを持たせました。



3.5号(20g)となるとパワー負けしてしまいます。



初秋の新子イジメには、



右に出るモノも居ないほどのアイテムになり兼ねません。








































ある程度の自制心の元でお使い頂ければ、



ゲームロッドとして面白いアイテムになるでしょう。

 














 

 

BRIGADE  GRACE  C・N・T


GC83ML  ( Light Eging Custom )


EGI : MAX 3.0号   Line : MAX 1号












  • にほんブログ村 釣りブログへ

グレイスを超えるのは、グレイスのみ。







2008年にデビューして5年。



弊社の旗艦モデルであったBRIGADE  GRACE が、



C・N・T素材 を纏ってリリースされます。



カタログでは語りきれない所を、ご紹介致します。
























GRACE 08'モデル をお持ちの方なら、



新作 (13'モデル)  と持ち比べて頂きたい。



軽量になったのは、すぐ気付くと思いますが、



何かギュッと引き締まったブランクに感じられます。



微細な C・N・T素材 がカーボン繊維に絡みつき、



繊維同士の結束を高めているのです。



その為、前作に比べ軽さを求めながら、



相反するネバリを手に入れました。



高弾性で反発が有りながら、しなやかに曲がる。



ひと昔前までは不可能であったロッドが、



この技術で可能になったのです。









































さて、今作の GRACE (以下13'モデル) を見て頂くと、



個性の強い4機種となっています。



前作(08'モデル)も個性の強い機種だったのですが、



さらに磨きのかかったアイテム群となりました。



C・N・T 化させるにあたり、



既存の機種を見直す作業を行いました。








仕分けの基準は、操作性 遠投性能個性










GC80M は遠投性を持たせるため GC85M へ。



基礎レベルが高かった GC86MH は、



インチアップをして GC87MH へ。



ロングキャストモデルであった、



GC96MH と GC106MH は遠投性能だけを求めて、



GC106MH をベースに GC109MH へ進化させました。



全く別方向から、ライトエギングのコンセプトを入れ、



GC83ML も、シリーズに加えました。










































弊社のフラッグシップモデルである、



GRACE に手を加えるのだから、



中途半端なモノにはしたくなかったのです。



当時の持てる技術でテストを繰り返しただけあって、



ハードルは初めから高く、



2シーズンの間じっくりと煮詰めることとなりました。


























調子と硬さと自重のバランスは、



ロッドを形作るうえで非常に重要な部分です。



自重が軽いのは絶対条件ですが、



バランスも重要です。



08'モデルは、細身に仕上がったブランクと、



適度に曲がるアクションが相まって、非常に操作が楽でした。



調子(アクション)と硬さ(弾性)とのバランスが、



程良く取れていたと言えます。






































また、非常に遠投が得意なシリーズでもありました。



細いラインを使えば、



そこそこに飛距離は出ますが、



ロッドの 『しなり』 を使うことで飛距離を伸ばせるのです。



08'モデル を使用していた方ならご存知の通り、



モチっとした テイストのブランクとなっていました。



この適度に曲がる 『しなり』 は、



アングラーの少ない力でブランクを曲げ、



反発力を活かして思ってもいない遠投が可能にしたのです。



そこで、



13'モデルは 操作性 飛距離 から着手しました。








































操作は キャストシャクリ の2つに分けることが出来ます。



この投げる動作とエギを躍らすブランクの働きは



似ているようで若干違い、



キャストはバット部、 シャクリはティップ部と、



仕事をするところを分けて考えています。



先ずは バット部。



ブランクをスムースに曲げ



ロングキャストを可能にするために、



レギュラーテーパーのアクションとし、



ブレを抑制するために、



ブランクの収束を早める弾性と



カーボンの肉厚を模索しました。



そして ティップ部。



力任せにシャクり上げるのでは無く、



曲がったブランクをカーボンの反発で戻していき、



ティップの返りを重視しました。



どちらも少ない力で反発を活かし切り、



楽な操作感を可能にしています。






















飛距離の面では、



弊社のエギングロッド史上、



一番飛ぶシリーズとなりました。



前記にも書きましたが、



ブランクによる働きが大きく寄与する訳ですが、



進化したガイドシステムも貢献しています。



GC83ML , GC85M , GC87MH の3機種は、


KRガイドコンセプトを取り入れ、



無駄なラインの暴れを抑えることが出来、



スムースなロングキャストが可能になっています。



GC109MH は、ロッドの硬さと長さから



全く別のガイドシステムとしました。



バットガイドまでの距離を長く取り、



口径を小さくしています。



エギの繊細な操作性より飛距離を重視した結果、



他とは違った特殊なガイドシステムとなったのです。






















さて、次回は各機種のご紹介。



気になった方で良いので、参考にしてみてください。





























  • にほんブログ村 釣りブログへ

お待たせ致しました。完成です。



長いこと、お待たせ致しました。



2013年 NEWアイテム





SWAT SW91L Tradist





ようやく完成です。




















コンセプトや、開発の経緯については、



以前に書いたログを読んで頂ければと思います。



















〜Tradist  伝統を継ぐモノ〜










〜古くて新しい SeabassRod〜

































スペックについて紹介です。



グリップの長さ













(左から 97ML 88MLM 83LML 91L の順)











( 左 83LML  右 91L )






83LMLと同じ形状になります。



ウェーディング時では水面を気にならない長さとし、



機動性が高いグリップレングスとなっています。




























ガイドのサイズ







(左から 83LML 91L の順)



トップ部は、ワンランク大きいモノとしました。



それは、ナイロンラインの使用までを考えて、



キャスト時のライン抜けの良さを狙ってです。



適合ラインとしては、



PE0.8〜1.0号 リーダー 16〜20lbs



ナイロン 8〜10lbs リーダー 16〜20lbs



この範囲でジャストと言えるモノにしています。


























アクション



キャスト時はレギュラーアクション。



ファイト時にはパラボリックに曲がります。



全体的に 『 しなやかさ 』 を纏ったアクションと言えます。



その為、ティップだけを使ったスナップキャストでは、



あまり飛距離を望めません。



ベリーからバットまでルアーウェイトを乗せ、



押し出すイメージでキャストを行うと、



軽量なルアーでも十分な飛距離が出ます。



















また、適度に曲がるので、



非常にバラシが少なくなった様に思えます。



PEラインを使う場合、伸びが少ないため、



魚を暴れさせすぎるのでバレ易いのです。



ナイロンラインを使って、『伸縮性』を上手く使い、



バラシ難くするのも手です。
















ターゲットが暴れるとロッドが吸収してしまうので、



バレ難くなるわけです。



不用意に暴れさせないので、小さいと思っていると、



ランディング直前で魚を見て



デカかったということが、何度もありました。





















感度



普通ですね。



究極の高感度は狙っていません。



ルアーの挙動さえ掴めれば良い範囲に設定しています。



それは、暗闇の中キャストをする際に、



ルアーのある位置と、



潮の抵抗さえ分かれば良いとしました。

























初めての1本目としては、



かなり使い難いロッドかもしれません。



何年もシーバスを楽しんできた方が、



最後に行き着くロッドとなれば良いなと、



思いながら作りました。



7月末頃 にはデリバリー出来ると思います。


発売をご期待下さい。













SWAT  SW91L  Tradist


Length : 9'1"ft


Lure Wt. : 5-25g


Line : 6-12lbs






























  • にほんブログ村 釣りブログへ

古くて新しい SeabassRod




散々テストばかりした、「あのロッド」に



最終決断をする頃になりました。










SW91L Tradist













コンセプトは、





 『 伝統的なアクションを現代風に引き継ぐ。 』





簡単そうで、かなり悩みました。



















パラボリックに曲がりがならも、



シャープ感をまとわせたブランクを希望。



もちろん、シリーズ特有のネバリも



持たせたかったわけです。



軽量化なら簡単に出来ます。



しかし、ブランクを軽量化すれば耐久力が落ちます。



ネバリを持たせたいならば、



復元力と耐久力を上げれば良いのですが、



重量が増すことは極力少なくしたい訳です。



















マトリックスに置き換えれば、



重量と強度のXYの軸上で



バランスの良いところを見つけ出す事になります。



まぁ、これは作っては試すの繰り返しで、



時間を掛けて見つけていく作業なのです。




















以前にネバリについて書いた事がありました。



気になった方は、釣竿屋の小言をお読み下さい。


↓  ↓  ↓  ↓  ↓


『ネバリって何だろう』


















気になるベンドカーブの写真を載せておきます。






錘負荷 500g














錘負荷 1000g






















想定しているフィールドは、



大河川の河口域のシャローエリア。



干潟のシャローエリア。



汽水湖のシャローエリアなどです。


















出来るだけ色々なエリアで試してみたいので、



各地でテストを頼んでいました。



富山のM君からの報告です。











昨年に掛けた魚ですね。










良い魚ですね〜。
























大河川の河口域から中流域まで、



川をメインにテストしてくれていました。
















さて、



あと1本サンプルを確認して、



最後のGoサインを出すか決めようと思います。




まだかよっ!って言っていただいて構いません。




最後まで、コダワらせて下さい。




Staff : Funaki



















  • にほんブログ村 釣りブログへ

Tradist  伝統を継ぐモノ





20年以上昔になるだろうか、



当時のシーバスロッドはトラウトロッドの



延長であるようなロッドであったと記憶している。




















今でこそ低レジン・高弾性カーボンロッドは当たり前だが、



当時はボロンなど異素材を使ってロッドに張りを出していた。



その頃のロッドを改めてみると、



こんなに柔らかかったか…と思えるほどだ。





















少年の頃、BASSばかり狙っていたが、



私の地元は、海や大河川、汽水湖が近いこともあり、



シーバスをルアーで狙うこともあった。






















専用タックルは借り物で楽しんでいたのだが、



専用ロッドは欲しくなる訳で…。



とある日、釣具店にロッドを見に行くことになる。



店員さんに聞くと、 『 9ftが基準だよ 』 と教えて頂いた。


















当時は選択するほど専用ロッドは少なく、



一様に しなやか でソフトなアクションのモノが一般的。



ラインはナイロンが主流で、ダブルラインを組み、



メインラインの倍の太さのリーダーを結ぶのが定石と教えられた。






















お小遣いを大奮発してタックルを揃えて、



近くの川に行くのだが、そんな簡単には釣れない…。



釣れないまま1年が過ぎ、



今日こそはと、海に一番近い



河口に架かる橋下に釣りに出かけた。





















冬の河口、潮は大潮後の中潮。



釣れないのが悔しくて、タイドグラフの読み方を教わり、



ポイントの攻めかたも教えて貰っていた。



あとは釣るだけ。






















中学生が夜中に自転車で釣りに出掛けていたなんて、



今では考えられないかもしれない。



補導されてもおかしくないですよね…



まぁ、これは時効ということで…




















いつも投げていた ラパラCD9 の レッドヘッド を結び、



橋の下に出来る明暗にキャストを繰り返した。



何時間過ぎたのか、潮位も下がりソコリ寸前。



寒いので帰ろうかと思っていたころ、不意にロッドに違和感が。



リールを巻くと、少し抵抗がある。



取り込んでみると、セイゴが掛かっていた。



これが私の初シーバス。



嬉しくて写真も撮り忘れていた。






















私のなかで、シーバスタックルの定番が当時の記憶になっている。



進学のため上京し、東京湾でシーバスを釣りに行くときも、



同じタックルを愛用していた。


















その後、天龍に就職し、



現代風のタックルに触れ、



色々とスタイルの違いによる



シーバスフィッシングを知ることになる。





















あれから20数年後、



ロッドのデザインをする仕事を生業にしているのだが、



倉庫であるロッドを見つけた。








それが LSP










 LSP の項を前回に書きました、



↓ 気になった方は読んでみてください。





  『 LSPという名のロッド 』






















LSPを持った瞬間、懐かしいと思えた。



シーバスフィッシングを覚えた頃のロッドに酷似していた。



改めて見直すと、とてもソフトなアクションだ。



バットまでスムースに曲がりこんでいく。




この柔らかさがバレ防止に繋がり、



反動が少ない分、一晩中振っても疲れにくい。
























中弾性カーボンをメイン素材に使用してあり、



パラボリックな弧を描くアクション。



曲げこむほどにネバリを感じるロッドとなっている。



天龍で伝統的なアクションとされ、



シーバスロッドでは古典的になるかもしれないが、



実践的であるアクションと言える。



このアクションを現代的にアレンジしたら、



面白いロッドが出来ないか?…と思えて企画したのが










SW91L  Tradist  だ。










20年以上シーバスフィッシングを楽しむ方なら懐かしく思え、



近年のロッドだけをお持ちの方なら



新鮮モノに感じるかもしれない。
























大河川の河口域でのシャローゲーム。



干潟でのウェーディングゲーム。



汽水湖でのウェーディングゲーム。



こんなシチュエーションを想定してセッティングしている。



ロッドの詳細については、



別の項で説明したいと思います。





















私がこのロッドを使うときは、



たぶんタックルボックスの中は、



レッドヘッドのミノーばかり入れていくでしょうね。



これも一つの楽しみ方。



ぜひ、伝統の一端を触ってみてください。
 

 

面白いロッドですよ。


 

Staff : Funaki











 

 


 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

SWAT 追加モデル発表!!



お待たせしました。



昨年より、チョコチョコと



釣行コラムで出てきたSWATの追加モデル。
















ホームページにもUPしましたが、



2機種発表いたしました。







『 SW91L 〜Tradist〜 』





『 SW88H-BC 〜Limit Breaker〜 』






どちらも曲者ぞろいであります。



そう、SWATのコンセプトは、



個性であり、



ドコにでも有るモノにはしていません。



今春発売を予定していますが…、



ただ今、最終調整中です。

















先日、九州でテストをお願いしている倉永氏より、



テストの報告がありました。








相変らず、良い釣りしていますね〜。




80クラスのヒラ様とのことです。









使用ロッドは、SW88H-BC




他にも、60クラスのシーバスを2本獲ったようですが、



やり取りをするようなサイズではなく、



ゴボウ抜きだったとのことです。



まさに、大物だけを狙ったコンセプト通り。
















今後、皆様からのビックな報告が聞けることを



楽しみにしたいです。



ロッドの詳細については、



また別の機会に書きたいと思います。




発売は、4月以降になる予定です。




遅くならない様、気合をいれて



最終調整をしたいと思います。





Staff : Funaki












  • にほんブログ村 釣りブログへ

理想と現実



年の瀬が迫ってきました。



もうすぐ2013年ですね。














来年発表するネタなんですが・・・。



何度もシーバスでテストしているモノです。



今年は、このロッドに手こずらされました。










1st プロトは、硬すぎでボツ。



2nd プロトは、折れた・・・。



3rd プロトは、柔らかすぎてボツ。



4th 、5th、 etc・・・。

















理想に近づいているのですが、



あとちょっとの部分が納得がいかないのです。



作ってはテストの繰り返しで、



もちろんフィールドでの実釣。



















たぶん、今のロッドでも80点は付けられます。



ですが、個性が無いんですね。



言わば、普通。

















今、目指しているのは、



『 昔 』のあのアクションを、



現代風にアレンジしてみたいのです。



細・軽・ピンなロッドではありません。

















正直、万人に受けないかもしれません。



でも、このアクションが分かる人は、



長年シーバスフィッシングをしている方だと思います。



そんなイメージのモノです。


















エゴイストなモノを作るってのは、



作る人がエゴイストでなければならない訳で、



単純にワガママなだけなんですが。



納得して手にとって頂けるモノをお届け出来るよう、



もう少し頑張ってみます。















  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー