Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

お待たせ致しました。完成です。



長いこと、お待たせ致しました。



2013年 NEWアイテム





SWAT SW91L Tradist





ようやく完成です。




















コンセプトや、開発の経緯については、



以前に書いたログを読んで頂ければと思います。



















〜Tradist  伝統を継ぐモノ〜










〜古くて新しい SeabassRod〜

































スペックについて紹介です。



グリップの長さ













(左から 97ML 88MLM 83LML 91L の順)











( 左 83LML  右 91L )






83LMLと同じ形状になります。



ウェーディング時では水面を気にならない長さとし、



機動性が高いグリップレングスとなっています。




























ガイドのサイズ







(左から 83LML 91L の順)



トップ部は、ワンランク大きいモノとしました。



それは、ナイロンラインの使用までを考えて、



キャスト時のライン抜けの良さを狙ってです。



適合ラインとしては、



PE0.8〜1.0号 リーダー 16〜20lbs



ナイロン 8〜10lbs リーダー 16〜20lbs



この範囲でジャストと言えるモノにしています。


























アクション



キャスト時はレギュラーアクション。



ファイト時にはパラボリックに曲がります。



全体的に 『 しなやかさ 』 を纏ったアクションと言えます。



その為、ティップだけを使ったスナップキャストでは、



あまり飛距離を望めません。



ベリーからバットまでルアーウェイトを乗せ、



押し出すイメージでキャストを行うと、



軽量なルアーでも十分な飛距離が出ます。



















また、適度に曲がるので、



非常にバラシが少なくなった様に思えます。



PEラインを使う場合、伸びが少ないため、



魚を暴れさせすぎるのでバレ易いのです。



ナイロンラインを使って、『伸縮性』を上手く使い、



バラシ難くするのも手です。
















ターゲットが暴れるとロッドが吸収してしまうので、



バレ難くなるわけです。



不用意に暴れさせないので、小さいと思っていると、



ランディング直前で魚を見て



デカかったということが、何度もありました。





















感度



普通ですね。



究極の高感度は狙っていません。



ルアーの挙動さえ掴めれば良い範囲に設定しています。



それは、暗闇の中キャストをする際に、



ルアーのある位置と、



潮の抵抗さえ分かれば良いとしました。

























初めての1本目としては、



かなり使い難いロッドかもしれません。



何年もシーバスを楽しんできた方が、



最後に行き着くロッドとなれば良いなと、



思いながら作りました。



7月末頃 にはデリバリー出来ると思います。


発売をご期待下さい。













SWAT  SW91L  Tradist


Length : 9'1"ft


Lure Wt. : 5-25g


Line : 6-12lbs






























  • にほんブログ村 釣りブログへ

古くて新しい SeabassRod




散々テストばかりした、「あのロッド」に



最終決断をする頃になりました。










SW91L Tradist













コンセプトは、





 『 伝統的なアクションを現代風に引き継ぐ。 』





簡単そうで、かなり悩みました。



















パラボリックに曲がりがならも、



シャープ感をまとわせたブランクを希望。



もちろん、シリーズ特有のネバリも



持たせたかったわけです。



軽量化なら簡単に出来ます。



しかし、ブランクを軽量化すれば耐久力が落ちます。



ネバリを持たせたいならば、



復元力と耐久力を上げれば良いのですが、



重量が増すことは極力少なくしたい訳です。



















マトリックスに置き換えれば、



重量と強度のXYの軸上で



バランスの良いところを見つけ出す事になります。



まぁ、これは作っては試すの繰り返しで、



時間を掛けて見つけていく作業なのです。




















以前にネバリについて書いた事がありました。



気になった方は、釣竿屋の小言をお読み下さい。


↓  ↓  ↓  ↓  ↓


『ネバリって何だろう』


















気になるベンドカーブの写真を載せておきます。






錘負荷 500g














錘負荷 1000g






















想定しているフィールドは、



大河川の河口域のシャローエリア。



干潟のシャローエリア。



汽水湖のシャローエリアなどです。


















出来るだけ色々なエリアで試してみたいので、



各地でテストを頼んでいました。



富山のM君からの報告です。











昨年に掛けた魚ですね。










良い魚ですね〜。
























大河川の河口域から中流域まで、



川をメインにテストしてくれていました。
















さて、



あと1本サンプルを確認して、



最後のGoサインを出すか決めようと思います。




まだかよっ!って言っていただいて構いません。




最後まで、コダワらせて下さい。




Staff : Funaki



















  • にほんブログ村 釣りブログへ

Tradist  伝統を継ぐモノ





20年以上昔になるだろうか、



当時のシーバスロッドはトラウトロッドの



延長であるようなロッドであったと記憶している。




















今でこそ低レジン・高弾性カーボンロッドは当たり前だが、



当時はボロンなど異素材を使ってロッドに張りを出していた。



その頃のロッドを改めてみると、



こんなに柔らかかったか…と思えるほどだ。





















少年の頃、BASSばかり狙っていたが、



私の地元は、海や大河川、汽水湖が近いこともあり、



シーバスをルアーで狙うこともあった。






















専用タックルは借り物で楽しんでいたのだが、



専用ロッドは欲しくなる訳で…。



とある日、釣具店にロッドを見に行くことになる。



店員さんに聞くと、 『 9ftが基準だよ 』 と教えて頂いた。


















当時は選択するほど専用ロッドは少なく、



一様に しなやか でソフトなアクションのモノが一般的。



ラインはナイロンが主流で、ダブルラインを組み、



メインラインの倍の太さのリーダーを結ぶのが定石と教えられた。






















お小遣いを大奮発してタックルを揃えて、



近くの川に行くのだが、そんな簡単には釣れない…。



釣れないまま1年が過ぎ、



今日こそはと、海に一番近い



河口に架かる橋下に釣りに出かけた。





















冬の河口、潮は大潮後の中潮。



釣れないのが悔しくて、タイドグラフの読み方を教わり、



ポイントの攻めかたも教えて貰っていた。



あとは釣るだけ。






















中学生が夜中に自転車で釣りに出掛けていたなんて、



今では考えられないかもしれない。



補導されてもおかしくないですよね…



まぁ、これは時効ということで…




















いつも投げていた ラパラCD9 の レッドヘッド を結び、



橋の下に出来る明暗にキャストを繰り返した。



何時間過ぎたのか、潮位も下がりソコリ寸前。



寒いので帰ろうかと思っていたころ、不意にロッドに違和感が。



リールを巻くと、少し抵抗がある。



取り込んでみると、セイゴが掛かっていた。



これが私の初シーバス。



嬉しくて写真も撮り忘れていた。






















私のなかで、シーバスタックルの定番が当時の記憶になっている。



進学のため上京し、東京湾でシーバスを釣りに行くときも、



同じタックルを愛用していた。


















その後、天龍に就職し、



現代風のタックルに触れ、



色々とスタイルの違いによる



シーバスフィッシングを知ることになる。





















あれから20数年後、



ロッドのデザインをする仕事を生業にしているのだが、



倉庫であるロッドを見つけた。








それが LSP










 LSP の項を前回に書きました、



↓ 気になった方は読んでみてください。





  『 LSPという名のロッド 』






















LSPを持った瞬間、懐かしいと思えた。



シーバスフィッシングを覚えた頃のロッドに酷似していた。



改めて見直すと、とてもソフトなアクションだ。



バットまでスムースに曲がりこんでいく。




この柔らかさがバレ防止に繋がり、



反動が少ない分、一晩中振っても疲れにくい。
























中弾性カーボンをメイン素材に使用してあり、



パラボリックな弧を描くアクション。



曲げこむほどにネバリを感じるロッドとなっている。



天龍で伝統的なアクションとされ、



シーバスロッドでは古典的になるかもしれないが、



実践的であるアクションと言える。



このアクションを現代的にアレンジしたら、



面白いロッドが出来ないか?…と思えて企画したのが










SW91L  Tradist  だ。










20年以上シーバスフィッシングを楽しむ方なら懐かしく思え、



近年のロッドだけをお持ちの方なら



新鮮モノに感じるかもしれない。
























大河川の河口域でのシャローゲーム。



干潟でのウェーディングゲーム。



汽水湖でのウェーディングゲーム。



こんなシチュエーションを想定してセッティングしている。



ロッドの詳細については、



別の項で説明したいと思います。





















私がこのロッドを使うときは、



たぶんタックルボックスの中は、



レッドヘッドのミノーばかり入れていくでしょうね。



これも一つの楽しみ方。



ぜひ、伝統の一端を触ってみてください。
 

 

面白いロッドですよ。


 

Staff : Funaki











 

 


 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

SWAT 追加モデル発表!!



お待たせしました。



昨年より、チョコチョコと



釣行コラムで出てきたSWATの追加モデル。
















ホームページにもUPしましたが、



2機種発表いたしました。







『 SW91L 〜Tradist〜 』





『 SW88H-BC 〜Limit Breaker〜 』






どちらも曲者ぞろいであります。



そう、SWATのコンセプトは、



個性であり、



ドコにでも有るモノにはしていません。



今春発売を予定していますが…、



ただ今、最終調整中です。

















先日、九州でテストをお願いしている倉永氏より、



テストの報告がありました。








相変らず、良い釣りしていますね〜。




80クラスのヒラ様とのことです。









使用ロッドは、SW88H-BC




他にも、60クラスのシーバスを2本獲ったようですが、



やり取りをするようなサイズではなく、



ゴボウ抜きだったとのことです。



まさに、大物だけを狙ったコンセプト通り。
















今後、皆様からのビックな報告が聞けることを



楽しみにしたいです。



ロッドの詳細については、



また別の機会に書きたいと思います。




発売は、4月以降になる予定です。




遅くならない様、気合をいれて



最終調整をしたいと思います。





Staff : Funaki












  • にほんブログ村 釣りブログへ

理想と現実



年の瀬が迫ってきました。



もうすぐ2013年ですね。














来年発表するネタなんですが・・・。



何度もシーバスでテストしているモノです。



今年は、このロッドに手こずらされました。










1st プロトは、硬すぎでボツ。



2nd プロトは、折れた・・・。



3rd プロトは、柔らかすぎてボツ。



4th 、5th、 etc・・・。

















理想に近づいているのですが、



あとちょっとの部分が納得がいかないのです。



作ってはテストの繰り返しで、



もちろんフィールドでの実釣。



















たぶん、今のロッドでも80点は付けられます。



ですが、個性が無いんですね。



言わば、普通。

















今、目指しているのは、



『 昔 』のあのアクションを、



現代風にアレンジしてみたいのです。



細・軽・ピンなロッドではありません。

















正直、万人に受けないかもしれません。



でも、このアクションが分かる人は、



長年シーバスフィッシングをしている方だと思います。



そんなイメージのモノです。


















エゴイストなモノを作るってのは、



作る人がエゴイストでなければならない訳で、



単純にワガママなだけなんですが。



納得して手にとって頂けるモノをお届け出来るよう、



もう少し頑張ってみます。















  • にほんブログ村 釣りブログへ

今さらですが SW97ML (長文です)


















今春に発売して、半年が過ぎました。



弊社の在庫で、残っているのが不思議な状況で、



いつも品切れしていてスミマセン。



作っているのですが、



予約注文で在庫出来ない状況が多いのです。














それだけ、沢山の方に支持されていると思うと、



ロッドデザイナーとして、



とても有り難く思います。



これからも、マニアック一筋で、



気に入って頂けるモノをお届け出来るよう、



精進致します。



















さて、これからのシーズン、



大型河川の河口部、



広大なサーフ、



または干潟など、



最高な時期となりました。



次の潮周りは面白そうです。



















そこで、活躍するアイテムが、














SW97ML  Exceed of Distance














そう、旧スワットを知る方ならピンとくるモデル。







前作 SW96ML Distance 







このモデルを超えるアイテムとして開発をしました。











Distance を超える、Distanceモデル。












何が違うか、というのが気になる所ですよね。



ここで、洗いざらい書いてみようと思います。





(発売する前に書けって、怒らないで下さいね)





















ロッドの生命線とも言えるブランクですが、



完全に1から再構築することから始まりました。



旧作を使っていて気になったことは、



持ち重り感と、バラシやすさ。この2つです。



















コンセプトである『かっ飛ばしロッド』の名の通り、



バキバキの高弾性素材を使用し、



肉厚でトルクフルなブランクでありました。



しかし、その高弾性化の結果、



ショートバイトを弾きやすく、



肉厚のため、やや持ち重りもあります。



また、シーバスを狙うには、



過剰過ぎるパワーがありました。
















そこは、アングラーの腕次第とも言われますが、



小職の様なヘタレには、もっと掛かりが良く、



軽いロッドが欲しい訳です。


















そこで求めたものは、



『かっ飛ばし』が可能で、



バレ難く、



軽い、ということ。



忘れてならないのが、



『ネバリ』強いということです。





















自重を抑えるため、前作よりレジン量を減らし、



軽量化を図りながら、



ティップは、弾性率を変化させ、



ソフトなティップにすることにより、



ショートバイトでも弾き難くしました。




















ベリーからバットは、



キャスト時のブレを少なくする為、



高弾性素材で固め、



テイクバックでロッドに掛かった負荷を、



素直に前方へ送り出せるテーパーに調節しています。




















ここで、ちょっと重要なのが、



キャスト時のブランクの曲がりです。



前作よりも、ややバットへ負荷が掛かりやすくしました。



それは、若干ですが曲がるということです。



















遠投競技の様なキャストをするのではなく、



一般的なキャストフォームで、



常にMAXに近い距離を出しやすくしています。



毎回100%の力で投げているよりも、



8割ほどでキャストしていた方が、



実釣においても集中力が続きますよね。




















たぶん、使う方によっては、



前作のブランクの方が飛ぶよ!



って方も居るかもしれません。



でも、良いんです。



シンドイ釣りをするより、



楽しく釣りを出来る方を選びました。



でも、不思議なモノで、



前作より飛距離が伸びた様に思えるのです。



今度、正確な実証を取ってみようと思います。






















パーツに目を移します。



なんと言っても、



Kガイドに目が行きます。



















前作は、ローライダーガイドシステムでしたが、



Kガイド化すると、



大口径のガイドとなる為、



ラインの通る軌道が大きく変わります。
























バットガイドの直径を、



一般的なサイズと比べると、



ワンランク小さくしました。




それは、ラインの収束をバットで押さえつけ、



上部へ移行していく時には、



直線的になるようにセッティングしています。



















これは、最新のKRコンセプトに近い考えですね。



ただ、マイクロガイドではなく、



太いラインシステムでも、



かっ飛ばせる事がポイントになるのです。



















そして、最後に、







ネバる ということ。








SAWTシリーズを使用頂けた方なら、



感じているかもしれませんが、



もっちり、と表現したほうが分かり易いでしょう。

















魚を掛けると負荷によってブランクが追従し、



バラシ憎くく、



タメる事によって、



自然とターゲットの顔を、こちらに向かせ



寄せてくることが楽になります。




















ちょっと長く書き過ぎました。






伝えたいことは、まだまだ有るのですが、



読むのも書くのもシンドイので、



この辺にしておきます。


















ホント、ロッドを考えるのって楽しいですね。



ちょっと、気になるようでした、



ぜひ、お店様で見てみて下さい。



気に入って頂けると思いますよ。


























  • にほんブログ村 釣りブログへ

POWERMASTER PLUGGING !!!






PowerMaster  Plugging









このロッドを企画したときに、




最初にイメージしたモノ。










『 無骨なロッド 』 











フィールドで鍛え、アングラーの手で使い込まれる、



男の道具を作りたいと思いました。

















ショア・プラッキングゲームという遊びは、



漁をする上では有効ではないでしょう。



でも、誘い出しで出したときの快感というか、



狙って釣ったった感は、



アングラーにとって至福のひと時と言えます。















それを繰り返したくて、



また釣りに出かけてしまうのですが・・・。
















多くは語りません、



簡単に述べます。



180mm、60g前後のペンシルベイトを中心に



アクションを合わせました。



とてもソフトなティップです。
















曲がりますが、とてもトルクフルなブランクです。



ガンガン曲げて、大物とファイトして下さい。






以上・・・。













































簡潔すぎて怒られそうですので、



箇条書きにて記しておきます。



参考になさって下さい。















・アンサンド加工ブランク



・ステンレス Kガイド



・ダブルラッピング



・無骨なグリップ





























写真のロッドは、プロトなので



やや仕様が変更になるかもしれません。



御了承下さい。




















  • にほんブログ村 釣りブログへ

ショア・プラッキング!







ショア・ジギングという言葉は、


今ではポピュラーになりました。


ここ数年、ショアから青物を狙う釣りが、


全国的にブームと言えます。


















ポイントや釣り方など、


確立された状況が多く、


シーバスマンなどから


素直に入りやすい事が、


人気が出ている要因でしょう。


さて、もうすぐデビューする商品があります。













Power Master Plugging




パワーマスター プラッキング 

















ジギングでは無く、プラッキング












オフショアでは定番になった、


トップウォータでの誘いだしゲーム。













この面白さをショアでも体感できる


アイテムとして開発をしました。














ターゲットは、10kgクラスの青物とし、


ペンシルベイトや、ミノープラグの使用を前提に


2年間の徹底したテストをしてきました。














開発のフィールドの1つである南紀地方で、


テストを依頼していた方からの連絡では、


20kgクラスのマグロを相手に、


疾走するパワーに負けず、


十分な粘り強さを持っていた。とのことです。












その他にも、ヒラマサ、ブリなど、


青物相手に抜群の実績を出せました。


ジグをシャクるには、少々柔らかいため、


余りオススメはしません。














プラッキングのみに特化した、


かなりマニアックなアイテムと言えます。


トップに青物が飛び出すシーンを体感すると、


やみ付きになりますよ。

 

 




今月末ごろにデリバリーを開始したいと思います。




ご期待下さい。


















次回は、ロッドの詳細について、




紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

ショア・ティップラン エギの紹介

 



非常に多い質問が、



エギは何グラムが良いか?



・・・というお問い合わせがあります。









一般的には、3.5号≒20グラム が多いと思われます。


私は3.5号のエギに、


5グラムほどのシンカーを足して使うことが多いです。













つまり、


25グラム程から始めることになります。
















この重さがベスト・・・ということでは無く。


釣りを始める時の、ひとつの指標としています









25グラムほどに設定することにより、


ティップに負荷を与えやすく、


潮流や水深などを知ることに役立つのです。














浅いようだったらシンカーを外し、


より遅くフォールさせるようにシフトさせて行きます。







エギのサイズを、4号にする場合は、


追加のシンカーを足さずに、


そのままで使うことも多いです。









また、深い場所や潮のキツイところ、風が強い時などは、


30グラムまでウェイトアップする場合もあります。








エギの形状の都合上、シャクリを入れた際に、


跳ね上げやすくなるよう、アイが鼻の先に付いています。


これが、平行に引っ張る際に仇となる場合があります。









強く引っ張ると、頭を上げた状態で引かれることになり、


この姿勢だとイカが嫌がるように思えます。


( まぁ、これは勝手な思い込みかも知れませんがね・・・。)









そこで、慣れるまでは、


アイが頭の上に付いているタイプだと、


浮き上がりを抑えてくれるので、


頭下がりの姿勢で平行移動が容易になります。












まずは、現場(釣り場)で試してみてください。



























ブリゲイドTRコンセプト ショア
BTS83M
BTS93M

  • にほんブログ村 釣りブログへ

ティップラン 船と陸との違い


 


ご存知の方が多いと思いますが、


ティップランとは、


オフショアでのエギングから発展しました。





船での釣り方については、


各メディアで公開されているので、


そちらを参照頂ければお解り頂けます。







 YouTube でも沢山ヒットしてきますよ。







では、船と陸で何が違うか?


船なら風や潮に任せて流して行きます。


いわゆるドテラ流しです。


エギを、船で引っ張るイメージですね。














タックル・バランスさえ取れていれば、


誰でもエギを落とせば、


平行移動が出来るのが、船でのティップランになります。






船で重要なのは、


エギのウェイトによって、


レンジコントロールが変わるということです。


ラインの太さや、潮流の速さも関係しますが、


ウェイト調整によって


レンジコントロールをすることにより、


釣果に差が生じます。











陸からの場合、


エギを自分で、平行に引っ張る必要があります。
















このエギを、どう平行に引っ張るか・・・の違いが、


船と陸での違いとなるのです。










そこで困るのが、


アタリを捉えるための


繊細なティップが必要ですが、


キャストをする必要があるという事です。







船からの場合、


せいぜい投げても、


アンダーハンドでのチョイ投げ程度。







しかし、






陸からだと遠投を必要とするのです。


そこで、専用ロッドを開発しようと考えた次第です。







平行移動をしようとした場合、


どんなロッドでも可能です。







ただ、アタリを取ることが、

難しいくなるでしょう。









専用ロッドとの違いは、


アタリを取り易い・・・という差があるわけです。











次回は、使用するエギを紹介したいとおもいます。













ブリゲイドTRコンセプト ショア
BTS83M
BTS93M

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー