Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

タイラバ早掛け (タックルバランスについて)

 

 

前回まで早掛けについて説明してきた。

 

 →『タイラバ早掛けとは』(2016年12月2日掲載記事)

 

 

 

 


今回はタックルバランスについて説明していきたい。

 

 

 


早掛けの利点が見えてくると、タックルの選び方で差が表れてくる。

 


『早掛け』を行うには、アタリを直ぐに伝える高感度と

 


入力に対して直ぐに反応出来るアクション(調子)のロッドが必要だ。

 


そして、暫くテストを行ってきて行き着いたのが今回発表した2機種。

 

 

 

RedFlip  RF5111B-ML 浅場を中心とした早掛けモデル


RedFlip  RF5111B-M  :  早掛けモデルのスタンダードモデル

 

 


感度と反応速度を補うため、ロッドは全長を短くファーストテーパーに仕上げている。

 


既存のロッドでも『早掛け』は不可能では無いが、

 


こればかりは専用ロッドを使って頂くと納得して頂けるだろう。

 

 

 

 

 

 

ロッド以外にも着目していきたい。

 


ラインは、フッキングを入れることを意識して少し強めを選びたい。

 


推奨しているのは、メーン:PE1号、リーダー:20lb といった具合だ。

 


近年のタイラバタックルを見ると、

 


PE0.6〜0.8号、リーダー14〜16lb等が主流となっている。

 


しかし細いシステムを使うと、

 


フッキングの際に(アワセを入れた時)衝撃で切れてしまう恐れがある。

 


ロッドもファーストテーパーで張りが強く、硬い竿を使うほど切れるリスクは高い。

 


どんなサイズが掛かるか分からないため、慣れるまでは少し太めをお勧めしたい。

 

 

 

 

 

 

次にリールだ。

 


張りの強い竿を使うのでバラシを軽減する為に、ドラッグ性能の高いリールの使用が理想だ。

 


近年のソルトウォーター向けの両軸タイプなら、充分なドラッグ性能を有している。

 


およそ800g〜1kg程のドラッグ値を掛けていれば殆どのエリアで対応が可能なので、

 


低負荷でも滑り出しが良い物を選んで頂きたい。

 

 

 

 

 

 

最後にフック。

 


現在、市場に出回っているタイラバは、針先が【ネムリ】の場合が多い。

 


これは向こうアワセを意識して選ばれていると思われる。

 


『早掛け』の場合はフッキングのレスポンスを高めるために、

 


針先は【ストレートポイント】を選びたい。

 


これは、フッキングした際に力を針先まで直に届けることを意識してだ。

 


ただし、針形状については色々と試している段階であり、

 

 

現在スタッフ間での見解は、親針に(ヘッドに近いフック)ストレートポイントを選び、

 


子針はサポートの役割としてネムリ形状を選んでいる。

 

 

 

 

 

 

 

おそらく更に進化が進めば、

 


早掛けに向いた鯛ラバのヘッド形状なども有るかもしれない。

 


釣り方が増えると、とことん突き詰めたくなるのも一興。

 


シンプルな釣りだからこそ面白い。

 


今後、更なる早掛け向きのセッティングが出来上がれば紹介していきたい。

 

 

Staff Funaki

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

いよいよ 発売。

 

 

 

 

お待たせしました。

 

 

レイズ スペクトラ RZS71ML (Jerkin'-HD Custom) と

 

 

レイズ スペクトラ RZS82M (Pluggin' Custom)の出荷を開始致しました。

 

 

週末にかけて店頭に並びだすと思います。

 

 

既にご予約で売り切れている場合もありますので、

 

 

お求めをご希望される方は釣具店様までお問合せ下さい。

 

 

天龍 営業部

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

新型ネット完成 ( FatesNet 51 )

 

 

社ホームページをご覧になった方でお気づきの方も多いはず。

 

 

フェイテスネット の新型をリリース予定だ。

 

 

新サイズは『51』。

 

 

枠の縦幅が51cmとなり、サクラマス等の大型トラウト狙いには必須のサイズだ。

 

 

 

今作はサイズだけでなく、素材・パーツをも一新している。

 

 

前作『50』も十分に軽量であったが、

 

 

今作は更に軽量となり、背中に背負っていても違和感を感じなくなっている。

 

 

 

 

グリップも細くシェイプしたことで、握ったフィーリングが向上した。

 

 

 

 

ネットは既存の『スペアネット50サイズ』と共通となっており、

 

 

もし破れてしまっても互換性を持たせている。

 

 

 

 

グリップエンドには、ヘビーサルカンを装着しているので

 

 

ネットストリンガー等を着けることも可能だ。

 

 

お楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

Model : 『 Fates Net 51

 

Size : 全長 755mm 枠内径(縦)510mm (幅)340mm

 

Price : ¥24,000−(税抜き)

 

発売時期 : 2017年1月末〜2月上旬頃を予定。

 

(納期がズレる場合も御座いますので御了承ください)

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

タイラバ 早掛けとは

 

 

 

 

遂に発表となったタイラバ『早掛け』専用ロッド(2機種)

 


RedFlip  RF5111B-ML


             RF5111B-M


発売時期:2017年3月末頃(予注承り中)

 


動画でも紹介してきたが、釣り方を紹介していきたい。

 

 

 

 

 

 

『早掛け』とは、アタリが有ったら間髪入れず即フッキングを入れるスタイルだ。

 


今までは…アタリが有ってもリールを巻き続け、

 


リーリングでフッキングに持ち込むスタイルが一般的であった。

 


近年フッキングを入れる事に着目され始めているが、

 


『いつフッキングを入れる?』と迷ってしまわないだろうか?

 


答えは単純だ、当たったら即フッキングしてしまえば良かったのだ。

 

 

 

 

 

 

このスタイルには長所と短所が存在する。

 


それぞれを説明するには、ターゲットの習性を知ることから始まる。

 


真鯛は雑食性で、魚類や甲殻類・多毛類など季節や場所によって様々な餌を捕食している。

 


捕食するシーンを全て理解している訳ではないが、

 


市場に出回っている一般的なタイラバならヘッドごと丸呑みしてしまうと思っている。

 


だが魚の活性次第で捕食方法に差が発生する。

 


一飲みにバイトしてくる状況や、ヘッド部とラバーの付け根を狙ってくる個体には、

 


圧倒的に『早掛け』が有効と思えている。

 


逆に魚の活性が低く、ネクタイに噛み付く様なバイトには向かない。

 


活性が低ければ今までの『巻き』のスタイルが有効という訳だ。

 

 

 

 

 

 

今まで一辺倒であったタイラバの使用法が、

 


『早掛け』が出来ることで新たな局面が生まれた。

 


ロッドを変え、タイラバの形状を変え、固定か誘導かを選ぶなど

 


選択方法が広がり釣りの深み(ヤリコミ要素)が増している。

 


今後、早掛に向いたタイラバのヘッド形状や、フック形状など進化は進んでいくだろう。

 


シンプルだからこそ面白い『早掛け』にチャレンジしてみては如何だろうか。

 

 

Staff Funaki

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

ベイブレイズ ビッグベイト対応モデル

 

 

以前に公表させていただいた追加モデル

 

 

BBZ682B-XXKがいよいよ発売となります。

 

 

スペックについては以前のログを参照頂ければと思います。

 

 

ビッグベイト対応モデル BBZ682B-XXK (加筆)

 

 

 

 

 

 

各地にてビッグベイトが有効な機会が増えている中

 


この機会に是非ロッドを手に取ってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

『High Tension Dragger』 SWAT SW88MLM (改筆)

 

 

SW88MLM (High Tension Dragger)

 

Lure : 8-40g  ,  Line : 8-16lb ( 参考数値 PE0.8-1.5号 )

 

 

 

 

『ハイテンション・ドラッガー』という サブネームの通り、

 


曲げる事でロッドのトルクを最大限に引き出す事を楽しむロッドだ。

 


コンセプト文にも書いたが、

 


イメージしたフィールドは河川であり、

 


太い流芯の中からビックフィッシュを引きずり出す事を考えている。

 


リールのドラッグの替わりにブランクを曲げ込み、

 


余計なラインを出さず大型のシーバスと対峙することを目的にしている。

 

 

 

 

 

 

リアグリップ長が長いと感じる方も多いかと思う。

 


これはファイト時に肘や脇に当てやすい長さを意識しての長さである。

 


確かにライフジャケットや厚着した際に干渉しやすい長さでは有るが、

 


流れのある河川で大型のターゲットとファイトした事のある方なら、

 


このリアグリップの意味が分かって頂けると思う。

 


大物対応と書くと太くて硬く曲がらないロッドをイメージされる方も多い。

 


確かに硬いことのメリットも多く、

 


張りが強いロッドは瞬間的に魚の顔をアングラー側に向かせる強引なファイトであったり、

 


スピンテールやバイブレーション系のプラグとの相性が高くなる。( SW92M が典型例)

 


だが河川において流れに同調させる様な釣りは硬いロッドでは難しくする。

 

 

 

 

 


イメージして欲しい、川幅が適度に広いタイダルリバーで、

 


橋脚によって流れにヨレが発生し魚が留まりやすい環境が出来ている。

 


大概は流下してくる餌を補食しやすい位置に定位しており、

 


アングラーは魚の目の前にルアーを送り込み誘いを掛けていく。

 


流れに逆らうことはせず、ドリフトさせるイメージで狙いのポイントへ流し込む訳だが、

 


この際ロッドのティップに適度なシナリが有ることで

 


『流れ』を感じやすく安定してルアーを流し込み易い。(これは他のロッドにも言える)

 


全ての釣りにおいて同じく硬い竿ほど魚が暴れ易く、柔らかいロッドだとその逆だ。

 


シーバスの面白さはエラ洗いなどの大胆なファイトが魅力であるが、

 


その反面に執拗に暴れることでバラシ易い面もある。

 


そこで曲がるアクションに設定し、フックが伸びてしまったり(時には折れる)、

 


フックの刺し傷が広がりバラシ易くなることを防ぐ訳だ。

 


またラインテンションを一定に保ち易く、魚の引きに追従することも狙いである。

 


川の流れる力と魚の抵抗が加わり、ロッドは大きく曲がりこむ。

 


だが使用するアングラーは曲がった際に、安心感のある粘り強さを感じるだろう。

 


ファーストテーパーのロッドに馴れてしまうと、ベンディングカーブの頂点がバットに近くなるため、

 


些かパワーが無いロッドと思われがちだが、このロッドは曲げ込むほど本当の力を発揮しはじめる。

 

 

 

 

 


一見細身で華奢ではあるが、カーボンを肉厚に巻き、

 


ナローテーパーに仕上げることでモッチリとしたアクションに仕上げた。

 


オフショアで青物などのターゲットを狙う際、

 


弊社のジギングロッドでも同じ様なアクションに仕上げることが多く、

 


大型を狙う時ほど曲がるロッドの方がキャッチ率が高いと感じている。

 


例えが極端になってしまったが、兎に角曲げて楽しむロッドという事だ。

 

 

 

 

 


さて、この機種に合わせるバランスを紹介しておきたい。

 


15〜20g程度のミノーやバイブレーションプラグ等に対応している。

 


それより重めのルアーはヘビーシンキングのペンシルやジグミノー等、

 


ボリュームは少なく比重が高いルアーと相性が高い。

 


晩秋の河川などでは大型が狙えることも多く、この機種の出番が多くなる。

 


ぜひランカーハントの一手として選んでみてはどうだろうか。

 

 


Staff Funaki

 

 


 

この記事は2012年5月に掲載した文章を改筆したものです。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

ディープライダー解読書

 

 

ジギング人気の影響かジグザムの問い合わせが後を絶たない。

 


ディープライダー(以後JDR)について質問も多く、

 


今回は質問の多い内容とその回答を掲載していきたい。

 

 

 

 

Q1. 新旧の違いが知りたい

 


簡単に分けると『アクションの変更』と『パーツの変更』である。

 


アクションは極端に変更した訳ではないが、

 


全体的にスムースに曲がるアクションとし、バットを若干強化している。

 


そのため旧作と比べると少し柔らかく感じ、

 


曲げ込むことでシリーズが誇る復元力を感じられる様になった。

 


ただし、番手によってバットを強化したが故に、

 


硬く感じられる機種もある。(JDR581S-3Kなど)

 


近海ジギングでの流行ではないが傾向として

 


『しなやか』に曲がるロッドが好まれる様になり、

 


アングラーの負担を軽減するタックルを手にする方が増えている。

 


そうしたニーズに答えられる様に、

 


若干ではあるがアクションの変更を行った経緯がある。

 


ただ…店頭で曲げ比べした程では分り難いかもしれない。

 


ラインを通して実際にフィールドで操作すると実感出来る。

 


目に見えて分かる変更としてパーツの変更だ。

 

 

旧 ディープライダー(JDR631S-3)

 

 

新 ディープライダー(JDR631S-3K)

 


ガイドを一部チタンフレームに変更し、形状も『Kタイプ』に変更している。

 


ライトな機種はシングルフットを多用し、

 


パワーを求める機種には全てダブルフットのガイドを採用した。

 


チタンフレームにしたことで穂先側が軽量となり、持ち重り感の改善が出来ている。

 

 

 

 

ベイトタイプのリールシートは、

 

 

ドラッグフォースでも採用した『PLSシート』に変更した。

 

 

トリガーの位置が小指より後ろ側になり、

 

 

パーミングが楽になり違和感なく操作が可能となっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

Q2.なぜ『C・N・T』を使わなかったのか?

 


ディープライダーらしさを求めると、

 


素材の変更はロッドの味付けを変えてしまう恐れがあった。

 


カーボン素材は単純に弾性だけ語れる訳でなく、

 


繊維の太さや方向性、樹脂量など様々な要素が複雑に組み合わさって構成される。

 


C・N・Tを使うと現状より耐久性は上がるかもしれないが、

 


操作性などフィーリングが全く違ったロッドに仕上がってしまい、

 


結果として後継モデルはC・N・Tは使用しない事に決まった。

 


今後、技術力が向上すればC・N・Tの実装も可能性が出てくるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

Q3.ブラックリミテッドの再販は?

 


限定販売のため、今後同じモデルを再販する予定は残念ながら無い。

 


当時のハイエンドスペックを求めて作ったのがブラックリミテッドであり、

 


今後考えるのであれば現行モデルをチューンしたロッドだろう。

 


ただし、リミテッドモデルの予定は未定だ。

 

 

 

 

 

 

Q4.電動ジギングは可能か?
 

 

電動リールを使用したジギングに関して、全く問題なく使用が出来る。
 

 

リールシートを新型(PLS)に変更したことで、
 

 

大型のリールを装着しても持ちやすいデザインとなっている。

 


サイズはS社であれば800〜1000番クラス。

 


D社なら200〜300番クラスが使い易い範囲だろう。

 

 

 

 

 

Q5.ローレス系に向くか?

 


路線的にはローレス系なアクションに仕上がっている。

 


低反発のブランクを採用しスペック表記の最大ウェイトを使用することで、

 


ジグの動き出し(初速)を落としローレス系の使用が可能となる。

 

 

ただし専用ロッドでは無いのでアングラー次第で色々と試して頂きたい。

 

 

 

 

 

 

今後、質問等がありましたら追記致します。

 

 

Staff Funaki

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

虎の巻 『SWAT SW92M』

 

 

こんにちは。テスターの関川です。

 


いよいよ10月に入り、シーバスも秋本番モードに突入ですね!

 


産卵を前にした大型の個体が、荒喰いするこの時季のシーバスをどう攻略してやろうか。

 


一年で一番楽しみにしておられる方も沢山おられるのではないでしょうか?

 


そんな中、確実に「武器」となりえるロッド『 SWAT 92M 』を、今回ご紹介したいと思います。

 

 

 

 


このロッドが生まれるきっかけとなった

 


「都市型河川のような急激な流れの中でも、シーバスに対して主導権を得る」

 


というコンセプトでしたので、今までの SWATシリーズ に比べると、

 


まずそのバットからベリーにかけての「硬さ」に驚かれると思います。

 


これは掛けた魚がダウンからのやり取りになったとしても、

 


アングラーが水力と魚の抵抗に負ける事なく、

 


魚を自在にコントロールする為に必要な硬さとなっています。

 


従来からの SWAT の特徴である「粘り」を殺さずに、ギリギリの設定の中でそれを求めました。

 

 

 

 


そして特に拘ったのが「ベリー」です。

 


SW92Mは乗せて掛ける為のロッドではなく、自ら掛けに行く仕様にしてあります。

 


もともと充分な感度があるので、

 


アタリを感じた瞬間から、如何に早くアングラーがフックを掛けに行けるか…。

 


この点も満点の仕上がりとなっており、実際僕もテストを繰り返す中で、

 


キャッチ時によくある通常の口の左右にある柔らかい所へのフッキングはもちろん、

 


口の中で両フックが掛かっている状態でキャッチする事が、

 


このロッドを使い出してから爆発的に増えたのです。

 

 

 

 

 

 

 


アタリを感じてから、アングラーの初期動作が今までよりワンテンポ速くなる分、

 


フッキングポイントが吸い込まれた奥になるという証明です。

 


ただこういった掛かり方をすると、良い点・良くない点がハッキリします。

 


良い点は圧倒的にバレにくくなり、キャッチ率が上がるという事です。

 


そして良くない点は、リーダーへの負担です。

 


いわゆる丸のみに近い状態となる事が多いので、

 


スナップ上5cmぐらいがガサつく事が稀にあります。

 


あえてリーダーを太くする必要まではないのですが、

 


一本捕った後は必ずチェックして頂きたいと思います。

 

 

 

 

 


そして「ティップ」です。

 


この部分には、若干の「遊び心」を施してあります!

 


穂先から10cm前後だけを、スッと入るようにセッティングしています。

 


グーッと入り過ぎると、

 


結果として折角の掛けに行ける仕様であるベリーを殺してしまう事になるので、

 


バランスを取ってスッと入る程度に仕上げました。

 


実は僕、真冬の5g〜7gといった超スローなボトムのシグヘッドワーミングでの釣りでも、

 


このロッドを使っているぐらい、スッとの入りが良い完成度になっているんです。

 

 

 

 

 


悩むぐらい沢山のロッドが世に出回っている中、

 


この SWAT92M は他との違いがハッキリとしています!

 


堅さはあるのに、重みが乗りググーッと曲がり始めると、

 


最大限の粘りを発揮しようと曲がりのタメを作ろうとします。

 


この部分に奥深さを持たせたというロッドなので、

 


『これオモシロイ』と思える一本に仕上がっていると思います!

 


(写真は全て最終プロトです)

 


次回は実釣編やキャスト編などもアップしていきたいと思います。
 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

レイズ・スペクトラ 追加モデル紹介動画

 

 

いよいよ、2016年10月1日より受注開始となります。

 

 

2016年12月末〜2017年1月初旬頃リリース予定です。

 

 

ご期待ください。

 

 

 

Rayz Spectra RZS71ML ( Jerkin'-HD Custom )

 

 

Rayz Spectra RZS82M ( Pluggin'-Custom )

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

イカメタルゲーム

 

BRIGADE・Squid AR (ブリゲイド・スクイッドAR)

 

 

AR68B-FL

Length : 2.03m / 6'8"    Lure : 18-90g(5-25号)    Line : 0.3-1.0号

 

AR70B-FLL

Length : 2.14m / 7'0"    Lure : 18-80g(5-20号)    Line : 0.3-1.0号

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー