Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

今さらですが SW97ML (長文です)


















今春に発売して、半年が過ぎました。



弊社の在庫で、残っているのが不思議な状況で、



いつも品切れしていてスミマセン。



作っているのですが、



予約注文で在庫出来ない状況が多いのです。














それだけ、沢山の方に支持されていると思うと、



ロッドデザイナーとして、



とても有り難く思います。



これからも、マニアック一筋で、



気に入って頂けるモノをお届け出来るよう、



精進致します。



















さて、これからのシーズン、



大型河川の河口部、



広大なサーフ、



または干潟など、



最高な時期となりました。



次の潮周りは面白そうです。



















そこで、活躍するアイテムが、














SW97ML  Exceed of Distance














そう、旧スワットを知る方ならピンとくるモデル。







前作 SW96ML Distance 







このモデルを超えるアイテムとして開発をしました。











Distance を超える、Distanceモデル。












何が違うか、というのが気になる所ですよね。



ここで、洗いざらい書いてみようと思います。





(発売する前に書けって、怒らないで下さいね)





















ロッドの生命線とも言えるブランクですが、



完全に1から再構築することから始まりました。



旧作を使っていて気になったことは、



持ち重り感と、バラシやすさ。この2つです。



















コンセプトである『かっ飛ばしロッド』の名の通り、



バキバキの高弾性素材を使用し、



肉厚でトルクフルなブランクでありました。



しかし、その高弾性化の結果、



ショートバイトを弾きやすく、



肉厚のため、やや持ち重りもあります。



また、シーバスを狙うには、



過剰過ぎるパワーがありました。
















そこは、アングラーの腕次第とも言われますが、



小職の様なヘタレには、もっと掛かりが良く、



軽いロッドが欲しい訳です。


















そこで求めたものは、



『かっ飛ばし』が可能で、



バレ難く、



軽い、ということ。



忘れてならないのが、



『ネバリ』強いということです。





















自重を抑えるため、前作よりレジン量を減らし、



軽量化を図りながら、



ティップは、弾性率を変化させ、



ソフトなティップにすることにより、



ショートバイトでも弾き難くしました。




















ベリーからバットは、



キャスト時のブレを少なくする為、



高弾性素材で固め、



テイクバックでロッドに掛かった負荷を、



素直に前方へ送り出せるテーパーに調節しています。




















ここで、ちょっと重要なのが、



キャスト時のブランクの曲がりです。



前作よりも、ややバットへ負荷が掛かりやすくしました。



それは、若干ですが曲がるということです。



















遠投競技の様なキャストをするのではなく、



一般的なキャストフォームで、



常にMAXに近い距離を出しやすくしています。



毎回100%の力で投げているよりも、



8割ほどでキャストしていた方が、



実釣においても集中力が続きますよね。




















たぶん、使う方によっては、



前作のブランクの方が飛ぶよ!



って方も居るかもしれません。



でも、良いんです。



シンドイ釣りをするより、



楽しく釣りを出来る方を選びました。



でも、不思議なモノで、



前作より飛距離が伸びた様に思えるのです。



今度、正確な実証を取ってみようと思います。






















パーツに目を移します。



なんと言っても、



Kガイドに目が行きます。



















前作は、ローライダーガイドシステムでしたが、



Kガイド化すると、



大口径のガイドとなる為、



ラインの通る軌道が大きく変わります。
























バットガイドの直径を、



一般的なサイズと比べると、



ワンランク小さくしました。




それは、ラインの収束をバットで押さえつけ、



上部へ移行していく時には、



直線的になるようにセッティングしています。



















これは、最新のKRコンセプトに近い考えですね。



ただ、マイクロガイドではなく、



太いラインシステムでも、



かっ飛ばせる事がポイントになるのです。



















そして、最後に、







ネバる ということ。








SAWTシリーズを使用頂けた方なら、



感じているかもしれませんが、



もっちり、と表現したほうが分かり易いでしょう。

















魚を掛けると負荷によってブランクが追従し、



バラシ憎くく、



タメる事によって、



自然とターゲットの顔を、こちらに向かせ



寄せてくることが楽になります。




















ちょっと長く書き過ぎました。






伝えたいことは、まだまだ有るのですが、



読むのも書くのもシンドイので、



この辺にしておきます。


















ホント、ロッドを考えるのって楽しいですね。



ちょっと、気になるようでした、



ぜひ、お店様で見てみて下さい。



気に入って頂けると思いますよ。


























  • にほんブログ村 釣りブログへ

POWERMASTER PLUGGING !!!






PowerMaster  Plugging









このロッドを企画したときに、




最初にイメージしたモノ。










『 無骨なロッド 』 











フィールドで鍛え、アングラーの手で使い込まれる、



男の道具を作りたいと思いました。

















ショア・プラッキングゲームという遊びは、



漁をする上では有効ではないでしょう。



でも、誘い出しで出したときの快感というか、



狙って釣ったった感は、



アングラーにとって至福のひと時と言えます。















それを繰り返したくて、



また釣りに出かけてしまうのですが・・・。
















多くは語りません、



簡単に述べます。



180mm、60g前後のペンシルベイトを中心に



アクションを合わせました。



とてもソフトなティップです。
















曲がりますが、とてもトルクフルなブランクです。



ガンガン曲げて、大物とファイトして下さい。






以上・・・。













































簡潔すぎて怒られそうですので、



箇条書きにて記しておきます。



参考になさって下さい。















・アンサンド加工ブランク



・ステンレス Kガイド



・ダブルラッピング



・無骨なグリップ





























写真のロッドは、プロトなので



やや仕様が変更になるかもしれません。



御了承下さい。




















  • にほんブログ村 釣りブログへ

ショア・プラッキング!







ショア・ジギングという言葉は、


今ではポピュラーになりました。


ここ数年、ショアから青物を狙う釣りが、


全国的にブームと言えます。


















ポイントや釣り方など、


確立された状況が多く、


シーバスマンなどから


素直に入りやすい事が、


人気が出ている要因でしょう。


さて、もうすぐデビューする商品があります。













Power Master Plugging




パワーマスター プラッキング 

















ジギングでは無く、プラッキング












オフショアでは定番になった、


トップウォータでの誘いだしゲーム。













この面白さをショアでも体感できる


アイテムとして開発をしました。














ターゲットは、10kgクラスの青物とし、


ペンシルベイトや、ミノープラグの使用を前提に


2年間の徹底したテストをしてきました。














開発のフィールドの1つである南紀地方で、


テストを依頼していた方からの連絡では、


20kgクラスのマグロを相手に、


疾走するパワーに負けず、


十分な粘り強さを持っていた。とのことです。












その他にも、ヒラマサ、ブリなど、


青物相手に抜群の実績を出せました。


ジグをシャクるには、少々柔らかいため、


余りオススメはしません。














プラッキングのみに特化した、


かなりマニアックなアイテムと言えます。


トップに青物が飛び出すシーンを体感すると、


やみ付きになりますよ。

 

 




今月末ごろにデリバリーを開始したいと思います。




ご期待下さい。


















次回は、ロッドの詳細について、




紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

ショア・ティップラン エギの紹介

 



非常に多い質問が、



エギは何グラムが良いか?



・・・というお問い合わせがあります。









一般的には、3.5号≒20グラム が多いと思われます。


私は3.5号のエギに、


5グラムほどのシンカーを足して使うことが多いです。













つまり、


25グラム程から始めることになります。
















この重さがベスト・・・ということでは無く。


釣りを始める時の、ひとつの指標としています









25グラムほどに設定することにより、


ティップに負荷を与えやすく、


潮流や水深などを知ることに役立つのです。














浅いようだったらシンカーを外し、


より遅くフォールさせるようにシフトさせて行きます。







エギのサイズを、4号にする場合は、


追加のシンカーを足さずに、


そのままで使うことも多いです。









また、深い場所や潮のキツイところ、風が強い時などは、


30グラムまでウェイトアップする場合もあります。








エギの形状の都合上、シャクリを入れた際に、


跳ね上げやすくなるよう、アイが鼻の先に付いています。


これが、平行に引っ張る際に仇となる場合があります。









強く引っ張ると、頭を上げた状態で引かれることになり、


この姿勢だとイカが嫌がるように思えます。


( まぁ、これは勝手な思い込みかも知れませんがね・・・。)









そこで、慣れるまでは、


アイが頭の上に付いているタイプだと、


浮き上がりを抑えてくれるので、


頭下がりの姿勢で平行移動が容易になります。












まずは、現場(釣り場)で試してみてください。



























ブリゲイドTRコンセプト ショア
BTS83M
BTS93M

  • にほんブログ村 釣りブログへ

ティップラン 船と陸との違い


 


ご存知の方が多いと思いますが、


ティップランとは、


オフショアでのエギングから発展しました。





船での釣り方については、


各メディアで公開されているので、


そちらを参照頂ければお解り頂けます。







 YouTube でも沢山ヒットしてきますよ。







では、船と陸で何が違うか?


船なら風や潮に任せて流して行きます。


いわゆるドテラ流しです。


エギを、船で引っ張るイメージですね。














タックル・バランスさえ取れていれば、


誰でもエギを落とせば、


平行移動が出来るのが、船でのティップランになります。






船で重要なのは、


エギのウェイトによって、


レンジコントロールが変わるということです。


ラインの太さや、潮流の速さも関係しますが、


ウェイト調整によって


レンジコントロールをすることにより、


釣果に差が生じます。











陸からの場合、


エギを自分で、平行に引っ張る必要があります。
















このエギを、どう平行に引っ張るか・・・の違いが、


船と陸での違いとなるのです。










そこで困るのが、


アタリを捉えるための


繊細なティップが必要ですが、


キャストをする必要があるという事です。







船からの場合、


せいぜい投げても、


アンダーハンドでのチョイ投げ程度。







しかし、






陸からだと遠投を必要とするのです。


そこで、専用ロッドを開発しようと考えた次第です。







平行移動をしようとした場合、


どんなロッドでも可能です。







ただ、アタリを取ることが、

難しいくなるでしょう。









専用ロッドとの違いは、


アタリを取り易い・・・という差があるわけです。











次回は、使用するエギを紹介したいとおもいます。













ブリゲイドTRコンセプト ショア
BTS83M
BTS93M

  • にほんブログ村 釣りブログへ

ショア・ティップランとは・・・ 



 


まずは、こちらから。





→ ショア・ティップランの釣り方





知ってるよ、見たよ、って方は、

飛ばして下さい。







伝えたかったのは、


『 引き出し 』ということ。


つまり、釣り方の1つと言う事です。






今まで、『???』だったアタリが、

『!!!』になったら楽しいですよね






さて、次回はティップランから

解説していこうと思います。


  • にほんブログ村 釣りブログへ

あと一ヶ月



 



お盆シーズンが過ぎ、

暑さもピークを過ぎようとしています




気の早い方は、

秋のエギングシーズンを

楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。








そう、あと一カ月程で、

アオリイカが沢山釣れる時期になります。








まぁ、地域によっては年中釣れるかもしれませんが、

海無し県に住んでいるので、

この時期は、とても楽しみにしている訳です。







正直、昨年は釣りにくい年でした。

今年こそは・・・と意気込んでいる次第です。







さて、昨シーズンに発表した、

『 ショアティップラン 』ですが、

この時期になると問い合わせが増えてきます。








一般的なエギングと、どう違うの?

ホントに釣れるの?

などなど。








これから、シーズンに向けて、

ショアティップを解説をしていきたいと思います。






何回かに分けて、ログをアップしようと思います。






日本語さえ怪しいワタクシですが、

出来るだけ分かり易く説明したいと頑張ってみます (^^ゞ



















  • にほんブログ村 釣りブログへ

アジングロッドについて

 







富山のジャンキーこと、蔵野です。





今回、ルナキアソニックの開発にあたり、

ようやく皆様の前にお披露目することができました。






この数年、一躍ルアーのメインターゲットに昇格したアジ。







このアジングゲームの兆候と今後の展開を考えた時、

今までのロッドとは違った性能が求められるものだと考え、

開発がスタートしました。








開発期間は約2年。








僕がロッドに求めたのは、

絶対感度テンション感度の融合 」でした。









年々シビアさ、そしてライト化が進むアジング。

絶対感度は単純に

カーボンの弾性(トン数)をあげれば感度はよくなる。







しかし、

トン数のアップで感度だけを突き詰めていくと問題が出てきます。







それは、リグの操作感。

パリパリのロッドで超軽量リグをキャストしてみてください。

ロッドが曲がらず飛ばしにくいはずです。








そしてリグをアクションさせてみてください。

リグの動く感じ、潮を捉えることも難しいと思います。

だからこそのテンション感度も必要。









ライトリグを扱うロッドでは長らく

絶対感度とテンション感度の融合は不可能だと言われてきました







これを両立させるため、

2年間の長きにわたりテストを行い、

試行錯誤を繰り返してライトリグでの

リアルハンドコントロールを高めるため、

ブランクには天龍の誇る最先端のブランクと生成技術、

そして僕の持っているノウハウを最大限注ぎ込みました。








パリパリだけのロッドでは成し得ない、

キャスト〜アクション〜フォール〜フッキング〜ランディングまでの

一連の動作のスムーズ感。







パリパリのロッドが速さのみを追い求めるレーシングカーなら、

ソニックはワインディングロードを美しく駆け抜けていく

クーペのように、柔よく剛を制す。

そんなロッドに仕上げてあります。









エキスパートのみならず、

アジングをもっと突き詰めてみたい

アングラーにこそ使っていただきたい。

そんなロッドです。





このロッドが貴方の右腕となり、

アジングをさらに深く、愉しみになることを願ってやみません。



蔵野 雅章





  • にほんブログ村 釣りブログへ

SW71ML  開発秘話  Vol.2

 SW71ML  開発秘話  Vol.1 の続き →






初めから作り直すこととなった、

ジャーキング専用ロッド





SW71ML








まずは、センターピースで作った試作と
同じアクションを 1ピースのブランクで
作ることからです。












ワンピース初回のブランクは
パワーが過剰すぎてダメ出しを頂く。
なかなか事は運ばない (-_-;)











何度かの失敗を繰り返し、
同レベル(センターピースの最終プロト)まで
ブランクが出来た。
持ち運びを考慮して、
グリップ脱着のタイプとしました。

SW71ML










だが、まだ同じレベルである。
求めるのは 『 動き 』 を重視したアクション。












それは、
素直に曲がるブランクがあってこそ可能になる。
極端に曲がるクセがあったので、
これを解消していく。










ティップからベリー、バットまで無理なく曲がり、
追い求めていたアクションが出来ていく。












グリップ脱着タイプにして、別な利点も見えた。
ウェイトバランスをグリップ寄りになったことで、
モーメントが手元中心となり、
ジャーキング時の負担を軽減できたのです。












バット部の太さも、
やや太めにしたことも
バランスを良くした要因とも考えられます。











ここまで簡単に書いたが、
既に2シーズンの半ばまで来ています。
シリーズ発表まで、あと半年。
ギリギリまで調整が続きます












日本海側、太平洋側の小中河川。
また、都市型エリアを中心に、
実釣による最終調整を繰り返しました。













余談ですが、静岡でテストして頂いた方より、
磯でのテストでヒラスズキともファイトしたとのこと。
ハッキリ言って無謀…
足場の問題など、
無理なファイトを強いられた様だが、
トロフィークラスを手にしたと連絡を頂いた。
(真似しないで下さい…色々と危険です)













数か月後、納得のいくレベルとなった。

現代版ジャーキングロッドの完成です。














最後に…



このロッドは、ルアーを限定していません


ジャーク出来るモノなら、
スペック内であれば全て対象になります。








ジャークベイト、ペンシルベイト
リップレスベイトなど
何でも良いでしょう。










これは、ユーザー側に
遊び心を残して置きたかったのです。











1つのルアー専用といったモノを作るのも一理あります。
ですが、状況を把握し試すことに
釣りの楽しみがあると信じています。











だから、自由にルアーを操作して頂きたかったのです。










リーリング中心の釣りから、
アクションすることが中心の釣りへ。









これが正解かどうかは分かりません。
時には、それが全てを凌駕するかもしれません。










この楽しみを体感したとき、
新しい扉を開けることでしょう。
ぜひ、手にとってみてください。



  • にほんブログ村 釣りブログへ

SW71ML  開発秘話  vol.1

SWATロゴ3 






SW71ML  Jerkin'







釣りがマンネリ化したアングラーへ送る

ジャーキング特化型、マニア向けロッド。





SW71ML







このロッドを開発するにあたり、
当初は簡単に出来るモノだと考えていた。










それが、シリーズ中で一番長い時間と、
多くの試作を作るモノとなってしまったのです。










企画を考える発端は、
北陸のカリスマアングラーからの提案でした。










「 ジャーキングのロッドが欲しい 」









面白い!
こんなロッドを作ってみたかった。









しかし、既に他メーカーでも同じような
コンセプトのロッドは存在していた。










同じようなモノなら要らない。
作りたいのは、

現代版のジャーキングロッドであり、

唯一無二のモノである。








まず、3つの要素から。


・感度よりもルアーの 『 動き 』 を重視したアクション。


・連続するジャークによる負担を少なくするバランス。


・太目のラインシステムや
 ナイロンラインの使用も考慮した大口径ガイド。







このファクターを盛り込み、試作を作る事となったのです。











ガイド比較
左が71ML  右は83LML
ガイド径の大きさの違いが分かる













試作とテストを繰り返し、
理想に近づいたモノが出来きた。









長さとして 7ft ほど、パワーとして MLクラス。
何本もの魚をキャッチし、
OKを出す寸前で ストップ が掛かる。









それは、 2ピースだということ。
持ち運びを考えて
センターピースのモノを作っていたのだが、
ここで、考えが浅かったのに気づく。










上記に上げた要素のうち、

『 動き 』 を重視したアクションを求めていた。











それは、1ピースなら

更に良いアクションを出すことが
出来ないだろうか?…ということです。










どんなロッドでも、1ピースが理想である。
だが、持ち運びなどを考えて 『 継ぎ 』 になる。









今回の長さを考えると、
センターピースにする必要が無い。





バスロッドに例えると、
7ftクラスで1ピースのモノは多い。
それは、理想を突き詰めていくうち、
自然とそうなったのではないだろうか。










ブランクを作れるメーカーであって、
ここは妥協したくないところだ。










これが、開発を長引かせる事となる。








鉄芯(マンドレル)からの調整が必要になってくる。
むしろ全てが最初からになるのです。
既に開発が始まって、1シーズンが過ぎていた…。





→ vol.2 に続く。
  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー