Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

渓流ベイトタックル(リールの選択編)





ここのところ、渓でのベイトタックルが人気が



ジワリジワリと上昇してきました。



以前より楽しまれてきている方も多いでしょう。



ここで私なりのリール選びを、書いてみようと思います。







ちょっと長文です・・・。







正解でもあるし、間違いかもしれないので、



これらの点に関しては、1つの遊び方程度に



参考程度にして頂ければと思います。








































以前に『3gが壁』という事を書きました。



これはキャストにおいて低弾道でルアーを



ピンポイントに送り届けられるか、という事になります。



3g以下が投げられない訳ではないのですが、



どうしても弾道がフライになりやすく実用的と思っていません。




(私のスキル不足ですね…)




リールの性能にも大きく左右されます。



バスフィッシングでは当たり前となりつつある、



ベイトフィネスタックルと同様に



スプールを軽量にすることが得策でしょう。



同じリールでスプールをノーマルのモノと、



軽量なモノと比べてみました。



正直なところ、気持ち良さは比較になりませんでした。



さすが専用と言ったところです。
























更に投げやすさを追求していくと、



スプールに巻くラインも気にしたりもします。



普段は50mだけラインを巻く様にしています。



これはバックラッシュしても、



100mのラインなら残り半分を持ち歩いて、



現場で巻き直す事を考えての事ですが、



先日、知人との会話でスプールの重量を気にする方は多いけど、



ラインの重さも考えるべきと言われました。



確かにその通りで、



100m巻くのと50mとでは初速が変化します。



バックラッシュ怖さにしていた事だったのですが、



少なく巻くことで軽量になったことで、利にかなっていた様です。
























ベイトタックルでの利点として、



キャスト後に巻きだし直ぐにクラッチが戻せるので、



ルアーの立ち上がりスピードを着水後すぐに可能になります。



スピニングリールなら、ベールを戻すタイムラグが発生します。



手でベールを戻す方法で短縮が可能ですが、慣れが必要です。



ベイトタイプだとハンドルを回すと同時に巻きだしが出来るのが、



ストリームでの釣りでは有効と思っています。






























また、当たり前かもしれませんが、



ハンドルも キャストする手とは に、



右手で投げるならレフトハンドル、



左手で投げるならライトハンドルをオススメします。



巻きだしの時間を縮めることに繋がります。




(ハンドルの位置は慣れでカバーもできます。)



























ギア比も高いことに越したことはありません。



しかし、一概にハイギアが一番とは言えません。



ギア比が変化すると巻き取り量に変化が生じます。



以前にスピニングリールを新調した際に、



巻き取り量が変化した事で



リールに慣れるまで苦労した記憶があります。



理想はハンドル1回転が、



普段使われているスピニングリールと同じ位の



巻き取り量に合わせると良いです。



ベイトタックルでも巻き取り量を合わせることで、



スピニングと同じ感覚に近づけるのが良いと思います。



























ハンドルの長さの変化も気になったりもします。



円運動の半径、すなわちハンドルノブまでの長さが、



ベイトタイプだと短い場合が多いのです。



ハンドルを回すピッチのズレだけでも、



何か違和感を感じることも有るわけです。



(極端な場合ですけどね…。)



出来る限り普段のスタイルに合う



リールを選ぶことが望ましいです。























『まとめ』 をすると、





・軽量なスプールを装着





・ラインの巻き量を少なくする





・ハンドルの向き、長さを合わせる





・ギア比と巻き取り量を合わせる









以上の事を意識しています。



決してベイトタックルは、道楽的な釣り方ではなく、



実践的な釣り道具として遊べると思いますよ。

 

 

 













Rayz  RZ56L-BC ,  RZ75M-BC







  • にほんブログ村 釣りブログへ

渓流でベイトタックル









今でこそ、様々な釣りモノをターゲットとしているためか、



自分が何かの専門釣り師とは言えないが、



私が天龍に入社する以前は、



ブラックバスに狂っていた。
















生活の基盤が関東にあったので、



自然とBASSをターゲットとすることが多かった。



その際、タックルはベイトタイプが多く、



スピニングリールの出番は少なかったと思える。


















天龍に入社し、トラウトの遊びを覚え、



スピニングタックルを持つことが多くなった。



それが、一昨年からベイトをメインとする様になるとは、



考えてもいなかった。

















ここのところ、バス向けのタックルは、



ベイトフィネスが流行しており、



以前よりも軽量のルアーをキャストし易いリールが



各メーカーより発表されている。

















このリールをトラウトで使ってみることにした。



それが、レイズのベイトタイプを作るキッカケであった。

















トラウト向けのベイトロッドは、



ずっと昔から存在しているが、



渓流向けと言えるモノが少なかったと思える。



ましてはアップストリーム向けというと、



ほんの一握りであるといえる。


















一昨年からテストを初め、



昨年はベイトタックルでの釣行を増やし、



色々とテストしていた。



正直なところ、ベイトリールでの私の壁は、



 『 ルアーウェイト : 3g 』 であり、



これ以下はキャストのコントロールが難しい。



練習しかないのだが、ここは割り切って、



3g以下のルアーはスピニングで使うことにした。

















難しいのも好きなのですが、



やっぱり楽しみを優先といったところ。



リールも、もっとクラシカルなモノがカッコよい。



本流向けに用意した方は、



太鼓型のタイプを愛用している。



本流なら7g前後から上の重さが多いので、



最新型でなくとも遊べるのが良いところ。




















ベイトタックルの利点などは、



別の機会に書きたいと思います。



また、紙面媒体などでも紹介しますので、



そちらもご参照ください。

















さて、今年のルアーを選別しています。



毎年恒例のドラフト会議。



今年の一軍ボックスに顔を並べるルアーは、



何にしようか悩んでいます。



もうすぐ中部地区は河川の解禁となります。



ソワソワしているアングラーも多いのでは?



今シーズンも良い釣りが出来ますように。









Staff : Funaki






















  • にほんブログ村 釣りブログへ

Laguna LN762L  ~ビワマス・スペシャル~

ラグナ <ラグナ>

開発名: 琵琶湖ビワマス・スペシャル
機種名: LN762L

ラグナ

琵琶湖でのテストが始まり、既存モデルの比較検証から始まった。
一般的にレイクトローリングにおいて、
レッドコアラインを用いたモノがセオリーであり、
もちろん弊社商品もレッドコアラインを中心としたモデルの製造をしている。

浅棚(水深10m程度)にターゲットが居る場合ならまだしも、
20mを超えたディープレンジではダウンリガーのシステムが活躍することになる。

ラグナ


既存アイテムでは6ftの規格が2機種あり、
ダウンリガーにも併用出来るモノではあったが、
これはレッドコアも使えることを考慮したアクションであった。
メインロッドの内側での使用を考慮しての長さであり、
ダウンリガー専用とは言い難い。

10ftの機種は、アウトリガーを考えた オーソドックスなレングスである為、
ダウンリガーを行うには取り回しの面で長く、
船上において何本ものロッドを出すことを考えると長さが邪魔をする。


そこで行き着いたのが、7.6ftというレングスである。

アクションは、7:3のカーブを描き、
トロール時には、バットがしっかりと残っている。

テストロッド
写真は試作ロッド(カラーはグリーンになります)

ブランクの製法には、Magna Flex製法(マグナフレックス)を用い、
メイン素材としてグラス素材を使い、 ティップ部には超ソフトなグラス素材をチューブラー状のまま繋ぎ目を排した特殊製法で成形されている。

このティップはターゲットがバイトしてきた際に、ダウンリガーのクリップからラインが外れても、 一定のテンションを保ち易く、 非常にバレにくい特性をもっている。

ラグナ

バットパワーは、レコードクラスの大物が来ても、 余裕を持って対処出来るパワーを持たせてある。 これは、何本ものロッドをセットしたことにより、 狭いスペースでのファイトを想定しての事だ。

リアグリップには、EVA素材のグリップに変更した。 これは、垂直型のロッドホルダーにセットすることを想定し、 何度も差し込むことを考えて、 コルクより削れにくいEVAを採用した。

ラグナ
オフセットハンドル(グリップジョイント)を採用

徹底したテストを繰り返し、ダウンリガー専用… しかも琵琶湖をメインとしたビワマス・スペシャルと言って 過言でない、専用ロッドが完成したのである。

尚、4月下旬ごろ、初出荷になりますのでご期待下さい。

4.2kg
68cm 4.2kg 昨年記録したレコードフィッシュ

ラグナの詳細ページはこちらから

  • にほんブログ村 釣りブログへ

ビワマス ダウンリガー専用モデル

 ラグナ < ラグナ >



構想が持ち上がったのが、2010年暮れ。        

琵琶湖 北湖にてレイクトローリングを開拓してきた、

F氏からの提案から始まった。


ビワマスをターゲットにおいた専用ロッドの開発である。

氏からの要望は、ダウンリガー専用モデルであること。

これは、ビワマスの生態を考えた上で

非常に理にかなった釣法であることが分かる。

 レイクトローリング



まずは、ビワマスの生態から解説したい。

夏,湖中での遊泳層は水温15付近,

すなわち水深1520mの躍層直下で捕食時にのみ

水温2025の表層に出撃し,群れアユを捕食するらしい.

高温で餌の多い表層で捕食し,低温の躍層下で休息するのがふつうで,

夏季の琵琶湖の水温が上下で大きく違うことを巧みに利用して生活している.
食性:河川生活期の稚魚は小型の水生昆虫や陸生昆虫を捕食し,

湖中の未成魚はヨコエビなどの甲殻類を,

成魚は湖中のアユやイサザなどの魚類とヨコエビを主に食べる.

~(独)国立環境研究所HPより引用~

ビワマス
 

以上のことから、比較的ディープレンジにおいて
生活圏を持っている魚であり、

釣り方としてダウンリガーによる深場を狙うことが近道である。


状況によっては、20m
~30m以深までを狙うこともあり、

時として70cmを超えるビックフィッシュとの遭遇もある。

なかなか、手強いターゲットである。



しかも、甚だ美味とのことだ。
ゲームフィッシュとしても手強いうえ、
美味しいとならば、
釣り師として是非釣ってみたい魚といえる。 



ロッドの紹介は、『ラグナ LN762L』へ引き続きます。



  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー