Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

Rayz Spectra RZS77MMH (Mikija)

Rayz Spectra RZS77MMH (Mikija)

 

・ワイルド向けスパルタンモデル 

 

大型の鱒族から鮭族をターゲットとした、


強めのロッドを作ろうと思い立ったのは今から4年前の春だった。


その切っ掛けは、北海道のフィッシングガイドであるO氏との会話からだ。


北海道や本州の本流域で鱒を狙った釣行はレイズを使っているとのことで、


時にはカムチャッカ等の海外遠征でも出番が有ると言う。


しかし、ヒットしても捕れない魚が居るとの事だった。


強いロッドであるのが前提なのだが遠征など荷物の制限が有り、


様々なフィールドで扱いえるレングスが欲しいと語っていた。


・ベースはRayz RZ75ML 


手始めに本流向けとして定番であったRZ75MLをベースとして、


3ランク程パワーアップしたMHパワーのモデルを作ることに決めた。


大型を相手にするためロッド全体にトルクが必要とされるので、


迷わずバットにC・N・Tをコンポジットしている。


方針としてはスペクトラとして完成させる目的だ。


初回のサンプルをO氏に渡し長いテスト期間に入った。

 

(釣果写真は全てO氏からの提供)

 

最初のレポートではリアグリップが短いため大型がヒットした際に、


肘にグリップを当ててファイトし難く手首が辛いとのこと。


また、トップから2番ガイドまでのリング径も大きい方が良いとの事だ。


パワーは申し分ない様で、レイズ特有のアクションとの相性は良い様だ。


次回のサンプルからは微調整の連続だ。


ガイド位置やリング径のサイズによってキャストフィールが変わり、


配置する位置はファイト時に力を均等に分散するのが理想だ。


全長やグリップの長さ(リールシート位置)によってもモーメントが変化し、


ブランクがいくら良くてもパーツとの相性が悪ければ意味がない。


なおさら、スペクトラの称号に値するには徹底的にテストし吟味が必要だ。


・3シーズンのテスト期間 


北海道の各河川、本州では大型が見込める長野県・犀川、


海外だとカムチャッカをメーンフィールドに捉えテストを行ってきた。

 


O氏には内緒で他にも8ft台のモデルなども作成しテストしたが、


思ったようなアクションに行き着くことが出来ず、


結果的には7ft後半の全長が一番良いとの結論に行き着いていた。


そして最終的に出した答えは、7フィート7インチ MMHパワーであった。


パッと見は細身のブランクであるが、振り心地はシャープであり、


曲げ込むと特有のネバリを感じられるアクションに仕上がっている。

 


サブネームとして『Mikija ミキージャ』と名付けた由来は、


カムチャッカ地方に生息する虹鱒の原種の名前を入れている。


ワイルドトラウトの名前が相応しい魚体をしており、


このロッドで狙うターゲットとして最高の好敵手だろう。


・Features 

 


グリップの長さ比較は、RZ75MLと並べると分かる通り一握りぶん長い。


本来であれば8ft台で使う長さであったが、前述の通りモーメントや


ファイト時の安定性を考えて行き着いた長さだ。

 


ガイド径も比較すると、サイズは全く違い大きいのが一目で分かるだろう。


大型を相手にする場合だと単純に強いラインも必要となるため、


太めのラインにも対応するガイド径を選んでいる。


昔からのロッドを知っている方からすれば少し小さく感じるかもしれないが、


出来るだけギリギリのセッティングを探ってみた結果だ。


・タックルバランス 


リールサイズは、D社LT3000〜LT4000番。


S社だとC3000〜4000番が扱い易いサイズで、


使用するラインのキャパシティに合わせて選んで欲しい。


ラインはPEラインを選ぶ方も多いと思うが、


エキスパートにはナイロンラインを選んで頂くのも一考だ。


リールだけでなく、ロッドのアクション(調子)やラインの伸縮による


ドラッグ値を利用するのも大型魚をキャッチ出来る手の1つでもある。


勿論、飛距離や水抵抗の面ではPEラインに分が有るので、


状況次第で使い分けて釣りを楽しんで頂きたい。


使用するルアーは、おおよそ7〜14gの間が使い易いと感じている。


ミノープラグであれば8〜9cmクラスがメインであるが、


慣れてくれば7cmクラスのフローティングタイプでも充分に扱える。


一般的にサクラマス狙いに使われるルアーを基準として貰えれば、


タックルバランスは自ずと見えてくるはずだ。


・様々な大型魚がターゲット 


また新たなベンチマークが出来た、


このモデルの完成はスペクトラの新たな扉が開いたと感じている。

 


今までのレイズシリーズには無かった超スパルタンな仕様となり、


決して誰にでも扱い易いロッドとは言い難いが、


ワイルドフィッシュを求める方には強力な相棒になると思う。

 


海外遠征だけが全てでは無く、日本国内でも充分に活躍の場は多い。


サクラマスを筆頭にニジマスやイワナ・アメマス、場所によってはサーモンなど


様々な大型のターゲットをキャッチして頂きたい。


Staff Funaki

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

釣りフェスティバル 2020 in 横浜

 

 

2020年最初の展示会は、『釣りフェスティバル』からスタートです。


例年ジャパンフィシングショーの名称で開かれていましたが、


今年からは釣りフェスティバルと変更して開催されます。

 

 


弊社ブースは、会場の中間エリア B-314(赤枠の位置)です。

 

 

(写真は2019年のブース壁面デザインです)


昨年に引き続いて、投稿して頂いた写真をブースの壁面に採用しています。


投稿頂いた全ての写真は掲載出来ませんでしたが、


どこかに投稿頂いた写真が有るかもしれませんので、


ご自身の写真を探してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 


本年は既に弊社HPにて発表していた通り、


スワット、スパイク、レイズのフルモデルチェンジを予定しており、


期待されている方も沢山居られると思っております。

 

 


その他にも昨年発表したスピードスティックの完成形、


レイズ・スペクトラやレッドフリップ・リアクションテンヤの追加モデルなど、


新製品を含めカタログ掲載製品を全て展示する予定ですのでご期待下さい。

 

 

 


また、ロッドにリールを取り付けて、バランスを確認出来る様に致します。


ご自身のリールをお持ち頂ければ、自由に取り付けて頂いても大丈夫です。

 

 


弊社スタッフ・フィールドスタッフも常駐致します。


簡単な質問からマニアックな内容など、


この場でしか聞けない開発秘話などが聞けるチャンスです。


気になった点ございましたらお気軽にお声掛け下さい。


常駐フィールドスタッフ(土・日曜のみ)


伊藤英樹氏、久保田剛之氏、佐藤雄一氏、澤田利明氏。

 

 

 


今年の総合カタログが完成しました。


既にHP上では受付開始となっております。


当日はブース内でカタログをお求め頂けます。


1冊¥500(税込)現金のみにてご対応致します。


フィッシングショー時のみ購入特典として、


2020年度版・限定カラーのロゴシールが付いてきます。

 

 


お仲間、ご家族、ご友人もお誘いあわせのうえ、ぜひ会場へお越しください。


沢山のご来場、心よりお待ちしております。

 

 

*****************************

釣りフェスティバル 2020 


場所:神奈川県・横浜市 パシフィコ横浜


日時:1月17日(金) 12:00〜18:00 一般公開


        18日(土) 9:00〜17:00 一般公開


        19日(日) 9:00〜17:00 一般公開


入場料:当日¥1,500/前売¥1,300-


(高校生以下、70歳以上の方は入場無料)


(障害者手帳を提示頂いた方と介護者1名は入場無料)

 

*****************************

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

投稿写真ギャラリー

 

ご投稿有難うございました。


特典としてステッカー(限定カラー)をプレゼントさせて頂きます。


今後も弊社製品のご愛顧宜しくお願い致します。


**************************************

 


投稿日 2020年 1月 3日


1.お名前 齋藤 勝俊 様


2.魚種名 ベッコウゾイ


3.魚サイズ 50cm


4.場所・年月日 宮城県金華山・2020年1月3日


5.使用ロッド名 HLJ641S-FUL


6.コメント 


しなやかさの中にも、テンリュウ独自の粘りがあり


50upのベッコウゾイでもPE0.8号リーダー12ポンドでもなんなく浮かせる事が出来ました。


スーパーライトジギングには、最高のロッドです。

 

**************************************

 


投稿日 2020年 1月 5日


1.お名前 小沢 様


2.魚種名 ヒラメ


3.魚サイズ 55cm


4.場所・年月日 千葉県・2020年1月3日


5.使用ロッド名 PMS1032S-MLM


6.コメント 


正月早々いい感じで釣れました!


バレるな、バレるなと祈りながらランディング(笑)


このほかにもシーバスの70cmくらいのが釣れて良い年明けに成りました!

 

**************************************

 


投稿日 2020年 1月 6日


1.お名前 なっさん 様


2.魚種名 真鯛


3.魚サイズ 66cm


4.場所・年月日 出雲 地磯


5.使用ロッド名 PMS1032S-MLM


6.コメント 


今年初物です!


張り出した磯のサラシでヒットしたことと、点在する沈み瀬に突っ込まれないためにも


ドラグを出せない状況でしたが、ロッドのしなり、粘り、パワーを活かし、


出る設定のドラグをほとんど出さずにやり取り出来ました。


スワットの92Mとはまた性格の違ったロッドで手懐けていくのが楽しいです!


磯から70upのシーバスを何本か獲ってて感じたことですが、


このロッドはしっかりと曲げてあげるとバラシがほとんどないですね!


面白いです!!

 

**************************************

 

ご投稿して頂ける皆様へ


皆様からのインプレッションお待ちしております。 


投稿写真ギャラリーにて掲載された方には『限定ステッカー』をプレゼント致します。 


応募方法はコチラ → 写真投稿について


皆様からの沢山の投稿をお待ちしております。

 


株式会社天龍 釣具事業部 写真投稿係

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

電動ジギングチャレンジ

 

お久しぶりです。


スタッフKです。

 

今回は、年末のブリを確保する為、福岡県糸島から出船しています勝吉丸さんで


最近流行の電動ジギングを勉強させて頂きました。

 

 

 

12月に入っても水温が下がり切らない為か


上旬の方にはシイラやヒラゴばかりでブリが中々顔を出してきませんでしたが、

 

下旬に入り少しずつブリが釣れ始めているとの事。

 

若干の不安と夢の10kgオーバーに期待しながら2時間弱の移動。

 

今年追加になったJDF5101B−G4/5に電動リールをスタンバイしていざスタート。

 

しかし、中々ジグが流れていかない。


電動ジギングの広く早く探る利点が発揮できない状況に苦戦。

 

すると、ミヨシに立つ常連さんにヒット。


どうもベイトがアジなどのため、小型のジグをフワフワ誘っている様子。

 

早速私も電動で真似をしようと試みるがどうも違う様子。


頭を抱え船長にSOSを送り竿をパス。

 

さすがの腕前で、一投目のシャクリでヒット。


グラスならではの柔軟な粘りと、リールのトルクでグイグイ魚が浮いてくる。


上がって来たのはヒラゴ。

 

ベイトがイカなどの場合は、中〜高速巻きでフワフワ誘うのが効果的との事ですが、

 

今回はベイトがアジなどの小魚で中〜高速巻きでしっかりシャクり、

 

ジグを止めて食わせの間を持たないと当たるが食い切らない印象でした。

 

そこから、懸命に船長の真似をするが何かが違う。


ショートバイトは出るが掛かり切らないモヤモヤを懸命に堪えているとついにヒット。

 

しかし、引かない上がってきたのは赤ヤガラ。


実はかなりおいしい魚との事で、以前から食べてみたかった私には嬉しいゲストとなりました。

 

 

そして、またまた修行タイム。


手巻きの常連さんがどんどん上げていく姿をみて、辛抱たまらずリールを付け替え手巻きタイム。

 

常連さんの真似をして、小型ジグをボトム付近で軽くジグを飛ばしつつゆっくり見せているとヒット。

 

 


ヤズですが、最初の本命に一安心。

 

同じパターンでさらに追加して、電動へ。


最後の最後に、もう一度船長の釣り方を勉強させて頂いているとまたもやヒット。

 

 

 

本日最大の7kgのヤズを釣り上げ納竿となりました。

 

 

実は、一本大バラシがあり個人的にはとても悔しい年内ラスト釣行となってしまったので


来年(2020年)は10kgを目指してリベンジに行きたいと思います。

 

電動ジギングの誘いの広さの面白さと体への負担の少なさ。

 

改めて今後のジギングシーンには欠かせない釣法だと感じました。

 

 

Tackle data

_________________________

Rod: JDF5101B-G4/5
Reel: シーボーグ300J
Line¥: PE4号
Leader: 16号
Jig: 150〜200g

_________________________

Rod: JDF5101B-G4/5
Reel: ジガー2001PG
Line: PE3号
Leader: 10号

Jig:150〜200g

_________________________

Angler: Staff K

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

投稿写真ギャラリー

 

ご投稿有難うございました。


特典としてステッカー(限定カラー)をプレゼントさせて頂きます。


今後も弊社製品のご愛顧宜しくお願い致します。


**************************************

 


投稿日 2019年 12月 28日


1.お名前 曽我 様


2.魚種名 ワラサ(メジロ)


3.魚サイズ 72cm、3.8kg


4.場所・年月日 三重県熊野方面突堤・2019年12月28日


5.使用ロッド名 PWM100MHKP


6.コメント 


ダイビングペンシルやミノーの飛び出しを抑える絶妙な柔らかさのティップを備えており、


ティップからベリー前半までしなやかに曲がりますが、


ベリー後半からバットにかけてのパワーがかなりあります。


画像のワラサも6mの突堤からのランディングでしたが、


足元での突っ込みにもロッドを立てているだけでオートマティックに浮かせることができました。


また、しっかりとルアーへのアクションを伝達できるのでとても使いやすく、


プラッキングでの釣りには右に出る者はいないと思います。


そして何より軽いです!

 

**************************************

 


投稿日 2020年 1月 3日


1.お名前 曽我 様


2.魚種名 ワラサ(メジロ)


3.魚サイズ 66cm、2.8kg


4.場所・年月日 三重県熊野方面突堤・2020年1月3日


5.使用ロッド名 PWM100MHKP


6.コメント 


前回ブリ級が回遊していたので、ルアーを前回使用したカーペンターγ25-130から

γ45-160にサイズアップしてみました。


少し重くなった分か、キャスト時にティップにルアーの重さを100%乗せきれた感覚で飛距離も幾分延びました。


誘い出しについても、ティップの柔軟さが過剰な動きをルアーに与えず、


全く違和感のないルアー設計通りの動きを演出できたように思います。


特にキビキビとした動きがシャープなウッド製ルアーとの相性が抜群です。


結論も早く67センチのワラサが出ましたが、ほとんどティップの力だけで

オートマティックにフッキングしました。


魚とのやり取りも、最初から最後まで主導権を握る余裕のやり取りでありながらも、


適度に魚とのやり取りを楽しめる非常に釣った感の高いロッドです。


パワーマスタープラッキング。使い始めて一年になりますが、

今後もライトコアと合わせて手放せないロッドです。

 

**************************************


ご投稿して頂ける皆様へ


ぜひ皆様からのインプレッションお待ちしております。


 投稿写真ギャラリーにて掲載された方には 『限定ステッカー』をプレゼント致します。 


応募方法はコチラ → 写真投稿について


皆様からの沢山の投稿をお待ちしております。

 


株式会社天龍 釣具事業部 写真投稿係

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー