Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

ドラッグフォースのライトスペック


『 JIGZAM DraggForce JDF621S-2/3 』






この番手を待っていた方は多かったのではないだろうか?


食い渋る状況でライトなジグを使いたいが、


いざファイトとなると強引さを求めるような状況は多々ある。


今までのロッドではオーバースペックなタックルを使うか、


ライトタックルを無理に使うしかなかった。


そこに新素材が光明を差し込む。


『C・N・T』を活用することにより、


2ozクラスの細身でありながら、


驚異的なネバリを実現出来たのだ。


その恩恵は繊細さを手に入れることになり、


シビアになるほど真価を発揮し始める。








JDF621S-2/3 と JDF621S-3  2.5kg負荷

曲がり込んでいる方がJDF621S-2/3















機種名の表記の通り、


2ozクラスのロッドを思わせるブランクであり、


3ozクラスまでの幅広いウェイトをカバー出来るようにした。


JDF621S-3との違いはアクション(調子)。


前者はファーストであったが、


このJDF621S-2/3はレギュラースロー。


ジグを操作するポイントが違ってくる。


ファーストアクションの場合、


ティップでジグにアクションを加えることに向き、


キビキビとした操作に向いてくる。


対してレギュラースローになると、


ティップからベリー付近を意識して操作することになる。


ジグを暴れさせることが少なくなり、


適度な浮遊感をジグに与えやすくなる。


ジグの軌道が直線的な動きと、


曲線的な動きの違いと言った方が、


イメージして頂きやすいだろうか。










活性の高いターゲットや、


スイッチを意図的に入れてあげる様な場合なら


激しいアクションでも充分に喰ってくる。


しかし緩い潮の時など、


強いアクションだけでは反応が鈍いときこそ


よりナチュラルに誘うことでバイトを得られやすくなる。


アングラーからのプレッシャーを受けやすいフィールドこそ、


こういった誘いが必要になるわけだ。


一概には言えないのだが、


色々な船に乗っていて気付くのが、


釣れていない方ほどジグを過剰に動かしている傾向にある。


ジグを暴れさせてしまっている事が多いわけだ。


こういった時は、使っているジグのウェイトを少し上げるか、


ロッドのパワーを1番手下げることで、


ジグの暴れを防ぐことになり、釣果が伴ってくることが多い。










組み合わせるタックルのバランス例を挙げたい。


●ライト志向


 ジグ:100〜150g


 ライン:PE2号 リーダー35〜40lb


 リール:シマノ社製 5000〜6000番クラス


 ダイワ社製 3500〜4000番クラス

 
●強引さ優先


 ジグ:100〜150g


 ライン:PE3号 リーダー50lb


 リール:シマノ社製 8000番クラス


 ダイワ社製 4500番クラス










海域や船の流し方によってバランスは変化するので、


色々と試して頂き、お好みの設定を見つけて頂きたい。


2ozクラスだから…と表記で心配する方が多いと思うが、


実際に使ってみた時の安心感は驚くほど高く感じられる。


細いのに力持ちなロッド、ぜひ体感して頂きたい。



























JIGZAM DraggForce JDF621S-2/3


Length : 6'2"   1pcs


Lure : MAX150g   Best 100g


Line : MAX35lb


Drag : MAX5kg


Price : ¥46,000-(税抜)


2015年3月末頃リリース予定



















JUGEMテーマ:フィッシング










 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

ドラッグフォース追加モデル JIG-ZAM DraggForce New Model




2015年度カタログが完成した。



そこで満を持して発表するモデルがある。



















JIG-ZAM DraggForce



既存3機種の反響は大きく、



次期モデルの声は各方面から沢山頂いていた。



多くのサンプルと長期の開発期間を使い、



徹底して現場で鍛え抜いてきた。



この度発表する機種は、



個性豊かでありマニアックなロッドばかり。



詳細は後日お伝えするとして、今回は簡単な触りだけ。




















JDF621S-2/3



既存3機種『JDF621S-3』『JDF621S-4』『JDF621S-5』の



血統を引き継いだ一番ライトなモデル。



この硬さを待っていた方も多いはず。



表記の通り2ozクラスのアクションながら、



3ozクラスまでのジグウェイトを操作することが可能。



今春にリリース予定。

















JDF5101S-6



ドテラ専用モデル。



高速リトリーブとコンビネーションジャークを突き詰め、



大型魚だけに狙いを定めたアイテム。



セミロングではなく、あえてショートロッドに行き着いた、



コダワリに付いては後日お伝えしたい。



こちらも今春リリース予定。
















JDF5101S-8



同じくドテラ専用モデル。



ただ今、鋭意テスト中。発売日は未定。




















JDF581B-G5


JDF581B-G6


JDF561B-G7




激流・大型魚対応のベイトタイプ。



Glass素材にC・N・T素材を融合させ、



驚異のパワーを実現。



ヘビージグを容易に扱え、



素材特性をフルに活用したアイテム。



今夏リリース予定。


























初めて触って頂けるのは



フィッシングショーが一番早いでしょう。



HPには整い次第UPしていく予定。



ご期待ください。















Staff : Funaki





















JUGEMテーマ:フィッシング



















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

レッドフリップ 虎の巻(鯛ラバ編)







レッドフリップ


鯛ラバ向けに作った4機種について、


使い分けを詳しくお伝えしたいと思います。


さて、前回シリーズのコンセプトや、


各パーツ等を紹介致しました。



各機種についてご紹介して行きましょう。







まだ読まれていない方はコチラ。


赤いアイツ


鯛ラバ狂に捧ぐ、新型レッドフリップ












RF661B-L


細身に仕上げてあり、ロッド全体で曲がるアクションのため


ライト感覚で遊ぶことにバッチリのモデルと言えます。


45〜80g程の鯛ラバとの相性が良く、


比較的潮流が緩い時に活躍します。


潮流の強弱にもよりますが、


50m程までの水深での使用が使いやすく感じられます。






RF661B-ML


ティップだけの硬さは『L』に近い感はありますが、


ベリーからバットに掛けて張りがあります。


ノリの良さは『L』の方が分が高く、


針先を甘く掛け、フッキングをしっかり入れて


掛けていくことに長けた機種です。


乗せて掛けること、


『乗せ掛け』を意識したい方にオススメします。


やや張りがあり、感度という面ではこのロッドが


一番秀でたモデルとなっています。


潮流が速かったり深いエリアで、


やや重ためのウェイトの鯛ラバを


必要とする状況に活躍します。






RF792B-L


8フィート近い長さ故に、手返しこそ悪い長さですが、


ロッドの長さ(しなり)を活かして


ノリの良さは661B-L以上となっています。


感度やスリリング感を求めるなら661B-Lとなり、


ノリを重視したければ、この機種となるでしょう。


使いやすい鯛ラバのウェイトは、661B-Lと同じです。






RF792B-ML


ノリの良さを求めたいけど、潮流の影響や


やや深い場所、ターゲットが大きい場合なら


このロッドが活躍します。


661B-MLと同じく掛けていく事を意識しており、


ベリーからバットに掛けて張りを強調しています。






要約すると、


感度重視で軽いタイラバ用 → RF661B-L


感度重視で重めのタイラバ用 → RF661B-ML


ノリ重視で軽いタイラバ用 → RF792B-L


ノリ重視で重めのタイラバ用 → RF792B-ML


以上になり、システマチックなタックルを考えることが出来ます。









さて、お問い合わせの多い質問にお答えしていきましょう。






・初めて買うならどの機種が良いか?


661B-Lもしくは792B-Lをオススメしています。


アタリは有っても掛かり難いのが


この釣りの面白い所であり奥深さと言えます。


ノリの良さ求めていくのと同時に


鯛のアタリを明確に感じる事が


上級者への近道と思います。






・『L』と『ML』で迷っている。


使用する鯛ラバのウェイトによって


どちらも欲しくなります。


とりあえずは『L』を最初に選択して、


80〜120g程の重めの鯛ラバが必要になるならば


『ML』を増やすことが無難かなと思います。






・『ショート』と『ロング』で迷っている。


最初の1本ならショートタイプで良いでしょう。


取り回しが良く釣り易く感じられます。


既に6ft台のタイラバロッドを持たれているなら、


ロングタイプをお薦めします。


取り回しを捨てて感度とノリを両立させた


レッドフリップの真骨頂を感じて下さい。










簡単に書きましたが、まずは初歩的な説明でした。


もっと、ディープでマニアックな世界が待っています。


次回は、マダイジガーを紹介したいと思います。


お楽しみに。

























JUGEMテーマ:フィッシング































 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

3代目のハードル




先日発表した『3代目』ジグザムVⅢ



今回は、そのシリーズの詳細に迫っていきましょう。





















2002年に『初代』ジグザム が発売となり、



2009年に『2代目』ジグザムV をリリースしました。



そして今年、『3代目』ジグザムV が発売になります。



まずシリーズを語る上で共通点があります。



初代から続く伝統的なネバリ強さ、



この点は天龍ジギングロッドの根源であり、



他シリーズである ジグザム・ドラッグフォース



ジグザム・ディープライダー にも引き継がれ、



でも脈々と続くテーマとなっています。






















当時、『2代目』をデザインする際は散々悩まされました。



『初代』を越えながら、



いかにスタンダードなモノにするべきか…。



ロッドを考える際に間違ってイケないのは、



個性が強くなりすぎると



独りよがりで使い難い方が出てしまうことです。



ベースとなるアクションを変えずに、



2ピースから1ピースに変えたり。



グリップの長さや太さの調整や、



リールシートの取付位置。ガイドのサイズと取付位置。



最後にコスメと、挙げたらキリが無いほどで、



使いやすく永く使えるロッドを目指しました。



その『2代目』をブラッシュアップしようと考えたのです。



最初からハードルが高いのです。























V兇箸琉磴いら見ていきましょう。






ブランク







上:JZV供 _次JZV





生命線であるブランクにはコダワリ抜きました。



5ftクラスのスピニングモデルは、レギュラースローテーパーとし、



6ftクラスはレギュラーテーパー。



ベイトモデルは全てレギュラーテーパーとしました。



垂直下もしくは斜めにジグを引いてくるのかで、



使いやすいアクションを求めています。



クセを無くし、スムースに曲がり、



やや張りを持たせ、細身で粘り強く



誰にでも操作しやすい様に設定しました。



表面の加工はアンサンド仕様とし、若干の軽量化を図っています。






















ガイド







(スピニングタイプ) 左:JZV供 ̄ΑJZV




(ベイトタイプ) 左:JZV供 ̄ΑJZV





ステンレスフレームで強度を残し、



オーシャンガイドから



全てKタイプの形状を選択しました。



絡み難さはご存知の方も多いはずなので



形状についての説明は割愛します。






















グリップ












(スピニングタイプ) 上:JZV供_次JZV

















(ベイトタイプ) 上:JZV供_次JZV







スピニングタイプは見て気付いた方も多いはず。



ドラッグフォース 同じ形状を選択しています。



リアグリップは、スピニングとベイトタイプ両方とも



ディープライダーと同じ形状となっています。



握り込みやすく、疲れにくい形状で、



使いやすいモノは例え普及モデルであろうと



惜しげもなく採用しました。



もちろんモーメントを左右する、



自重バランスを整える意味でも有効でした。





















コスメティック



黒とディープブルーを基調としたカラーとし、



永く使っても飽きが来ない、



大人な雰囲気も持たせました。



ネームの部分は、太陽光に当てると鮮やかなブルーに輝きます。


























簡単に紹介を書いてきましたが、



このハードルは辛かったです。



『スタンダード』という言葉は



『普通』と捉えられてしまいがちですが、



ベーシックで普遍的な調子は、



いつの時代でも使いやすく変わらないモノです。



まさに王道。



ロッドの良さは触って頂ければ分かるはず。



近海ジギング・スタンダードタイプ。



ロッド選びに迷っていたら、



このロッドで決まりです!




















JUGEMテーマ:フィッシング






















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

イカしたメタルで夜遊び




梅雨入りして半袖でも寒くない時期がやってくると、



そろそろ釣果が気になるシーズンとなってきました。



近年加熱する一方のイカメタルゲーム。



手軽であって、釣って楽しい、食べておいしい!



3拍子そろったこの釣りは、



老若男女関係なく人気のゲームとなっています。























さて今年は、このイカメタルゲーム専用ロッドである



スクイッドARにベイトモデルが登場です。






















BRIGADE Squid AR AR77B-L  ブリゲイド スクイッドAR











泳層を見つけ、アタリを捕り掛けていくことを得意とし、



ころころ変化する泳層を的確に捉えることが可能です。



それにはレンジを刻みやすい両軸リールがベストマッチします。



カウンター付のリールなら、深さを数字で捉えられるので



かなり細やかな操作が出来るのが魅力です。






















一般的には5〜10号ほどの鉛スッテを使用します。



このベイトタイプは、やや重ための20号(80g)まで対応でき、



深場であったり、潮流が強い時にも活躍します。



ラインは細ければ細いほどアタリは明確に出ますが、



隣の方とバランスが取れていないとオマツリにもなります。



メーンラインはPEの0.6号を基準として、



0.4号〜0.8号程度で合わせるのがベストと思います。



リーダーはフロロカーボンの1.5〜4号まで。



40僖ラスのパラソル級が来ると4号ほどのリーダーが



欲しくなりますが、手のひら程のサイズなら



2号くらいが一番使いやすく感じています。




















それだとスピニングタイプが要らないのでは?と



考えてしまいがちですが…それぞれ必要性があるのです。



浅いレンジを手返しよく落として誘ったり、



チョイ投げして光と影の明暗を探ったりするには



スピニングタイプの方に分があります。



軽い鉛スッテの使いやすさはスピニングタイプの特権です。



逆に重いスッテを使い深いレンジを探ったり、



大きめのイカの場合はベイトタイプの方が相性が良いですね。



道具はシンプル。



ロッド、リール、ライン、鉛スッテ。これだけ。



釣り方も簡単。



落とす、誘う、掛ける。



でも、スキル次第で釣果に差が開くこの釣り。



今夏の夜遊びが楽しみです。























JUGEMテーマ:フィッシング




















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

Off shore rod . New comer !




オフショアのキャスティングゲームが



面白くなる時期が近づいてきました。



この度、Spike YellowTail  スパイク・イエローテールモデル において、



追加アイテムをリリース致します。



















昨年に発表し、



多くの指示を得た SK812YT-L の ショートモデル になります。



ティップはソフトに、バットはハードに仕上げ、



40〜60g程のペンシルベイトを扱いやすい様に設定しました。






















こういったショートロッドでは極端な曲がりを描くことが多く、



キャスト時にティップのブレが目立ち



飛距離を落としてしまう事に繋がります。



そういった事を考慮して、ソフトティップ・ハードバットを



構成しながらも、キャスト後のティップのブレを抑え、



素直に曲がるアクションを求めました。























想定したシチュエーションとして、



喫水線の浅い船や、



混み合う乗合船において取り回しの良さを求めました。



キャストの方法は、オーバヘッドでもアンダーハンドでも



充分に飛距離の出るアクションに仕上げています。



ターゲットは、中型のヒラマサ・ブリ・カツオ・メジ等などを



想定していますが、時として掛かる大物にも



余裕を持って対処できる懐深さを持ち合わせています。



標準として10kg程までがメインターゲットでしょう。






















SK772YT-L と、 SK812YT−L のベンディングカーブを比較してみます。





SK772YT-L 2.5kg

SK772YT-L  2.5kg負荷


















SK772YT-L 5kg

SK772YT-L  5kg負荷


























SK812YT-L 2.5kg

SK812YT-L  2.5kg負荷






















SK812YT-L 5kg

SK812YT-L  5kg負荷


















カーブは同じ様に曲がっているのが分かります。



SK812YT-Lの方が長い分、テコの原理で負荷を強く感じます。



その変わり、長さを活かしてロングキャストが得意となります。



SK772YT-Lの場合、短くなることで負荷が軽減され、



短時間のファイトで魚を寄せることが容易になるでしょう。




























発売時期は、5月下旬頃には店頭に並ぶ予定でいます。



このロッドで戦略の幅が広くなりますよ。



ご期待ください。






















JUGEMテーマ:フィッシング




























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

鯛ラバ狂に捧ぐ、新型レッドフリップ











遂に公開となった Newレッドフリップ


前作との違いが気になるところですね。


今回は詳細について書いていこうと思います。







リニューアルした対象は以下の通りです。


( 前作  →  新作 )


RF622B-LK  →  RF661B-L


RF622B-MLK  →  RF661B-ML


RF782B-L  →  RF792B-L


RF782B-ML  →  RF792B-ML








ロッドの命とも言えるブランクから説明しましょう。


『6'6"ftクラス』の2機種は、


前モデルのグリップ着脱式から


エンドまで効果的に使えるワンピースモデルとなり、


より細身なブランクへと進化しました。







『7'9"ftクラス』の2機種は、


1&Herf ジョイントからグリップ着脱式となりました。


持ち運びの面で煩わしさはありますが、


スムースな曲がりを手に入れています。







(写真はRF792B-ML)






感度の向上と軽量化を図り、


塗装を極力減らし、アンサンド加工としています。






左が旧モデル・右が新モデル)






今回も マグナフレックス製法 を取り入れました。


市場にカーボンソリッドや、


グラス素材のタイラバロッドが多くなっていますが、


全モデルあえてチューブラーに拘りつつ


チューブラーでの柔らかさの限界に挑戦しています。


その結果、感度を保ちつつノリの良い「乗せ掛け調子」を実現しました。






各パーツに目を移します。


ガイドは小口径に変更し、


感度の向上と軽量化を実現しています。






左が旧モデル・右が新モデル)









左が旧モデル・右が新モデル)






使用されるラインが細くなる傾向にあり、


メーンラインをPE0.6〜0.8号(12〜16ポンドクラス)、


リーダーをモノフィラ12〜16ポンドでテストを繰り返しました。


太くてもPE1号(20ポンドクラス)までが、


気持ち良く使えるガイドサイズに設定しました。


リング径が小さいので、結びコブを小さくする結束がベターです。






リールシートには最新のシートを選択。





(左が6'6"モデル、右が7'9"モデル)


パーミングが楽な形状となり、


アングラーへの負担が軽減されました。






リアグリップ長は同じですが、


EVAグリップ部の形状が若干変更があります。





左が旧モデル・右が新モデル)


ブランクの露出を無くし、細身のEVAで覆いました。


ウェイトバランスをリア部に持っていき、


モーメントの改善を図った訳です。






最後にテストを担当した、スタッフM氏からの言葉です、


「このロッド、タイラバが面白い」と絶賛。



自信作となりました。ご期待ください♪♪





















JUGEMテーマ:フィッシング






















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

赤いアイツ




この度『レッドフリップ』が



リニューアルとなりました。


















先日の大阪フィッシングショーにて、



初お披露目となったわけです。



まだ弊社HPでも公開していない商品です。



まぁ、大々的に告知してもないので、



反響は少ないかな…と予想していた訳ですが、



予想は外れるモノです。



前情報にて口コミで広がっていたかもしれませんが…



沢山の方から多くの反響を頂きました。



ごった返すブース内では、



ゆっくりと商品を見る事が出来なかったかもしれませんね。



各機種の詳細については次回にして、



今回は概要について書いていこうと思います。





















レッドフリップ・シリーズは大きく分けて、



鯛ラバ向けと、 鯛テンヤ向け



2つのカテゴリーに分かれていました。



リニューアルとなるのは『鯛ラバ向け』となります。



テンヤモデルは引き続き継続です。






















ブランク・ガイド・グリップ、



全てを一新して開発に挑みました。



4機種全てに言えることは、



『細身・軽量・高感度』



そして、



前作よりブランクを長く設定しながら、



長さを感じさせない高バランスを実現しました。



細身のブランクの中に



1本芯が残っている感を受けると思います。



それでいて、嫌らしくない重さなのです。



発売は5月上旬には店頭に並ぶはずです。



それより早く見たい方は、



3月21〜23日に横浜フィッシングショーで



展示致しますので触ってみて下さい。



この細身で芯が残る表現が分かって頂けるはずです。






















また、シリーズには



もう一つのカテゴリーが出来るのです。



『レッドフリップ・マダイジガー』



真鯛ジギング専用ロッドの登場です。



東北エリアで盛リ上がってきた事で、



専用ロッドの声が多く発売と至ったのです。



こちらは2機種。



今まで鯛をジグで釣ることが有っても、



専用までは…と考えていましたが、



この釣法を知ると釣欲がソソられます。



このロッドの詳細も後日、詳しく書きます。



お楽しみに。









Staff:Funaki











# #






























JUGEMテーマ:フィッシング

 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

曲がる竿はお好きですか?




弊社製品の中に、



オーシャニア というシリーズがあるのは、



皆さんもご存じでしょうか。



















その中でも2機種、



とてつもなく個性が強いアイテムがいる。



OC581B-0 』,『 OC581B-00 』この2機種だ。



















100%グラスファイバー素材を使用し、



魚を掛けると満月の如く曲がる。



ソリッド素材ではなく、



チューブラのブランクなので、



持った時の持ち重り感は少ない。



対象魚は、太刀魚やシーバス、真鯛など



ライトジギングで狙えるターゲットが主だ。



弊社には近い存在として HORIZON LJ があるが、



ターゲットが丸被りである。



B-0に関しては コシが少し有ると言えるが、



B-00においては コシさえも無い様に感じてしまう。



感度もお世辞にも良いとは言えない。



じゃあ何で発売したのだと言われそうだが、



このロッドには不思議と面白さが詰まっている。



















曲がるという点で一番有効なのは、



ラインへのストレスを少なくし、



細いラインでも大型魚と対峙出来るのだ。



反発力が少ない分、緩いバネに引っ張られる様に、



ジワリ・ジワリと浮いてきてしまう。



厄介なのは、水面近くまで浮いてきた時



人間の姿を見て暴れだすことだ。



フッキングした魚は、『???』と思ていると、



気付いたらタモで掬われたと思う事でしょう。



















しかし、柔らかすぎる故に、



ジグの操作は必然的にスローに成らざるを得ない。



スローと言っても近年流行中のスロー系ではない。



(ここを見て頂いている方なら、言わなくても分かると思いますが…)




















面白い使い方をするなら、



メーンラインはPE0.6号以下とし、



ドラグ設定も1〜2kg程度にしておく。



それ以上は指でスプールを抑えて調整する。



フッキング力が少ないので、



フックは鋭く細いモノが良いでしょう。



誘い方は、お好みで。



フッキングが決まったら、



ロッドは水平にホールドし、



ブランクの曲がりを活かしきる。



最初は何の魚なのか、



サイズさえも分かり難い。



初めての1本とは言えないが、



ロッドをマニアックに楽しむということで、



熱狂的な愛好者が多い。



















もう少し、突っ込んだ話をしましょう。



例えば イカナゴ(コウナゴ) などがベイトの場合、



砂地から飛び出して来るところを



捕食するターゲットが多い。



そういった状況では、



ジグを横に飛ばす動きよりは、



直線的でフワフワさせ演出した方が



ヒット率を上げることに繋がる。



この演出には硬いロッドよりは、



スローテーパーで柔らかいロッドが適している。



オーシャニアが独壇場になる事もある。



操作する上での肝は、



必要以上に動かさないという事だ。


















ロッドのクセを把握して、



道具を使い切ることが出来ると、



また一段と釣りが面白くなる。



ちょっと気になったら、



お店でご確認ください。



意外とツボにハマるかもしれませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







 


 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

ドラッグフォース極限曲げ





















ドラッグフォースの強さは、どれほどあるのか?



極限まで曲げたらどうなるのか、興味が湧きますね。













…という事で。



MAXドラッグ値である、10kgの倍。



20kgをぶら下げてみました。



















テスト機種




JDF621S−5




推奨ドラグMAX値 : 10kg



テスト荷重 : 20kg





















※この動画は、保障出来る範囲を遥かに超えています。


  また、安全管理の下、テストを行っております。


  同様な事をされて事故があった場合、



  一切責任を取れません。






















スタッフ H氏に頑張って頂きました。



ゴリラ並みのパワーを持っていると噂されている男が、



腕を プルプル 言わせながらもリフトしています。



彼はその晩、お箸が持てなかったことでしょう。



冗談はさておき、



一度、この強さを味わうとシビレますよ~。



先ずは、手に取って確かめてみて下さい。





























  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー