Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

謹賀新年

 

旧年中は格別のご用命を賜り 厚く御礼申し上げます。


なにとぞ本年もよろしく ご愛顧のほどひとえにお願い申し上げます。


令和二年 元旦

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

本年の業務を終了致しました。

2019年も残すところ数日となりました。


弊社は本日をもちまして本年の業務を終了と致します。


翌年は1月6日(月)より営業開始の予定です。

 

 


開催中の『何でも釣っちゃお〜キャンペーン』の締切日は、


2019年12月31日まで 受け付けしております。


まだギリギリで間に合いますので、まだ投稿が出来ていない方は


この機会に投稿されて限定グッツをゲットして下さい。


このところ投稿写真を頂いても写真が添付されていない事も有り、


こちらからご連絡しようにも迷惑メール設定の影響なのか、


ご返信出来ないケースが確認されております。


もし、送ったけど掲載されて無いという方は、


送ったメールに写真が添付されているか、


他にも必要事項が明記されているかなどをご確認お願い致します。

 

 


今年ご投稿頂いた写真は、2020年度版カタログの各ページと、


横浜・大阪・北九州で開かれるフィッシングショーにて


弊社ブースの壁面デザインに取り入れさせて頂いております。

 

(上記の写真は、2019年度の大阪フィッシングショーでの壁面デザインです)


ご自分の写真が載っているかもしれませんので、


宝探しの感覚で探してみるのは如何でしょうか。

 


尚、2020年版カタログも完成しました。


年明けに改めてカタログの受付開始のご案内を致します。


(2020年1月中旬頃より受付開始予定です)

 

 


2020年は新製品を含め、色々と熱い年になりそうです。


横浜のフィッシングショー改め釣りフェスティバル瓩茲蝓


皆様にお会い出来る事を楽しみにしております。


来年も本年同様のご愛顧のほど、宜しくお願い致します。


天龍スタッフ一同

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

今年最後の釣り納めに

スタッフHです。


今年は12月に入って丹後から舞鶴方面の遊漁船さんの釣果情報を見ていると、


鰤サイズ(10kg以上)が上がっておりますが小さいサイズも数多い様です。


遊漁船さんの予約状況も金・土・日曜は予約が取れず、


何とか平日に空きがある状態で盛上っている様子です。


天候も安定しないこの時期ですが反面に期待も増し増しで、


イシグロ彦根店Nさんと後輩のスタッフUとで舞鶴の老嶋丸さんに予約しました。

 


舞鶴まで大阪から約1時間半、彦根から約2時間、愛知から来ても2時間半と、


割りと近いと思ってしまうのは私だけでしょうか?


この日は波風は穏やかで午前中少し雨がパラつきましたが、


一日曇っている状態で終了間際寒い風が吹いてくる日でした。


出船から1時間で釣り場に到着。


ドテラ流しと言ったら勿論 ドラグフォース JDF5101S-6 , S-8の2機種がメーン。


鰤を狙うんですから、ロングジグで丹後ジャーク!!


…と意気込んでみたのですが、…潮が…風が流れない…。


しばらく粘りのジギングをしているとNさんにヒット!!

 


さらに!!

 

 


何とか大きく写るように頑張っています。


大きな鰤は出ませんでしたが、船長からアマダイ釣って帰る?とお誘い頂き、


後輩のスタッフUはタイラバで。

 


そして鰤狙いしか想定してなかった私は


ドラグフォース JDF5101B-G4/5でもしっかりキャッチ!! 

 


いい釣り納めになりました


年明けも期待大な日本海側ジギングは、鰤級もまだまだ期待出来そうです。

 

 

 

【TackleData】

_________________________

Rod : JIGZAM Draggforce JDF5101S-6
Reel : ツインパワー12000PG
Line : PE3.0+50lb
Jig : 140〜200g セミロング・ロング

_________________________
Rod : JIGZAM Draggforce JDF5101S-8
Reel : ツインパワー8000PG
Line : PE3.0+50lb
Jig : 60〜140g セミロング

_________________________
Rod : JIGZAM Draggforce JDF621S-4
Reel : ソルティガBJ4000SH 
Line : PE2.0+35lb
Jig : 120〜165g セミロング

_________________________
Rod : JIGZAM Draggforce JDF5101B-G4/5
Reel : ジガー1500HG
Line : PE2.5 + 35LB
Jig : 100g〜120g

_________________________
Rod : RedFlip RF5111B-ML
Reel : オシアコンクエスト300HG
Line : PE1.5 + 20LB
Jig : 120g

_________________________
Angler : Staff U & Staff H

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

Rayz Spectra RZS51LL-BC (Twitchin' Custom)

 

 

遂にレイズ・スペクトラにて、ベイトタイプを発売する時が来た。


渓流でのベイトは、フィネス系ベイトリールの台頭で大きく進化したと言える。


前作レイズにて発表したベイトタイプ2機種(RZ53UL-BC , RZ56L-BC)は、


小口径ガイドを採用し軽量ブランクと相まって高い評価を頂いた。


ベイトロッドを使う上でのハードルの1つは爛丱奪ラッシュ瓩世蹐Α


レイズではアクションがレギュラーテーパーという特徴が、


キャスト時に適度にブランクが曲がりルアーのウェイトを感じ易く、


スプールを開放するタイミングを取り易い点が評価して頂いた理由と思っている。


(新作レイズもコンセプトを踏襲しレギュラーテーパーに仕上げている)


タイミングが取り易いという事は、キャストミス=バックラッシュが少ないという事だ。

 

反面、張りが強いロッドはスイートスポットが狭く、


ラインをリリースするタイミングも極端に狭くなるため難しくなる。


今作の レイズ・スペクトラ RZS51LL-BC は、その最たるモデルだ。

 


・高弾性の長短 


高弾性カーボンを採用した事でブランク全体に張りが強く、


スタンダードタイプに比べると『しなり』を活かすには、


キャスト時にしっかりとブランクを曲げないといけない


スピニングタイプを開発した際には、なんと投げ易いロッドなのかと感動を覚えたが、


ベイトタイプにしてみるとキャストが難しい方向に進んでしまった。


特に5g以下のルアーウェイトとなると適度な熟練度が必要となり、


エキスパートの方意外にはオススメしたくないモデルとなっている。

 


ただ…テストに関わって貰ったスタッフ曰く、


スペクトラのピーキー感を味わってしまうと、スタンダードには戻れなくなると言う。


ブランクの持つ特有の『張り』はトゥィッチやジャーク等の、


ロッドワークに機敏に反応してくれるので、誘いを掛ける際に


アングラーの思い通りに操作する事が出来るのが良いとの事だ。


ターゲットが潜むポイントが全て広い所ではなく、


ある程度狭い区間でしか誘いを掛けられない際はピンとした


ティップの戻りが早いロッドが活きてくる訳だ。


キャストの面を慣れでカバー出来れば、その反面手に入るレスポンスの高さは、


スタンダードモデルを圧倒するスペックが有ると感じている。

 


・パーツの違い 

 


リアグリップ長はスピニングタイプと同じ長さとし、


キャスト時にはワンハンドでのキャストを優先した長さとなっている。

 


バットガイドには、最新のT-LRVTG瓩鯀備。Kガイドの小口径リングと相まって、


非常に軽くまるでブランクだけを振っているかの様な印象を受けるはずだ。

 


・タックルバランス 


基本的に使用するルアーは、スピニングタイプのRZS51LLと同じだ。


5cmクラス(3〜5g)程度のミノープラグを主体に扱い易い。


ラインの設定は、ナイロンラインで4〜5lb、PEラインで0.4〜0.6号が良く、


どちらを選んでも良いが初めはナイロンを選ぶのが無難かと思う。


リールは、最新のフィネス系ハイギアードタイプか、


クラシカルなローギアタイプでもアングラーのスタンス次第で良いと思っている。


最新での尖りに尖ったビンビンのタックルを探すのも面白いし、


あえて自分にリスクを持たせながらスキルを活かして楽しむのも一興だ。

 


・ピーキー故に 


恥ずかしい話、ロッドデザインをしている私であっても、


このモデルを使いこなしたとは言えていない。


代わりにテストに関わって貰ったスタッフは、


表題の写真の様に見事な魚を次々とキャッチしており、


実績がロッドのポテンシャルの高さを証明してくれている。

 

私がポンコツなだけか…(笑)


全国の我こそはと思うアングラーにこそ、このモデルを使って頂きたい。


Twitchin' Customのベイトモデルは、色々な面白さが詰まったモデルだ。


Staff Funaki

 

 


【関連ブログ】


Rayz Spectra RZS51LL Twitchin' Custom(2015年10月31日掲載)


Rayz Spectra RZS61LL Twitchin' Custom(2019年12月12日掲載)

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

イベントのお知らせ

2019年12月〜2020年1月のイベント予定です。


各地でお会い出来る事を楽しみにしております。
_____________________________


2019年12月27日(金)〜2020年1月5日(日)

 


トラウトロッド&ランディングネット合同展示受注会


場所:上州屋 FJ松本インター店


_____________________________


2020年1月17日(金)〜19日(日) 

 


釣りフェスティバル 2020 in Yokohama

 

 ★ジャパンフィッシングショーは、釣りフェスティバルに名称が変わりました。


場所:神奈川県・横浜市 パシフィコ横浜


日時:1月17日(金) 12:00〜18:00 一般公開


        18日(土) 9:00〜17:00 一般公開


        19日(日) 9:00〜17:00 一般公開


入場料:当日¥1,500/前売¥1,300-

(高校生以下、70歳以上の方は入場無料)
(障害者手帳を提示頂いた方と介護者1名は入場無料)
_____________________________

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー