Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

JDF621S-5 【 動画あり 】




JDF621S-5


Lure Wt. : Best 150g  MAX 200g


Line : MAX 60lb


Drag MAX : 10kg



















ターゲットは、大型のヒラマサ、ブリ、カンパチ。



とにかくパワーを必要とするモノ向けに開発しました。



5クラスのパワーとしては、破格のドラッグ値10kg



バットパワー(復元力)は1ランク上に感じられます。



操作感は JDF621S-3 や JDF621S-4 と同じく、



ジグの操作時は、ファーストテーパーに感じ、



ファイト時は、レギュラースローに入ります。



















開発時に悩んだことがありました。



ドラッグを10kg掛けたいのですが、



ガイドを全て チタンKガイド で良いか?と言う事です。



高負荷を掛けるロッドには、



バットガイドにオーシャンガイドを選んでいました。



それはガイド本体の強度を考えてのことです。



Kガイドを着けたかった理由は、



アンダーハンドキャストを行うということ。



それを解消出来たのは、アクション(曲り方)でした。


















ディープライダー JDR631S-5 と、



ドラッグフォース JDF621S-5 を比較してみました。



曲がり込んでいる方が、ドラッグフォースとなります。









上記写真は3kgの荷重を掛けています。













曲がり込むことで、負荷を分散させ、



ガイドへの負担を軽減させているのです。



どちらが良い悪いという訳でなく、



アクションに応じたパーツ選定ということです。

















曲りの違いだけで見ると、弱そうに見えてしまいます。



重要なのは、復元力



曲がった位置から戻ろうとする力のことです。






復元力については、以前に書いたログを参照ください。






→ ネバリって何だろう
















その強さを、動画でご確認ください。












※尚、同じことをされて事故があった場合、


一切責任が取れませんのでご了承ください。








躊躇なく、あっさりと持ち上げています。



非常に安心感を感じるロッドでした。























他の機種の紹介はコチラ



JDF621S-3






JDF621S-4







  • にほんブログ村 釣りブログへ

JDF621S-4 【 動画あり 】




JDF621S-4


Lure Wt. : Best 130g  MAX 180g


Line : MAX 50lb


Drag MAX : 8kg

















『近海のNewスタンダードモデル』



TENRYUのスタンダードはどれかと聞かれると、



ジグザムV JZV571S-5 もしくは、



ディープライダー JDR581S-4と答えています。



癖がない調子で、ワンピッチジャークでは一番使いやすく、



特定の場所や釣り方を除けば、



平均して使う頻度が高いアイテムです。



ドラッグフォース JDF621S-4が、



Newスタンダードと言える点は別にあるのです。



















JDF621S-3の説明で、






ジグを操作している時はファーストテーパーに感じ、



ファイト時は、レギュラースローに入るアクションです。






…と書きました。




ディープライダーとの違いは



アクション(テーパー)なのです。


















個人差はあると思いますが、



ディープライダーはロッドのベリー部分で



ジグを操作するイメージとなります。



ドラッグフォースの場合、ロッドのティップ部分で



操作することが得意となります。



すなわち、もっと繊細なジグの操作が得意と言えます。



また、ラインの角度が斜めになるほど、



すこし長めのレングスが使いやすくなる訳です。



したがって、



ワンピッチでは ディープライダー JDR581S-4。



斜め引きには ドラッグフォース JDF621S-4 が



スタンダードと言えるのです。


















繊細とばかり書くと弱いイメージとなりますが、



バットの強さは動画を見て頂ければ分かります。



ドラグ表示MAX値で負荷を掛けています。








※尚、同じことをされて事故があった場合、


一切責任が取れませんのでご了承ください。












安心感のある、粘り強さを持っています。



開発に携わったスタッフT氏曰く、



「魚を掛けたあと、非常に楽にファイトできる」



「負担が少ない分、集中力が続く」



…と語っていました。




発売するのが待ち遠しいですね。



ぜひ、体感して頂きたいです。





















他の機種の紹介はコチラ



JDF621S-3






JDF621S-5

















  • にほんブログ村 釣りブログへ

JDF621S-3 【 動画あり 】



JIG-ZAM DraggForce


JDF621S-3



Lure Wt. : Best 100g  MAX 150g



Line : MAX 40lb



Drag MAX : 6kg

















ルアーウェイトの対応で見ると、



比較的ライトな部類に入る機種ですが、



その懐の深さは使うと分って頂けると思います。



ロッドの謳い文句で、よく聞く言葉、



『ティップはソフトで、バットは強い』



そんな言葉は、このロッドの為にあったのではないか?



…と思えます。

















100〜130g程のスイミング系ジグとの相性が良く、



アンダーハンド・キャストからの横の誘いでは、



ショートピッチで繊細な操作が可能となります。



それは、ソフトなティップだからこそ出来るわけです。



繊細だからこそ、潮流の変化も分かりやすく、



ここ一番でのタイミングで誘いも掛けやすくなります。



通常のバーチカルにおいても、



ワンピッチのジャークも十分に対応します。



















ファーストテーパーだけのロッドの場合、



荷重を掛けていくとフロント寄りのモーメントが発生し、



ターゲットとのファイトが辛くなります。



そこで、強い負荷を与えると



スムースにバットへ移行するアクションとしました。



簡単に説明すると、



ジグを操作している時はファーストテーパーに感じ、



ファイト時は、レギュラースローに入るアクションです。



















負荷試験の動画を張っておきます。



参考にしてみて下さい。




尚、同じことをされて事故があった場合、


一切責任は取れませんので悪しからず。




















バットガイド辺りまで、



充分に余力が残っているのがわかります。



ロッドを握っている本人としては、



そこまで辛い訳ではないのです。



…と言うのも、分かり難いのですが、



グリップ部も若干曲がることにより、



負荷を吸収・分散してしまっているのです。




しかし、これが普通のロッドでは不可能でした。
















通常のロッドの場合、ここまでの強さを求めると、



もっと肉厚で重くなる場合があるのです。



それを払拭できたのも『C・N・T素材』があったから



実現できたロッドだったと言えます。



自重を抑えつつ、強いロッドに仕上がったという事です。


















ガイドにおいては、Kガイドを採用しました。



全てチタンフレームとなります。



アンダーハンドでキャストして



広範囲を探る事も想定にしているので、



ライントラブルを防止する役割でKガイドを選んでいます。
















コスメの面では、ブラックを基調としました。



渋く男の道具といったイメージです。



ディープライダー・ブラックリミテッドとは違った、



雰囲気を纏わせました。




















他の機種の紹介はコチラ



JDF621S-4






JDF621S-5



















  • にほんブログ村 釣りブログへ

ホライゾンSLに追加機種




スロー系ジギングロッドとして、



昨年発表したホライゾンSLシリーズですが、



今年11月末に追加機種が発売となります。



弊社のHPをチェックされていた方なら、



お気づきだったとは思います。

















HORIZON HSL66B-H



深場、大物狙い用として要望が多かったことから、



長い間テストをしていました。



250g程度のスロー系ジグを扱いやすく、



100m以深の深場や、潮流の強い場所で活躍するでしょう。



春に書いたログで、ブリを上げたのは、



このロッドの最終プロトでした。














































さて、今回も負荷試験を行ってみました。





この写真好評なんですが… 竿持ってる私は必死です。





以下の写真は、



規定を遥かに超えた負荷を掛けています。



決して保障出来ない行為です。



非常に危険ですので、



真似はしないよう宜しくお願いします。

















まずは、5kgリフト。





















次いで、9kgリフト。























最後に、10kgリフト。

















もうちょっと頑張れそうだったのですが、



これから先は専用の機械を使わないと…



危ないので止めました。




















発売をご期待下さい!



























  • にほんブログ村 釣りブログへ

遂に公開、ジグザム新シリーズ。










ジグザム・ドラッグフォース










今シリーズは、ジグザムシリーズの最高位に位置し、



マニアックで個性豊かなアイテム群となります。


























簡単にシリーズを説明すると、



ジグザムV兇蓮



近海ジギングのスタンダードを目指して作っています。



天龍としての基本であり原点になります。


















続いて、ジグザム・ディープライダー とは、



一歩進み発展したジギングシーンに合わせてあります。



ブランクのアクションを生かし、



使用用途の使い分けを好む中上級アングラー向けです。




















そして、ジグザム・ドラッグフォース



基本発展 と続き、次は 個性 を求めました。



海域によって使い方は様々となり、



それぞれスペシャルなモノが欲しくなります。



釣り場に通いこむ程に道具は洗練されて行き、



よりシビアな使い方を要求する様になります。



















今現在のタックルでは、



何か物足りなくなって来るのは必然であり、



どんなタックルが必要かが見えて来るでしょう。



そんな気難しい要求を満たせるべく、



動き出したプロジェクトがドラッグフォースとなったのです。



















ただ好みのアクションに仕上げた所で、



天龍ユーザーを納得出来るとは思っていません。



(釣竿屋としての意地みたいなモノですかね。)


















そこで、CNTを纏い、



オフショアロッドとして絶対に欠けてはいけない、



『ネバリ』強度を飛躍的に高めました



初めてこの素材を見たとき、



電気が走った様な感覚がありました。



これを使えばロッドが更に



進化出来るのでは…と思えたのです。



ブランク素材、パーツとのバランス配分など、



全てに意味がある造りとなっています。



完璧という言葉は存在しませんが、



極めていくことは可能なのです。


















































まず始めに3機種を発表します。



『ファーストテーパー』『高感度』『ネバリ』に、



重点を置いて開発してあります。



開発の経緯は次回としましょう。ご期待下さい。































 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

イエローテール ライトスペック




SPIKE  SK812YT-L





SK802YT よりライトスペックを要望されて、



生まれたアイテムです。



















アクションはファースト。



ティップの硬さはスタンダードと比べると、



L と ML の中間ぐらい 『 L-ML 』 といったところ。



バットパワーは、MH 以上のパワーがあります。



主に使いやすいルアーウェイトを、



40〜60g程のペンシルベイトとしました。



30g前後の軽量なモノも扱えます。






















モデル名に 『 L 』 と入っているのは、




『 Light 』の頭文字から取りました。



ライトと言っても、ターゲットはヒラマサとブリ。



5〜7kgぐらいのターゲットとのファイトが



面白いアイテムとなっています。



バラシを軽減するソフトなティップで、



カツオやメジなどにも、



抜群の相性を兼ね備えています。





















時として想定外の大物が掛かる場合もあります。



10kg までは余裕を持って



ファイト出来るパワーをもたせました。



これ以上のターゲットに対しては、



アングラーの技量次第でしょう。






















根が点在するエリアや、水深が浅いエリアで、



ガチンコファイトを強いられる状況だと、



SK802YTSK732YT をお勧めします。


















SK812YT-L


Length : 8'1"ft


Lure Wt. : MAX 80g


Line : MAX 50lb


Drag MAX : 7kg


 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

スパイク TUNA 最強モデル




リニューアルにあたって、



旧モデルより強いタイプの要望が多く、



そこで、シリーズ最強モデルを作ることになりました。

























コンセプトとして、



80kgクラスまでをターゲットとし、



柔軟性が高くネバリ重視のアクション。



ペンシルベイト等の誘い出しも可能な、



ソフトなティップを持たせつつ、



バットには強力なパワーを持たせています。



全てのガイドを信頼感の高いステンレス素材とし、



ティップ部には絡み防止でKWガイドを装着。



ベリーからバット部は強度重視でMNSTガイドを装着。



勿論、ダブルラッピングです。




















ベンディングカーブを見て頂きたいと思います。




10kgと18kgのウェイトをリフト。




(安全確保の為、ナイロンロープを使っています。)























まずは、10kg


















(汚いハカリでスミマセン・・・)












































































そして、18kg(ちょっとオーバーぎみ)




























































































45度までは、素直に曲がります。




これはヒット後に、ロッドを立てなければならない際に、



ティップからベリー部がガチガチに硬いと、



体ごと持って行かれるのを防ぐために、



適度に曲がることを意識してアクションを出しています。



















写真を見て頂くと、



バット部がしっかりと残っていることが確認できます。



このバット部が仕事をしてくれるわけです。



ファイト時に、ターゲットには常にプレシャーを与え続けながら、



アングラーへの負担を減らす働きをしてくれるのです。




















低弾性カーボンを主体に、



中段性カーボンで復元力をアシストしています。



低弾性カーボンは伸縮性に優れ、



耐久力を高めるには優れているが、



復元力が足りなくなります。



その足りない部分を中段性カーボンの持つ、



反発力によって復元する力を補っています。























以前にネバリについて言及したが、



弊社のロッドで準じて言えること、




















『耐久力と復元力が強い≒ネバリ強い』



















まさに、この通りになっているわけです。




















尚、写真の曲げ方は危険を伴います。



特に…、18kgを垂直に近い角度はオススメしません。



また、曲げ強度を保障する訳ではありませんので、



参考として見て頂ければと思います。



メーカーの人間なので、良い事ばかりを書くことが多いですが、



ウィークポイントを伝えておかなければなりません。



このモデルはシリーズでは一番強いロッドとなりますが、



ロッドの復元力を活かしきれる方へ、



オススメしたいと思います。



ロッドの選択として、スキルに合わせて頂ければと思います。












SK832TN-HH


Length : 8'3"


Lure Wt. : MAX 180g


Line : MAX 120lb


Drag MAX : 15kg

 

 

 




 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

スパイク YT・TUNA リニューアル




この度、スパイクYT(イエローテール)と、



スパイクTN(ツナ)がリニューアルとなります。



イエローテールモデルが先行発売となり、



ゴールデンウィーク中には店頭に並び始めるでしょう。



一歩遅れて、ツナモデルの順になります。



それでは簡単に紹介します。
































YellowTailモデル





SK732YT と SK802YT は、



旧タイプのアクションを引き継ぎ、



しなやかなティップとハードなバットパワーが魅力です。



また、SK812YT-L という、シリーズでは初めてとなる、



ライトスペックのキャスティングタイプも登場です。














SK732YT



アンダーハンドキャストだけを強いられる状況で、



遠投性と操作性を重視したアイテムです。



20kgクラスをターゲットとしています。










SK802YT



オーバヘッドでの遠投性を重視したアクションで、



ヒラマサ狙いのガチンコファイトには必須アイテム。



20kgクラスをターゲットとしています。










SK812YT-L



40から60g程の小中型プラグの操作性が高く、



10kg以内のターゲットと相性の良いアイテムです。


























Tunaモデル





全てのアイテムのブランクを改良しました。



各機種ごとにパワーランクを変えてあり、



お好みのクラスを選べます。








SK832TN



SK862-80TUNAをベースに、



操作性を重視したレングスに改良。



以前より少しソフトなアクションに仕上げてあり、



ライトなスペックとなっています。



30kgクラスまでをターゲットとしています。










SK812TN-H



SK802H-80TUNAをベースに、強引さを強調しました。



レギュラースローだったアクションをレギュラーとし、



安心感のあるバットパワーを持たせています。



50kgクラスまでをターゲットとしています。










SK872TN-H



SK862H-80TUNAをベースに、キャスティング性能と



強引さを持たせています。こちらもバットパワーを上げ、



ネバリ強いアクションとなりました。



50kgクラスまでをターゲットとしています。










SK832TN-HH



SK862-80TUNAをベースに、徹底的にスパルタンな仕様に




仕上げました。意外と曲がるティップから、




強烈なバットパワーを持たせています。



80kgクラスまでをターゲットとしています。


















各機種の詳細については、



別のログでアップしていこうと思います。




今回のスパイクは、自信作となりました。



ご期待ください。










 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

リアクションテンヤとは




3〜4年ほど前になるでしょうか、



関東を発祥に、



『真鯛テンヤ』がブームとなりました。



各社がこぞって専用アイテムを発表し、



全国でテンヤだらけになったのが、



記憶に新しいことです。



弊社も、レッドフリップにて



専用のアイテムを発表したわけです。























テンヤの基本と言えるのが、



出来るだけ軽量のテンヤと、



穂先が柔らかく、繊細にアタリを取り、



大鯛を狙って釣れるところにあります。



それは、『テンヤマダイ』シリーズにあたります。






RedFlip TENYA-MADAI


RF230-FL


RF245-FML




























前置きが長くなりましたが、



リアクションテンヤ』とは何ぞや?



という事です。



カタログ上では、



ビンビンの高感度のロッドと、



ヘビー級テンヤ、



極細ラインと合わせることとあります。



そして、急速フォールと、



着底後の繊細なアタリを取るわけです。





















言葉では簡単に書いていますが、



これが奥深いのなんの…。






















開発のキッカケは、



高知の大先輩からでした。



初めのウチは『テンヤマダイ』を使っていたのですが、



着底後の敏捷性が足りないとのことでした。



時間にして、コンマ1秒位でしょうか?



その一瞬で掛けられるか、



掛けられないかが分かれるとのことで…。



初め疑心を持っていたのですが、



実際に一緒に釣りをしたことで、



目から鱗でした。























その方の反射神経は、もはや神レベル?などと



中2病的な言葉で言いたくなるほど、



ビシバシとアタリを取っていくのです。



これは、専用のタックルが出来つつあったからこそ、



可能としていたわけです。






















まぁ、同じ専用タックルを持っても、



今だ敵いませんがね…。



(いつかギャフンと言わせたい)



















ここまで書くと、



リアクションテンヤを使えば完璧か?



と思えますが、



そうでは無いのですね。



リアクションテンヤは重いテンヤを使ってなんぼで、



軽量なテンヤには、『テンヤマダイ』タイプが合っているのです。






























3機種ありますが、



短くなるほどテクニカルで楽しくなります。



メーンラインも出来るだけ細くしていくと、



アタリが鋭くなり、ファイトもスリル感を味わえます。



勿論、ドラグ性能が良いリールを使うことが前提になります。



この釣り方が完璧な訳では無いのですが、



この競技性があり、何よりも自分のスキルが、



そのまま釣果に現れるのが楽しいのです。



ストンと落として、ビシっと掛ける。



ヤミツキになりますよ!

 

 

 

 

RedFlip ReAction-TENYA


RF742S-L


RF772S-ML


RF802S-M

 

 

 

 

 

 

 






 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

新生 ベイブレイズ







既に弊社HPをご覧になった方は



お気づきかもしれませんが




















BAY BLAZE ベイブレイズ 


 

リニューアルします。



















Kガイド を搭載します。





機種名の最後に 『 』 の文字が入ります。




















 

ただ、単純にKガイド仕様とするには、
 

竿屋として面白くないため、
 

生命線とも言える
 

ブランクから考え直しました。















 

基本的なアクションを変えず、
 

アンサンドフィニッシュにすることにより、
 

ブランクにシャープさを出しました。


















 

前作において、
 

十分なスペックを持っていたため、
 

リニューアルというハードルは
 

とても高く感じていました。


















 

今までと変わらないのでは、
 

変える必要がありません。
 

初回のサンプルが仕上がってきたとき、
 

正直驚きました。

















 

何年もロッドの事ばかり考えていると、
 

大体のイメージが出来ていたのですが、
 

これほどシャープになるとは予想外でした。



















 

以前のログで、
 

ボートシーバスに出かけていたのを
 

覚えていらっしゃるでしょうか?









→ 過去ログ 『東京湾クルーズ』

















 

あの時が、最終確認のテスト釣行でした。
 

キャストフィール、
 

フッキング性能、
 

バラシ難さなどを確認していました。

















 

それと、言葉で言いにくい感性的な部分なのですが、
 

持った時のバランスや質感なども、
 

総合的にOKが出せたので、
 

やっと製品化になったのです。












 

今回は、スピニングタイプのみになります。











 

Kガイドにして感じたことは、
 

ラインの抜けが良くなった様に思えます。
 

これは、 パワーマスター(ライトコア) でも感じたことです。
 

ガイド形状の角度や
 

直径のバランスに起因していると思います。


















 

トップ部は、大口径のリングとし、
 

バット部は、やや小さいモノにしました。
 

スワットを開発していたガイドバランスのデータを、
 

このシリーズにフィードバックしました。
 

無駄なラインのフケを少なくし、
 

スムースなキャストを可能にするガイドバランスです。













グリップも、細身で手にフィットしやすく、



こちらも、スワットからのイメージを活用しました。


















 

ベイトタイプは、スタンダードタイプを継続します。







 

…というのも、






 

ベイトタイプでKガイドに移行したところで、
 

メリットを見出せなかったのが本音です。















 

必要性を感じないのなら、
 

現行のままで行こうと考えました。
 

Kガイドにすれば、売れるのに…
 

…なんて考えではロッドを作っていません。


















 

やっぱり、
 

現場で鍛えたロッドが一番ですからね。
















 

11月末 頃のデリバリー開始になります。


 

ご期待ください。


 









 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー